お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

サントリー白州買取

ランキング商品名買取価格(10月21日更新)
白州25年 シングルモルト260,000円
白州25年 リミテッドエディション255,000円
白州蒸溜所秘蔵モルト ピュアモルト60,000円
白州18年 シングルモルト40,000円
白州12年15,000円

概要

国産ウイスキー白州の特徴・魅力

白州蒸溜所(引用:サントリー

サントリーが製造、販売しているシングルモルトウイスキー「白州」 は、自然豊かな山梨県白州の森と水から作られています。

その拘り抜いた製造法が「白州」独特の爽やかでキレの良い味わいを生み出しています。

フルーティーな香りと口当たりも良いことから、ウイスキーを飲み慣れていない人や、女性にも人気があるブランドです!

どんな飲み方でも楽しむことができる、サントリーシングルモルトウイスキー「白州」について紹介します。

白州の歴史

サントリーウイスキーの誕生50周年を記念し、山崎蒸溜所に次いでサントリーで、二つめの蒸溜所として白州蒸溜所は1973年に設立されました。

製造された「白州」シリーズは、

  • 1994年:白州12年を発売
  • 2006年:白州18年を発売
  • 2008年:白州25年を発売

順次に製造、販売された「白州」は全て人気となり、入手困難な高級ウイスキー「白州」と言われるようになります。

また、シリーズとしてのエントリー商品である、ノンエイジ商品の「(新)白州」が2012年に発売されました。

「白州」は世界的に認められたブランド

白州蒸溜所では、山崎で培ったサントリー独自のノウハウを最大に活かしたウイスキー作りをしています。

その結果、数々の賞を受賞し世界が認めるウイスキーブランドとなりました。

「白州12年」

  • 2009年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
  • 2010年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
  • 2011年:SWSC 最優秀金賞受賞

「白州18年」

  • 2006年:ISC金賞受賞
  • 2007年:ブラウンフォーマントロフィー受賞、IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
  • 2009年:ISC 金賞受賞
  • 2010年:IWSC 金賞 (Best in Clas)

「白州25年」

  • 2008年:ISC 金賞受賞
  • 2009年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞
  • 2010年:ISC 金賞受賞
  • 2011年:IWSC 金賞受賞
  • 2010年:IWSC 金賞 (Best in Class) 受賞

白州バーボンバレル

  • 2011年:ISC 金賞受賞

白州の製造法

「白州」の製造場所である白州蒸溜所での、拘り抜いた製法と特徴を詳しく紹介します。

水への拘り

ウイスキーづくりの最初の工程となる、仕込に使われているのは白州の名水です。

細かく砕いた麦芽とともに入れる仕込水は、その後の工程、発酵、蒸溜、貯蔵に大きく関わる、ウイスキーの品質を決めるとても大切で重要なものとなります。

白州の蒸溜所で使われている、南アルプスの地下天然水は軟水で、ミネラルバランスもよく美味しいウイスキーを作る水として非常に適していることから、「白州」の新緑のような爽やかな香りと、スッキリした味わいの源となっています。

多彩な原酒のつくり分けをしている

発酵から蒸溜、貯蔵に至るまで全ての工程で、拘り抜いた製造法で作っています。

「白州」は世界でも珍しい多彩な原酒のつくり分けが特徴的です。

それぞれが異なる香味の原酒を、ブレンダがその豊富な知識と経験、自らの感性でブレンドをします。

その絶妙なバランスがそれぞれの香味をひとつにまとめあげ、「白州」独特の味わいが生まれます。

発酵

昔ながらの木桶発酵槽を行っています。

木桶に棲みつく乳酸菌などの働きが、「白州」のあの独特で深みのある香味と味わいを引き出しています。

蒸溜

大きさ、形状が異なる蒸溜釜を使い分けることで、多彩な味わいの原酒を生み出しています。

貯蔵

さまざまな樽を使い分けて行っています(バーレル・ホッグスヘッド等)。

また、気温が低い白州の気候は原酒をゆっくりと熟成させるのに適していて、春夏秋冬のなかで移り変わる温度、湿度と共に原酒は呼吸をし、その樽の中で5年~10年以上の長い歳月をかけてゆっくりと育まれていきます。

その自然の恵みを受け続けた、「白州」の原酒は深みを増していき、あの「白州」独特の香りと味わいが生まれます。

国産ウイスキー白州の味について

レギュラーボトル

白州レギュラーボトル(引用:サントリー

爽快な口当たりが特徴です、香りは新茶の若葉、ミント系です。

味は、早摘みの青リンゴに似た感じがします。

ストレートなら香味、味、風味をしっかりと楽しめますが、水割りやハイボールにしても、風味を失わず楽しめます。

「白州」の中でも多様性がある飲み方ができるのが魅力です。

白州 12年

白州 12年(引用:Amazon

酒齢12年以上のモルト原酒をヴァッティングして作られたボトルです。

アルコールの刺激はレギュラーボトルよりも抑えられていて、レギュラーボトルのようなスムースさや、爽快さを残しながらも、フルーティーな甘みが備わったボトルです。

バニラアイスやナッツのような香りがします。

ナシ、青リンゴ、すだちを感じさせるスッキリとした爽快感があって、キレのある味わいです

水割りにするとアルコールの刺激が薄れるのが特徴的で、ウイスキーを飲み慣れていない人も飲みやすくなりますよ。

1番の魅力は、水割り、ハイボールにしても「白州」の複雑さは失われません、どんな飲み方でも楽しめる「白州」の中でも人気があり万能なボトルです。

白州 18年

白州 18年(引用:サントリー

酒齢18年以上と長期熟成モルト原酒のみをヴァッティングして作られたボトルです。

12年を更に熟成させた「白州」は甘みが先にくるのが特徴です。

香りはナッツ、バニラやウエハース、マンゴーなど複雑な感じです。

口当たりはレギュラーや、12年よりも重みがある感じがします。

スモーキーさはあまり感じず柔らかいイメージです。

口に含んだ瞬間に、熟した洋ナシのような甘みが広がります。

コクと甘み香味とバランスの取れたボトルです。

まとめ

国産ウイスキー「白州」の特徴や魅力、製造法、味などについて紹介しました。

独自の拘り抜いた、手間を惜しまない製造法のおかげで、あの複雑な味わいが楽しめるんですね!

数々の賞を受賞し世界で認められるのも納得できます。

国産シングルモルトウイスキー「白州」は、味も値段も最高級のブランドです。

白州の豆知識

買取査定額は?白州 シェリーカスク 2014の価値とは?

ジャパニーズウイスキーのブランドとして、日本中の誰もが知っているといっても過言ではない白州。

海外からも注目を集めている白州シリーズの中でも、数量限定発売であることなどが理由で現在価格が高騰している白州 シェリーカスク 2014は、果たして今いくらで売られているのでしょうか?

専門店の買取査定額も共に探っていきます。

.白州 シェリーカスク 2014の人気の理由は?

 白州が2012年より三年連続で発表してきた白州 シェリーカスクシリーズ。

2014年も冬に発表された白州 シェリーカスク 2014は、前の2年と同様に限定発売されました。

当然、予約は殺到して発売日のうちに即完売となった白州 シェリーカスク 2014は、前の2年の白州 シェリーカスクシリーズの人気の高さがきっかけでしょう。

また、白州 シェリーカスク 2012.2013を購入できなかったジャパニーズウイスキーファンが購入希望をしたことも、人気が高まった大きな理由と考えられます。

白州の製造者やブレンダーが直接足を運んで木の一本一本を厳選している希少なシェリー樽は、味わい豊かで香りも爽やか。

シェリー樽で熟成したことで、あんずのようなはじめの甘さについで、さっぱりとしたくどくない苦味がフィニッシュを迎える白州 シェリーカスク 2014は、ぜひロックやストレートで本来の味わいを楽しみたい逸品ですね。

もちろん、白州の製造者の願いである“誰もが楽しめる日本人の舌にあったウイスキー”というコンセプトから、ウイスキー初心者が飲みやすいハイボールにすることもオススメです。

ウイスキーに慣れているかどうかによっては飲み方を変えて万人が楽しむことができるのも、白州 シェリーカスク 2014をはじめとする白州シリーズのウイスキーの大きな特徴ですよね。

 

.白州 シェリーカスク 2014の買取査定額は?現在の価格は?

白州 シェリーカスク 2014は、現在楽天市場やAmazonなどで22万円前後で売られています。

ほかの白州 シェリーカスクシリーズと値段はほぼ一緒ですね。

発売当初は希望小売価格が一本9450円で売られていたこともあり、価格の高騰は著しい銘柄です。

どこの買取専門店でも15万円前後の買取査定額を提示している白州 シェリーカスク 2014は、万年買取強化中とも言われるほど需要に対して供給が追いついていない銘柄です。

発売当初は価格が安かったことから、予約ができていればもしかすると一般家庭にも存在するかもしれない銘柄です。

飲んでしまっている可能性が高いと考えられますが、もしも自宅の倉庫や物置に見慣れない高級そうな化粧箱がありましたら、ぜひ一度中身を見てみてください。

もしかすると白州 シェリーカスク 2014が入っているかもしれません。

保存状態がよく、箱やラベルに日焼けも傷も付いていない新品ですと、今なら15万円以上の価格で買い取ってもらえるかもしれませんよ。

飲む予定がなく売ることを考えている場合には、現状を維持しつつ今よりも一枚は多く梱包をした上で暗室に保管しておくことをおすすめします。

そうすることで、より一層高値で取引してもらえますよ。

高値で売るなら?白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996の特徴は?

山梨の自然豊かな土地と澄んだ水が流れる川のある場所に蒸留所を構える白州。

そんな美しい自然に囲まれながら作られた白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996は非常に絶品だと話題になっています。

現在も市場には出回っているのでしょうか?

今回は、白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996の価値や高値で売るコツについて紹介していきます。

.白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996の特徴は?

ホッグスヘッドと呼ばれる樽で製造熟成された白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽は、1996年に製造されました。

通常の白州ウイスキーボトルよりも少し太くて寸胴な形をしている白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996は、ボトルも黒色をしており製造樽の厳つさを感じさせます。

味わいは見た目とは裏腹に繊細で優雅な口当たりをしており、飲みやすさも感じられるほどの品です。

ボトルいっぱいに貼られた大きなラベルには、縦書きで“白州蒸留所”と白州のブランドを前面に出したデザインをしており、製造年や樽出原酒であることも記載されています。

白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996は割とラベルに沢山の情報が詰められていますね。

化粧箱はシンプルな白の箱で、一見すると白州らしくない見た目をしています。

ですが、こちらも文字では“白州蒸留所”と縦書きで大きく書かれていますのでしっかりと見れば白州ブランドであることがよくわかります。

白州ならではのフルーティでさっぱりとした香りに、口当たりの良いハチミツのような滑らかな甘さは、女性やウイスキー初心者でも楽しむことができるウイスキーです。

 

.白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996の価値は?高く売るコツは?

白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996は現在、大手買取専門店のネオプライスで5万5千円で買取をすると提示されています。

希少性が高くて知名度と上がっているこちらのウイスキーは、状態次第ではそれ以上の価格がつく可能性もある品です。

もしも白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996を売ることを考えている方がいましたら、まずはネットの中で白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996が市場に出回っているかどうかを調べてみましょう。

白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996は所有者が割と少なくて市場に出ている時と出ていない時があります。

言わずもがなですが、市場に出回らない時を狙って買取をして貰えば、高値がつきやすいですよね。

また、1996年製造ということで、例えば1996年生まれの方が30歳を迎える2023年など、記念として購入する方がいるような年を狙って売るのも1つのコツです。

このように、需要が高いタイミングを計って上手に売れば、67万円の価格で買取してもらえるかもしれませんよ。

より高値で買い取ってもらうために、多くの買取専門店で査定をしてもらい、価格競争をしてもらうと自分で交渉をしなくても値段が上がりやすいので、こちらもぜひ試してみてくださいね。

なぜ高額!?白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlの人気の秘密とは?

大手飲料メーカーのサントリーから、白州の樽出原酒が発売されました。

白州の15年というだけでも価値があるブランドですが、果たして樽出原酒となるといくらの値段がつくのでしょうか?

ここでは、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlの人気の理由を探るとともに、価格が吊り上っている理由などについても考察していきます。

ぜひ、売買の際には参考にしてみてくださいね。

.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlの特徴は?樽出原酒ってなに?

日本国内だけではなく海外からも人気が高いサントリーの白州から、希少価値の高い樽出原酒として.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlが発売されました。

樽出原酒とは、その名の通り樽から出したそのままの原酒をボトルに詰めた銘柄を指します。

濾過や蒸留をしていないことから、非常に濃厚で度数が高めな傾向があります。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlについても、酒精は56度とアルコール度数はかなり高めで、トロッとした口当たりが特徴です。

樽出原酒の銘柄専用に作られたウイスキー樽は、白州蒸留所で大切に保管されてきました。

15年もの長い間、樽出原酒のために作られてきたウイスキー樽は、当然ですが数量限定。

ボトルには固有の製造番号が書かれています。

つまり、番号の細かいところまでまで見ると世界に二つと無い超希少なボトルなのです。

そんなこだわり抜いて作られた白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlは、ピュアモルトということもあり、濃厚でコクがありながらもくどくない優しい味わいをしています。

白州の樽出原酒シリーズでおなじみのクリアボトルには、グレーのラベルが貼られています。

ラベルには、“白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年”と大きく書かれていますので、分かりやすいですね。

通常の白州のような緑のボトルとはまた違う印象の見た目ですので、見慣れない方からすると違う銘柄だと勘違いされてしまう可能性もあります。

もし、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlを店舗で売る際には、少なくともお酒の取り扱いがあるウイスキー専門のバイヤーがいる店に持ち込まなくては、価値を価値を理解してもらえない可能性があります。

その点は、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlを売るにあたっては一番気をつけたいところですね。

また、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlには付属の化粧箱があります。

こちらもまた、綺麗なブルーの化粧箱にクリーム色の枠取りがされており、銘柄が印字されています。

カラフルな化粧箱も可愛らしくて良いですが、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlのようにシンプルなブルーの化粧箱だと、かなり高級感を感じますね。

シンプルさで勝負をする白州シリーズには、かなり好感が持てます。

 

2.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlが高額になるわけは?現在の価格は?

さて、そんなサントリーこだわりの白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlですが、現在はいくらで売買されているのでしょうか?

現在、ネット通販サイトのwowmaでは、中央酒場からの出品で11万5千円で売られています。

Amazonや楽天市場にも過去に出品された履歴はありましたが、現在は品薄のためストップされているようです。

ちなみに、その時の白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlの売価平均は56万円ほどだったようです。

現在は品薄により、希少な白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlが値段が高騰した状態で売られているということですね。

では、なぜそれほどまでに白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlは需要が高まり価格が高騰したのでしょうか。。

まず1つには、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlだけに限ったことではありませんが、世界的なジャパニーズウイスキーブームによる価格の高騰が挙げられます。

日本で、しかも手作業で製造されているウイスキーたちが日本人だけではなく世界中から愛されるようになると、当然かなりの品薄状態が続きます。

すでに、山崎や響などの多くのジャパニーズウイスキーブランドでは、品薄を通り越して欠品となっている銘柄も続出しているのです。

次に、白州15年という熟成期間は割と珍しくコアなファンから注目を集めているということです。

白州や山崎のシリーズは、8年、12年、18年の熟成期間を経てラベリングされる銘柄が多いです。

そんな中で、中間の15年という年数は珍しく、味わいにも違いが感じられるために購入希望をする方が多いのです。

一般的に、熟成期間が短い方が味は単純でクセがなく、熟成期間が長くなるほどコクが生まれて味わい深くなると言われています。

12年の次が18年となると、その2つにはかなりの差が出そうですよね。

そんな時に生まれたのが白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600ml。

それは注目を浴びますよね。

通常のヴィンテージ品にはない熟成年数であることも、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlの需要が高まり人気が出る理由となるようです。

3.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlの買取査定額は?高く売るためのコツはこれ!

あなたの家に、飲むことはないウイスキーはありませんか?

もし見慣れないクリアボトルのウイスキーがあったら、それは白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlかもしれませんよ。

そもそも、家にあるウイスキーの多くは誰かが買ったものです。

稀に頂き物ということもありますが、いずれにせよ普通でしたら買ったりもらったりしたお酒は封を切って飲んでしまうものです。

ですが、今も家に存在するということは購入もしくはいただいた当初から特別な品であったことが予想されます。

もし、現在は希少品とされる白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlが飲まずに自宅にあり、扱いに困っているという方がいましたら、ぜひ買取査定をしてもらうことをオススメします。

参考までにですが、現在多くの買取専門店で、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlを強化買取しています。

大手買取専門店の大黒屋では約6万5千円で買取をすると提示されています。

現在の通販売価である11万5千円にはかなり劣りますが、買取専門店の良いところは目の前で査定をしてくれて、品の正確な価値を判断してくれるところです。

オークションなどに出品すればより高値で売れる場合もありますが、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlの場合はあまり銘柄も見た目も知られていないウイスキーですので個人相手だと需要がそこまで高くない可能性もあります。

トラブルもあり得るオークションよりも、手堅く買取専門店を当たることがオススメですよ。

ここで、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlを売る際には注意点があります。

まずは、最初に説明した通り白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600mlの場合、見た目からはっきりと『白州だ』と判断できるのは専門家やウイスキーのバイヤーなどに限られます。

多くの人が緑のボトルを白州だと思っている中では、リサイクルショップや買取のある量販店で売っても価値を見出してもらえない可能性が高いです。

より高値で売ることを考えるなら、やはり少し足を延ばすことになったとしてもウイスキー専門の買取専門店、もしくはウイスキーのバイヤーが常駐するお店に持ち込むことをオススメします。

さらに、その際には1つの店舗に限らず出来るだけ多くの専門店から査定をもらうようにしましょう。

価格を比較競争することで、最初の提示価格よりも高値で買い取ってもらえるようになりますよ。

希少品!白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600ml の価値と特徴は?

山梨県の自然豊かで水が綺麗な土地で生まれる白州のウイスキーたち。

そんな白州シリーズの中でも、特に高値がつきやすくてコアなファンが多いと言われるのがこの樽出原酒シリーズです。

サントリーが好んで製造する樽出原酒とは、果たしてどのような味わいなのでしょうか?

今回は、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600ml を例に挙げて、その味わいや香り、さらには買取の査定額などについてもまとめていきます。

もしもウイスキーを売ることを考えている方は、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

1.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600ml の特徴は?味わいや香りは?

濃厚な味わいながらに飲みやすくて優しい甘さが特徴の白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600ml。

白州らしい柑橘系の甘酸っぱい香りと、あんずのようなさわやかな甘みは、特に女性から高い人気を誇っています。

ピュアモルト原酒ということで、白州蒸留所の単一の樽から抽出され、そのままラベリングされた白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlは、嫌なクセはなく白州15年の本来の味わいを存分に楽しむことができます。

樽出原酒ということで、口当たりはトロッとした果実酒のような印象を感じます。

酒精が高いことから、ウイスキーを飲み慣れない方や女性の方は、水で割ったり炭酸でハイボールにして飲んだりするのもオススメですね。

最近流行りの炭酸で割ると、より白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlの柑橘の香りが感じられ、泡がはじけるごとに旨味が広がります。

ウイスキー上級者やお酒に強い人にも、一度はチャレンジしてもらいたいオススメの飲み方です。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlは、クリアボトルに入っていますので中のウイスキーの色がしっかりと見えますね。

樽出原酒のため、一般的なクリアな琥珀色ではなく濁った色をしているのが特徴です。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlの場合は、熟成期間が12年もあることもあり、濃いめの琥珀色をしています。

ラベルは緑色で、白州らしい色使いをしていますね。

ラベルには“白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年”の文字が描かれており、シンプルなデザインとなっています。

付属の化粧箱は中身のラベルと同じ緑の色を使っており、こちらも色は緑一色。

真ん中には白枠があり、銘柄が記載されているためこちらもシンプルなデザインですね。

黒やゴールドも高級感を感じますが、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlのように濃緑や色と高級感と上品さを感じます。

華やかさはあまりありませんが、部屋に飾ったりコレクションにしたりしてもかなり見栄えする美しい容姿ですね。

 

.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlの美味しい飲み方は?どこで飲めるの?

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlに限らず、ウイスキーは基本的にはロックかストレートで飲むべきであるという風習がありますね。

たしかに、ウイスキー本来の味わいを薄めることなく楽しみたいなら、ストレートやロックで飲むのがオススメです。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlのようにアルコール度数が高いウイスキーの場合、薄めずに飲むのは上級者向けですね。

また、こだわりを持って飲む場合には白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlをクラッシュアイスで飲むのも非常にオススメですよ。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlのようにとろみが強いウイスキーは、氷にも非常に馴染みやすいです。

クラッシュアイスの良いところは、ウイスキーと接する面積が通常の氷よりも格段に広いため、すぐにウイスキーを冷やしてくれる働きをします。

とろみが強いウイスキーは常温でも他のウイスキーよりも温度を高く保っている傾向がありますので、クラッシュアイスを用いると冷えやすくて良いですね。

また、ウイスキー全般に言えることとすると、ウイスキーは水を含んだ方が香りが立ちやすい傾向があります。

香りを楽しみたいなら、普通のロックやストレートよりもクラッシュアイスの方が充分に香りを堪能できるでしょう。

そして、前項でも紹介しましたが炭酸割りにすることで泡がはじけるタイミングで香りが感じられたり飲みやすくなったりすることもできます。

ウイスキーには、決まった飲み方はありませんので自分のお酒の強さや好みに合わせて、好きな飲み方をするのが自分にもウイスキーにも良いことだと言えるでしょうね。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlを飲んでみたいという方は、現在通販でも少量ながら売られていますが、割と高値ですので手が出ないかもしれませんね。

バーやレストランなどの店ではほとんど見かけることはできないと思われます。

グラスで試し飲みする程度でしたら、もしかすると白州蒸留所に足を運んだり白州やサントリーのイベントに参加すると、タイミングが良ければ飲めるかもしれません。

機会がありましたらぜひ足を運んでみてください。

.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600ml の買取査定額は?現在の市場での売価は?

さて、気になるのはもしも白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlを売ったらいくらになるのかということですよね。

中には、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlを保有しているという方もいらっしゃるでしょう。

特に、 「親や祖父が買ったけれどすでに家にはいない」とか「もらったけれど飲まない」という方は、捨てるわけにもいかず飲むこともなく困っているでしょう。

そこで、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlはできることなら売りたいところですよね。

現在、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlは大手オークションサイトのヤフオクなどで平均額7万円前後で売買されています。

あくまでもこちらはオークションでの価格ですので、一般的な買取専門店よりは高額になっている傾向があります。

オークションは個人での売買であることに比べて、買取専門店は店が仲介をして店舗や個人に下ろす形ですからね。

現に、買取専門店での買取査定価格は5万円に落ち着いています。

ただし、買取専門店は顧客からの需要があったり品薄状態だったりする場合には、値段を上げてでも買い取りたいと思うものです。

ですので、もしも白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlを売ることを考えている場合には、まずこの銘柄を強く買い取りたいと示している専門店を探しましょう。

ネットで検索すれば、ある程度の強化買取の情報は得られます。

買取を強化している店舗であれば、していない店舗に比べて価格は高値であることが多いですので、そのような店を狙って売ることをオススメします。

また、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlが流通しているタイミングかどうかということもある程度はネットでわかりますね。

通販サイトやオークションなどを回ってみて、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600mlの出品があるかどうか、また、価格はいくらかなどを把握しておきましょう。

そうすることで、高値で買い取ってもらえるタイミングで良い専門店で買ってもらうことができますよ。

売却の際に提示された買取価格に迷ってしまわないためにも、必ずしっかりと下調べをした上で持ち込みをすると自分が納得できない価格の際には、はっきりと断ることもできるようになります。

もしもこの銘柄を売却の際には、ぜひこれらの注意点を参考にしてみてくださいね。

希少品!?白州 ノーマル 1973は実は高い?

山梨県の美しい自然と澄んだ水源を頼りに作られたサントリーの白州シリーズ。

ノーマルということでノンヴィンテージではありますが、1973年に製造された白州ウイスキーは、実は希少品だということで現在、価格が高騰しているのです。

果たして現在は、いくらで売買されているのでしょうか?

1.ウイスキーのヴィンテージとは?

ウイスキーの名前についている西暦の年代は、そのウイスキーが作られた歳を示します。

ただし、ヴィンテージ品となるかどうかは、すぐに瓶に詰められたか樽で熟成されたかによって変わってきますね。

樽に詰められて熟成された場合、その熟成期間(例えば12年や30年など)によってウイスキーの価値は変わり、熟成期間が長ければ長いほど一般的にはヴィンテージ感が強いと言われます。

一方、今現在から見ると昔に作られたイメージがある白州 ノーマル 1973ですが、ノーマルとの記載があるようにこちらのウイスキーは熟成期間のないノンヴィンテージ品です。

つまり、1973年に製造されてそのまま瓶詰めされ、自宅もしくは店舗などで長く保管されていたウイスキーなのです。

お酒に詳しくない方の中には、「家で長く保管しておけば価値が上がる」と考えている方もいますが、それは半分は正解で半分は間違っています。

ウイスキーの場合、瓶にどれほど長く詰められていても熟成することはありません。

シェリー樽やミズナラ樽など、ウイスキーを熟成させるのに適した気を使って作られた樽に詰められて、初めて熟成が進みます。

つまり、家での保管でウイスキーの質が上がることはありません。

ですが、一方で一般的に市場に出回っている銘柄の本数が減ってきている中で、特定のウイスキーを保存状態も良く保っていると、世間からの需要が高まり価値が上がります。

今回の白州 ノーマル 1973の場合は、品質としてはそこまで高くはありませんが、市場に出回る本数が少なくなったことが、人気を博し始めた理由と言えますね。

2.白州 ノーマル 1973は現在いくら?

白州 ノーマル 1973は現在、楽天市場では8千円ほどで売買されていますが、残り本数はかなり少ないみたいですね。

また、オークションでの平均価格は1万4千円ほどということで、やはり個人での購入希望者の存在が多い印象があります。

現在販売製造されていれ白州のノーマルウイスキーの市場価格は1500円前後ですので、やはりノーマル品としてはかなり高価です。

大手ウイスキー買取専門店の大黒屋やミスターフロンティアでも、白州 ノーマル 1973の銘柄をしっかりと年代も込みで特定して買取強化をしていますので、需要がかなり高いことは確かでしょう。

白州 ノーマル 1973は、発売当初は多く市場に出回っていた銘柄ですので、贈り物や頂き物でもらっていてそのままになっている方も多いかと思います。

自宅に飲まない少したかそうなウイスキーが保管されているという方は、ぜひラベルを見てみてください。

白州 ノーマル 1973かもしれませんよ。

もしもお酒は飲まないから売りたいという場合には、ぜひこのタイミングを逃さないでいただきたいです。

現在、白州 ノーマル 1973は急激に需要が増えて価格も高騰しました。

所有者が多い可能性もあるこのウイスキーは、今のような高値が続くという保証はありません。

売る決心がついている方は、ぜひ今すぐの査定をオススメします。

超希少!?白州 10年を売るなら今!

ジャパニーズウイスキーの流行により、年代物のウイスキー原酒が品薄になっている白州シリーズ。

特に、最近では白州12年が生産中止となり根強い白州ファンの多くが悲しみに浸りました。

その反面、現在も微量ながらに生産が続けられている白州 10年が、白州をはじめとするジャパニーズウイスキーファンからの需要が高まっているのです。

もし、自宅に白州 10年があるという方…

もしかすると超高額で売れるかもしれませんよ。

.白州 10年の特徴と希少性は?

山梨県の自然豊かで水が綺麗な地で生産が進められている白州シリーズ。

その製造の特徴からも、白州は全体的に口当たりがまろやかで優しく、嫌なクセがない味わいをしています。

色合いもウイスキーには珍しくほぼ透明で、年代物になると琥珀色が強くなってきますが白州 10年の場合は薄い黄色のような透き通った色をしています。

香りは非常に華やかで自然を十分に感じられる爽やかな印象を感じます。

冒頭でも紹介しましたが、白州 10年は生産中止となった白州12年に最も熟成期間が近く味わいも似ていること、そして何より価格がほぼ同じであることから、白州12年の生産中止を惜しむファンからの注目が今までよりも断然上がった銘柄なのです。

また、白州12年と同時期に響17年も生産中止となったことから、既存するヴィンテージウイスキーに対する世間からの注目度がかなり増したのですね。

今後、他の銘柄も生産中止になるかもしれない。

ならば、今のうちにもっと購入しておかなくては。

このような考え方をしているウイスキーファンも多く、白州 10年も生産はしているもののかなり品薄になっていることから希少性も上がっています。

集中しすぎて白州 10年まで早々に生産中止にならないことを祈るばかりです。

.白州 10年の現在の価値は?

さて、ここまで希少価値が上がっている白州 10年ですが、現在、大手通販サイトのAmazonでは白州 10年を46800円で販売しています。

楽天市場では箱なしで4万円程の価格で売られていますので、現在の白州 10年の売価は本体だけで4万円。

付属品も込みでプラス6〜7千円といったところでしょう。

ですが、現在の売価が必ずしも買取査定の参考になるとは限りません。

というのも、買取専門店は要はウイスキー売買ののプロです。

つまり、私たち消費者よりも明らかにウイスキーの在庫状態や今後の生産についての見通しがついているのです。

市場では4万円前後で売られていても、今後の生産量が急激に下がることが予想された時点で、買取専門店はそれ以上の高値で買い取ってくれるのです。

実際、ウイスキーの買取専門店では白州 10年を強化買取商品として掲げており、参考価格も平均で5万円程としています。

個人の酒屋では8万円近くで販売をしているお店もあるようですので、買取の際にはかなりの高額買取をしたことが予想されます。

もしかすると、今を境に白州 10年は激減するのかもしれませんね。

もしも査定をして5万円以上で買取をしてくれる専門店があったら、売却を考えてみても良いかもしれません。

白州 10年が生産中止となると、一時は価格が高騰するかもしれませんが、それがきっかけで市場に出回る量が増えると値段は下がります。

また、生産中止をキッカケに他のヴィンテージウイスキーに注目が集まると、既存のウイスキーの価格は高騰して白州 10年の価格は落ち着いてしまう可能性もあります。

もしかすると、最も高額買取をしてもらえるのは今かもしれませんよ。

高額買取ならここ!白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml の価値は?

希少な樽出原酒だけをボトリングしたこちらの白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml は、現在かなりの希少価値を誇っています。

その人気の秘密とは何なのでしょうか?

現在の市場の価格や高額買取をしてもらうためのコツについても探っていきます。

.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml の人気の秘密は?

希少な樽出原酒だけを集めてボトリング。

これが、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml が注目を集めて人気を博している大きな理由です。

樽出原酒とは、その名の通り樽から直接ボトルに入れて詰められたウイスキーのことを指します。

濾過などをしていないため、その色は普通のウイスキーと比べても濁った琥珀色で、透明感は感じられません。

その分、味は濃厚で口当たりもトロッとした印象を感じます。

感じる甘みも苦味も強いため、人によってはカクテルのリキュールのような印象を持つ人もいるといいます。

円柱のクリアボトルに詰められた白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml は、中身がしっかりと見える白州らしいボトルです。

しかし、白州のイメージである緑色のボトルではないことから、パッと見ると白州シリーズではないと思ってしまう人も多いですね。

同じようなボトルで樽出原酒シリーズの山崎ブランドも存在しますので、銘柄にこだわりがある方は間違えないようにしたいところです。

 

.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml を高く売るなら?

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

というのも発売当初、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml は一般市場にも出回っておりかなりの人気を博していました。

すでに所有者がいなかったとしても、家には存在しており誰も飲んでいないというパターンも少なくありません。

あなたの家に、見慣れないウイスキーボトルはありませんか?

よくボトルのラベルを見てみると、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml かもしれません。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml は、クリアボトルの下部に白いラベルが貼られており、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年の銘柄が割とわかりやすく書かれています。

もし、飲まないからいらないという方は、まずはお近くの買取専門店に持ち込んでみましょう。

また、最近ではネットで写真などを送ったり特徴を記載したりするだけである程度の査定額を出してくれるサイトもあります。

これらのサイトを利用しても良いですので、価値を調べてみましょう。

ちなみに、現在白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml は大手買取専門店の大黒屋では2万円〜の買取価格が提示されています。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml を売る際には、付属のクリアケースや包み紙などをしっかりと持ち込むことが、より一層の高値をつけるコツになりますよ。

売ることを考えた際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

実は高額!?白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190ml の価値と特徴は?

サントリーの名門・白州シリーズから、貴重な樽出原酒のウイスキーが発売されました。

その名も白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190ml。

小さいボトルながらにかなりの値段がするこちらのウイスキーは、どれほどの人気があるのでしょうか?

ボトルやウイスキーの特徴とともに探っていきます。

.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190mlとは?

山梨県の自然豊かで澄んだ水が流れる川の近くでウイスキーが製造されている白州蒸留所。

そんな白州蒸溜所の中で、希少な樽出原酒が製造されました。

樽出原酒とは、熟成されたウイスキーを濾過することなく、そのままボトルに詰めてラベリングしたウイスキーです。

それ故に、濁った琥珀色をしており、口当たりもトロトロとしているのが樽出原酒の大きな特徴です。

香りも華やかで通常のウイスキーよりも強い香りを感じさせます。

樽出原酒は、とろみが強い故に香りや味わい、色までもが濃くなっているようですね。

甘さが強い白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190mlは、ロックやストレートで飲むのももちろん美味しいですが、ソーダで割ってハイボールにして飲んでも最高級の味わいです。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190mlのように濃い味わいのウイスキーは、お酒を飲み慣れていない方ならソーダで割った方が飲みやすいかもしれません。

ウイスキーは、ロックやストレートで飲むのがツウと言われやすいですが、実際には自分が飲みやすくて美味しいと感じる飲み方をするのが一番です。

その方が、製造者たちも嬉しいですので、白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190mlを飲む際には、ツウな飲み方にこだわることなく、自分にぴったりな飲み方を探してみると良いでしょう。

 

.白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190mlの価格は?

190mlという少量ボトルで生産されている白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190ml。

なんと、大手通販サイトの楽天市場やAmazonでは3万円もの値段で売られていた過去があります。

ちなみに現在は完売状態で、入荷も未定とのことです。

190mlに3万円とはかなり驚きの値段ですね。

もしも自宅に白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190mlがあり、飲む人がいないという場合には、それはかなりの掘り出し物かもしれません。

いらない場合には売ってしまうのも1つの手段です。

その方が、本当に必要としてくれる人の手に渡り、ウイスキーも製造者も喜ぶでしょう。

白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190mlを売る際には、付属のクリアケースや結び紐などをある場合にはしっかりと持ち込むことが大切です。

特に買取専門店では、いかに購入当時と同じ状態であるかということが価格を大きく変化させる要因となります。

自分はいらないと思っているような小さな付属品でも、買い手にとっては大切なものである可能性は非常に高いです。

まずは付属品としてあるものを全て持った上で、数社の大手買取専門店に持ち込んでみましょう。

そして、店舗同士で価格競争をしてもらうことで、もしかすると品薄状態である今なら3万円以上の値で取引してもらえるかもしれませんよ。

超高級品!?白州 シェリーカスク 2012の価値と価格は?

例年のように前年の売り上げを超えているサントリーの白州が、2012年2月に限定販売を開始したのが、こちらの白州 シェリーカスク 2012です。

そんな白州自慢のこちらの銘柄は、果たして現在いくらの値段がついているのでしょうか?

希少価値や買取価格も一緒に考察していきます。

.白州 シェリーカスク 2012のこだわりは?人気の理由は?

“森香るハイボール”をコンセプトとしてウイスキー造りに励んでいる白州シリーズの製造者やブレンダーたち。

「ウイスキーはアルコール度数が強い」

「飲みにくい、高い」

これらのウイスキーのイメージを一蹴して、誰もが楽しめる日本人の舌にあったウイスキーを作り続けてきた白州は、どの銘柄も老若男女問わず人気を集めています。

白州ウイスキーは、ハイボールにしても美味しいということをコンセプトにしていましたが、もちろんストレートやロックで飲んでも美味しいですので、ウイスキー上級者からも需要が高いです。

今回の白州 シェリーカスク 2012は、どちらかというとウイスキー上級者向けに作られた銘柄です。

ですが、シェリー樽を使って熟成されていることでカシスやあんずの甘い味わいが感じられる白州 シェリーカスク 2012は、ハイボールにすれば初心者でも楽しむことができそうですね。

白州 シェリーカスク 2012は発売当初は4300本限定で全国で販売されました。

12本セットでの販売ということで、基本的には小売店や飲食店向けに発売された品のようですね。

もちろん、一般の消費者も購入することができましたので、数本は飲んで数本は保管、もしくはプレゼントとして人にあげたという場合も考えられる銘柄です。

白州シリーズは、白州 シェリーカスク 2012に限らず飲みやすさと共に高級感を感じられる銘柄ですので、ぜひウイスキー初心者にも飲んでいただきたい逸品です。

.白州 シェリーカスク 2012の現在の価値と買取査定額は?

さて、気になるのはもしも白州 シェリーカスク 2012を売った際の値段ですよね。

なんと白州 シェリーカスク 2012、現在楽天市場では22万円の価格で売られているのです。

これは驚きですね。

もちろん2012年の記載があることからも、今から白州 シェリーカスク 2012を作ることは不可能ですので、現在既存するボトルはとても貴重になります。

また、希少なシェリー樽を使って熟成されたことによる香り高さや芳醇な味わいなどが、需要を高めて価格を高騰させている理由でしょう。

オークションでも20万円前後での取引が一般的である白州 シェリーカスク 2012は、買取査定額も10万円〜15万円とかなり高額。

もし、しっかりと綺麗に保存されていた白州 シェリーカスク 2012が家にあるという方は買取査定をしてみてはいかがですか?

特に、発売当初にケースで購入して何本か保存の品があるという方は、一本だけでも売ってみるとかなりの高値が付きます。

すでに飲む人がおらず、売ってしまっても良いと考えている方は、これほどの高級品ですので簡単に売る場所を決めずに、数店舗の買取査定店を回って比較することをオススメします。

また、ネット上で出回る品が少なくなり需要が高まると、価格も上がりやすい傾向がありますので、売るタイミングについてもしっかりと考えたいところですね。

数量限定!白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプとほかの2種類の特徴は?

サントリーウイスキーから、THE ESSENCE of SUNTORY WHISKYとしてブランドの違う3種類の銘柄のウイスキーを発売しました。

その中の一つが白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプ。

ボトルデザインもコラボレーションしているこのシリーズは、3本セットでコレクションしたがるファンも多いです。

そんな白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプは、果たしていくらの価格で売られているのでしょうか?

3本セットでの価値についても考察していきます。

.白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプのシリーズの特徴は?

サントリーがTHE ESSENCE シングルモルトウイスキーとして、白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプをはじめとする3種類のウイスキーを新シリーズとして発表しました。

ライ麦を使用して作られた白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプは、香りは華やかながらに味わいは割とスパイシーで刺激的だといいます。

酒齢4年という、他のヴィンテージ白州シリーズに比べると短めに見える熟成期間も感じさせないような深くてコクがある味わいは、多くの白州ファンを魅了しました。

3種類とも細いクリアボトルに白のラベル、そして黒墨でそれぞれのマークと銘柄が描かれたボトルのデザインは、非常に芸術性を感じさせますね。

3つ揃うと、さらにその芸術性とサントリーやこだわりを感じられる白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプのシリーズは、まとめて買うことを希望する方もかなり多いです。

3種類とも数量限定発売だったため、全てをコンプリートしている方は少ないですが、1種類だけ持っているから他の種類を後から集めようというコレクターもたくさんいるでしょうね。

 

.白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプの買取査定額は?3本セットだとより高値に?

さて、デザインからサントリーの独創性まで様々な点で評価の高い白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプのシリーズですが、果たして買取の査定額はいくらなのでしょうか?

現在、大手買取専門店の大黒屋では白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプを1本3万円前後で買い取ることを提示しています。

ただし、このシリーズが3本セットになると買取額はぐんと上がり、セットで10万円以上としていますね。

大手通販サイトの楽天市場でも、3本セットでの価格の方が2万円程高くなっており、需要の高さが伺えます。

白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプシリーズは、出回りはあるようですが、楽天市場でもラストワンセットと書いてありますので、品薄であることは確かでしょう。

もしも、プレゼントでもらったけれどウイスキーには興味はないという方は、ぜひ買取専門店に持ち込むことをおすすめします。

3本、もしくは2本でも良いですのでセットになればなるほど、価格は割高になること間違いなしですよ。

高額買取のコツは?白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年 の特徴と人気の理由は?

サントリーの大人気ブランド、白州から15年もの長期熟成シリーズである白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年 が発売されました。

山梨県の自然豊かで水が綺麗な土地で作られたこちらのウイスキーは、果たして現在いくらで買取してもらえるのでしょうか?

より高値で買い取ってもらえるためのコツについても探っていきます。

.白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年 とは?見た目や味わいは?

シンプルなクリアボトルに黒ラベル。

これが、白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年の見た目の特徴です。

一見すると白州のシリーズには見えませんよね。

白州といえば、グリーンの寸胴なボトルに白のラベル、大きく縦書きで“白州”と書かれているのを想像する方が多いでしょう。

そんな中、白州の希少な樽出原酒のシリーズは細いシンプルなデザインなため、ラベルをよく見ないとブランドが分からないという人も多いですね。

クリアボトルならではの中身が見えるデザインにより、シングルモルト15年の濃厚な琥珀色がパッと見えるのが、またウイスキーの美味しさを感じさせます。

ボトルのシンプルさに比例して、化粧箱とブルー一色のシンプルなデザイン。

白枠に“白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年”の銘柄が入っていますが、その他は何も書いていない上品な見た目ですね。

シンプルながらに鮮やかなブルーを使っている感じが、高級感と品の高さを感じます。

樽出原酒ということで、酒精は56度と高く、ウイスキー初心者はストレートで飲むとキツさを感じるかもしれませんね。

逆に上級者の方は樽出原酒の味わいをそのまま楽しむためにストレートを好む方も多いです。

ウイスキーの飲み方には、人それぞれ好みや向き不向きがあります。

特にこのように酒精が高いウイスキーは、こだわりを持っている人に合わせると美味しいウイスキーも美味しく感じられない可能性もあります。

そこで、この濃厚でトロッとした味わいを利用して、もしもストレートで飲みにくさを感じてしまった人は思い切って炭酸で割ってハイボールにしてみてはいかがでしょうか?

『ウイスキーはロックかストレート』という先入観を持っている人は、ぜひ白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年ではその考えは一旦置いておき、自由な飲み方をすることをオススメします。

ストレートにはストレートの良さがありますが、同時にハイボールにはハイボールの良さもあります。

美味しく楽しく飲むためには、自分にあった飲み方を探ってみるのも良いですね。

 

.白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年 の買取査定額は?高く売るコツとは?

今や超希少品とも言われる白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年は、市場に出回る本数も限られています。

そのため、現在の白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年の売価は10万円をゆうに越しており、買取査定額も78万円と言われています。

店舗やタイミングによっては、査定額がそれ以上になる可能性も少なくないですね。

そんな白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年を、より高く売るためにはどうしたら良いのでしょうか?

売却の際には必ず付属する化粧箱や説明書きなどをしっかりと持参することです。

「もうボロボロだから捨ててしまおう」

「持っていくのは恥ずかしいほど日に焼けている」

そんな化粧箱を持っている方も多いですよね。

たしかに、化粧箱も説明書きも紙ですので劣化はしやすい素材です。

ですが、だからといって簡単に捨ててはいけません。

ウイスキーの買取の際に、これらの付属品はあるかないかで場合によっては数万円の価値になります。

買う側の立場になれば分かりやすいですが、せっかくの白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年を買ったとしても、保存するための化粧箱がなくてはウイスキーはボトル自体が劣化してしまいます。

説明書きがなくてはウイスキーの詳細の情報も得られません。

このように、付属品は特に新品同様であることが一番良いですが、たとえ劣化していても必要性があるものです。

場合によっては、多少日焼けして色落ちしていた方が味があると考えるオーナーもいらっしゃいます。

ですので、売却を考えた際にはほかのたとえボロボロだったとしても一応、お店に持っていき、店側に必要かどうかを判断してもらうようにしましょう。

これほどの価値があるウイスキーの付属品は、捨ててしまうと本当にもったいないことになりかねませんよ。

超希少!?白州 シェリーカスク 2013を売るならここ!

サントリーウイスキーの代名詞としても使われる白州から、数量限定の白州 シェリーカスク 2013が発売されました。

その希少価値とこだわりから、現在はネットの中で価格が超高騰しているとも言われる白州 シェリーカスク 2013は、もしも売った場合果たしていくらになるのでしょうか?

大手買取専門店の価格を参考に探っていきましょう。

.白州 シェリーカスク 2013の希少性とは?

2012年に販売された白州 シェリーカスク 2012の話題性と需要の高さから、翌年に発売された白州 シェリーカスク 2013もかなりの注目を集めました。

白州 シェリーカスク 2012と同様に数量限定で発売された白州 シェリーカスク 2013は、前の年よりもより一層の需要の高さとなりました。

さわやかな香りにシェリー樽ならではのあんずのような甘さ、そして熟成によるほろ苦い後味が、白州 シェリーカスク 2013の大きな特徴です。

発売当初は、これほどの素晴らしい逸品でありながら一本9450円という安値での販売だったため、かなり多くのファンから注文が相次ぎました。

購入者はみんな、素晴らしい品であることを知っていながら、価格が割と安価であることからも封を切ってしまう人が多かったようですね。

そのため、現在既存する白州 シェリーカスク 2013は限定販売である4300本を大幅に下回る本数だと言われています。

実際、ネットの中でも市場に出回っている本数は非常に少なく、タイミングによっては一本も出回っていないことも少なくありません。

購入後、価格が安かったこともあり白州こだわりのこの白州 シェリーカスク 2013を飲んでしまう人が多かったことが、現在この銘柄の希少価値を上げることになる大きな理由となったのでしょう。

 

.白州 シェリーカスク 2013を売るならここ!タイミングは?

白州 シェリーカスク 2013は、先ほども説明した通りタイミングによってはネットの市場に全く出回らない時期もあります。

通販やオークションに出品されていなければ、店頭や専門店でも取り扱われていない可能性が高いですので、もしも白州 シェリーカスク 2013を飲むことがないため売りたいと考えている方がいましたら、そのタイミングがベストです。

市場では需要に対して供給が極端に少ないと、価格は高騰します。

白州 シェリーカスク 2013の現在の価格がそれを物語っており、今現在の白州 シェリーカスク 2013はネットの中では22万円の値段がついています。

元値が1万円もしていないことから、この価格の高騰は異常ですよね。

買取専門店では、白州 シェリーカスク 2013の標準買取価格を15万円前後と設定しています

もしかすると、需要の高さやタイミングによってはそれ以上の価格が期待できますが、お酒を売った経験が薄い人ですと、店舗側が提示する値段に納得して交渉せずに売ってしまうこともありますよね。

ですので、買取専門店で売ることを考えている方には、まずはその時の白州 シェリーカスク 2013の基本価格をネットを参考に調べることをおすすめします。

その上で、最低でも3店舗の買取専門店で査定をしてもらい、価格競争をしてもらいましょう。

そうすることで、自分の口からは「もう少し高値を…」と言えなくても、店舗同士で競い合ってくれます。

価格競争をしてもらうことで、白州 シェリーカスク 2013の場合は数万円単位で価格が上がることがありますので、店側に流されることなくしっかりと自分の意思を持って売却をするように心がけましょう。

限定販売!白州 ヘビリーピーテッドの人気の秘密は?

サントリー白州が2009年5月26日に発売した白州 ヘビリーピーテッドは、数量限定品として発売されました。 

白州のブランドシリーズの第一弾として発表された白州 ヘビリーピーテッドは、白州ファンをはじめとする多くのウイスキー愛好家から注目を集めました。

ここでは、白州 ヘビリーピーテッドの特徴と参考買取価格を考察していきます。

.白州 ヘビリーピーテッドとは?

山梨県の自然豊かな地に蒸留所を構える白州は、森の綺麗な空気と澄んだ川の水を原料として生成されています。

それ故に、白州シリーズのウイスキーは澄み通った美しい琥珀色と爽やかな味わいをしていることが特徴です。

白州 ヘビリーピーテッドは、その白州ならではの特徴にプラスして、麦芽を乾燥させる際にピートで燻すことによってスモーキーな味わいが加わりました。

ピートの香りがつくと、味わいにも苦味が加わりますので、白州 ヘビリーピーテッドは大人向けでウイスキー上級者が好むウイスキーとして知られています。

強めのピートの香りが特徴の白州 ヘビリーピーテッドは、クラッシュアイスを用いたロックの飲み方をすると、より一層ピートの香りを楽しむことができます。

というのも、ウイスキーは水分が加わると香り高くなる傾向があります。

ですので、クラッシュアイスは普通の氷に比べて溶けやすくて、香りを立たせるためにはかなりオススメです。

.白州 ヘビリーピーテッドの買取参考価格は?現在の売価は?

サントリーの人気ブランド・白州シリーズのウイスキー、白州 ヘビリーピーテッドは現在楽天市場ではなんと10万円近くの価格で売買されています

白州の代名詞でもある緑のボトルに白のラベルは、一見するとノーマルの白州ウイスキーのように感じます。

しかし、当然中身は違いますしラベル記載もよく見ると異なる部分が多いです。

楽天市場などでお酒を見ていて、見た目が同じウイスキーなのに価格が全く違うという場合には、詳しく見てみると銘柄が異なっている場合がありますので、売る際にも買う際にも注意が必要です。

白州 ヘビリーピーテッドは現在、かなりの品薄状態のようで買取査定額は参考価格でも89万円としている店舗が多いです。

現在の売価と比較しても、この査定額はかなり高値ですね。

もしかすると、今後より一層の品薄状態になることを予測しての値段設定なのかもしれません。

これらを加味すると、もしも自宅にある白州 ヘビリーピーテッドを売りたいと思っている人がいる場合には、売るタイミングは今、もしくはもう少し期間を置いてからが良いかもしれませんね。

もう少し期間を置くとかなりの品薄状態となり、値段が高騰する可能性が高いです。

ただし、所持しすぎるとほかの出品者が現れたり商品が劣化してしまう可能性もあります。

 

ウイスキー初心者が完璧に保管することは難しいですので、程よいタイミングをつかむことが重要ですね。

白州 バーボンバレルの特徴と価格は?

ジャパニーズウイスキーである白州を、バーボン熟成に使った樽に詰めて熟成させて作られたのが白州 バーボンバレル。

その深くて複雑な味わいがクセになると注目を集めている逸品です。

ジャパニーズウイスキーながらバーボンの香り漂う白州 バーボンバレルは、国内外問わず人気と需要を集めています。

果たして、白州 バーボンバレルは買取査定をするといくらになるのでしょうか?

.白州 バーボンバレルとは?

サントリーで人気のバーボンバレルのシリーズは、白州と山崎から発売されています。

どちらも人気が高くおいしいと評判なのですが、その特徴はなんといっても熟成にバーボン樽を使っていること。

白州 バーボンバレルは、バーボンの熟成に一度だけ使われた樽を使用していることから、ジャパニーズウイスキーにはない優しく甘い香りと味わいを感じることができます。

特徴的なバニラの香りは女性からの人気も高く、男女問わず好んで飲まれやすい一品です。

ちなみに、“バレル”とは180リットルのウイスキーが入る酒樽のこと。

サントリーの中ではかなり大きめなサイズの樽になります。

大きさの理由は、元がバーボン樽であることでしょうね。

.白州 バーボンバレルの元値と買取価格は?

白州 バーボンバレルは、同じくバーボン樽で熟成された山崎とともに、9000円ほどで売られていました。

2010年2月に発売された白州 バーボンバレルは、現在は販売されていないことやバーボン樽を使って熟成した他の銘柄が少ないことから、希少価値はかなり上がっています。

なんと現在、ヤフオクでは8万円で落札されたという情報があり、かなりの価格の高騰を見せています。

状態さえよければ、オークションはやはりかなりの高値がつくのですね。

ちなみに、同じ商品である白州 バーボンバレルでも、大手フリマサイトでは2万円弱で売買されています。

状態が良くなかった可能性はありますが、封は切っていない商品のようですので、購入できた人はかなりラッキーだったでしょうね。

白州 バーボンバレルのように元値が安くて出回る量が多かったお酒は、現在の所有者が価値に気づいていなくて安値で売買している可能性も高いです。

もしもお酒をより高く売りたいと考えている場合には、お酒に詳しくない人は特に一度、専門のバイヤーに相談することをおすすめします。

.白州 バーボンバレルをより高値で売るなら?

白州 バーボンバレルは、先ほど紹介した通り元値はさほど高くはありません。

180リットルもの大きな樽で生成されたことから当時の販売数も多かったことが理由でしょう。

ただし、白州の中ではバーボンバレルはやはり珍しい銘柄ですのでウイスキーファンからしたら飲みたいしコレクションしたいし、できるなら2つ以上欲しいと思う品なのです。

そのため、需要がかなり高くて価格も高騰しているというわけですね。

では、自宅にある白州 バーボンバレルをより高値で売りたいと思ったらどうしたら良いのでしょうか?

やはり1つは、現在の状況を把握するところから始まります。

ウイスキーはお酒が入っていたら良いというわけではありません。

付属の箱や包装紙があることで、コレクターからより高値をつけてもらえます。

もしも現状で傷や日焼けなどもなく完璧なのでしたら、売るその日までしっかりと梱包して暗室に閉まっておきましょう。

また、何かしら欠けている部分があったり傷があったりする場合には、封を開ける人に売ることが望ましいです。

種類販売店や、もしかするとウイスキーにこだわりのあるバーなどに持ち込んでみたりするのも高額買取のコツになるかもしれません。

サントリー記念商品“白州蒸留所 30周年記念ボトル ”の特徴は?オークション落札相場は?

飲料メーカー大手のサントリーが、人気銘柄“白州”を作っている蒸留所の30周年を記念して、記念ボトルを作りました。

白州ファンにとっては見逃すことができない特別な逸品。

コレクションにするも良し、封を切って味を楽しむも良しの記念ボトルは、一体現在どれほどの需要があるのでしょうか?

ボトルの特徴とともに、今現在のオークションの落札相場も探っていきます。

.白州蒸留所 30周年記念ボトルの特徴は?

白州蒸溜所の開設30周年を記念して作られたこちらのボトルは、発売当初2000本の限定販売をされていました。

 ラベルには海鳴りが聞こえてきそうな力強い波が描かれており、白州らしいさわやかな印象を与えます。

“サントリー白州蒸溜所30周年”の文字も記載されており、記念ボトルであることはすぐに分かりますね。

ラベルに記載されていることからも、記念ボトルの中身はシングルモルトウイスキーのようです。

シェリー樽で熟成された白州のシングルモルトは、非常に香り高く飲んでいくうちにどんどんとスッキリとした甘みを感じることが出来る極上のウイスキーです。

.オススメの飲み方は?

シングルモルトウイスキーが使用されている白州蒸留所 30周年記念ボトルは、クラッシュアイスのロックで飲むことがオススメです。

もちろん、人によって好みの飲み方もあります。

たとえば、ストレートで飲むことで白州本来の味わいを逃すことなく飲みたい人もいれば、炭酸で割って飲みやすくして楽しみたいという人もいるでしょう。

ウイスキーの飲み方は自由ですので、あくまでも参考程度にですが、シェリー樽で熟成された白州のシングルモルトウイスキーは、キンキンに冷えた状態の方が甘みを感じやすい傾向があります。

また、ロック氷が溶けていくことで、よりウイスキーの香りが立つともいわれています。

つまり、ロックで飲むと一杯で色々な味わいと香りを楽しむことができるのです。

クラッシュアイスがオススメな理由は、ロック氷よりも味がまろやかになりやすいことや、アイスが溶けやすく早く冷えやすいことなどが挙げられます。

強いお酒に弱い人にも、クラッシュアイスはオススメですね。

.白州蒸留所 30周年記念ボトルのオークション落札相場は?

さて、気になるのはやはり『もしも売ったらいくらになるのか』というところですね。

白州蒸留所 30周年記念ボトルは限定販売ということや、記念ボトルということもあり特に白州ファンからは多くの需要があります。

現在、ヤフオクでは白州蒸留所 30周年記念ボトルの落札相場は、付属品が全てついたもので30万円弱となっていますね。

それでも30件以上の入札がありますので、もしかするともう少し高い値段設定でも入札される可能性はあるでしょう。

ちなみに、箱や包装紙などの付属品がない品ですと20万円前後の取引価格となってしまいます。

やはり、オークションで狙っている人の多くはコレクション目的なのですね。

売却の際には、あらかじめ保存状態や付属品の有無を確認しておくことが、より高額の売買をしてもらえるコツになるでしょう。

  • 白州蒸留所 樽出原酒 シングルモルト 15年

  • 白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 15年 600ml

  • 白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 12年 600ml

  • 白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 8年 190ml

  • 白州蒸留所 樽出原酒 ホッグスヘッド樽 1996

  • 白州蒸留所 樽出原酒 ピュアモルト 10年 600ml

  • 白州蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ライタイプ

  • 白州蒸留所 ヴィンテージモルト 1981年

  • 白州蒸留所 ヴィンテージモルト 1982年

  • 白州蒸留所 ヴィンテージモルト 1985年

  • 白州蒸留所 ヴィンテージモルト 1987年

  • 白州蒸留所 ヴィンテージモルト 1988年

  • 白州蒸留所 ヴィンテージモルト 1990年

  • 白州蒸留所 ヴィンテージモルト 1993年

  • 白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年

  • 白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年

  • 白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年

  • 白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年

  • 白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年

  • 白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年

  • 白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバット1989年

  • 白州蒸留所 30周年記念ボトル

  • 白州 シングルモルト

  • 白州 ヘビリーピーテッド

  • 白州 バーボンバレル

  • 白州 シェリーカスク 2014

  • 白州 シェリーカスク 2013

  • 白州 シェリーカスク 2012

  • 白州 10年

  • 白州 12年 シングルモルト

  • 白州 12年 ピュアモルト

  • 白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶

  • 白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶

  • 白州 18年

  • 白州 18年 リミテッドエディション

  • 白州 25年

  • 白州 25年 リミテッドエディション