お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

サントリー知多買取

ランキング商品名買取価格(11月4日更新)
知多蒸溜所特製グレーン20,000円
知多蒸溜所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟19,000円
知多 シングルグレーン1,500円

概要

今回は、サントリー「知多」ウイスキーのこだわりや味わいなどの魅力を簡単にご紹介したいと思います。

グレーン原酒「知多」ウイスキーの魅力

軽やかで爽やかな風のようなウイスキー「知多」。

グレーン原酒ならではの余韻と旨みがあり、日本食によく合うと言われています。

知多蒸溜所でこだわりをもって作られた「知多」ウイスキーの美味しさに迫ります。

2種類の原酒、モルトとグレーン

知多(引用:サントリーHP

サイレント・スピリッツをご存知ですか?

ウイスキー原酒は2種類に分けることができ、それぞれ個性や味わいが異なります。

1つはモルトウイスキー

大麦からとれる麦芽を発行させて、蒸溜は単式蒸留器を使用します。

その後、樽でじっくりと熟成させて個性を育るのです。

複雑ながらも豊かで力強い味わいが生まれ、ラウド・スピリッツとも呼ばれています。

もう1つはグレーンウイスキー

麦ではなく、トウモロコシなどを原材料としており、穀類の味わいが特徴です。

蒸溜は連続式蒸留器を用いて、モルトと同じく樽で熟成をします。

モルトとの味の違いは味わいの軽やかさにあり、個性も穏やかなためサイレント・スピリッツとも呼ばれています。

「知多」は後者であるグレーンウイスキーの製法で作られているため、風のような軽さと甘い風味がだせるのです。

モルトのような重厚感はありませんが、反対に口当たりがなめらかで飲みやすい性質のため、ウイスキー初心者の方にもオススメできます。

サントリーを支えるグレーン酒

「知多」を生み出したサントリーから発売されているウイスキーは、

  • 角瓶
  • オールド

といった世界から人気のある名高いウイスキーが揃っています。

これらのウイスキーはブレンデッドウイスキーと呼ばれ、モルト原酒とグレーン原酒を匠の技でブレンドしたウイスキーです。

サントリーのブレンデッドウイスキーに使用されるグレーン酒は知多蒸留所で作られており、様々なウイスキーを支える大切な役割を果たしています。

サントリーウイスキーの中でなくてはならない大切な役割を果たし、今も昔ながらの伝統を引き継いでこだわりのあるウイスキー作りを支えて続けているのです。

サントリーの歴史やこだわりが感じられる知多蒸留所のグレーンウイスキー。

「知多」ウイスキーは、その美味しさや魅力が詰まったグレーンの集大成といっても過言ではない味わいを楽しめます。

無限の味わいを魅せるグレーン原酒

「知多」はグレーン原酒で作られているウイスキーですが、グレーン原酒の中でも多彩な作り分けを行い、あらゆる味わいを生み出します。

その作り分けは世界でも類を見ないと言われており、なんと3タイプもの原酒に分かれます。

1つ目はヘビータイプ

香りが強く穀物の風味が豊かな味わいです。

2つ目はミディアムタイプ

口当たりはとてもマイルドで、穀物の旨みが感じられます。

3つ目はクリーンタイプ

ピュアですっきりとしており、口にまろやかな甘味が残ります。

グレーン原酒をタイプ別に分けながらも、更に樽の種類を変えることで違った味わいを作り分けているのもポイントです。

ホワイトオーク樽はバニラのような甘さ。

スパニッシュオーク樽はフルーツのような香りが濃厚で、甘く複雑な味わい。

ワイン樽は苺を思わせる香りと滑らかで甘い口当たり。

それぞれの樽も個性を持っているので、あらゆる表情のグレーン原酒が生み出されるのです。

このようなそれぞれの特徴を持つ味わいをブレンダーによる匠の技でブレンドし、「知多」の爽やかで甘味のあるウイスキーを生み出しています。

熟練の技と「知多」の味わい

知多(引用:Amazon

「知多」はグレーン原酒で作られており、熟成する時に用いられる樽の個性を映しやすいという特性があります。

熟成が進むと風味は一層深い物を感じさせ、樽の豊かな風味をそのまま現すことができます。

匠は樽1つずつのしっかり会話を重ね、熟成のピークをしっかりと見極めて原酒を重ね合わせていくのです。

その熟練の技により、繊細で優しい軽やかな風味が生まれていきます。

色合いは明るい黄金のようなすっきりした色。

香りはすぐに鼻孔に届くストレートでありながら甘く、樽の香りを感じられます。

味わいは軽やかで甘くスムース。

余韻はほのかな甘さが舌の上に残ります。

日本食とも相性が抜群なため、ウイスキーを始めたばかりの人や、日々ちょっとした贅沢を楽しみたい人へオススメです。

ハイボールにするウイスキーとしても、炭酸との相性が良く食事の味を楽しみながら気軽に飲めます。

「知多」パッケージの魅力

知多(引用:サントリーHP

「知多」はすっきりと軽やかな味わいで日本食にも合い、日本で作られたウイスキーであることから、日本らしさが冴えるラベルを採用しています。

荻野丹雪氏による躍動感溢れ繊細な魅力を持つ「知多」の文字は、日本が昔から親しんできた和紙に描かれています。

ボトルは透明のものを使用しており、明るくてすっきりと澄んだ黄金色のウイスキーが映えます。

存在感のある濃藍のキャップは線状の模様が風を表現しており、「知多」の味わいそのものである軽やかさがうかがえます。

味はもちろんのこと、日本らしさを失わないパッケージデザインはウイスキー作りと同じ情熱が注がれて誕生しました。

グレーン原酒の魅力が詰まった「知多」ですが、1種類の原酒だとは思えない程の複雑な味わいを持っています。

それは製法や樽によって多彩な味を表現した上で、匠の技によってブレンドされた技が生み出した味でした。

ウイスキーが好きな人はもちろん、飲み始めたばかりの人でも楽しめる「知多」はどんな食事にも寄り添い、食卓に華を添えます。

グレーン原酒らしさや奥深い香り・味わいを楽しめる「知多」は日本らしさを象徴する爽やかなウイスキーです。

知多の豆知識

高く売るならここ!知多 シングルグレーン正規品は高い!?

サントリーの人気ウイスキーブランド・響シリーズの原種ともなっていることで知られている知多は、ウイスキーファンからも高い人気を集めています。

現在では種類販売店や飲食店でも見かけることが多くなった知多 シングルグレーンは、現在どれほどの価値があるのでしょうか。

知多 シングルグレーンの買取査定額やオススメの飲み方も一緒に探っていきます。

.知多 シングルグレーンとは?

海に吹く爽やかで透き通った風をコンセプトに作られた知多シリーズ。

その中でも、スタンダードで飲みやすいことを目的に作られたのが知多 シングルグレーンです。

グレーンウイスキーというのは、トウモロコシや大麦などの穀物を原料とし、連続式の蒸留機で蒸留した種類のウイスキーを指します。

連続的に蒸留する事で、モルトウイスキーに比べて軽やかで飲みやすい飲み口になります。

優しい香りと味わいがする知多 シングルグレーンは、サイレントスピリッツとも呼ばれウイスキー初心者でも楽しむことができるウイスキーといわれています。

.知多 シングルグレーンの買取査定額と正規品の価値は?

知多 シングルグレーンは、サントリーの知多シリーズの中で、最もスタンダードで流通量が多いウイスキーとして知られています。

それ故に、類似品も多く存在しており、知多 シングルグレーンの記載があったとしても正規品ではないものの可能性があります。

ラベルや記載事項にいろいろと違いはありますが、ウイスキーに詳しくない方にはなかなか正規品かどうかを判断するのは難しいものです。

もしも、自宅にある知多 シングルグレーンを売りたいと思ったら場合には、売る前にまずは買取専門店にて鑑定をしてもらった上で査定をしてもらいましょう。

そして、正規品であることがわかった上で、そのまま買い取ってもらうかオークションにかけるかを判断する必要があります。

知多 シングルグレーンは正規品では3500円ほどで売買されています。

オークションですと、これよりも数十円から数百円ほど高値が付いているように感じます。

類似品との表記がある知多 シングルグレーンですと、価格は2000円前後と下がりますが、やはり風味や味わいにはかなりの違いがありますね。

買取専門店で査定をしてもらうと、正規品の知多 シングルグレーンは2000円2500円の価格となっています。

値段に幅が出るのは、売るタイミングにありそうですね。

というのも、市場に流通しているウイスキーというのは、生産量と需要によって商品在庫がたくさんある時と品薄の時の差が非常に激しいです。

そのため、品薄のタイミングで売却をすれば当然、高値が付きますし在庫がある状態で売ると安値になってしまいます。

そこで、知多 シングルグレーンを売ることを考えた場合には、ネットで知多 シングルグレーンの在庫状態を確認してみましょう。

また、買取査定だけなら無料であることが多いですので、何回か査定をしてもらうのも良いでしょう。

満足いく査定額になった段階で売却をすれば、比較的高値で取引してもらえるでしょう。

高額買取のコツは?知多蒸留所 特製グレーンの人気の秘密

サントリーの名門ウイスキーである知多シリーズから、高い人気を誇る知多蒸留所 特製グレーンが発売されました。

知多というと、同じくサントリーの名門である響を生成する原酒となっていることでも有名ですよね。

ここでは、そんな知多の人気ウイスキー・知多蒸留所 特製グレーンの人気の秘密や希少価値を考察していきます。

.知多蒸留所 特製グレーンとは?

知多蒸留所 特製グレーンとは、その名の通り愛知県知多市の自然豊かで水が綺麗な知多蒸留所で生成、熟成されたジャパニーズウイスキーです。

知多シリーズの特徴といえば、軽やかでキレの良い味わいが人気を集めています。

ほのかに香る優しい甘さとさっぱりとした柑橘の香りは飲む人を魅了してくれます。

知多蒸留所 特製グレーンのグレーンとは、小麦やトウモロコシなどを発酵して熟成したことを指します。

その際には、連続式に熟成にかけられたことを示すのがグレーンという記載なのです。

連続式に熟成機にかけられることで、知多蒸留所 特製グレーンはより深くてコクのある味わいになっています。

スモークのかかったボトルに黒のラベルというシンプルながら高級感を感じられる知多蒸留所 特製グレーンは、専用の化粧箱もシンプルかつ美しさを演出していますね。

知多蒸留所 特製グレーンの評価としては熟成具合が優しいという印象が強いようで、割と飲みやすくウイスキー初心者や女性向けの商品とされています。

響を飲んだ時に感じられるスッキリ感は、知多原酒ならではのものですね。

.知多蒸留所 特製グレーンの現在の価値は?

現在、多くのネットの買取専門店では知多蒸留所 特製グレーンの買取を強化しています。

理由はやはり需要の高さでしょうね。

知多蒸留所 特製グレーンは、現在の売価が3万円前後と注目度と人気の高さにしては割と安価で、自宅だけではなくバーなどの店舗でも取り扱いやすくなっています。

店舗からの需要があることはウイスキーに高値が付きやすい大きな理由になります。

もしも知多蒸留所 特製グレーンの売却を考えている方がいましたら、もしかするとオークションなどよりも買取専門店の方が良いかもしれませんね。

というのも、オークションは基本的に自宅で飲むことを求める個人同士での取引になります。

一方、ウイスキーの買取専門店は買取後は需要があるなら店舗に受け渡すことが多いです。

その方が買取専門店としても高値で売ることができますからね。

これらを加味すると、安全でなおかつ高値で売買することができるのはウイスキーの買取専門店だと考えられます。

ただし、ここで注意したい点があります。

それは、もし買取専門店に売買するなら、最低でも3店舗の専門店で査定をしてもらうことです。

買取専門店でも、知多蒸留所 特製グレーンのように需要が高いウイスキーなら多少基本額よりも高値をつけても買い取りたいと思っています。

ですので、店舗同士で競争してもらうことで、知多蒸留所 特製グレーンの買取最高額で売買することができる可能性が高いです。

つまり、知多蒸留所 特製グレーンに限らずウイスキーの売却は急ぐことなくじっくりと値段と売る場所を考える必要があるということですね。

オシャレすぎる!?知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟の売買のタイミングは?

2018年1月、サントリーから知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟の販売が決定されました。

同時に、白州と山崎の同じ銘柄のウイスキーも販売が決定し、3種類のサントリーの有名ウイスキがお揃いのボトルで顔を揃えることになりました。

これは、ウイスキーファンとしては見逃せないヴィンテージボトルですね。

果たして、知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟の売れ行きはどうだったのでしょうか?

ウイスキーの特徴とともに探っていきます。

.知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟の特徴は?

2018年2月に販売された知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟は、同時販売された山崎、白州シリーズとともに数量限定販売となりました。

樽で貯蔵したアルコール度数のまま原酒をボトルに入れてラベリングしたこちらの銘柄は、知多本来の味わいとこだわりを感じることができる最高の逸品となっています。

今回は、樽出し原酒第一弾として発売されたため、おそらく次回の第二弾も予定されているのでしょうね。

こちらの銘柄は、おそらく知多と山崎、白州の3種類のウイスキーを使ってシリーズ化されることが予想されます。

樽から出してそのままの状態でボトルに詰めた知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟は、アルコール度数が強くキリッとした味わいを感じることができます。

飲みにくいという印象を持つ人もいるかもしれませんが、四年のワイン樽での熟成を経たこのウイスキーはフルーティでさわやかな香り漂う重さのない口当たりです。

その飲みやすさゆえに、気付いた時には酔っ払ってしまうという魔法のようなウイスキーですね。

ちなみに、知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟はボトルのデザインにもこだわりがあり、知多の場合は筆書きで“夢”の一文字がなんとも躍動感のある字体で書かれいます。

そのシンプルなデザインゆえの味わい深さや趣が、サントリーウイスキーのファンから好評を得ています。

当時の販売価格は500mlで1万円と、割と安価での売価となりました。

ただし、料飲店向けに6本梱包の限定販売となったこちらのウイスキーは競争率がかなり高く、ほとんどの方が手にすることができなかった幻のウイスキーといわれています。

.知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟の現在の価格は?売るならいつ?

数量限定発売でなおかつ料飲店向けに発売された知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟は、個人やウイスキーファンの手に渡らせることは非常に難しかったです。

当然、個人的にコレクションしている方や個人へのプレゼントを目的として購入しようとしていた方は入手は不可能だったでしょう。

現在、発売から半年を経て料飲店が出品したり個人の手に渡らせたりしたことで、市場にも出回るようになってきました。

ちなみに、現在の知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟のアマゾンや楽天市場での売価はおおよそ一本15万円。

大手買取専門店の買取実績でも15万円の値が付いていますので、もしかすると知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟はそれ以上の値段で取引されているのかもしれませんね。

もし、「買っては見たものの飲まない」とか「持ち主がすでに亡くなった」というような理由から、ウイスキーの扱いに困っている方がいましたら、ぜひ本当に欲しいと思っている方に譲ることを考えていただきたいです。

ですが、せっかく売るならより高値で売りたいですよね。

知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟は、2018年に第一弾としてこの銘柄を発表しました。

もしかすると、2019年初めに第二弾が発売される可能性もありますよね。

となると、売却のオススメのタイミングは第二弾発表の前後。

この頃には、第二弾知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟を買い求めると共に、前作の第一弾も揃えたいという方からの需要が確実に高まります。

ラベルもオシャレで飾っていても素敵なこの銘柄は、コレクターからするとぜひ全ての銘柄を揃えたいと思うでしょう。

タイミングと市場への出回り量に注意しながら売却の時期を測れば、もしかすると倍の値段がつく可能性もあります。

もしも売却を検討している方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 知多蒸留所 ザ・エッセンス・オブ・サントリー ワイン樽4年後熟

  • 知多蒸留所 特製グレーン

  • 知多 シングルグレーン