お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

サントリー響買取

ランキング商品名買取価格(4月2日更新)
サントリー響 1響 35年 三代徳田八十吉作(耀彩瓶 碧陽)Ask
サントリー響 2響 35年 九谷焼 2本セットAsk
サントリー響 3響 35年 十三代今右衛門作 色絵薄墨草花文洋酒瓶Ask
サントリー響 4響 21年 サントリーホール 10周年記念 クリスタルボトルAsk
サントリー響 5響 30年 観音開き 金箱360,000円

概要

人と自然と響きあう「響」の魅力

日本人の感性で、世界で愛されるウイスキーをつくる。

サントリーの夢は日本の味覚に適う本格的なウイスキー作りです。

1989年に生み出された「響は」どういったこだわりで作られているのでしょうか?

その秘密に迫ります。

「響」の理念

「響」を生みだしたのはサントリー創業者である鳥井信治郎の次男、佐治敬三です。

彼が二代目マスターブレンドを務めていた際に、今までの技術の結晶を集めて至高の香りや味にこだわり、最高峰と呼ばれるにふさわしいウイスキー作りを目指したのです。

そうして生まれた「響」はまさに人と自然と響きあうというサントリーの企業理念が込められたウイスキーそのものでした。

ウイスキーづくりを通して、日本はもちろん世界中の人々、そして豊かな自然と共存していく原酒が形になったのです。

その理念は今もなお受け継がれており、世界が喜ぶウイスキー作りを職人たちが高みを目指し続けながら作り上げています。

ブレンダーによる繊細な匠の技

響(引用:サントリーウイスキー ウイスキー・オン・ザ・ウェブ

「響」の香味は繊細で複雑だと言われており、その味わいは歴代のブレンダーが代々守り続けてきたものです。

モノいわぬ原酒と会話できるようにならないと、一人前のブレンダーとはいえぬ。

初代のブレンダーが遺した言葉は、今も全てのブレンダーの胸に刻まれて「響」の味わいに活きています。

ブレンダーの仕事は1つ1つの原酒と会話をし、樽ごとの個性や熟成ピークを見極めて原酒を重ね合わせます。

これは匠の技が必要な繊細な仕事で、数字や文字であらわすことはできない繊細な感性を必要とするものなのです。

1日に300種以上の原酒をテイスティングする日もあり、地道で細かい技を何十年も積み重ねてやっと「響」が出来上がります。

何代にも受け継がれてきたこの営みはまさに過去と未来のブレンダーの共同作業そのものです。

3種の蒸留所と原酒

「響」は様々な原酒によって支えられ、奥深い味わいを構成しています。

その原酒はサントリーが保有する蒸留所で育まれており、どの蒸留所もウイスキー作りに対する情熱が根付く場所なのです。

1カ所目は京都の山﨑蒸留所。

宇治川、桂川、木津川が合流するこの地は名水を誇り、湿潤な地がもたらした原酒は華やかで雅な京都文化そのもののような香味を纏います。

2カ所目は山梨の白州蒸溜所。

世界でも珍しい森の中に作られた蒸留所で、南アルプスが磨き上げた地下天然水の清らかな水が特徴です。

原酒の味わいは、まるで森の中のような爽やかな口あたりと優しい香りが楽しめます。

3カ所目は愛知の知多蒸溜所。

ブレンデッドウイスキーの基調となるグレーン原酒をつくっており、連続式蒸溜機によって個性の引き立ったクリーン・ミディアム・ヘビーの3タイプの原酒を生み出します。

それぞれこだわった原酒を多彩につくり分け、貯蔵庫には80万個以上の樽が眠っています。

個性を深め、熟成させ、香味を磨きながらブレンダーに選ばれるその時を待ち続けているのです。

こだわりのボトルデザイン

「響」はそのボトルデザインにも日本らしさを取り入れ、繊細な美しさを表現していることをご存知でしょうか?

デキャンタボトルは24面カットで1日を刻む24時間の他に、季節の区切りを表す24の節気をイメージしています。

24節気とは立春や冬至のことで、現在も暮らしに根付いたものです。

原酒が樽の中で熟成されていく日々、ブレンダーが積み重ねてきた技術、そういった歴史を響かせて繋がる味わいを象徴しています。

ラベルも日本人ならではのこだわりが施されており、和紙デザイナーである堀木エリ子氏が手掛けたものです。

1500年の歴史をもち植物を原料とした越前和紙を使用し、やわらかいニュアンスを保ちながらも気品や艶を感じさせます。

和紙ラベルに描かれる鮮やかな「響」の文字は荻野丹雪氏によるもので、日本人の美意識が刺激させる奥ゆかしい美しさを魅せてくれます。

響きの香りや味わい

「響」から代表される4つのウイスキーの味わいや香りについて詳しくご紹介していきます。

響 JAPANESE HARMONY

響 JAPANESE HARMONY(引用:サントリーウイスキー ウイスキー・オン・ザ・ウェブ

華やかさをもった柔らかい味わい。

  • 香り:ローズやライチ、ほのかなローズマリー
  • 味わい:ハチミツのような甘さ、オレンジピールチョコレート
  • 余韻:繊細でやさしく穏やかな余韻

響 BLENDER’S CHOICE

響 BLENDER’S CHOICE(引用:サントリーウイスキー ウイスキー・オン・ザ・ウェブ

奥深く甘やかなで、華やかなハーモニー。

  • 香り:野いちご、白桃、パイナップル、クレームブリュレ
  • 味わい:ふくらみのある甘みと心地よい酸味
  • 余韻:柔らかく甘味がありながら、ほろ苦い余韻

響21年

響21年(引用:サントリーウイスキー ウイスキー・オン・ザ・ウェブ

フルーティーでなめらか、甘美な味わい。重厚なコシと気品のをもつ。

  • 香り:レーズン、杏、イチゴジャム、バニラ
  • 味わい:ビスケット、トフィー、甘酸っぱさ、スパイシー
  • 余韻:熟した果実香のような雰囲気、心地よく長い余韻

響30年

響30年(引用:サントリーウイスキー ウイスキー・オン・ザ・ウェブ

超長期熟成モルト由来の甘い香り、重厚なコクと力強いウッディネスを併せ持つ。

  • 香り:マンゴー、杏、イチゴジャム
  • 味わい:とろみ、厚み、甘酸っぱさ
  • 余韻:豊潤で熟した果実香、伽羅香の高貴さ、長く深い余韻

まとめ

歴史や人の繋がりが織りなす繊細な味わいをもつ「響」。

その経歴は正に誰か1人で作れたものでは到底無く、職人の技や人々の想いが積み重なって初めて表現できるものでした。

「響」は人と自然と響きあうというコンセプトそのままの魅力が詰まったウイスキーです。

響の豆知識

九谷焼とコラボ!響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶のデザインは?

日本では知らない人はいないとも言われるほど有名な有田焼と、同じくジャパニーズウイスキーとしては名高い響のプレミアムウイスキーがコラボして作られたのが、こちらの響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶。

 

同時に九谷焼ボトルも発売されたことから、セットでの購入を希望するファンも多かったわけですが

 

果たして現在はどれほどの価値があるのでしょうか?

 

お酒買取の注意点などについても探っていきます。

 

.響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶のデザインは?特徴や作られた経緯は?

 

 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶は、2007年にスペシャルボトルコレクションシリーズの1つとして発売されました。

 

600本の数量限定で発売され、同時に九谷焼の銘柄も発売されました。

 

九谷焼と有田焼が並んだ写真が多いですが、瓢箪型の背が高いボトルの方が響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶ですね。

 

 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶は、サントリー美術館に所蔵されている“色絵牡丹文蓋物”の皿を参考に作られました。

 

サントリー美術館に訪れるウイスキーファンからの要望もあって、この度ボトルとして姿を表すことになりました。

 

瓢箪型ならではの二段に分かれた絵柄は、上下とも華やかな紅色の花と青に近い緑色の葉がバランスよく美しく描かれています。

 

真ん中の首の部分で上下の絵柄が赤いラインで区切られており、瓢箪型の優美さをより繊細に表しています。

 

.響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶のお酒買取価格は?売る際の注意点は?

 

発売当初は3万円で売られていた響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶ですが、現在の売価はなんと21万円にも登ります。

 

ほぼ7倍ですね。

 

600本の数量限定であったこともさることながら、響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶の価格がここまで急上昇したのはそのボトルのデザインの美しさから手放す人がほとんどいなかったことにあるでしょう。

 

実際、今では響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶はほとんど市場には出回っておらず、売価である21万円というのも過去にたまたまオークションに出品された品がその額で落札されたという話なのです。

 

つまり、響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶の価値は底知れぬものがあるということですね。

 

もし、響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶をお酒買取に出すとすれば、必ずできるだけ多くの買取専門店で査定をしてもらうようにしましょう。

 

というのも、響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶の現在のお酒買取価格はなんと15万円〜18万円。

 

店舗によってもかなりの差があるようですね。

 

買取専門店も、需要がある品は高くても買い取りたいですし、逆に需要がない品はいくら安くても買い取りません。

 

査定額に差がつくのは、その店によって購入希望者がいるかどうか、また、卸す予定の場所があるかどうかということによるでしょう。

 

つまり、18万円を提示している店はすでに買い手がいるため高値でも欲しいと考えている店舗ですね。

 

このように、一言にお酒買取と言ってもかなりの価格の差があります。

 

ですので、まずは身近な店舗から当たってみて、お酒買取の査定をしてもらい、価格を比較することでより高値で買取をしてくれる店に出会えることができますよ。

限定生産!響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶の買取査定額は?

サントリーの響から発売されるスペシャルボトルコレクションの1つである響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 。

 

希少価値が高くて売価もつり上がってあると言われる響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 は、もしも売った場合いくらの価値になるのでしょうか?

今回は、響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 の買取査定額とともに商品説明や特定についてもまとめていきます。

.響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 の特徴は?

最低でも酒齢21年以上の響のモルト原酒だけを厳選して作られているこの響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶。

響の中でも大人気のスペシャルボトルコレクションということで、生産量は限定1000本のみとなっています。

九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 は、九谷焼の名匠でもある山上義正氏が響21年ように手がけた陶器ボトルです。

その名の通り、ボトルに描かれた松竹梅は日本古来から四季の情景と幸せの代名詞として使われてきました。

 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶は、響が世界の人々から愛されていることや、今後も愛され続けてくれることを願っての松竹梅の絵柄が描かれています。

また、色づかいとしては森羅万象を司る藍色、緑色、むらさき色、黄色、赤色を駆使して描かれており、日本の美しい情景と世界観をこのボトルで大いに表現されています。

また、梅の木にのり味をついばむ鶯は、日本の和歌でもよく歌われる情景でもあり、海外のジャパニーズウイスキーファンからも注目を集めています。

 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 専用のえんじ色の化粧箱は非常にしっかりとした作りをしており、真四角の形の箱は上品さと気品の高さを感じさせます。

響21年ならではの華やかで上品な味わいをそのままに描いたようなボトルのデザインと化粧箱は、空ボトルだったとしても購入を希望するようなウイスキーファンも多いほどなのです。

.響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 の買取査定額は?売価は?

そんな数量限定で生産をされていた響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 は、オークションなどでは15万円前後が基本価格として売買されています。

お酒買取専門店ですと、その希少価値と需要の高さを買われて、響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 の銘柄が10万円以上の買取価格となっています。

そもそも世の中に1000本しか出回っていない響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 は、すでに飲んでしまった人や絶対に手放したくないという人のことも考えると、簡単には手に入れることはできない品です。

そのため、お酒買取の際にも多くの専門店が強化買取品として名前を挙げており、どのかで響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 を売ろうとしている人がいるという話を聞くと、すぐに噂が広まり取り合いになる程なのです。

もし、響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 を売ることを考えている方がいましたら、お酒買取査定額には注目が集まるところですが店舗によって価格が前後する可能性は高いです。

すでに買い手がついており、売る目処が立っているお酒買取の店なら、多少高値でも買い取らなくてはならないと思っています。

逆に、特に買い手がない店舗ですと、とりあえず珍しい品だからということで割と安価で買い取られてしまいます。

このように、店舗側としても需要によって買取査定額は異なりますので、可能な限り多くの買取専門店に響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図瓶 を持ち込んで、査定額や売る際の条件などを確認してみましょう。

きっと、比較をすることでより高値で買い取ってくれる店舗に出会えますよ。

20万円超え!?響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶 のお酒買取の査定額は?人気の理由は?

シンプルな美しさを描いている響のスペシャルボトルコレクションの1つである響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶 。

実は現在、20万円以上もの価値があるとも言われている響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶が、もしも家にあったらどうしますか?

今回は、響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶 を売ることを考えている方に向けて、上手な売り方と詳しい特徴をまとめていきます。

1.響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶 の特徴は?デザインや味わいは?

その名の通り瓢箪のような形をしており、瓢箪の首の部分が緩やかな曲線をえがいているのが特徴である響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶。

九谷焼独特のピュアなホワイトの白地に、薄紅色の花模様、鮮やかな青の背景には細かい風景が描かれているのがこのボトルのデザインになります。

白地のホワイトを上手に活かし、その白色すらもカラーとして扱っている響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶のボトルのデザインは、優しさと柔らかみに溢れた品になります。

薄紅色の花模様の優しい色合いを邪魔しないように、花の花弁や葉は自然な竹色を使用しています。

そのため、背景の青色とも相まった色合いはとても自然で見る者の気持ちも落ち着かせてくれるような絵柄ですね。

そのデザインはすでにウイスキーのボトルという域を超えて、骨董好きの方からも注目を集めています。

お酒買取の際には、空ボトルですら購入を希望するコレクターもいることから、飲んでしまった響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶を買取する店舗もあるほどだといいます。

そんな人気のデザインボトルに詰められているのは、九谷焼にも負けないブランド力のある響21年です。

21年もの長い間熟成されてきた響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶は、口当たりがまろやかでコクがあるという第一印象を感じます。

21年以上の酒齢のモルト原酒とグレーン原酒だけを選び抜かれたこの銘柄は、干しぶどうやベリーのようなコクのある甘さと、ピートの効いた苦味が大きな特徴です。

決して飲みやすい味というわけではありませんが、響21年ならではの味わい深さと深いコクが、ウイスキーファンを絶賛させます。

2.響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶 を上手に売るには?高額買取のコツは?

お酒買取の際に一番気になるのは、「どうすればこのお酒を高く売れるか」ということですよね。

現在、その希少性と美しさ、そして味わい深さから多くの人気を集めながらも市場に出回ることはほとんどない響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶は、お酒買取の価格も高騰しています。

なかなか売られることもない響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶ですが、過去には20万円で買取をされたこともあるのだとか。

買取基準額は10万円〜と提示する買取専門店も多い中で、それ以上の価格で売るためのコツとは何なのでしょうか?

まずはじめに大切になるのは、所有している響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶の保存状態です。

これほどの銘柄をぞんざいに扱う人もいないとは思いますが、中には「ボトルから出していたからラベルが日焼けした」とか「汚れがついてしまった」というような声はたくさんあります。

それによりお酒買取の価格が下がって後悔したという声も多いですので、響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶に限らず、もしも売ることを考えているウイスキーがありましたらしっかりと専用の化粧箱や木箱に入れた上で梱包し、暗室に保管しておきましょう。

もし、「できれば飾っておきたい」という方がいましたら、できるだけ日が当たらない場所を選んで、手を触れることができないようにクリアケースに入れておきましょう。

このように、日頃からウイスキーを大切に扱っておくことが、いざお酒買取に出そうという時に大切なウイスキーを高値で売ることができる一番のコツになりますよ。

レトロコレクション!響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶 の希少価値は?現在の流通量と買取価格は?

サントリーを代表する響ブランドから、大人気のスペシャルボトルコレクションシリーズが発売されました。

その名も響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶 。

一輪挿しの花瓶のようにも見え、まさかウイスキーが入っているとは思えないようなデザインの響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶 は、果たして現在どれほどの価値があるのでしょうか?

買取査定額や特徴についても詳しくまとめていきます。

.響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶 のお酒買取査定額は?

サントリーのスペシャルボトルコレクションの中の1つである響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶。

実は現在、多くのお酒買取の専門店が買取を強化している銘柄でもあるのです。

そんな響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶ですが、なんと買取査定額は場合によっては15万円にも上っているのだとか。

オークションでも17万円以上の価格で落札された過去がある響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶は、今はほとんど市場には流通していません。

現在の響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶のオーナーが売却を考えて、たまたまオークションなどに出品することはあるかもしれませんが、それもかなり稀なケース。

通販サイトなどでは終日完売状態な上に入荷の目処も立っていないといいますので、その希少性と需要の高さがうかがえますね。

お酒買取の際に気をつけたい点は、響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶に付属する箱や説明書きをしっかりとセットにしておくということです。

というのも、響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶のように銘柄すらボトルに書かれていないウイスキーは、購入者にとっては説明書きがかなりの情報の入手源となりますし、箱の裏書きも情報の1つになります。

もちろん、響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶の存在を詳しく知っている人でも、特徴やボトルが作られた歴史を知るために説明書き付きであることを強く希望する方が多いです。

せっかくこれほどの銘柄を保有していても、「ボロボロだから」というような理由で、お酒買取の際に恥ずかしいからと捨ててしまう人も少なくないです。

ですが、どれほど破れていたり日焼けしたりしていたとしても、説明書きや箱の存在はお酒買取には欠かせないものなのです。

売る際にいらないかどうかは、専門店の方に判断して貰えばよいのです。

 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶を買取査定に持ち込む際には、ぜひどれほど劣化していたとしても、一応これらの付属品を一緒に持ち込むようにしましょうね。

.響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶 の特徴は?なぜそんなに高いの?

響のスペシャルボトルコレクションシリーズの中でも、かなり高額の部類に入る響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶。

なぜそんなに高いのでしょうか?

ちなみに、この手のスペシャルボトルコレクションの中身は、響21年や響17年などと頭に酒齢が書いており、基本的にはボトルによって中身が変わっているわけではありません。

つまり、スペシャルボトルコレクションの価格の違いはボトルのデザインの違いということになります。

一輪挿しのように口が細い筒になっており、ボトル下部にウイスキーを溜める形をしているこの銘柄は、パッと見ただけでも飾るのに適したデザインですね。

響のボトルコレクションとしてはスタンダードな金や竹色の背景、そして日本らしい二羽の鶴が飛び立つ姿はジャパニーズウイスキーを籠めるのには最適なボトルです。

響のボトルコレクションでも、人気が高く価格も高騰しやすいのは、やはり日本らしい情景が描かれており、日本国内外から注目を集めるデザイン。

そして、部屋に飾ったりコレクションしたりしても見栄えがするタイプの銘柄です。

海外のジャパニーズウイスキーファンが、詳しく銘柄がわからずに選ぶとすると、やはり日本らしさがボトルのデザインでわかるものですよね。

だからこそ、響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶は高い人気を誇っているのです。

人気上昇中!響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶のボトルのデザインは?

サントリーの響シリーズから、大人気のスペシャルボトルコレクションが発売されました。

それが、こちらの響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶。

響21年の高級感もさることながら、見た目から質が高いことがわかるボトルのデザインや化粧箱は、全てがコレクターからの注目を集める要因となっています。

そんな響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶は現在、いくらの価値があるのでしょうか?

ここでは、響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶の注目の現在の売価や買取査定額などについて探っていきます。

売却の際にはぜひ参考にしてみてください。

.響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶のボトルのデザインは?味わいや香りは?

響の定番とも言えるスペシャルボトルコレクションの中の1つである響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶は、非常に渋い見た目をしていますね。

なんと、名匠の山上義正氏が一筆一筆描いたと言われる枇杷の紋様は、芸術的な重みを感じますね。

原材料はモルトとグレーンというシンプルな組み合わせでありながら、味わいは非常に豊かでコクがあるものになっています。

響21年ならではの柑橘系の極めてフルーティな味わいには、すっきりとした甘酸っぱさを感じます。

芳香は甘みが強い印象を受け、ボトルのコルクを抜いた瞬間に感じる香りはいつまでも気持ちを華やかにしてくれますね。

口に含むとより一層、華やかさを感じられる響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶は、見るもよし飲むもよしのまさに完璧な逸品です。

黄土色のようなイエローを主体に、枇杷の木や味を描いているのは濃緑と濃紺の色。

基本的に深い色を好んで使っている九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶のボトルは、響21年の味の重みを色でそのまま表したような作品ですね。

日本の名門・九谷焼とジャパニーズウイスキーの有名ブランドである響がコラボするには、もってこいの二者でしたね。

 

.響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶の売価は?買取査定額はいくら?

さて、肝心なのは響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶の価格ですよね。

 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶は現在、大手通販サイトの楽天市場やAmazonにて、3万円程の価格が提示されています。

しかし、かなりの品薄によりほぼ完売状態ということですね。

オークションですと、5万円もの価格で出品しているオーナーもおり、すでに入札されていることから需要は高く落札されるのも時間の問題でしょう。

そんな響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶を売る際に参考にしたいのは、買取の査定額ですよね。

ウイスキーは銘柄によって価格は大きく異なりますが、ボトルや付属品の状態によっても価格が変わってきます。

ですので、一概には参考価格を紹介することができませんが、少なくとも響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶の銘柄であることがわかる状態で、なおかつ封を切られていない品である場合、大手買取専門店の大黒屋では3万円〜買取査定をすると提示しています。

もちろん、あまりにも劣化していたり封を切ったりしてしまっていると買取を拒否される場合もありますが、響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶のようにスペシャルボトルコレクションのシリーズであるこちらの銘柄をそこまでぞんざいに扱う人も少ないでしょう。

おおよそ、響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶 は3万円前後で買取してもらえるといいますが今後、今以上に希少価値が高まったり、例えば東京オリンピックを機会にジャパニーズウイスキーブームが来たりすると、価格はさらに高騰する可能性もあります。

現在も大きなジャパニーズウイスキーブームを迎えていますが、オリンピックは日本に海外の観光客がたくさん訪れる絶好の機会となりますので、そのタイミングを狙うのも良いかもしれませんね。

売るなら今!?響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶の買取査定額は?

サントリーの響から、人気のスペシャルボトルコレクションが発売されました。

その名も響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶。

ジャパニーズウイスキーのボトルとしてはぴったりの日本の美しい情景が描かれたこちらのボトルは、現在も価格が高騰していると言われています。

その理由とは何なのでしょうか?

 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶の特徴や価格高騰の理由とともに、買取査定額と売るタイミングに付いても考察していきます。

1.  21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶の特徴は?

その名の通りひょうたん型の壺に詰められている響 21年は、世界でも有名な九谷焼で作られています。

九谷焼の特徴でもあるホワイトミルクの白地には、青とも緑とも言えない竹色のインクで松や竹が描かれています。

基本的には竹色の葉に褐色の木が描かれている響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶ですが、差し色として使われる黄色が非常に良い働きをしていますね。

ひょうたんの上の部分から首にかけては鮮やかな青色も使われており、響のスペシャルボトルコレクションの中では割と色合いが豊かなボトルと言えるでしょう。

箱は付属の木箱があり、木箱にはシンプルに真ん中に“九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶”とだけ書かれています。

そのシンプルさが、逆に響21年の高級感を演出していますよね。

響のウイスキーのために作られたボトルであるため、原酒自体の味わいの邪魔はせず、しかし、しっかりと九谷焼の特徴と良さをアピールしている響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶は、ウイスキーと陶器がよいハーモニーを奏でています。

ジャパニーズウイスキーらしい松竹梅の絵柄は、日本人だけではなく海外のジャパニーズウイスキーファンからも人気を集めています。

海外の人と飲む機会があった際には、話の良いネタにもなりますので、そのような意味でも非常に需要が高いウイスキーになりますね。

 

2.響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶の価格が高騰している理由は?

現在も価格が高騰中である響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶ですが、響は他にもスペシャルボトルコレクションを数多く輩出しています。

にもかかわらず、このボトルの響21年がかなり価格が高騰している銘柄の1つとしてあげられる理由は、やはり海外からの需要があることでしょう。

もちろん、響ブランドとしては「日本人の舌にあったウイスキーを」というコンセプトで作られたブランドですので、日本人に愛されることは嬉しいことです。

ですが、それと同じくらい海外の人から認められて愛されることは喜ばしいことですよね。

ジャパニーズウイスキーは基本的にクセが無くて飲みやすく、酒精が強いバーボンやスコッチなどに比べると優しい味わいだと言われています。

当たり前ですが、外国にもお酒に弱い方や飲み慣れていない方はたくさんいらっしゃいます。

そんな方からは、ジャパニーズウイスキーの需要はかなり高いのです。

また、お酒に強い外国人でもジャパニーズウイスキーの奥深さや日本の自然を感じられる味わいやボトルのデザインに魅了される方はたくさんいます。

長期休みや円安のタイミングになると主に中国からは転売ヤーが爆買いに来るほど人気が高いジャパニーズウイスキーは、もはや世界的な人気があるともいえます。

さて、海外の方であまり日本のウイスキーの銘柄に詳しくない方が好んで選ぶとすると、どのようなものを選ぶでしょうか?

自分が外国に行って飲むお酒について考えてみるとわかりやすいですが、なんとなくその国や土地の特徴が感じられるもの、銘柄に風情があるものを選びませんか?

つまり、響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶は見た目も名前も日本らしくて分かりやすいのです。

世界的にジャパンブームが起こっている現代、漢字は意味は分からなくとも割と形として知られている場合が多いです。

 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶の中でいうと、“松竹梅”の3つの漢字は日本が大好きな外国人からは「わびさび」の代名詞として知られている傾向があります。

外国人は選びやすい銘柄でしょうね。

需要が高まると値段も上がるのが市場の基本です。

だからこそ今、響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶は価格が高騰しており、今後も今よりも高値が付いてくることが予想されているのですね。

.響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶を売るタイミングは?値段は?

前項で紹介した通り、かなりの人気を誇る響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶は、果たして現在いくらの価値があるのでしょうか?

大手通販サイトの楽天市場やAmazonでは、過去に響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶を10万円で売買していましたが、現在は品薄のために在庫はないということです。

オークションでも出回りはありますが、その落札価格はなんと15万円。

即決ですのでもしかするとそれ以上の高値をつけていても落札された可能性は高いでしょう。

大手買取専門店のミスターフロンティアや大黒屋でも、響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶の買取価格は10万円〜と提示しています。

価格が高騰中の今ですと、おそらくプラス23万円は固いでしょうね。

ただし、ウイスキーはその品の通り『水物』ですので価格は急激に変わったり急に需要がなくなって買い手がいなくなったりすることも少なくありません。

だからこそ、売るタイミングには困っている方も多いのです。

もし、響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶を惜しくも売ろうと考えている方がいらっしゃいましたら、ネットの中でも響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶の需要はある程度把握することができます。

 

例えば、現在出品中のオークションの品を参考に価格の設定や入札状況を見ると、その時の響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶の基本価値やそれに対する需要が図れますね。

さらに、買取専門店のホームページで買取強化品として提示されている場合、現在は需要が高くて品薄状態であるということがうかがえます。

そのようなタイミングで、まずは買取専門店で査定をしてもらうと、驚くほどの価格が提示されるかもしれません。

しかし、ここで気をつけたいことがあります。

それは、最初に提示される価格の多くは底値であり、交渉次第では取引価格を吊り上げることができるということです。

他の店舗での買取査定額を提示して比較しても良いですし、ネットの中で調べた基本価格を参考に交渉をしてみるのも良いでしょう。

 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶ほど希少で高価な品を売ることを考えるなら、自身もある程度の知識をつけて売らなくては本来の価値よりも安値で取引されてしまいかねません。

 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶を売る際には、売るタイミングや売り方、そして交渉の仕方にも注意が必要ですね。

くれぐれも、最初に訪れた買取専門店のバイヤーに流されてその場で売ってしまうことだけは避けたいところです。

査定をしてもらったからと言って、必ずその店で売らなくてはならないという決まりはありません。

査定は価値を判断してもらうだけの依頼ですので、価格が提示された場合には一度自宅に持ち帰って、他の店舗でも査定するか価格交渉をするかなどを冷静に判断するようにすることが、その場で流されてしまうことを防ぐ一番のコツですよ。

在庫なし!?響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶は高値で売れる!

響21年のスペシャルボトルコレクションの1つ、響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶。

現在、市場に出回る量もかなり少なく在庫はほぼ無いと言われるこのウイスキーは、価格をつけるとすると果たしていくらになるのでしょうか?

特徴的な見た目の特徴も一緒に探っていきます。

.響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶のボトルの特徴は?

名前の通り六角の面を持つ響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶ですが、遠くから見ると綺麗な丸のボトルに見えるほど、艶やかで滑らかなボトルになっています。

まるでなで肩のように優しい婉曲を描いた九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶は、これだけでも骨董的な価値があるといわれるほどの存在感。

こちらも名前の通り、茅葺き屋根の家を囲む山や川などの自然の情景を描いたこのボトルは、まさに響の原酒を作り上げる山崎や知多の蒸留所をイメージさせます。

自然の情景をうまく描いた九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶は、基本的には自然を緑、建物を黄色で描いており、ボトルのモチーフはウイスキー本来の色を感じさせる琥珀の色になっています。

 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶と言われて、褐色の強い黄色をイメージする人も多いでしょう。

陶器ボトルではありますが、響ならではのデキャンタ型の形は響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶にも感じられます。

ボトルの首の部分に黄色のラベルで“響”の印字があるのが、またこのボトルのブランド力をあげています。

コルク栓を使っていますので、一度開封すると香りがコルクについて飲んでいない時でも響21年の香りを楽しむことができます。

非常に素敵ですね。

2.響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶の価格は?

現在、市場への出回り本数が極端に少ない響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶。

楽天市場では、21万5千円で販売されていたこともありますが、すでに売り切れとなっています。

また、響21年のスペシャルボトルコレクションシリーズが多く出品されているヤフオクでも、ここ最近の響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶の出品はありませんね。

他のボトルコレクションの価格を参考にしても、響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶の平均的な価値は15万円〜20万円は固いでしょう。

もし、所有者がいない、もしくは飲むこともないという響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶が自宅にあるという方は、売るかどうかは別としても買取査定をしてみてはいかがでしょうか?

もし、20万円以上の査定額がつけられて売っても良いという方は、ぜひほんとうに必要としているコレクターの方の手に渡してあげると良いでしょう。

もしかすると、オークションに出品して入札が重なると30万円近くの価格がつく可能性もありますよ。

査定の際には、これほどの高額商品ということもあり三社以上の買取査定店での査定をして比較、競争をしてもらうことをおすすめします。

一度見たら忘れられない!?響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶の価値は?

サントリーの響シリーズが好んで製造をしているスペシャルボトルコレクションシリーズ。

その中の1つとして、見た目にもかなり目立って一度見たら忘れられないと評判なのがこの響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶です。

果たしてどのようなボトルの特徴なのでしょうか?

肝心の味わいも一緒に探っていきます。

1.響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶の特徴は?

名前の通り肩広な六角のボトルの形状をしている響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶は、美しい竹色のインクが印象的です。

青のようにも緑のようにも見えるこの色合いは、九谷焼の中では青色として扱われています。

有田焼の鮮やかな青色とはまた違う、深みのあるくすんだ色合いをしていますね。

この深みのある色合いが、響シリーズ独特のウイスキーのクセと味わい深さを演出しています。

中心の黄色を背景にひょうたんが描かれており、ボトルの組みとなる部分には見慣れた“響”の印字があります。

使われている色は主に竹色(青)と黄色、そして要所要所に見られる茶色のカラーは自然のイメージを強く感じさせる差し色です。

九谷焼 青手吉祥文六角瓶は、リビングや書斎に飾っているだけでも見栄えがし、部屋の中を明るくしてくれるような見た目です。

ウイスキーのスペシャルボトルコレクションは、一般的にはウイスキーを主体としておりボトルはあまり目立たないような色を使う傾向があります。

ですが、響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶の場合は非常に色合い豊かな色彩をしており、このボトルはウイスキーファンはもちろんのこと、お酒を飲まない人が見ても忘れられないような印象性が強いボトルです。

このボトルの色使いや形が、響21年の目で見ることができない味わいを、上手に表現しているのですね。

.響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶の価格は?

すでに終了してしまってはいますが、響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶は過去にオークションでなんと20万円もの価格をつけていた品がありました。

ちなみに、その出品は表示されてすぐに落札されていますので、もしかするともう少し高値でも取引できたのかもしれませんね。

20万円で取引された響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶は、未開封の箱付き、その他の付属品もしっかりと付けられた完璧な状態でした。

やはり、ウイスキーを高額で買ってもらうためには付属品が不可欠ですね。

特に、今回の響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶のようなコレクションボトルは、購入者も飾ったり保存したりすることが目的ですので、見た目にはかなりこだわるでしょう。

実際、中身は飲んでしまったけれど空ボトルと木箱などその他の付属品はしっかりと揃っているという響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶は、オークションで6万円以上の値が付いています。

むしろ、飾るだけなら空ボトルで安価な状態の良いものを買った方が良いと判断する方もいらっしゃるのでしょう。

 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶は現在、買取専門店でも1015万円という高値での買取がされています。

もし、遺品や頂き物の中に響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶がありましたら、ぜひ一度査定に出してみてください。

その際には、数店舗の買取専門店を当たって比較してみることを強くオススメします。

ボトルコレクションといえばこれ!響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図 の希少価値は?

サントリーの響が好んで作成をするのが、九谷焼や有田焼などとコラボをして作るスペシャルボトルコレクションシリーズですよね。

そんな響のスペシャルボトルコレクションの中でも、代表的で多くの人がデザインとしても知っていると言われるのがこちらの響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図です。

果たしてどのような見た目の特徴があるのでしょうか?

希少価値や現在の価格についても考察していきます。

.響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図の特徴は?

一輪挿しの花瓶のような口が狭くてそのが広い形の響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図。

ボトルは白地ではありますが、そのほぼ全面は風情のある木や葉が描かれており、印象的には緑色のボトルのイメージが強いですね。

差し色としてはゴールドに近い栗色が使われており、秋の情景を感じさせるような悲しげな色合いである部分もあります。

明るい黄色の色が使われている部分は、春の情景を感じさせるデザインですね。

春の明るさと、秋の寒空の寂しげな情景が1つのボトルに描かれている響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図は、見ているだけでも日本の四季を感じられます。

 

.響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図の価値と価格は?

 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図は、当然ですが数量限定で販売されていた代物です。

そのため、そもそもの希少価値が高くて製造当初からかなりの注目度と人気を博していました。

現在、響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図はヤフオクでは15万円以上の価格で売られており、響21年と九谷焼の双方の価値を持ち合わせています。

買取専門店では、響のスペシャルボトルコレクションシリーズはほとんどの種類が買取強化をされており、響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図も対象に入っています。

現在、響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図は大手買取専門店のミスターフロンティアでは買取基準額を9万円〜と設定しています。

9万円〜ということですので、それ以上の価値になる可能性が高いですね。

もしも自宅にスペシャルボトルコレクションシリーズがあり、売ることを考えている方がいましたら、もしかするとオークションの方が高値がつくかもしれません。

オークションで売買の経験があったり、買わなくてもよくオークションサイトを見ていて流れを知っていたりする方なら、ぜひオークションに出品することをオススメします。

ただし、オークションは相手との直接の取引となり、トラブルや問題も起きやすいです。

仲介がいないことで、もしかすると商品だけが相手方に行ってしまい、落札したお金を受け取れない可能性もゼロでは無いのです。

相手の顔を見れないのがオークションでの一番の恐ろしい部分ですね。

そのようなトラブルを避けて、多少は安くなっても安全に売りたいという考えをお持ちの方は、数店舗の買取専門店で査定を出してもらい店舗ごとに比較すると良いでしょう。

そうすることで、価格競争が起こり期待以上の価格で買い取ってもらえる可能性も出てきますよ。

骨董的価値も!?響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶 の買取査定額は?

サントリーの響がコンスタントに発表するスペシャルボトルコレクション。

その中でも、ウイスキー好きだけではなく骨董好きからも注目を集めるコレクションシリーズが、こちらの響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶です。

果たして、現在はどのような方からの需要があるのでしょうか?

肝心の買取査定額とともに考察してきます。

.響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶の特徴は?

ミルクホワイトのボトルに、主に黄色や緑の色を使って描かれているのが、こちらの響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶です。

その名の通り、馬が描かれている響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶は、走り回る数頭の馬たちをより躍動感を感じる形で描いています。

黄色と緑とグレーの馬たちは、前を向いたり後ろを振り返ったりと、様々は方向を向いている馬がたくさんいます。

広い高原を走り回っている情景が浮かぶような馬たちの絵には、どこか親子のような感じも感じられますね。

響21年は、サントリーの高級ブランド“響”の最高峰とも言えるほどの長期熟成期間を経ており、ウイスキーだけでもかなりの価値があります。

そのウイスキーの価値をさらに引き立たせてくれるのがこのデザインボトル。

骨董的価値もある響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶は、ジャパニーズウイスキーファンはもちろんのこと、ウイスキーを飲まない骨董ファンからの需要も高いです。

骨董ファンの方は、ウイスキーを飲んでしまったから瓶でもさほど気にしないという方も多いですね。

.響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶の価格は?

現在、響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶は大手オークションサイトのヤフオクにて、15万円以上もの値段をつけて売買されています。

数点の出品がありますが、いずれも即売状態で需要の高さが伺えますね。

また、大手買取専門店の大黒屋では響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶を9万円〜買取すると提示しています。

9万円〜ということですので、商品状態やその時のタイミングによって価格が変動することはあるでしょう。

あなたの家に、飾られている美しいボトルデザインのウイスキーはありませんか?

さらに、そのウイスキーボトルには躍動感のある馬の絵が描かれていませんか?

もしも特徴が似ているボトルの場合、それは響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶かもしれませんよ。

もしも、ウイスキーは飲まないし所有者はすでにいないという場合には、決断を早まることなくじっくりと売るお店やタイミングを計りながら売買の準備をすることをオススメします。

買取専門店も、これほどの品はできるだけ安く買って高く購入してくれる方に売りたいところですからね。

買取の最低額を提示してくる可能性も高いです。

そこで、響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶をより高値で売ることを考えた際には、必ず二社以上の買取専門店に査定を依頼して比較をすると良いでしょう。

そうすることで、価格の競争が起こりより高値での取引をしてくれる可能性が高くなりますよ。

スペシャルボトルコレクション!響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶の特徴と価格は?

サントリーの響の代名詞とも言えるほど種類がたくさんあるスペシャルボトルコレクション。

その中の1つで、九谷焼の焼き物として人気を集めているのが、こちらの響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶です。

見た目も華やかなこちらのボトルはどのようなデザインなのでしょうか?

肝心の味わいや価格についても考察きていきます。

1.響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶のデザインは?

華やかな彩りに自然豊かな情景描写。

これが、響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶のスペシャルボトルの大きな特徴の1つです。

寸胴な円柱ボトルには、前面に松の木や枝が描かれており、要所要所にツバメなどの鳥が美しく飛び回っています。

松の葉の緑が印象的なボトルですが、差し色として黄色の花も描かれており、静かな松林の情景が目に浮かぶようなデザインですね。

見た目の華やかさに伴い、肝心の中身である響21年も非常に芳醇で豊かな味わいとなっています。

コルクの栓を抜くと、優しいハチミツのような甘い香りが部屋いっぱいに広がります。

さらに、九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶の情景を感じさせるような爽やかな口当たりは、響が自然豊かな場所で澄んだ水を使って作られたことを印象付けます。

九谷焼のボトルには、ネックの部分にまで絵柄が施されており、九谷焼の芸の細かさを感じますね。

 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶は、味わいだけではなく、ボトルを眺めながら飲むとより一層、響21年の味を堪能できる逸品です。

 

2.響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶は現在いくら?買取査定額は?

さて、気になるのは肝心の響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶の価値ですよね。

特に、響のスペシャルボトルコレクションについては、飲むことを目的とするのではなくあくまでもコレクションとして購入する方が多いです。

そのため、既存する響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶は非常に状態が良いことが想像できますが、すでに所有者がいなくなり扱いに困っているという方も多いのではないでしょうか?

そのような方は、ぜひこれを機に売却をして購入を希望する方の手に渡してあげることを考えて良いかもしれません。

というのも、現在オークションサイト大手のヤフオクでは響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶が18万円もの値段で売買されているのです。

しかも、こちらはすでに落札済み。

買取専門店でも、多くの店舗が響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶の名前を挙げ、強化買取品としています。

買取の標準額としては10万円前後を提示する店が多いですが、今現在、市場に出回っている響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶の本数はかなり少ないです。

通販サイトでも品切れ状態ですので、ほぼオークション頼りのこの銘柄は、しっかりとした知識を持って値段交渉をすれば10万円よりもはるかに高値がつく品です。

 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶を売ることを決断した際には、まず専用の木箱や結び紐などの付属品の存在を確認しましょう。

その上で、現状を維持する形でしっかりと梱包をして、売るその日まで大切に暗室に保管することが大切です。

特に木箱は傷みやすいですし、日焼けしたり割れたりしてしまうと傷物として扱われる可能性が高いです。

もし、傷や日焼けがある場合は下手に補修を試みずに現状を保つことを重視しましょう。

そうすることで、買取の際にも自然な形で取引をしてもらえます。

買取専門店に持ち込む際には、必ず2店舗以上で査定をしてもらうと、価格競争が起こって高値になりやすいですよ。

こだわりボトル!響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベルの特徴は?

36種類の厳選されたモルト原酒をブランドして作られた響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベル。

サントリーがさらなる高みを目指して作られたこの銘柄は、果たしてどれほどの価値があるのでしょうか?

ボトルの特徴や響ノンエイジの味わいについても、一緒に考察していきます。

.響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベルの特徴は?

高みを求めて作られたサントリー秘伝の古酒のモルト原酒を厳選してブレンディングされたのが、この響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベルなのです。

はちみつのようなさっぱりとした甘さと、売れたフルーツのような甘酸っぱさを持っており、口当たりは非常にまろやかな銘柄です。

また、響こだわりのボトルは1日の時間や1年の節季を表す“24”という数字を使い、24面カットの円柱ボトルを使用しています。

クリスタルボトルですので、響のウイスキーならではの澄んだ琥珀色がそのままの色で楽しむことができる素敵なボトルですね。

また、ボトルのラベルには1500年もの長い歴史を持つ越前和紙を使用しており、高級感をさらに高めています。

 

2.響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベルの希少価値は?買取査定額はいくら?

 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベルは、発売当初は8000円前後で取引されていました。

響の金色シリーズには、“表ゴールド”や“両面ゴールド”などがあり、素人目には混合してしまいがちなウイスキーです。

熱狂的なジャパニーズウイスキーファンですと、金色シリーズを全て揃えておきたいという方も多く、一度揃えるとなかなか手離してくれないことから、希少価値はシリーズとして高まっています。

現在、大手買取専門店の大黒屋やミスターフロンティアなどは、響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベルを1万3千円から買取を行っています。

1万3千円〜ということですので、状態や希少価値によってはそれ以上の価格になるということです。

先ほども申し上げましたが、響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベルには他にも金色シリーズが存在します。

もしかすると、響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベルが家にあるという方は他にも“表ゴールドラベル”などの品があるかもしれません。

もし、シリーズが全て揃っているという方は、思い切って全シリーズを一緒に査定してみてはいかがでしょうか。

もちろん、単品でも1万円以上の価格は保障されていますがセットで売却をした場合、セットで購入してもらえる可能性が高くなるため、店側としても少し高値をつけてでも自分の店で買取をしたいと思うものなのです。

単品で売却をするよりも、セット料金としてよほど高値がつくと思いますよ。

もしも売却を考えた際には、ぜひ一度、ほかのシリーズも探してみた上で他のシリーズがありましたら一緒に持ち込みをしてみることをオススメします。

業務店向けのみ!?響 ブレンダーズチョイスは希少品?

2018年9月4日に発売された響の新作・響 ブレンダーズチョイスが現在、かなりの注目を集めています。

1年前から、響17年と白州12年が製造中止となって以来、ジャパニーズウイスキー市場はかなりのダメージを受けました。

そんな中発表された新作のウイスキーは、一体どのようなものなのでしょうか?

.響 ブレンダーズチョイスとは?

年代物のヴィンテージウイスキーの最も大きな欠点は、完売したからといってすぐに作れないことです。

当たり前ですが、「今すぐ響17年を作れ」と言われて作れるものではありませんよね。

最短でも、今から作り始めたら完成するのは17年後ということになります。

響17年と白州12年が、あまりの売れ行きに完売となり製造も中止となって以来、サントリーではこれらのヴィンテージ品にも引けを取らないような代替え品となるプレミアウイスキーの開発に明け暮れていました。

そしてついに完成したのが、この響 ブレンダーズチョイス。

この堂々とした名前の通り、響 ブレンダーズチョイスには響専属のブレンダーの強いこだわりとウイスキーに対する気持ちが込められています。

 ブレンダーズチョイスは、響の熟成期間が15年前後の原酒をもとに生成されています。

響17年よりは期間が短いことから、色合いは薄い琥珀色をしており、味わいもさらっとした甘みと酸味が入り混じったさわやかなものになっています。

ヴィンテージ感というよりは、飲みやすさを演出した若者向け、つまり現在の需要にはぴったりの品となっています。

だからこそでしょうか。

 ブレンダーズチョイスは一般人に向けての販売は基本的にはされておらず、業務店向けに売られることになりました。

もちろん、オークションや通販を利用することで一般人の方も購入することができます。

サントリーとしては、基本的には飲食店などで多くの人に味わってもらいたいという気持ちを込めて作られた商品なのですね。

.響 ブレンダーズチョイスの価格は?

業務店向けに開発された響 ブレンダーズチョイスは、現在の販売価格は1万円程です。

ちなみに、代替え品として考えられることになったきっかけである響17年は当初の価格販売価格は1万2千円。

希少価値が上がったからこそ、今では響17年は7万円もの価格が付いていますが、発売当時の価格はほとんど変わらないのですね。

現在、響 ブレンダーズチョイスの楽天市場やアマゾンなどでの販売価格は1万6千円程となっています。

公開されている販売価格よりも高値なのは、通販による個人向けの販売だからでしょう。

おそらくサントリーから直接、業務店向けに提示されている価格は通販価格よりは安価だと考えられます。

生産されたばかりで市場への出回りも多い響 ブレンダーズチョイスは、おそらく今売却したとしても低下を下回ってしまうでしょう。

もしも響 ブレンダーズチョイスを売ることを考えている方は、ぜひもう少し時間を置いてからにすることをおすすめします。

というのも、そもそも響 ブレンダーズチョイスが製造された大きな理由は、サントリーのジャパニーズウイスキーの品薄状態にあります。

実際に、製造中止となった響17年や白州12年は現在、かなりの高値を付けています。

ウイスキーの品薄により現在生産されてる銘柄に偏りが激しくなっている現在、いつ響 ブレンダーズチョイスが完売になるかもわかりません。

もしかすると製造中止となり、もう手に入らない銘柄だとなった時点で価格が跳ね上がる可能性もあります。

ですので、どうしても手放さなくてはならないという理由がない限りは、化粧箱に保存した上で梱包し、暗室に丁寧に保管すると良いでしょう。

しっかりとした保存状態を保つことで、いざ売るとなった時により高額で買い取ってもらえますよ。

買取価格は?響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルの特徴とは?

サントリーを代表するウイスキーメーカー・山崎と知多のいいとこ取りをしたことで人気を博している響シリーズから、響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルという珍しいウイスキーが発売されました。

もそもそ、響シリーズにとってノンエイジ、つまり熟成期間がなしというウイスキーは非常に稀です。

響という名前だけでブランド性を博しているこの銘柄が、ノンエイジを発表した理由とは何なのでしょうか?

 ノンエイジ 裏ゴールドラベルの価格も一緒に考察していきます。

.響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルの特徴は?

ずっしりとした円柱ボトルにクリスタルの大きな栓。

これが響シリーズのボトルの大きな特徴ですよね。

ラベルについては基本的には白地に黒の筆書きで“響-HIBIKI”と書かれているのが定番です。

ですが、響シリーズの中にはラベルがゴールドに光っているものもあります。

みたことがある人も多いですよね。

実は、ラベルがゴールドのシリーズはいくつかあり、今回の“裏ゴールドラベル”もあれば“ゴールドラベル(表ゴールド)”、さらには“両面ゴールドラベル”というものもあります。

裏ゴールドラベルの大きな特徴は、熟成期間がないノンエイジウイスキーであること。

とはいえ、熟成期間がないウイスキーは響だけではなく当然、山崎や白州、竹鶴などのシリーズにも存在しますが、銘柄としてノンエイジをここまで大きく掲げるのも珍しいですよね。

響がブランド性が下がることも示唆しながらもノンエイジを掲げた大きな理由。

それは、若い人にももっとウイスキーに親しんでもらうためだったのです。

特に響ともなると、ワンランク上のウイスキーというイメージがあり、なかなか手が出せませんよね。

その希少価値もさることながら、やはりジャパニーズウイスキーの中でも値が張る響は、飲んでみたくても飲むことができない。

だから、そもそも興味を持たないという若者は多いのです。

だからこそ、そんな警戒心を解くためにも響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルは、ここまで大きくノンエイジを表に出したのです。

また、裏ゴールドラベルというのにも理由があり、表ゴールドのラベルでは見た目から高級感を感じてしまい、敬遠される可能性があるからなのです。

表向きは親しみやすく、しかし響らしい高級感を忘れないのが、この裏ゴールドラベルなのですね。

.響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルの価格は?

 ノンエイジ 裏ゴールドラベルは現在のところ、買取大手のミスターフロンティアにて1万3千円の買取基本額が表示されています。

また、こちらも買取大手のネオプラスでは買取価格は8千円前後とされており、かなり価格に差があることがわかりますね。

このように、同じ買取専門店でも顧客の需要は異なるため、比較をしてみると価格もかなり変動します。

通販やオークションでは2万円前後で取引されているため、買取専門店の提示額もあくまでも参考価格であることは間違いありません。

その時の世間からの需要の高さによって価格が大きく変わる買取専門店を上手に使うためには、響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルが現在、市場に出回っているかどうかをしっかりと判断することが大切です。

特にオークションは、ウイスキー好きの方が売買することはもちろんのこと、入札はしなくても参考に見ていることが多い購入方法です。

ですので、これらの情報を駆使して希少価値が高まったタイミングで売却することができれば、もしかすると買取専門店でも2万円前後で取引してもらえるかもしれませんよ。

買取価格は?響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルの特徴とは?

サントリーを代表するウイスキーメーカー・山崎と知多のいいとこ取りをしたことで人気を博している響シリーズから、響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルという珍しいウイスキーが発売されました。

 

もそもそ、響シリーズにとってノンエイジ、つまり熟成期間がなしというウイスキーは非常に稀です。

 

響という名前だけでブランド性を博しているこの銘柄が、ノンエイジを発表した理由とは何なのでしょうか?

 

 ノンエイジ 裏ゴールドラベルの価格も一緒に考察していきます。

 

.響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルの特徴は?

 

ずっしりとした円柱ボトルにクリスタルの大きな栓。

 

これが響シリーズのボトルの大きな特徴ですよね。

 

ラベルについては基本的には白地に黒の筆書きで“響-HIBIKI”と書かれているのが定番です。

 

ですが、響シリーズの中にはラベルがゴールドに光っているものもあります。

 

みたことがある人も多いですよね。

 

実は、ラベルがゴールドのシリーズはいくつかあり、今回の“裏ゴールドラベル”もあれば“ゴールドラベル(表ゴールド)”、さらには“両面ゴールドラベル”というものもあります。

 

裏ゴールドラベルの大きな特徴は、熟成期間がないノンエイジウイスキーであること。

 

とはいえ、熟成期間がないウイスキーは響だけではなく当然、山崎や白州、竹鶴などのシリーズにも存在しますが、銘柄としてノンエイジをここまで大きく掲げるのも珍しいですよね。

 

響がブランド性が下がることも示唆しながらもノンエイジを掲げた大きな理由。

 

それは、若い人にももっとウイスキーに親しんでもらうためだったのです。

 

特に響ともなると、ワンランク上のウイスキーというイメージがあり、なかなか手が出せませんよね。

 

その希少価値もさることながら、やはりジャパニーズウイスキーの中でも値が張る響は、飲んでみたくても飲むことができない。

 

だから、そもそも興味を持たないという若者は多いのです。

 

だからこそ、そんな警戒心を解くためにも響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルは、ここまで大きくノンエイジを表に出したのです。

 

また、裏ゴールドラベルというのにも理由があり、表ゴールドのラベルでは見た目から高級感を感じてしまい、敬遠される可能性があるからなのです。

 

表向きは親しみやすく、しかし響らしい高級感を忘れないのが、この裏ゴールドラベルなのですね。

 

.響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルの価格は?

 

 ノンエイジ 裏ゴールドラベルは現在のところ、買取大手のミスターフロンティアにて1万3千円の買取基本額が表示されています。

 

また、こちらも買取大手のネオプラスでは買取価格は8千円前後とされており、かなり価格に差があることがわかりますね。

 

このように、同じ買取専門店でも顧客の需要は異なるため、比較をしてみると価格もかなり変動します。

 

通販やオークションでは2万円前後で取引されているため、買取専門店の提示額もあくまでも参考価格であることは間違いありません。

 

その時の世間からの需要の高さによって価格が大きく変わる買取専門店を上手に使うためには、響 ノンエイジ 裏ゴールドラベルが現在、市場に出回っているかどうかをしっかりと判断することが大切です。

 

特にオークションは、ウイスキー好きの方が売買することはもちろんのこと、入札はしなくても参考に見ていることが多い購入方法です。

 

ですので、これらの情報を駆使して希少価値が高まったタイミングで売却することができれば、もしかすると買取専門店でも2万円前後で取引してもらえるかもしれませんよ。

創業記念ウイスキー!響 メロウハーモニーの価値と売価は?

サントリーの創業90年を記念して作られた響シリーズの中で、サントリーウイスキーの質と職人の技を駆使して作られたのが、この響 メロウハーモニーです。

名前の通り、ブレンダーが厳選した原酒を掛け合わせたこのウイスキーは、まるでハーモニーを奏でるように次々と異なる味わいと香りが楽しめる極上の仕上がりとなりました。

そんな響 メロウハーモニーの現在の価値とはどれほどになるのでしょうか?

参考売価と査定価格も一緒に考察していきます。

.響 メロウハーモニーとは?

2013年11月5日に発売された響 メロウハーモニーは、全国で4000本の数量限定で発売されました。

山崎と知多のウイスキー原酒をブレンドして作られた響シリーズは、非常に味わい深く濃厚な口当たりとなっています。

利休白茶に染められたラベルは響 メロウハーモニーならではの高級感を演出しています。

和紙で作られたラベルは非常に劣化しやすいため、完璧な状態で現存しているのはほんのわずか。

希少価値はかなり高まっています。

また、化粧箱にもこだわりがありシルバーの生地に黒やゴールドのラインが入ったこの箱は外見だけでも高級感があり、雫が落ちたような模様はウイスキーの澄み渡った色合いを感じさせます。

発売当初は700mlで1万3千円で販売された響 メロウハーモニーは、発売日のうちに予約で完売となりました。

響シリーズの人気の高さと響 メロウハーモニーに対するファンからの注目の高さが伺えますね。

.響 メロウハーモニーの価値と売価は?

サントリーの厳選されたウイスキー原酒だけをブレンドした響 メロウハーモニーには、全国のウイスキーファンから多くの注文や問い合わせが寄せられました。

そのため、購入したくても買えなかったという方も多く、現在の市場では響 メロウハーモニーの価値が高騰しています。

参考価格としてヤフオクでは現在、響 メロウハーモニーが最高で18万円の値がついています。

その理由の1つは、完璧な保存状態であること。

先ほども説明したとおり、響 メロウハーモニーのラベルは利休白茶という繊細な和紙で作られた非常に保存が難しい素材です。

化粧箱から出して保存していたり、何度も触ったりしていると和紙がほつれたり汚れたりしてしまいやすいのです。

ヤフオクで18万円の値がついた響 メロウハーモニーは、新品同様ということですので、おそらく化粧箱に入れたまま保管をしていたのでしょう。

アマゾンや楽天市場では現在、響 メロウハーモニーの取り扱いはありませんのでかなりの品薄状態であることが予想されます。

また、買取専門店での平均買取参考価格も10万円となっており、当初の売価の約10倍であることがわかりますね。

 メロウハーモニーは、限定発売だったことと保存が難しいことなどが大きな理由となり、現存する新品同様の品が少なくなり市場に出回る量が減ったのでしょう。

もしも自宅に響 メロウハーモニーがあるという方は、保存状態を確認した上で所有者がいらないという場合には、ぜひ一度、買取専門店で査定をしてみてはいかがでしょうか?

タイミングによっては、響 メロウハーモニーの過去の買取最高額を記録するかもしれませんよ。

超希少!響 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶の価格は?

サントリーが発売する人気ウイスキーメーカーの響シリーズ。

その中でも響ファンから注目を集めて高い競争率を誇るのが、響ボトルコレクションシリーズです。

今回は、ボトルコレクションの中でも響 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶について探っていきます。

もし家に同じようなウイスキーがあり、いらないという方はぜひ必見ですよ。

.響 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶の特徴と味わいは?

 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶は、響シリーズの中でもウイスキーを21年間の間、長期熟成して作られたヴィンテージ品と呼ばれる品です。

さらに、そのヴィンテージウイスキーを響シリーズのために作られた九谷焼に詰めているわけですから、それは人気が出るのも当たり前といえば当たり前ですよね。

 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶は、四角いボトルに四面違う絵柄が描かれています。

ミルクホワイトのボトルに橙色の縁取りをされた響 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶のコレクションボトルは、やはりオレンジ色の印象が強い見た目になっています。

また、九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶という名の通り、四面に松竹梅とウグイスなどの鳥たちが美しく描かれたこの焼き物は、響を飲む人だけではなくボトルを見る人をも魅了するような作品です。

そして肝心の味わいですが、やはり響というと濃厚なチョコレートのような甘みと優しい苦味、さらに後から追ってくるフルーティな爽やかさが特徴ですよね。

さらに、シェリー樽に入れられて21年の長期熟成をした賜物とも言えるピートの効いたスッキリとしたビターな香りは、ウイスキー愛好家をうならせます。

 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶は、ボトルコレクションシリーズで人気も高いことから、封を切って飲んだ人も少ないですが、一口だけでもいいから味わいたいという人は非常に多いです。

また、中身を飲んでしまったとしてもボトルをインテリアとして置いている人も多く、ボトル本体だけでの需要というのも非常に高いですね。

.響 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶の価格は?

 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶は、発売当初は限定販売で価格もオープン価格として売られていました。

そのため希少価値はかなり高く、さらに所有者は手放したくないという願望があるために市場に再び出回る機会もかなり少ないです。

実際、今現在で取引が行われている既存の響 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶は調べてみたところ存在しないようです。

すでに、オークションで落札されていたりネット通販で完売状態だったりしますね。

ちなみに、その際の売価としては23万円前後が平均価格です。

また、附属の化粧箱や品書き、包装紙や紙袋などがしっかりと揃っている品ですと、オークションで30万円で売買されているものもあります。

それですら、即売のようですのでもしかするともうすこし高値でも取引することはできるかもしれませんね。

さて、もしも自宅に橙色の陶器ボトルのウイスキーがあるという方は、ぜひ附属の化粧箱や品書きを見てみてください。

“響 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶”とは書いていませんか?

もしも、響シリーズの陶器ボトルでウイスキーもしっかりと入った新品同様品なら、今オークションにかけたり買取専門店に売ったりするとかなりの高値がつくと考えられます。

現在市場に出回っていないということは、それだけ需要があるということですからね。

オークションでの売買経験があるという方は、個人での取引であるオークションの方が高値はつきやすいです。

ですが、慣れていない人がこれほどの高額品でオークションデビューすると、トラブルが起きた際に取り返しのつかないことになりかねません。

ですので、もしもオークションの自信がないという方は、ウイスキーの付属品と思われるものを全て持った上で買取専門店に持ち込んでみましょう。

その際には、少なくとも3店舗の買取専門店で比較することをオススメします。

また、大手の専門店だけではなく個人での買取店も当たってみると、ウイスキー好きのネットワークから高値で取引してくれる可能性も高いです。

 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶は、希少価値が高い高級品です。

ぜひ、早まって打ってしまうことなくじっくりと売る場所と価格を考えながら売買をしましょう。

ボトルコレクションシリーズ!響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶の特徴と価格は?

サントリー響が発表するボトルコレクションシリーズ。

その中でも希少価値が高くて高値で取引されていることで知られる響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶は現在、多くの買取専門店でも買取強化をしています。

果たしていくらで取引されるのでしょうか?

希少価値と基本買取価格も一緒に探っていきます。

.響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶とは?

響のボトルコレクションシリーズ・響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶は首の長い丸い形が特徴のボトルです。

九谷焼ならではのミルクホワイトの白地に、瑞鳥が描かれたこのボトルコレクションは、それだけでも骨董としての価値が伺えますね。

瑞鳥とセットで描かれる牡丹の花は、九谷焼の巨匠・三浦銀三がこだわりを持って描いた物だといわれています。

ボトルの長い首はカラフルな青や赤の色合いをしており、華やかさを感じられます。

まさに飾ってもよし、飲んでもよし。

肝心の味わいは響21年の超希少な原酒をブレンドしており、味わい豊かでミルキーな甘みを感じることができます。

 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶の気品のある甘みは、ロックで飲むことでより一層、香りを引き立たせることができます。

甘い味わいに対して香りはフルーティで爽やかなレモンのようなさっぱり感がありますので、口に含むと香りと味わいがうまく調和されます。

ミルクホワイトのボトルのように気品があり口当たりが滑らかな響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶は、老若男女問わず楽しむことができそうですね。

.響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶の元値と現在の価格は?

2014年12月2日に発売された響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶は、発売当初600本限定で一本3万円の値段で売られていました。

発売はサントリーのホームページから発表されて予約の受付が始まったのですが、なんと受付開始直後にほぼ完売。

その日のうちに予約は終わってしまったのだといいます。

九谷焼のこだわりあるボトルに長期熟成の響21年が詰められた夢広がるボトルコレクションが3万円の価格とは、かなり安価な印象がありますね。

ほぼ即売だったことから、響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶の発売を知らなかったウイスキーファンやタイミングを逃した購入者は、最初に買った響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶オーナーが手放す機会を今か今かと待ち望んでいます。

現在、ヤフオクで響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶はなんと20万円もの値段がついており、それでも出品直後に即入札、そして落札されています。

「いくら払ってもいいから手に入れたい」

と、考えている購入者も多いようですね。

また、ウイスキーの買取専門店大手の大黒屋では響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶の基本買取価格を13万円と設定しています。

ただし、こちらはあくまでも基本価格です。

当然、売却時の希少価値や保存状態によっては価格が左右することが考えられます。

もし、自宅にある響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶を売ることを考えましたら、まずは現状を維持するために専用の化粧箱に入れた上で包装紙に包み、さらに家にある梱包材などに包んで暗室に保管しましょう。

そして、買取専門店に持ち込む際にはあらかじめネットなどで響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶の売買情報を入手しておき、品薄になったタイミングを計ると良いです。

買取専門店でも、在庫がどうしても手に入らない場合には私たちが見ているオークションや通販から買い取る場合も少なくありません。

ですので、ネットでの在庫状況というのはウイスキー売買の際にはかなり鍵になる情報なのです。

これらを駆使した上で、在庫が品薄でなおかつ専門店の買取強化期間を狙って売買すると、より高値がつきやすいですね。

入手困難!?響 30年の希少価値と価格は?

サントリーの名門ウイスキー“響”シリーズの中でもかなりの希少価値を誇り、 なかなか入手困難といわれる響 30年。

その長い期間、熟成されたウイスキーには、一体どのような味と香りが詰まっているのでしょうか?

ここでは、響 30年の特徴や人気の秘密、そして注目の買取査定額についても詳しく考察していきます。

.響 30年の特徴とは?

サントリーが発売する響シリーズをご存知の方はどれほどいらっしゃるでしょうか?

かなり多いですよね。

ウイスキーの響は、日本人だけではなく海外の方からもかなりの人気を誇っています。

サントリーの中でも響は、その名前だけでもブランド力があると言われるほどの人気と価値を誇っています。

その人気の秘密は、響ならではのハチミツのような濃厚で優しい甘さ。

そして、後に続くスモーキーな香りとスッキリとした柑橘系の香りが、響の人気を高める秘密となっています。

そんな響の中でも長期熟成でヴィンテージ品と呼ばれるのが、こちらの響 30年。

クリスタルボトルに詰められた澄み通った琥珀色のウイスキーは、なんとも美しく、今すぐにでも飲みたいという印象を感じます。

付属の化粧箱もなんとも響らしく、ウイスキー色をした綺麗な色をしてます。

HIBIKI』との印字がされた化粧箱は、響のブランド力を強くアピールしています。

化粧箱の中には、響を寝かせるクッションも付いており、それはそれは大切に熟成されて保存されたことを物語っていますね。

.響 30年の価値とは?

サントリーの中でも高い人気を誇る響ウイスキーのヴィンテージ品、響 30年は現在、ヤフオクにて42万円の価格が付いています。

付属品も完備のこの商品は、購入者は即決だったようです。

また、楽天市場で二時流通として発売されている響 30年は、なんと50万円の価格が付いています。

それほどの人気を誇る響 30年は、ウイスキーの買取専門店でも強化買取商品として扱われているようですね。

大手買取専門店では、響 30年の基本買取価格を35万円と設定しています。

どうやら、オークション価格とほぼ変わらないようですね。

さらに、買取専門店での基本価格は最高価格ではありませんので、売却のタイミングや付属品の状態などによってはより高値がつく可能性も充分にあります。

ウイスキーは、その時の希少価値と購入希望者の需要によって値段が大きく変わります。

もしも響 30年を売却することを考えるのでしたら、ネットやバイヤーからの情報を元に今、買取が強化されているか、需要が高まっているかなどを参考にした上で売るタイミングを計りましょう。

そうすることで、現在のオークション最高価格である42万円を大きく上回ることができるかもしれませんよ。

ジャパニーズウイスキーの真骨頂?響 ディープハーモニーの魅力とは?

サントリーの響シリーズは、どの銘柄も非常に高級感があり、いっぱい飲むだけでも特別感を感じることができます。

そんなサントリー響の中でも、ジャパニーズウイスキーファンから高い人気を誇っているのが響 ディープハーモニー。

名前の美しからも、一度は飲んでみたいと感じた人も多いでしょうね。

今回は、響 ディープハーモニーがなぜここまで人気を集めるのか、また、現在もし売買したならどれほどの値段がつくのかを検証していきます。

購入を希望している方も売却を考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

.響 ディープハーモニーの人気の秘密は?

 ディープハーモニーは、赤ワインを熟成した空き樽を利用して熟成された白州のピュアモルト原酒と、シェリー樽を利用して熟成された知多の原酒を混ぜ合わせて作られています。

まさに、人気のジャパニーズウイスキーの詰め合わせのような逸品ですね。

赤ワイン熟成の樽を使用していることもあり、響 ディープハーモニーの色は赤ワインのような深い赤色をしています。

光に当てるとウイスキーらしい琥珀色も感じられ、色だけでも深みがあるウイスキーとなっています。

味わいは柑橘系のフルーティさがあり、口当たりと鼻に抜けるスッキリとした香りが飲みやすさを感じさせます。

フィニッシュはビターチョコレートのようなほろ苦さが長く余韻を残す大人な味わいで、一口飲んだだけでも多くの味覚を堪能することができます。

ビターな後味ではありますが決して嫌なにがさではなく、もう一口、もう一口と口に運びたくなるような深い味わいです。

ウイスキー好きにはたまりませんね。

.響 ディープハーモニーの元値と売価は?

 ディープハーモニーは、発売当初は1万3千円で取引されていました。

ちなみに現在は販売を中止しています。

響はボトル容量も多く700mlですので、人気の響シリーズにしては割と安価な印象があります。

まして、人気の白州と知多のブレンデッドウイスキーですので、注目度はかなり高かったです。

当時この価格で購入できた人はかなりお得だったでしょうね。

当時の価格もあり、購入した人の多くは封を切ってしまっている場合が多いです。

そのため、現在世の中に出回っている響 ディープハーモニーはかなり少ないですね。

元値は安くても需要があり希少価値が高いとなると、価格も自ずと上がっていきます。

現在、ウイスキーの買取専門店での響 ディープハーモニーの査定額は平均でおよそ12万5千円ほど。

元値の10倍にもなっていますね。

 ディープハーモニーは響17年の原酒をベースとして作られています。

発売当時に購入できなかった人からすると、通販やオークションで見かけたら絶対に手に入れたい商品でしょうね。

もし、自宅に飲むことがない響 ディープハーモニーがありましたら、売却を検討してみるのも良いでしょう。

響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶

サントリーを代表するジャパニーズウイスキーの響は、職人の手焼きのボトルを多く使っていることでもよく知られています。

その希少性と骨董としての価値から、ウイスキーファンはもちろんのこと、骨董好きの方からも人気を集めやすい銘柄と言えるでしょう。

そんな響きの中でも、ボトルコレクションの中で威厳を感じさせるのが、響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶。

果たして、ウイスキーにはどれほどの価値があるのでしょうか?

また、ボトルの骨董としての価値も一緒に探っていきます。

 .響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶の特徴とは?

 ウイスキーというと、15年や20年など、割とキリが良い熟成期間を経て瓶詰めされることが多いですよね。

響シリーズも基本的にはキリよく熟成させることが多いのですが、この響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶に関しては見ての通り21年熟成のウイスキーを瓶詰めしています。

その理由は、ボトルの完成のタイミングにあります。

九谷焼は日本でも有名な焼き物の銘柄で、品質もデザインも職人の並々ならぬこだわりがあります。

 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶が完成するまで、納得がいかなければ何度もデザインや構成を考え直したのでしょう。

この九谷焼のデザインのボトルに入れるウイスキーはすでに決まっていたため、ボトルの完成に合わせて熟成期間が変化したのです。

丸い瓶の真ん中に青い雲龍が描かれたこの作品は、数あるウイスキーの中でも人気の高さを誇る響シリーズのような勢いのある絵柄をしています。

まだまだウイスキー界に君臨する姿勢を表す逸品ともいえるでしょう。

.味わいと香りは?

 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶は、ボトルに目が行きがちですが当然味も一級品。

なんといってもあのサントリーの響の製作者が心を込めて作った逸品ですからね。

ほかのウイスキーでは味わえないようなフルーティな味わいをしています。

綺麗で澄んた珀色のイメージ通りオレンジピールを基調とした味わいは、口の中にスッキリ感と爽やかさを残します。

さらに、本物の花のような優しい香りをしており、その香りはボトルの封を切ってすぐに感じることができます。

一口、口に含んだだけで華やかな香りに包まれる響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶は、程よく酔った状態だとより一層、気持ちを高揚させてくれるような印象があります。

ウイスキーはロックで飲み始め、徐々に水分を含ませることで甘みと香りが増すといわれています。

ロックで飲むことはもちろんおすすめですが、暗室で保管された九谷焼に詰められたウイスキーは普通の瓶詰めのウイスキーに比べて冷たくなっている傾向があります。

ですので、ウイスキー好きな方やお酒に強い方はストレートで飲んでも美味しいでしょう。

.響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶の発売当初の売価と現在の売値は?

 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶は、発売当初は28000円程で売買されていました。

九谷焼のこだわりのボトルに21年ものの響なら、むしろお手頃価格にも感じますよね。

当然、発売当初は購入者が殺到して即完売になりました。

そして現在、響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶はおおよそ30万円で取引されています。

オークションでの取引価格が30万円ですので、買取専門店での取引はもう少し価格が下がると考えられます。

もちろん、箱付き新品での取引価格ですが、それにしても元値を考えると約10倍になっていますからね。

現在の希少価値がかなり高いことが分かります。

さて、骨董好きの方にとって気になるのはウイスキーを飲んだ後の九谷焼の空瓶の価値ですよね。

ウイスキーファンももちろんですが、お酒を飲まない骨董好きの方でもこの品はぜひコレクションしたいものでしょう。

響の九谷焼シリーズは何点かありますが、空瓶での販売はフリマアプリでよく取引されているようですね。

平均価格はおおよそ4万円前後。

ウイスキーが主体のこのシリーズで、空瓶だけで4万円とはかなりの高額でしょう。

むしろ、新品の状態での発売当時の価格よりも現在の空瓶の価値の方が高いですからね。

響の九谷焼シリーズの人気の高さを感じさせます。

オークションの新品木箱付きでの取引でも、フリマアプリの空瓶の販売でも、商品は即売となっているようですので、売却の際には強気でもう少し高値を設定しても良いかもしれませんね。

もしも自宅に響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶があるという方は、売るまでの間はしっかりと木箱に入れた上で包装し、紙袋などに梱包して暗室で保管すると良いでしょう。

響21年九谷焼古九谷風松竹梅文瓢形瓶の買取価格はいくら?

サントリーの響シリーズと言えば、プレミアムブレンデッドウィスキーです。その中でも上位に位置するのが響21年ですね。
そしてさらに、ボトルに日本古来の焼き物を採用したシリーズの、古九谷風松竹梅文瓢型瓶をご紹介します。
人気の響シリーズの中のさらにレアで高価な陶器のボトルに入った商品ということで、かなりの高値がついています。自宅にお持ちの方は、その価値を知っておいた方が良いでしょう。

■響21年九谷焼古九谷風松竹梅文瓢形瓶とは?

サントリーの響と言えば、プレミアムブレンデッドウィスキーです。その中でも21年だけが黒いラベルが付いており、高級感が増しています。
酒齢21年以上の長期熟成されたモルト原酒をブレンドし、合わせるグレーン原酒も酒齢21年以上の円熟原酒を厳選しています。これらの貴重な原酒を丁寧にブレンドしてできたのが、響21年です。
フルーティーで花のような熟成された香と、滑らかな口当たりを感じます。そして、長期熟成された21年物ならではのコクと奥行きのある余韻を楽しむことができるでしょう。

そして、響21年の器には有田焼や九谷焼など様々な焼き物が使用されています。
ここでご紹介する古九谷風松竹梅文瓢型瓶は、九谷焼の名工山上義正氏によるものです。瓢(ひさご)型のボトルには、色彩豊かな松竹梅が描かれています。
美しい日本文化を感じながら飲む響21年は、より格別なものなのは間違いありません。

■響21年の大人な飲み方をご紹介

響21年をじっくりと楽しむための、大人な飲み方をご紹介します。
やはり、ウィスキー本来の味を楽しむなら、ストレートがおすすめです。ウィスキーだけを口に含みじっくりと堪能することができます。
氷の入ったグラスにウィスキーを注いでオンザロックで味わうのも良いでしょう。氷のカランカランという音も楽しむことができます。
ハーフロックや水割りにすることでウィスキーの味がマイルドになりますから、ゆったりとしたくつろぎの時間にぴったりです。
そして、響におすすめなのが、ハイボールです。響の味わいやコクが断然引き立つので、おすすめです。

そして、せっかく古九谷風松竹梅文瓢型瓶の響21年を楽しむなら、畳や障子がある和の空間で楽しみたいものですね。江戸切子に注げば日本文化を存分に楽しむことができるでしょう。

■響21年九谷焼古九谷風松竹梅文瓢形瓶の買取価格は?

気になる響21年九谷焼古九谷風松竹梅文瓢形瓶の買取価格は一体いくらなのでしょうか?

その買取価格は、9万円から10万円と言われています。
人気の響シリーズの、しかも21年、そして陶器の限定ボトル入りということで、妥当な買取価格と言えるのではないでしょうか?

■まとめ

響21年九谷焼古九谷風松竹梅文瓢形瓶はそのボトルの美しさや存在感だけでなく、響21年の味わい深さのために、非常に人気が高い商品です。
そして、このボトルを持っていれば、響21年を購入して入れ替えることで長くボトルを愛用することもできます。
そのため、買取価格はかなり高騰している商品です。ご自宅にもし眠っているのであれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか?

  • 響 ブレンダーズチョイス

  • 響 ノンエイジ 裏ゴールドラベル

  • 響 ノンエイジ 金キャップ 裏ゴールドラベル

  • 響 ジャパニーズハーモニー

  • 響 ジャパニーズハーモニー マスターズセレクト

  • 響 ジャパニーズハーモニー 意匠ボトル マスターズセレクト

  • 響 メロウハーモニー

  • 響 ディープハーモニー

  • 響 12年 現行品

  • 響 12年 旧ラベル

  • 響 12年 意匠ボトル 『花鳥風月』

  • 響 17年 現行品

  • 響 17年 裏ゴールドラベル

  • 響 17年 両面ゴールドラベル

  • 響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』

  • 響 17年 ノンチルフィルタード 50.5

  • 響 17年 意匠ボトル 『武蔵野富士』

  • 響 17年 意匠ボトル 『鳳凰』

  • 響 17年 意匠ボトル 『白鷺』

  • 響 21年 現行品

  • 響 21年 旧ラベル シリアル入り

  • 響 21年 サントリーホール 10周年記念 クリスタルボトル

  • 響 21年 意匠ボトル 『花鳥風月』

  • 響 21年 意匠ボトル 『富士風雲図』

  • 響 21年 有田焼 色絵菊熨斗文扇形瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵松鶴梅鶉文八角瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵柴垣桜文面取瓢型瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵鶺鴒文丸瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵花鳥文瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵牡丹文瓢箪形瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵栗樹文十二角瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵桜御所車文瓢形瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵輪繋文風鐔形瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵梅流水文瓶

  • 響 21年 有田焼 色絵赤玉雲龍文角瓶

  • 響 21年 有田焼 金襴手花卉文角瓶

  • 響 21年 九谷焼 古九谷風花鳥図

  • 響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢形瓶

  • 響 21年 九谷焼 色絵霞鶴文下蕪形瓶

  • 響 21年 九谷焼 吉田屋風枇杷文瓶

  • 響 21年 九谷焼 古九谷風松竹梅文瓢箪型瓶

  • 響 21年 九谷焼 古九谷風駿馬文瓶

  • 響 21年 九谷焼 吉田屋風春秋図

  • 響 21年 九谷焼 吉田屋風花鳥図角瓶

  • 響 21年 九谷焼 青手吉祥文六角瓶

  • 響 21年 九谷焼 吉田屋風山水図六角瓶

  • 響 21年 九谷焼 吉田屋風松竹梅文四角瓶

  • 響 21年 九谷焼 色絵華王瑞鳥文瓶

  • 響 21年 九谷焼 吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶

  • 響 30年

  • 響 30年 意匠ボトル 『花鳥風月』

  • 響 35年 古九谷写し 色絵牡丹蝶図筒形瓶

  • 響 35年 初期有田 染付牡丹蝶図筒形瓶

  • 響 35年 徳田八十吉作 燿彩瓶 碧陽

  • 響 35年 十三代今右衛門作 色絵薄墨草花文洋酒瓶

  • 響 35年 十四代酒井田柿右衛門作 濁手山つつじ文洋酒瓶