お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
ウイスキー買取

ニッカ余市

概要

日本のスコットランドと称される北海道からの贈り物である「余市」。

ニッカウイスキーの聖地には伝統の製法とウイスキー作りの情熱が根付いています。

そんな余市の製造法や歴史、味わいについてご紹介します。

こだわりの蒸留所と製法

この投稿をInstagramで見る

フジリョーさん(@fujiryo221)がシェアした投稿

余市という地域はスコットランドに似た寒さを持っている気候が特徴で、豊かな水源と凛と澄んだ空気がそろったウイスキー作りの理想郷です。

モルトウイスキーの原料である大麦やピートも豊富であり、1936年から余市蒸溜所の歴史が始まりました。

余市でのウイスキー作りは「石炭直火蒸溜」といい、職人が15分ごとに石炭をくべて、もろみの温度を保つ方法を採用しています。

重厚で力強く香ばしいモルトウイスキー作りのための製法ですが、職人による温度調節がとても難しく熟練の職人技が必要となるため、現在ではスコットランドでも珍しくなっています。

職人たちの情熱が息づき、こだわりの場所でこだわりの製法を貫くことで、余市は世に送り出されているのです。

余市を取り巻く環境

余市が目指すウイスキーは本物のウイスキーづくりであり、手本はスコッチウイスキーです。

だからこそスコットランドにできるだけ近い気候風土をそろえなければならず、理想を言うならばスコットランド北部に位置するハイランド蒸溜所と同じような環境が必要でした。

余市は厳しい冬の間に、標高約1,500mの余市岳を始めとする山々に雪が降り積もります。

春が訪れれば雪解け水となって余市川に注ぎ込み、モルト原酒の仕込み水となる豊かな清流が流れます。

更に、石狩平野には麦芽にスモーキーな香りをつけるピートや、蒸溜には欠かせない石炭も採掘できたの利点もあります。

余市には、本物のウイスキーづくりに欠かせない大切な環境が揃っているのです。

樽と環境作りの秘密

ウイスキーのおいしさに大きな影響を与えるものは何か、ご存知ですか?

そう、樽熟成です。

蒸溜されたばかりの状態では無色透明で荒削りなスピリッツが、熟成を重ねる間に樽の中から水分や刺激臭、雑味を取り入れていき、味と香りに円熟味を加わります。

ウイスキーの味そのものに影響を及ぼす樽熟成にとても大事なのは、気温や湿度といった外部環境です。

余市は四季を通じて寒さがあり、ゆっくりとウイスキーを熟成させていきます。

海が近いために湿潤で澄んだ余市の空気は、樽を乾燥から守った上で芳醇な香りをしっかりと封じ込めます。

日本の古くから伝わる窓のない土間造りも貢献しており、そのような整った環境の下で力強く重厚なモルト原酒が育まれていくのです。

力強く重厚な味わい

余市(引用:Amazon

ニッカウイスキーのブレンダーは余市を「男性的で力強く重厚」と表現します。

蒸溜の際に使われるポットスチルは、原酒に複雑で豊かな味わいを与えるストレートヘッド型を採用。

また、石炭直火蒸溜による独特の香ばしさも堪能していただけます。

絶妙な職人技が適度な「焦げ」をつくり、余市モルトの真髄である力強さを支えているのです。

余市は石狩湾から吹く海風のフレーバーを樽が吸収するという特徴もあり、熟成の長い歳月の間に原酒に爽やかな海の香りが溶け込んでいます。

壮大な北の大自然と、受け継がれる伝統の技を味わうことができる唯一無二のウイスキーです。

華やぐ香りと余韻の重厚さ

この投稿をInstagramで見る

TMさん(@msmamia7)がシェアした投稿

余市のモルト原酒には職人技が支える何にも負けない力強さを持っており、しっかりとしたコクがあります。

だからこそ、木の個性が強く出てしまうと言われる新樽に詰めて熟成させても、新樽特有の木の豊潤な香りやバニラの香ばしい香りを備えながら、もともとの重厚さを失いません。

それが余市らしいともいえるでしょう。

また、熟成を重ねると共に、個性的な香りと味わいに円熟味や穏やかさ、濃密さが加わり、気品を感じる余韻を醸し出しています。

余市のラインナップ、幻のウイスキー

2019年現在、シングルモルト余市としてはノンエイジのみのラインアップとなっています。

以前は20年・15年・12年・10年が販売されており、他にもシングルカスク余市も限定販売されていました。

シングルカスクは1つの樽からとれたウイスキーをそのまま瓶詰めするもので、薄めたり他の樽のウイスキーと混ぜていないのが特徴です。

現在販売されていないウイスキーは手に入り辛いことから価格が高騰し、なかなか購入できないものとなっています。

華々しい余市の国際評価

余市はイギリスで毎年行われている国際的な蒸溜酒の品評会で、多くの賞を受賞しています。

その名もISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)といい、世界各地の審査員がテイスティングし評価を決定します。

  • シングルモルト余市12年ウッディ&バニリック 2014年:ISC金賞受賞
  • シングルモルト余市20年 2012年:ISC金賞受賞
  • シングルモルト余市15年 2010年、2009年:ISC金賞受賞 2013年、2012年、2011年、2008年、2007年:ISC銀賞受賞
  • シングルモルト余市12年 2013年、2012年、2007年:ISC銀賞受賞
  • シングルモルト余市10年 2013年、2012年、2007年、2006年:ISC銀賞受賞
  • シングルモルト余市1990年 2011年:ISC 金賞受賞

余市にはこのような華々しい経歴があり、日本の技術が世界に認められたスコッチウイスキーなのです。

まとめ

余市の目指す本格的なウイスキー作りやスコッチウイスキーならではのこだわりをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

職人の情熱やシングルモルトウイスキーを作っていく上で大切な環境が沢山見えてきました。

こだわり抜いてこそ味わえる重厚で豊潤なウイスキー、余市。

北の大地、北海道からの魅力的な贈り物です。

余市の豆知識

希少品!北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角のウイスキー買取査定額は?

170mlというミニボトルである北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角は、非常に可愛らしい見た目とデザインから、コレクションとしても多く購入されている銘柄の1つです。

 

なかなか手に入らないことからも、需要が高まっている銘柄です。

 

今回はそんな北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角のウイスキー買取査定額について探っていきます。

 

.北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角の特徴は?

 

味わい:熟れた杏・イチゴジャム

 

香り:フルーティ・強い甘さ

 

色合い:薄い琥珀色

 

デザインが可愛いと人気の北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角は、味わいも女性らしさあるフルーティな味わいとなっています。

 

封を切った瞬間に感じられる濃厚な甘さとコク。

 

後味にはピートの効いた苦味が感じられますが、それが逆に味わいにキレを出しています。

 

水分を含むほど香りが立ちやすいと言われるウイスキーですので、ロックでゆっくりと飲むのがウイスキーの味わいを損ねることなく香りを楽しむ一番の方法でしょうね。

 

.北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角のウイスキー買取査定額は?

 

北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角は現在、お酒買取専門店リンクサスにて5000円の価格で買取されています。

 

ちなみに、現在の北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角の売価は通販サイトでは5万円に及ぶものもあり需要はかなり高まっていることがわかります。

 

5000円というのはあくまでも参考価格ですので、場合によってはそれよりも高値で買取してもらえる可能性は十分にあります。

 

例えば、化粧箱や包装紙などの付属品がしっかりと綺麗な状態でついている場合には、これらも一緒に査定に出すことをおすすめします。

 

そうすることで、北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角の買取価格はさらに高くなることでしょう。

人気急上昇!北海道余市蒸留所 5年 原酒 180mlの買取査定額は?

北海道の余市蒸留所でなくては購入することができないとして、かなり希少性が高いと言われてきたこの銘柄。

 

ミニボトルながらに存在感のある香りと味わいは非常に飲みたくなる一品ですね。

 

ここでは、そんな北海道余市蒸留所 5年 原酒 180mlの買取査定額とともに上手な売り方についても探っていきます。

 

.北海道余市蒸留所 5年 原酒 180mlの特徴

 

味わい:いちご・ベリー

 

香り:フルーティ・ショートケーキ

 

色合い:琥珀色

 

5年の熟成ながらにしっかりとした色づきをしている北海道余市蒸留所 5年 原酒 180mlは、味わいが非常に優しく甘みの強いものになっています。

 

ウイスキーは飲み慣れないという方にも非常に飲みやすい一品になっていますので、初めてウイスキーを飲むという人にもお勧めできる銘柄です。

 

モルト原酒ならではの旨味と香りが封を切った瞬間から感じられる北海道余市蒸留所 5年 原酒 180mlは、現在非常に市場に出回る本数が少なくなっているため高額商品となっています。

 

.北海道余市蒸留所 5年 原酒 180mlのウイスキー買取査定額は?

 

北海道余市蒸留所 5年 原酒 180mlは現在、お酒買取専門店リンクサスにて6000円の値段で買取を行われています。

 

ただし、すでに現在市場には出回っておらず、過去に販売された価格が5万円を超えていることから、場合によっては6000円よりも高値で売れる可能性もあります。

 

もしも北海道余市蒸留所 5年 原酒 180mlを所有しており、売ることを考えている方がいましたら、ぜひ化粧箱や冊子など付属品を探してみてください。

 

このような付属品も一緒に査定をしてもらうと、より一層高値で買い取ってもらえますよ。

 

ウイスキーの箱が沢山あってわからないというような場合には、出張買取を依頼するとプロのバイヤーがしっかりと見抜いてくれます。

 

ウイスキーを売るのが初心者という方は、トラブルにならないためにも店に足を運ぶより出張買取を依頼した方が楽ですし手間も省けますよ。

お酒買取ならここ!北海道余市蒸留所 5年 原酒 500ml の買取査定額は?

北海道の余市蒸留所でのみ販売されていたことから、当時は北海道まではるばる購入に訪れるファンもいたというほどの人気を誇る北海道余市蒸留所 5年 原酒 500ml。

現在は発売が中止されておりかなり希少な品として知られています。

ここでは、そんな北海道余市蒸留所 5年 原酒 500mlのウイスキー買取査定額を調査していきたいと思います。

 

.北海道余市蒸留所 5年 原酒 500mlの特徴は?

味わい:ハチミツ・クリーム・熟れた

香り:フルーティ・優しい甘さ

色合い:琥珀色

熟成期間5年とは思えないほど美しく綺麗に色づいた北海道余市蒸留所 5年 原酒 500mlは、非常に濃い琥珀色をしています。

香りは華やかで味わいにも感じられるハチミツの優しい甘さと、フルーツのスッキリとした香りが感じられるのが特徴です。

食前酒として一口飲んでも食欲を増進させますし、食後のデザート感覚でロックで飲むのもオススメです。

老若男女問わず楽しむことができる北海道余市蒸留所 5年 原酒 500mlは、ウイスキー初心者から上級者までオススメできる一品ですね。

.北海道余市蒸留所 5年 原酒 500mlのウイスキー買取査定額は?

北海道余市蒸留所 5年 原酒 500mlは現在、お酒買取専門店リンクサスにてaskで買取されています。

現在の売価は5万円超えの品ですので、その人気の高さが伺えますね。

もしも北海道余市蒸留所 5年 原酒 500mlを所有している方がいましたら、ぜひ査定をしてもらうことをオススメします。

売るか売らないかは別として、まずは値段を聞いてから決めたいという場合には電話査定や出張買取査定などのサービスを使うと手間もかかりませんね。

リンクサスではこれらのサービスにもしっかりとプロのバイヤーが対応をしてくれます。

出張買取の際にはその場で現金と交換をしてくれますので、面倒な手続きもなく安心ですよ。

人気のミニボトル!北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml のお酒買取査定額は?

北海道余市蒸留所から発売されている人気のミニボトルシリーズの中の1つである北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml 。

 

現在、終売品となっていることもありかなり市場では出回る本数が少なくなっていますが

果たして買取査定の価格はいくらになっているのでしょうか?

ここでは、北海道余市蒸留所 10年 原酒180mlのウイスキー買取査定額や特徴について探っていきます。

.北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml の特徴は?

味わい:甘酸っぱさ・ビターチョコレート

香り:華やか・フルーティ・甘い

色合い:澄んだ琥珀色

ミニボトルシリーズの1つである北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml は、見た目が可愛いということからも、コレクターの間でも人気が高まっている銘柄です。

見た目の可愛らしさに伴い、味わいも甘みが強くて女性からも人気ですが、後味にはピートの効いたビターな味わいも感じられます。

ピリッとパンチの効いた大人な味わいも特徴の1つである北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml は、ウイスキー上級者からも人気を集めている一品です。

北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml はストレートで飲むことで、飲み始めから後味まで全ての味わいを存分に楽しむことができます。

水割りなどをしても旨味が薄くなることはありませんので、ご自身の好きな飲み方で飲むのが一番ですね。

.北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml のお酒買取査定額は?

お酒買取専門店リンクサスでは北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml を現在askで買取しています。

自宅に余市のミニボトルが飾られてはいませんか?

遺品ではあるがこんな小さいボトルに価値なんて

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

かなり効果で人気が高い銘柄ですので、もしも売ることを考えている方がいましたら、ぜひプロのバイヤーがしっかりと対応してくれるリンクサスのような優良店を選択することをおすすめします。

高額買取ならここ!北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml の特徴と査定額は?

ジャパニーズウイスキーの代表的なブランドの1つとして知られている余市ウイスキー。 

その中でも、北海道余市蒸留所まで足を運ばなくては入手することができないとして知られていた北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml は現在かなりの高値で売買されています。

今回は、そんな北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml の特徴とウイスキー査定額について探っていきます。

 

.北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml の特徴は?

味わい:ビターチョコレート・熟れた杏・マロン

香り:華やか・高級感のある甘さ

色合い:濃い琥珀色

美しい琥珀色に色づいた北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml は、10年もの長い間、北海道余市蒸留所で大切に熟成されてきました。

大人な甘味が強いこの銘柄は、後味がキリッとしたスッキリ感のある苦味を感じますがそれ以外は非常に飲みやすくてコクが深い味わいです。

後味の苦味も嫌なクセなどはなく、味のキレを良くしている役割があります。

ストレートやロックでゆっくりと飲むと、温度や濃度の変化でその都度変わる味わいを楽しむことができますね。

.北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml のウイスキー買取査定額は?

お酒買取専門店リンクサスでは、北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml を現在askで買取しています。

北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml には付属の化粧箱や冊子がありますが、これらも一緒に持ち込みをするとさらに買取価格はアップします。

また、日焼け後や傷跡がない場合には商品状態が良いと判断されて、高値で買い取りをしてくれることもあります。

リンクサスのプロのバイヤーがこれらの点についてしっかりと査定をしてくれますので、価格にも安心して売ることができますね。

終売品!北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶のウイスキー買取査定額は?

ジャパニーズウイスキーブームにより、これまで以上に注目を集めるようになった余市ブランドのウイスキーたち。

 

その中でも、余市蒸留所に足を運ばなくては手に入らないというプレミア感から非常に人気が高くなった銘柄の1つがこちらの北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶です。

今回は、北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶のウイスキー買取査定額や特徴について探っていきます。

.北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶の特徴は?

味わい:ほのかな甘味・爽快感のある酸味

香り:フルーティ・柑橘系の甘酸っぱさ

色合い:澄んだ琥珀色

10年もの熟成期間を経て瓶詰めされた北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶は、非常に香りが高くて濃厚な味わいが特徴です。

封を切った瞬間から感じられる余市特有の甘みの強い香りは、それだけでも酔ってしまうほどの印象があります。

香りが特徴の北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶は、やはりロックでゆっくりと飲むことがよりウイスキーの旨味を感じられる飲み方になります。

.北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶のウイスキー買取査定額は?

北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶は現在、お酒買取専門店リンクサスにて8千円の価格で買取査定されています。

こちらは、あくまでも基本価格となりますので商品状態や保存状態などによって価格は大きく変わります。

遺産整理や引越しの際にたまたま北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶が出てきたという方は、見た目が小さいからといって侮ってはいけません。

状態が良く付属品もしっかりとついていた場合には1万円以上の価格で買取してもらえることも期待できます。

まずは電話査定サービスを利用してある程度の査定額を教えてもらえると、売るかどうかを明確に決めることができますよね。

買取査定ならここ! 北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml とは?

美しい海に面した北海道余市町に構えられた余市蒸留所。

 

北海道の厳しい寒さのもとで作られる余市ウイスキーは、他のジャパニーズウイスキーに比べても味に締まりがあり、旨味が凝縮していると言われています。

今回は、そんな余市ウイスキーの中でも希少なヴィンテージ原酒である北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml について考察していきます。

.北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml の特徴は?

透明なクリスタルボトルに詰められた北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml は、20年もの長い期間、熟成されていたとは思えないほどにクリアで澄んだ琥珀色をしています。

通常、ウイスキーは熟成期間が長ければ長いほど色が濃厚になり褐色に近くなっていくのですが、北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml はバッティングしている原酒の種類もありかなり色が薄めになっています。

華やかな香りの中にほのかに感じるのは甘み溢れるドライフルーツのような香り。

パッションフルーツやブドウのねっとりとした甘さは、ワインのような味わいすら感じさせます。

コルクで栓がされているボトルは、コルクを抜いた瞬間から香りを楽しむことができ、飲む前から雰囲気を感じることができます。

北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml のラベルはグレーの模様の入った特別仕様のもので、大きく“原酒”と書かれているのが特徴です。

シンプルな表記だからこそ、私たち消費者はその価値と素晴らしさを感じることができます。

一見すると余市なのか竹鶴なのかもわかりにくいラベルに思う人も多いかもしれませんが、よく見るとしっかりとラベルに名前が書かれています。

余市蒸溜所は、この北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml の銘柄が、余市ブランドであるということよりも20年原酒であるということをアピールしたかったのでしょうね。

.北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml の買取査定額は?

余市蒸溜所が自信を持って販売しているこちらの北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml の銘柄は、大手のお酒買取専門店で現在7万8千円の価格で買取がされています。

あくまでもこちらは買取基準額ですので、実際には価格は前後する可能性が高いです。

価格が変わる最大の理由は、商品状態の良さです。

当たり前ではありますが、新品同様の品でしたら価格はかなり高くなる一方で、ラベルがほぼ読めないほど劣化していたり日焼けしたりしている品の場合、価格は下がってしまいます。

場合によっては買取自体がしてもらえない可能性も高いですね。

そのため、北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml のように買取基準額から高額な品を扱う場合には、買取査定に出す際にも注意する必要があります。

例えば、自分自身で北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml の価値をあらかじめ、ある程度学んでおく必要性です。

「新品同様のつもりで売ったけれど、思いのほか安値で買い叩かれてしまった」

という話は、ウイスキー売買では少なくありません。

というのも、このような場合はウイスキーの持ち主が、ウイスキー自体の希少価値や需要をほとんど知らないため、言われたままの価格に納得してしまった場合が多いのです。

自分から交渉をしなくては、お酒買取の専門店も良心的に価格を上げてくれることはほとんどありません。

店側としても、出来るだけ安値で買って高値で売りたいのが本音ですからね。

そのため、買取価格を提示された際に『なぜこんなに安いのか』ということを聞けるほどの知識は持っておく必要があります。

自分での交渉ができれば、手間もかからずに出来るだけ高値で北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml を売ることができるようになりますよ。

希少なヴィンテージ品!余市 10年 シングルモルトの特徴とお酒買取の価格は?

北海道の自然豊かで寒い地域で大切に作られてきた余市 10年 シングルモルト。

余市シリーズの最大の特徴でもある香り高さと味わい深さを存分に感じられる余市 10年 シングルモルトは、もし売ったらどれほどの価値があるのでしょうか?

今回は、流通量が割と多い余市 10年 シングルモルトのお酒買取の査定額とともに人気の理由や需要の高さについてもまとめていきます。

1.余市 10年 シングルモルトの人気の理由は?香りや味わいは?

“ジャパニーズウイスキーらしくない部分もありながら飲みやすい。”

これが、余市 10年 シングルモルトに限らず余市ブランドのウイスキーを好んで飲むファンが口を揃えて語る人気の理由です。

というのも、ニッカウヰスキーを創設した竹鶴政孝氏が、ウイスキーの本場でもあるスコットランドに最も気候や地形が似ているとして余市蒸留所を構えたのが、この北海道余市町だからです。

寒い気候ならではのぶどうやリンゴの栽培も盛んだった余市町では、ウイスキーの味わいもどこかフルーティで優しい味わいとなりました。

また、ナッツのような味わいもある余市 10年 シングルモルトは、甘ったるい印象はなく飲みやすさと爽やかさを重視して作られた印象がありますね。

香りについても非常にフルーティで、さらにピートは割と軽めにされているためコクがありながらもしつこさのないさっぱり感が感じられます。

全体的にいうと飲みやすくて後味もさっぱりとしていながら、口に含んだ際のコクがありかなり味わい深い一品となっています。

ウイスキー好きはもちろんのこと、ウイスキー初心者でも十分に楽しめそうな銘柄ですね。

2.余市 10年 シングルモルトのお酒買取査定額は?高く売るならここ!

余市 10年 シングルモルトは、一般的な販売価格も4万円超えています。

10年熟成のヴィンテージ品としては少々高めな気もしますが、余市ブランドがあれば当たり前な価格かもしれません。

ですが何よりこちらの余市 10年 シングルモルト、かなりの人気の高さを誇っているため市場への出回り本数は少なくはないのですが常に品薄状態となっています。

お酒買取の際にも、買い取ってはすぐに売れる余市 10年 シングルモルトは、多少の高値で買取をしてでも店には置いておきたいと考えられる銘柄となっています。

そんな余市 10年 シングルモルトのお酒買取の際に気をつけたいことは、お酒買取の専門店側の意見に流されないことです。

通常、10年熟成と言われるとさほど長い熟成期間ではないと判断されることも多いです。

ですが、余市に関してはそもそもヴィンテージ品も少ないですし、スコッチに近い味わいであることからも人気がかなり高い銘柄となっています。

そのため、素人が一般的に余市 10年 シングルモルトに対して想像する価格と、基本的な買取価格とではかなりの誤差があるのです。

もし、自分はなかなか値段交渉ができないと悩む人は、ぜひ大手の買取専門店に持ち込んでお酒買取をしてもらうと良いでしょう。

大手の専門店の場合、お酒買取の際の買取最低額が割と高く設定されている傾向があります。

というのも、大手の場合は買い手もたくさんいますからね。

このようなこともあり、そもそもの最低価格が高い専門店なら大幅に損をすることは避けることができます。

余市 10年 シングルモルトを売る際にはぜひ参考にしてみてくださいね。

欧州米国向け!余市 モスカテルウッドフィニッシュ の味わいは?

欧州米国向けに製造販売された余市 モスカテルウッドフィニッシュ は、同じシリーズとして宮城峡の日本国内向けウイスキーも販売されました。

 

数量限定である上に、世界的に販売の視野を広げたニッカウヰスキーの渾身の一作は、日本国内だけではなく海外からも高い注目を集めました。

そんな余市 モスカテルウッドフィニッシュ とは、果たしてどのようなウイスキーなのでしょうか?

ここでは、余市 モスカテルウッドフィニッシュ についての特徴とともにお酒買取をしたらいくらになるかなどを考察していきます。

1.余市 モスカテルウッドフィニッシュ とは?海外向けの味わいとは?

3500本の数量限定で発売された余市 モスカテルウッドフィニッシュは、同じシリーズで宮城峡のブランドも発売されました。

宮城峡は日本国内向けに、余市は欧州米国向けに作られたこのシリーズは、同じニッカウヰスキーのブランドながらに味わいが異なる逸品となりました。

海外向けに作られた余市 モスカテルウッドフィニッシュは、欧州米国のウイスキー愛好家が好んで飲んでくれるように、ラム樽に余市の原酒を熟成させるという手法を取りました。

ラム樽で寝かせる期間が長いことから、モスカテルウッドフィニッシュという名前がついたのですね。

この余市 モスカテルウッドフィニッシュを熟成させるためのラム樽も、ニッカウヰスキーのブレンダーがひと樽ひと樽丁寧に厳選して選ばれた品なのです。

だからこそ、味わいには統一性があり余市のこだわりの海外向けウイスキーを作り上げることができたのです。

ラム樽熟成ならではのビターチョコレートのようなほろ苦さとピートの薫香は、スコッチに似た味わいをしています。

これが、ニッカウヰスキーが腕によりをかけて作った欧州米国向けのウイスキーです。

余市 モスカテルウッドフィニッシュは、海外のジャパニーズウイスキーファンはもちろんのこと、ジャパニーズウイスキーは優しすぎると語る外国人からも好評を得ています。

2.余市 モスカテルウッドフィニッシュ のお酒買取価格は?

余市 モスカテルウッドフィニッシュは、発売当初は1万5千円で発売されました。

ですが、あくまでもこの価格は希望小売価格ということで、基本的にはオープン価格、つまり店舗によって価格が異なる品となりました。

また、海外向けには色々な費用を考慮した上で一本190ドル。

日本円で2万1千円での価格が一般価格となっていますね。

現在の余市 モスカテルウッドフィニッシュの売価は4万円程となっています。

海外向けではあるものの、限定数量が3500本と割と多く、さらに日本の余市ファンは海外に足を運んで直輸入をした人もいると言いますから、日本での流通量も割と多いのです。

お酒買取の価格についても2万円〜と、当時の売価ほどの価格に落ち着いています。

もし、余市 モスカテルウッドフィニッシュのお酒買取を希望する場合には、当時の売価よりも高値になることはあまり期待できないかもしれません。

ただし、ブランド性は高いウイスキーですし姉妹品も存在する銘柄ですので、もしお持ちの方がいましたら、余市と宮城峡をセットでお酒買取の依頼をすると高額の査定が期待できるかもしれませんね。

お酒買取ならここ!北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlの上手な売り方は?

北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlは現在、かなりの人気と需要の高まりによって価格が高騰している銘柄の1つと言われています。

現在では、市場に出回ってはいるもののかなり高額でしかも残りの本数もごくわずかなのだとか

 

そんな北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlは買取査定に出したら果たしてどれほどの価値がつくのでしょうか?

ここでは、北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlの買取査定額とともにお酒買取の際に上手に売るコツなどについても探っていきます。

1.北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlの人気の理由は?価格の高騰の訳とは?

今、なんと34万5千円もの価格で流通している北海道余市蒸留所 25年 原酒 500ml。

なぜそれほどまでに価格が高騰するほど人気が高くなったのでしょうか?

その理由の1つに、北海道余市蒸留所 25年 原酒シリーズのミニボトルの存在があります。

北海道余市蒸留所 25年 原酒には、170mlや180mlなど、丸瓶や角瓶などの多種類のミニボトルが存在します。

「北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlほどの価格のウイスキーは失敗したくないからなかなか買えない。」

「でも、飲んでみたい気持ちはある。」

そんな方が目をつけるのが、フルボトルに比べて安価で少量の原酒が入れられているミニボトルです。

「これを飲んで、美味しかったら思い切ってフルボトルを買おう」

なんて人も多かったでしょうね。

そのため、北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlよりも先にミニボトルシリーズの人気が高まり、期待を裏切らないその味わいと香り高さからフルボトルにまで人気の波が押し寄せたのでしょう。

アルコール度数は61度とウイスキーの中でも強めな北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlは、ロックでゆっくりと味わいを楽しみながら飲むと、水分を含んで香りがより引き立ち、一口一口違った味わいを楽しむことができますよ。

2.北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlのお酒買取価格は?高額買取のコツは?

これほどの人気を誇っている北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlは、現在なんと12万5千円もの価格でのお酒買取がされています。

ウイスキーの買取としても高値の部類に入り、簡単に売ってしまうことすら躊躇してしまうような名品ですね。

もし、遺品の整理や頂き物などでたまたま北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlを入手する機会があった方は、自分だけの判断で売ってしまうのは待った方が良いです。

本当に欲しいという親族や親近者がいる場合には、その方に話をしてあげると良いでしょう。

そんな中で、自分はもちろん周囲の誰もウイスキーを飲まないという場合には、ぜひ購入を希望する方の手に渡るようにお酒買取査定に出してみると良いですね。

北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlの買取査定の際に一番気をつけたいことは、1つの専門店での査定に満足してはいけないということです。

というのも、普通の買取専門店は出来るだけ安く買い取って高値で売りたいと考えるものです。

つまり、最初に訪れた専門店で最初に提示られる価格は最安値の価格である可能性が非常に高いということです。

起床は北海道余市蒸留所 25年 原酒 500mlを安値で買い叩かれないようにするためには、大手から個人まで出来るだけ多くの買取専門店で査定をしてもらい、価格や条件を比較することが大切です。

その上で、店舗同士でも価格競争をしてもらうことができれば、想像以上に値段は跳ね上がるようになります。

最低でも2店舗以上のお酒買取店に持ち込んで比較することが何よりも大切になりますよ。

買取査定ならここ!余市 12年 シェリーカスク シングルモルト の高額買取のコツとは?

余市の中でも希少なシェリーカスクシリーズである余市 12年 シェリーカスク シングルモルト 。

余市のヴィンテージ品が非常に希少である上に、熟成をシェリーカスクでとなるとかなりの価値が生まれます。

そんな余市 12年 シェリーカスク シングルモルト をもし運良く所有している方の中で、売ろうと考えている方は必見です。

ここでは、余市 12年 シェリーカスク シングルモルト のお酒買取の査定額や高く売るコツについて考察していきます。

1.余市 12年 シェリーカスク シングルモルト の買取査定額は?現在の価格は?

日本の国内のスコットランドとも使用されるほど寒くて風も冷たいと言われる北海道余市町に蒸留所をもつ余市は、なんと1934年に創立したかなり歴史ある酒蔵です。

それ故に、余市シリーズは基本的に信頼と実績があるファンも多いブランドと言えます。

このような歴史もあり、余市 12年 シェリーカスク シングルモルトは現在かなり高価な品物となっています。

余市 12年 シングルモルトのシンプルなウイスキーは6000円程で購入できる一方、特別仕様でシェリーカスクを使用して作られた余市 12年 シェリーカスク シングルモルトはなんとお酒買取査定額が3万円。

現在の売価も6万円近いことから、シェリーカスクを使用しているということでかなり価値が上がっていることがわかりますね。

余市のブランドではシェリーカスクを使用することは非常に稀で、なかなかお目見えできないということもあってか、飲むかどうかは決めていないがとりあえず入手したいという方が多いのです。

「いつかは飲みたいが、しばらくは飾って拝みたい」

なんて人も多いでしょうね。

ウイスキーの価格は同じ品物でも商品状態やタイミングによって大きく異なります。

あくまでもお酒買取の査定額が3万円というのは参考価格になりますので、それを下回る価格を提示された場合には理由を聞くと良いですね。

上回る場合には、タイミングが良い時期だということですので、ぜひ迷わずお酒買取に出すと良いです。

2.余市 12年 シェリーカスク シングルモルト を高く売るならここ!

余市 12年 シェリーカスク シングルモルトほどの余市の希少品ですので、せっかく売るのでしたらより高値で大切に扱ってくれる買取専門店に売りたいところですよね。

もし、余市 12年 シェリーカスク シングルモルトを専門店でお酒買取を依頼する場合には大手の買取専門店、もしくはネットで強化買取を提示している店舗がオススメです。

というのも、大手の買取専門店は卸売する店や相手のネットワークが非常に広いです。

そのため、すぐに買い手がつくとこともあり最初から高値を設定して買い取ってくれる可能性が高いのです。

また、需要が高い時期になると他の専門店に買い取られないように、より高値を提示していますので売るなら信用も厚く有名どころである専門店を選ぶと良いです。

さらに、買取強化を提示している店舗も通常の店舗よりも高値で、そして条件良くお酒買取をしてくれる傾向があります。

お酒を売る前には、ある程度はネットで情報を得てから売る場合がほとんどだと思いますが、その際にはぜひ買取強化度や店舗情報なども探ってみましょう。

きっと、お酒買取を依頼するお店を選ぶためにはよい基準になると思いますよ。

超高級!北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶の買取査定額は?お酒買取のコツは?

現在、購入することだけではなく目にすることすらほぼ不可能だと言われるほど市場には出回っていない北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶。

ミニボトルで価格もフルボトルよりは手頃だったことから、試しに飲んでみたいという方からの需要が非常に高かったこのシリーズは、現在果たしてどれほどの価値があるのでしょうか?

ここでは、北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶のお酒買取のコツや査定額について考察していきます。

1.北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶のボトルデザインは?特徴は?

 透明なクリアボトルに肩の張った四角の角瓶。

これが、北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶のボトルのデザインです。

透明なボトルであることから、中身の余市25年ウイスキーの美しく濃い琥珀色がそのまま確認できます。

ラベルは角瓶いっぱいの大きさで貼られており、大きく表記された“原酒”の文字が、余市ブランドの混じり気のなさとクリアな品質を示しています。

ラベルの背景に描かれるのは余市蒸溜所に綺麗に並べられたウイスキー樽たち。

手のひらサイズの北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶は、試飲やちょっとしたプレゼント用に購入されることが多かったです。

その長い熟成期間から、味わいは重みがあり口の中でゆっくりと広がるチョコレートのような甘さ。

そして、封を切った瞬間に部屋いっぱいに広がる華やかで上品な香りが特徴です。

170ml瓶だと、グラスに注ぐと12杯しか楽しむことができない非常に希少なウイスキーです。

少ない容量だからこそ、ゆっくりとウイスキーの味を楽しみながら、ロックの氷が溶けるその流れを一口一口味わうことができるのですね。

2.北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶のお酒買取価格は?

超人気でミニボトルであることから、割と価格的にも購入しやすかったと思われる北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶は、現在3万円程でお酒買取がされています。

ミニボトルではありますが、しっかりと化粧箱がついている北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶を高額買取してもらうためには、やはり化粧箱の存在は欠かせませんね。

お酒買取の価格として提示されている値段は、あくまでも基本価格であり商品状態や付属品の有無によって値段が上下することはよくあります。

 

特に、北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶のように化粧箱を捨ててしまいがちなミニボトルウイスキーにしっかりと付属品が付いているとなると価格は高くなりやすいです。

最近では手入れのしやすいミニボトルシリーズをコレクションしているファンも多いです。

そのような方からの需要を考えると、付属品はしっかりと存在し、ボトルやラベルに日焼け後や傷がないことがお酒買取の際に高額で取引してもらえるコツになります。

希少なミニボトルの北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶を所有している方は、お酒買取の時にはぜひ参考にしてみてください。

高級品!北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlの味わいは?お酒買取の価格は?

この小さな180mlボトルながら、驚きの価格で売られている北海道余市蒸留所 25年 原酒 180ml。

現在は市場に出回っている本数もわずかで価格も高いことから、なかなか手が出せる代物ではないと言われる北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlは果たしてお酒買取に出したらいくらの価値があるのでしょうか?

 

ここでは、北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlのお酒買取査定額はもちろんのこと、味わいや香りについての特徴も詳しくまとめていきます。

1.北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlの味わいは?香りや色合いは?

日本の最北端にある北海道の海沿いに存在する余市町で大切に育てられてきた余市蒸溜所のウイスキー。

その中でも北海道余市蒸留所 25年 原酒は余市の中では酒齢が長いヴィンテージ品として知られています。

長い間、熟成樽の中で眠ってきたウイスキーなだけあって、香りは非常にウッディで甘みの強い印象が強いです。

さらに、キャラメルやショートケーキのような自然な甘さがにおいから感じられる北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlは、小さなボトルを軽くに練っただけでも部屋中に香りが広がります。

そんな甘い香りとは少しギャップのあるほろ苦さの強い味わいは、まさに大人の味。

ウイスキー上級者や甘いお酒が苦手な方には非常にオススメな味わいですね。

こんなに甘くて魅力的な香りのするウイスキーを飲んている方が隣にいれば、飲まなくても北海道余市蒸留所 25年 原酒 の良さと品質を感じることができますね。

25年もの長い間熟成されてきた北海道余市蒸留所 25年 原酒 は、クリアなミニボトルから直接見える濃い琥珀色をしています。

角度によっても色合いが変わって見えるのが北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlの特徴の1つ。

さまざまな角度や光の加減で見てみると、味わいまでもが変わって感じられるかもしれませんね。

2.北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlの買取査定額は?

北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlは今の時点では、3万8千円もの価格でお酒買取がされています。

180mlのミニボトルで3万8千円とは、かなりの破格な値段ですね。

ちなみに、北海道余市蒸留所 25年 原酒 170mlの角瓶だとお酒買取の価格は3万円と言われています。

これでもかなりの高額ですが、たったの10mlの量で8千円もの値段の違いが出るとは驚きです。

なかなか入手できない代物であることや、余市蒸溜所では珍しい長期熟成のヴィンテージ品であることなどが、価格に反映していることと考えられます。

もし、北海道余市蒸留所 25年 原酒 180mlを売ることを考えている方がいましたら、ネットで買取査定額やその時の売価を調べてからお酒買取店に持ち込むと良いです。

ウイスキーの売買は見た目の通り“水物の商売”となりますので、その日そのタイミングで本当に価格が大きく変わります。

古い知識だけで専門店に持ち込みをすると、今よりも価格が高騰していることに気づかずに損をしてしまう可能性もありますよ。

超人気!余市 10年 シングルカスク1989年 の特徴は?売るならここ!

ニッカウヰスキーの余市ブランドの中でも人気のシングルカスクシリーズ。

製造年代によっても価格や味わいも異なると言われるこのシリーズの中でも、人気高くて万年品薄状態と言われるのがこちらの余市 10年 シングルカスク1989年です。

果たして、それほどまでに人びとを惹きつけている要因と理由とは何なのでしょうか?

今回は、余市 10年 シングルカスク1989年をもし売った際のお酒買取の価格についてもまとめていきます。

1.余市 10年 シングルカスク1989年の特徴は?人気の理由はこれ!

ニッカウヰスキーの有名ブランド・余市の中でもなかなかお目にかかることができない銘柄の1つとして挙げられるのがこちらの余市 10年 シングルカスク1989年です。

1989年に製造され、2002年にラベリングされた余市 10年 シングルカスク1989年は、10年以上もの長い間、熟成をされてきました。

そもそも、ウイスキーの銘柄に書かれている10年や30年などのヴィンテージ表記は、10年以上や30年以上の熟成であることを表しているため、必ずしも書かれている期間で熟成をやめなくてはならないという決まりはありません。

まして、ウイスキーは熟成すればするほど味わいが深くなって価値も上がると言われています。

ですので、10年よりも長く熟成されたいた余市 10年 シングルカスク1989年は、ファンからするとむしろ有難い配慮だとも言えるでしょう。

最終的には12年〜13年ほどの熟成期間を経た余市 10年 シングルカスク1989年は、余市蒸留所らしいブドウやリンゴのような優しいフルーツの香りが特徴です。

なんとなく、香りは赤ワインに近いものがありますね。

また、味わいはヴィンテージ品ならではのビターチョコレートのような大人の味わいの中に、カシスのような飲みやすいフルーティな味わいも感じられます。

後味に感じる苦味は、ビターチョコレートの味わいの延長線でしょう。

そのため、嫌なしつこさはなく後味としてはスッキリ感の方が強いです。

飲みやすさと希少性、そして長期の熟成を経ていることが、余市 10年 シングルカスク1989年の最大の特徴であり最大の人気の理由と言えるでしょう。

2.余市 10年 シングルカスク1989年を売るならここ!お酒買取のコツは?

余市 10年 シングルカスク1989年は、オークションサイトでは過去に20万円程の価格をつけたこともありますが、現在はオークション通販サイト問わず取り扱いはほとんどありませんね。

なかなか手に入れることは難しいとされる余市 10年 シングルカスク1989年ですが、この銘柄のように製造年数が記載されている銘柄は割と記念日やプレゼントとして贈られた傾向がある品です。

そのため、もらったけど呑んでいないという人も少なくないのです。

もし、昔交際相手からウイスキーをもらったことがあったり、この辺りの年代に結婚をしたりした方はもしかする余市 10年 シングルカスク1989年を保有している可能性があります。

もし、余市 10年 シングルカスク1989年を売ることを考えた際にはお酒買取の専門店に持ち込むことが一番ですね。

お酒買取の専門店は最近では街中にもありますし、検索すればネットでも買取査定をしてもらうことも可能です。

ただし、余市 10年 シングルカスク1989年はかなり価値がありなかなか流通しない銘柄でもありますので、お酒買取の際にはぜひ、出来るだけ多くの買取専門店で査定をしてもらうことをおすすめします。

この際、一番高値をつけた店で即売りするのではなく、その日は一度家に持ち帰って改めて考えると良いでしょう。

というのも、余市 10年 シングルカスク1989年はお酒買取の専門店では15万円を優に超える額で買取されている品です。

それほどのウイスキーを簡単に売って本当に良いのか、大切な贈り物ではないのかということをしっかりと考えた上で、それでも売って良いという場合には、一番高値で条件が良かったお酒買取の専門店に持ち込むと良いでしょう。

高級品!余市 10年 シングルカスク2007年 の特徴は?終売品!?

ニッカウィスキーの代名詞としても呼ばれる余市ブランドから、希少なヴィンテージカスクシリーズが発売されました。

それがこの余市 10年 シングルカスク2007年です。

2017年に発売が開始した余市 10年 シングルカスク2007年ですが、なんと在庫はすでになくなり生産もされていないというのです。

そんな人気高い余市 10年 シングルカスク2007年は、果たしてお酒買取の際にはいくらの価値がつくのでしょうか?

味わいや香りの特徴とともに探っていきます。

1.余市 10年 シングルカスク2007年の味わいは?飲みやすさナンバーワン!

ニッカウヰスキーが製造をしてアサヒビールから発売されている余市ブランドのウイスキーは、ジャパニーズウイスキーの有名な銘柄として、日本国内外問わず名を馳せています。

そんな余市から、シングルカスクで作られたヴィンテージ品が発売されました。

余市 10年 シングルカスク2007は、その名の通り2007年に熟成が始まり、2017年に樽が解禁されてボトルに詰められたウイスキーです。

シングルカスクということもあり、混じりけがなく余市10年の味わいをそのままに感じることができるブレンドされていない逸品です。

アルコール度数は59度と決して優しくはないですが、それでも余市の中で飲みやすいウイスキーだと言われる理由は、その味わいにあります。

モルト原酒ならではのフルーティで爽やかな香り、そしてアーモンドなどのナッツのようなふんわりとした甘みが特徴の余市 10年 シングルカスク2007の味わいは、たしかに飲みやすそうですね。

10年もの期間熟成されていたとは思えないほどクセがなく、しかしコクはしっかりと残っている余市 10年 シングルカスク2007に魅了される人は数多くいるでしょう。

老若男女問わず、余市 10年 シングルカスク2007をストレートやロックで楽しむ人、炭酸で割って飲みやすくする人なのさまざまないると思います。

この飲みやすさゆえに、飲み過ぎてしまう事には気をつけたいところですね。

2.余市 10年 シングルカスク2007年のお酒買取査定額は?

余市 10年 シングルカスク2007は現在、大手通販サイトで7万5千円ほどで売られています。

ちなみに、残りはわずかとなっておりその後の入荷予定は未定ということです。

かなり希少でなかなか手に入らない品であることはたしかですね。

お酒買取の専門店でも、余市 10年 シングルカスク2007については最低買取価格を5万円と定めている店舗が多いです。

特に取引相手の多い大手買取専門店では、売価とほぼ同額で買い取っている店舗もあり、その需要の高さが伺えます。

もしも、余市 10年 シングルカスク2007を持っているけれどウイスキーは飲めない、捨てるのはもったいないけど困っているというような方は、ぜひお酒買取をしてもらうことを検討してみてはいかがでしょうか?

お酒買取店とは、基本的には未開封のウイスキーを買い取ってくれて、その場で現金と交換してくれる専門店のことです。

そのため、お酒買取の基本的な条件としては未開封のウイスキーであることが挙げられますね。

また、買取の際には付属の化粧箱や冊子を一緒に持っていくと良いです。

余市 10年 シングルカスク2007の化粧箱は、一般的な箱の素材のため、開封時に破れてしまったり日焼けしていたりする可能性も高いです。

もちろん、完璧な状態である場合には売る日までしっかりとその状態を保つように心掛ける必要があります。

また、すでに傷ついてしまっている場合にも現状を維持することを最大の目的とし、テープで貼ったりして素人の補修をすることは避けた方が良いですね。

あくまでも現状が一番良い状態であると判断し、そのまま持ち込むことで所有している余市 10年 シングルカスク2007の最高の価格で買取をしてもらえるようになりますよ。

人気急上昇!余市 15年 シングルモルトの買取査定額は?

NHKの朝ドラ【マッサン】の放送をキッカケに、世間から注目を集める機会が増えたジャニーズウイスキー。

特にドラマで紹介されたニッカウヰスキーブランドの銘柄は、朝ドラブームに則ってかなりの人気を博していました。

そんな余市ブランドの中でも、今回は余市 15年 シングルモルト について紹介をしていきます。

1.余市 15年 シングルモルトの味わいや香りの特徴は?

NHKの朝ドラ【マッサン】にて、今までの数倍もの注目を集めることになったジャパニーズウイスキー。

特に、ドラマで取り上げられたニッカウヰスキーの余市シリーズは、ドラマの開始前後では売れ行きが大幅に変わっているという統計があります。

もともと人気が高かった余市シリーズですが、知名度が上がったことで余市 15年 シングルモルトのようなヴィンテージ品も贈り物などに選ばれる機会が増えるようになりました。

余市 15年 シングルモルトは、熟成のためにシェリー樽を使っているため華やかなシェリーの香りと長期熟成ならではのピートの香りが感じられます。

味わいは非常に豊かで、レーズンやバナナなどのフルーティな甘さに加え、バニラのようなすっきりとした甘さもミックスされているため、飲みやすさ抜群!

甘さが強いながらにしつこさは感じられない余市 15年 シングルモルトは、かすかな酸味こそあるものの、それも熟成による味わいの特徴の1つです。

シングルモルトとしてのインパクトが絶大な余市 15年 シングルモルトは、余市の最高峰とも呼ばれる20年熟成銘柄にも引けを取らないほどです。

ヴィンテージ品ならではの濃い琥珀色は、余市のスタンダードなボトルの色とほぼ同じです。

そのため、余市 15年 シングルモルトはボトルに入っていてもグラスに移しても大きな変化はありません。

“余市”の大きな印字がされたラベルは、そもそも日焼けしたようなクリームホワイトで、そのラベルの色が余市 15年 シングルモルトのヴィンテージ感を増長させています。

2.余市 15年 シングルモルトを売るならいつ?高額買取のコツは?

ジャパニーズウイスキーブームが訪れて以来、急激な需要と価格の高騰が続いている余市 15年 シングルモルトですが、現在大手通販サイトの楽天市場では8万5千円ほどで売られています。

ちなみに残りは本当にわずかなようで数日の間に完売になることが予想されます。

もしも、運良く余市 15年 シングルモルトを保有している方がいらっしゃいましたら、売るタイミングには気をつけたいところです。

というのも、ウイスキーは見た通り“水物商売”ですので、売る日が1日違うだけでも価格が数万円変わることもあるほどなのです。

例えば、今回は余市 15年 シングルモルトということで余市の創業記念日などのタイミングを狙うと価格は高騰する傾向があります。

また、今回余市が今まで以上に脚光をあびるきっかけになったNHKの朝ドラのように、世間から大きな注目を集めるきっかけが訪れた時は売るのには絶好のタイミングです。

ヴィンテージ品の少ない余市は、買いたくても買えない人もたくさんいます。

そのような人が買いやすくなるタイミングを狙うことで、通常時よりも数万円単位で高値をつけて余市 15年 シングルモルトを売ることができるようになりますよ。

余市の頂点!余市 20年 シングルモルトの味わいと価格は?

ジャパニーズウイスキーを牽引してきて長い歴史をもつ余市ブランドから、20年もの長期熟成ブランドが発売されました。

それがこちらの余市 20年 シングルモルト。

余市ならではの飲みやすさに加えて、長期熟成によるコクと深みが加わった余市 20年 シングルモルトは、はたしてどれほどの価格が付いているのでしょうか?

買取査定額についても探っていきます。

1.余市 20年 シングルモルトの味わいは?現在はいくら?

北海道余市町の自然豊かで澄んだ空気の中で生まれた余市ブランド。

ニッカウヰスキー渾身のブランドで、ジャパニーズウイスキーブームの火付け役になったと言っても過言ではないほど、日本では多くの人から知られているウイスキーですよね。

そんな余市ブランドの中でも長期熟成銘柄の1つとしてあげられるのがこちらの余市 20年 シングルモルトです。

20年熟成のウイスキーというのはそもそもかなりのヴィンテージものですが、山崎や白州シリーズに比べてヴィンテージ品が少ない余市にとって20年熟成銘柄はかなり貴重なものになります。

ピートの効いたさっぱりとした苦味やスモーキーさももちろんありますが、圧倒的に強い味わいはあんずやオレンジなどのフルーティな甘さ。

それ故に香りもスッキリとした柑橘系の香りがします。

余市ならではの飲みやすさと口当たりの良さは、どの銘柄にも嫌なクセがなくてウイスキー初心者からも人気が高い理由となります。

飲みやすさを感じる理由の1つには、赤ワインを飲んだ時に感じるタンニンのようなドライフルーツのような味わいがするからでもあります。

赤ワインを好む女性も多いため、余市 20年 シングルモルトは女性からも高い人気を誇っています。

現在、かなり品薄ながらに大手通販サイトのアマゾンでは25万円程の価格で売られています。

簡単に買うことができる価格ではありませんが、もしもグラスでも飲める機会がありましたらぜひ飲んでみたいですね。

2.余市 20年 シングルモルトの買取査定額は?人気の理由とは?

余市 20年 シングルモルトが人気の理由は、前項でも紹介した通り味わいのクセのなさと口当たりの優しさです。

女性が好きな赤ワインのような味わいながらに、渋みや苦みはほとんど感じられないため、余市 20年 シングルモルトを飲みにくいと感じる人はほとんどいません。

現在、どこの大手買取査定店でも15万円以上の価格で買取を強化されている余市 20年 シングルモルトは、どこの買取査定店でも喉から手が出るほど欲しい品物だといいます。

それほど需要が高いのでしょうね。

だからこそ、売る際には多くの買取専門店で査定をしてもらい、自分の条件により合う店で売ることをおすすめします。

比較をすることで、より高値で買取をしてもらえる可能性も高くなりますよ。

もし、この名品を売ることを考えている方はこれらの注意点をぜひ参考にしてみてください。

万年品薄!?余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトはどこで売ればいいの?

ニッカウヰスキーの名門・余市ブランドから20年貯蔵のヴィンテージウイスキーが発売されました。

その希少性とブランド力から、常に需要は高くて万年品薄状態だと言われています。

今回は、もし余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトを売る際には何に気をつけたら良いかということをまとめていきます。

ぜひ、参考にしてください。

 .余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトの特徴は?人気の理由は?

ニッカウヰスキーの代表的な銘柄である余市の中でも、高い人気を誇っているのがこちらの余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトです。

余市20年のシリーズは1987年だけではなく1988年や1989年など多くの年代に貯蔵された銘柄が存在します。

「なぜ年が違うのに同じ熟成年数なの?」

と、感じる方も多いですよね。

実は余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトなシリーズは、完成後に20年熟成のシリーズを連番で発売することを当初から決めていたため、製造が難しい余市のこだわりの原酒を年代ごとに分けて大切に20年間も貯蔵してきたのです。

この余市蒸溜所を始めとするニッカウヰスキーのこだわりと心意気が、余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトの人気を高めた理由と言えるでしょう。

余市20年貯蔵のシリーズは、いずれも香り高くて高級感あふれる味わいをしています。

特に、長期熟成ならではのピートの効いた苦味とスモーキーさは、余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトだからこそ味わえるものです。

基本的に苦味やスモーキーさは後味として感じられますが、いつまでも余韻を残すことなくスッキリとした飲み口になりますので、飲んだ後には爽やかさが残ります。

嫌な渋みや苦さを残さないのが、余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトの特徴であり良いところでもありますね。

 

.余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトをより高値で売るなら?

さて、ジャパニーズウイスキーファンから高い人気を誇っており注目度も高い余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトですが、実際に自宅にあるという方はいらっしゃるでしょうか?

飲まずに保管している家や、誰が買ったのか分からないという家庭では、おそらくウイスキーボトルというのは扱いに困る品でしょう。

飲む人もいなければ捨てるのはもったいない。

でも飲まない

そんな考えを繰り返している方は、ぜひそのウイスキーの銘柄を見てみてください。

もしも余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトとラベルに書いてあった場合、かなりの掘り出し物です。

というのも、現在余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトは、市場では60万円以上もの高値で売買されています。

タイミングによってはオークションだとそれ以上の値をつけていることもあるようですね。

もし自宅にある余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトを売ることを決断した際には、まずチェックしておきたいのが付属品の有無です。

余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトのようなヴィンテージウイスキーは、基本的に化粧箱や木箱に入れられています。

余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトの場合は木箱ですね。

ウイスキーは封を切っていなければ良いと思われがちですが、これほどのヴィンテージ品ともなると購入者は飲むことよりもコレクションすることが目的であることが多いです。

そのため、木箱や結び紐、包み紙などの付属品があるかないかで数万円単位で価格が上下する可能性があるのです。

また、ボトル自体は綺麗でも木箱が汚れていたり日焼けしていたりすると、こちらも価格が下がる理由となります。

そこで、余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトを売る決断をした際には、まず始めに付属品のチェックをし、次にしっかりと包み紙の上から別の紙や袋で梱包して、日焼けしないように暗室に保管しておきましょう。

また、もしも箱が壊れていたりしても、絶対にアロンアルファなどでくっつけてはいけません。

むしろ、素人が補修した方が価格は下がります。

ひとまず、プロでない限りは現状を維持することを最大の目標として保存することを心がけましょう。

そうすることで、所有している余市 1987 20年貯蔵 シングルモルトの価値を最大限に価格に反映させてもらえますよ。

買取査定ならここ!余市 12年 シングルモルト を売る時のコツとは?

北海道余市町という、海沿いになる小さな町で生まれた余市ブランドのウイスキー。

その中でも、最もスタンダードなシングルモルトとして知られる余市 12年 シングルモルト は、今や簡単には入手できない代物だと言われています。

そこで、今回はそれほど希少と言われる余市 12年 シングルモルト を売るならどこで売れば良いか、高額買取のコツは何かを紹介していきます。

.余市 12年 シングルモルト とは?人気の秘密は?

「クセがない飲みやすい銘柄を」

「プレゼントする際にハズレのない品を」

そんな需要から生まれた余市のスタンダードウイスキーが、こちらの余市 12年 シングルモルトです。

ボトルのデザインもシンプルで余市らしく、シンプルなシングルモルトで作られた余市12年は、どの場でも誰からも愛されるようなまさに万能の銘柄です。

余市 12年 シングルモルト がここまで人気と知名度を高めたのは、ひとえにその飲みやすさと味わい深さにあります。

余市ならではのフルーティでコクのある味わい。

それでいてクセがなくて嫌な苦味や酸味もないという余市 12年 シングルモルト は、ウイスキーの中でもかなり珍しいタイプです。

また、スッキリとした甘さであることから、食事にも合わせやすくてレストランやバーでも好んで使われることが多い銘柄ですね。

クセがないことから、ストレートやロックだけではなくソーダで割ってハイボールにするのもオススメな余市 12年 シングルモルト は、まさにどこに持参しても喜ばれる銘柄と言えますね。

 

.余市 12年 シングルモルト を売るなら?高額買取のコツは?

町人気が高い余市の銘柄である余市 12年 シングルモルト は、現在市場に出回る本数もさほど少なくはありませんが、それにしても需要がかなり高いです。

ですので、多くの買取専門店で強化買取をしていますが、余市 12年 シングルモルト ほどの品ですので簡単に売ってしまわないように気をつけなくてはなりません。

というのも、どこの買取専門店でもできれば安く仕入れて高く売りたいのが本音ですよね。

ですので、あまり知識がないウイスキー素人が相手となると、買取の最安値を提示されてしまう可能性も高いです。

そもそも基本の買取料金を知らなければ、家にあるいらないウイスキーが2万円3万円で売れるとなれば誰でも喜んで売ってしまいますよね。

ですが、余市 12年 シングルモルト は現在、店舗によっては3万5千円〜5万円もの価格で買い取ってくれるお店もあるのです。

もちろん、商品状態などの条件はありますがこの基本価格を知っているのと知らないのでは、買取専門店で売る際には大きく価格が変わります。

最初は自分が値段交渉をするのは気がひけるかも知れませんので、その際には出来るだけ多くの専門店で査定を取り、その旨を訪れたお店で話して査定額を提示すると良いでしょう。

余市 12年 シングルモルト ほどの品になると、多少高値になったとしても買い取りたいと考える専門店が多いです。

こうして価格をつり上げていくことで、より高値で条件良く売ることができるようになりますよ。

LINE査定ならこちら

価格急上昇!余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml の人気の理由は?他の種類は?

ニッカウヰスキーの代名詞ともいえるブランドといえば、余市ですよね。

余市は一般的にはスタンダードな銘柄やヴィンテージ品が多く揃えられていますが、中にはコアな味わいの珍しい銘柄とあります。

その中の1つとして挙げられるのが、こちらの余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml 。

他にも同じシリーズの銘柄がある余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml の人気の理由は何なのでしょうか?

他の種類との比較や注目の価格についても考察していきます。

.余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml とは?他の種類はなに?

余市から発売された珍しいタイプの銘柄の1つが余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml です。

その名の通り、ピーチの華やかでフルーティな香りとソルティな味わいが特徴の一品です。

「ウイスキーにソルト?」

と、思う人も多いかも知れませんが、カクテルなどではよくグラスの縁にソルトを振ることで雪のような美しい見た目にする手法も用いられます。

また、お酒の甘さをさらに引き立たせるためにソルトを使うお酒も多く存在し、今回紹介する余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml についても、余市12年の甘さと爽やかさをより一層引き立たせるためにソルトを使っているのです。

ピーチとコラボしているのは、甘さが強くてスッキリ感が強いフルーツの味わいを使用することで飲みやすさを演出しています。

余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml には、同じシリーズとしてウッディー&バニラとシェリー&スイートが存在します。

いずれも甘さと苦味などの味覚の融合をした作品で、どれも味わい深く人気が高い逸品となっています。

人気の度合いについては、その人によって好みや味の感じ方が異なりますので、ひとえになにが人気とは言えませんが、どの種類にも特定のファンがいることは確かですね。

 

.余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml の買取査定額は?価格が高騰する理由は?

発売当初は他の3種類と同様に6.680円で売られていた余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml ですが、現在はなんと通販サイトで2万円以上の価格で販売されています。

当初の売価の3倍以上ですね。

なぜそんなに価格が高騰して人気が出たのかというと、同じシリーズのウッディー&バニラが2014年にインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)にて金賞を受賞したことが大きな理由となります。

この賞によって、ウッディー&バニラの人気が超高騰して価格も上昇しました。

そして、同時に注目を集めることとなったのがこちらの余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml 。

同じシリーズということもあり、余市12年のこのシリーズを3種類セットで入手しようとするウイスキーファンもたくさんいたのです。

そのため、現在では買取査定額も1万円〜と元値をゆうに超えており、今後はさらに価格が高騰する可能性があると考えられます。

もしも余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml を保有しており、飲むことはないから売ろうと考えている方がいましたら、売るタイミングはもう少し待ってみても良いかもしれません。

先ほども説明した通り、余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml は価格が高騰している最中ですので、あと1年待つだけでも価格は大きく変わると考えられます。

また、シリーズ作品ということもあり、もしこのシリーズをセットで持っている方がいましたら一緒に売ることもオススメです。

セットで買う方の需要も多いこのシリーズは、売却の際もまとめて売るとセット価格が適用される可能性もあります。

売ることを考える際には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ISC金賞受賞!余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml の注目の味わいと買取価格は?

ニッカウヰスキーの余市から数少ない数量限定銘柄が発売されていますが、その中の1つがこちらの余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml です。

香り高くて特徴的なウイスキーともいわれる余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml とは、果たしてどのような味わいなのでしょうか?

買取査定額や現在の売価についても探っていきます。

1.余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml の特徴は?独特の味わいとは?

余市12年の芳醇でまろやかな味わいが特徴である上に、熟成樽のウッドな香りやバニラのような甘さが最大の特徴となる余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml 。

余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml の他にも、ピーチ&ソルティーやシェリー&スイートの合計3種類が一緒に発売されたこのシリーズは、ウイスキー好きの中でも甘党の方から高い人気を誇っていました。

バニラの味わいと言われると、アイスクリームのような少ししつこい印象がありますが、余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml の場合はスッキリとした飲み口にバニラエッセンスの口いっぱいに広がる香りが爽やかさを感じさせます。

見た目は余市シリーズらしいクリアボトルにホワイトラベル。

黒字で“余市”の印字や原材料などが書かれている余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml は一見するとノーマルの余市にも感じられます。

ですが、12年もの長い熟成期間を経ていることからも色合いは濃いめで美しい琥珀色をしています。

ウイスキー上級者が見たらすぐにノーマル品かヴィンテージ品かは分かるでしょうね。

 

.余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml の買取査定額は?現在の価格は?

余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml は、発売当初6.680円で発売されていました。

あの有名ブランドである余市シリーズのヴィンテージ品にしてはかなりの安値ですよね。

それ故に、かなりの人気を博しており現在では、大手通販サイトの楽天市場では7万円程の価格が付いています。

余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml の価格がこれほどまでに高騰した理由としては、2014年にインターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC)で金賞を受賞したことがきっかけとして考えられます。

この世界的な賞を受賞したことで、日本だけではなく海外のウイスキーファンからの需要も高まったのですね。

現在、余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml は多くの買取専門店で強化買取をしており、ミスターフロンティアや大黒屋では45万円程で買い取ってくれる場合もあるといいます。

商品状態によってはもう少し価格が下がったり、逆に上がったりすることもありますので、その価格はあくまでも標準価格ということになります。

もしも余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml を売ることを考えている人がいて、ある程度の価格を知りたいという場合には、ネットでの買取査定をしてもらうのも良いです。

ネットの場合、バイヤーに直接見てもらうわけではなく、写真を送ったり特徴を記載したりすることで大体の査定をする形ですので、はっきりとした値段は分かりません。

ですが、ある程度の価格を知って売るか売らないかを判断するためには良い手段と言えるでしょう。

売ることを考える際には、ぜひまずはネット査定をした上で店舗に持ち込むことをおすすめします。

超希少!?余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトの注目の価格は?買取ならここ!

ニッカウヰスキーの中でも高い人気を誇っているブランドの1つに、余市が挙げられますね。

そんな余市ブランドから20年貯蔵の希少な銘柄が発売されました。

それがこちらの余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトです。

現在はかなり希少品として知られる余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトは、果たして現在いくらの価値があるのでしょうか?

注目の買取査定額や売る際のコツについても考察していきます。

.余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトの特徴は?

ニッカウヰスキーの名門ブランド・余市の銘柄を聞いたことがない人は少ないでしょう。

余市は、NHKの朝ドラ『マッサン』にてジャパニーズウイスキーの良さと歴史が紹介されたことで、今まで以上に注目を集めるようになったブランドの1つです。

特に、ジャパニーズウイスキーといえばニッカウヰスキーやサントリーなどの大手が挙げられますよね。

北海道の小樽の近くにある余市町という、自然豊かで肌寒さがある土地で、この余市ブランドは生まれています。

北海道ということで、雪が降るのも早く寒さが続く土地で、そんな寒さにも負けずに育てられているこのブランドは、非常に甘みが強くて飲みやすさを感じる銘柄として知られています。

アルコール度数が強くて飲みにくい印象があるウイスキーにとって、余市のような甘くて飲みやすい銘柄はかなり注目度が高いですよね。

女性やウイスキー初心者からも親しまれやすい余市ですが、中にはヴィンテージ品としてなかなか簡単には見ることもできない銘柄があります。

その1つがこちらの余市 1989 20年貯蔵 シングルモルト。

余市はヴィンテージ品を多く揃えていますが、中でも20年熟成のシリーズはかなり酒齢を重ねている逸品です。

だからこそ、色合いは非常に濃くて濃厚な琥珀色をしています。

味わいは余市の飲みやすさにプラスしてコクと香りが際立つ、さらに上品な仕上がりになっています。

簡単に飲める品物ではありませんが、ぜひ機会があったら一口だけでも堪能したい銘柄ですね。

 

.余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトの現在の価値は?高額買取のコツとは?

さて、前項でも余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトの価格はかなり高くて希少性が高いと紹介しました。

果たしていくらの価値があるのかというと、現在、楽天市場やAmazonなどの通販サイトでは余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトがなんと60万円以上もの価格で売られています。

なんでそんなに高いの!?

と思いますよね。

余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトは、元々の生産量が少ない上に現在のジャパニーズウイスキーブームによってかなり注目を浴びて需要が高まっている銘柄なのです。

だからこそ、いくら払ってもいいから手に入れたいというジャパニーズウイスキーファンが多くなったことで、価格が急激に高騰したというわけです。

この銘柄は1989年に貯蔵されて20年間熟成されたということで、おおよそ2009年あたりに発売された品ですね。

現在、大手買取専門店のミスターフロンティアや大黒屋などでは、余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトをかなり強化して買取をしています。

それ故に、価格もかなり高くなっており、交渉ありで45万円〜の買取を提示しています。

交渉ありという条件つきですので、ほかの専門店で査定をしたり比較をしたりする事で、45万円以上の価格で買い取ってくれる可能性もあるのですね。

もしも余市 1989 20年貯蔵 シングルモルトを売ることを考えている方は、ぜひ店側から提示された価格に満足することなく、もうひと押し、ふた押しくらいしてみましょう。

買取強化をしている店なら、数万円ほど価格を上げてでも買い取ることを希望する可能性もありますよ。

高額買取のコツは?余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトが高値になる理由とは?

ジャパニーズウイスキーの火付け役とも言えるニッカウヰスキーの余市ブランド。

その中でも、超高級品として知られておりなかなか入手ができないと言われている余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトを持っている方は、かなり注目ですよ!

もしかすると、お持ちの余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトは50万円の値を優に超える価格で売却することができるかもしれません。

気になる方はぜひ、続きをご覧ください。

.余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトとは?現在の価格や味わいなど

その名の通り、北海道の余市町という場所に蒸留所を構えるニッカウヰスキーの名門ブランド・余市は海沿いの自然豊かで水が綺麗な場所で作られています。

余市町は、ウイスキーだけではなく水産業も盛んで、ふるさと納税の返礼品にはかなり力を入れている地域です。

余市というウイスキーが、全国に名を轟かせるようになったのは、そもそも有名だったこともありますが、このふるさと納税での返礼品として使われたこともきっかけの1つと考えられています。

それほど町が、そして北海道全体が推している余市というブランドは、今や日本国内だけではなく海外からも人気を集める銘柄となりました。

そんな余市の銘柄の中でも、長期熟成シリーズとして名を馳せているのが、こちらの余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトです。

余市は1934年創業という、割と歴史が長い銘柄ではありますが、長期熟成のブランドは珍しく、20年熟成はかなりの希少価値とされています。

余市ほどの人気があるブランドは、長く熟成する前に需要が高まって樽出ししてしまうということもあるでしょうね。

フルーティで爽やかな味わいながら、後味はピートの効いたさっぱりとした苦味。

余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトはかなり大人の味わいのようですね。

ウイスキー上級者向けの逸品です。

ライトな味わいながらに、香りは芳醇で豊かな華やかさを感じます。

現在、余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトは楽天市場にておよそ60万円の値で売られています。

かなりの高額商品ですね。

楽天で購入すると大体6000ポイントつきますが、余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトを買ったポイントだけでも、そこそこの銘柄のウイスキーが買えそうですね。

 

.余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトの買取査定額は?一般人が売るならどこで?

さて、現在の売価がかなり高額になっており、大手の買取専門店も喉から手が出るほど欲しいと語る余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトは、現在殆どの買取専門店で35万円〜の買取額を提示されています。

あくまでも35万円〜ということですので、状態やその時の需要の高さによってはそれ以上になることもあるということですね。

もしも、私たち一般人がたまたま保有していた余市 1990 20年貯蔵 シングルモルトを売ることを考えるなら、できるだけ買取専門店に持ち込む方が良いですね。

というのも、最近だとオークションサイトの方がウイスキーは高く売れる傾向がありますが、個人同士でのやり取りであるオークションで、これほどの品を売買するとトラブルが起きた際に取り返しがつかないことになります。

そうなってしまうと、たとえお金は手元に入っても後味が悪いですよね。

そんなことを防ぐためにも、オークション慣れしていない方や一般の方はできるだけプロに直接手渡して査定してもらった方が良いでしょう。

その際、できるだけ多くの買取専門店で査定だけでもとってもらうと、より一層高値で売却することができますよ。

超希少!?余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトを高く買い取ってもらうなら?

1988年に製造され、20年もの長い間熟成された余市 1988 20年貯蔵 シングルモルト。

終日高値で売買されているこちらのウイスキーは、果たして売却するといくらになるのでしょうか?

余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトを売ることを決断した際には、ぜひ参考にしてみてください。

.余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトの人気の理由は?希少価値は?

ニッカウヰスキーの代名詞とも言えるほどの知名度と人気を誇っているのが、余市のシリーズですよね。

その中でも、ヴィンテージ品として高級な扱いをされている銘柄の1つがこちらの余市 1988 20年貯蔵 シングルモルト。

北海道の広大な大地と限りなく続く自然の中で作られる余市は、非常に繊細で上品な味わいをしています。

老若男女問わず楽しむことができる余市シリーズですが、特に高齢の方やウイスキー上級者から好まれることが多い理由の1つとして、深みのある味わいと程よいクセがあることが挙げられます。

特に余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトのようにヴィンテージ品として熟成されている期間も長い銘柄は、感じる甘みも深いため後に口に残るピートの効いた苦味も強くて深いものになります。

ウイスキーを飲み慣れていない人からすると、最初は飲みにくくて苦手意識を持ってしまう人もいるかもしれませんね。

そのため、多くのウイスキーを飲んだ上で、大人のクセを楽しみたいという方が余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトを好むという印象があります。

とはいえ、すでに終売品となっておりなかなか世の中には出回らず、たとえ出回ったとしてもかなりの高額である余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトは簡単には口にすることができません。

余市の蒸留所を尋ねると、タイミングが良ければ有料でヴィンテージ品が試飲できたりする場合もあるといいますので、機会があったらぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

.余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトの現在の価格は?高値で売るためのコツはこれ!

余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトは、先ほども説明した通りすでに終売品となっているためかなりの希少価値があります。

現在、楽天市場やAmazonなどの大手通販サイトでは余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトを56万円程で売買しています。

かなり破格の値段ですね。

ジャパニーズウイスキーには、山崎や白州などのブランドが多くありますが、20年熟成の銘柄で50万円超えはかなり稀な例です。

それほど、需要が多く供給が少ないということなのですね。

さて、もしもあなたの家に余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトがあったらどうしますか?

もしすでに所有者がいなかったり頂き物で飲む予定はなかったりした場合には、ぜひ買取専門店に持っていき査定をしてみてください。

おそらく、想像の数倍もの価格が付きますよ。

もちろん、通販サイトで販売されている価格よりは買取査定額の方が下回るのは当たり前ですが、現在、余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトは買取査定店の標準買取額としても25万円〜35万円の価格を表示されています。

本当にウイスキーに興味がない方なら、家にある扱いに困るウイスキーを売るだけで30万円ものお金になるなら当然嬉しいですよね。

ですが、ここで注意しておきたいことがあります。

それは、最初に提示された値段に即決してはいけないことです。

今言った通り、標準買取査定額には25万円〜35万円という大きな幅があります。

その理由は、その時の余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトの需要の高さなどにもよるわけですが、買取専門店も良いお酒をやり安く買いたいことには変わりありません。

ですので、最初は買取基準の最低額を提示される可能性が高いです。

そこに甘んじてしまうと、こちらが損をしてしまいますので、査定の際にはぜひできるだけ多くの店舗で査定をした上で、他の店舗の査定額を提示してみましょう。

余市 1988 20年貯蔵 シングルモルトの場合はかなり価値がある品ですので、店舗としても多少の高値をつけても買い取りたいと思う品です。

価格の比較をしてもらうことでより高値で買い取ってもらえるようになりますよ。

ニッカの象徴!余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトの希少価値とは?

ニッカウヰスキーの看板商品としても名高い余市シリーズから、余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトが発売されました。

宮城峡とともに限定販売された余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトの人気は一体どれほどのものだったのでしょうか?

高額買取査定のコツや上手な売り方についても探っていきます。

.余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトとは?

ニッカウヰスキーが製造し、アサヒビールが販売をしている余市から、2015年に3000本の限定発売とされるウイスキーが登場しました。

余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトは、“ベビーピートモルト原酒”と呼ばれる草木や土などの自然の泥炭を燻製のように燻したモルトから作られました。

そのため、基本的にはピートの効いた苦味の強い大人な味わいのウイスキーですね。

余市の中でも数少ないベビーピートモルト原酒をブレンディングしている余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトは、かなり希少価値が高くて他では味わえない深くて濃厚な味わいを感じることができます。

自然の力を使って燻して作られるという手法が、ジャパニーズウイスキーらしさを感じられる、まさに日本のウイスキーの象徴ともいえる逸品です。

そのため、余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトはラベルも自然を象徴するような波のイメージを持って作られたといいます。

とても素敵でシンプルなデザインですね。

老若男女問わず誰からも親しみを感じられそうなラベリングです。

味わいはウイスキー上級者の大人向けですが、炭酸割りでハイボールとして飲むとさっぱりとしたフルーティな味わいも感じることができますよ。

.余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトの買取相場と売値は?

余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトは現在、楽天市場にてほぼ10万円で売られています。

アマゾンでは8万円と少し安く買うことができますが、箱がついていないようですね。

コレクション目的での購入なら、多少高くても箱付きを選ぶことをおすすめします。

また、ヤフオクでは6〜7万円とこちらも楽天市場よりは価格が抑えられた売買されています。

余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトは、割と市場に出回っている本数が多い印象がありますね。

限定販売の希少性の割りに価格が落ち着いているのは、出回り量が多いからでしょう。

ウイスキーの買取大手の大黒屋の余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトの買取相場は新品同様の状態で5万円と提示されています。

もしも、余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトを売ろうか迷っているという方がいましたら、もしかすると売却のタイミングはもう少し待ってみると良いかもしれません。

というのも、ウイスキー自体には希少価値があっても市場に出回る本数が多いと価格は伸び悩みます。

一度出回って新しい購入者の手に落ち着くと、出回り数は再び減って希少価値は高くなります。

すると、自ずと価格も上がっていきますので、もし余市 ヘビリーピーテッド シングルモルトの売却に急を要さない場合には、少し時間をおいて価値が上がるタイミングを計ってみましょう。

場合によっては、現在の買取相場の倍の金額で売るタイミングがあるかもしれませんよ。

超希少!?余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトの査定額は?

「このウイスキー誰が飲むの?」

「もらったけどお酒は飲めない…」

このような理由で自宅にウイスキーがあるけれど、実際には誰も飲まないし扱いに困っているという方も多いのではないでしょうか?

そのウイスキー、もしかすると超希少と呼ばれるヴィンテージ品かもしれませんよ。

飲まないウイスキーを所有している方は、ぜひ一度、買取専門店に持ちこんで査定をしてみてください。

.余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトとは?

ニッカウヰスキーの看板商品とも呼べる余市シリーズの中でも、高級感のありヴィンテージ品と呼ばれるのがこの余市 1986 20年貯蔵 シングルモルト。

20年もの長い間、余市蒸溜所のシェリー樽に詰めて熟成されたこのウイスキーは、販売当初500本の数量限定で発売されました。

販売元であるアサヒビールが運営するアサヒショップにて販売されたわけですが、予約や購入についての問い合わせが殺到しすぎてシステムがパンク寸前だったともいわれるほどの人気を誇る伝説のウイスキーです。

2006年12月12日から受付開始されたこの余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトの予約は、同月の25日かそれ以降の指定日にお届けとされていました。

つまり、基本的なお届け日はクリスマスの日ということですね。

これに注目した消費者は、余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトをウイスキー好きのパートナーにプレゼントするために購入するという方も多かったです。

また、“自宅で栓を抜いて一緒に乾杯”というプランを立てた人もいたようですね。

余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトは当時、500本の数量限定発売とはいうものの売価は2万1千円と、ヴィンテージ品にしては割と安価で購入することができました。

たしかに、プレゼントやパーティ用のウイスキーとしてはぴったりの価格ですね。

ちなみに、気になる味わいは余市蒸溜所の2種類のシングルモルトウイスキーをブレンドしているため、かなり深くて濃厚な口当たりになります。

香りはハチミツと柑橘系のフルーツのような甘酸っぱいため、いくらでも飲みたくなってしまうような感覚になります。

甘さのあるウイスキーは飲み方の幅も広がりますので、老若男女、お酒の強い弱いに関係なく誰もが楽しめそうな銘柄といえるでしょう。

.余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトの現在の売価と買取相場は?

余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトは実は現在、かなり価格が高騰しています。

理由の1つは、誰もが飲みやすい味わい。

このようなお酒はお店でも取り扱いしやすいですよね。

もう1つの理由は、当時の販売価格にあります。

先ほども紹介した通り、余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトは販売当初2万1千円で売られていました。

決して安くはありませんが、余市のしかも20年ものとしては封を開けやすい価格だったでしょう。

まして、プレゼントをされた方や一緒に飲むようで購入した方は、開けることを前提として買っていますので、実は既存する封を切られていない余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトは数少ないのです。

現在、在庫が残されている楽天市場での余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトの価格はなんと75万円!

もちろんこちらは新品箱付きの状態ですが、それでも質問のコメントは多く寄せられています。

さらに、35万円前後で販売されていたサイトではすでに完売となっていますし、ヤフオクなどでも25万円前後で取引されています。

この価格の差は保存状態にもよります。

ほぼ完全な状態での取引をする通販サイトでは高値がつきやすいですし、オークションのような個人同士の取引の際には品物の状態によって価格は大きく変動します。

参考までに、新品同様の余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトの買取専門店での平均買取額を調べてみると、おおよそ20万円前後ということがわかりました。

現在在庫がある楽天市場での75万円の価格は、おそらく他に出回っている余市 1986 20年貯蔵 シングルモルトがないからでしょう。

基本的な買取相場は20万円から30万円とみて良さそうです。

ただし、楽天市場の価格を見ても分かる通り、タイミングによっては高騰している売価のさらに数倍の価格にも跳ね上がる可能性が高い銘柄です。

所有者は売却を考える際にはタイミングと売る場所はしっかりと考える必要がありますね。

数量限定販売!余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトの人気は?

ニッカウヰスキーの代表作ともいえる余市が、20年貯蔵の渾身のウイスキーを発表しました。

待望の20年ものの余市に、ファンはかなり注目したでしょう。

数量限定発売ということもあり、競争率はかなり高かったですね。

今回は、そんな余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトの人気の秘密と現在の売価を検証していきます。

.余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトの人気の理由は?

2005年12月13日に発売された余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトは、500本の数量限定での発売となりました。

発売がクリスマス前の時期ということもあり、ウイスキー好きの方へのプレゼントや一緒に乾杯するように購入する方も多かったようです。

ニッカウヰスキーがこだわりを持って作ったこの余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトは、金色に輝く色合いをしており見た目から美しい一杯です。

シェリー樽の甘いバニラのような香りがしっかりとついた余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトは女性からの人気がかなり高く、飲みやすさもあってウイスキー初心者からも好評だったといいます。

香りも優しい甘さがあり、飲んだ瞬間に口の中に広がるクリーミーな香りは、心を落ち着かせてくれる効果もあります。

やはり、飲みやすくて優しい甘さのあるウイスキーは老若男女問わず楽しめますので人気も高いのですね。

.余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトの現在の価格は?

余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトは、非常に市場への出回りが少ないです。

理由は、やはりプレゼントや誰かと乾杯する目的で購入した人が多いからでしょう。

また、女性にも優しい甘い口当たりという評判が評判を呼び、今までは封を開けておらずコレクションしていた購入者も飲みたくなり開けてしまったということもあるでしょうね。

現在、参考価格としては楽天ショップで55万円程の値がついていますが、当然売り切れ状態です。

ヤフオクですと価格は20万円前後とかなり安値で売買されていますが、いずれも落札済み。

新品同然の商品ですと50万円での落札もありますので、価格にはかなりの幅があります。

オークションの場合は特に、商品の状態によっても高値がつけられないこともありますので、新品状態の余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトについて参考とする価格としては楽天ショップの55万円が基本と考えて良いでしょう。

また、余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトの希少性から、オークションでは空瓶の販売もされています。

購入の際には空瓶か未開封かの確認が必要ですね。

.余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトを高く売るためには?

余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトは、現品が少なくなっているかなり希少価値が高い商品です。

もしも封を切っておらずコレクションとして自宅にあるという方は、ぜひ丁寧に梱包した上で暗室に保管していただきたいです。

また、売買を考えている方はひとまずボトルや木箱の現状を把握して、今よりも日焼けや傷をつけないように工夫する必要があります。

例えば、「木箱が割れていたからボンドで接着した」なんてことをしてしまうと、逆に価値は下がってしまいます。

買取専門店ですと木箱のひび割れは減額の対象となりますが、オークションの場合は購入者によっては「付属品が揃っていれば傷は気にしない」とか「逆に味がある」と判断する人もいます。

新品同様の余市 1985 20年貯蔵 シングルモルトの場合は、買取専門店で査定してもらうことをおすすめしますが、もし何かしらの不備がある場合には、専門店での査定後にオークションに出品してみるのも1つの手段です。

良いタイミングで良い購入者に当たると、多少の傷があっても新品同様と変わらない値段で取引してもらえるかもしれませんよ。

高額買取ならここ!余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトの上手な売り方

ニッカウヰスキーが製造し、アサヒビールから販売されている余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトは、平成17年1月に販売が開始されました。

予約が行われた余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトは、予約開始日にすでに多くの問い合わせが殺到し、その日のうちに受付終了となりました。

ここでは、余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトの人気の秘密や、当時と現在の売価についても触れていきたいと思います。

.余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトとは?

余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトのように、銘柄に年代や貯蔵年数が書かれたのは、ウイスキーの中ではヴィンテージ品と呼ばれます。

誕生日などの記念日のプレゼントとして選ばれることも多く、ウイスキー好きな人の中には自分の歳と同じ熟成期間を経た銘柄を、何が何でも手に入れたいと思う人も多いのです。

1984年の表記は、同年に樽詰めされたことを表し、ちょうど20年後である2004年にボトリングされました。

500本限定で作られた余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトの購入競争率はかなり高かったでしょうね。

赤みの強い褐色の余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトは、見かけによらず重くなく甘くて華やかな飲みこごちをしています。

女性やお酒に弱い人でも飲みやすくい優しい味わいとなっています。

.当時と現在の売価は?

数量限定販売だった余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトは、発売当初一本2万1千円で発売されていました。

アサヒビールのオンラインショップで販売されており、平成16年12月に予約が始まっていたことから、発売の事実を知らなかったという人も少なくないです。

そのため、当時は購入できなかったけれど「もし知っていたら絶対に買っていた」という人や「予約が取れずに買えなかった」という人が現在、所有者の売却を待っている状態なのです。

現在、ウイスキー買取店では35万円〜の買取価格を提示している店もあります。

35万円〜ということですので、保存状態や売却時の需要によってはそれ以上の価格になることもあり得るということですね。

また、ヤフオクでは50万円で落札された過去もあり、余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトの価値は無限ともいえます。

.余市 1984 20年貯蔵 シングルモルト売るなら?

先ほども説明していた通り、余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトは500本というかなり数が少ない限定発売で、なおかつアサヒビールのオンラインショップでの予約受付ということもあり、強い購入希望を持っていながら買えなかった人が多くいます。

本当にどうしても欲しい人と取引ができれば、買取相場の数倍の価格で取引してもらえる可能性もあるということです。

ですので、もしも余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトの売却を考えているという方がいましたら、よく考えて時期や相手を見ながら売ることをおすすめします。

おそらく、種類販売店や買取専門店ですとその時の需要の考慮や購入者同士の競争もなく、おおよそ決められた金額で取引されてしまうでしょう。

余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトの売却で一番高値がつけられそうなのはやはりオークションです。

今のところ、実際に一番高値が付いているのはオークションで取引された未開封箱付き包装付きの50万円での落札ですからね。

これは、絶対に手に入れたい購入者と売りたい売却者のタイミングと意見が合致した取引だったのでしょう。

とはいえ、オークションは不慣れな人が急に挑戦をするとうまくいかないことやトラブルが起こりかねません。

数十万円もの取引にもかかわらず、落札後にお金が振り込まれないなんてことがあってはどうすることもできません。

もしもオークションには不慣れで直接の取引をしたいという場合は、何店舗かの買取専門店から見積もりを取ってみましょう。

また、バイヤーからウイスキーのコレクターを紹介してもらうことも1つの手段です。

稀ではありますが、コレクター同士の繋がりから特定のお酒の情報を共有している場合もあります。

これらの情報をうまく取り入れることができると、想像よりも高値で、しかもウイスキーを大切にしてくれる方の手に渡すことができることにもなりますね。

いずれにせよ、希少価値が高い余市 1984 20年貯蔵 シングルモルトの売買は早まらないことが大切ですね。

  • 余市 1984 20年貯蔵 シングルモルト

  • 余市 1985 20年貯蔵 シングルモルト

  • 余市 1986 20年貯蔵 シングルモルト

  • 余市 1987 20年貯蔵 シングルモルト

  • 余市 1988 20年貯蔵 シングルモルト

  • 余市 1989 20年貯蔵 シングルモルト

  • 余市 1990 20年貯蔵 シングルモルト

  • 余市 20年 ゴールドラベル シングルモルト

  • 余市 20年 シングルモルト

  • 余市 15年 シングルモルト

  • 余市 12年 シングルモルト 70周年記念ボトル

  • 余市 12年 シングルモルト

  • 余市 12年 ピーティ&ソルティ 500ml

  • 余市 12年 ウッディ&バニラ 500ml

  • 余市 12年 シェリーカスク シングルモルト

  • 余市 10年 シングルカスク 1989年

  • 余市 10年 シングルカスク 2007年

  • 余市 10年 シングルモルト

  • 余市 蒸留所限定 1980

  • 余市 ヘビリーピーテッド シングルモルト

  • 余市 モスカテルウッドフィニッシュ

  • 余市 マンサニーリャウッドフィニッシュ

  • 余市 ラムウッドフィニッシュ

  • 余市 シングルモルト

  • 北海道余市蒸留所 25年 原酒 500ml

  • 北海道余市蒸留所 25年 原酒 180ml

  • 北海道余市蒸留所 25年 原酒 170ml 角瓶

  • 北海道余市蒸留所 20年 原酒 500ml

  • 北海道余市蒸留所 20年 原酒 180ml

  • 北海道余市蒸留所 20年 原酒 170ml 角瓶

  • 北海道余市蒸留所 15年 原酒 500ml

  • 北海道余市蒸留所 15年 原酒 180ml

  • 北海道余市蒸留所 15年 原酒 170ml 角瓶

  • 北海道余市蒸留所 10年 原酒 500ml

  • 北海道余市蒸留所 10年 原酒 180ml

  • 北海道余市蒸留所 10年 原酒 170ml 角瓶

  • 北海道余市蒸留所 5年 原酒 500ml

  • 北海道余市蒸留所 5年 原酒 180ml

  • 北海道余市蒸留所 5年 原酒 170ml 角瓶