お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス
ウイスキー買取

ニッカ竹鶴

概要

ウイスキーブランドとして人気があり、有名な「ニッカウイスキー」のブランドの一つである「ニッカ竹鶴」

数々の受賞歴があり、世界でも称賛されている国産ウイスキー「ニッカ竹鶴」は、「ニッカウイスキー」のブランドの中でも人気が高くリピーターも多いシリーズです。

NHKの朝ドラ「マッサン」の主人公のモデルとして話題にもなり、日本でウイスキーブームを巻き起こした竹鶴政孝氏。

日本で最初にウイスキーの製造技術を持ち帰った竹鶴政孝氏はのちに、ニッカウイスキーを設立します。

その後、竹鶴政孝氏は、日本のウイスキーの父と呼ばれるようになります。

そんな竹鶴政孝氏の名前が使われている「ニッカ竹鶴」は、ニッカウイスキーが製造しアサヒビールが販売している国産ウイスキーです。

今回は、「ニッカ竹鶴」の歴史、特徴や魅力について紹介します。

「ニッカ竹鶴」の歴史

竹鶴政孝氏(引用:NIKKA WHISKY

創業者の竹鶴政孝氏の「日本で本物のウイスキーをつくりたい」という、溢れる情熱から日本でのウイスキーづくりは始まりました。

本物へのこだわりをと情熱を注いできた「ニッカウイスキー」の歴史について紹介します。

1934年

「大日本果汁株式会社」を設立して北海道余市に最初の工場をつくったことから、ニッカウイスキーの歴史は始まります。

1935年

初めて発売した商品はジュースでした。

「ニッカ林檎汁」という、リンゴジュースを発売しました。

1936年

ジュースの製造からウイスキー・ブランデーの開発、製造をスタートするようになります。

1938年

最初に発売したお酒は「ニッカアップルワイン」というお酒でした。

1940年

日本で初めてのウイスキーの開発、製造に成功し「ニッカウイスキー」「ニッカブランデー」を発売しました。

1943年

これまでの実績を認められ、竹鶴政孝氏は社長に就任します。

1952年

竹鶴政孝氏が社長に就任してから、会社名が「大日本果汁株式会社」から「ニッカウイスキー株式会社」に変わりました。

1956年

現在もウイスキー愛飲者から支持され続けている「ブラックニッカ」を発売します。

1969年

ウイスキーの原酒をつくるのに気候、空気、水、全てにおいて向いていた宮城県の仙台市に、宮城峡蒸溜所を設立しました。

1984年

ピュアモルト」を発売します。

1989年

今でも根強い人気を誇る!「シングルモルト余市」「シングルモルト仙台宮城峡」を発売しました。

1997年

ニッカウイスキーのブランドの中でもメジャーとなった、パッケージの「ブラックニッカ・クリアブレンド」を発売します。

2000年

竹鶴12年ピュアモルト」を発売します。

竹鶴政孝氏は、

「余市とは異なるモルト原酒を合わせて、さらに芳醇なウイスキーをつくる」

出典:facebook

という目標がありました。

その竹鶴政孝氏の夢を実現するために開発され商品化されたのが「ニッカ竹鶴ピュアモルト」です!

「ニッカ竹鶴」の商品開発がスタートしたのは1990年代の後半でした。

そして、「ニッカ竹鶴ピュアモルト」が発売されたのは2000年です。

長い歴史があるようなイメージがありますが、「ニッカ竹鶴」ブランドは誕生して19年余りの新参ウイスキーなのです。

竹鶴政孝氏の想いを受け継ぎ、製造法にもこだわり抜いた「ニッカ竹鶴」は芳醇な味と、香りを楽しめる、本物のウイスキーをつくることに成功しました。

まだ歴史の浅い「ニッカ竹鶴」ですが、数々の賞を受賞し世界で称賛される、日本のウイスキーブランドとなりました。

「ニッカ竹鶴」の受賞歴

「ニッカ竹鶴」の受賞歴(引用:NIKKA WHISKY

2006年に英国で開催された世界的酒類コンペティションのISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)では、「竹鶴21年ピュアモルト」が金賞を受賞しました。

その後も2016年のISCで、「竹鶴プュアモルト」が金賞を受賞します。

WWA(ワールドウイスキーアワード)では、ワールド・ベスト・ブレンデッド・モルトを毎年のように受賞しています。

  • 2007年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2018年

に受賞しているんです!

素晴らしすぎる実績ですね。

品質、味、香り、共に称賛された世界が認めた国産ウイスキーです。

「ニッカ竹鶴」の特徴・魅力

「ニッカ竹鶴」の1番の特徴は、シングルモルトではなく、ピュアモルトであるということです。

そして製造法もこだわりがあり、開発テーマは

「モルトウイスキーでありながら、ブレンデッドウイスキーに匹敵する柔らかさをもつウイスキー」

出典:NIKKA WHISKY

という難題にブレンダーは挑戦し、

  • 北海道余市蒸溜所の余市モルト
  • 宮城峡蒸溜所の宮城峡モルト

をブレンドしてつくる、ヴァッティングと呼ばれる製造法で、両方の持つ魅力をエイジングごとに個性をつくり分けることに成功しました。

余市モルトと宮城峡モルトが合わさり絶妙なバランスのピュアモルトウイスキーを実現し、美味しくて飲みやすい「竹鶴ピュアモルト」が完成し、ウイスキーファンから高く支持されています。

そして、さまざまなモルト原酒をヴァッティングする製造法で完成したのが、

  • 口当たりも良くて、飲みやすい「竹鶴ピュアモルト」
  • 深みのある味わいの「竹鶴17年」
  • 濃厚で複雑さを堪能できる「竹鶴21年」

です。また「竹鶴ピュアモルト」はブランドが同じでも、酒齢によって味わいが異なるのが魅力なんです!

それぞれの味や印象について紹介します。

竹鶴ピュアモルト

竹鶴ピュアモルト(引用:NIKKA WHISKY

スタンダードな味の竹鶴ピュアモルトは、柔らかいモルトの香りが特徴です。

まろやかで飲みやすいので、ウイスキー初心者さんにもオススメですよ!

ライムを感じさせるスッキリとした味わいで、ウイスキー独特の匂いや、深み、くどさはあまり感じません。

味、香りは弱めなので、ストレートで飲むのが1番美味しく飲めます。

ロックで飲んでも美味しいですが、氷が溶けてくると薄くなって水割りを飲んでいるような感じになります。

味、香りを楽しみたいなら、ストレートで飲むのが、おすすめの飲み方です。

竹鶴ピュアモルト17年(引用:NIKKA WHISKY

「竹鶴ピュアモルト」に比べて「竹鶴ピュアモルト17年」は熟成しているので、お酒の色も深みがあります。

飲みやすさは変わらず、麦芽由来のコクと熟成したモルトからは、まろやかで、まったりとした味わいが楽しめます。

香りはスモーキーさが出ているけど、フレッシュで爽やかさな感じは残っています。

「竹鶴17年」はロックで美味しく飲めます。

それからお湯割りで飲むのもオススメです。

深みのある味わいと香りが楽しめます。

竹鶴21年ピュアモルト

竹鶴21年ピュアモルト(引用:NIKKA WHISKY

熟成度が増してスモークさは、さらにまろやかになり、とても優しい味わいになっています。

華やかでしっかりとした香りが特徴的で、その香りを嗅いだだけで飲みたくなります。

リンゴや梨のようなフルーティーさを感じるので、炭酸割りで飲むと飲みやすいのでオススメです。

手の出しやすい価格帯

ウイスキーを初めて購入するときに、気になるのがやはり価格ですよね?

「ニッカ竹鶴」の魅力は香り 味わいが素晴らしいのはもちろんですが、手を出しやすい価格帯が嬉しいですよね!

ウイスキーを初めて購入したいけど、

  • あんまり高値な物を購入して自分には合わなかった
  • 全く好みの味じゃなかった

と、失敗するパターンだけは避けたいですしね。

「ニッカ竹鶴」は有名ウイスキー全般の中でも手が出しやすい価格帯が魅力です。

まとめ

国産ウイスキーの「ニッカ竹鶴」について紹介しました。

酒齢によってそれぞれの個性を持つブランドです。

同じ「竹鶴」シリーズで味も香りも違うのが特徴的であり魅力だと思います。

ウイスキー愛飲者に大人気でリピーターになる人が続出の「ニッカ竹鶴」。

まずは価格帯も手が出しやすい「竹鶴ピュアモルト」を試してみてはいかがでしょう?

竹鶴の豆知識

大人気!竹鶴 12年 ピュアモルトの買取査定額は?

ニッカウヰスキーがジャパニーズウイスキーブームを巻き起こすために作ったとも言われる竹鶴シリーズ。

この中で、12年もの期間、大切に熟成して育て上げてきたのがこの竹鶴 12年 ピュアモルトです。

今回は、そんなニッカウヰスキーの自信作である竹鶴 12年 ピュアモルトの買取査定額や売る際のコツなどを考察していきます。

.竹鶴 12年 ピュアモルトの特徴は?

ヴィンテージらしい独特の香りと優しい口当たりが特徴の竹鶴 12年 ピュアモルト。

単一の樽で作られた原酒だけをラベリングしたこの銘柄は、非常に飲みやすくて老若男女問わず楽しめるのが特徴ですね。

さっぱりとした味わいだからこそ、飲み方はストレートやロックに限定される事なく、ソーダ割りなどでも美味しくいただけます。

割っても美味しいこの銘柄はお酒が弱い人やウイスキー初心者にもぴったりですね。

また、ソーダ割りにすると甘口のシャンパンのような口当たりになりますのでフレンチ料理などに合わせてもぴったりの、まさに万能なウイスキーといえるでしょう。

竹鶴 12年 ピュアモルトには、シンプルな700mlの円柱ボトルもありますが、660mlの死角のクリアボトルや同じく660mlの円柱スリムボトルもあります。

どれも12年熟成の竹鶴ピュアモルトに変わりありませんが、やはり700mlの円柱ボトルが一般的には流通していますね。

その飲みやすさから、個人・企業問わず人気の竹鶴 12年 ピュアモルトは今、竹鶴シリーズの中でもかなりの人気の高さを誇っています。

 

.竹鶴 12年 ピュアモルトの買取査定額は?

市場に出回る本数が多いこともあり、ウイスキー好きが家族にいる家庭の中には、「竹鶴 12年 ピュアモルトが封も開けずに家にある」という方も多いです。

ヴィンテージ品として買ったけれど、なかなか飲むきっかけがないということで長年保管をしているケースですね。

きっかけがありましたら、ぜひ封を開けて飲んでいただきたいところですが、もし飲むことはおそらくない、飲める人がいないという場合には売ることを考えてみても良いかもしれません。

現在、竹鶴 12年 ピュアモルトは多くの買取専門店で買取を強化されています。

買取基本価格は1万円〜1万円5千円ほどではありますが、保存状態やその時の希少性によってはそれよりも高値がつくことも考えられます。

飲みやすくて需要が高い竹鶴 12年 ピュアモルトは、常に購入希望者が列を作って待っていますからね。

より高値で売りたい場合には、オークションに出品すると過去にはヤフオクで竹鶴 12年 ピュアモルトが3万円近くで売れたこともありますのでオススメです。

売る時の竹鶴 12年 ピュアモルトの希少価値や基準価格はネットでも簡単に調べることができますし、ネットでおおよその買取査定をしてもらうこともできますので、これらを参考にすると出品の金額も決めやすいですよ。

ぜひ、売却の際には参考にしてみてくださいね。

さらなる高みを!竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュの味わいとは?

大手飲料メーカーのサントリーが、さらなる高みを目指して作ったのが、竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュ。

サントリーの飛躍の象徴でもあるこの逸品は、飲んだ人を強く魅了する最高のウイスキーとなりました。

はたして、どれほどの味わいなのでしょうか?

現在の取引相場についても考察していきます。

.竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュの特徴は?

竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュは、シェリー樽で熟成された竹鶴21年ピュアモルトを、さらにポートワイン樽で寝かせた一品です。

そのため、色は赤みのかかった褐色をしており、ワイン樽で寝かせたことを感じさせる色合いになっています。

香りはワインのフルーティな香りもありながら、竹鶴21年ピュアモルトの甘いチョコレートのような香りと、コーヒーのようなビターな香りがあいまった深みがあります。

香りと同様に味わいはビターなチョコのような程よい苦味があり、大人な味わいとなっています。

口に残る味わいもビターで、後味はかなりすっきりとしていますね。

 

.オススメの飲み方は?

竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュはポートワイン樽で熟成された期間があることからも、ワインのような華やかで上品な香りが特徴です。

その香りをさらに引き立たせるためには、ロックで冷やし、水分を含ませることが大切です。

ですので、ロックのしかもクラッシュアイスを用いた飲み方がオススメですが、あくまでもこれは基本的なオススメの飲み方。

ウイスキーには人それぞれ好きな飲み方がありますし、飲み慣れているかどうかでも好ましい飲み方は変わります。

もし、ウイスキー初心者で竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュを飲んでみたいという人は、思い切って1:1くらいの水割りにしてみるのも良いでしょう。

また、ウイスキー愛好家の方はストレートを好む傾向がありますので、それもまた良い飲み方です。

機会がありましたら、ぜひ挑戦してみてくださいね。

.現在の取引相場は?

竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュは、現在通販サイトでおおよそ一律で18万5千円前後で売買されています。

限定品であることや、出回り数が少ないことが価格の高騰の理由でしょう。

現在、お酒の買取専門店では竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュの買取を強化しているようですね。

募集しているお店は多数見受けられます。

竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュを売ることを考えている人がいましたら、今がチャンスです。

また、銘柄は分かっていなくてもいらないウイスキーが自宅にあるという人は、ぜひ一度、そのウイスキーの銘柄を確認してみてください。

もしかすると、現在買取強化中の品薄のヴィンテージ品かもしれないですよ。

買取価格は?竹鶴 17年 ピュアモルトの現在の値段とは?

ジャパニーズウイスキーブームに則って、万年品薄状態となり希少価値が上がっている竹鶴 17年 ピュアモルト。

見た目にも美しい琥珀色とさわやかな甘み、そして高級感を感じられる化粧箱はその人気の象徴とも言えますね。

そんな竹鶴17年 ピュアモルトですが、実は今、かなりの品薄状態も危惧されているといわれているのです。

そこで今回は、そんな竹鶴 17年 ピュアモルトの高額買取価格と現在の値段について考察していきます。

竹鶴ファンの方はもちろんのこと、ジャパニーズウイスキーを好んで飲む方はぜひ目を通してみてください。

.竹鶴 17年 ピュアモルトの現在の価格は?

ジャパニーズウイスキーブームの火付け役ともなったと言われている竹鶴の中でも、割と市場に出回りやすくて市民の口にも入りやすいと言われるのが、この竹鶴 17年 ピュアモルトです。

日本国内はもちろんのこと、海外ではバーボンはしつこくて飲めないというお酒に強くない外国人も、竹鶴などのジャパニーズウイスキーなら飲めるということで人気が高まっています。

そのような理由もあり、日本に旅行に来た際にはウイスキーをお土産として持ち帰る観光客も多いのだとか。

特に中国人は円安のタイミングでウイスキーを爆買いして転売する傾向があり、爆買いの対象となる竹鶴 17年 ピュアモルトもタイミングによっては全く手に入らなくなってしまうのです。

そんな竹鶴 17年 ピュアモルトの現在の価格は現在、楽天市場では2万5千円前後で売られています。

現在は在庫が多少はあるようですね。

これが、お盆や正月、ゴールデンウイークなどの長期休みになってくると、海外からの観光客が増えることで価格が高騰していきます。

過去には、同じ楽天市場でもタイミングによって3万円を越す値段がついたこともあります。

ニッカウヰスキーのブランドの元、海外でも人気がある竹鶴 17年 ピュアモルトは、やはり高値がついても需要は下がらないのですね。

.竹鶴 17年 ピュアモルトの買取価格は?高額買取のコツとは?

竹鶴 17年 ピュアモルトは現在、ネットでは2万円超えで売られていますね。

市場に出回る本数も多いですが、需要も高いままである竹鶴 17年 ピュアモルトは、ウイスキーの買取専門店も常に買取強化中です。

故に、現在の買取専門店の平均買取価格は1万円〜2万円の間となっています。

こちらは、需要が高まるタイミングを狙えばより高値がつきやすい銘柄ですね。

もし、自宅に飲む予定がない竹鶴 17年 ピュアモルトがあり、売りたいと感じた際には、まずはお近くの買取専門店に持ち込んでみましょう。

近くに専門店がない場合には、正確な価格は保証できませんがネットでの査定をすることもできます。

売るタイミングとしては、やはり外国人の需要が高まる長期の休みの前を狙うと良いです。

もしかすると、現在市場で売られている以上の価格で買取をしてもらえるかもしれませんよ。

希少品!?竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlの特徴と価格は?

円柱の縦長ボトルの印象が強い竹鶴シリーズの中で、稀な形をしているのがこちらの竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlです。

その名の通り、四角の形をしたこのボトルは竹鶴ファンの中でも注目が高い銘柄なのですが

果たして通常の竹鶴12年とは何が違うのでしょうか?

世間からの需要度や価格についても考察していきます。

1.竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlは珍品?需要はあるの?

竹鶴といえば丸い縦長ボトルのイメージが強い方も多いですよね。

竹鶴のウイスキーと同じ透き通った琥珀色をしたボトルは、みただけでも竹鶴のブランド力を感じるのですが

今回はそんな円柱ボトルのイメージが強い竹鶴シリーズから、四角の形をしたボトルの持ち主である竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlを紹介します。

言わずもがなですが、竹鶴シリーズにとって竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlのような四角い形のボトルは非常に珍しいです。

発売当初はこのボトルのデザインをみた竹鶴ファンから「これは本当に竹鶴か?」とか「なにかのブランドとのコラボ?」なんて声が上がりました。

実際にはシンプルな竹鶴ブランドの変形デザインボトルですので、紛い物でもコラボでもありません。

竹鶴12年のピュアモルトは、通常の円柱ボトルも存在し、そちらの方が世間一般的には馴染み深い品ではあるでしょう。

中身は他のボトルと同じ竹鶴12年ピュアモルトですので、竹鶴ならではの芳醇で高い香りを漂わせる気品の高い品になっています。

肩が少し張っている形をしている竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlは、割と円柱ボトルよりも持ちやすいかもしれませんね。

内容量は660mlと、円柱ボトルの700mlに比べると少なめではありますが、ロックのグラスでおよそ半分くらいの量でしょう。

こちらのボトルは、持ちやすいことや価格が割と安定しやすいことからも、意外とバーやレストランなどからの需要も高いです。

もちろん、一般の消費者も購入しますが普通の人は内容量も多くて価格も安価な円柱ボトルを好んで買う傾向があります。

一般の消費者で竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlを購入する人は、珍しい竹鶴のボトルをコレクションしようとする方でしょうね。

 

.竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlの現在の価格は?どこで買えるの?

竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlは、現在でも割と市場に出回りやすく価格も安定している銘柄です。

購入場所は、一部店舗での取り扱いもありますが、確実に購入できるのは通販サイトやオークションになります。

現在は、大手通販サイトの楽天市場やAmazonなどでも割とたくさんの量が取り扱われています。

オークションへの出品も多いですが、オークションの場合は“箱なし”や“傷あり”などの注意点もありますので、購入前にはしっかりとチェックしてからの申し込みをするように心がけましょう。

ちなみに、通販でもオークションでも竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlの価格は2万円前後となっています。

あまり価格が変動することがない竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlは、もしも売却することを考えた際にも公開されている買取査定額のままである可能性が高いです。

今のところ、竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660mlの標準買取査定額は1万円に満たないくらいですね。

売却の際には、買取専門店を利用するよりもオークションに出品した方が高く売れそうですよ。

もし、買取専門店に持ち込みをすることを考えている方は、出来るだけ多くの専門店に持ち込み査定をしてもらうと良いです。

そして、店舗同士で価格を比較して競争してもらうことで、出来るだけ高値をつけてもらうことができるようになります。

希少なシェリー樽使用!竹鶴 シェリーウッド フィニッシュの価値は?

ニッカウヰスキーの竹鶴が、単一の樽だけで作った原酒をラベリングした銘柄が、この竹鶴 シェリーウッド フィニッシュ。

在庫切れが相次ぐこの竹鶴 シェリーウッド フィニッシュの価値とはどれほどのものなのでしょうか?

人気の秘密とともに考察していきます。

.竹鶴 シェリーウッド フィニッシュの人気の理由は?

名前の通り、希少なスペイン産のシェリー樽を使用して作られたこちらの竹鶴 シェリーウッド フィニッシュ。

竹鶴ファンからの熱い応援の元、数少ないながらも市場に出回るこの銘柄は、ウイスキー好きの消費者はもちろんのこと酒類取扱店でも取り合いになるほどの人気を集めています。

その人気の秘密は、やはりシェリー樽で熟成されたことによる芳醇で優しい杏とカシスの甘い香り。

そして、口当たりがよくクモーキーな後味と後を引くピートの苦味。

非常に大人な味わいですね。

竹鶴 シェリーウッド フィニッシュは、長年竹鶴を愛するファンがぜひ一度は飲んでみたいと語る竹鶴の上級品と呼ばれる品です。

竹鶴らしい琥珀色のボトルは、シェリー樽で熟成された中身と同じように透き通った美しい色をしています。

ブラウンの色のラベルは、通常の黒ラベルとはまた違った高級感を感じさせてくれます。

ブレンダーが自分でスペインまで足を運んで1本1本厳選して選んでいるシェリー樽の木にも、職人のこだわりを感じますね。

このようなこだわりの強さも、竹鶴をはじめとするジャパニーズウイスキーファンの心を掴む理由の1つと言えるでしょう。

 

.竹鶴 シェリーウッド フィニッシュの現在の価値は?

竹鶴 シェリーウッド フィニッシュは、現在も少量ながら生産され流通していますが、何しろ単一のシェリー樽で作られた原酒だけをラベリングしている銘柄ですので、出回る本数はかなり少ないです。

実際に、現在の楽天市場での竹鶴 シェリーウッド フィニッシュの価格はなんと10万円。

生産中のジャパニーズウイスキーの中で、ここまでの価格がつくのは非常に稀です。

Amazonでは現在取り扱いを中止しており、在庫が品薄なのが伺えます。

竹鶴 シェリーウッド フィニッシュは年代を記載してはいませんが、ノンエイジのヴィンテージ品で、これも価格が高騰する理由と考えられます。

現在、ウイスキーの大手買取専門店の大黒屋では竹鶴 シェリーウッド フィニッシュを6〜7万円で買取すると提示しています。

もちろん、保存状態が良く付属品が付いていることが前提ではあるでしょうが、今の希少価値を考えると交渉次第ではそれよりも高値で売ることもできそうです。

もし竹鶴 シェリーウッド フィニッシュを売ることを考えている場合には、まずはネットで市場に出回る竹鶴 シェリーウッド フィニッシュの平均価格を知っておきましょう。

そして、それを参考にして価格の交渉をする事で、数千円から数万円もの金額をプラスにできる可能性もあるでしょう。

また、自分では交渉する自信がないという方は、いくつかの買取専門店に竹鶴 シェリーウッド フィニッシュを持ち込み、査定をしてもらった上で他の店舗で比較競争をしてもらうと良いです。

需要の高い竹鶴 シェリーウッド フィニッシュなら、多少高値をつけても買い取ってくれる店も多いですよ。

スピード査定は電話でも!?竹鶴 ピュアモルト ノーマルを売るといくら?

ニッカウヰスキーの名門・竹鶴の中でも最も私たち消費者に身近な銘柄として知られているのが竹鶴 ピュアモルト ノーマルです。

おそらく、ウイスキー好きの方だけではなく飲食店でお酒を飲んだことがある人なら、ほとんどの人が見たり飲んだらしたことがあるお酒だと思います。

そんな竹鶴 ピュアモルト ノーマルは、なんと買取査定も簡単にできるということで、今回はその方法から高額売買のコツまで考察していきます。

.竹鶴 ピュアモルト ノーマルとは?

ウイスキーブランド竹鶴の原点とも言える竹鶴 ピュアモルト ノーマルは、市場に出回る本数が多く馴染み深いウイスキーにもかかわらず、ブレンダーの強いこだわりによって作られている渾身の一作なのです。

職人たちがこだわり抜いてブレンドした原酒は熟成期間がない分、非常に飲みやすくて良い意味でさっぱりとした味わいをしています。

この飲みやすさから、ウイスキー初心者や女性からも人気を集めていますね。

また、竹鶴 ピュアモルト ノーマルは苦味やクセが少ないため、ハイボールにして飲むとお酒に弱い方でも甘さ控えめなサワーのように飲むことができます。

職場の飲み会でボトルを注文する際には、誰もが楽しむことができる竹鶴 ピュアモルト ノーマルは非常にオススメです。

.竹鶴 ピュアモルト ノーマルの査定は電話でもできる!?

市場に出回ることが多い竹鶴 ピュアモルト ノーマルは、現在も種類販売店で取り扱われていることが多いですし、スーパーなどでも購入することができます。

価格は竹鶴シリーズとしてはかなり安価で、一般的には3700円前後で売られています。

ニッカウヰスキーのお酒を多く扱う、お酒の買取専門店“ネオプラス”では、現在の竹鶴 ピュアモルト ノーマルの買取標準額を2500円と設定しており、店頭の売価よりは安値になっています。

ちなみに、この“ネオプラス”ではなんと竹鶴 ピュアモルト ノーマルの買取査定を電話ですることができるというのです。

もちろん、バイヤーが直接目で見たわけではないため価格が前後することはありますが、参考として査定してもらうにはとても便利ですね。

竹鶴 ピュアモルト ノーマルが電話で査定してもらえる最も大きな理由は、飲食店での取り扱いがあるからです。

飲食店で、しかもグラスで販売する場合には、化粧箱の有無や商品状態はあまり重要にはなりません。

開封されているかどうかだけを確認できれば、ある程度の査定額は判断できるのです。

そして、買い取った後には物によってボトル販売する店舗に下ろすか、グラス売りする店舗に下ろすかを決めるだけですので、保存状態を正確に目で見る必要はあまりないのですね。

.竹鶴 ピュアモルト ノーマルを高く売るなら?

とはいえ、もし自宅にある竹鶴を売るとしたら、売る側からするとより高く売りたいですよね。

そこで、基本的にウイスキーを高く売るコツとしてあげられるのは、やはり保存状態や付属品の有無です。

先ほど、買取に大切なのは開封しているかどうかと話しましたが、やはり状態によって価格は変わります。

ほぼ新品での状態と、未開封ではあるけれどラベルも日焼けしたビンでは価格が変わるのは当たり前ですよね。

もし、商品状態が良い竹鶴 ピュアモルト ノーマルを持っている場合には、買取専門店で査定をしたのち、オークションにかけてみても良いかもしれません。

店舗での売値よりもたった100円でも安く販売していれば、新品同様の品ならお酒を取り扱う飲食店では購入を希望する人も多いです。

また、状態があまり良くない竹鶴 ピュアモルト ノーマルがあり、飲む予定はないという方は、飲食店にお酒をおろしている買取専門店に持ち込んでみましょう。

ウイスキーには基本的には賞味期限がありませんので、日焼けしていたり傷が付いていても、開封さえされていなければ“ジャンク品”として売ることができます。

封を切ることを前提に売るお店なら、商品はより安く手に入れたいですからね。

新品同様よりは価格は下がりますが、飲まないお酒を家に置いておくのなら、ぜひそれ以上古くなる前に売却してしまうことをオススメします。

高額買取ならこれ!竹鶴 17年 ノンチルフィルタードを上手に売るコツは?

竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは、竹鶴 17年 ピュアモルトを原点とし、2012年の『ワールド・ウイスキー・アワード』での受賞を機により上質な竹鶴を作るために制作されてきました。

限定品で、すでに在庫としては完売状態の竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは、果たしてどのような味わいなのでしょうか?

買取査定標準額とともに考察していきます。

.竹鶴 17年 ノンチルフィルタードとは?

冒頭でも説明した通り、竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは竹鶴 17年 ピュアモルトを「より高く、より上質に」という精神の元に作られたウイスキーです。

ウイスキーは本来、壜詰めされる前に冷やしてろ過されるという工程がありますが、この竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは、あえてその工程を踏まないことで竹鶴本来の芳醇な香りと深い味わいを残してきました。

そのため、ウイスキーに慣れていない方が飲むとクセが強いという印象を持つかもしれません。

実際に竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは飲みやすいというよりは口当たりが重くてどこか口の中に引っかかるような感覚があります。

ですが、それを好んで飲むウイスキーファンは非常に多く、クセを楽しむためにわざとストレートで飲む愛好家も多いです。

また、炭酸で割るとさっぱりとした口当たりになりますので、割と飲みやすくなって食事にも合わせやすいウイスキーになります。

また、香りは竹鶴らしいスモーキーでかつハチミツのような濃厚な甘い香りを感じさせます。

また、ピュアモルトを原点として作られている竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは、モルトの深い味わいを感じることができます。

こちらは、数量限定で販売されたため現在はネットやオークションで出回っている商品しかありません。

非常に貴重なウイスキーといえるでしょう。

.竹鶴 17年 ノンチルフィルタードの買取査定額は?

竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは、発売当初は5832円で販売されていました。

割と安価に感じるのは、冷却ろ過の過程を抜いていることや、原点として竹鶴 17年 ピュアモルトがすでに存在していたからでしょう。

作りやすさもあって、竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは当初の価値は安価でしたが、良い意味でのクセの強さがファンからの人気を集めて、現在はかなりや品薄状態が続いています。

買取専門店でもかなりの買取強化を行なっており、現在の標準買取額は5万円前後とされています。

元値のおよそ10倍もの値段ですね。

さらに、ヤフオクや楽天市場などの市場では7万円程の価格で売買されています。

買取専門店での価格は、あくまでもネット掲載の参考価格ですので、おそらく商品状態やタイミングによってはより高額になることが予想されます。

もしも竹鶴 17年 ノンチルフィルタードが自宅にあり、飲むことはないと感じる方は、ぜひこのお酒を飲みたいと思っている方に譲ることを考えてみてはいかがでしょうか?

その際には、オークション出品でも買取専門店への持ち込みでも良いですが、いずれにせよ附属の化粧箱や包装紙をしっかりと保存しておくことをおすすめします。

付属品の有無によって、ウイスキーは数万円単位で価格が変わるものです。

また、化粧箱や包装紙に包まれていると、少なくともウイスキー本体に傷や日焼けが付いてしまうことは防ぐことができますからね。

もし、箱が破れていたり汚れていたりしたとしても、捨てることなくしっかりととっておきましょう。

また、専門店にて買取査定額を行う場合には特に、数店舗の店舗を回って査定してもらうと良いです。

専門店も、現在かなりの品薄状態にある竹鶴 17年 ノンチルフィルタードは出来るだけ手に入れたいと考えています。

ですので、他店と比較をすると基本の買取価格よりも高値をつけてもらいやすいですよ。

高額買取のコツは?竹鶴 21年 ピュアモルトの特徴とは?

日本屈指のジャパニーズウイスキーブランド“竹鶴”の中でも、ファンからの親しみが強く愛されているといわれる竹鶴 21年 ピュアモルト。

21年もの長い年月をかけて熟成されたこのウイスキーは、一体どのような味わいなのでしょうか?

竹鶴 21年 ピュアモルトをより高値で買い取ってもらうためのコツも一緒に紹介していきます。

.竹鶴 21年 ピュアモルトの特徴は?

ジャパニーズウイスキーとして人気の竹鶴の原酒を、21年もの長期熟成した逸品が竹鶴 21年 ピュアモルトです。

イギリスで開催されたワールド・ウイスキー・アワードにて世界最優秀賞も受賞した経験があるこのウイスキーは、日本国内だけではなく海外からも強い注目を集めています。

竹鶴ならではの深いコクとフルーティな味わいにプラス、21年の長期熟成によるほのかな苦味が、竹鶴 21年 ピュアモルト最大の特徴であり人気の秘密です。

アルコール度数は43パーセントと、ウイスキーの中では飲みやすい竹鶴 21年 ピュアモルトは、女性やウイスキー初心者からも人気を集めています。

.竹鶴 21年 ピュアモルトの美味しい飲み方は?

竹鶴 21年 ピュアモルトは、先ほども説明した通りアルコール度数がウイスキーとしては低めに設定されているウイスキーです。

ゆえに、竹鶴 21年 ピュアモルト本来の味わいをそのまま楽しみたいという方には、ストレートもオススメすることができます。

一口含み、すぐには飲み込まずに甘みや酸味、苦味などウイスキーの中に隠された味をゆっくりと味わうのがストレートの飲み方のコツですね。

また、ウイスキーは冷やして水分を含ませることで香りが立ちやすいと言われています。

竹鶴のフルーティで優しい香りを楽しみたいという方は、ロックでの飲み方をオススメします。

というのも、水割りにしてしまうと香りは立ちやすいですが竹鶴本来の味わいからは離れてしまいやすいです。

それに比べて、ロックですと一口目のほぼストレートの味わいから水分を含むまでの過程を楽しむことができます。

ロックの飲み方は、さまざまなウイスキーの飲み方を一杯で感じることができますので、非常にお得な気分になれてオススメです。

また、お酒に弱い方やウイスキーに飲みなれていない方は、炭酸で割ってハイボールにするのも良いですね。

炭酸割りは終始スッキリ感を感じることができます。 

また、苦味や酸味を感じにくいですのでウイスキーの後味が苦手という方には、ぜひハイボールをオススメしたいです。

.高額買取をしてもらうコツは?

竹鶴 21年 ピュアモルトは、世界的にも数々の賞を受賞しており、非常に名高い商品です。

引く手数多なこのウイスキーは、ぜひ手に入れたいという方も非常に多いです。

もしも自宅に飲まずに保管されている竹鶴 21年 ピュアモルトがあるという方は、絶対に飲みたいと思っている方の手に渡らせることを考えてみても良いかもしれません。

さて、気になる竹鶴 21年 ピュアモルトの現在の価値ですが、楽天市場では3万円から4万円程で売買されています。

専用の箱の有無や、販売のタイミングによって価格が変わっているようですね。

もし竹鶴 21年 ピュアモルトを売ると決めた場合には、出来る限り購入時についていた付属品を揃えておきましょう。

例えば専用の箱な包み紙などは、たとえ日焼けしてしまっていて色褪せていたとしても、あるかないかでかなり価格が変わってきます。

また、売るタイミングについては市場に出回らなくなったタイミングでオークションにかけたり買取専門店に持ち込んだりすると価格が上がりやすいです。

ですので、こまめにネットをチェックして、『全品売り切れ』や『買取強化中』などの記載を見逃さないようにしましょう。

もしかすると、商品状態とタイミングによっては竹鶴 21年 ピュアモルトとしての過去最高額がつくかもしれませんよ。

限定発売!?竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードの味わいと特徴は?

ピュアモルトの竹鶴らしい深くて濃厚な味わいが楽しめる、こちらの竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードは現在、かなりの高額売買がされています。

というのも、数量限定発売の竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードは、発売当初しか楽しむことができないウイスキーだったのです。

そこで、ここでは竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードの現在の買取相場や売価を調査するとともに、価格が高騰した理由も考察していきます。

.竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードの特徴と味わいは?

21年もの長い間、熟成されてきたこの竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードは、深い味わいと滑らかな口当たりが人気の理由の1つとなっています。

ウイスキーといわれると、アルコール度数が高くて特に竹鶴や響などはウイスキー初心者には『重い』というイメージを持たれがちですが、実際はそのようなことはありません。

事実、こちらの竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードも熟成期間が長くアルコール度数も47%のため、重い印象を持たれることも多いですが、実際はフルーティな華やかな香りと柑橘系の甘酸っぱい優しい味わいをしています。

後味が、ピートの効いたビターな味わいではありますが、それもウイスキーならではの味。

甘さをひきづるよりもビターな味わいで口をすっきりとさせた方が、ウイスキーの華やかな香りの余韻を楽しむことができます。

“竹鶴”と大きく名前の入ったラベルは竹鶴のどの銘柄にも共通する特徴で、赤いラベルや琥珀色のウイスキー瓶はウイスキーの透き通った美しい褐色とも相まって統一性を感じさせます。

竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードの場合は、ウイスキーを飲んでしまうと空瓶の色が薄くなるのも特徴の1つ。

減りゆくお酒を瓶の色で判断しながらのんびりと飲むウイスキーは、時間を忘れさせてくれますね。

肝心の飲み方ですが、ウイスキーは基本的にその人によって好きな飲み方が異なります。

一般的には、ウイスキー本来の味わいを楽しみたいならストレート。

香りをより引き立たせたいならクラッシュアイスを用いたロックなどといわれていますが、ウイスキーを飲み慣れていない方は水割りにしたり炭酸で割ってハイボールとして飲むのも良いでしょう。

オススメの飲み方は、自分が一番おいしいと思って飲める飲み方と言えますね。

.竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードの買取相場と現在の売価は?

竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードは、最初に説明した通り数量限定発売をされたかなり希少価値が高いウイスキーです。

さらに、竹鶴シリーズの21年ものということで、かなりの需要と希少性を兼ね備えています。

現在、ヤフオクでは新品同様の状態でなんと、10万円もの値が付いています。

さらに、楽天ショップでも売価は9万円前後となっていますので、竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードの場合はオークションでも通販でも価格はほぼ一定のようですね。

さて、気になるのは買取査定の平均額です。

自宅に、竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードがあるという方は必見ですね。

特に、「自分は飲まない」とか「亡くなった祖父の家にあった」などという方は、持っていても仕方がないと感じるなら売ることで、本当に欲しい人の手に渡すことができます。

ウイスキーも本来の持ち主も、その方が嬉しいですからね。

現在、竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードはその希少性と現在の需要の高さもあって、買取相場は7万円前後となっています。

飲まないお酒が7万円に化けるとなると驚きですよね。

ただし、この価格はあくまでも新品同様の箱付きの状態であることが条件。

竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードには、専用の箱があります。

その箱を含め、ウイスキー瓶に日焼けや傷がないか、保存状態はどうだったかということによって価格は変動していきます。

もしも、購入当時の包装紙や付属品が残っていたとすると、価格は相場よりも高くなることが予想されます。

飲むことを目的としている人はもちろんのこと、コレクターたちはより一層、完璧な状態での購入を希望しています。

もし、買ったまま紙袋に入って暗室に置かれていたというウイスキーがある場合には売るかどうかはさておき、まずはぜひ一度、買取専門店に持ち込んでみてください。

もしかすると、竹鶴 21年ピュアモルト ノンチルフィルタードの買取価格として過去最高額が記録されるかもしれませんよ。

日本未発売!?竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュの人気の高さとは?

大手飲料メーカーのサントリーが自信を持って販売をする竹鶴は、どの銘柄を飲んでもハズレがないと言われるほど人気と信頼性がある商品です。

その中でも、今回は日本未発売とされる竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュの特徴や高額買取のコツについて考察していきます。

.竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュの特徴は?

大きく“竹鶴”と印字されるラベルは、竹鶴のどのシリーズにも共通している大きな特徴ですね。

竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュは、琥珀色のボトルにオレンジ色のラベルをしており、見た目の統一感を感じさせます。

また、ウイスキーの色も優しい褐色をしており、透き通った美しい色づきは見ただけでも美味しさを実感させられます。

味わいはマロンのようなクリーミーながら重さのない甘さがあり、後味でほのかに感じるのはブラックコーヒーのようなさっぱりとした苦味です。

基本的には甘さを感じることが多い竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュは女性からの人気も高く、ウイスキー初心者も好んで飲むと言われています。

.日本未発売品?

ジャパニーズウイスキーながら、日本では未発売とされる竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュは、欧州市場向けに販売されました。

しかも、500本の限定販売ということで、竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュは、より一層、競争率が高くなったウイスキーといえるでしょう。

欧州限定販売がされるとは、ジャパニーズウイスキーの海外からの需要と人気の高さを実感しますね。

.竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュの高額買取査定のコツとは?

先ほども説明した通り、竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュは欧州向けに限定販売された商品です。

当然、日本での流通はほとんどなく、わざわざ欧州に買い付けに行った人や、通販やオークションで購入した人が持っている程度です。

もしも、自宅に飲まない竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュがあるという方は、日本国内での販売を主に考えると価格は高まりそうですね。

オークションに出品する場合には、検索ワードに“国内限定”や“日本未発売”などのワードを取り入れると、多少高値で値段設定をしても取引してもらいやすくなります。

また、買取専門店に持ち込むことを考えている方は、竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュが入っていた木箱や包装紙をしっかりと用意しておくと買取価格は上がります。

さらに、わかる範囲で良いですので入手経路を把握しておくと、価格に反映する可能性が高いです。

例えば、発売と同時に欧州向け商品として購入した場合と、オークションなどで何人かの手に渡った場合では、当然値段は変わってきます。

ちなみに、現在ネットの中で出回っている竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュの平均価格は20万円程。

これらの点をしっかりと確認しておくと、それ以上の買取価格を期待できるかもしれませんよ。

買取相場は?竹鶴 25年 ピュアモルトの人気の理由は?

これまでも多くの銘柄を発表して評価を受けてきたニッカウヰスキーが、さらなる高みを目指して作ったのがこの“竹鶴 25年 ピュアモルト”。

竹鶴というと、ジャパニーズウイスキーの中でも高級品として多くのファンを持っているわけですが、現状に甘んじることなく挑戦を続けるニッカウヰスキーが産んだこの商品は?果たしてどれほどの価値があるのでしょうか?

他のウイスキーと比べても群を抜いて人気が高いこの竹鶴 25年 ピュアモルトの人気の理由と一緒に考察していきます。

.竹鶴 25年 ピュアモルト人気の理由は?

ニッカウヰスキーが、さらなる高みを目指し作り上げた竹鶴 25年 ピュアモルトには、1つのコンセプトを掲げていました。

それは、“雅(みやび)”。

和の美しさを表現することを重要視していたのです。

和の美しさの象徴でもある平安時代に女性から身につけていたとされる十二単をイメージして作られた竹鶴 25年 ピュアモルトはイメージの通り、クリアな澄んだ色味ながらに味わいは豊かで深みを感じる口当たり。

竹鶴の中でも最高級のピュアモルトを厳選してブレンドした竹鶴 25年 ピュアモルトは、ニッカウヰスキーのブレンダーのこだわりを感じます。

人気の理由はやはりこのこだわりでしょう。

何かしらのコンセプトを持って作られたウイスキーを飲めば、ファンは一口でそのこだわりに気づきます。

そして、そのブレンダーの気持ちや心意気を感じながら口にするウイスキーもまた絶品。

なかなか手にすることができない竹鶴 25年 ピュアモルトを求めて全国を回るファンもいるほどなのです。

.竹鶴 25年 ピュアモルトの味わいは?

ニッカウヰスキーが丁寧に作り上げる竹鶴は、どれも優しく口当たりの良いウイスキーばかりです。

その中でも竹鶴 25年 ピュアモルトは、厳選されたピュアモルトの原酒をさらに試行錯誤を繰り返した上でブレンドされているため、かなり深みのある味わいをしています。

口に一口ふくむと、ハチミツのような甘さを感じたのち、柑橘のさわやかな味わいとビターなピートの香りが口に広がります。

十二単をイメージしているというのも頷けますね。

最後に口に残る味わいはピートの苦味ですが、その苦味も嫌な苦味ではなくサッパリとしており口に残らないものです。

この苦味も竹鶴 25年 ピュアモルトの大きな特徴であり人気の理由の1つですね。

竹鶴らしい、大人の味を演出しています。

.竹鶴 25年 ピュアモルトの元値と現在の売価は?

竹鶴 25年 ピュアモルトは数量限定で生産され、価格はオープン価格とされていました。

発売前から人気度も注目度も高く、予約が殺到することが予測されたための対象でしょう。

木箱に入れられた竹鶴 25年 ピュアモルトは、未開封な状態ですと通販では今のところ20万円前後で売られています。

オークションでの取引相場は12〜13万円程ですので、購入する場合にはオークションの方がお得です。

売却の場合も、購入者の有無にもよりますがオークションの方が高値がつく可能性が高いです。

ただし、通販や店舗買取と違いオークションは、自分が売却した際に買いたい人がいなければ値段はつきません。

より高額で売却するためには、タイミングを見ながらオークションに出品し、納得できなければ何度かトライしてみると良いです。

もしも、すぐに売ってしまいたい場合にはバイヤーがいる種類販売店か査定から行ってくれる通販を利用すると良いでしょう。

超希少!?竹鶴 35年 ピュアモルトの価値と希少性とは?現在の売値は?

ウイスキーの有名企業であるニッカウヰスキーの代表的な商品というと竹鶴のシリーズですよね。

竹鶴は、ニッカウヰスキーが製造後、こちらも有名企業のアサヒビール株式会社が販売を行っています。

そんなウイスキーの有名商品である竹鶴の中でも、特に既存の本数が少なく人気が高いと言われているのが竹鶴35年。

一体、どのような商品なのでしょうか?

値段や特徴と一緒に探っていきます。

.竹鶴35年の特徴は?

竹鶴35年は、ピュアモルトとグレーンのウイスキー原酒を丁寧にブレンドして作られた商品です。

2008年10月21日に、1200ほんの数量限定として発売がされましたが、かなりの人気から竹鶴35年は即完売だったといいます。

香りが華やかですっきりとしており、味は深みがある濃厚な味わいであることから、香りと味のギャップも楽しめる逸品です。

また、ラベルには竹鶴の製造車でもありジャパニーズウイスキーを世の中に広めたといわれる“竹鶴政孝”のウイスキーづくりの経緯なども書かれています。

これが、竹鶴をはじめとするウイスキーファンから人気を集める理由の1つなのですね。

.竹鶴35年の価格は?

竹鶴35年は2007年に製造されたものに関しては希望小売価格7万円で販売されていました。

ですが、あまりの人気の高さに価格の設定が難しくなり、2008年からはオープン価格とされてきました。

値段は当初の希望小売価格よりもかなり高騰しており、簡単には手に入らない品となりました。

現在、竹鶴35年は取引価格が確認できるオークションという手段を参考に見てみると、おおよそ30万円前後で取引されているようですね。

竹鶴政孝のウイスキーづくりの軌跡が一緒に描かれていることなどもあり、ウイスキーをコレクションするファンは空瓶ですら欲しがるといいますから、その人気は計り知れません。

また、頑張れば手が届く値段であることからも根強いファンは一度で良いから口にしてみたいと思って購入することもあるといいます。

もしも飲まない竹鶴35年が家にあるという方は、自分で保存をしていて劣化してしまう前に売買してしまうのも1つの手段かもしれませんね。

.竹鶴35年の上手な売り方

さて、いざ竹鶴35年を売る決心がついた時に、しっかりとした売り方を知っていなくては大きな損をしてしまう可能性もあります。

というのも、お酒の種類は皆さんもご存知の通り千差万別。

よほどお酒に詳しい人がいなければ、簡単に価値を判断することはできません。

もし、店頭持ち込みで竹鶴35年を売る場合には、必ず種類専門のバイヤーがいるお店を選びましょう。

また、1つの店舗に限らず数店舗、査定を頼んで比較することも大切です。

また、オークションに出品する際には、あらかじめ竹鶴35年のその時の平均落札価格を調べた上で、それ以上の値段設定をしても買い手がつきそうかどうかを冷静に判断しましょう。

そして、もし自分が納得できる価格で取引が行われない場合には一度、出品を取りやめる必要があるかもしれません。

自分で納得する価格設定で売る自信がある方はオークションの方が高値をつける可能性は高いです。

ですが、もしもお酒の知識がなく上手に売れる自信がない方は、数人の専門のバイヤーに話を聞いた上で判断することが確実でしょう。

  • 竹鶴 35年 ピュアモルト

  • 竹鶴 25年 ピュアモルト

  • 竹鶴 21年 ポートウッドフィニッシュ

  • 竹鶴 21年 マディラウッドフィニッシュ

  • 竹鶴 21年 ノンチルフィルタード

  • 竹鶴 21年 ピュアモルト

  • 竹鶴 17年 ノンチルフィルタード

  • 竹鶴 17年 ピュアモルト

  • 竹鶴 12年 ピュアモルト

  • 竹鶴 シェリーウッド フィニッシュ

  • 竹鶴 ピュアモルト

  • 竹鶴 ピュアモルト 角瓶 660ml