お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

ハイン買取

ランキング商品名買取価格
イチローズモルト エース・オブ・スペーズAsk
イチローズモルト クイーン・オブ・ダイアモンズ775,000円
山崎 25年 シングルモルト610,000円
竹鶴 35年350,000円
余市 1987 20年貯蔵 シングルモルト260,000円

概要

今回ご紹介するお酒は、『ハイン』というコニャックです。

コニャック好きの方であれば一度は耳にしたことがあるお酒の名前でしょう。

しかし、名前すら聞いたことがないという方も少なくないはずです。

このお酒は、日本への輸入量が少なくあまり販売しているところを見かけないのです。

しかし、世界に目を向けてみるとこのお酒の評価は非常に高く人気のあるコニャックとなっています。

そんな注目しておくべき『ハイン』について詳しく見ていきましょう。

ハインの歴史

ハインの歴史(引用:ジェロボーム株式会社

ハインの始まりのコニャックハウスは、1763年にランソン&ドラマン社が造ります。

このコニャックハウスがある場所は、コニャック黄金の三角地帯の一角にハウスを構えているという好立地の場所なのです。

設立当時は、まだ「ハイン」の名ではありません。

設立から54年後に社長の娘と結婚したトーマス・ハインがコニャックハウスを『ハイン』とします。

彼の生まれはイギリスです。

しかし、コニャックを学ぶために16歳でフランスへ渡りランソ&ドラマン社で働きます。

そこで社長の娘と出会い結婚し『ハイン』という名のコニャックが生まれたのです。

ハインの始まりのハウスは設立から256年、ハインの名前ができて202年目を迎える老舗コニャックとなったハインは、長い伝統と所有するブドウ畑から最高品質のコニャックを現在も世界に生み出しています。

そんな老舗コニャックメーカーの『ハイン』のこだわりとはどのようなものでしょうか。

ハインの特徴とこだわり

特徴的なこだわりを3つ上げます。

上位ランクである「グランド・シャンパーニュ」と「プディット・シャンパーニュ」の畑から造られたブドウのみ使用する

ランク上位の畑のさらにユニブラン種というブドウの品種のみを使用します。

このこだわりが、ハインの味わいを造りだす一つの要因です。

VSOP以上の熟成コニャックのみ販売する

これは、こだわりのブドウでつくったコニャックの原酒を長期熟成することにより、さらなるハインの味わいの特徴を出すことができるためです。

熟成場所はイギリスロンドンのテムズ川沿いで熟成する

ロンドンのテムズ川のそばにある倉庫で長い年月を過ごすことは、気温や湿度といったコニャックの熟成環境が最適とされているためです。

コニャックの熟成に最適な環境とは、平均気温が低く、湿度が高いことをあらわします。

イギリスロンドンの平均気温は8度から12度と低く、湿度は川沿いであるため95%ほどと高いのが特徴です。

これこそ最適な環境といえるのです。

コニャック地方で栽培から樽詰めまでおこなわれ、テムズ川の倉庫で熟成したコニャックを「アーリーランデットコニャック」と言います。

この最適な熟成環境で熟成されたハインのアーリーランドコニャックは最後にして最大の味わいを引き出すカギとなっています。

では、これほどまでにこだわって造られたコニャックの味わいはどのようなものでしょうか。

ハインの味わい

味わいの特徴は、香り高いフルーティな香りです。

長い熟成期間を置いたものでもしっかりとフレッシュなフルーティの香りと味わいを感じることができます。

そして、熟成で育ったスモーキーでシガーな香り、全体をまとめ上げる軽く上品な味わいこそが『ハイン』の味わいです。

この特徴は、テムズ川周辺の倉庫で熟成されたことで通常より早い速度でアルコールの蒸発が起こり、軽さと香り高さを出しています。

これは、1962年より現在まで熟成をおこなう国イギリスの王室が認める味わいです。

さらに現女王であるエリザベス女王御用達として、フランスやイギリスだけでなく世界中が認知し人気となっています。

そんな『ハイン』の商品シリーズを紹介しましょう。

ハインの商品紹介

ハイン レア VSOP

ハイン レア VSOP(引用:Amazon

ハインのスタンダード商品であるこのお酒は、グランド・シャンパーニュのブドウを50%以上使用している原酒を25種類以上ブレンドしているコニャックです。

原酒は、4年以上の熟成がおこなわれたものを使用しています。

味わいはジャスミンやオレンジのようなさわやかな香りと樽のウッディスパイス、熟したフルーツのような優しい甘さと優しいジンジャーのようなスパイス感が口の中に広がる逸品です。

ハイン アンティーク XO

ハイン アンティーク XO(引用:Amazon

グランド・シャンパーニュのブドウのみを使用して造られ、熟成期間10年以上の原酒を40種類以上ブレンドした高級コニャックです。

熟成期間が長期の貴重な原酒を多くブレンドしているこのコニャックは、バニラのような濃厚な甘い香りと長期熟成によっておこり高級脂肪酸のランシオ香が鼻をくすぐります。

味は芳醇な甘さと優しいスパイス感、余韻には濃厚な甘さと香ばしさが後を引きます。

熟成によって生まれる濃厚で芳醇でありながら軽さを兼ね備えるこのコニャックは、一度味わってみて頂きたい逸品です。

ハイン ナポレオン バカラボトル

ハイン ナポレオン バカラボトル(引用:Bonhams

ナポレオンは、XOと同等の熟成期間の原酒をブレンドしたコニャックです。

このコニャックは、15年以上の熟成期間をおいた原酒をブレンドし、高級クリスタルのバカラ社が製造したボトルに詰められた高級コニャックです。

まろやかで上品な甘さとスパイシー感、繊細で上品な味わいにバカラのエレガントなボトルは飲み終わった後も目で楽しめる最高級の高級コニャックです。

まとめ

ハインは、創業200年以上の老舗コニャックメーカーです。

創業者トーマス・ハインのコニャックに対する熱い思いが造り上げたハインは、収穫の畑やブドウの品種、熟成場所、熟成期間と細部にまでこだわって造られています。

味わいもまた、熟成期間が長いにもかかわらず、フレッシュなフルーティ香と軽い口当たりが特徴の高級コニャック。

上品で繊細な素晴らしいものであり日本国内でも人気となりえる世界が認めたコニャックです。

ハインの豆知識

ハインの銘柄や特徴をまとめ!買取価格や希少価値は?

お酒に詳しい方なら名前くらいは知っているであろうハイン

固定のファンも多く、ハインのみを好んで飲んでいる方も少なくありません。

しかし、中にはハインというブランド名も知らないという方も少なくありませんよね?

そこで今回は、フランスのコニャック地方ではかなり有名で日本でも根強いファンがいるハインについての情報をまとめていきたいと思います。

ハインについて知ることができると、お酒の席でも周囲から一目おかれる存在になれますよ。

ハインとは?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Corks Out Timperleyさん(@corksouttimps)がシェアした投稿

ハインは、フランスのブランデーやワインの原産地としても知られるコニャック地方のぶどうを使用して作られています。

熟成や樽詰めまでの工程もコニャック地方で行われており、まさに生まれも育ちもコニャック。

樽詰めまで完了したハインの酒樽は、全てがコニャック造りに適していると言われるテムズ川沿いにあるハイン専用の倉庫にて貯蔵されます。

ハインのこだわりの1つが、18年〜25年以上の熟成をしているVSOP以上のブランデーだけを作り続けているということです。

1763年、ハインはフランスのコニャック地方に創立。

250年以上の長い歴史を持っているコニャック地方でも老舗のブランドになります。

ぶどう畑は自社栽培もしており、ぶどうの原産地としても名高いグランド・シャンパーニュに120ヘクタールほどの土地を所有。

そのうち70ヘクタールをコニャック用のブドウの栽培に利用しています。

ハインのブランド名は、フランスで有名なコニャックメーカーである“ランソン&ドラマン社”の社長の娘フランソワ・エリザベスの娘婿であるトーマス・ハインの名前に由来します。

トーマス・ハインは、1791年にコニャック地方に渡った際にフランソワ・エリザベスと出会います。

そして、結婚をしたことに気に1817年にハインのブランド名が定着したということですね。

ブランデーやウイスキーなどのブランド名は創業者の名前が付けられることが多いものです。

しかし、ハインの場合には少し特殊な由来となりましたね。


ハイン エクストラ

鹿のマークが特徴的なハインのコニャックたち。

ハイン エクストラは、見た目はしずく型の奥行きのない薄いボトルをしています。

美しいクリスタルボトルに詰められているのは黄金といっても過言ではないほど、綺麗で透き通った印象のあるコニャック。

ハインの酒齢18年〜25年以上もの貴重な原酒のみを100種類近くもバッティングして作られているハイン エクストラは、香り高くて濃厚な味わいが特徴です。

バニラのような優しい甘さながらに、裏側にはコニャックらしいさっぱりとした辛口の風味も込められているハイン エクストラ。

一番の特徴はネックにかかっている鹿のシンボルマークですよね。

ゴールドの鹿があしらわれたハイン エクストラのネック。

本当にネックレスのように付けられており、味わいの力強さとともに女性らしい雰囲気も醸し出します。

現在、ハイン エクストラは8千円程の価格で販売されています。

一般的な種類取扱店でも取り扱われることが多い、ハインの中ではスタンダードな銘柄です。

買取査定額は6千円と、売価と比較すると高値になっており需要が高いことが感じられますね。

化粧箱までゴールドでゴージャス感が強いハイン エクストラは、飲むもよし飾るもよしの完璧な一品ですね。


ハイン エクストラ 鹿ボトル リモージュ ゴールド

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゴールドリカー北野☆リカー北野さん(@gold_liquor_kitano)がシェアした投稿

ハインの中でもかなり人気が高く、ハインというブランド名を聴くとこのボトルを思い浮かべる方も多いかと思います。

ハインのシンボルマークである鹿をそのままに表した非常にインパクトが強いボールドボトル。

ボトルのゴールドの色も威厳のある立ち振る舞いの鹿の様子も、まるで王者の貫禄を表しているかのようです。

見た目のインパクトもあり色やデザインからみてもプレゼントに向いているハイン エクストラ 鹿ボトル リモージュ ゴールド。

大切な方に贈ったなら絶対に喜んでいただける一品です。

味わいは優しい甘味の中にアクセントとなるスモーキーさが感じられます。

香りは非常に華やかでエレガントなフルーティな香りが特徴的で、見た目のデザインとも合った品格の高いコニャックを印象付けます。

ハイン エクストラ 鹿ボトル リモージュ ゴールドは現在、通販サイトを参考にすると2万円程の価格が相場となっています。

買取査定額は1万円とこちらも高値になっており人気の高さがうかがえますね。

もしハイン エクストラ 鹿ボトル リモージュ ゴールドをいただいたなら、部屋に飾っておくも良いでしょう。

また、しっかりと味わいを楽しんでも良いですね。


ハイン ナポレオン バカラ

ハイン ナポレオン バカラは、その名の通りフランスのバカラ社製の美しいクリスタルボトルに詰められた見た目から美しく上品な一品です。

グランド・シャンパーニュで作られた上質なぶどうだけを厳選して使っているハイン ナポレオン バカラ。

こちらは15年以上もの長期熟成をしたのち、ボトリングされています。

長期熟成を経たハイン ナポレオン バカラは、まろやかな甘さとアクセントとなるスパイシーさが感じられる上品な飲み口になっています。

ネックにはやはりハインのシンポルである鹿のネックがつけられており、高級かつエレガントなイメージを感じます。

栓までクリスタルガラスを使われているバカラのクリスタルボトルは、それだけでも価値があり需要がある品ですね。

現在ハイン ナポレオン バカラは、2万5千円程の価格が相場となっていますが、市場に存在するボトルは数少ないようです。

買取査定額も1万5千円と、売価と比べると高額になっています。

もし入手したいという方は、種類取り扱い店に直接問い合わせたり、公式サイトで予約をしたりすることが最も確実でしょう。


ハイン トーマスハイン ファミリーリザーブ バカラ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cognac HINEさん(@hinecognacs)がシェアした投稿

ハイン トーマスハイン ファミリーリザーブ バカラ。

こちらは、創立者トーマス・ハインの孫たちがトーマスがフランスに来て200周年を記念して製造した、まさに“ファミリーリザーブボトル”なのです。

中身はハインの中でも酒齢250年を超えるコニャックだけをバッティングして作られています。

なので、かなり希少で簡単には手に入れることができない一品となっています。

デザインはバカラガラスボトルにハインらしい鹿のシンボルマーク。

その周りにはコニャックの原材料でもあるぶどうの実やツルがあしらわれています。

見た目もかなり可愛らしくて人気が高そうな銘柄です。

ボトルにはしっかりとバカラの刻印がされており、専用の小さなアタッシュケースのような箱は上品な薄ピンク。

お酒を飲み終わった後には葉巻入れとして使う方も多いと言います。

かなりおしゃれで上品な化粧箱ですね。

ハイン トーマスハイン ファミリーリザーブ バカラは現在、市場ではほぼ出回っていません。

ですが、過去の価格を参考にすると80万円は優に超える価格で販売されています。

買取査定額も120万円と、かなり高値になっています。

なので、もしもハイン トーマスハイン ファミリーリザーブ バカラを所有している方は売るかどうかは別としてもかなり大切に扱うことをお勧めします。

飾っておくもの良いですが、これほどの品は日焼けしたり傷がついたりしないように保管した方が価値も上がりますね。

保管方法がわからない場合などには、お酒買取専門店に相談をすると丁寧に教えてもらうことができます。

売らなくても相談をすることは可能ですので、ぜひ一度、連絡を入れてみてください。

ハイン ナポレオン バカラとはどんなもの?

ハイン ナポレオン バカラとは?

ハイン社のブランデーは日本ではとても貴重であると言われています。このハイン社は日本ではあまり馴染みがないと思っている人もいるかもしれませんが、このハインは、英国王室御用達のブランドです。

 

ハインというとボトルの形がユニークということでも知られています。中でもエクストラ鹿などはとても面白いです。インテリアとして飾っていても面白いです。

ハインの中でも人気があるのが、ハイン ナポレオン バカラボトルです。クリスタルのボトルに入っていて、お酒としてだけではなく、インテリアなどとしても人気があります。日本では出回っている数がかなり少ないので、家にハイン ナポレオン バカラがあるという場合には、買取査定を依頼すると、高価買取を期待することが出来るかもしれません。

査定については出張買取をやっているところもあるので、そのようなところに依頼をするというのもおすすめです。

同じお酒の種類としては、ハイン ナポレオン 凱旋門型などもユニークな形をしているので、とても楽しむことが出来ますし、高価買取を期待することが出来るでしょう。このようなお酒が自宅で眠っているという場合には、査定を依頼してみるとよいでしょう。

ハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルは希少品?買取価格はいくら?

ハインと言えば、イギリス王室御用達のコニャック公式サプライヤーです。

エリザベス女王が好む高級で高品質なコニャックを作り続けているハインですが、今回はハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルという商品をご紹介します。

ハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルとはどのような銘柄なのか、買取価格はいくらくらいになるのかなど、この商品の買取査定を希望している方に役立つ情報をお伝えします。

 

■リモージュとは?

 ハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルのリモージュとはどういう意味なのでしょうか?

リモージュとはフランス中部のリムーザン地方にある町の名前です。

ここでは上質なカオリンと呼ばれる土が産出するため、陶器の町として非常に有名なのです。

リモージュの陶器の大きな特徴は、リモージュで産出するカオリンや長石、石英を原料として施釉と焼成を何度も繰り返して作られる、透明感のある美しい白い磁肌です。

リモージュの陶器製造の歴史はかなり古く、1768年にカオリンが産出することがわかってから今日に至るまで陶器が作られてきました。

 

リモージュはお酒のボトルとしてもよく使われています。

カミュのナポレオンブックやラーセンのシップボトル、ヘネシーの樽型ボトル、マックギボンズのゴルフボトル、ジャノーのXOイーグルや地球儀、シャボーXOのグースボトルなど様々です。

陶器は色彩豊かに着色できますし様々な形に造形することもできるため、美しい芸術的なデザインのボトルが多くのブランデーメーカーから生み出されてきました。

このような芸術的なブランデーボトルはブランデー愛好家の中で人気が高く、そのボトルだけでも高値で取引されるのです。

 ■ハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルとは?

 ハインのリモージュボトルには、ハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルだけでなく、ナポレオンの凱旋門ボトルも存在します。

その名の通り凱旋門の形をしたボトルで、リビングに飾っておけば美しいインテリアにもなりそうです。

そして、ハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルは美しい青色のボトルです。

滑らかなストライプのラインが曲線状になって流れるように描かれており、栓も同じ造形になっていて一体感があります。

非常に美しい仕上がりとなっており、ブランデー愛好家が好む商品です。

 ■ハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルを高価買取してもらうためには?

 この商品をもし持っていたら、ぜひ買取査定に出してみてください。

青い外箱とボトルが未開封完全品でそろっていれば、高価買取価格で買い取ってもらえるでしょう。

色々な買取店に査定を依頼し、最も高値を付けてくれる買取店に持ち込んでください。

 ■まとめ

 ハイン・XOブルーリモージュ陶器ボトルはリモージュボトルの青い色彩が美しい、非常に人気の高い商品でした。

もし、自宅にお持ちの方は、ぜひ買取査定に出してみてください。

人気商品なので、高価買取価格が付くかもしれません。

ハイン・ヴィンテージコニャック1975とはどんなブランデー?価格は?

ハインというブランデーメーカーをご存知でしょうか?

その歴史は250年にも及ぶ老舗メーカーで、今まで世界中に高品質なブランデーを送り出してきました。

ここでは、ハイン・ヴィンテージコニャック1975について、詳しくご紹介します。

自宅にこの銘柄をお持ちの方は、ぜひ参考になさってください。

 

■ハイン・ヴィンテージコニャック1975とは?

ハインはグランドシャンパーニュの中心のジャルナックの地にあります。

創始者はトーマス・ハインで、1763年に創業した老舗ブランデーメーカーです。

ハインのコニャックはイギリス王室御用達でもあり、1962年以来イギリス王室向けにコニャックを納める栄誉を守り続けています。

 

ハインが持つ葡萄畑は、最も質が良いと言われるグランドシャンパーニュとプティットシャンパーニュです。

特に、グランドシャンパーニュにあるボヌーイ村の自社専用葡萄畑が有名です。

このハインの自社葡萄畑には、最高品質のユニブランの葡萄が生産されています。

 

ハインのラインナップはどれも人気が高いですが、特に人気が高いのがヴィンテージシリーズです。

ハインのヴィンテージシリーズのラインナップは1957年からしばらく飛んで、1975年、1976年、1982年、1983年、1985年から1992年まで続きます。

また、ハイン・ドメーヌ・ボヌーイという銘柄が2005年、2006年と発売されています。

最も古い1957年物を除けば、最も古いのが1975年ということになります。

ですから、ハイン・ヴィンテージコニャック1975は非常に希少価値が高いのです。

 

1975年のものは非常にパワフルで、タンニンやスパイシーなフレーバーが特徴です。

スパイスやオークウッドの香りが強く、とても長い余韻が残ります。

希少なハイン・ヴィンテージコニャック1975を口に含めば、強い香りと香りの変化、そして、余韻を長く楽しむことができるでしょう。

高級で贅沢な時間を過ごせることは間違いありません。

 ■ハイン・ヴィンテージコニャックを高価買取してもらうためには?

 ハインのブランデーを日本に輸入している正規輸入代理店は非常に少なく、日本ではとても手に入りにくくなっています。

そのため、もし貴重なハイン・ヴィンテージコニャックをお持ちなら、高価買取価格が付く可能性が高いでしょう。

では、どうすれば高価買取価格が付くのでしょうか?

まずは、お持ちのブランデーの保存状態が重要です。

外箱は付いているか、ボトルに傷やラベルの破れなどがないか、未開封品であるかなどをチェックしてください。

 

また、ハインのブランデーの希少価値を正しく知っているかということも重要です。

価値を正しく知ることで、買取店との価格交渉を有利に進めることができるでしょう。

 そして、最も大事なことが、複数の買取店に査定を依頼することです。

価格を比較して、最も高値を付けてくれる買取店に買取を依頼しましょう。

そうすることで、買取価格をアップさせることができます。

 ■まとめ

 ハインのヴィンテージコニャックについて見てきました。

1975年物は特に価値が高いということがわかっていただけたと思います。

もし、自宅にこの銘柄が眠っているのであれば、ぜひ買取査定に出してみてください。

高値が付く可能性が非常に高いでしょう。

  • ハイン トーマスハイン ファミリーリザーブ バカラ

  • ハイン トーマス・デ・マリアージュ バカラ

  • ハイン ナポレオン バカラ

  • ハイン ヴィンテージコニャック 1975

  • ハイン エクストラ 鹿ボトル リモージュ ゴールド

  • ハイン エクストラ

  • ハイン XO 鹿ボトル リモージュ ブルー

  • ハイン XO ブルーリモージュ 陶器ボトル

  • ハイン ナポレオン エクストラファイン