お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

ヘネシー買取

ランキング商品名買取価格(3月20日更新)
ヘネシー 1ヘネシー リシャール 現行品170,000円
ヘネシー 2ヘネシー リシャール 旧ボトル150,000円
ヘネシー 3ヘネシー 金キャップ グリーン18,000円
ヘネシー 4ヘネシー 金キャップ クリア15,000円
ヘネシー 5ヘネシー XO 現行品10,000円

概要

ブランデーの名前にXOやVSOP・VSといった記載がされているのをご存じでしょうか。

ブランデー好きや購入経験のある方は良く知っているかもしれませんね。

この記載は、ブランデーのランクを表しています。

そんなブランデーのランクはメーカーごとに少しずつ基準が違ってきます。

しかし、このXOやVSOPといった記載はブランデー業界でしっかりと決まっているランクになります。

しっかりと決まったランクであれば、ブランデーの購入基準として選ぶことができ購入者側も安心ですよね。

そんなブランデー業界の基準を作ったのが今回ご紹介する『ヘネシー』になります。

業界を先駆けてブランデーの品質をランク付けするなどの先駆者である『ヘネシー』とはどのようなお酒なのか、歴史を紐解きながら見ていきましょう。

ヘネシーの歴史

ヘネシー(引用:MHD

ヘネシーは、日本国内でもコニャックの中で最も有名といっていいブランデーです。

高級クラブなどへ行けば、100万円をゆうに超える価格で販売されるなど高級酒の代表です。

そんなヘネシーの始まりは、1765年リチャード・ヘネシー氏がブランデー造りを始めたことから歴史が始まります。

彼は、アイルランドからフランスへ来た移民でした。

当時は、軍人としての地位を確立していた彼でしたが、フランスに来たことでコニャックと出会いその魅力に取りつかれます。

そして、軍人としての地位を捨てコニャック造りに没頭します。

1765年当時はまだブランデーの製造方法が完全に確立されていない時代でした。

しかし、そんな時代の中で、リチャード・ヘネシーはブドウから製造にいたるまで細部にこだわりを見せ最高品質のコニャックを作り上げていきました。

そして、ブランデーのランクを熟成年月で分けるというランクの基準をいち早く確立。

現在のブランデー業界の基準となるなど、業界への多大な影響を与えてきました。

現在に至るまで、品質を維持し最高のコニャックを世界中へ届けているのがヘネシーです。

では、そんなヘネシーのこだわりとはどのようなものでしょうか。

ヘネシーの製法とこだわり

まずヘネシーのコニャックを製造する上で重要なのは、ブドウへのこだわりです。

使用するブドウは、

  • グランド・シャンパーニュ
  • プティット・シャンパーニュ
  • ボルドリ
  • ファン・ボア

この4つの区画のブドウのみ使用しています。

さらに、この区画から収穫されたブドウを厳選して使用するというこだわりを持っています。

次に、蒸留されたブランデーを樽で熟成する工程のこだわりです。

この工程で重要なのは使用する樽になります。

この樽をヘネシーは、樹齢100年以上の木を使用して造られた樽を使用することにこだわっています。

100年以上の歳月を生きた木からできる樽を使用することで、最高の原酒が熟成されると考えているのです。

さらに、この樽を数百個とバリエーション豊かにそろえ、様々な樽でブランデーを熟成させることにより、1つとして同じ味のない原酒が多く熟成されます。

こうして熟成された数十万樽という大量の原酒がヘネシーにはたくさん眠っています。

そして最後にヘネシーにおいて最後のこだわりとなるのが、「ブレンダー」です。

ヘネシー社には有能なブレンダーが存在します。

彼らは多くの原酒をブレンドするだけでなく、ブドウ農家からの高品質なブドウや原酒の買い付けをおこなうという目利きも行います。

また、自社の原酒とブレンドするなど、ヘネシーの味を決定する役割を担っています。

ヘネシーの最高のブレンダーが創業当時からの最高の品質と最高の味わいを維持しています。

では、ヘネシーの味わいとはどのようなものでしょうか。

ヘネシーの味わい

ヘネシーの味わいは、上品なまろやかさを持った芳醇で甘い味わいです。

しかし熟成期間の短いものは辛みがありブドウの風味がしっかりと際立つ淡麗なすっきりとした味わいです。

熟成期間が長いものになるほど、甘くまろやかで芳醇な香りが立ち、キレの良いさらっとしたのど越しが特徴的な味わいとなります。

熟成期間が違うことで変化のとんだ味わいが感じられるコニャックです。

  • 熟成期間が長いものがXOランクとなり熟成期間最低10年以上
  • 短い熟成期間のものは、VSやスリースターといった最低熟成期間3年以上

というコニャックになります。

では、ヘネシーの商品をいくつか紹介しましょう。

ヘネシーの商品紹介

ヘネシー VSOP

ヘネシー VSOP(引用:Amazon
  • 熟成期間5年以上の原酒
  • 2区画の畑※から取れたブドウから作られた原酒

をブレンドしたコニャックです。

※「グランド・シャンパーニュ」と「プティット・シャンパーニュ」

ヘネシーらしさがでた上品で澄んだ淡麗という味わいが特徴の逸品です。

ヘネシー パラディー

ヘネシー パラディー(引用:Amazon

ヘネシーの中にある古酒熟成庫という特別な原酒が眠る倉庫の原酒をブレンドしてつくられたコニャックがパラディーです。

こちらは、数万円以上する高価なコニャックです。

ただ、ブレンドされている原酒の中には130年の熟成がされた原酒が使用されているなど非常に貴重な原酒がブレンドされている逸品。

そのため、価格よりも価値があるとして人気の高いお酒となっています。

非常に上品で芳醇な味わい、甘さと香り立ちの良さは絶品で、ぜひストレートでヘネシーの熟成の歳月を感じて頂きたいコニャックです。

ヘネシー リシャール

ヘネシー リシャール(引用:Amazon

ヘネシーの中で最高級のお酒がこのリシャールです。

上記2種類とは桁外れの価格です。

ただ、バカラ社製の特注ボトルに入ったコニャックは、ブレンドされている原酒の中に100年以上の熟成がさているものがブレンドされるなど、ボトル・原酒共に最高級の逸品です。

まとめ

ヘネシーは、創業者がコニャックの魅力にみせられたところから始まり、コニャックの製造の細部にまでこだわりながら造られたこだわりの詰まったお酒です。

そのこだわりが業界に影響を与え、ブランデーのランクの指標となりました。

現在に至るまで創業者のこだわりは守られ、常に最高品質のコニャックを造り続け世界中に愛されるお酒となっています。

ヘネシーの豆知識

ヘネシーの銘柄と歴史!現在の売価や買取相場は?

お酒をよく飲む方、それほどでもない方、共にヘネシーという名前くらいは聞いたことがあるかと思います。

ヘネシーはコニャック、ブランデーのブランドの中ではかなりハイブランドで世界的にも有名なブランデーです。

ヘネシーの知名度が高いのは、価格が高くて高級感があるからだけではなく、長い歴史とこだわりの強さも人気の理由となっています。

今回は、そんなヘネシーの詳しい銘柄や歴史、価格についても軽く触れていきたいとおもいます。

ヘネシーとは?

フランス原産のぶどうだけを使って作られたブランデーの中でも最高峰のブランドとして認定されたものがコニャックと呼ばれます。

ヘネシーも希少なコニャックブランドの1つ。

ヘネシーは、アイルランドからフランスに移民してきたリチャード・ヘネシーによって作られました。

それはさかのぼること1765年。

今から約260年も昔の話になります。

リチャード・ヘネシーは、フランスで飲んだコニャックの味わいと香りに魅了されて、自分でも作り始めることを決意しました。

リチャード・ヘネシーはこの当時、なんとかなりの地位がある軍人でした。

しかし、そんな地位を投げ出してでもコニャックを作りたいと奮闘し、まだコニャック作りの基盤が出来上がっていない時代にこれほど高名なブランデーを作り上げたのです。

リチャード・ヘネシーは、コニャックを作り始めた頃から数々のこだわりを持ってブランデーを作ってきました。

たとえば、ブランデーを熟成させるために用いる木は、樹齢100年以上出なくてはならなかったり、フランスの格付けされているぶどうの中でも最高峰のぶどうを原材料として使用したり…

ほかに多くのこだわりを持ち、そのこだわりを守り続けているからこそ名前だけではなく評判も高いブランドとなっていったのですね。

ヘネシー VSOP リザーブ

ヘネシーにはかなりたくさんの銘柄があり、飲むのに困ってしまうかもしれませんね。

もし、ヘネシーを飲むことを考えている方がいましたらまずはヘネシー VSOPから始めると良いでしょう。

ヘネシー VSOPはヘネシーの中では最もスタンダードで飲みやすい銘柄になります。

シャンパーニュ地方の上質なぶどうだけを厳選して原材料として作られているヘネシー VSOPは、ブランデーやシャンパンにあふれるフランスの中でも高級品として扱われています。

味わいは繊細でエレガント。

上品さあふれる華やかな香りと辛口の強いアルコール感が特徴です。

ヘネシーブランドのブランデーは、スッキリとしたしつこさのない甘みが特徴です。

そのため、食事にも合わせやすくこってりタイプのフランスイタリアン料理からさっぱりとした日本料理まで幅広いジャンルで楽しむことができます。

ヘネシー VSOPは現在、8千円前後で売られており簡単に購入できるものではないかもしれませんが、ぜひヘネシーを飲んでみたいという方がいましたらぜひここから始めることをオススメします。

ちなみにヘネシー VSOPの新品同様の品の買取査定額は3千円ほど。

もしもいただいた場合には飲むことをオススメします。

ヘネシー リシャール

特別仕様の限定ボトルを除くと、ヘネシーの中で現在一番高価な銘柄と言われているのがこちらのリシャールです。

リシャールには現行ボトルと旧ボトルが存在しますがいずれも価格はかなり高額となっており現行品ですと30万円以上もの価格で売買されています。

旧ボトルは現行ボトルよりも希少価値が高いため、それ以上の価格になる傾向がありますね。

酒齢100年以上もの希少で長期熟成されたブランデー原酒が込められているヘネシー リシャールは、フランスのバカラ製のクリスタルボトルに詰められています。

リシャールという名前はホストや高級クラブなどでよく聞く名前ですよね。

売価は30万円ですが、このようなお店で飲む際にはボトルで100万円を越すことも少なくありません。

ヘネシー リシャールがこのような華やかな場で愛される大きな理由は、華やかでフルーティな香り。

女性が飲んでもきつさを感じないスッキリとした甘味とフルーツの爽やかな酸味。

そして、バカラのクリスタルガラスボトルの見栄えなどでしょう。

ヘネシー リシャールはお酒買取査定をすると現行ボトル旧ボトルともに15万円前後で取引されやすいです。

また、価値の高いバカラ社製のクリスタルボトルを使っていることから、空ボトルでも価値がありますので飲み終わった後でも大切に保管しておくことをおすすめします。

ヘネシー パラディ

酒齢25年から130年もの幅広く希少な原酒を100種類以上も厳選してバッティングしたのがこちらのヘネシー パラディシリーズです。

ヘネシー パラディにもいくつかの銘柄があり、現行品からエクストラ、インペリアルなどの種類があります。

ちなみにヘネシー パラディの“パラディ”とはパラダイス、つまり楽園という意味が込められています。

パラディという格付けは他のブランデーでも多く使われる銘柄ですが、ヘネシーの場合はXOよりも高級で希少なブランデー原酒をパラディと呼びます。

たくさんの種類の原酒をバッティングしていることから、味わいは甘味や酸味、辛味なども感じられる味わい豊かな仕上がりとなっています。

香りはヘネシーらしいナッツやドライフルーツのようなさっぱりとした甘い香り。

女性でもスッキリと飲める飲みやすさですね。

ヘネシー パラディは現行品、エクストラ、インペリアルと品質が高くなるごとに価格も高額となり、現行品でも現在15万円ほどのお金を出さなくては購入することはできません。

買取価格はヘネシー パラディシリーズで平均6万円前後の価格が相場となっており、高額であることがうかがえますね。

機会がありましたらぜひ味わっていただきたい銘柄です。

ヘネシー XO

ヘネシー XOは、ヘネシーの中でも最もブランドのこだわりを最優先に作られた銘柄と言われています。

XOというのはブランデーの等級を表す記号で、VS、VSOP、XOの順で等級が高くなっていきます。

ヘネシーの【ぶどうの旨味を守りながら辛口に】というコンセプト通りに、ぶどうの旨味はそのままに端麗な辛口のシャンパンのような味わいを作りました。

ヘネシー XOはストレートで飲むと、ヘネシーらしさというものをそのままに感じることができます。

飲む際にはストレート、もしくは冷やしたい場合にはクラッシュアイスを用いたロックで飲むことをおすすめします。

現在ヘネシー XOの売価は2万円程。

一般的なXOの買取価格は6千円となっていますが、銘柄が沢山あるXOシリーズは物によっては買取価格が3万円を越すバカラグラスのものもあります。

コニャックを初めて飲む方もそうではない方も楽しむことができるヘネシー XOは、まずはクリアラベル黒キャップのスタンダードなものから飲んでみると良いでしょう。

食事に合わせる際には、ヘネシーXOのすっきり感をより感じるためにフランス料理やイタリアンなどのようなこってりとした味わいの料理と合わせると、より旨味を感じやすくなりますよ。

飲む際には、少し冷やしてから飲むと香りも高く感じられますし味わいもより深くてコクがある風味に感じられます。

飲む機会がありましたら、ぜひ温度や飲み方にもこだわりを持ってみてください。

きっと、こだわりを持って自分の好きな温度や飲み方を見つけた方が美味しくいただくことができますよ。

ヘネシー シルバートップの買取金額とは?

ヘネシー シルバートップについて

ヘネシー シルバートップとはどのようなものなのでしょうか?ヘネシー シルバートップの大きな特徴としては、ブック型の箱に入っているという点です。このブック型の箱については青いものと、赤いものがあります。

ヘネシー シルバートップの買取で高価買取をして欲しいと考えているのであれば、この箱もしっかりととっておくようにするのがよいでしょう。箱があるかどうかによって査定金額は変わります。このお酒を少しでも高い値段で売るためには、箱もしっかりととっておくようにしましょう。お酒の買取というと多くの人が悩むのが近所にはそのようなお酒の買取専門店はないということですが、家の近くになくても最近ではインターネットでも簡単に業者を見つけることが出来ますし、出張買取を行なっているところもたくさんあります。

 

買取査定を依頼するという場合にはそのような出張買取を利用してみるのもおすすめです。買取については、箱があっても汚れていたりすると査定の時に、安くなってしまうということもありますので、注意をするようにしましょう。

 

家に眠っている不要なお酒は買取をしてもらうのがおすすめですよ。欲しいという人もたくさんいるので、飲まないのであれば売るとお金に変わりますよ。

 

色々な売却方法がありますが、このブランデー買取をご希望ならお酒買取専門店のリンクサスを推奨します。とても高く買取してくれる業者なので、ご検討してみると良いですよ!

ヘネシー XO クリアボトル 黒キャップの買取依頼をしてお小遣い稼ぎ

 お小遣い稼ぎに不要なお酒を売りませんか?

家の中には、意外と不要なものが多いというのは、どこの家庭でも同じですよね。家の中で、不要なお酒などが眠っているということはないでしょうか?お酒には、色々なものがありますが、ヘネシー XO クリアボトル 黒キャップが家に眠っているということは少なくありません。

このヘネシー XO クリアボトル 黒キャップの買取査定を依頼するとちょっとしたお小遣いになるなんてこともあります。お酒の高価買取に力を入れているお店はたくさんあるので、査定を依頼してみるとよいでしょう。宅配買取や出張買取などに対応しているお店もたくさんあります。

ヘネシーの場合には現行のものはもちろんですが、旧ボトルの買取も行っている場合がほとんどです。お家の中に眠っていないかチェックしてみるとよいでしょう。また、少しでも高価買取をしたいという場合には、やはり大切に保存をするようにするということが大切です。保存状態によっても買取価格というものは大きく異なります。

また、ヘネシーを購入したいという場合には、Amazonなどでも購入することが出来ます。種類によって価格は異なりますが、安いものであれば2万円以下で購入することが出来るものもあるので、飲んでみるとよいでしょう。

ヘネシー・VSOPリザーブ樽型は人気商品!その高価買取価格とは?

ヘネシーは最も人気が高いブランデーの銘柄の一つですが、その中でも今回はヘネシー・VSOPリザーブ樽型についてご紹介したいと思います。

どれくらいの価値があるのか、その買取価格はいくらになるのか、などについてご説明していきましょう。

 

■ヘネシー・VSOPリザーブとは?

 ヘネシーと言えばVSOPと言われるほど、人気が高い銘柄です。

ブランデー好きなら常識かもしれませんが、VSOPとはお酒の熟成期間をさします。

熟成期間の低い方からスリースター(3年目)、VS(3年)、VSOP(5年)、ナポレオン(7年目)、X.O.(7年)となっています。

カッコ内は熟成期間を表し、VSOPは熟成期間が5年ということになります。

 

そのヘネシー・VSOPにも、ヘネシー・VSOPスリムボトル、ヘネシー・VSOPプリヴィレッジ、ヘネシー・VSOPリザーブの3種類があります。

ヘネシー・VSOPリザーブは最も古い年代のもので非常に味わい深く、光沢のあるボトルが高級感を感じさせてくれます。

ヘネシー・VSOPリザーブは、最も人気の高いヘネシーのVSOPの中でも一番ランクが高い商品ということになります。

■ヘネシー・VSOPリザーブ樽型の価値は?

 では、ヘネシー・VSOPリザーブの樽型とはどのような商品で、どれくらいの価値があるのでしょうか?

ヘネシー・VSOPリザーブ樽型のボトルは、その名の通り樽の形をしています。

ブランデーの熟成樽をイメージした樽型のボトルには、黒地にゴールドの枠とラベルがついており、ゴールド色が非常に美しく映えます。

普通のボトルで飲むよりも、熟成されたブランデーを飲んでいるという雰囲気を楽しめるデザインになっているのではないでしょうか?

もちろん、リビングに飾れば高級感あふれる空間を演出してくれるでしょう。

ブランデーファンなら一本は飾っておきたい、プレミアムな一品と言えます。

そして、このヘネシー・VSOPリザーブ樽型は非常に希少価値が高く、高価買取価格が付くことでも知られています。

状態が良ければ数万円で取引されることもありますから、自宅にお持ちの方はぜひ査定に出してみてください。

 ■ヘネシー・VSOPリザーブ樽型を高価買取してもらいたい!

 自宅の倉庫にヘネシー・VSOPリザーブ樽型が眠っていたという場合、どうしたら良いのでしょうか?

そのまま倉庫にしまっておくのはもったいないですよね。

せめて、柔らかい布できれいに拭いて、リビングに飾っておきたいものです。

 

でも、このヘネシーは親父が買ったもので自分は興味がないなどという場合は、買取店に買い取ってもらうことをおすすめします。

未開封で保存状態が良ければ、高値が付く可能性もあります。

そして、一つの店で買取を決めるのではなく、複数の店に査定を依頼してもらってください。

そうすることで、より高値を付けてくれる店に売ることができます。

もちろん、ヘネシー・VSOPリザーブ樽型の価値を正しく知っておき、買取店のスタッフに安く買いたたかれることが無いようにしておくことも重要です。

 ■まとめ

 ヘネシー・VSOPリザーブ樽型について見てきました。

とても人気の銘柄で、しかも希少価値の高い樽型のボトルなので、高価買取価格が付く可能性があることがわかっていただけたと思います。

もし自宅にお持ちなら、ぜひ買取査定を依頼してみてください。

ヘネシー XO クリアボトル 黒キャップの買取依頼をしてお小遣い稼ぎ

お小遣い稼ぎに不要なお酒を売りませんか?

家の中には、意外と不要なものが多いというのは、どこの家庭でも同じですよね。家の中で、不要なお酒などが眠っているということはないでしょうか?お酒には、色々なものがありますが、ヘネシー XO クリアボトル 黒キャップが家に眠っているということは少なくありません。

このヘネシー XO クリアボトル 黒キャップの買取査定を依頼するとちょっとしたお小遣いになるなんてこともあります。お酒の高価買取に力を入れているお店はたくさんあるので、査定を依頼してみるとよいでしょう。宅配買取や出張買取などに対応しているお店もたくさんあります。

 ヘネシーの場合には現行のものはもちろんですが、旧ボトルの買取も行っている場合がほとんどです。お家の中に眠っていないかチェックしてみるとよいでしょう。また、少しでも高価買取をしたいという場合には、やはり大切に保存をするようにするということが大切です。保存状態によっても買取価格というものは大きく異なります。

また、ヘネシーを購入したいという場合には、Amazonなどでも購入することが出来ます。種類によって価格は異なりますが、安いものであれば2万円以下で購入することが出来るものもあるので、飲んでみるとよいでしょう。

ヘネシー・カンロマンとはどんなブランデーなの?買取価格は?

ヘネシーと言えば有名ブランデーメーカーですが、ここではそのブランデーの王道ヘネシーの中でも珍しい銘柄をご紹介します。

それは、ヘネシー・カンロマンという銘柄です。

ヘネシー・カンロマンとはどのような銘柄なのか、どれほどの価値があるのかについてご紹介したいと思います。

■ヘネシーのカンロマンとはどのようなブランデーなのか?

ヘネシーのカンロマンという銘柄は聞いたことがない、という方も多いと思います。

確かに、ヘネシー・X.Oなどという有名な銘柄に比べると、メジャーではないかもしれません。

カンロマンは、シングル・ディスティラリー・コニャックと呼ばれます。

このシングル・ディスティラリー・コニャックとはいったい何のことなのでしょうか?

これは、ウィスキーのシングルモルトのようなものだと思ってください。

 

近年、シングルモルトのウィスキーがもてはやされるようになりました。

シングルモルトウィスキーは、モルトそのものの魅力を最大限に味わうことができるため人気が高まっています。

このようなシングルモルトウィスキーの人気の高まりを受け、ブランデーメーカーも原酒の魅力を愛好家に伝えられないかと考えるようになったのです。

普通、ブランデーは様々な種類の原酒をブランディングしたものですが、原酒そのものの魅力を伝えたいということで製造されました。

ヘネシー社はカン・ロマンという蒸留所で、シングル・ディスティラリー・コニャックを作りました。

カン・ロマンとは「ローマの駐留地」という意味です。

100年もの歴史があるカン・ロマン蒸留所は、リモージュとアングレームという地の間にあり、ローマの皇帝アグリッパが作った道路沿いにあります。

 

では、カンロマンの味わいはどうなのでしょうか?

カンロマンは焼きたてのパンのような香ばしい香りを放ち、モルトウィスキーのような力強い味わいを持つと言われています。

とても個性的な味わいのコニャックです。

 ■価格は決して高くないがマニアは好む

ヘネシー・カンロマンの価格こそ決して価格はありません。

買取価格にしても数千円前後となっており、数万円もするようなヘネシーパラディのような高価なブランデーとは全く違います。

しかし、ブランデーのシングルモルトバージョンというその珍しさと、個性的な味わいという要素から、ブランデーマニアがコレクションしたいと考える銘柄です。

決して価格は高いとは言えませんが、確実に欲しいと考える愛好家が多いと言えそうです。

■ヘネシーのカンロマンを高く買い取ってもらうためには?

では、ヘネシー・カンロマンを高く買い取ってもらうためには、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、未開封品であること、ボトルに傷などが無いことなど、保存状態を確認します。

保存状態が良くないと、価格が下がってしまいます。

また、買取店によっては買い取ってくれないところや、安く買いたたかれてしまうところもあります。

複数の買取店を回って、最も高く買い取ってもらえるところに買取を依頼しましょう。

■まとめ

ヘネシー・カンロマンは、ブランデーの中でもちょっと変わった銘柄でした。

もし、自宅にヘネシー・カンロマンが眠っているのであれば、ぜひ買取査定に出してみてください。

ヘネシーパラディ・エクストラの旧ボトルについて知りたい!

ヘネシーと言えば有名な高級コニャックメーカーですが、その中でもさらに希少価値が高い銘柄があります。

それは、ヘネシーパラディ・エクストラという銘柄です。

もし、ヘネシーパラディ・エクストラが自宅にあるが場合は、どうすれば良いのでしょうか?

しかも、さらに希少価値が高い旧ボトルだったらどうでしょうか?

その価値について見てみましょう。


■ヘネシーパラディ・エクストラの旧ボトルとは?

ヘネシーはコニャックの王様と言われています。

世界中のブランデー愛好家たちから愛されているコニャックメーカーなのです。

ヘネシーと言えばXOが最も有名ですが、ヘネシーパラディはさらにランクが高い銘柄です。

どのような味わいなのか、知りたいですよね。

 

ヘネシーパラディ・エクストラの「パラディ」とは、「パラダイス」を指します。

1979年に作られましたが、その当時のヘネシーのマスターブレンダーはモーリス・フィユーなる人物でした。

彼の祖父は高品質な原酒を残しており、彼はそれを使ってヘネシーパラディを作り上げたのです。

一昔前のブレンダーの祖父の代の原酒ですから、かなり熟成度が高くマイルドな味に仕上がっているでしょう。

その色は赤みがかかった深い琥珀色で、芳醇で深い香りが長く続き、余韻が非常に長いのが特徴と言われています。

ぜひ味わってみたいものですね。

 

なお、エクストラ以外にもインペリアルという銘柄もあり、こちらの方がグレードは高くなっています。

また、ボトルが旧ボトルか現行品かによっても若干価値が変わり、旧ボトルの方が高価買取されやすいです。

ボトルが丸みを帯びているのが現行品で、角ばっているのが旧ボトルになります。


■ヘネシーパラディ・エクストラをできるだけ高く買ってもらいたい!

ところで、ヘネシーパラディ・エクストラは、いくらの値がつくのでしょうか?

実際、その買取価格をはっきりと断言することはできません。

なぜなら、買い取り対象の保存状態、買取店の在庫状況、買取時の需要など様々な要因によって買取価格は大きく変化するからです。

ただ、定価から5~8万円前後の買取価格が付くでしょう。


■ヘネシーパラディを売りたい!

では、できるだけ高い価格で買い取ってもらうためには、どうすればよいのでしょうか?

まず、自分でボトルが旧ボトルなのか現行品なのか、この銘柄にはどのような価値があるのかなど、商品知識を知っておくことが重要です。

そして、買取相場をある程度抑えておきましょう。

そのうえで、複数の買取店を回り、最も高値で買い取ってくれる買取店を選びましょう。

もちろん、保尊状態の良い外箱が付いており未開封状態だと価値が上がります。

 


■まとめ

ヘネシーパラディ・エクストラの旧ボトルが、かなり希少価値の高い高価なブランデーであることがわかっていただけたと思います。

もし、自宅にヘネシーパラディ・エクストラがある場合は、ぜひ買取査定に出してみてください。

ジャズヘネシー XOのグリーンボトルで金キャップって現行品と違うの?!

ジャズヘネシー XOは、ヘネシーXOとなにが違うのか、高価買取と合わせて解説します。

ジャズヘネシー XOとは、どのようなお酒でしょうか。通常のXOとの違いはなんでしょうか、買取に差が出るのかなどを簡単に解説します。

ヘネシーは、世界的に有名なブランデーの会社です。この会社は、ブランデー造りに情熱を注いで作られています。使用する白ブドウの栽培場所は特定の4カ所からのものを使用しています。

 

これは、この4カ所の土壌が、コニャックを製造するためのブドウに最適な土壌であるためです。このように、栽培土壌もこだわって製造される原酒は、世界最大級の貯蔵庫でこだわりの樽に入れられて熟成されていきます。

この熟成期間は短いもので50年という歳月をかけます。そしてこの貯蔵庫の中には200年以上も熟成保管されている原酒まで存在します。

この熟成樽の数は、30万個もあるといわれており、この中から最高級のコニャックとなったものをブレンダーがブレンドし、最高級ブランデーが出来上がるのです。

この手間と情熱が入ったブランデーは、世界中にファンがいます。このブランデーの中でもXOは、特に人気が高いものです。

では、ジャズヘネシーXOとは通常のものと何が違うのでしょうか。

■ジャズヘネシー XOとは?

このお酒は、XOの中で最も販売された時期が古いXOです。そのため、表のラベル表記に通常は「ヘネシー」と書いてあるところこのお酒には「ジャズヘネシー&シー コニャック」という記載がされていることから、このように呼ばれているものです。

つまり、ジャズヘネシーXOは、ヘネシーXOのビンテージである古酒ということになります。特徴として、金のキャップが付きボトルの色は緑色をしているものです。

現行品と比べても違いが多く、ヘネシーの中で最も古いXOであることがわかります。

■高価買取される?

ヘネシーXOは、黒キャップ・金キャップのクリアボトルとグリーンボトルの3タイプで買取査定金額がかわります。ジャズヘネシー XOといわれる、ヘネシーXO 金キャップのグリーンボトルでは、いくつか種類があるうちで最も高額となるブランデーです。ベリーオールドボトルとなるので、最高額となります。グリーンはクリアボトルと比べてうっすらと緑がかっています。

高価買取はされるお酒ですが、未開封であることや、付属品の箱を保管し大切にしておくことで減額を避けて高価買取につながります。

多くのブランデーに共通する注意事項として、未開封であっても目減りしてしまうことがあります。これは、目には見えない隙間から蒸発していってしまっているということです。こうなってしまうと、開封扱いになってしまいますので、注意が必要です。

■まとめ

ジャズテネシーXOは外観が金キャップでありボトルが緑色をしています。ラベルにもジャズテネシーとの記載があり、テネシーXOの中で最も古い古酒となります。高価買取は現行品よりの価格が高くつく傾向があります。販売時期が古いことからも、中古市場のみでしか探すことができない貴重な商品です。

ヘネシー XO エクスクルーシブコレクションとは?

ヘネシー XO エクスクルーシブコレクションとはどういったものか、ヘネシーの歴史と高価買取とあわせて解説します。

ヘネシー XO エクスクルーシブコレクションをしっていますか?創業250年を超えるヘネシー社がおこなっているこのコレクションについて、コレクションをおこなっているヘネシー社の歴史を見ていきましょう。そして、買取についても簡単に解説します。 

創業者は、リチャードヘネシーです。彼は、アイルランド出身者でした。彼は、フランスのコニャック地方でヘネシー社を立ち上げ、同時に自分の名前をリシャールに改名します。

創業者は、ブランデー作りに大きな情熱を傾けたことで知られています。創業者のひ孫の代では、コニャックの品質格付けシステムを初めて取り入れました。この格付けは、今やコニャックの世界的な基準となっています。

ヘネシーは、新たな取り組みを創造する革新的な会社でもあります。その一つとして、ブランデーと芸術家のコラボレーションをおこない、多くの作品を販売しています。

そんな会社がおこなう、XO エクスクルーシブコレクションとはどのようなものでしょうか。

■ヘネシー XO エクスクルーシブコレクションとは?

2008年から始まった、ヘネシー XO エクスクルーシブコレクションは、新しい歴史への試みをかかげ始まりました。

芸術の分野で活躍し革新的であるアーティストとヘネシーとのコラボレーションにより、これまでになかった斬新なボトルデザインを排出するというものです。ボトルの中は、高級コニャックとして知られるヘネシーXOをボトリングしてあり、得意とするコラボレーション企画といえます。

毎年、斬新なボトルデザインが販売されるコレクションですが、その中でも特に注目をあび人気があったのが、2015年の創業250周年記念シリーズ第8弾です。

これは、数量限定ということで、例年になくコレクターの間で人気がでました。ボトルは、シルバーで、近未来的な造りとなっています。中央のヘネシーのラベルとXOのラベルが印象的で、ボトルデザインがどのようなものであっても、会社の長い歴史だけが生み出すことができる品格を感じるものになっています。

そして、ボトルの中には、世界中にファンが多いヘネシーXOが入っており大満足な一品です。ここでは、2015年の商品の紹介をしましたが、毎年特別なコレクションが発売され、話題となるのが、ヘネシー XO エクスクルーシブコレクションなのです。

■コレクションで毎年出されるブランデーの高価買取は?

このヘネシー XO エクスクルーシブコレクションは、ヘネシーが未来へと続いていったとき、250年の創業記念の年に作られたコレクションとして、さらに古酒としてもコレクターが喉から手がでるほど欲しい逸品になるはずです。

そのため、高価買取が期待できる商品です。

■まとめ

ヘネシー XO エクスクルーシブコレクションは、2005年から毎年発売されるコラボ商品のシリーズのことです。この中でも、特に2015年の記念商品は人気があることから、高価買取が期待できます。さらに、シリーズをそろえることは、未来への投資にもなるものです。

ヘネシー・リシャール旧ボトルはヘネシーの中でも激レア品!

ヘネシー・リシャールをご存知でしょうか?

ヘネシーの中でも最高峰のブランデーで、高価買取価格が付く激レア品です。
ここでは、ヘネシー・リシャールについて詳しくご紹介したいと思います。

■ヘネシー・リシャールとは?

ヘネシー・リシャールの名前の由来は、ヘネシーの創業者であるリチャード・ヘネシー氏です。リチャード・ヘネシーをフランス読みにしたのが、ヘネシー・リシャールになります。ヘネシーの創業者の名前を冠したこのブランデーは、ヘネシーの中でも最も格式の高い最高級の銘柄なのです。
ヘネシー・リシャールは、100年以上も熟成された原酒を実に100種以上ブレンドして作られました。ヘネシーの中でも最上級のブランデーと言えるでしょう。

そして、その人気の理由はもう一つあります。
それは、クリスタルカラフェで作られたボトルです。美しい輝きとボリューム感、そして高級感を与える最上級品のボトルなのです。

■旧品と現行品の違いって素人でもわかるの?

ヘネシー・リシャールには、過去に製造された旧品と現在製造されている現行品があります。今では手に入らない旧品の方が一般的には価値が高くなります。
ここでは、ヘネシー・リシャールの旧品と現行品の簡単な見分け方についてお話ししたいと思います。

まず、旧品と現行品に大きな違いが表れるのは、外箱です。
現行品は黒い鏡面仕上げでフラットな長方形の箱になっていますが、旧品は深い緑色をした丸みを帯びたデザインです。
また、替え栓とボトルが買った時から一緒になっているのが現行品、別々なのが旧品です。

そして、ボトル本体にも大きな違いがあります。
ヘネシー・リシャールのボトルの周りに美しい葡萄の葉や実の装飾があるのが旧品、ないのが現行品です。
また、ボトル全体のシルエットが、旧ボトルの方が全体的に丸い印象です。
さらに、旧品のキャップはメッキ仕様になっていますが、現行品はクリスタル仕上げです。

このように旧品と現行品には、見た目で簡単に判断できる大きな違いがあります。
もし、ご自宅にヘネシー・リシャールをお持ちの場合は買取店に査定を依頼する前に、旧品なのか現行品なのかを見極めてみてください。
旧品を持っているのに、買取店のスタッフに「これは現行品だから、あまり高い値段は付きませんね」などとだまされてしまうことがないでしょう。

■自宅にあるヘネシー・リシャールを高く売るためには?

もし、ヘネシー・リシャールを持っていたら、どうすれば良いのでしょうか?
ブランデーが大好きでリビングに飾っておきたいというのであれば、柔らかい布でしっかりとお手入れをして箱と一緒に飾っておくのが良いでしょう。
しかし、このヘネシー・リシャールを買ったのは自分ではなく家族で全く興味がないという場合、買取店に持ち込んでみてください。高価買取価格が付く可能性が高いです。
旧品、現行品のどちらも価値が高く、数十万円は下らないでしょう。
複数の買取店に査定を依頼し、最も高値を付けてくれた店に売るのが良いでしょう。

■まとめ

ヘネシー・リシャールは非常に価値が高く、高価買取価格も付くことがわかっていただけたと思います。
自宅にお持ちなら、ぜひ査定に出してみてください。

ヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションにはどれくらいの価格が付く?

ヘネシーと言えばレミーマルタンと並び、世界中から愛されているブランデーメーカーです。
その中でも特に人気が高いのが、ヘネシー・XOです。
ここでは、毎年限定発売されているヘネシー・XOのエクスクルーシブコレクションについてご紹介したいと思います。

■ヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションとは?

ヘネシーと言えばXOと言われるほどポピュラーでどのバーにも置いてあるヘネシー・XOですが、毎年限定販売されているコレクションがあるのをご存知でしょうか?
それが、ヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションです。

2008年から毎年数量限定で発売されていて、年ごとにボトルの形状やデザインが異なっています。
2008年はヘネシー・XOマグニフィセンスマニフィソンス、2009年はヘネシー・XOイリデッセンス、2010年はヘネシー・XOオーパス、2011年はヘネシー・XOオデッセイ、2012年はヘネシー・XO V、2013年はヘネシー・XO Ⅵなど、それぞれの年によって名前も付けられています。
ヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションはその名の通り、コレクション性が高いラインナップです。ヘネシーファンならボトルだけでも揃えておきたいことでしょう。

また、ブランデーのコレクターのコレクション欲をそそるのが、その美しく輝くボトルと豪華な箱です。
美しくゴールドに輝くボトルと黒を基調とした箱やシルバーに輝くボトルと同じくシルバーのシャープなデザインの箱など、どれも美しく豪華なデザインになっています。
発売年によって異なるデザインのボトルや箱をコレクションしたい、ブランデーコレクターは世の中に数多くいます。しかし、ある年に発売されたバージョンを購入できなかったなどということもあるでしょう。
そんなコレクターにとって、このヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションはお宝です。そのため、自宅にヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションがある場合は、高価買取価格で買い取ってもらえるかもしれません。

■ヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションをもし持っていたら?

では、価値の高いヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションを自宅に持っていたら、どうすれば良いのでしょうか?
限定品ですが毎年発売されていたため、数十万円という値段は付きません。とは言っても数万円の値は付きますから、買取店に査定してもらいましょう。
この時、一つの店で査定してもらってすぐに売るのではなく、複数の買取店に持ち込むのがポイントです。いろいろな買取店に査定してもらって、最も高値を付けてくれた店に買取を依頼するようにしましょう。

■まとめ

ヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションについて見てきました。
数量限定で販売されるため価値が高く、さらに、ヘネシー・XOという人気のブランデーであること、そして、豪華なボトルと箱に入っていることから、高価買取価格が付けられることがわかったと思います。
自宅にヘネシー・XOエクスクルーシブコレクションが眠っているならば、ぜひ買取査定に出してみてください。

ヘネシー・XOクリスタルバカラボトルの高価買取価格とは?

ヘネシーと言えばやはりXOです。ヘネシーのブランデーは愛好家に人気ですが、その中でもとびぬけて人気が高いのがXOなのです。
今回は、その中でも高価買取価格が付くと言われている、美しいバカラボトルに入ったヘネシー・XOクリスタルバカラボトルについてご説明します。

■定番中の定番であるヘネシー・XO

ヘネシーには、VS、VSOP、パラディー、パラディーインペリアル、リシャールなどの様々な銘柄のバリエーションが存在します。その中でも最も人気が高く定番中の定番とされるのが、XOです。
ヘネシー・XOはどのバーにも必ずおいてあり、需要が非常に高いのです。
その人気の秘密は、創業1765年以来ブランデー造りの伝統を貫き、最高の原料を最高の醸造家が精魂込めて作り上げてきたブレない姿勢があります。
常に本物にこだわり世界中のブランデー愛好家に愛されているのが、ヘネシー・XOなのです。

■バカラボトルはなぜ美しく貴重なのか?

次に、ヘネシー・XOクリスタルバカラボトルの、バカラボトルの秘密についてお話ししたいと思います。
バカラグラスとは、フランスでおよそ250年にも及ぶ歴史を持つバカラ社が作るクリスタルガラスの製品を言います。フランスにはM.O.Fと呼ばれる国家最優秀職人という認定があり、日本で言うところの人間国宝に当たります。そのM.O.Fに認定された熟練した技を持つ職人が、バカラ社から50人以上輩出しているのです。それほど、バカラ社には高いバカラグラス製造技術を持った職人が在籍していることです。
バカラグラスは、クリスタルガラスと呼ばれる透明度の高い高品質のガラスからできています。透明度や光の反射率、屈折率が高く、キラキラと美しく輝く非常に美しいガラスです。
このような高品質で価値の高い美しいバカラグラスを使用したバカラボトルに入った人気のブランデーの買取価格が高いのは当然のことです。

■ヘネシー・XOをどう楽しむ?

ヘネシー・XOを手に入れたらどのように楽しめば良いのでしょうか?
ヘネシー・XOはそのフルーティーで華やかな香りが最大の魅力です。ですから、香りを存分に楽しむ飲み方がおすすめです。
香りを最大限に引き出すためには、やはりストレートやオンザロックで楽しむのが良いでしょう。
もちろん、ブランデーの楽しみ方は人それぞれです。ソーダ割や水割りにしても、ヘネシー・XOのまろやかな風味を楽しむことができるでしょう。
ヘネシー・XOのクリスタルバカラボトルからゆっくりとグラスに注ぎながら、高級感があるゆったりとした一時をお楽しみください。

■まとめ

ブランデーの定番中の定番のヘネシー・XO自体の魅力と、クリスタルバカラボトルの美しさについてお話してきました。
定番の商品は根強い人気があり、買取価格は安定して高値を付けるものです。それに、美しいクリスタルバカラボトル入りのレア品という高い価値があるため、買取価格はさらに上がるでしょう。
自宅にヘネシー・XOのクリスタルバカラボトルをお持ちの方は、ぜひ買取店で査定してみてください。

高級ブランデーのヘネシーとピカソがコラボした希少なブランデーの買取価格とは?

ピカソと言えば有名な画家ですが、そのピカソと高級ブランデーメーカーのヘネシーがコラボした希少な商品が存在します。
ヘネシーのピカソトリビュート商品にはどれくらいの買取価格がつけられているのでしょうか?ヘネシーピカソについて詳しくご紹介していきたいと思います。
自宅にピカソのパッケージのヘネシーがあるという方は、その価値を知っておくと良いでしょう。

■ピカソとはどのような芸術家だったのか?

ピカソいう画家はとても有名ですが、ゲルニカという作品しか知らない、何となく顔は知っているけどどんな画家か知らないという人も多いのではないでしょうか?
ピカソは1881年にスペイン南部のアンダルシア地方に生まれました。ピカソはその作風が目まぐるしく変わることで知られ、一つの作風にとらわれることなく終わることのない探求をし続けた画家です。
19歳の1901年からの3年間は青の時代と呼ばれ、鬱屈した心境の中で青を基調に盲人や娼婦、乞食などを多数描きました。その後、恋人を得るとばらの時代と呼ばれる明るい作風に変わり、その後も、アフリカ彫刻の時代、セザンヌ的キュビズムの時代、分析的キュビズムの時代、総合的キュビズムの時代など、次々と新しい作風を展開していきます。
有名なゲルニカの絵は、1937年に描かれました。ナチスドイツがスペインのゲルニカを爆撃したことを非難する大作です。

■ヘネシーピカソとは?

ヘネシーピカソとは、どのような商品なのでしょうか?
ヘネシーとは言うまでもなく、高品質なブランデーで世界中に人気が高い老舗ブランデーメーカーです。
そんな、由緒あるブランデーメーカーが手掛ける高級ブランデーに、ピカソの絵はふさわしいと言えます。

ヘネシーピカソのパッケージに描かれているのは、ピカソのCafé de Royanという1940年に描かれた作品です。ピカソが1939年から1949年の間に住んでいたフランスのロワイヤンに実在する店舗が描かれています。
フランスのリゾート地であるロワイヤンの街並みが異国情緒たっぷりに描かれた水色を基調とした絵画が、黄色く明るいパッケージととてもマッチしていて爽やかな印象です。
ボトルは350mlと小ぶりで、香水瓶のような上品な作りです。
世界各地の免税店で販売されるなど、世界中の旅行客をターゲットに限定販売されました。

■ヘネシーピカソの買取価格は?

気になるヘネシーピカソの買取価格はいくらくらいなのでしょうか?
ヘネシーピカソの買取価格は数千円とそこまで高額ではありません。しかし、ミニボトルのブランデーということを考えると、かなり価値が高いと言えるでしょう。
ピカソの絵画が描かれたパッケージの、とても希少でおしゃれなブランデーボトルをお持ちなら、ぜひ買取店で査定してみてください。

■まとめ

ヘネシーの希少なピカソトリビュート商品のご紹介をしてきました。
自宅の奥深くにピカソの絵が描いてあるブランデーが眠っていたら、ぜひ取り出してみてください。買取店で査定してもらえば、意外と高価格で買い取ってもらえるかもしれません。

ヘネシーXOクリアボトルの金キャップは高価買取!

ヘネシーXOと言えばブランデー愛好家が最も好む高級ブランデーの一つです。
人気が高く買取価格も高価ですが、なぜそんなに人気が高いのでしょうか?その人気の秘密を探ってみましょう。

■なぜ人気が高い?

ヘネシーとは、リシャール・ヘネシーが1765年にフランスのコニャック地方で創業したブランデーメーカーです。とても歴史が古い老舗ブランデーメーカーで、高品質で高級なブランデーを世界に送り出しています。

ヘネシーはブランデーの原料となるブドウの品質にこだわり、畑のランクの中で最も高いランクのグランド・シャンパーニュで取れたユニ・ブラン(白ブドウ)のみを使用しています。
また、樹齢100年以上のオーク樽を使い、200年以上も前から保存されているオー・ド・ヴィーと呼ばれる原酒を保有しています。これは、歴史ある老舗メーカーの強みです。
この銘柄が愛好家に愛され続けている理由が、わかっていただけたのではないでしょうか。

■ヘネシーXOのXOって何?

ところで、ブランデーの名前についているのを良く見る、「XO」とはどういう意味なのでしょうか?
これは、ブランデーにつけられるランクを指します。ブランデーのランクは熟成年数できまります。ランクは以下の通りに分類されており、上に行くほど熟成年数が長く価値が高くなります。

Hors d’âge
X.O.
ナポレオン
V.S.O.P.
V.O.
V.S.
スリースター

熟成年数がどれくらいかを表す単位は、「コント」と呼ばれます。
ブランデーはバリエーション豊かな原酒をブレンドして作られるのが一般的ですが、使用している原酒の中で最も若いコントの原酒のランクが、そのブランデーのランクになります。
V.S.O.P.などという言葉はよく見ますよね。これは熟成年数がどれくらい経っているかを表すものだったのです。

つまり、ヘネシーXOはかなりランクが高いお酒ということになります。熟成年数が長く高価なブランデーなので、買取価格が高額になるのもうなずけます。

■ヘネシーXOのキャップの違いは何を意味する?

ところで、ヘネシーXOには金キャップ、黒キャップなど、キャップの違いによってその価値と値段が変わります。このキャップの違いとは何なのでしょうか?
キャップの違いは、現行品か旧品かの違いになります。
黒キャップは現行品で、金キャップは旧品です。そのため、希少価値が高い金キャップの旧品の方が、買取価格が高くなります。
また、金キャップの中でも凹凸有りの品は希少価値が高く、凹凸無しの品よりも若干価格が上がります。

さらに、ボトルの違いもあります。旧ボトルはボトルの下がうっすらと緑色になっています。これは、昔は透明なクリアボトルを製造するのが難しかったためです。現行品は下の部分も透明ですが、旧品はうっすらと緑色になっているためすぐにわかります。

このように、ヘネシーXOはキャップやボトルによって価値が変わるので、知っておくと良いでしょう。

■まとめ

ブランデーの中でも高級品であるヘネシーの中でも熟成年数が長いXOは、「高く売れる」ことがわかりました。
自宅に眠っているヘネシーXOがあれば、ぜひ査定に出してみてください。それが、金キャップで凹凸有りならさらに価値が高いでしょう。

ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップの価値とは?

ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップの買取金額

ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップの高価買取を希望している人もいるでしょう。そんなジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップはいったいいくらくらいで売却することが可能なのでしょうか?解説していきます。

現在のところの買取価格は20,000円前後で買取をしてもらえるということが多いようです。自宅に眠っているという場合には、買取りを依頼するのもよいでしょう。

また、自分以外でも家族がお酒が好きで集めていてそれが、家の中で邪魔になり置き場に困っているなどという場合などは、相談して買取依頼をするのがよいでしょう。ちょっとしたお小遣いになるかもしれませんよ。

ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップの販売価格について

ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップの高価買取についても気になりますが、販売価格についても気になるのではないでしょうか?ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップはインターネットショッピングでも販売されています。

もちろん、インターネットの場合ですと実際に手に取ることが出来ないというデメリットがあるので、どのような状態であるのかを確かめることが出来ないというデメリットがあります。そのため、状態などには注意をする必要があります。画像などがあれば画像でもしっかりとチェックをするようにしましょう。電話で問い合わせが可能であれば、問い合せるというのもよいでしょう。

ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップの販売価格についてですが、もちろんさきほどのように状態によっても価格は異なりますが、平均すると約40,000円で購入することが出来ます。欲しいという人がいれば、購入を検討してみるのもよいでしょう。とても高価で購入することが出来ないというものではないので、比較的購入しやすいお酒であるということが言えるでしょう。探しやすいので、まずはインターネットで検索してみるとよいでしょう。

ヘネシーは種類によって買取額が異なる

ヘネシーにも色々な種類のものがあります。そのため、種類によって買取価格は大きく異なります。では、どのようなヘネシーが高価買取されているのか?ということですが、ヘネシー ファーストランディング 1868 バカラ、ヘネシー リシャール 現行品、ヘネシー リシャール 旧ボトルなどは特に、高価買取をされています。このようなヘネシーが自宅で眠っているという場合には、売却してみるとよいでしょう。売却することで思わぬ臨時収入を手にすることが出来るかもしれませんよ。高値で売れそうなものがあれば売却するとよいでしょう。

まとめ
ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップの買取価格は状態などにもよりますが、約20,000円です。また、ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップ+高価買取の販売価格についてですが、販売価格は約40,000円となっています。ヘネシーは種類によっても買取金額が異なるということを頭に入れておきましょう。覚えておくようにするとよいでしょう。

  • ヘネシー XO エクスクルーシブ コレクション

  • ジャズヘネシー XO グリーンボトル 金キャップ

  • ヘネシー XO グリーンボトル 金キャップ

  • ヘネシー XO クリアボトル 金キャップ(凹凸有り)

  • ヘネシー XO クリアボトル 金キャップ(凹凸無し)

  • ヘネシー XO クリアボトル 黒キャップ

  • ヘネシー XO クリスタル バカラボトル

  • ヘネシー XO クリスタル セーブルボトル

  • ヘネシー エクストラ グリーンボトル 金キャップ

  • ヘネシー リシャール 現行品

  • ヘネシー リシャール 旧ボトル

  • ヘネシー パラディ インペリアル

  • ヘネシー パラディ エクストラ 現行品

  • ヘネシー パラディ エクストラ 旧ボトル

  • ヘネシー パラディ 現行品

  • ヘネシー パラディ 旧ボトル

  • ヘネシー ノスタルジー・ド・バニョレ

  • ヘネシー ファーストランディング 1868 バカラ

  • ヘネシー VSOP リザーブ 樽型

  • ヘネシー ナジェーナ

  • ヘネシー シルバートップ

  • ヘネシー カンロマン

  • ヘネシー ピカソ