お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

ペリエジュエ買取

ランキング商品名買取価格(10月26日更新)
ペリエ・ジュエ・ベルエポック ブラン・ド・ブラン30,000円
ペリエ・ジュエ・ベルエポック プルミエール10,000円
ペリエ・ジュエ・ベルエポック エディション オータム11,000円
ペリエ・ジュエ・ベルエポック ロゼ13,000円
ペリエ・ジュエ・ベルエポック10,000円

概要

ペリエジュエができた経緯は?味わいや香りも!

今回は、ペリエジュエというシャンパンの歴史や誕生した経緯、味わい、香りなどの特徴をご紹介します。

ペリエジュエの歴史

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Champagne Moments 🥂さん(@champagne_moments)がシェアした投稿

ペリエジュエは、1811年にフランスのシャンパーニュ地方、エペルネ市で生まれました。

ピエール・ペリエと妻のアデル・ジュエが創業者であり、2人の名前を取ってペリエジュエのブランド名が確立したのです。

2人はどちらもシャンパンを心から愛しており自らも作り上げたい、もしも作るなら最高級のものをというこだわりを持っていたことから、製造は非常に丁寧で繊細に行われました。

それもあって、ペリエジュエの芸術的とまで言われるシャンパンはフランスを始め、近隣のシャンパンを愛する国々から脚光をあびることになりました。

さらにペリエジュエの二代目を継いだのはシャルル・ペリエ

シャルルの時代には、ヴィンテージシャンパンやブリュットなど時代に沿ったシャンパンを販売してほかのシャンパンメーカーよりも一歩先を走る流行ブランドとなったのです。

シャルルの時代から、ペリエジュエのブランドは不動の人気を誇るようになりました。

そして1902年、ついに私たちがよく目にするペリエジュエの代表とも言えるホワイトアネモネの花があしらわれた華やかなボトルが誕生したのです。

これはペリエジュエの三代目となるアンリ・ガリスがアールヌーボーの巨匠と言われるエミールガレにボトルのデザインを手がけてもらったものでした。

しかし時代は戦争期。

第一次世界大戦によって世界は混乱期に入りました。

ペリエジュエのホワイトアネモネがあしらわれたボトルは長い眠りにつきます。

そしてそのボトルは第二次世界大戦も終わった1964年にペリエジュエのマスターセラーだったアンドレによって掘り返されたのです。

ペリエジュエのホワイトアネモネがあしらわれたこのボトルは、原材料が主にシャルドネであるプレステージギュヴェであるベルエポックとして、見事に返り咲いたのです。

過去にはヴィクトリア女王やナポレオン三世などの王室にも好まれ、ほかにも世界中の名だたるセレブたちに愛飲され続けてきたペリエジュエ。

ペリエジュエは200年もの歴史を持つシャンパンの中でも重鎮と呼ばれるブランドです。

そのブランドを現在も守り続けているのが七代目セラーマスターのエルヴェ・デシャンです。

1993年にエルヴェが継いでから、ペリエジュエは歴史を守り、新たな革命を起こし続けるシャンパンブランドとして成長を続けていきます。

ペリエジュエの製造のこだわり

ペリエジュエ(引用:ペルノ・リカール・ジャパン

フランスのシャンパーニュ地方には、ぶどう畑に格付けがされておりこれはフランスでは有名で揺るがない格付けとされています。

ペリエジュエのシャンパンは、まずはぶどうに大きなこだわり持っています。

65ヘクタール以上もの広大な自社のぶどう畑を所有しているペリエジュエですが、この99.2%ものぶどうが最上級のクリュという格付けをされているぶどうだと言います。

シャンパーニュ地方には、ぶどうの最上級格付けの品質のものが集まる“魔法のトライアングル”と呼ばれる三角形があるのですが、ペリエジュエの畑はこの三角形の中心地に位置するといいます。

そんなぶどう畑の場所や環境が、ペリエジュエを最高峰のシャンパンとして育て上げるために欠かせない要素となるのですね。

ペリエジュエの一番のこだわりは、辛口のシャンパンです。

ペリエジュエが創業された当時である1800年代は、シャンパン一本に対して200グラムほどの甘味を加えた甘いシャンパンが主流だったと言います。

そんな一般的なシャンパンの概念を覆して辛口のシャンパンを作り出したのがペリエジュエ。

つまり、ペリエジュエは現在主流となっている辛口のシャンパンのパイオニアとも言えるのです。

ペリエジュエのこの人気は、揺るがないこだわりと守り続けられる製造方法にあります。

だからこそ、ペリエジュエの歴代のセラーマスターは7人のみとなっています。

200年もの歴史があるペリエジュエのセラーマスターが7人だけということですので、セラーマスターはほぼ一生涯をかけてペリエジュエを守り続けているということですね。

ペリエジュエならではのこだわりとスタイルを守り続けるためには、セラーマスターを選び抜くのもかなりの倍率だと言えるでしょう。

ペリエジュエの風味

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jarno Lehtinenさん(@jarno.comte_de_champagne)がシェアした投稿

ペリエジュエのシャンパンは、前項でも紹介しましたが辛口のパイオニアと呼ばれるほど当時のシャンパン界に革命をもたらしたブランドなのです。

故に、ペリエジュエブランドのいずれのシャンパンも強い辛口。

そして後味のドライな雰囲気が印象的です。

どんなこってりした食事でも、ペリエジュエのシャンパンを共にすれば口の中はさっぱりとして口の中をクリーンにしてくれます。

香りはフローラルな花の香りがいっぱいに広がり、味わいにはぶどうの甘みの酸味が程よく感じられます。

味は特別濃いわけではなく、やはりドライな感じが強いですね。

乾杯のいっぱいにしてもスッキリとして飲みやすく万人から愛されやすいですし、食事にも合わせやすいフレッシュで若々しい味わいです。

発砲も強くてキメが細かく、グラスに注いだ瞬間に輝くように泡立つシャンパンは、見てもよし飲んでもよしの最高の一品です。

ペリエジュエの豆知識

ペリエジュエの特徴や詳しい銘柄紹介!現在の売価や買取価格は?

ワインやシャンパンの原産地として有名なフランスのシャンパーニュ地方の中でも古い歴史を持っているペリエジュエ。

なんと今から200年以上も前の1811年にシャンパーニュ地方のエペルネ地区に創設されたかなり古いブランドなのです。

 現在、私たちが目にすることが多いデザインになったのは創設からおおよそ100年後である1902年のこと。

 それからは、古い伝統を守りつつも現在の消費者からの需要にも応えるようなシャンパンづくりが続けられてきました。

 今回は、そんなペリエジュエのシャンパンの詳しい銘柄や特徴、値段などについて詳しくまとめていきたいと思います。

 ペリエジュエとは?

 シャンパンのブランド名はほとんどが創設者の名前からいただいたネームになっています。

 ペリエジュエもその一つで、創設者はピエール・ニコラ・マリー・ペリエ。

 妻のアデル・ジュエとともに最初は名前もないようなシャンパン作りを懸命に続けて来ました。

 現在はシャンパンの銘柄としては一般的なブリュットやヴィンテージのシリーズは、ペリエジュエが先駆けて作ったと言われています。

 このように、ペリエジュエは自社の歴史を大切にしながらもその時その時の需要や流行に乗った最先端のシャンパンを作り上げているブランドです。

 ブランド自体は古いですが、いつの時代も若々しいイメージを持たれ続けています。

 ヴィクトリア女王やナポレオン3世にも好んで飲まれていたというペリエジュエは、現在もかなり希少ながら生産されており日本でも飲むことができる銘柄となっています。

 ペリエ・ジュエ グラン ブリュット

 

ペリエジュエの中では一番スタンダードな白ワインの発泡の種類になります。

 マットな濃いグリーンのボトルにラベルとネックラベルがあしらわれているデザインは見たことがある方も多いのではないでしょうか?

 高級なシャンパンというと辛口で強炭酸なイメージが強いかもしれませんが、ペリエ・ジュエ グラン ブリュットは優しい甘さと飲みやすい爽やかな優しい炭酸が特徴的です。

 もちろん、ペリエジュエのシャンパンは高級品でありブランド性も高い銘柄です。

 ペリエジュエのブランドのコンセプトは“誰もが楽しめるシャンパンを”ということでした。

 そのため、飲みやすさと口当たりの良さを重視しているのでしょうね。

 香りはバニラのようなコクの深さといちごや完熟ぶどうのようなフルーティな甘酸っぱさが特徴です。

 ペリエ・ジュエ グラン ブリュットならシャンパンを飲み慣れていない女性でも結婚式などの場で飲みやすいですよね。

 現在のペリエ・ジュエ グラン ブリュットの売価は6千円ほど。

 リーズナブルで手が出しやすいのも、ペリエジュエが誰からも親しみやすいと思われる理由と言えるでしょう。

 買取価格は1500円とそれほど高くありませんので、もし頂き物などでペリエ・ジュエ グラン ブリュットを持っている方がいましたらぜひなにかの機会にお祝いなどで開けてみると良いでしょう。

 普段あまりお酒を飲まない方でも、ペリエ・ジュエ グラン ブリュットならきつと美味しく飲むことができますよ。

 ペリエ・ジュエ ブラゾン ロゼ

シャンパンの銘柄としてはスタンダードなロゼタイプですが、このロゼを最初に作り始めたのもペリエジュエと言われています。

 ペリエ・ジュエ グラン ブリュットは、現在唯一販売が続けられているロゼの種類で生産量は少なくありません。

 普段私たちが見かけることが多いペリエジュエのロゼはおそらくこれでしょう。

 辛口でスッキリとした口当たりが特徴ですが、香りは非常にフルーティでベリーの甘酸っぱさやバラのような華やかさが感じられます。

 香りがサッパリとしているだけあって、スッキリとした味わいがより強く感じられる一品ですね。

 ペリエジュエのロゼボトルはラベルもピンクで可愛らしく女性へのプレゼントとしても選ばれることが多いです。

 ロゼの現在の売価は8千円ほど。

 プレゼントとしてもちょうど良い値段ですよね。

 味わい深くて非常に手が込んでいるペリエ・ジュエ グラン ブリュットは、ペリエジュエだからこそこの価格で購入することができるのだと考えられます。

 値段はリーズナブルで親しみやすいですが、価格の何倍もの価値があるシャンパンと言えるでしょう。

 ペリエ・ジュエ グラン ブリュットの買取価格は1500円と、スタンダードタイプとほぼ同じ値段になっています。

 もしもシャンパンはあまり飲まないがプレゼントをされたという場合には、買取査定をするよりも相手の気持ちをありがたくいただいて、飲んでみると良いでしょう。

 飲みやすくて口当たりも優しいですので、きっと気にいるでしょう。

 ペリエ・ジュエ ベル エポック ブラン

 

ペリエジュエのブランドとして最もイメージしやすいボトルデザインはこちらかもしれませんね。

 美しいグリーンの透明ボトルに白のアネモネの花が描かれたこちらのデザインボトルは、店頭はもちろんのことキャバクラや高級クラブ、バーなどでもよく見かける種類です。

 ベル・エポックとは『良き時代、美しい時代』の意味を持っており、歴史を尊重しつつ流行と需要に則ったシャンパンづくりを心がけているペリエジュエにはまさにもってこいの銘柄です。

 ボトルは、芸術家のエミール・ガレかデザインをしており、かなり希少価値が高いボトルになります。

 また、ペリエ・ジュエ グラン ブリュットはシャルドネとピノ・ノワールを主な原料として作っていますので、甘みが強くて辛口のシャンパンながらに風味は優しくなっています。

 ボトルのデザイン通り、花のような優しい香りとハチミツやフルーツのようなまるで自然の真ん中にいるような心地がする香りが特徴的です。

 現在ペリエ・ジュエ グラン ブリュットは、2万円前後の価格が相場となっています。

 ただし、ショップによっては専用のグラスやプレゼント用に名前を入れることができるところもあり、そのような場所で買うと価格は高くなっています。

 見た目が可愛いペリエ・ジュエ グラン ブリュットは、こちらもプレゼントでいただけると非常に嬉しい品ですね。

 ちなみにこの銘柄の買取相場は1万1千円ほど。

 売価と比較すると高めの買取価格といえますね。

 市場に出回る本数も限りがありますので、希少価値はどんどんと高くなっている銘柄ですよわ

 ペリエ・ジュエ ベル エポック ブラン・ド・ブラン

 ペリエジュエのブランドの中では一番といってよいほど価格が高くて品質も上級である銘柄です。

 原材料となっているシャルドネは、なんとペリエジュエが所有しているコート・デ・ブランで作られています。

 まさにペリエ・ジュエ グラン ブリュットを作るためだけに作られているシャルドネといっても過言ではないですよね。

 クリスタルボトルに描かれるのは白くて可愛らしい花々。

 ゴールドに輝くシャンパンはクリスタルボトルを綺麗に彩ります。

 味わいはかなり辛口でキリッとしたスパイシーな香りが特徴です。

 しかし、グラスに注ぐとシナモンやフラワーの華やかな香りも感じられ、味わいと香りのギャップを大きく感じられる一品となっています。

 透明感のあるゴールドの色合いはまるで高級な白ワインのようで、発泡させながらグラスに注ぐとさらに高級感と質の高さが感じられます。

 ペリエ・ジュエ グラン ブリュットは現在、5万5千円ほどで売買されている高価な銘柄です。

 買取価格は2万5千円と、売価のおおよそ半額ほどになっており、買取価格としては高値が付いていますね。

 とはいえ、もしペリエ・ジュエ グラン ブリュットをプレゼントされた場合には相手の好意も感じられますし何より部屋に置いているだけでも華やかさが感じられるボトルですので、もし飲むことがない場合でも飾っておくと部屋の雰囲気が大きく変わるかもしれませんよ。

 ーまとめー

 

以上が、ペリエジュエの銘柄や特徴、値段についての紹介でした。

 頂いてもプレゼントしても満足度が高そうなペリエジュエのシャンパンは、これからも需要がどんどんと高くなっていきそうですね。

 ちょっとの手土産から大きなお祝いにまで選びやすいペリエジュエのシャンパンは、ぜひ今後のプレゼントの選択肢の参考にしてみて

  • ペリエ・ジュエ・ベルエポック ブラン・ド・ブラン

  • ペリエ・ジュエ・ベルエポック プルミエール

  • ペリエ・ジュエ・ベルエポック エディション オータム

  • ペリエ・ジュエ・ベルエポック ロゼ

  • ペリエ・ジュエ・ベルエポック

  • ペリエ・ジュエ ブラン・ド・ブラン

  • ペリエ・ジュエ ブラソンロゼ

  • ペリエ・ジュエ グランブリュット