お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
ウイスキー買取

マッカラン

概要

“マッカラン”と言われれば、お酒に詳しくない方でも聞き覚えがあるのではないでしょうか?

それほど有名で日本でも親しまれているスコッチウイスキーですが、実は歴史は深くて強いこだわりを持っている酒造メーカーなのです。

それでは、そのこだわりの製造方法や創業について探っていきましょう。

マッカランの歴史は?

日本でも有名なスコッチウイスキーのマッカランは、その名のとおりスコットランドが原産地のウイスキーです。

スコットランドのスパイサイド地方と呼ばれる、スコットランドの中では上質なウイスキーづくりに最も適していると言われる地域に蒸留所を構えたのがマッカランです。

歴史は古く、創業は1824年にまでさかのぼります。

おおよそ200年ほど前に創業したマッカランは、ハイランド地区で二番目となる蒸留のライセンスを取得しました。

この辺りの地区の名前がマッカランと呼ばれていたことから、徐々にお酒の名前になっていきました。

ただ、最初の頃はまだはっきりとした名前はないウイスキーでした。

マッカラン地区で有名かつ名門と呼ばれる万人が認めるスコッチウイスキーになったからこそ、“マッカラン”という名前をつけることができ、その名前に誰もが賛同をしたのです。

1900年頃に入ってくると、マッカランという言葉はすでにスコッチウイスキーのブランドの名前として地域で浸透をしていきました。

そして、徐々に水源を渡っていくことで都心部にまでウイスキーブランドを認知させることに成功していったのです。

また、マッカランを製造するにあたって必要な水源は非常に住んだ自然のきれいな川の水が使われています。

そのため、この辺りの牧場の人たちからはマッカランの農場で使用されている水が【命の水】と言われるほど尊いものになっていくのです。

マッカランの製造方法とは?

イギリスのさらに北部にあるスコットランドの中でも、最高峰のスコッチウイスキーが作られている地区であるスペイサイド地区に蒸留所を所有しています。

マッカランも昔は熟成していないお酒も売っていました。

その中で出荷待ちをしている原酒をちょうど良い樽に入れていたのです。

あくまでも出荷を待つ間の保存という意味で、たくさんの容量が入る樽が適役というわけでした。

ただ、製造したのちになかなか出荷につながらなかったウイスキーのふたを開けてみると美しい琥珀色の液体が出てきたのです。

これが、マッカラン原酒の発祥だと言われています。

また、色合いだけではなく香りも芳醇で味わいも濃厚。

そのまま販売されることが多かったマッカランでしたが、この発見があってからは原酒を蒸留して作り上げたのち、一度樽で寝かせるという工程が一般的となりました。

この工程はいわゆる“熟成”という工程にあたります。

マッカランの場合はたまたま保存するために使ったのが熟成に適していた樽だったということもあり、非常に味わい高い品が出来上がりました。

主にマッカランはシェリー樽で寝かされることが多いため、味わいや香りにもほのかにシェリーのような風味が残っています。

また、樽の種類や熟成期間にもよりますが赤みの強い原酒が多く、これもシェリー樽を使用していることが関係していると言われています。

そのため、ウイスキーながらにポリフェノールも高くて女性からも高い人気があるお酒です。

マッカランのこだわりとは?

マッカランの場合は、全てのウイスキーにシングルモルトを採用しています。

シングルモルトとは、大麦麦芽のみを使用して作られているウイスキーのことを指します。

つまり、原材料が100パーセント大麦麦芽ということですので、数パーセント、数グラムでも他の穀物が入ってしまっていればシングルモルトと名乗ることができません。

シングルモルトしか作らないと公言しているマッカランには、そもそも原材料が大麦麦芽しかないため、他のものが混ざる心配もありません。

シングルモルトのウイスキーは混じりけがなく味わいが高いのが印象的です。

また、香りにも深みはあり飲みやすく、フルーティな味わいに仕上がります。

確固たる製造方法を守り抜き、“マッカランはシェリー樽のみ”、“マッカランはシングルモルトのみ”というこだわりを貫いているからこそ、消費者も受け入れやすいですし初めて飲む銘柄でも『マッカランなら大丈夫』という安心感を抱くことができるのですね。

マッカランの豆知識

超入手困難!ザ・マッカラン 30年 ファインオーク の買取査定価格や特徴は?

マッカランの中でもオールドシングルモルトのひとつとして名高いザ・マッカラン 30年 ファインオーク 。

マッカラン蒸留所で作られる数多くのウイスキー原酒の中でも希少な30年熟成原酒のみを使用してボトリングされたこの銘柄は、味わい深くてコクが深いのが特徴です。

今回はそんなザ・マッカラン 30年 ファインオーク の買取査定額や特徴についてまとめていきます。

1.ザ・マッカラン 30年 ファインオーク とは?

味わい:深いコク・濃厚なハチミツ・ナッツ・バニラ

香り:バニラエッセンス・チェリー・ウッディ

色合い:澄んだ琥珀色

アメリカンオークのシェリー樽・バーボン樽・アメリカンオーク樽を使用して熟成したザ・マッカラン 30年 ファインオーク はさまざまな樽での熟成ののちに生まれた味わい深さが感じられます。

それぞれの樽の良い部分だけを上手に抽出しているザ・マッカラン 30年 ファインオーク は、飲みやすさの中にも深みとコクが感じられます。

飲み際にはやはりロックやストレートで原酒本来の味わいを感じていただきたいですね。

2.ザ・マッカラン 30年 ファインオーク のお酒買取価格は?

お酒買取専門店リンクサスでは、ザ・マッカラン 30年 ファインオーク を28万円で買取しています。

現在、市場ではあまり出回っていないザ・マッカラン 30年 ファインオーク ですが、過去には40万円程の価格で売買されています。

売価が40万円だとすると、買取査定額の28万円はかなり高額と言えますね。

もし貴重なザ・マッカラン 30年 ファインオーク を何かの理由で売ることを考えている方がいましたら、ぜひリンクサスに相談をしてみてください。

買取相場としてはリンクサスがかなり高値をつけていますので、価格を比較してみても一番高く買取してもらえる可能性があります。

電話査定や出張買取サービスも行なっているリンクサスなら、売る際に手間もなく簡単ですよね。

超高額!ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル の買取価格と人気の理由は?

ウイスキーの本場ともいえるスコットランドで作られているマッカランブランドのウイスキーたち。

実はスコットランドは北海道よりも小さい面積なのですが、その中には100以上ものウイスキーの蒸留所が存在します。

メッカスペイサンド地区で作られるマッカランは日本の名でも名高いスコットランドウイスキーの一つですね。

今回はその中でもザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル についての情報をまとめていきたいと思います。

1.ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル の特徴は?

味わい:バニラ・シトラス・いちごやベリーの甘酸っぱさ

香り:フルーティ・シトラスのさっぱり感

色合い:美しい琥珀色

酒齢30年以上のウイスキー原酒だけを厳選してボトリングされているザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル は、世界的にも非常に数が少ない希少な一品だと言われています。

ブルーラベルのザ・マッカラン 30年 シェリーオーク は見た目もすっきりとした爽快感が感じられますし、ボトルのスタイリングもストレートのシンプルな形です。

無駄な飾り気がないのもマッカランのウイスキーの特徴で、その見た目は味にも反映されています。

アルコール度数は43度と高くはありませんが、味わいが濃くて濃厚であることからそれよりも高いアルコールを感じます。

飲む際にはロックでゆっくりと飲むのがオススメですね。

2.ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル のウイスキー買取相場は?

お酒買取専門店リンクサスでは、ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル をなんと45万円で買取しています。

というのも、ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル の現在の市場売価は100万円近く。

かなり高額な売買となっていますね。

売価が100万円だとしても買取価格の45万円というのはかなり高額となっています。

リンクサスではザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル を強化買取しているため価格が高騰しているのですね。

もしザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル を売ることを考えている方がいましたら、ぜひリンクサスに相談をしてみてください。

リンクサスでは、店頭だけではなく出張買取や電話査定も行なっています。

店が遠くて相談が難しいという方もリンクサスなら簡単に売ったり相談したりすることができそうですね。

超高額!ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク のお酒買取相場は?

北海道よりも寒くて気候が安定したスコットランドで製造をされているザ・マッカランシリーズ。

マッカランは非常に銘柄も種類も多いですが、そのほとんどは職人の手作りにこだわったウイスキーとなっています。

ウイスキーの本場と言われるスコットランドで製造されているウイスキーの中から今回は日本でかなり価格が高騰しているザ・マッカラン 30年 シェリーオーク についての紹介をしていきたいと思います。

1.ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク とは?

味わい:ハチミツ・ベリー・熟成したぶどう・スモーキー

香り:ピート・熟成木・香木・華やかさ

色合い:赤みがかった琥珀色

非常に希少で数が少ないマッカラン原酒の中でも、30年以上の酒齢を持つ原酒だけを使用して作られているザ・マッカラン 30年 シェリーオーク 。

さらにジャパニーズウイスキーでも希少なシェリーオークを使用していることから、味わいはフルーティで滑らかなのが特徴です。

口当たりも優しくて飲みやすいですが、ウイスキー初心者には苦味やスパイシーさが木になる味わいかもしれません。

そのような方には、水割りやクラッシュアイスのロックなどがオススメですよ。

2.ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク を売るならいくら?

お酒買取専門店リンクサスでは、ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク を35万円の超高額で買取しています。

リンクサスではザ・マッカラン 30年 シェリーオーク を強化買取品としており、プロのバイヤーがしっかりと査定した上で大切に買取されます。

ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク を売ることを考えている方がもしいましたら、より高値で売るためにできるだけ多くの買取専門店に査定を依頼してみましょう。

リンクサスのように電話査定や出張買取のサービスをしている店を選ぶと、査定をしやすくなります。

価格を比較することでより一層、高値で買取してもらえるようになりますよ。

  • ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク ブルーラベル

  • ザ・マッカラン 30年 シェリーオーク

  • ザ・マッカラン 30年 ファインオーク

  • ザ・マッカラン 25年 クリスタルデキャンタ

  • ザ・マッカラン 25年 アニバーサリーモルト 1962-1987

  • ザ・マッカラン 25年 アニバーサリーモルト 1970-1996

  • ザ・マッカラン 25年 アニバーサリーモルト 1971-1997

  • ザ・マッカラン 25年 アニバーサリーモルト 1975-2000

  • ザ・マッカラン 25年 シェリーオーク

  • ザ・マッカラン 25年 ファインオーク

  • ザ・マッカラン 1967年

  • ザ・マッカラン 1990年

  • ザ・マッカラン 1991年

  • ザ・マッカラン 1992年

  • ザ・マッカラン 1993年

  • ザ・マッカラン 1994年

  • ザ・マッカラン 1995年

  • ザ・マッカラン 1996年

  • ザ・マッカラン 1997年

  • ザ・マッカラン 2006年

  • ザ・マッカラン 2016年

  • ザ・マッカラン 18年 2017年

  • ザ・マッカラン 18年 グランレゼルバ 1979-1997

  • ザ・マッカラン 18年 グランレゼルバ 1980-1999

  • ザ・マッカラン 55年 シックスピラーズコレクション

  • ザ・マッカラン 50年 ミレニアム

  • ザ・マッカラン 50年 1949 バカラデキャンタ

  • ザ・マッカラン 1946/52年

  • ザ・マッカラン ファイン&レア 1961

  • ザ・マッカラン ファイン&レア 1966

  • ザ・マッカラン ファイン&レア 1976

  • ザ・マッカラン Mデキャンタ

  • ザ・マッカラン No.6 1824 ラリックボトル

  • ザ・マッカラン MOP マリオ・テスティーノエディション

  • ザ・マッカラン リフレクション

  • ザ・マッカラン オスクーロ 1824 コレクション

  • ザ・マッカラン 1841 レプリカ

  • ザ・マッカラン 1861 レプリカ

  • ザ・マッカラン 1876 レプリカ

  • ザ・マッカラン カスクストレングス

  • ザ・マッカラン ディスティラーズチョイス

  • ザ・マッカラン レアカスク

  • ザ・マッカラン 12年 グランレゼルバ

  • ザ・マッカラン 12年 シェリーオーク

  • ザ・マッカラン 12年 ダブルカスク

  • ザ・マッカラン 12年 ファインオーク