お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

ルイロデレール買取

ランキング商品名買取価格(10月26日更新)
ルイ・ロデレール クリスタルロゼ28,000円
ルイ・ロデレール クリスタル17,000円
ルイ・ロデレール ブリュット ヴィンテージ2,500円
ルイ・ロデレール ブリュット ロゼ ヴィンテージ2,500円
ルイ・ロデレール ブラン・ド・ブラン2,500円

概要

ルイロデレールの歴史やこだわりは?味わいの特徴も!

今回は、ルイロデレールの歴史や製造のこだわり、味わいなどの魅力をご紹介したいと思います。

ルイロデレールの歴史

ルイロデレール(引用:ルイ・ロデレール

ルイロデレールが作り上げられるまでには様々な工程がありました。

まず、ルイロデレールの大元となるメゾンが創設されたのは1776年のこと。

この頃、アメリカでは独立宣言が採択されており自由国家としての位置を確立していました。

そしてルイロデレールの名前がついたのは1833年のこと。

母体となるメゾンが確立してからおよそ60年もの長い期間、ルイロデレールは母体のみがあるメゾンとしてシャンパンを製造してきました。

そして、ルイロデレールのブランド名でもあるルイロデレール氏が当主としてメゾンを所有することになってからは、ブランドも確立して製造方法や販売の基準などがはっきりとし始めたのです。

当時、シャンパン業界はぶどう農家から直接買い付けをして醸造するメーカーが多かったです。

しかし、ルイロデレールは自らの会社で自社栽培のぶどう園を作り上げてぶどうの栽培からこだわりを発揮するようになりました。

1845年になるとぶどうの産地として名高いグランクリュの特級畑に15ヘクタールものぶどう畑を所有。

これにより、原材料となるぶどうの品質や状況、出来の良さなどを逐次確認することができるようになりました。

1870年頃になるとフランス以外の海外輸出も開始され世界的に名前が知られるようになったルイロデレール。

ロシア皇帝であるアレクサンドル2世も愛飲していたルイロデレールの代表商品であるクリスタルがここで生まれました。

1920年代に入ると第一次世界大戦は終結し、戦争の影響もあってぶどう畑はほとんどが荒野と化してしまいました。

しかし、その後に投手になるレオン・オルリー・ロデレールは懸命にぶどう畑の再建に取り組みました。

そして、今までにはなかった複数の年のぶどうをブレンドしてうまくバランスをとりながら味わいを安定させて作り上げるブリュット・プルミエの基盤になる技術と製法を作り上げたのです。

現在、当主を務めるのは7代目となるフレデリック・ルゾー氏

ルイロデレールは製法を大切にしながらも需要に応えるように年間およそ300万本に至るほどのシャンパンを作り上げており、ブランドの規模は現在でも大きくなっていっています。

ルイロデレールの製造のこだわり

ルイ・ロデレール クリスタルロゼ(引用:Amazon

ルイロデレールの製造についての一番のこだわりは品質です。

なによりも品質を第一に考えているルイロデレールは、創業から240年経った現在でも信頼できて製法にこだわりを持って守り続けてくれる家族でのみ、経営を受け継いできている家族経営のメーカーです。

製法を確実に守る信頼だけではなく、利益を上げることを第一に考える必要がない家族経営は、ルイロデレールの強いこだわりを守り抜くためには欠かせない要素になるのです。

このように、営利目的だけではないルイロデレールのブランドのシャンパン作りをすることができる基盤が整っているからこそ、現在多くの人から愛される品質が良く上質なシャンパンを生産することができるようになってきたのです。

さらにルイロデレールのシャンパンは原材料であるぶどうの栽培を自社のみとしており、100パーセント自分たちで作り上げたぶどうのみを使っていることからも安心と信頼を集めているのです。

ルイロデレールが持っているぶどう畑は240ヘクタール以上。

このどの畑もフランスのシャンパーニュ地方で格付けされる中では「特級であるグランクリュ」か「一級であるプルミエクリュ」であるといいます。

この中でも、ルイロデレールのぶどうの生産者たちはその区画やぶどうの品種に合わせた肥料や作り方、実のつきかたなどをしっかりと把握して育て上げていると言います。

そして区画ごとに作り上げられたぶどうはその品種の中でも最大限の品質を引き出し、一番良いタイミングで手摘みで収穫をされるのです。

さらにその場ですぐに絞って果汁を収集してからワインとしての製造工程を経ていくため、普通のシャンパンと比べても非常にフレッシュで香り高くて若々しい味わいになるといいます。

醸造に使われるステンレスタンクの数は450以上。

これをぶどう畑の区画やブランドごとにそれぞれ分けてシャンパンの原料として製造をしていきます。

醸造中は特に味の変化や一瞬の間に細菌などで味わいが損なわれてしまう可能性がありますので、毎日のようにテイスティングをしえ記録と手直しが入るといいます。

有名ブランドで製造量も多いにもかかわらずこれほどの手間と時間をかけているからこそ、ルイロデレールは誰もが認めるフランスのシャンパンの有名ブランドとして現在も君臨していることができるのでしょう。

ルイロデレールの風味

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@vin_etがシェアした投稿

ルイロデレールには主に

  • ピノ・ノワール
  • ピノムニエ
  • シャルドネ

この3種類のぶどうが使われています。

いずれもシャンパン造りに適しているぶどうの品種と言われており、特にシャルドネは高級シャンパンの原材料として好んで用いられるブランドです。

このこだわりのぶどうたちを使っていることからも、味わいにはやはりぶどうのような甘酸っぱさが強く感じられます

また、醸造の過程の中で甘みがまず銘柄や爽快感が増す銘柄もあり、銘柄によってそれぞれ細かな味わいは異なる印象があります。

ルイロデレールのブランドのシャンパンは、一般的に

  • フルーティで飲みやすくて甘みも強いもの
  • 上品で華やかさが強い味わいのもの

とに分かれます。

これに関しては好みによってどれを飲むかが異なりますね。

いずれにせよ、味わいのバランスは非常によく香りも味わいを邪魔せず、しかししっかりとした自己主張をする花のような香りが感じられます。

  • スッキリとした酸味と口当たりのまろやかさ
  • フィニッシュの爽快感のあるドライな口当たり

がなんとも言えないルイロデレールの特徴となります。

ルイロデレールの豆知識

ルイロデレールの特徴や銘柄は?売価や買取価格も紹介!

世界でもトップレベルのシャンパンを生み出していることで名前が知られてあるルイロデレール。

“クリスタル”の愛称で呼ばれる親しみやすくて価格も良心的な銘柄が多いルイロデレールのシャンパンは、一体どのようにして作られているのでしょうか?

今回は、ルイロデレールの特徴や銘柄はもちろんのこと、価格についての詳細もまとめていきたいと思います。

ルイロデレールとは?

ルイロデレールは、フランスのシャンパーニュ地方で製造されているシャンパンの有名ブランドの一つです。

1776年に創業された、約250年もの歴史を持つルイロデレールは、まさに最高級のシャンパンといっても過言ではないほど人気と知名度が高いブランドです。

高級シャンパンとして名高いクリスタルを有していることから、ルイロデレールは“クリスタル”という別名で通っていることも多いです。

ルイロデレールの本社はランスにあり、使用されている原材料のぶどうの3分の2は自社栽培をしています。

そのため、品質にはこだわりがありプロ意識を持ってぶどうを育て上げていることからかなり上質で濃厚な甘みが溢れているシャンパンが仕上がっています。

原材料のぶどうの出来が悪い時には、無理にシャンパンづくりをすることなく、天候に強いぶどうづくりなどに精を出すようにしています。

ルイロデレールで認めたぶどうのみを使って製造していることから、味わいは確かなものがあり、消費者にハズレと思われるようなシャンパンは絶対に作られないようになっています。

強いこだわりと改良の積み重ねが、ルイロデレールの品質と価格を守り続けているのですね。

ルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール フィリップ・スタルクモデル

褐色のスタンダードボトルにルイロデレールならではのデザインラベルがあしらわれたルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール フィリップ・スタルクモデル。

ルイロデレールの中ではスタンダードなタイプのシャンパンですね。

味わいは強い辛口となっており、初めて口にする方はきついアルコールを感じる場合もあるかもしれません。

原材料のぶどうの品種は65パーセントがピノ・ノワール、35パーセントがシャルドネとなっており、ピノ・ノワールのさっぱり感を強く感じられる銘柄となっています。

ルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール フィリップ・スタルクモデルは、製造過程で糖分を一切加えていないため、強い辛口になっています。

そのため、ぶどうの甘みはストレートに感じられる、まさに素材の旨味を最大限に活かしたい味わいとなっています。

香りはフルーティかつビターなチョコレートのような香りも感じられ、グラス一杯で様々な印象を感じることができます。

現在のルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール フィリップ・スタルクモデルの売価はおおよそ1万2千円ほどとなっており、割と手に入れやすいリーズナブルな価格になっています。

買取査定額は1千円と低めに設定されていますね。

というのも、ルイ・ロデレール ブリュット・ナチュール フィリップ・スタルクモデルはこのブランドの中でも一番人気が高くてスタンダードな銘柄ですので、生産量がまだまだ多いのです。

頂き物で残っていたりする場合には、売るよりもありがたく飲んでしまった方が良いかもしれませんね。

ルイ・ロデレール ブリュット ヴィンテージ

マットなブラウンのスタンダードボトルにブラウンのラベルがあしらわれているルイ・ロデレール ブリュット ヴィンテージは、見た目からも高級感と品質の良さがうかがえます。

原材料はピノ・ノワールとシャルドネ。

ピノ・ノワール7割に対してシャルドネが3割となっており、スッキリとした甘みが特徴のピノ・ノワールが強めに味わいにもあらわれていますね。

ルイ・ロデレール ブリュット ヴィンテージは、シャワパンの製造過程ではよく行われる発酵をせずに、そのかわりオーク樽で熟成した白ワインを使用しています。

平均的には4年半ほどの熟成期間を経て市場に出回ることになるルイ・ロデレール ブリュット ヴィンテージは、通常のシャンパンに比べて流通する本数に限りが出てきます。

味わいは辛口ですがぶどうの甘みや熟成木ならではのキャラメルやクリームのような味わいも特徴の一つです。

ボトルの見た目と味わいはなんとなく似ているような雰囲気がありますね。

香りもホワイトチョコレートのような甘さが強いため、非常な香り高くて好感がもてる一品です。

女性からも人気が高いルイ・ロデレール ブリュット ヴィンテージの現在の価格はおおよそ1万円前後。

プレゼント用としても最適ですし価格も手頃ですね。

ちなみに、現在の買取査定額は2500円程となっており、人気の割には買取価格はあまり高くなっていない印象があります。

やはり人気が高いと生産量も多いですので、買取価格は高くなりにくいのでしょう。

ルイ・ロデレール ブリュット ヴィンテージは見た目も可愛らしくて女性らしいイメージが強いですのでプレゼントはもちろんのこと、結婚式などの乾杯で使用しても喜ばれやすい銘柄ですよ。

ルイ・ロデレール クリスタル

ルイロデレールといえば“クリスタル”を思い浮かべる人も少なくないのではないでしょうか?

というよりも、ルイロデレールのブランドの名前を“クリスタル”だと勘違いしている人も中にはいると言われるほど、このクリスタルの銘柄はかなり知名度が高いです。

シャンパンには詳しくなくても、このボトルを見たことがあるという方は多いかもしれませんね。

ルイ・ロデレール クリスタルは、ピノ・ノワール6割にシャルドネ4割を使用して作られている2品種のぶどうによるシャンパンです。

そのため味わいには雑味はなくスッキリとしていますがコクは深くて飲みやすい印象があります。

18世紀にアレクサンドル2世をもてなすために作られたと言われるルイ・ロデレール クリスタルは、見た目も高級感が溢れておりまさに王室においていても見劣りしないほどの高品質なシャンパンとなります。

全行程を手作業で作っているルイ・ロデレール クリスタルは、白ワイン特有のぶどうやモモの味わいを上手に引き出しています。

飲みやすさ抜群でフルーティな味わいが特徴のこの銘柄はお酒に弱い方でもグラス一杯なら十分楽しむことができる味わいです。

パーティなどの乾杯のようにどうしても飲まなくてはならない場には非常にオススメです。

ルイ・ロデレール クリスタルは現在市場では少量ながら流通しており、その価格は3万円程。

お酒買取価格は1万4千円と現在の売価のおおよそ半額になっています。

シャンパンをはじめとするお酒の買取査定で売価の相場の半額の買取価格というのは割と高値として捉えられます。

やはり品質にこだわり少ない生産量でも味わいを大切にして作り上げられているシャンパンは、希少価値も高くて価格も高くなりやすいのですね。

ルイ・ロデレール クリスタルロゼ

ピンクのメタリックボトルが特徴的なルイ・ロデレール クリスタルロゼ。

とにかく見た目が可愛らしくて高級感あふれるボトルデザインになっていますね。

ルイロデレールは基本的には多くのぶどうを自社栽培していますが、ルイ・ロデレール クリスタルロゼに使用されているピノ・ノワールはビオディナミ農園で作られている最高級の品種を使用しています。

ルイロデレールの製造者がしっかりと厳選したピノ・ノワールを使用していることから、味わいは確かなものがあります。

ルイ・ロデレール クリスタルロゼはホワイトオーク樽で発酵をさせたのち、おおよそ6年間もの長期の熟成を行います。

味わいは辛口の中に強い酸味が感じられ、これも長期熟成による味わいの一つだと言われています。

香りは華やかでフルーティかつ甘さが感じられる香りとなっており、味わいと香りのギャップが大きい一品ですね。

ルイ・ロデレール クリスタルロゼは現在市場では5万円程で売買されており、それでもすでにほぼ在庫はない状態です。

買取査定額も2万2千円と高値になっておりその希少性と価値の高さがうかがえますね。

普段飲むように手に入れることは難しいですが、親しい友人の祝い事などの際に思い切ってプレゼントすると、絶対に喜んでもらえる品ですよ。

ーまとめー

以上が、ルイロデレールの詳しい銘柄や特徴、価格についての情報になります。

他にもルイロデレールには多くの銘柄が存在し、それぞれに深い味わいと特徴的な香りがあります。

プレゼントはもちろんのこと、いただいた側としても絶対に嬉しいルイロデレールのシャンパンは、ぜひ覚えておくと便利ですよ。

  • ルイ・ロデレール クリスタルロゼ

  • ルイ・ロデレール クリスタル

  • ルイ・ロデレール ブリュット ヴィンテージ

  • ルイ・ロデレール ブリュット ロゼ ヴィンテージ

  • ルイ・ロデレール ブラン・ド・ブラン

  • ルイ・ロデレール ブリュット ロゼ

  • ルイ・ロデレール ブリュット プルミエ