お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。
     

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
ワイン買取

ルロワ

概要

ワインの女王ルロワ!

ルロワ社は、世界的に有名なワインを製造する会社です。

そんなルロワ社の歴史と製法、ワイン作りへのこだわりを詳しく解説しながら、代表的なワインの味を解説します。

世界的に有名であり、評価の高いワインを製造するルロワ社を詳しく知るうえで、会社の歴史をまず紐解いていきましょう。

ルロワの歴史

ルロワ(引用:高島屋オンラインストア

ルロワの創業は、1868年です。

1代目フランソワ・ルロワがムルソー村近くの小さな村で創設したのが始まりです。

この当時は、ネゴシアンという仕事を営んでいました。

このネゴシアンとは、優良なワインを選別し、最高の状態まで育成させて販売するという仕事です。

この仕事に重要なものは、テイスティング能力だといわれています。

最高の状態を見極めることができる舌が一番の仕事道具なのです。

ネゴシアンとして成功し1880年代からは、2代目アンリ・ルロワがブランデーを取り扱う支社や、グランドシャンパーニュ地区中心に蒸留所を開設するなど、事業展開をおこないさらに成功させます。

2代目がおこなった事業により得ることができた蓄財で、1942年DRCの所有権を半分取得します。

これにより、アンリ・ルロワはルロワ社とDRC社の二社の経営者となりました。

アンリ・ルロワは、DRCを正式な会社組織とするなどDRCの改革を積極的におこないDRCへ多大な貢献をしました。

1950年にはDRCの共同経営者を娘2人に引き継ぎ、ルロワ社のみの経営者となりますが、2年後の1952年には娘のラルー・ビーズ・ルロワ(この時23歳)にルロワ社を任せます。

1974年にルロワ社は、アメリカとイギリスを除いた全世界のDRC販売代理権を承認されルロワ社の会社としての利益の2/3を占める絶大な収益となりました。

1980年に2代目アンリ・ルロワは、多大な業績を成し遂げて死去します。

これにより完全に3代目ラルー・ビーズ・ルロワ(マダム・ルロワ)がルロワ社の指揮をとることになりました。

同年には、日本企業である「フランス高島屋」が資本参加をします。

この資本を受けて1988年にルロワ社は、ロマネ村の特級畑を持っていた「ドメーヌ・シャルル・ノエラ」の買取に成功します。

そして「ドメーヌ・シャルル・ノエラ」を『ドメーヌ・ルロワ』と改名し、これによりドメーヌ・ルロワが誕生しました。

さらに1988年の同年にラルー・ビーズ・ルロワ(マダム・ルロワ)とその夫であるマルセル・ビーズが共同でサン・ロマン村の「ドメーヌ・ドーヴネ」を買取。

100%夫妻の所有地(プライベートドメーヌ)としてブドウ栽培を始めます。

さらに、ジュヴィレ・シャンベルタン村の「ドメーヌ・レミィ」も手中におさめ、ルロワ社は、計22.42ヘクタールの自社畑を所有する大ドメーヌとなります。

1992年には、ラルー・ビーズ・ルロワ(マダム・ルロワ)はDRCの経営者を辞任することになり、前年にはルロワ社のDRC販売代理権も失うこととなりました。

ですが、現在もルロワ社で素晴らしいワインを作り続けています。

マダム・ルロワとは?

ルロワ社の歴史がわかった中で多くの場面でラルー・ビーズ・ルロワ(マダム・ルロワ)という名前が幾度となく出てきました。

現在のルロワ社を語るうえで欠かせない存在なのです。

マダム・ルロワは、ルロワ社の始まりであるネゴシアンとして必要なテイスティング能力に長けています。

ブルゴーニュ屈指、5本の指に入るワインテイスターとして評価を受けている女性なのです。

このテイスティング能力により、23歳にしてルロワ社を任されるまでになったといわれています。

更に、彼女、強い意志とワイン作りへの妥協のない姿勢があります。

ドメーヌ・ルロワをはじめとしたドメーヌの買取は、その当時ワインの質が落ちていると感じていたマダム・ルロワ。

妥協したくないという姿勢から、自らが納得できるワインを一から作るために買取をしたといわれています。

確かな舌と

「ワインの個性は土地が決定し、ワインは畑で生まれる。その手助けを生産者はおこなうだけだ」

という信念のもと、100%バイオダイナミック農法によりワインの生産をおこなっています。

一説には、1992年にDRCを解任されたのは、マダム・ルロワが「ドーヴネ」で作るワインが高品質すぎるためにDRCを脅かす存在であると危惧され解任された。と憶測が飛ぶほどでした。

これは、逆にそれだけマダム・ルロワの評価が高いために起こった憶測であるともいえます。

ルロワのワイン作り

ルロワのワイン作りは、バイオダイナミック農法でブドウ栽培をおこなうことから始まります。

バイオダイナミック農法は、自然農法の究極ともいわれるもので、太陰暦や占星術を用いた農業暦を使用します。

さらに外部から肥料を施すことを良しとせず、この場合ブドウの皮や発酵残渣、ブドウの木の根の粉砕したものなどを肥料としています。

宇宙からの力を借りて農業をおこなうというバイオダイナミック農法で栽培されたブドウは、収穫量を極端に減らし、通常45hl収穫できるところをわずか25hlという少ない収穫量に抑えています。

これは、「スーパードメーヌ」といわれるドメーヌの多くが25hlという少ない収穫量でおこなっている枠に入る収穫量です。

選ばれて収穫されたブドウの実は、ブドウ全房の状態で発酵をおこないます。

この発酵方法により複雑な味を出すのです。

発酵された後におこなう、低温浸漬は伝統的な木の発酵槽でおこなわれます。

その後100%新樽で熟成され、マダム・ルロワの舌のGOサインが出るのを待つのです。

ルロワのワイン

マダム・ルロワのこだわりを貫いて作られたワインには大きく分けて三種類あります。

ドメーヌ・ルロワ

ドメーヌ・ルロワ(引用:高島屋オンラインストア

これは、通称「赤キャップ」といわれ、自社畑でマダム・ルロワの手により栽培されたブドウを使用したワインです。

ドメーヌ・ルロワは、

  • 1/3マダム
  • 1/3ファミリー
  • 1/3高島屋

の所有権のためマダム独断では行えないのが特徴です。

華やかでフルーティな味わいと骨格がガチッとした強さを持った味わいで、長期熟成も可能なワインとなっています。

ドメーヌ・ドーヴネ

ドメーヌ・ドーヴネ(引用:高島屋オンラインストア

これは、マダム・ルロワ個人所有の畑のブドウが使用されています。

100%マダムの意向が反映されて作られたワインです。

超希少なこのワインは、長期熟成により育成されたずっしりとした飲みごたえのある味わいです。

メゾン・ルロワ

メゾン・ルロワ(引用:高島屋オンラインストア

これは、契約農家が作ったブドウを買い付けてワインにしたものです。

これは、ルロワ社創設当時から行っていたネゴシアン事業のものありで、販売のために熟成されたワインコレクションはブルゴーニュ最大規模といわれています。

約200万本も保管されているといわれます。

ルロワ社の各地にあるセラーで熟成を重ねたこのワインは、深い味わいとトラデッショナルでスタイリッシュなワイン問い表現が適当です。

どのワインもマダムの純粋なワインへの想いが込められており、ブルゴーニュのワインの頂点に君臨する女王というにふさわしいワインです。

まとめ

ルロワ社は、初代のネゴシアン業の成功と2代目のブランデーや蒸留所への事業拡大の成功、これによるDRCの所有権の獲得に寄り利益を大きく伸ばし、名声も高めました。

そして3代目の類まれなるテイスティング能力とワインへの愛情により、ブルゴーニュの頂点へと登りつめた会社です。

ワインへの純粋な思いと完璧なテイスティング能力により販売されるワインは、世界中の富裕層をはじめとした多くのワイン愛好家がその舌で感じたいと願うワインとなっています。

  • ドメーヌ・ルロワ ミュジニー 1998年

  • ドメーヌ・ルロワ ミュジニー その他年代

  • ドメーヌ・ルロワ シャンベルタン 1996年

  • ドメーヌ・ルロワ シャンベルタン その他年代

  • ドメーヌ・ルロワ ロマネ・サンヴィヴァン 2013年

  • ドメーヌ・ルロワ ロマネ・サンヴィヴァン その他年代

  • ドメーヌ・ルロワ リシュブール 2007年

  • ドメーヌ・ルロワ リシュブール その他年代

  • ドメーヌ・ルロワ クロ・ド・ラ・ロッシュ 1999年

  • ドメーヌ・ルロワ クロ・ド・ラ・ロッシュ その他年代

  • ドメーヌ・ルロワ ラトリシエール・シャンベルタン 1993年

  • ドメーヌ・ルロワ ラトリシエール・シャンベルタン その他年代

  • ドメーヌ・ルロワ コルトン・シャルルマーニュ 1995年

  • ドメーヌ・ルロワ コルトン・シャルルマーニュ その他年代

  • ドメーヌ・ルロワ コルトン・レ・ルナルド 2014年

  • ドメーヌ・ルロワ コルトン・レ・ルナルド その他年代

  • ドメーヌ・ルロワ クロ・ド・ヴージョ 1999年

  • ドメーヌ・ルロワ クロ・ド・ヴージョ その他年代