お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

レミーマルタン買取

ランキング商品名買取価格(2020年6月1日更新)
レミーマルタン 1レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品130,000円
レミーマルタン 2レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド 八角形箱100,000円
レミーマルタン 3レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド クリアケース100,000円
レミーマルタン 4レミーマルタン ルイ13世 金キャップ95,000円
レミーマルタン 5レミーマルタン ルイ13世 四角形箱 現行品95,000円

概要

みなさんこんにちは。今回ご紹介したいお酒は、世界で有名で高級なお酒の一つ『レミーマルタン』です。

『レミーマルタン』のお酒は、ブランデーの中の「コニャック」というお酒になります。

そもそも、「コニャック」とはどういったお酒についていわれるかご存じでしょうか。

「コニャック」とは簡単に言うと、フランスコニャック地方で生産されたブドウを原料としたグレープブランデーを言います。

では、生産地・使用されるブドウの品種・ブドウの生産区画と厳格にきめられた中から生まれるコニャックの中でも、最高峰のお酒といわれている『レミーマルタン』についてみていきましょう。

レミーマルタンの歴史

レミーマルタンの歴史(引用:Remy Martin

レミーマルタンは、1724年にレミーマルタンが自身の名前を付けたコニャックを販売したことから、レミーマルタンの歴史が始まりました。

創業から今年で295年目を迎えた歴史ある会社は、1738年には既に良質なコニャックの生産をしていた事から、ルイ15世より「ブドウの作付け特権」を授与されます。

これにより、1830年レミーマルタン初グランド・シャンパーニュからコニャックが誕生しました。

そして会社の海外進出や拡大に伴って、1870年会社のエンブレムとしてレミーマルタン氏は自身の星座である射手座に使用されている「ケンタウロス」を採用します。

これは、レミーマルタン氏が天文学が好きであったことから採用されたといわれています。

このエンブレムは、現在世界中が知る有名なエンブレムとなっています。

レミーマルタン氏から後を継いだ二代目のポール・エミール・レミーマルタン二世は、アンドレ・ルノーと提携してより大規模な会社の発展をおこないます。

そして1924年アンドレ・ルノーはレミーマルタン初のワイン造り最高責任者である「セラーマスター」となります。

アンドレ・ルノーがセラーマスターとなった3年後には、「レミーマルタン・フィーヌ・シャンパーニュ・コニャックVSOP」を発表。

超越した品質のコニャックであったこの商品は一瞬にして世界を駆け巡り大成功をおさめます。

その後、アンドレ・ルノーの教えを受け継いだアンドレ・ジローが二代目セラーマスター、アンドレ・ルノーの娘と結婚したアンドレ・エリアル・デュブレイユが社長につきました。

彼は、より最高な品質の商品を未来に残すために働くなどし、現在のレミーマルタン生産のパートナーシップ造りなどに力を入れます。

そしてジョルジュ・クロがセラーマスターとなり、最先端デジタル技術の導入、ジョルジュ・クロから技術を受け継ぎます。

大手初の女性セラーマスターとなったピエレット・トリシェ、現在のセラーマスターであるバティスト・ロワゾ―へと伝統と技術の継承をおこないながら、変わらぬ品質の最高なコニャックを世界に発信している老舗がレミーマルタンです。

創業当時から変わらぬ品質を保ち生産し続けるレミーマルタンのこだわりとはどのようなものでしょうか。

レミーマルタンのこだわりとは?

第一のこだわりは、1948年にアンドレ・ルノーによって決定された「プティット・シャンパーニュとグランドシャンパーニュ由来のコニャックのみの生産をおこなう」というものです。

この最高の土地で栽培・収穫されたブドウのみを使用して最高品質のコニャックを造ります。

限定された最高の土地から作られたブドウを厳選して使用することで、品質を保ち昔からのレミーマルタンの味を維持し続けることができるのです。

そして第二のこだわりは製造方法にあります。

それは、「小型の銅製スチルによる蒸留を2回おこなう」というものです。

この製法は、1724年の創業から変わることなく受け継がれてきました。

伝統製法により、通常の熟成期間を遥かに超える超長期熟成が可能となっています。

そして、レミーマルタンの最高の味わいが表現される最大の要因となっています。

では、そんなこだわりから生まれるレミーマルタンの味わいとはどのようなものでしょうか。

レミーマルタンの味わい

レミーマルタンの味わいを一言で表現するならば、「エレガント」という言葉がふさわしいでしょう。

レミーマルタンの特徴である二度行う蒸留において、ブドウのカスを除去せずおこなうことで得られる多くのアミノ酸が、芳醇で甘い香りを引き出してレミーマルタン特有の香り高さを生み出しています。

そして、舌触りはなめらかで甘さと香ばしさ、フローラルな香りが口の中に広がります。

最後に余韻は長く深く感じるリッチな余韻を楽しむことができます。

レミーマルタンは、厚く深く複雑でリッチなアロマをゆっくりと感じることができる最高のお酒なのです。

レミーマルタンの商品紹介

レミーマルタン XO

レミーマルタン XO(引用:Amazon

このお酒の特徴は、順にやってくるアロマの複雑さです。

フローラルと果実感を最初に鼻で感じます。

これは、マスカットのようなフレッシュな香りとジャスミンのような上品な華やかな香りとなっています。

その後、熟したドライフルーツのような香りと燻製のような香ばしい香りが、ナッツやチョコレートのような香りとしてやってきます。

次々と訪れる芳醇で複雑な香りを楽しむことができるのがこのお酒です。

レミーマルタン VSOP

レミーマルタン VSOP(引用:Amazon

このお酒は、オーク樽で長期熟成されたことでまれるバニラが最初に感じる香りです。

甘く濃厚なバニラの香りから熟した果実や焼きリンゴのような濃厚な果実の香り、そしてレミーマルタンに重要なエレガントなフローラルな香りが包み込みます。

この完璧な香り、上品で繊細なやわらかな舌触りの酒質がさらにバランス良く口の中を通ります。

この完璧なお酒は、ロックはもちろんのことカクテルなどにして飲むこともおすすめの最高の逸品です。

レミーマルタン 1738

レミーマルタン 1738(引用:Amazon

フランスの王室御用達のこのお酒は、伝統を感じることができる最高のお酒です。

内側をしっかりと焼いたオークの大樽で熟成したオー・ド・ヴィーをブレンドしています。

熟したイチジクのようなねっとりとした甘みとコク、バターのような濃厚さに焼きたスパイスがまろやかに香るという複雑でありながら円熟した上品かつエレガントな味わいが特徴のお酒です。

王室が認めた最高のお酒をストレートやロックで感じてみて頂きたい逸品です。

まとめ

レミーマルタンは、フランス国王が認めた最高のコニャックです。

創業から約300年の間変わらぬ製法とこだわりにより最高の品質を維持し続けているこのお酒。

アロマの最高の香りを十二分に感じることができる長期熟成のお酒となっています。

長期熟成と厳選したブドウ、伝統製法から作られるこのお酒には、世界中にファンがおり、かつ生産数も多くないため非常に高価で価値のある逸品です。

ぜひ一度国王に認められた品質を感じてみてはいかがでしょうか。

レミーマルタンの豆知識

レミーマルタンの銘柄や特徴!買取査定額は?

高級ブランデーとしてはおそらく誰もが知っていると思われるレミーマルタン。

レミーマルタンと言われてもピンとこない人でも、ルイ13世やXOと言われると聞き覚えがあるという方も多いですよね?

レミーマルタンはフランス原産のコニャックを生産販売している企業になります。

今回はそんな多くの人に名前が知られているレミーマルタンの特徴や詳しい銘柄、買取価格や現在の売価などについても探っていきたいと思います。

お酒に興味がある方は是非、続きをご覧くださいね。

レミーマルタンとは?

フランスのコニャック市を拠点としてブランデー作りをしているレミーマルタンは、1724年に創設された約300年もの歴史のあるブランドです。

コニャックを作る企業としては世界で最も大きいと言われており、知名度、人気度共に常にトップクラスを誇っています。

レミーマルタンの創業者はE・レミー・マルタンという方で、その名前をそのままとったブランド名になったのですね。

レミー・マルタン氏は当初はブドウ栽培やワインの製造などを行なっていました。

そして、1724年にコニャックの取引を始めたことから、知名度はぐんと上がり今となってはレミーマルタン=コニャックというイメージがついたのですね。

レミー・マルタン氏は1773年に亡くなってしまいますが、その後は孫のレミー氏が後を継いでブランドを守り続けてきました。

孫のレミー氏は、レミーマルタンのブランドの象徴として、ケースやボトルにケンタウロスのロゴを入れました。

ケンタウロスというと、ギリシャ神話の中では怪物と呼ばれた荒ぶれ者で、レミー氏はレミーマルタンのブラントが強くてたくましく、たくさんの人の印象に残るようにとこのロゴを決めました。

また、レミー氏自身が射手座だったこともあり、自分の勲章としても残すためにケンタウロスが選ばれたのですね。

第二次世界大戦ののち、レミーマルタンはアンドレ・ルノーの義息子のアンドレ・エリアールを主導に引き続き生産販売を続けられました。

アンドレ・ルノーの後にはアンドレ・エリアールが、その後にはエリアールの息子たちも事業に参加するようになりました。

中でも、1988年には娘がゼネラルマネージャーとなり実力を発揮し、1990年には代表を継ぐ形となりました。

娘のドミニク・エリアールが代表になった後には、ファミリーグループに編入をして事業を続けてきています。

レミーマルタンは、主にはレミー氏一家の努力と広い知識によって現在の地位まで確立されたのですね。

レミーマルタン クラブスペシャル

レミーマルタンの中では最も入手がしやすく流通量も多いことで知られるレミーマルタン クラブスペシャル。

レミーマルタン自体はすでに事業を中止しており、既存のブランデーのみが流通しているという状態になりますので、流通量が多いレミーマルタン クラブスペシャルだからといって希少価値が低いというわけではありません。

レミーマルタン クラブスペシャルは正式には【クラブ・ド・レミー】という名前で発売されていますので、探す際にはこちらの名前を参考にすると良いでしょう。

バラのような華やかな香りにスミレのような春の優しい香り。

熟成には最低でも5年の期間が必要なため、量産することもできずに生産当時から希少価値は高かったです。

レミーマルタン クラブスペシャルはコニャック市の中で第2位と言われるぶどうを使って製造していましたので、味や香りには定評があり高級感あふれる味わいだといいます。

強いこだわりと手間をかけたレミーマルタン クラブスペシャルは、現在2万円を超える価格で売られていますが、残りはわずかで入手は困難なようです。

買取査定額は3千円となっており、タイミングが合えば市場に出回ることもあるかもしれません。

ブラックのスタイリッシュなデザインボトルは、見ているだけでも高級感を味わうことができますね。

レミーマルタン XO

レミーマルタン XOには、主にボトルの色の違いによって様々な銘柄があります。

たとえばレミーマルタン XO スペシャル クリアボトルやレミーマルタン XO スペシャル グリーンボトルなど、カラフルなバリエーションがあります。

レミーマルタン XO という名前は聞いたことがあるという方も多いかと思いますが、イメージとして強いのはおそらくクリスタルクリアガラスボトルでしょう。

丸くて後光がさすような見た目に高級感を感じます。

真ん中の丸いラベルにはやはりケンタウロスのロゴがついたXOの文字が描かれています。

原材料はフランス産のぶどう100パーセント。

アルコール度数は40度と割と優し目に見えますが、ハチミツのような濃厚でねっとりとした甘味と強い花の香りが酔いを回らせてくれます。

10年〜37年の熟成期間を経ている300種類もの原酒の中からブレンダーがバッティングして作っているため、かなりのこだわりがあります。

現在レミーマルタン XO は、一般的なクリスタルボトルなら1万3千円ほど、グリーンボトルだと希少価値が高くなりますので4万5千円程で売られています。

一概にレミーマルタン XO といっても種類がありますので、価格は前後しますがこれがXOシリーズのメジャーな銘柄のおおよその相場ですね。

買取価格は2千円〜7千円と、こちらも銘柄によって価格が変わります。

基本的に、一般ボトルは安くグリーンやスペシャルクリアのボトルは高くなりやすい傾向があると考えて良さそうですね。

レミーマルタン ディアマン

ディアマンとはフランス語でダイヤモンドのことを指します。

レミーマルタン ディアマンは、レミーマルタンのセラーの中でも最も古くてダイヤモンドのように磨かれた原酒だけを厳選してブレンドした最高峰の銘柄になります。

レミーマルタンディアマンは、グランドシャンパーニュを9割、プティット・シャンパーニュを1割ブレンドして作られた最高の品で、作るのには時間も労力もかなりかかったと言います。

名前の“ディアマン”のとおり光をあてるとオレンジ色にも褐色にも見える奇跡的な色合いは、角度を変えてみるもさらに美しさが増して見られます。

香りはヘーゼルナッツやジャスミンのような上品で華やかな香り。

味わいはプラムやブドウのように甘酸っぱいフルーティさが残っています。

希少で高級感あふれるレミーマルタン ディアマンの価格は現在12万円ほど。

買取価格も4万円とかなり高額になっています。

見た目も丸くて可愛らしく、ダイヤモンドカットされたボトルはインテリアとしても重宝しそうですね。

レミーマルタン ルイ13世

レミーマルタンといえば、ルイ13世を思い浮かべる方も多いですよね?

そんなレミーマルタン ルイ13世ですが、一言にいってもかなりの種類があります。

高額なものですとレミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 42.6。

こちらは世界限定738本のみの生産となっているかなり希少で高級な銘柄で価格はなんと400万円をゆうに超えます。

買取価格も120万とかなり高値になっていますね。

フランスのバカラ製のクリスタルボトルに詰められたレミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 42.6は、もはや色も黒に近くその質の高さと上品さが伺えます。

香りも花畑にいるかのような華やかさで一口飲むだけで息まで華やかになってしまうほど。

味わいは濃厚で完熟したぶどうの甘酸っぱさや苦味、キリッとした辛味も感じるほど長期熟成されている銘柄です。

一般的なレミーマルタンルイ13世ですとレミーマルタン ルイ13世 金キャップ という銘柄があります。

こちらもバカラ製のクリスタルボトルか専用に作られており、左右についた棘のような形の凹凸がルイ13世の特徴です。

栓ももちろんバカラのガラスで出来ており、かなりデザインにも凝っている印象があります。

一般的なルイ13世であるレミーマルタン ルイ13世 金キャップ は、13万円辺りが相場となっていますが、現在市場ではかなり数が少なくなっています。

買取価格も8万円とかなり高値になっていますので、その希少性がうかがえますね。

レミーマルタン ルイ13世 金キャップ は、飲み終わった後のバカラ世のボトルにも価値がありますので、飲んでしまった方もぜひ売却を考えてみてくださいね。

レミーマルタン エクストラ グリーンボトルは新ボトルよりも希少性が高い

■レミーマルタン エクストラ グリーンボトル

レミーマルタンのエクストラグリーンボトルといえば、とても稀少性が高いものです。レミーマルタンのエクストラには、一般的なコニャックの中でも一番熟成年数の長い等級となっており、上級な畑からとれたブドウのみでつくられています。また蒸溜はリーズ蒸溜法というものが使われていいて、そのリーズ蒸溜法とは、底に沈んだリーズと呼ばれているカスを濾過せずに、時間をかけ再度リーズを沈殿させ2度蒸溜を行う方法です。そんなレミーマルタンのこだわり抜かれた製法だからこそ、アミノ酸が含まれた独特で豊かなコクの味わいを楽しめるんでしょうね。

レミーマルタン エクストラには2種類のボトルがあり、そのうちのひとつがこのグリーンの旧ボトルです。そしてもうひとつが透明の新ボトルで、新ボトルはデザインが一新されているので、印象なども全く違ってくると思いますよ。このレミーマルタン エクストラ グリーンボトルは、旧タイプのエクストラとなっていて、ボトルのデザインも現行品とは違うレアなグリーンボトルとなっています。稀少なグリーンのレミーマルタンというだけあって、高価買取をしてもらえるはずなので、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

もしこのお酒を持っている方は、買取査定にだしてみるのもおすすめです。もし近所に買取査定ができる場所がないなら、出張買取をお願いするのもおすすめですよ。お酒の買取は、ネットでも簡単に調べることができるので、新ボトルよりも高値独特なフォルムの濃いグリーンが特徴的なボトルで、新ボトルの方はデザインが全く違うため希少価値が高いと言えますね。もしこのお酒の買取をしてほしい!という場合には、お酒買取専門店のリンクサスをおすすめします。

ブランデー買取にも力を入れているので、希望の金額で買取をしてもらえると思います。

とはいってもお酒買取専門店に査定をしてもらうには、お酒の状態が非常に大切となってきます。そのため、まだ箱を捨てずに大切に持っておきましょう。買取にはそのお酒の状態によって買取か鍵変わってきます。良い状態で査定に出すのがベストなので、大切に保管するとよいでしょう。

レミーマルタン ニューエクストラは洗練された味わいが特徴!

レミーマルタン ニューエクストラは、約9割りのブドウがグランド・シャンパーニュ、残りの約1割りのブドウがプティット・シャンパーニュで作られています。蒸留所の新酒は10ヶ月から1年ほどかけて新樽で熟成しているため、長い間樽で熟成することによって、洗練された味わいを楽しむことができるお酒でもあります。現在では約3万円から5万円ほどで購入できますが、数はそんなに多く出回っていないようです。ネット通販であっても、どの通販でも手に入れられるわけではないので、見つけたときには即購入するのがおすすめです。

またこのレミーマルタン ニューエクストラを持っていて買取してほしいと考えている人は、一度買取査定にだして見てください。もしそんな時間がない!という人なら出張査定をしてもらえる業者にお願いすると良いですよ。とはいってもどのくらいの価格になるのか、できるなら高価買取してくれるところがいいですよね?そんなときには、お酒の買取専門店にお願いしましょう。特にブランデー買取に力をいれているお酒買取専門店のリンクサスがおすすめですよ!リンクサスは、お酒買取専門店でブランデー買取もおこなっているので、高価買取が期待できるはずです!

ちなみに、高価買取を期待したいのならお酒の状態も良くするのがポイントです。そのお酒の状態によって買取価格が変わってくるため、普段から大切に保管しておきましょう。もちろんお酒本体だけでなく、箱も大切にしておいてくださいね。そうすれば、査定に出したときに思ってもみなかった価格になるかもしれませんよ!

レミーマルタン XO エクセレンスは芳醇な香りを楽しめる!

レミーマルタン XO エクセレンスは、ブドウをグランド・シャンパーニュ産を85%、プティット・シャンパーニュ産を15%使って作られています。300種におよぶ原酒でも平均熟成年数10年から37年のもののみをブレンドしているため、アフターテイストの長い豊かな味わいが特徴のお酒でもあります。さらにこのお酒は、完熟したプラムやイチジクのマーマレードのコクに、オーク樽のトーストした強い香りも特徴的です。テイストは、かすかにダークチョコレートやバタースコッチと焼いたスパイスのまろやかな香りを備えています。そしてクリーミーな後味と濃いナッツの香りのボディも楽しめます。ストレートやオンザロックはもちろんのこと、サゼラックやシトラスフレーバーのカクテルにもぴったりです。

またこのレミーマルタン xo エクセレンスは、1738年にフランスのルイ15世の許可で新しいブドウ畑を植樹するという独占的な権限を与えられて、その名称を冠して作られたお酒でもあります。当時のセラーマスターであるジョルジョ・クロが開発したといわれるデザイン、そしてバランス抜群の口当たりの良さとまろやかで芳醇な風味が組み合わさったコニャックでもあるんです。そんな味わいだからこそ2014年には、「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」にて金賞を受賞しているんですね。

そんな魅力たっぷりのレミーマルタン XO エクセレンスを自宅に保管している人もいるのではないでしょうか?確かに保管してコレクションにしていても良いのですが、いざというときには買取もしてもらえるんです。ブランデー買取をしているお酒買取専門店リンクサスであれば、高価買取が期待できます。一度お酒を買取してくれる業者に査定してもらってはいかがですか?もちろん出張査定をしてもらうことも可能です。自宅でも査定してもらえるのは嬉しいところですよね。保管している状態が良ければ良いほど、お酒の高価買取も期待できますよ。買取を希望しているなら、お酒の保管状態も大切にしたくださいね。

レミーマルタン ディアマンとはどのようなお酒?

レミーマルタン ディアマンとはどんなお酒?

レミーマルタンの中でもディアマンというものを知っているでしょうか?そもそもこのディアマンという言葉は、フランス語で「ダイアモンド」という意味を持っていると言われています。

 

まさに、選びに選び抜かれて作られたお酒という事が言えるでしょう。特徴的なのは、たくさんの香りです。まるでその名前のような多くの良い香りがするというのが特徴です。このレミーマルタン ディアマンは、レミーマルタンの中でもとくに有名であるルイ13世というお酒の価値に匹敵するほどの高級なお酒と言われています。

 

現在でもインターネットなどで購入することができますが、10万円以上の値が付けられているものがほとんどです。高級ブランデーということが言えるでしょう。

 

そのため、もしもこのお酒がお家にあるという方は、1度買取査定を依頼してみるとよいでしょう。買取出来るお店を知らないという方でも、インターネットで検索すると簡単に見つけることが出来ますし、買取方法も宅配買取はもちろん、出張買取などを行なっているところもたくさんあるので、気軽に査定を依頼してみるというのもおすすめですよ。

 

このブランデー買取をご希望なら、お酒買取専門店のリンクサスをご利用してみてはいかがでしょうか?

 

家で眠らせておくにはとてももったいないお酒です。高価買取を期待することが出来ます。

レミーマルタン ニューエクストラとは

レミーマルタン ニューエクストラとは

レミーマルタン ニューエクストラとはどのようなお酒なのでしょうか?このお酒の原料として使われているのは、グランド・シャンパーニュのブドウが約9割となっており、残りがプティット・シャンパーニュのブドウで造られていると言われています。

現在このレミーマルタン ニューエクストラを購入したいという場合にはどのくらいで購入することが出来るのかについてですが約3万円~5万円くらいで購入することが出来ます。ただし、数はそれほど多くありません。インターネット通販でもそれほど多くの数は出回っていませんので、見つけたらすぐに購入するようにするとよいでしょう。

 

逆に現在このお酒が家にあるという方で、売りたいと考えているのであれば、買取査定を依頼してみるというのもよいでしょう。出張買取などを行なっている企業も多いですし、高価買取を期待することが出来るかもしれません。

 

まずは、どのくらいの価格で買取を行なっているのかを確認してみると良いでしょう。少しでも高価買取を狙いたいという場合には、お酒の買取専門店に依頼をするのがよいでしょう。その際にオススメなのは、ブランデー買取に力を入れているお酒買取専門店のリンクサスをススメます。

 

ここで買取に出す際のコツを一つ伝授。お酒の状態によっても買取価格は異なりますので、普段から大切に保管をしておくようにするのがよいでしょう。

レミーマルタン クラブスペシャルは形がユニーク

レミーマルタンはとても人気のあるお酒ですが、レミーマルタン クラブスペシャルはボトルの形がとてもユニークです。こちらのお酒のボトルは、形が八角形をしています。

また、良い香りとまろやかで甘みのある味というのが特徴のお酒です。ボトルが特徴的という事で、インテリアとしてそのまま飾っておいても楽しむことが出来るでしょう。

レミーマルタン クラブスペシャルについては、すでにレミーマルタンの方では生産もしていませんし、販売もしていないということになっています。ですから、現在レミーマルタン クラブスペシャルを手に入れていたいということであれば、オークションなどや中古品などを取り扱っているところで探すということになります。

それほど多くはありませんが、インターネットで検索すると購入することが出来るお店もいくつかあります。ただし、ほとんどは中古品ばかりになります。

もしも自宅で所有しているということであれば、高価買取を期待することが出来るでしょう。家の近くにお酒の査定をしてくれるところがないという場合には、出張買取が出来るお店で買取査定を依頼するとよいでしょう。お酒買取専門店のリンクサスではブランデー買取をしており、レミーマルタン クラブスペシャルも強化買取実施中です。どのようなことでもお気軽にご相談ください。

レミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 42.6はどのくらいの価値がある?

レミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 42.6とは何か?

レミーマルタンと聞くとかなり高価なお酒というのが何となく想像することが出来ると思いますが、このレミーマルタンルイ13世レア・カスク42.6とはどのようなものなのでしょうか?

これは、2013年に世界限定738本で発売されたお酒で、発売された時の価格は税抜でなんと1230万円でした。この42.6という数字は、アルコール度数を示しています。世界での本数限定の効果なお酒ですから、これをもしも所有している人が売却したいという事であれば、状態などによっても異なりますが、買取査定を依頼すれば、高価買取をしてもらうことが出来るでしょう。

出張買取などを行なっているところも多いので、自宅の近くに買取してもらうことができるお店がないという場合でも安心です。自宅に所有しているという人は、買取査定を依頼すると臨時収入を得ることが出来るかもしれません。

世界的にもとても貴重なお酒ですから、家の中でずっと眠らせておくというのはとてももったいないですよ。まずはお気軽に査定を依頼してみるとよいでしょう。市場に出回っている本数もかなり少ないので、かなりの狙い目です。家にあるかもしれないという方は探してみるとよいでしょう。

レミーマルタン250周年記念ボトルはかなり貴重!買取価格はいくら?

レミーマルタンは世界的に人気が高いブランデーの銘柄ですが、今回はその中でも特にレアで価値が高いレミーマルタン250周年記念ボトルについてご紹介します。

この記念ボトルはどれくらい貴重なものなのか、買取価格はいくらくらいになるのかなどをご説明したいと思います。

■レミーマルタン250周年記念ボトルの紹介

 このレミーマルタンの250周年記念ボトルは、レミーマルタンの創業250年を記念して1974年に製造された限定ボトルです。

世界で38,709本しか生産されなかった限定品のため、非常に価値が高い商品です。

そもそも、発売されたのが1974年とそこそこ古い商品なので、さらに価値が高くなっています。

1974年当時にすでに50年から140年物長い期間熟成された、最高の原酒をブレンドして作られました。

レミーマルタンの中でも人気の高い、ルイ13世の原酒をふんだんに使われている最高級品です。

 発売当時の販売価格は15万円程だったそうですが、その後その価値は上がり続けました。

そして、買取価格は高騰し、数十万円に上るとも言われています。

高価買取価格で取引されるため、オークションで偽物が出回るほどの人気でした。

 ■レミーマルタン250周年記念ボトルの味わいは?

 この記念ボトルのレミーマルタンの味わいはどのようなものなのか、気になりますよね。

ブランデー好きなら誰もが味わってみたい一品だと思います。

この記念ボトルは、栓を開けるとフルーティーな甘み豊かな香りがまず立ち込めます。

それは、樽の中で熟成された高貴な果実の香りです。

その味わいは、レミーマルタンならではのスパイシーさは影をひそめ、蜂蜜のようなフルーツのような程よい甘みだそうです。

もちろん、あのレミーマルタンの希少な250周年記念ボトルを飲んでいるという特別感が加わり、いつもより数段上の高級感を味わうことができるでしょう。

 ■レミーマルタン250周年記念ボトルの高価買取価格は?

 レミーマルタン250周年記念ボトルは数十万円で買い取ってもらえると言われています。

しかし、その保存状態によって、買取価格は大きく異なります。

この記念ボトルは趣がある重厚な木箱に入っているのですが、この木箱がない、開封され

 

ている、中のお酒が減っているなど、保存状態が悪いと価格がぐっと下がってしまいます。

最も良いのが、木箱が付いていて未開封で箱やボトルに傷や日焼けがない状態の商品です。

 

そして、高く買い取ってもらうためには、その価値を正しく知っておくことも重要です。

この記念ボトルは限定生産でレア品である、あのレミーマルタンの記念ボトルである希少な原酒を使っているなど、正しく価値を把握していることで、買取店のスタッフに低い価格を付けられることを防げます。

さらに、複数の買取店に査定を依頼することで、より高値で売ることができるでしょう。

 ■まとめ

 レミーマルタン1724-1974 250周年記念ボトルについて詳しく見てきました。

あの高級ブランデーメーカーのレミーマルタンの創業250周年の節目を祝う記念ボトルです。

非常に価値が高く高値で売れることは間違いありません。

もしお持ちなら、査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

レミーマルタン・エクストラリモージュの価値はどれくらい?

レミーマルタンはブランデーの王様と言われるほど人気の高いブランドですが、今回はレミーマルタン・エクストラリモージュを取り上げてみたいと思います。

レミーマルタン・エクストラリモージュはどのような商品でどのような価値があるのかについて、詳しくご説明しましょう。

■リモージュとは美しい陶器のこと

レミーマルタン・エクストラリモージュについてご紹介する前に、リモージュとは何なのかをご説明します。

フランスにはリモージュという町が存在し、この街では古くから陶器の町として栄えました。

リモージュ産の陶器は、透明感がある非常に美しい白い磁肌が大きな特徴です。また、磁肌が白いため、赤や青などの色鮮やかな着色が可能です。そのため、リモージュ産の陶器は、色とりどりの鮮やかなデザインが施されています。

 レミーマルタン・エクストラリモージュのボトルも非常に美しい仕上がりです。深い青色に着色された円形のボトルにゴールドの縁取りとラベルが良く映えます。美しさの中に歴史の重みと高貴さを感じさせるリモージュボトルは、愛好家に人気が高いものです。

そのため、空ボトルだけでも価値ある商品となっています。

■レミーマルタン・エクストラリモージュとは?

 レミーマルタンには、XO、VSOP、ナポレオンなどという人気のラインナップが存在しますが、その中でもエクストラは希少価値が高く高価買取価格が付くことでも知られています。

フランスのコニャック地方の最上級の葡萄畑で栽培された、最上級のコニャックです。他のコニャックにはない芳醇な香りとコク、そして柔らかな口当たりを味わえる逸品なのです。

 

さらに、レミーマルタン・エクストラの中でも、リモージュは高値が付くのでしょうか?

レミーマルタン・エクストラにはグリーンボトルとリモージュボトルが存在しますが、断然価値が高いのはリモージュボトルの方です。

どちらも数万円で取引されることが多いですが、リモージュボトルの方が人気も希少価値も高くなっています。

 ■レミーマルタン・エクストラリモージュを高価買取してもらうためには?

 もし、レミーマルタンの美しい青いリモージュボトルを持っていたら、どうすれば良いのでしょうか?どうすれば高い価格で買い取ってもらえるのかをご説明します。

まず、外箱や替え栓などの付属品がそろっているか、未開封であるかを確認してください。

レミーマルタン・エクストラリモージュの場合、透明で中が見えるようになっている外箱が付いています。この外箱が完全な状態で未開封であれば、高値が付くでしょう。

そして、複数の買取店に査定を依頼することも重要です。最も高値を付けた店に買取を依頼しましょう。

 ■まとめ

 レミーマルタン・エクストラリモージュについてご紹介してきました。

美しい陶器のボトルの価値だけではなく、レミーマルタン・エクストラ自体も人気が高く、非常に価値の高い商品です。

お持ちの方は、ぜひ買取査定に出してみることをおすすめします。

レミーマルタン XO スペシャル グリーンボトル

レミーマルタン XO スペシャル グリーンボトルとはどのようなブランデーなのか、レミーマルタンのブランデー造りをあわせて解説します。

レミーマルタンが製造・販売をした、XO スペシャル グリーンボトルとはどのようなお酒で、レミーマルタンの歴史や製造はどのようなものでしょうか。わかりやすく説明します。

創業者のレミーマルタンは、妻と共にレミーマルタン社を立ち上げます。子供の頃からやしなったワイン造りの技術と、商売に対する野心と情熱を持ち、幸運なことに広大な土地を所有していたことで製造と販売、これにより人気を得ることができました。

その後4代目は、コニャックの商品の管理や経営などを強化し、コニャックの箱売りをおこなったりして業績を上げました。さらに、最高品とされるルイ13世を世に送り出したのも4代目でした。

VSOPというブランデーを発売した後人気が爆発し、海外進出を果たします。波に乗った会社は、2カ所の最高土壌で栽培されたブドウのみで製造することを決めます。これによって、レミーマルタンXOなどの高品質のお酒を世に送り続けることができているのです。

こだわりの樽で長期熟成をおこないブレンドされたものが世界で販売されますが、樽での熟成中に毎年2%のコニャックが蒸発しているのです。これは、コニャックを美味しくするのに欠かせないものなのです。

この蒸発により、余分なエタノールや酸化化合物が樽の小さな孔から抜けていきます。これにより、角の取れた味と凝縮された香味だけが残って、樽の中で最高のコニャックへと変化し続けるのです。熟成中のコニャック全ては、年間で何千樽分もの量が蒸発しているといいます。

このことから、いかに貴重なものであるかがうかがえます。そんなこだわりがつまってできたブランデーの中の日一つである、XO スペシャルとはどのようなお酒でしょうか。

XO スペシャルグリーンボトルとはどんなお酒?

XOスペシャルは、深みのあるフルーティーな味わい、独特なスパイシー、芳醇な香りを味わうことができるお酒です。ブランデーは、AOCという法律があり、規定と制約によって品質が保たれています。

このXOとは、コニャックのランクを表すもので、今年4月からXOの熟成年数基準が10年目以降のものになりました。

グリーンボトルとは、旧ボトルのことで、新ボトルはクリアボトルにかわっています。そのため、現在グリーンボトルを入手するためには中古市場での購入のみとなっています。

■高価買取はされる?

高価買取が期待できるブランデーです。味わいはもちろんのこと、旧ボトルであるグリーンボトルは入手が中古市場のみと限定されており、需要があるため、その分高価買取が期待できます。

高価買取のためには、未開封であることが条件です。開封していなくてもフィルムがはがされていると、開封扱いになってしまうので注意が必要です。

■まとめ

名門のレミーマルタンでの歴史ある製法と熟成の中で製造されたブランデーのひとつであるXO スペシャルは、旧ボトルと新ボトルがあり、味わいは深みのあるフルーティーな味わい、独特なスパイシーを体感できるお酒です。高価買取のためには、未開封であることが条件で、大切に保管し買取査定に出すようにしましょう。

レミーマルタン XO セントー グリーンボトルとは?

レミーマルタン XO セントー グリーンボトルとはどんなお酒なのかレミーマルタンの歴史とあわせて解説します。

レミーマルタン XO セントー グリーンボトルとはどのようなお酒なのか、このお酒を製造・販売しているレミーマルタンの歴史とはどのような歴史をたどった製造所なのかを簡単に説明します

創業者のレミーマルタンは、子供のころからワイン商の父親の仕事を手伝っていたことで才能を開花させました。会社を創設するころには、彼の腕前は多くの人々に知られており、たちまち人気のブランデーとなっていきました。

この人気は、当時の国王ルイ15世も認めた程だったといいます。そのため、フランス全土で食料危機に陥りそうになったときにもブドウ畑の拡大を唯一許されていたのです。

そんな国が認めたブランデーは、独自の製法をとっており、澱を残して蒸留を2度おこなうものでした。この方法をとることで、他社のブランデーよりもアミノ酸を多く含み独特の味わいを出すことができるのです。

さらに、熟成させる樽にもこだわっており、自然の中で熟成させるために釘などの人工的なものを一切使っていないというものです。このこだわりの樽の中でじっくりと最大で120年という長期熟成をおこなうコニャックも存在しています。

このように、技術と情熱でできたレミーマルタンのブランデーの中のXO セントー グリーンボトルとはおのようなお酒でしょうか。

XO セントー グリーンボトルとは

もともとレミーマルタン セントーXOのセントーとは、ケンタウルロスのフランス語です。レミーマルタンの4代目の時代に、酒の神バッカスの従者で、4代目の星座(射手座)でもあるケンタウロスが社のシンボルマークとして採用されました。

その社のシンボルマークである名前が入るお酒であることから、レミーマルタンが、自信を持って世に出したものであるあかしということです。

ボトルは、グリーンボトルと言われる旧ボトルとクリアボトルと言われる新ボトルがあります。現在、取扱っているのはクリアボトルがほとんどとなります。そのため、旧ボトルは珍しく、人気があります。

味は、口当たりが滑らかで複雑かつ芳醇な香りが口一杯に広がるブランデーとなっています。

■高価買取について

上記で記したように、旧ボトルであるグリーンボトルは終売しており、人気があります。そのため、買取も需要があることから高価買取が期待できるお酒です。

未開封であることや、ボトルやラベルなどの付属品も傷が付いたり、はがれてしまうことがないように大切に保管することで買取額の減額を避けることができます。

■まとめ

歴史あるレミーマルタンが社のシンボルマークの名前を付けて出す自信作のブランデーであるXO セントーは、旧ボトルのグリーンボトルが人気があり、高価買取が期待できます。高価買取のためには、付属品の存在とラベルやボトル等の損傷がないこと、未開封であることが重要です。

レミーマルタン XOとはどのようなお酒?買取は?

レミーマルタン XOというお酒についてレミーマルタンの製造方法と買取とあわせて解説します。

レミーマルタン XOは、どのようなお酒で、どういったものがXOとして発売されるのでしょうか?レミーマルタンの製造を見ていきながら、あわせて高価買取の条件を解説します。

レミーマルタンは、フランス南部でブドウの栽培とワイン醸造をおこないながらコニャックの樽販売をしていたことが始まりといわれています。

白ブドウを蒸留し樽で熟成されたコニャックのブレンドが、ブランデーとなるので、レミーマルタンは、最高な土壌と元々あったワイン醸造をいかし技術を注ぎブランデーを製造しました。

レミーの技術と野心で、ブランデーはたちまち人気となります。その後、4代目がさらなる改革をおこなったことで、世界的にも最高峰のブランデーの会社として名をはせました。

この蒸留には、他社とは違う方法を昔も今も変わることなくおこなっています。その蒸留方法とは、リーズ蒸留法です。これは、一般的なブランデーの蒸留ではリーズといわれるカスを取り除いたうえで蒸留をおこないます。

しかし、このリーズ蒸留法はこのカスを残したままゆっくりと2回蒸留をおこなうものです。この方法をとることで、アミノ酸を多く含んだコニャックとなるもとができ、独特の味わいを生むのです。 

この独特な味わいは、レミーマルタンのブランデー特有のものであるといわれています。そして、時間をかけて蒸留されたものを、釘などの金属類を一切使うことなく作られた樽の中で熟成させていきます。

この熟成期間は、最短でコニャックとして出荷することができるのは3年目からであると決まっています。しかし、レミーマルタンのブランデーの多くは、最短で5年から最長120年もの熟成期間のコニャックのブレンドをおこない、販売します。

では、XOとはどのようなブランデーなのでしょうか。

■レミーマルタン XOとは

XOというブランデーは、平均熟成年数10年から37年の300種におよぶ原酒をブレンドし、まろやかで豊かなコクある味わいを実現したお酒です。

XOとはそもそも何を表すものかというと、熟成期間別のブランデーのランクを意味しています。XOとは、エクストラオールドという意味で、ランクは2番目にランクが高い位置づけになります。

■高価買取のためには?

このブランデーの高価買取のためには、未開封でありかつ内容量が目減りしていないことが重要です。この未開封にもかかわらず目減りしていると、開封扱いになてしまい、大きな減額対象です。

そして、このボトルのラベルや化粧箱といった付属品にあたるものもきれいに保管しておく必要があります。なぜならば、このXOは中古市場によく出回る一品であることから、状態が良いものが高価買取されるからです。

■まとめ

レミーマルタン XOというブランデーは、歴史ある蒸留法で作られたコニャックをブレンドしたブランデーです。中古市場に多く出回ることから、保存には注意し、綺麗な状態かつ欠品する付属品がないようにすることが高価買取へとつながります。

終売品!レミーマルタン クラブスペシャル

レミーマルタン クラブスペシャルとはどんなお酒なのか解説します。

レミーマルタン クラブスペシャルというお酒の特徴と買取をレミーマルタンの歴史と合わせて解説します。

ブランデーの名門といえば、レミーマルタンはそのうちの一つです。この名門の製造所が産声をあげたのは、フランスのルイヤック近郊です。ここで、昔からワインの製造を小さくおこなっていたレミー家が1724年にコニャックの取引をはじめます。これがレミーマルタンの始まりです。

その後、4代目が会社を大きくします。4代目は、ボトルや化粧箱といったブランデーの付属品といえるものに力を入れデザインや質にこだわって制作します。これにより、付属品に価値が生まれ、世界中でもレミーマルタンの商品は豪華でデザイン性の高い独特のお酒が入った最高峰のブランデーであると地位を確立しました。

そして、レミーマルタンのマークといえばセントーです。このセントーとはケンタウロスのことで、このマークも4代目がお酒にシンボルマークとして付けました。

このセントーは、4代目にとってレミーマルタンのお酒を象徴するマークにぴったりであるとしています。

では、そんな名門から出たクラブスペシャルとはどのようなお酒でしょうか。

■クラブスペシャルとは?

ラブスペシャルの味わいと香りは、バラなどの花の香りと甘みのある味わいのあるブランデーです。

熟成期間が、コニャックとなるために必要な期間である5年から25年ほどのものをブレンドしたものがクラブスペシャルとなっています。レミーマルタンのブランデーの中では、最も男性的なブランデーと言われ、さらに若いコニャックの使用が特徴です。

ボトルの特徴は、独特な形の八角形をしており、箱の内側は金色の装飾がなされている豪華なものとなっています。このお酒のボトル中央部には、金色で大きくシンボルマークがついており、とても神々しさもあります。華やかな外見から、インテリアとして飾るほどのデザイン性と装飾で、オシャレなブランデーとなっています。

クラブスペシャルという名前の前は、クラブ・ド・レミーという名前で生産されていた過去があります。

既にこの商品は生産・販売を終了しています。そのため、手に入れるためには中古品・リサイクル品市場のみでしか購入することができない希少なブランデーとなっています。

■高価買取される?

このお酒は、高価買取されるお酒の一つです。なぜならば、上記に記したようにすでに終売している商品であるため、中古市場での購入の他ないのです。

多くのクラブスペシャルが出回ることはないため、安定した買取価格が期待できます。高価買取されるためには、化粧箱があることと、この化粧箱の保存状況がいいことも重要です。そして、ボトルは未開封であることが高価買取になる条件です。

■まとめ

クラブスペシャルは、歴史あるレミーマルタンの商品の中でも熟成期間の若いコニャックのブレンドで作られているお酒です。ボトル・化粧箱と豪華でデザイン性のあるもので人気があります。すでに終売している商品であることから、中古市場での買取は高価買取が期待できるものです。

レミーマルタン ニューエクストラ

レミーマルタン ニューエクストラの特徴と買取価格について解説します。

レミーマルタン ニューエクストラは、エクストラの現行品をさしています。旧ボトルとは全く異なったボトルについてとこの高価買取状況を簡単に説明します。

レミーマルタンといえば、世界で愛されるブランデーです。この会社が製造しているブランデーのすべてに創業者や歴代のレミー家の情熱と強い意志が込められています。

なぜならすべての商品は、熟成期間を20年から120年といった期間で熟成されたコニャックをブレンドして作られるため、過去の歴史の中から今が作られているのです。

特に、レミーマルタンの製造工程は、昔から変わることなく伝統的な製法を取っています。そのため、昔も今もそして未来も変わることのないレミーマルタンのブランデーを私たちに提供してくれるのです。

では、ニューエクストラとはどんなお酒で、どんなボトルでしょうか。

■レミーマルタン ニューエクストラのボトルとは

ニューエクストラのボトルは、透明なガラスの中央にレミーマルタンのシンボルマークであるセントーと、レミーマルタンとエクストラの文字を金色にあしらったシンプルなものです。

中のブランデーは、熟成期間20年から50年のものをブレンドしたブランデーになります。このブランデーの味わいは、葉巻のような香りを感じることができる極上なお酒となっています。

■ニューエクストラと旧ボトルとの違い

旧ボトルは、ニューエクストラおは全く違うボトルでした。この旧ボトルは、ルイ13世にも似たデザインで、深緑色をしたボトルでした。

現在のニューエクストラとは全く違うため、エクストラ自体が出回る数が少ない中で旧ボトルへの需要は高いものとなっています。

しかし、ニューエクストラは、旧ボトルほどではないものの市場へ出る数が少ないため需要と供給があっていないのが現状です。そのため、非常に貴重な品とされています。

■高価買取される?条件は?

上記のように、需要に合わない供給の数なため高価買取されやすいお酒です。ニューエクストラには、化粧箱があります。この化粧箱も大切に保管しておくことで買取額の減額が避けられます。

その他として、未開封であることは当然で、ボトルや栓の部分の傷などがないことが好ましいです。

高価買取のためには、ある程度の買取額を把握したうえで、買取業者を選択することも高価買取へとつながります。買取額や、市場での金額は安定したものとなっていますので、慌てないで買取業者を選別することをしてみましょう。

■まとめ

ニューエクストラは、人気があるお酒です。このエクストラというお酒の、市場での数が少ないことから価格は高価となっており、需要への供給が追い付いていない現状がみえます。

今後も出回るであろう数が増える見込みはないことから、安定して高値が予想できます。高価買取が期待できるお酒ですので、大切に取扱いましょう。

超レア!レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール四角箱

レミーマルタンルイ13世 ブラックパールとはどんなお酒なのか、デキャンタの説明とレミーマルタンの歴史とともに解説します。

レミーマルタンのルイ13世ブラックパールとは、世界的に超貴重かつ高額取引されるブランデーの一つです。とくにこのブラックパールは、最高峰であり、コニャック・デキャンタ・化粧箱と最高なものです。このブランデーについて詳しく説明します。 

レミーマルタンルイ13世ブラックパールを知る上で、私たちはレミーマルタンの歴史を知る必要があります。この歴史あってのルイ13世ブラックパールだからです。

このお酒の歴史の始まりは、レミーマルタンの情熱によるブドウ栽培の場所の特定とこだわりです。2つの最高土壌からできた白ブドウしか使用しないというこだわりでした。

この白ブドウを、独自の製法で蒸留します。この蒸留は、ブドウのカスを取り除かずにゆっくりと蒸留するもので、この方法で2度の蒸留をおこないます。こうすることで、他社のブランデーよりもアミノ酸が大幅に増え、独特の味わいを出すことができるのです。

こうして、特定の樽で長期熟成をおこないます。この熟成期間は最短で40年で使用するコニャックまでに120年以上熟成をするものまで存在します。

こうして、情熱とこだわり、時間をかけてつくられたものの中から最高級と判定された物を選びぬき、1200種類ものブレンドをおこない、ルイ13世は完成します。

ルイ13世ブラックパールにいたっては熟成期間100年というもののブレンドで完成した最高級のブランデーとなっています。

では、このルイ13世ブラックパールのデキャンタとはどのような物でしょうか。

■ルイ13世ブラックパールのデキャンタ

このデキャンタは、バカラ社が制作したものです。通常のルイ13世は、透明なバカラのクリスタルガラスを使用しています。

しかし、このブラックパールにいたっては、見る角度で黒く見えたり、銀色の輝いてめたりする特別仕様となっています。このブラックパールの名にふさわしくまさに黒真珠のようなデキャンタです。

このデキャンタは、バカラ社が研究を重ねた特別なものであり、このデキャンタのみにも高価な価値があるものです。

■高価買取される?条件は?

このお酒は高価買取されます。世界的にみても数量限定販売商品であり、日本国内に流通したものは100本以下といわれているものです。出回ることがほとんどないこのお酒は、私たちが見る機会すらあまりありません。

買取は高価買取必須です。箱は今回四角箱と観音開きとありますが、どちらも高価買取となります。デキャンタの損傷やこの化粧箱の紛失がなければ、さらに買取金額は上がりますので、デキャンタの取り扱い、化粧箱などの付属品の保管は大切におこなっておく必要があります。

■まとめ

レミーマルタンルイ13世ブラックパールは四角箱や観音開きなどありますが、いずれも限定商品であり、世界的に価値が高い商品です。この買取は高価買取となること間違いなしの一品ですので、デキャンタのみにの価値があること、化粧箱のみにも価値があることを覚えておいて、保管や取扱いには十分注意しましょう。

レミーマルタン XO エクセレンスについて知ろう

レミーマルタン XO エクセレンスのお酒の特徴と買取について解説します。

レミーマルタン XO エクセレンスというお酒の特徴やボトルがどのようなものか、そしてこのお酒を私たちに提供してくれるレミーマルタンの歴史について解説します。

1724年創業の老舗レミーマルタンは、白ブドウや製法に徹底的にこだわりを見せました。蒸留には、独自の製法をとることで他社のブランデーと味の違いをだしています。この蒸留により、アミノ酸が多くふくまれるようになり独特の味となっています。

この製法は、昔から変わることなく、伝統を守り続けることでこの味を確立して私たちに届けてくれているのです。そして、レミーマルタンのこだわりは樽にも表れています。金属の釘を使うことなく作られた樽は、こだわりの素材ですべてを木で制作されたものです。

このこだわりの樽で、最短5年から120年もの超長期熟成されるコニャックまで熟成期間を設けています。時間をかけて作られたコニャックをブレンドし、最高のブランデーとして私たちの元へ送られます。

では、レミーマルタンのこだわりからできたXO エクセレンスとはどのようなお酒でしょうか。

■レミーマルタン XO エクセレンスとはどんなお酒?

XO エクセレンスは、フランスコニャック町でつくられる高級ブランデーです。レミーマルタンがつくるコニャックの中で、XO エクセレンスは、ルイ13世に次ぐ2番目の高級品となります。

XO エクセレンスには、熟成期間を平均で23年間経た300種のコニャックがブレンドされ、こだわりと高級なブランデーとなっています。

XO エクセレンスは黄金色をしたブランデーで、香りはジャスミンとイチゴが感じられます。味わいは、濃厚でスパイスがきいたのが特徴のお酒となっています。

ボトルは、貝殻をイメージしたデザインとなっており、透明なボトルからは、中の黄金色に輝くブランデーがみえます。このブランデーの色が、ボトルの色といってもいいでしょう。中央には、ラベルが貼られており、レミーマルタンのマークと名前が刻まれています。

■高価買取について

高価買取条件は、未開封であることと箱を一緒に査定に出すことが条件といえます。レミーマルタンは特に箱などの付属品にも価値がありますので、大切に保管しておくことが大切です。

また、査定に出すお店によっても査定額が前後します。査定に出す前に、査定額の比較や平均査定額を調べたうえで査定に出すことをお勧めします。

■まとめ

XO エクセレンスは、貝殻のデザインと黄金色のブランデーから、イチゴやジャスミンといった香りを楽しむことができるお酒です。レミーマルタンの熟成期間23年のものがブレンドされた2番目に高級なブランデーです。

高価買取のためには、ボトルの保管だけでなく化粧箱の保管もおこない、査定には一緒にだすことが高価買取につながります。

レミーマルタン XO スペシャル クリアボトルの特徴は?

レミーマルタン XO スペシャルとはどのような特徴のブランデーか、製造所であるレミーマルタンの製造についてと、このお酒の高価買取について解説します。

レミーマルタン XO スペシャルとはどのようなお酒でしょうか。名前や、実物をⅯ来たことはあってもどのような会社が造っているのか、お酒の名前の由来とはどのようなものか買取条件とともに解説します。

レミーマルタンの製法により作られるコニャックは、コニャック地方で採れた糖度が低く、酸味が強い品種の白ブドウを使っています。この特定の品種を使う理由として、酸味の影響で雑菌の繁殖を防いで香味成分を多く含むようになるためです。

さらに、このコニャック地方の限定された土壌のブドウのみを使用して作っているため、ブランデー造りへのこだわりと情熱がわかります。

では、このこだわりのブドウから作られたブランデーの一つであるXOスペシャルとはどのようなお酒でしょうか。

XO スペシャル クリアボトルとはどんなお酒?

XOスペシャルは、平均酒齢20年以上のコニャックをブレンドしたものです。このXOという表記は、コニャックのランクを意味しています。

このXOの表記ができるのは、今年4月からはコント10といわれている10年以上の熟成をおこなった、コニャックがブレンドされたブランデーに表記ができるものです。

この表記基準は、AOCという法律で決まっており、この法律のもとでブランデーの品質が保たれています。このXOは、法律の中でも2番目にランクの高いもので、レミーマルタンのXOスペシャルはランクの高いコニャックのブレンドをおこなっているのです。

そんなXOスペシャルは、レミーマルタンの中でも人気が高く、その人気から様々なXOシリーズが販売されています。レミーマルタンの中で、一番日本でよく見るのがレミーマルタンXOスペシャルかもしれません。

少し前までは、海外旅行のお土産として、多くの方が自宅用に購入していました。XOスペシャルの旧ボトルには、現行ボトルと異なる点として、ラベルの下の部分に金色でレリーフがデザインされているということです。この金色のレリーフにより、高級感が出て中古市場では旧ボトルの方が高い値が付くこともしばしばです。

■高価買取条件は?

上記に記したように、レミーマルタンの商品のなかで国内で最も流通しているのがこのXOスペシャルであるといわれていることから、高価買取には、保存状態が良好であることが条件です。

というのも、多く出回っているということは、需要に対して供給量の方が多い場合であると価格が下がる傾向にあるからです。そのため、高価買取のためにはボトルや付属品すべてが揃っており、保存状態も良好であることが条件となってきます。

しかし、旧ボトルである金色のレリーフがほどこされたラベルがあるもののほうが現行のものより人気と需要があるため買取価格が上がります。

■まとめ

レミーマルタン XO スペシャル クリアボトルというお酒は、こだわりのコニャックから作られたコント10のブランデーです。このお酒はレミーマルタンの商品の中で、日本国内で最も流通したといわれているブランデーのため、高価買取のためには保存状態が重要といえます。

レミーマルタン セントークリスタル バカラが高価買取される理由

レミーマルタン セントークリスタル バカラとはどのようなお酒でなぜ高価買取されるのか解説します。

レミーマルタン セントークリスタル バカラは、レミーマルタンが販売したブランデーの中でも高価買取されるお酒の一つです。では、なぜこのブランデーは高価買取されるのでしょうか。このブランデーの特徴とともにレミーマルタンの原材料へのこだわりも見ていきましょう。

レミーマルタンと聞くと、ルイ13世やバカラのデキャンタ、観音開きや赤い派手な化粧箱といったイメージを思い浮かべる方も少なくないでしょう。このイメージは決して間違っていません。そして、4代目のおこなった戦略が現在も成功して世界中で知れ渡っているということです。

そもそも、レミーマルタンが創設されたのは300年近く前のフランスです。ここで、レミーマルタン氏が、情熱と野心で成功させた会社です。そして、4代目が革新をおこして世界中で知れ渡る最高峰のブランデーの会社となりました。

では、レミーマルタンがこだわっているという原材料である白ブドウへのこだわりを見ていきましょう。

■レミーマルタンの原材料へのこだわりとは

原材料は、白ブドウです。この白ブドウは、グランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュの2カ所のみで生産されたものを使用します。この土壌は石灰質でできており、水はけが良いにも関わらず雨水を適度に蓄える性質のため、適度な湿度を保つのが特徴です。この土壌の性質がコニャック造りの大半に使うブドウの栽培に理想的なのです。

逆に言えば、この土地以外の多くの生産場所は対象外となっており、大変貴重な原材料なのです。こうしてこだわりぬいた白ブドウを独自の蒸留法で2回も蒸留します。この方法は他社がおこなっていない方法で、リーズを除去しないでそのままの状態で蒸留するものです。

この独自製法を伝統としておこなっていることで、他社よりもアミノ酸を多く含む独特な味わいを手に入れています。そして、熟成のための樽は、釘を使わずに作ったオーク材でできた樽で熟成されます。こうすることで、レミーマルタン独特のフレーバーとなるのです。

このように、ブランデーとしてボトリングするまでの過程にはレミーマルタンのこだわりがつまっているのです。

では、このこだわりがつまったブランデーの中のセントークリスタル バカラという種類はどのようなお酒でしょうか。

■レミーマルタン セントークリスタル バカラってどんなお酒?

セントークリスタル バカラにボトリングされているものは、最上級の畑であるグランド・シャンパーニュの葡萄のみを使用して生み出された最高峰のブランデーです。

この名前に入っている「セントー」とは何でしょうか。これは、レミーマルタンのシンボルマークで、「ケンタウルス」を意味しています。「セントー」のロゴを名前の中にかかげるということは、会社をあげてこのブランデーの品質を世界に誇り、自信を持って世界に送り出したというあかしなのです。

そして「バカラ」とは、おなじフランスに拠点を置くクリスタルガラス製品の製造をするブランドメーカーです。製造された商品の4割が廃棄されて販売されないという高品質を維持する世界最高のクリスタルガラスブランドメーカーです。

そのバカラのクリスタルボトルに入っているのが、セントークリスタル バカラというお酒なのです。

■なぜ高価買取されるのか。

レミーマルタンのバカラボトルは、セントークリスタルとルイ13世の2種類のみなので、高価買取が期待できます。そして、中に入っているブランデーも最高峰なので未開封で、箱・替え栓も紛失していない場合かなりの高価買取が期待できるでしょう。

■まとめ

セントークリスタル バカラは最高のブランデーと最高のボトルにより最高峰のお酒の一つとなっています。レミーマルタンが自信をもって送り出した商品であり、高価買取されるブランデーといえるでしょう。

レミーマルタン セントーリモージュの金色は高価買取の色!!

レミーマルタン セントーリモージュの金色はどのようなお酒か、高価買取について解説します。

レミーマルタン セントーリモージュにはいくつかの種類があります。その中で金色のセントーリモージュはどのようなお酒なのでしょうか。そして、このお酒の高価買取はおこなわれているのでしょうか。条件とともに簡単に解説します。

レミーマルタンのブランデーは市場への出荷数が少なく、通常販売されている物でも希少なブランデーです。なぜ出荷数が少ないのかというと、レミーマルタンは、限られた最高の土地から生産された白ブドウのみ使用するため、原材料から少ないです。

熟成に使用される樽は、リムーザン地方のオーク材製の樽と決まっており、さらに樹齢が100年から150年という樹齢の木で作られるというこだわりがあります。

つまり、原材料・熟成樽のすべてで生産数が少なく、販売にいたるまでのコニャックの熟成期間が最長100年以上という歳月がかかります。

そのため、市場への販売には限りがあり希少性が高まるのです。では、今回のお酒、セントーリモージュとはどのようなお酒なのでしょうか。

■レミーマルタン セントーリモージュとは。

レミーマルタンのシンボルマークはケンタウロスです。このケンタウロスを模ったボトルにブランデーをボトリングしたのが、セントーリモージュなのです。

シンボルマークである”セントー”は、ギリシャ神話に登場する酒の神バッカスの侍者「ケンタウルス」から発案されました。ケンタウルスは、力強く大地を踏みしめ、時の神クロノスの息子でもあります。

時の神の息子というところから、時が造り上げていくコニャックと、人と獣、神と悪魔というイメージがお酒らしさを十分に表現するものだったことからこのシンボルマークが誕生しました。

シンボルマークである”セントー”をかたどったものが、レミーマルタン セントーリモージュのゴールドボトルで、ゴールドの他にもグリーン・ホワイト・ゴールド&ホワイトなどの色の種類があります。

色の種類はありますが、中のブランデーは同じもので、レミーマルタンの最高なブランデーが入っています。

■高価買取される?条件は?

このお酒は高価買取が見込めます。特に、金のボトルは人気が高く、4種類の色でも査定に価格差が生じます。

特に人気の金色と緑色が高く査定されます。現在、この金色のセントーリモージュはオークションなどでの人気が高まっており、買取価格も高騰中です。

このセントーリモージュは腕をあげたケンタウロスの陶器となっています。上げた腕を外すとブランデーがそそげる仕組みになっています。そのため、腕の部分にフィルムがまかれています。このフィルムは劣化していても決して外さないようにすることが高価買取のためには必要です。

未開封であったとしても、フィルムが外されていると開封したものと査定ではみなされ、減額対象となってしまうからです。

その他、化粧箱も失くさず保管し、陶器のボトルに欠けなどが生じないように注意して保管しておくことが大切です。

■まとめ

レミーマルタン セントーリモージュの金色は、レミーマルタン セントーリモージュの中でも高価買取されるものです。レミーマルタンのシンボルマークの陶器製のボトルで人気が上がっているお酒ですから

レミーマルタン ディアマンという宝石のようなブランデー

レミーマルタン ディアマンは高価買取されるのか、このお酒の特徴を解説します。

レミーマルタン ディアマンは、現代的なデザインのお酒です。このお酒の特徴とデザインについて、高価買取条件をお酒の特徴とともに簡単に説明します。

■レミーマルタンは最高のお酒

レミーマルタンの製法は昔から変わることなくおこなわれています。それは、現代化をしない・効率を上げないということが、レミーマルタンのルールとなっているからです。

そのおかげで、変わらぬ味を私たちに提供し続けてくれているのです。レミーマルタンの伝統を重んじる製造には、「リーズ蒸溜法」に表れています。蒸溜は、リーズの濾過後に行うのが一般的ですが、レミーマルタンの場合は濾過を行わず、ゆっくりと時間をかけてポットの底に沈殿させ、そのまま2度の蒸溜を行っています。

これはリーズが入ったまま蒸溜することで、アミノ酸を含ませ、豊かなコクのある独特の味わいに仕上げるためです。これにより、レミーマルタンの最高峰のブランデーができあがります。

では、この最高峰のブランデーを作る会社が制作したディアマンとはどんなお酒でしょうか。

■ レミーマルタン ディアマンってどういうお酒?

ディアマンとは、フランス語でダイアモンドという意味です。最も古いセラーの中でトップ10%に入る宝石のように磨かれた素晴らしい原酒の中から、厳選してつくられたことを意味しています。

宝石と同じで、ディアマンをつくるのにも、自然・時間・人間の技術が必要でした。90%グランドシャンパーニュ、10%プティット・シャンパーニュというブレンドでつくられているブランデーです。

ボトルも、宝石を模った独特の形状をしており、化粧箱も気品溢れるシルバーで統一された特別仕様です。

■高価買取される?条件は?

ディアマンは高価買取されるお酒の一つです。なぜならば、中のブランデーは最高の原酒を選び抜いたもので、愛好家からの需要が高いものです。そして、ボトルと化粧箱は、ダイヤモンドをイメージして作られたデザインとなっており、とても美しく価値があるものとなっています。

そのため、高価買取のためにはボトルのラベルが剥げていないこと、破損がないこと、箱の欠品がないこと、未開封で内容量に変化がないことが重要です。

こうした保存状態の良い物であるとかなりの高価買取が期待できます。つまり、ブランデー自体の価値以外に、ボトルと化粧箱に価値があるということなので、破棄してしまったり、フィルムを取ってしまったり、保管を雑に置いておくことで他のボトルとの接触で傷がついてしまうという可能性をなるべく排除して、慎重に保管することをおすすめします。

■まとめ

レミーマルタンのディアマンというお酒は中のブランデーは宝石のような最高のブランデーがはいっています。このブランデーに相応しいボトルと、化粧箱によって芸術的なお酒として完成した最高級品です。

買取には、保管の際は大切に扱い、付属品の欠品がないように注意することで高価買取されるお酒の一つです。

シリーズ第一弾!レミーマルタンルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874とはどんなお酒なのか、高価買取と歴史を解説します。

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874は、タイムコレクションというコレクションの第一弾商品です。このお酒の特徴と歴史、高価買取について説明します。

レミーマルタンは今までに様々な商品や限定商品を販売してきました。その中で最も世界的に有名なものが、ルイ13世です。このブランデーは、最高土地から採れた最高の白ブドウを使用し、独自の製法を駆使して最高のコニャックをつくります。このコニャックは最高の樽で長期熟成され、時がくるのを待ちます。

そして、最高級のルイ13世に相応しいと認められたものがブレンドされ、世界へ出ていきました。そんなルイ13世の歴史を祝う、特別なリミテッドエディションシリーズがタイムコレクションであり、その第一弾がタイム・コレクション ジ・オリジン 1874なのです。ではこのブランデーはどのようなものでしょうか。

■タイム・コレクション ジ・オリジン 1874はどのようなブランデー?

このシリーズは、各エディションが2年ごとに発売される予定です。そのシリーズの第一弾となったのが、「ジ・オリジン 1874」です。

1874年に製造されたユニークなボトルのデザインへ敬愛の念を込めて、「ジ・オリジン 1874」の名が付けられました。そのため、142年前の最初のボトルのデザインに戻したものとなっています。

そのルイ13世のオリジナルボトルを復刻した「ジ・オリジン 1874」は、首の部分とカラーシールを、シャンパンゴールドで彩った特別仕様となっています。

ボトルはフランスのサンルイ製で、メタリックの化粧箱に納められています。この化粧箱は、当時ルイ13世を運ぶために使用していたバスケットをイメージしてつくられました。

本当にバスケットを箱にしたような完璧なバスケットの模様となっています。そして、観音開き仕様となっていて、豪華かつ特別な存在感となっています。

中に入っているブランデーは、1,200種類以上をブレンドしたルイ13世クラシックとなっています。

■高価買取される?条件は?

2017年1月に発売された発売からはまだ新しいお酒ですが、価値と人気は高いお酒です。シリーズとして2年ごとに発売されることを発表していることから、コレクション価値もあります。

そのため、高価買取されるお酒です。新しいことから状態は未開封・傷や損傷がないことが高価買取へとつながりますので、自宅保管の際は大切に箱も扱うようにしましょう。

また、ボトルの角も欠けやすいです。保管は化粧箱ですることをおすすめします。

■まとめ

タイム・コレクション ジ・オリジン 1874は、シリーズ第一弾の商品でありまだ発売からは新しいお酒です。しかし、中のブランデーは長期熟成された貴重なもののブレンドで完成されたブランデーとなっています。

このシリーズ化の第一弾としての価値、今後のコレクションされていく価値からも需要が多く高価買取が期待できるお酒です。

レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール 観音開きの高価買取!!

レミーマルタン ルイ13世のブラックパール観音開きとはどんなお酒で、高価買取されるのかを解説します。

レミーマルタン ルイ13世のブラックパール観音開きというお酒の希少性や、高価な理由を簡単に説明し、このお酒が高価買取されるのかを条件とともの説明します。

レミーマルタンは、世界中で愛されるブランデーの1つです。このブランデーは、他のブランデーとは一線をはくすブランデーです。

なぜならば、製造工程の中で、蒸留の際にリーズといわれる底に沈んでいるブドウのカスを取り除かないでおこないます。一般的なブランデーの蒸留では、このリーズを取り除いてから蒸留をおこないます。

この特徴的な蒸留の方法により、アミノ酸成分が他のブランデーよりも多く入ったものが出来上がるのです。これにより、レミーマルタン独特のコクのある味ができるのです。

そして、レミーマルタンの中で最高峰の味として選びぬかれたものが入っているのが、ルイ13世です。では、ルイ13世のブラックパールとはどんなお酒でしょうか。

■ルイ13世ブラックパールとは?

ルイ13世ブラックパールといっても3種類あります。1,ルイ13世ブラックパール2,ルイ13世ブラックパールマグナム3, ルイ13世ブラックパールアニバーサリーエディションです。

この3種類のデキャンタは、通常のものとは全く違います。名前にもなっているように、黒く光り輝いたまるで黒真珠のような輝きのデキャンタにブランデーが収められています。

このデキャンタは、通常のバカラ社製と同じですが、この商品のためにバカラ社が開発したクリスタルボトルなのです。

初回ブラックパールは世界で786本と限定販売でした。その中で、日本に輸入されたのは60本前後といわれています。

このことからも希少性が非常に高いのがうかがえますね。

■ルイ13世 ブラックパールの観音開きとは?

ブラックパールの観音開きとは、2014年に販売されたルイ13世ブラックパールアニバーサリーエディションであり、化粧箱が観音開きとなっている非常に豪華な造りの物です。

これは、ルイ13世が発表されてから140年目を記念して造られた限定品です。世界限定775本という貴重なものなのです。

一つずつシリアルナンバーが刻印されており、圧倒されるデキャンタの中には、100年間にレミーマルタンファミリーがリリースした限定製品用のリザーブ樽としてもまだ3樽目の特別なブランデーがボトリングされているのです。

古酒!!レミーマルタン 250周年 記念ボトル

レミーマルタン 250周年 記念ボトルのお酒についてどのようなお酒で、高価買取されるのか、解説します。

レミーマルタン 250周年 記念ボトルは、非常に古いお酒の一つで、なかなか私たちが見る機会がないものです。さらに限定品ということでなおのこと手に入りにくいお酒です。このお酒の特徴と、高価買取について簡単に説明していきます。

レミーマルタンは、創業当時から製法へこだわりをもち素晴らしいブランデーを世界に送り出してきました。そんなレミーマルタンが250年という記念の年に販売したのが、250周年 記念ボトルです。では、この記念すべき年に販売されたお酒とはどのようなものでしょうか。

■レミーマルタン 250周年 記念ボトルとはどんなお酒?

創業250年を記念して、1974年に発売した限定ボトルで、世界限定40,000本以下というレアコニャックです。蔵元の最高原酒の中から、熟成期間最短50年から最長140年という超長期コニャックをブレンドした幻の逸品といわれました。

主に、ルイ13世 に使用するための原酒から製造されたということで、ランクとしてはルイ13世と同じか、その手前ほどのとても貴重かつ最高級なブランデーとなっています。

香りは、樽の中に20年以上貯蔵され熟成されてきたコニャックに現れる、独特な果実の香りが楽しめるものとなっています。

付属品として、化粧箱は木箱となっていて、木箱が採用され化粧箱となるのは珍しいといえます。その他、赤い冊子が一緒に入っています。

この木箱が、中のブランデーを象徴するように、重厚感と長い歳月をかけて熟成された月日を象徴しているようなデザインとなっています。

当時、多くの愛好家がこぞって欲しがり、中身を変えて販売しようとした詐欺まで起こるほどの人気でした。

■高価買取される?条件は?

このブランデーは、40年以上前に限定販売されたものです。現在ではとても希少で、なかなか見ることすらできない一品です。そのため、高価買取は必須といえます。

当時の販売価格から3倍以上の値でオークションで落札されることもあるほどの人気があった時代もあり、この希少性から今でも高価買取対象です。

高価買取のためには、木箱と冊子は必ず大切に保管しておきましょう。未開封のボトルであっても、付属品が欠品していては減額されてしまいます。

せっかくの高価買取が期待できるお酒ですので、付属品も含めて大切に保管しましょう。

■まとめ

250周年 記念ボトルのブランデーは、超長期熟成された最高級コニャックのブレンドによって生まれた最高なお酒の一つです。このお酒に相応しい木箱に鎮座した250周年 記念ボトルは、40年以上前の限定販売であり、希少なため高価買取されるお酒です。

なかなか見ることも触ることも、ましてや飲むことなどできない希少なブランデーです。家にもし眠っていたらとてもラッキー!!一度査定に出してみましょう!

レミーマルタン エクストラのグリーンボトルは高価買取!?

ミーマルタン エクストラのリモージュというお酒はどのようなお酒か、このお酒の高価買取について解説します。

ミーマルタン エクストラのリモージュというお酒はどのようなデキャンタで、その中に入っているブランデーはどのようなお酒でしょうか。そして買取は高価買取となるのでしょうか。わかりやすく説明していきます。

レミーマルタンのブランデーは、誰しも1度は飲んでみたいお酒の一つでしょう。世界中で評価されているブランデーですし、なんといっても製造過程がレミーマルタン独自製法を取っているため、その味を求める愛好家も多いお酒です。

しかし、限定販売ではなく通常販売であっても生産数が圧倒的に少ないため、年間で出回るレミーマルタンは多くありません。そのため、価値があり、終売した商品にいたってはオークションなどを中心に需要が絶えません。

では、レミーマルタン エクストラのリモージュというお酒はどのようなお酒なのか見ていきましょう。

■レミーマルタン エクストラのリモージュとは?

レミーマルタンといえば、バカラ社が製造したデキャンタが有名ですが、このエクストラリモージュは、リモージュ地方で作られた、陶器のボトルにブランデーが入っています。リモージュはフランスで有名な陶器で、高級なブランデーには数多く採用されているものです。

この陶器のボトルは、深い青色に金色の柄が装飾された美しいボトルです。そのため、エクストラブルーリモージュともいわれています。

このブランデーは、クリアケースに収納されています。赤い土台にボトルがのせられ、クリアケースが覆っています。

エクストラとつけられるブランデーは、超長期熟成されたコニャックを使用したブランデーであることを表しています。つまり、このエクストラリモージュも長期熟成されたブランデーであるということです。

エクストラリモージュは既に終売商品となっています。

■高価買取される?条件は?

エクストラリモージュは、終売商品であり中古市場にも出回ることの少ない商品です。そのため、買取価格は高価買取となる商品です。

この高価買取となるためには、クリアケースの有無がかぎとなります。このケースがないと減額されてしまいますので、保管する際はケースも大切に管理するようにしましょう。

ボトルは、陶器となっており角などの割れやすい部分もありません。そのため購入時の状態で保管しやすいボトルといえます。しかし、金の装飾部分のハゲや、中央のラベルのハゲなどには注意する必要があります。

買取価格は安定しているブランデーですが、買取会社によっても買取価格に差はありますので、高価買取査定をしているお店を検索していくといいですね。

■まとめ

レミーマルタン エクストラリモージュは、陶器のボトルに長期熟成のブランデーがボトリングされたブランデーです。ボトルの美しさや、ブランデーのおいしさなどから人気の高いお酒です。しかし、現在は終売となっているので、中古市場で大変人気の商品となっており高価買取されるお酒です。

レミーマルタン エクストラ リモージュ

ミーマルタン エクストラのリモージュというお酒はどのようなお酒か、このお酒の高価買取について解説します。

ミーマルタン エクストラのリモージュというお酒はどのようなデキャンタで、その中に入っているブランデーはどのようなお酒でしょうか。そして買取は高価買取となるのでしょうか。わかりやすく説明していきます。

レミーマルタンのブランデーは、誰しも1度は飲んでみたいお酒の一つでしょう。世界中で評価されているブランデーですし、なんといっても製造過程がレミーマルタン独自製法を取っているため、その味を求める愛好家も多いお酒です。

しかし、限定販売ではなく通常販売であっても生産数が圧倒的に少ないため、年間で出回るレミーマルタンは多くありません。そのため、価値があり、終売した商品にいたってはオークションなどを中心に需要が絶えません。

では、レミーマルタン エクストラのリモージュというお酒はどのようなお酒なのか見ていきましょう。

■レミーマルタン エクストラのリモージュとは?

レミーマルタンといえば、バカラ社が製造したデキャンタが有名ですが、このエクストラリモージュは、リモージュ地方で作られた、陶器のボトルにブランデーが入っています。リモージュはフランスで有名な陶器で、高級なブランデーには数多く採用されているものです。

この陶器のボトルは、深い青色に金色の柄が装飾された美しいボトルです。そのため、エクストラブルーリモージュともいわれています。

このブランデーは、クリアケースに収納されています。赤い土台にボトルがのせられ、クリアケースが覆っています。

エクストラとつけられるブランデーは、超長期熟成されたコニャックを使用したブランデーであることを表しています。つまり、このエクストラリモージュも長期熟成されたブランデーであるということです。

エクストラリモージュは既に終売商品となっています。

■高価買取される?条件は?

エクストラリモージュは、終売商品であり中古市場にも出回ることの少ない商品です。そのため、買取価格は高価買取となる商品です。

この高価買取となるためには、クリアケースの有無がかぎとなります。このケースがないと減額されてしまいますので、保管する際はケースも大切に管理するようにしましょう。

ボトルは、陶器となっており角などの割れやすい部分もありません。そのため購入時の状態で保管しやすいボトルといえます。しかし、金の装飾部分のハゲや、中央のラベルのハゲなどには注意する必要があります。

買取価格は安定しているブランデーですが、買取会社によっても買取価格に差はありますので、高価買取査定をしているお店を検索していくといいですね。

■まとめ

レミーマルタン エクストラリモージュは、陶器のボトルに長期熟成のブランデーがボトリングされたブランデーです。ボトルの美しさや、ブランデーのおいしさなどから人気の高いお酒です。しかし、現在は終売となっているので、中古市場で大変人気の商品となっており高価買取されるお酒です。

レミーマルタン エクセレンス バカラというブランデー

レミーマルタン エクセレンス バカラというブランデー

レミーマルタン エクセレンス バカラというお酒についてどのようなお酒なのかレミーマルタン社についてと合わせて解説します。

レミーマルタン エクセレンス バカラというお酒は、バカラ社が制作したボトルに入れられたブランデーの一つです。レミーマルタン社がなぜバカラ社のクリスタルボトルを使用するようになったのでしょうか。お酒とレミーマルタン社について簡単に解説します。

レミーマルタンは、ブランデー愛好家なら1度は飲んでみたいブランデーを多く発売している製造所です。創設されたのは約300年前のフランスです。ここで元々ワイン製造をおこなっていた両親のもとに生まれた、レミーマルタンが会社を創設しました。

この野心と情熱で会社を作ったレミーマルタンは、以後家系直系継承で会社を相続してきました。そして、4代目が世界的にブランデーの最高峰としての知名度を確立しまいた。

では、最高級ブランデーを製造するレミーマルタンが販売した、レミーマルタン エクセレンス バカラとはどのようなお酒でしょうか。

■レミーマルタン エクセレンス バカラってどんなお酒?

エクセレンス バカラの中にボトリングされたブランデーは、熟成期間約20年の原酒を使用した「コニャックを語るコニャック」であるレミーマルタン エクセレンスです。

そしてボトリングに使用されたボトルは、世界的に有名なバカラのデキャンタボトルを使用しています。

■バカラ社のボトルを使用しはじめたわけとは?

なぜ、バカラ社のボトルを使うようになったのでしょうか?4代目のエミール・レミー・マルタンがバカラのクリスタルボトルを導入しました。4代目のときには、今のシンボルマークであるケンタウロスの刻印も出し、美しい箱詰めを始めたことでレミーマルタンというブランド名が一気に世に知れ渡りました。

なぜならば、4代目は、ブランデーの質以外にボトルや化粧箱といったその他の部分にも価値を付けることが重要であることに気付きました。そこで、バカラ社のクリスタルは、同じフランスにある最高のクリスタルを製造する会社であることから、最高峰同士の組み合わせが完璧で価値があるものにしたのです。

こうすることで、他社との差別化と、さらなるブランデーの価値を高めることを知っていたのです。そして、この豪華で美しいボトルや化粧箱はレミーマルタンの象徴となり、世界中の愛好家に認知されたのです。

■高価買取される?条件は?

ブランデーの価値もさることながら、ボトルもバカラ社のものを使用していますから、高価買取が期待できるお酒です。このお酒の付属品として、替え栓と箱が存在しますのでこの付属品も一緒に保管しておくことが大切です。そして、クリスタルボトルは割れやすいですから慎重に扱いましょう。

■まとめ

レミーマルタン エクセレンス バカラは、最高峰のブランデーと最高峰のクリスタルボトルを使用した最高なブランデーの一つです。
高価買取が期待できるブランデーなので、本体はもとより付属品も大切に保管するようにして買取査定に持ち込みましょう。

レミーマルタン セントー エクストラ グリーンボトルってどんなお酒?高価買取されるの?

レミーマルタンのセントーエクストラ グリーンボトルとはどんなお酒でしょうか?

レミーマルタンの歴史と共に解説します。

レミーマルタンのセントークストラグリーンボトルとは人気のお酒の一つですが、どんなお酒で高価買取されるのでしょうか。レミーマルタンの歴史とその製法に隠されたおいしさの秘密をひもといてみましょう。

■レミーマルタンの歴史と製法

レミーマルタンといえば、世界中で愛されている有名なお酒です。そんなレミーマルタンの始まりは1724年にコニャック地方で酒造メーカーレミーマルタン社として創設されます。300年もの間、変わらない品質でブランデーを提供し続けている会社なのです。

レミーマルタンのブランドの地位を確固たるものにしたのは、4代目のエミール・レミー・マルタンです。4代目は、経営方針や品質管理の体制を整えて、樽売りだけでなく当時珍しくなかなか浸透しなかったコニャックの箱売りなども手掛けました。

特に4代目は、ボトルを芸術的で高級なものにし、化粧箱を派手で目に留まるようなものにし、ウイスキー以外の付属品に価値を付けたことが功績といえます。これにより、世界でレミーマルタンは、デキャンタの美しさと化粧箱までも価値を出した最高峰のブランデーであると定着します。

そしてレミーマルタンのブランデーは、コニャック地方の最高な土壌の2カ所から作られた白ブドウのみを原材料として使用するというこだわりの白ブドウなのです。

そんな最高土壌で作られた白ブドウを、独自の製法である澱(おり)を残して蒸留を2度おこなうというものです。これにより、アミノ酸が豊富に含まれ、他社との差別化を図ることができるほどの独特な味わいになるのです。

この製法は伝統であり、この伝統的な蒸留法はレミーマルタンのこだわりの1つなのです。

2024年には創設300年となります。特別な記念の時など、限定でこだわりのブランデーを出してきたレミーマルタン社は、この300年の記念に最高級のお酒を発表するかもしれませんね。

では、このこだわりが詰まったレミーマルタンのお酒の中のセントーエクストラ グリーンボトルとはどのようなブランデーなのでしょうか?

■セントーエクストラ グリーンボトルとはどんなお酒?

セントーエクストラは、コニャックの中でもダントツの知名度を誇る、レミーマルタン社から発売されていた高級ブランデーです。そのボトリングされているボトルが深緑色なので、グリーンボトルとなっています。

平均熟成年数10年から37年の300種におよぶ原酒をブレンドし、まろやかで豊かなコクある味わいを実現したブランデーがボトリングされています。

■高価買取される?条件は?

世界的に人気で、需要が多いお酒です。高価買取されるお酒です。高価買取されるためには、付属品の箱の存在は重要です。

どのブランデーでもそうですが、とくにレミーマルタンは化粧箱とボトルにも価値があるとされていますから、箱がないと減額されてしまいます。その他、ボトルは、貝殻をイメージしたデザインで、欠けやすい部分などはありませんが、取扱いや保存は丁寧にしておくといいでしょう。

■まとめ
300年の歴史を持つレミーマルタンの中でも有名なセントーエクストラ グリーンボトルは、認知度の高さや愛好家の多さが特徴です。自宅に保管されていて売却をお考えであれば、一度査定に出してみるのがいいでしょう。

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド クリアケースの高価買取とは

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド クリアケースとはどんなお酒なのか、高価買取条件を解説いたします。

レミーマルタン ルイ13世のベリーオールド クリアケースは、いつごろ発売されたお酒なのでしょうか?さらに、このお酒の特徴と、高価買取について説明します。

レミーマルタン ルイ13世といえば、世界的に有名なブランデーの1つです。ルイ13世の中でもベリーオールドというものは、発売から40年以上たっているものです。 では、レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド クリアケースとはどんなお酒なのでしょうか。

■ルイ13世ベリーオールドクリアケースってどんなお酒?

ルイ13世ベリーオールドクリアケースは、発売から40年以上経過している古いブランデーです。このクリアケースと同時期に八角形箱も発売され、2種類での販売がおこなわれました。

中身は、100年以上のコニャックなどのブレンドがされた最高級ブランデーです。ルイ13世の豊かな香りとフルーティな味などが楽しめる最高のブランデーが入っています。

ルイ13世といえば、バカラ製のボトルが有名です。ルイ13世ベリーオールドクリアケースにもこの特徴的なボトルが使用されています。しかし、この販売時期は、サンルイ社のボトルも存在します。

そのため、クリアケースの中にもサンルイ社製のボトルが使用されている場合もあります。しかし、これによる価格差はありません。

クリアケースは、付属品に替え栓と冊子があります。

■レミーマルタン ルイ13世の買取条件は?

買取には、あまり条件がありません。実は、このクリアケースのみでも買取されますし、中身が空となったボトルのみでも買取されるのです。

これは、レミーマルタン ルイ13世の特徴といえます。化粧箱やボトルが豪華で、ここの箱とボトルはレミーマルタンの象徴とされているため、買取されるのです。

■高価買取条件は?

ルイ13世クリアケースの高価買取には、未開封であることが条件といえます。もちろん、付属品も全てそろっている状態が高価買取となります。

ここで高価買取になるためには、クリアケースに傷や割れがない状態の良いものが好ましいです。しかし、もちろん40年以上の歳月が経過捨ているものですから多少の曇りや小さな擦れといったものは考慮されます。

現在、レミーマルタン ルイ13世の人気は現行品などのクリアケースなどのオールド品よりももっと化粧箱が豪華な造りのものに人気が上がっています。
買取に大きな差はまだ出ていませんが、買取を考えている場合は早いうちに査定をおこなうことをおすすめします。

■まとめ

レミーマルタン ルイ13世の中でも、ベリーオールド クリアケースは発売から40年以上の古いブランデーです。高価買取には、未開封かつ付属品の欠品がないことが条件といえます。高価買取を狙うなら価格が落ちないうちに、早めの買取をおこなうことをおすすめします。

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドが本体と替栓しかない!!

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドは本体と替栓のみでも高価買取されるのか理由とともに解説します。

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドは、販売から40年以上経過しているとても古いブランデーです。そんなルイ13世 ベリーオールは、年月の経過とともに箱や付属品にシミや汚れなどができ、汚くなっていってしまいます。そんな箱を捨ててしまった後に価値があったことに気が付いた!なんてことありませんか?
本体と替栓のみでも買取してもらえるのか、買取される理由などを見ていきましょう。

レミーマルタン ルイ13世は有名なブランデーの一つです。そんなブランデーの中でもベリーオールドは40年以上前に発売されており、自宅保管されているものの多くの箱や付属品の冊子にシミやカビ、箱の損傷があってもおかしくありません。

掃除をするときに、汚れているからと箱や冊子に価値があることを知らずに捨ててしまうなんてことも少なくないでしょう。では、箱や冊子がないレミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドは買取対象となるのでしょうか?

■ルイ13世 ベリーオールドの買取は?

もちろん箱や冊子といった付属品が揃っているルイ13世なら高価買取対象なのは間違いありません。しかし、箱や冊子がないルイ13世ベリーオールドはどうでしょうか?

もちろん買取対象です。なぜならば、ルイ13世 ベリーオールドの中のブランデーとブランデーが入ったデキャンタと替え栓にも価値があるからです。

まず、中のブランデーは100年以上前のコニャックなど様々なコニャックをブレンドし、最高級のブランデーとなったお酒だからです。レミーマルタンのルイ13世といえば、多くの方が一度は飲みたい一品です。

さらに、このブランデーが入ったデキャンタは有名なバカラ社が手掛けたルイ13世独特のデザインのデキャンタです。1つ1つ手作業で職人により作られたデキャンタはそれだけでも価値があります。

このデキャンタにぴったりとはまる替え栓もまた世界に1つの芸術品といえる価値のあるものです。そのため、箱や冊子がないレミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドであっても状態次第では高価買取が見込めるのです。

■高価買取条件は?

本体と替栓しかない状態での高価買取のためには、未開封であること、ルイ13世のデキャンタ特有のデザインである多数の角にかけや割れがないこと、同様に替え栓も割れや欠けがないことが条件です。

開封されて中の量が減っていたり、デキャンタや替え栓に欠けや割れがあっても買取対象からは外れることはありません。しかし、かなり減額となってしまうのは覚悟しておく必要があります。

■まとめ

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドは本体と替栓のみであっても高価買取の可能性があります。それは、お酒やデキャンタ、替え栓に価値があるからです。箱での保管でない場合、デキャンタの角が割れやすいため、保管には細心の注意をして取り扱いましょう。

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドは本体のみでも高価買取対象!

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドは本体のみであっても高価買取される理由をお解説します。

レミーマルタン ルイ13世ベリーオールドをお持ちの方で本体しかないから買取は無理じゃないかと思っていませんか?ここでは、レミーマルタン ルイ13世ベリーオールドの価値と、本体のみの買取について簡単に説明します。

レミーマルタン ルイ13世は世界中で愛されるブランデーの最高峰です。ベリーオールド はその中でも初期に発売されたもので、40年以上前に販売され、製造にいたっては、40年から100年以上のコニャックをブレンドして作られたとても貴重なブランデーです。

本体のみをとっても、バカラ社製とサンルイ社の2社が製造したクリスタルデキャンタです。現在は、バカラ社のみのデキャンタ製造となっているため、この時期に販売されたものの特徴の一つです。

バカラ社とサンルイ社のデキャンタでの価格差は存在せず、買取時にも価格に差が出ることはありません。

レミーマルタンは、化粧箱や、本体の豪華さが世界中へ広まったきっかけといえます。その箱や付属がなくなってしまったルイ13世 ベリーオールドは高価買取されるのでしょうか?

■ルイ13世 ベリーオールド本体だけでも高価買取?

本体だけであっても高価買取の期待ができます。完全にそろった未開封と比べてしまうとどうしても買取価格は下がります。しかし、他のブランデーと比較すると高価買取が期待できるブランデーの1つです。

なぜならば、箱や付属品がなくてもルイ13世を購入し愛飲したい愛好家が多いからです。さらに、ルイ13世のデキャンタのみもクリスタルデキャンタに価値があるため高価買取が期待できます。

■本体のみで高価買取してもらうためには?

本体が未開封であることです。さらに、デキャンタに価値があるため、デキャンタに傷や欠け等がないことが好ましいです。

本体のブランデーは、少しの隙間から蒸発し、購入当時の量から減ってしまうことがあります。これは、少しの誤差であれば問題にはなりませんが、かなり蒸発してしまっている場合は、未開封であっても減額対象となるので注意が必要です。

さらに、ルイ13世のデキャンタは独特のデザインをしており、この角やがとても欠けやすく多くの場合かけてしまって買取に持ち込まれることが多いです。これも買取の際は減額対象になるので注意して保管しましょう。

特に本体のみの場合、箱での保管ができないので割れや欠けがおこりやすいです。慎重に取り扱う必要があります。

■まとめ

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドは本体のみでも高価買取が期待できるお酒です。すこしでも高価買取をしてもらうためには、保管には細心の注意をし、未開封で買取査定に持っていく必要があります。
しかし、付属品や箱がない状態でもブランデー自体やデキャンタに価値があるというレミーマルタンの特徴から高価買取が期待できるというわけです。一度本体のみしかないから買取をあきらめていた方も査定にもっていくことをお勧めします。

レミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 42.6って知ってる?!レア商品!!

レミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 42.6とはどんなお酒なのか、そして高価買取について解説します。

レミーマルタンのルイ13世 レア・カスク 42.6は、世界でも限定本数しか販売されなかった希少性の高いものです。ルイ13世は知っていても、レア・カスク 42.6はあまりしられていないかもしれません。このブランデーについてわかりやすく解説していきます。

レア・カスク 42.6とは、世界最高峰のコニャックルイ13世の希少な樽で熟成されたもので、レミーマルタン社から誕生したルイ13世の歴史のなかで、2樽目に発売された特別なブランデーです。

■ルイ13世 レア・カスク42.6ってどんな味がするの?

ナッツ類の香りが最初にきて、その後プルーンの種の芯のような香りがきます。その後、ジンジャーブレッドとドライフルーツを感じられるのです。このように説明しても実際に飲んでみるまではその意味を理解できないほど壮大で神秘的なブランデーといえます。

さらに、このレア・カスクの特徴として、ルイ13世よりもアルコール度数が高く、アルコール度数42.6度あります。これは、通常と比べても2度以上高いことになりルイ13世とは一線を博しています。

度数が高いため、口の中へ入れるとアルコールがガツンときますが、この強さを打ち消すように上記の味や香りを感じることができるのです。

■ルイ13世の特徴の一つデキャンタ

デキャンタは、バカラ製ブラック・クリスタルです。これは、ルイ13世のデキャンタがすべてバカラ社で製造していることから、このレア・カスク42.6にももちろん同様に製造・使用されています。

通常は、中のブランデーが見える透明なデキャンタですが、このレア・カスクは、黒光りした圧倒されるようなたたずまいのブラック・クリスタルを使用した特別なデキャンタになっています。

限定738本のみの販売で、2013年に販売予約がされましたが、一瞬での完売となりました。
世界中で一瞬で売れてしまうほどの人気があるのがレミーマルタン ルイ13世なのです。しかし、本数もさることながら、値段も一般人にはなかなか手が出せない最高級品です。

■高価買取について

もちろん高価買取されます。このブランデーの希少性はお目にかかることが困難なほどレア商品であり、今なお需要が絶えません。このことから、高価買取は間違いない品なのです。

特に、海外のオークションなどでは高値取引をされるほどの需要があることからも高価買取には申し分ない一品といえます。

元々このお酒は高価買取されやすいお酒の一つですが、レア・カスク42.6はその中でもさらに買取価格が上がる商品です。

■まとめ

レア・カスク 42.6は、限定品であり希少性の高いブランデーです。世界中でこのブランデーを求める愛好家が多く、ルイ13世の中でも特に高価買取となります。ブランデーのおいしさも、デキャンタの素晴らしさも買取価格も最高級なレア・カスク 42.6なのです。

レミーマルタン ルイ13世レア・カスク 43.8の希少性!!

レミーマルタン ルイ13世レア・カスク 43.8というお酒について高価買取とあわせて解説します。

レミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 43.8は限定本数の超希少ルイ13世です。一般的なルイ13世とは一線をはくす味と香り、そしてデキャンタの素晴らしさについて説明します。そしてこのお酒の高価買取について解説します。

レミーマルタンを代表するルイ13世は、今までに箱の形や付属品などを変えながら販売されてきました。しかし、中身のブランデーは、40年から100年以上の樹齢150年以上の木から作られた樽で熟成されたコニャックをブレンドしたもので、すべて同じ最高峰のブランデーとして販売されていました。

しかし、このレア・カスク 43.8は今までのルイ13世とは違う味や香り、アルコール度数から特別なルイ13世として販売されることになったものです。

■レミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 43.8はどんなお酒?

このブランデーは、43.8度という通常より高いアルコール度数で、芳醇な香りと、深い味わいが特徴です。その味は言葉で言い表すことが難しく、一度口に入れた人にしかわからない通常のルイ13世とは違った素晴らしいブランデーなのです。

しかし、この特別に販売されることになったブランデーは、通常と同じルイ13世の中から突如出現した奇跡的なお酒です。特別なことをせず、偶然の産物としてできたもので、一度きりの販売しかできないとても貴重なブランデーとなりました。

デキャンタもまた特別な仕様となっています。バカラ社が製造するルイ13世特有のデザインは同じですが、黒く光り輝いているクリスタルを使用しているのです。

クリスタル職人が、非常に珍しいブラック・クリスタルを使い、象徴的なルイ13世のデキャンタを作り上げたものです。

この首の部分には、貴重なパラジウムで装飾が施されています。多くの作業工程を経て、誕生するクリスタルの芸術作品といえるこのデキャンタだけでも、価値があるものといえますね。

2009年に中国で発表され話題となったレア・カスク43.8は、プレミアムコニャックの最高峰ルイ13世のレア・カスクとして世界で786本限定の特別ボトルで発売させました。

限定本数は一瞬で完売してしまうという人気の大きさでした。

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド 八角形箱の高価買取

レミーマルタンのルイ13世といえばブランデーの最高峰です。このルイ13世のベリーオールド八角形箱とはどんなものか、高価買取のための条件を解説します。

世界最高峰のブランデーであるルイ13世は、お酒愛好家であればもちろんそうでない方にもきいたことがあり、一度は飲んでみたいお酒の一つです。そんなルイ13世のベリーオールド八角形箱とはどんなもので高価買取されるのか簡単に説明します。

■レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールドってどんなもの?

ルイ13世にベリーオールドという商品名ではありません。ボトルの中央にあるラベルに「Very Old」と書かれていることから、そう呼ばれるようになりました。

ベリーオールドは、販売からすでに40年以上たっているものです。さらに、この販売にいたるまでに100年以上の超熟成をされたコニャックなどをブレンドした最高級なお酒です。

販売は、60年代から70年代に販売されたものですが、赤い八角形箱での流通は70年代のみとなっています。

販売されていた70年代は、赤い八角形箱とクリアケースの2種類での販売がされていました。現在、買取で人気があるのは赤い八角形箱の方です。

■ルイ13世 ベリーオールド 八角形箱に付属品はある?

ルイ13世ベリーオールド八角形箱は、文字通り八角形の赤い箱となっています。デキャンタは現行品と同じ独特なデザインをしています。

付属品は、替え栓と冊子が付いています。この冊子は発売時期が古いとついていない場合や、ボトルの首の部分にくくりつけられている場合などがあります。そのため、必ず付属品としてあるとはいえないもののようです。

替え栓はボトルにぴったりとはまるよう設計されており、この替え栓のデザインもまた破損しやすいため、取扱いには注意して保管が必要です。

ルイ13世といえば、バカラ社製のボトルが有名です。しかし、ベリーオールドではバカラ社のもの以外に、サンルイ社製も存在します。

このサンルイ社の物はボトルの底にロゴマークがついています。サンルイ社のであってもバカラとの買取価格に差はでません。

■高価買取条件はある?

ルイ13世はブランデーの中でも最高峰のものですから、買取は高価買取が見込めます。高価買取のためには、未開封であり、破損がないこと、付属品が揃っていることが条件です。

ここで抑えておきたいことは、ルイ13世ベリーオールド八角形箱は発売から40年以上が経過しており、付属品にシミなどが出てしまいがちです。これは、保管状況がよくても仕方ないことであり、査定にはあまり影響してきません。

買取査定をおこなうからといってむやみに掃除したりして破損やキャップの割れボトルを包んでいるフィルムの破れなど起こってしまうと買取価格に影響しますので注意しましょう。

■まとめ

レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド八角形箱は、70年代に流通した古いブランデーです。八角形箱とクリアケースの2種類が販売され、現在の買取では八角形箱の方が人気で買取価格にも若干高い傾向にあります。

付属品も80年代や現行品と比べ少なく、冊子の有無や種類もばらつきがありデキャンタもバカラ社とサンルイ社とあることから、個人で判断せず一度査定に出してみることをお勧めします。高価買取が見込める可能性が高いお酒です。

レミーマルタンルイ13世の金キャップ 本体のみでも高価買取?!

レミーマルタンルイ13世の本体のデキャンタについてと、付属品がなくても高価買取してもらえるかを解説します。

世界最高峰のブランデーであるレミーマルタンルイ13世。世界的にも人気のこのお酒は本体のみでも買取なのか、さらには高価買取となるのかデキャンタの説明とあわせて解説します。

レミーマルタンルイ13世は世界最高峰のブランデーの一つということは多くの方が知っています。しかし、このレミーマルタンルイ13世は、付属品やデキャンタにも価値があるといわれています。

ではデキャンタとはどのようなものなのでしょうか?

■レミーマルタンルイ13世のデキャンタとは?

デキャンタとはいわゆるお酒を入れるボトルのことです。このデキャンタが、ルイ13世は素晴らしいといわれています。

この有名なデキャンタは、400年以上前の戦場で発見されたメタルフラスクにヒントを得て作られたものです。この形は優れた職人技によってクリスタルボトルとしてよみがえり、世界中で今も愛されています。

後にルイ13世となるコニャックをポール=エミーユ・レミーマルタンは「世界中の人々にとって、ラグジュアリーと人生の美学の象徴になるであろう」と予言したことを表現して、クリスタルで作ったといわれています。

このデキャンタは、ひとつとして同じものはありません。芸術作品と呼ぶにふさわしい、1本ずつ異なるシリアルナンバーが付けられた最高級品です。

■価値があるの?

このクリスタルはバカラ社製で、職人によって制作されています。バカラのクリスタルガラスとあればそれだけでも価値があるものです。そんなかちのあるデキャンタに、世界最高峰のブランデーを入れてあるのです。

高額にならない方がおかしい、贅沢な1本といえますよね。
しかし、やはり付属品は重要です。レミーマルタンの4代目により、美しい箱詰めもブランドの特徴として世界に広まったのです。

この箱や、バカラ社製の替え栓はやはり重要なものです。この付属品があるかないかで買取価格は変わってきます。

金キャップは現行品と旧金キャップとあります。しかし、現行の金キャップも旧金キャップも本体のみの買取では、さほど買取価格に差はでません。

■箱や付属品がなくても買い取ってもらえる?

買取はもちろん可能です。世界でも人気のあるレミーマルタンルイ13世は付属品がなくても買いたいと願う需要が多いからです。

生産・販売量が少ないため、このように中古の付属品がない状態でほかにブランデーに比べ高値での買取となります。

もちろん、上記で記したデキャンタの価値も上乗せされるためです。

■まとめ

レミーマルタンルイ13世金キャップは、現行品でも旧金キャップでも差は大きくなく、その他の状態により買取価格は変化していきます。

レミーマルタンルイ13世の本体のみの買取はデキャンタの価値と中身のブランデーの価値から他のブランデーに比べ、付属品がない状態の本体のみでも高価買取が見込めるお酒です。

レミーマルタン ルイ13世 四角形箱 現行品の高価買取

レミーマルタンのルイ13世 四角形箱は現在流通しているものの一つです。このレミーマルタンが高価買取されるためにはどうしたらいいのかお酒の説明とともに解説します。

レミーマルタンのルイ13世といえばブランデーをあまりしらない方も聞いたことがあるほど有名なお酒です。しかし、このルイ13世には種類がいくつかありその違いまでも知っている方は多くはないでしょう。この種類と高価買取条件を簡単に説明します。

■レミーマルタン ルイ13世の種類

レミーマルタンをとっても、限定品から通常販売のものまで多くあり、さらにその中でも最高級のルイ13世の種類も多く存在します。

では、通常で販売されたもので種類分けをするとするならば、70年代以前に販売されたベリーオールド、旧金キャップ、現在販売されている金キャップの3種類です。

今回の主役である、ルイ13世四角形箱は80年代から90年代に販売されたものと、現在販売されているものの2種類存在します。

80年代から90年代の商品は、赤い四角形の箱に手提げ用の外箱や、グラス付きのものとなっていました。現在販売されているものは、貝殻のようなシェル型の四角型の箱となっており、同じ現在販売されている観音開きタイプのものと2種類で販売されています。

現在販売されているルイ13世四角形の箱の付属品は手提げ用の外箱や、バカラ社製の替え栓、ギャランティーカードなどとなっています。昔のようにグラスはついていないのが少し残念な気もしますね。

ちなみにルイ13世の中身はすべて、40年から100年熟成された1200種類ものコニャックがブレンドされたもので、最高級のブランデーとなっています。

■なぜ人気があるのか?

ルイ13世は最短でも40年以上から100年という超熟成期間のコニャックを使用しており、そもそもの出回る生産数が少なく希少価値の高い酒なのです。さらに、バカラ社が手掛けるデキャンタで、独創的なデザインもまた希少価値が高いといわれます。

このことから、多くにブランデーを愛する愛好家だけでなく、夜の高級店などの目玉としても使われることから人気が絶えません。

■高価買取条件とは?

高価買取条件として、付属品がすべてそろっていることです。そして、その付属品の中でギャランティーカード・替え栓の栓の底面にはボトルの底面のシリアル番号と同じ番号がすべて記載されています。この番号が一致していなくてはいけません。

そして、ルイ13世のバカラのボトルは角がたくさんあります。この角は、非常に繊細です。細心の注意を払って保管していなければ、衝撃で欠けてしまいます。この角がすべてそろっていると、高価買取へ近づきます。

基本的な高価買取条件としては、未開封であることです。未開封でも、わずかなコルクの隙間から蒸発し量が減ってしまうことがあります。この量も減っていないことが高価買取される条件です。

■まとめ

レミーマルタン ルイ13世の四角形箱現行品の高価買取は、付属品が揃っていることや未開封であることなど、状態がいいことが条件です。

しかし、ルイ13世は最高峰のブランデーなので人気は一定しています。買取価格の変動は大きくないお酒といえます。売り時などを気にすることなく査定に出せるお酒です。

レミーマルタン ルイ13世の四角形箱 旧品とは?高価買取される?

レミーマルタンのルイ13世四角形箱には旧品と現行品が存在します。この旧品はどのようなもので、高価買取されるのか解説します。

ウイスキーの中でも知っている人が多いレミーマルタンのルイ13世。このウイスキーの四角形箱旧品には現行品とどのような違いがあるのでしょうか?そして高価買取がされるのか簡単に見ていきましょう。

レミーマルタン ルイ13世を製造・販売しているレミーマルタン社は、1724年に創設されました。レミーマルタンが有名になったのは、4代目エミール・レミー・マルタンの時代です。

4代目エミール・レミー・マルタンにより、今のシンボルマークであるケンタウロスの刻印が出され、美しい箱詰めを始めたことでレミーマルタンというブランド名が広まりました。4代目の功績は、計り知れないほど大きいものです。

レミーマルタンが、世界中で愛されている理由は、品質管理と伝統の蒸留方法が理由といえます。

そんなレミーマルタン ルイ13世の四角形箱旧品とはどんなものか見ていきましょう。

■レミーマルタン ルイ13世四角形箱旧品とはどんなもの?

80年代から90年代に販売されたのが、ルイ13世四角形箱旧品です。赤い四角形の箱に手提げ用の外箱、グラス付きとなっていました。

もちろんシリアルナンバーもついていますし、バカラ社の替え栓、ギャランティーカードもついています。

この四角形旧品の中に入っているブランデーは、他のルイ13世と同様、40年から100年もの熟成期間を経た最高級コニャックをブレンドしたもので、味も香りも最高なブランデーです。

■現行品と旧品の違いは?

現行品との違いは、箱の形が貝殻のようなシェル型の四角形になったのが現行品で、同じ四角形でもタイプの違うもとなっています。また、現行品にはグラスが付いていません。

■高価買取されるの?

レミーマルタン ルイ13世四角形箱旧品を高価買取をしてもらうためには、未開封が条件です。中身が減っていたり、金キャップが外されていたりすると買取の減額対象となってしまいます。

しかし、実はレミーマルタンのルイ13世のボトルはバカラ社のものなので、空ボトルだけでも買取はしてもらえるのです。

つまり、中身がないルイ13世にも価値があるということです。おいしくお酒を頂いた後に、空ボトルを売るという方法もあります。

また、現在は売られていないため中国などの富裕層がこぞって欲しがる傾向があります。

■まとめ

レミーマルタンルイ13世の四角形箱旧品は高価買取のために、未開封で状態が良いことが条件です。しかし、一方で完全に中身がない状態でも価値があり買取してもらえるという一面を持ちます。

レミーマルタンルイ13世は、最高峰のブランデーの一つです。中身のブランデーが最高なのはもちろんのこと、4代目エミール・レミー・マルタンが力を入れたケンタウロスの刻印がされたバカラのボトル、美しい箱詰めにも価値があることは納得できますね。

レミーマルタン ルイ13世 四角形箱 現行品の高価買取

レミーマルタンのルイ13世 四角形箱は現在流通しているものの一つです。このレミーマルタンが高価買取されるためにはどうしたらいいのかお酒の説明とともに解説します。

レミーマルタンのルイ13世といえばウイスキーをあまりしらない方も聞いたことがあるほど有名なお酒です。しかし、このルイ13世には種類がいくつかありその違いまでも知っている方は多くはないでしょう。この種類と高価買取条件を簡単に説明します。

■レミーマルタン ルイ13世の種類

レミーマルタンをとっても、限定品から通常販売のものまで多くあり、さらにその中でも最高級のルイ13世の種類も多く存在します。

では、通常で販売されたもので種類分けをするとするならば、70年代以前に販売されたベリーオールド、旧金キャップ、現在販売されている金キャップの3種類です。

今回の主役である、ルイ13世四角形箱は80年代から90年代に販売されたものと、現在販売されているものの2種類存在します。

80年代から90年代の商品は、赤い四角形の箱に手提げ用の外箱や、グラス付きのものとなっていました。現在販売されているものは、貝殻のようなシェル型の四角型の箱となっており、同じ現在販売されている観音開きタイプのものと2種類で販売されています。

現在販売されているルイ13世四角形の箱の付属品は手提げ用の外箱や、バカラ社製の替え栓、ギャランティーカードなどとなっています。昔のようにグラスはついていないのが少し残念な気もしますね。

ちなみにルイ13世の中身はすべて、40年から100年熟成された1200種類ものコニャックがブレンドされたもので、最高級のブランデーとなっています。

■なぜ人気があるのか?

ルイ13世は最短でも40年以上から100年という超熟成期間のコニャックを使用しており、そもそもの出回る生産数が少なく希少価値の高い酒なのです。さらに、バカラ社が手掛けるデキャンタで、独創的なデザインもまた希少価値が高いといわれます。

このことから、多くにブランデーを愛する愛好家だけでなく、夜の高級店などの目玉としても使われることから人気が絶えません。

■高価買取条件とは?

高価買取条件として、付属品がすべてそろっていることです。そして、その付属品の中でギャランティーカード・替え栓の栓の底面にはボトルの底面のシリアル番号と同じ番号がすべて記載されています。この番号が一致していなくてはいけません。

そして、ルイ13世のバカラのボトルは角がたくさんあります。この角は、非常に繊細です。細心の注意を払って保管していなければ、衝撃で欠けてしまいます。この角がすべてそろっていると、高価買取へ近づきます。

基本的な高価買取条件としては、未開封であることです。未開封でも、わずかなコルクの隙間から蒸発し量が減ってしまうことがあります。この量も減っていないことが高価買取される条件です。

■まとめ

レミーマルタン ルイ13世の四角形箱現行品の高価買取は、付属品が揃っていることや未開封であることなど、状態がいいことが条件です。

しかし、ルイ13世は最高峰のブランデーなので人気は一定しています。買取価格の変動は大きくないお酒といえます。売り時などを気にすることなく査定に出せるお酒です。

レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品の高価買取

レミーマルタンルイ13世のお酒の特徴と高価買取について解説します。

レミーマルタンルイ13世というお酒の名前は聞いたことあるけどどんなお酒なのか、どの程度の価値があるのか知りたい方のために簡単にわかりやすく説明します。

■レミーマルタンってどんなお酒?

みなさんはブランデーがどういったお酒かご存知ですか?ブランデーは簡単にいうと白ブドウのワインを蒸留した蒸留酒です。明治時代には日本に入ってきており、ブランデーを葡萄地酒と訳していたといいます。

そして、レミーマルタンはコニャックブランデーの中でももっとも有名なブランデーの一つです。コニャック地方の最高土壌で栽培されたブドウのみで作られた、希少性の高いものです。

さらに、ほかのブランデーとは違う蒸留方法をおこないます。底に沈んでいるブドウのカスを綺麗にした後に蒸留をおこなうところを、ブドウのカスを残したままで蒸留をおこなうのがレミーマルタン独自の方法です。

この方法で2度蒸留することでアミノ酸が多く含まれてコクのある味わいが生まれるのです。この味こそレミーマルタンの味です。

■レミーマルタンルイ13世ってどんなお酒?

レミーマルタンには通常販売されているものの種類が5種類あります。その中でもっともランクも価格も高い物がルイ13世なのです。

なぜルイ13世という名前なのでしょうか?1600年代のフランスで国王だったルイ13世からきた名前です。なぜならば、ルイ13世が国王の時代にはすでにブランデー造りで有名となっていたレミーマルタン家がルイ13世の統治下にあり、製造された当時の国王の名前を付けるほどの最高のブランデーの王という意味をこめてつけられたのです。

ルイ13世のブランデーは40年から100年熟成された1200種類ものコニャックがブレンドされたものです。香り・味ともに最高のブランデーです。

ルイ13世には3種類あり、初期生産のベリーオールド・旧金キャップ・現行品です。この中で箱が観音開きなのは現行品のみです。

■人気はあるのか?

レミーマルタンルイ13世はレミーマルタンの中でも高級品なため、普段用に簡単に買えるものではありません。ほとんどが贈答用です。または、高級クラブなど1本100万円前後で多く取り扱っています。

これは、ルイ13世の独特の形をしたバカラ社製のデキャンタや、観音開きの箱など豪華な造りになっていることからといえます。

更に、中国の富裕層からの人気もあることからルイ13世は人気のお酒です。

■高価買取はされる?

ルイ13世の現行品観音開きは高価買取されます。贈答用として頂いたものを一度査定にだしてみるのもいいかもしれません。

購入、贈答されたままの状態で、未開封・傷や欠け・箱や替え栓の紛失などがない状態でなければ高価買取とはなってきません。しかし、バカラ社の空ボトルや観音開きの箱だけでも価値があり、値がつきます。注意したいことは、ルイ13世のボトルは角がたくさんあり、欠けやすいので取扱いは慎重に行う必要があります。

現行品は今も製造販売されていますし、樽の中でのみ熟成されるため、ボトルに入ってから熟成は進みません。なので、高価買取を見込んで長期保存することはいみがありません。

このことから超高価買取ということにはなりませんが、ある程度の高価買取を見込めるウイスキーです。

■まとめ

レミーマルタンの中で最高峰のルイ13世は、見た目も派手で中身も最高級な一品です。贈答用で頂いたものを眠らせているのであれば、高価買取されるウイスキーの一つですので、一度査定に出すことをお勧めします。

レミーマルタン・ルイ13世ブラックパールは激レア超高額?!

レミーマルタンと言えば、世界的にもっとも有名で高品質のブランデーを世の中に送り出しているブランデーメーカーです。
そして、そのレミーマルタンの中でも最も格式が高く、世界中のブランデー愛好家から愛されているのはルイ13世なのは言うまでもありません。
ここでは、そのルイ13世の中でもさらに激レアなルイ13世のブラックパール観音開きについてご紹介したいと思います。

■超高級ブランデーのレミーマルタン・ルイ13世とは?

レミーマルタン・ルイ13世は最も高級で高品質なブランデーと言われていますが、それはなぜなのでしょうか?
レミーマルタンは、ルイ13世の原酒の原料となる葡萄の畑にもこだわりを持っています。
ブランデーに最適な葡萄を育てるための畑は、粘土石灰質の土壌でなければなりません。ルイ13世に使われる葡萄は、最上級と言われるグランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュだけから収穫されたものです。

さらに、原酒を熟成させる樽にもこだわりがあります。
ルイ13世を作る樽は、フランスのリムーザン地方で育ったオークですが、何と樹齢が100年を超えるオークのみを使用しています。この樽で50年から100年もの歳月を熟成したものが、ルイ13世の原種になるのです。

このような数々のこだわりを持って作られた、最高級で最高品質のレミーマルタン・ルイ13世はどのような味わいなのでしょうか?
ルイ13世を最初に口に含んだ時のテイスティングノートは、淡い花の香り、次にバニラやヘーゼルナッツ、そして、スパイシーな香りも現れます。
飲んだ後の余韻はとても長く、ルイ13世と共にゆっくりとした一時を楽しむことができるでしょう。

■レミーマルタン・ルイ13世ブラックパールはパッケージが超豪華

世界最高と言われるレミーマルタン・ルイ13世ですが、そのパッケージもまた豪華です。
中でもブラックパールと呼ばれるボトルは、非常に美しい輝きを放つバカラのクリスタルボトルです。光の加減によりその色合いはシルバーやブラック、チャコールグレー、クロムなどと様々に変化するため、ブラックパールと呼ばれています。
箱は観音開きと四角箱の二種類があります。
パッケージも非常に豪華なこの商品を未開封箱付きでお持ちの場合、非常に高い買取価格が付くでしょう。

■レミーマルタン・ルイ13世ブラックパールの買取価格は超高額?!

では、レミーマルタン・ルイ13世ブラックパールの買取価格について見てみましょう。
ブラックパールにも様々なエディションがあります。
限定786本のみ発売されたレミーマルタン ルイ13世 ブラックパール、限定358本のみ発売のレミーマルタン ルイ13世 ブラックパール マグナム、限定775本発売のレミーマルタン ルイ13世 ブラックパール アニバーサリーエディションなどです。
どのエディションも非常に価値が高く、その買取価格は数百万円とも言われています。
ブランデー自体にも非常に価値があるうえに、限定販売で豪華なパッケージとなれば、非常に高い値が付くのは当然のことです。

■まとめ

レミーマルタン・ルイ13世ブラックパール観音開きの価値について見てきました。
この非常に価値の高い商品をお持ちの方は、ぜひ買取店で査定してもらってみてください。きっと高い値段が付けられることでしょう。

レミーマルタン・ルイ13世・ベリーオールドの魅力とは?

レミーマルタンと言えばコニャックの王様ですが、その中でもさらにランクが高いレミーマルタン・ルイ13世・ベリーオールドをご紹介します。
ベリーオールドなら価値が高く本体のみでも十分高値が付きますが、その人気の秘密は何か探ってみたいと思います。

■レミーマルタン・ルイ13世・ベリーオールドとは?

レミーマルタンとは400年にも及ぶブランデー造りを続けている世界的なブランデーメーカーです。そんな世界的に人気のレミーマルタンの中でも、特に格式が高いのがルイ13世です。熟成年数が40年以上で100年以下のものでないとルイ13世とは認められませんが、さらにその中でも熟成年数が100年を超えるオー・ド・ヴィー(原酒)を使ったものが、レミーマルタン・ルイ13世・ベリーオールドです。
世界で最も品格の高いブランデーであるレミーマルタンの中で最上級のランクのルイ13世の、さらに希少価値が高いのがベリーオールドということになります。ですから、世界中のブランデー愛好家に愛されており、高価買取価格が付くのもうなずけます。

■レミーマルタン・ルイ13世・ベリーオールドのテイスティングノート

レミーマルタン・ルイ13世のベリーオールドのテイスティングノートはどのようなものなのでしょうか?ブランデー好きなら一度は味わってみたいと思います。
ベリーオールドのテイスティングノートは複雑極まりない様々な香りに満ちており、その説明をするだけで長い文章になってしまいます。
最初に広がるのは、ユリやジャスミンなどの白い花の香りです。その次に、ピーチや洋ナシなどの甘いフルーツの香りが広がります。そして、空気に触れることで、キャラメルやバニラ、カカオといった香りに変化し、さらにスパイシーなターメリックのような香りも混ざります。また、味わう環境によっては、土や森の香りを感じることもあると言います。
このように、レミーマルタン・ルイ13世・ベリーオールドには、実に100種類以上ものテイスティングノートが存在すると言われています。
いかがでしょうか?一度味わってみたい、ブランデーですね。

■ベリーオールドの価値が高くなる理由とは?

レミーマルタン・ルイ13世・ベリーオールドはその味やテイスティングノート、色などが最高級であり、人気が高い銘柄です。そして、ベリーオールドにはその価値が高くなる理由が他にもあります。
それは、非常に貴重な原酒を使用しているため、レア度が高いということです。
熟成年数が100年以上の原酒は、そうそう手に入るものではありません。100年も前から仕込んである原酒は非常に貴重な価値を持ち、一度使ってしまったら取り戻すことができません。
そのため、その味やテイスティングノートの品質の高さだけではなく、非常に希少な価値を持つということがその価値を高めているのです。
ですから、付属の箱が無く本体のみであっても、十分高値が付くのは間違いありません。

■まとめ

レミーマルタン・ルイ13世の中でもさらに希少なベリーオールドについて見てきましたが、この銘柄は世界的にも人気が高いだけでなく、非常に価値が高いということがわかっていただけたと思います。
もしご自宅にベリーオールドが保管されているならば、ぜひ買取査定に出してみてください。本体だけでも高値が付くでしょう。

レミーマルタン・XOはなぜ人気が高い?このブランデーの楽しみ方とは

レミーマルタン・XOはブランデー愛好家の中でも特に人気の高い銘柄で、高価買取価格が付いています。
では、なぜレミーマルタン・XOはこんなにも人気が高いのでしょうか?そこには、レミーマルタンの醸造家の深いこだわりがあります。
ここでは、そんな醸造家のこだわりとレミーマルタン・XOにふさわしい楽しみ方についてお話ししたいと思います。

■レミーマルタン・XOの3つのこだわり

レミーマルタン・XOには3つのこだわりについてご紹介します。これを読めば、レミーマルタン・XOの人気の秘密がわかるはずです。

・畑からこだわりが始まる

レミーマルタン・XOのこだわりは、原料となる葡萄を栽培する畑づくりからすでに始まっています。
レミーマルタン社は、コニャック地方のグランド・シャンパーニュ、プティット・シャンパーニュと呼ばれる、畑の中でも上位の2地区から収獲された葡萄のみを原料に使用しています。
この上位2つの地区のみの葡萄を使用し、しかも、グランド・シャンパーニュ産の葡萄を半分以上含むものを「フィーヌ・シャンパーニュ・コニャック」と呼びます。この最上級の葡萄のみを使用した「フィーヌ・シャンパーニュ・コニャック」だけでブランデーを作り続けるのは、レミーマルタンだけとも言われています。

・蒸留にこだわる

コニャックはワインを蒸留させて出来たオー・ド・ヴィー(原酒)を、さらに長い期間熟成させてつくられます。
この時、ワインの底にオリと呼ばれる葡萄かすが沈殿するため、ろ過した後に蒸留するのが一般的です。ところが、レミーマルタンはろ過せずに蒸留することで、豊かなアロマが生まれます。もちろん、ろ過した方が効率良く多くの原酒を蒸留できますが、手間をいとわず良いブランデー造りを優先させているのです。
さらに、二度の蒸留を行うことでアルコール度数を高め、豊かで複雑な風味を持つオー・ド・ヴィーを作り出しています。

・樽にこだわる

蒸留過程を経たオー・ド・ヴィーは樽に入れられて熟成されますが、この樽にもレミーマルタン独自のこだわりがあります。
樽に使われるのはフランスのリムーザン地域に自生する樹齢100年にも及ぶ樫の木です。この木にはタンニンが豊富に含まれており、適度に加工してあく抜きした樫の木でできた樽で熟成することにより程よいタンニンの量になります。
この手間暇かけて作られた樽で熟成することにより、レミーマルタンならではの厚みのある味わいが生まれるのです。

■レミーマルタン・XOの楽しみ方

では、極上のレミーマルタン・XOを手に入れたら、どのように楽しむのが良いのでしょうか?
レミーマルタン・XOには複雑なテイスティングノートが存在し、飲むうちに次々と香りが変化していきます。それは、ジャスミンからフルーツへ、スパイスや焙煎の風味など、目まぐるしく変わるのです。
ですから、これらの香りと同じ系統の香りを持つ食事を用意することで、その香りを存分に味わうことができます。例えば、ジャスミンやアイビスの花を飾り、葡萄や砂糖漬けのオレンジ、クルミやアーモンド、スパイシーなジンジャーケーキ、そして、カカオやチョコレートなどと一緒に楽しみます。
レミーマルタン・XOの複雑なテイスティングノートに合わせた食事を用意することで、よりその味わいを深く楽しむことができるでしょう。

■まとめ

レミーマルタン・XOの魅力についてお話してきましたが、いかがでしょうか?
このようにこだわりを持って作られた高品質なレミーマルタン・XOは非常に価値が高く、買取価格も高くなっています。
自宅に眠っているボトルがあれば、ぜひ買取査定に出してみてください。

レミーマルタンエクセレンスのバカラボトルの魅力!買取価格はいくら?

レミーマルタンは、ブランデーの中でも最も人気の高いブランデーです。
そのレミーマルタンの中にもいろいろな種類がありますが、レミーマルタンエクセレンス・バカラボトルをご紹介します。
もしこの商品をお持ちなら、買取価格が気になるでしょう。ここでは、買取価格についても見てみたいと思います。

■レミーマルタンエクセレンスとは?

レミーマルタンにもいくつかのランクがあります。
次のようなランクになっており、上に行くほどランクが高くなります。

レミーマルタン・ルイ13世
レミーマルタン・XOエクセレンス
レミーマルタン・ナポレオン
レミーマルタン・クラブスペシャル
レミーマルタン・クール・ド・コニャック
レミーマルタン・VSOP

レミーマルタンエクセレンスは、この中では二番目にランクの高いブランデーということになりますね。
平均熟成年数が23年と熟成度が高く、しかも最長で37年の熟成期間をおいた貴重な原酒をブレンドしているため、非常に贅沢な逸品です。
その味わいは柔らかで濃厚なコクがありながら辛口です。ブレンドならではの、複雑な味わいを醸し出しています。

そんな高級なブランデーですから、もちろんその買取価格も高くなっているのです。

■レミーマルタンエクセレンスのバカラボトル

レミーマルタンエクセレンスは、それだけでブランデーとしての味も一級品です。そしてさらにその高級感をアップさせるのが、美しく高級感あふれるバカラボトルの存在です。
バカラグラスの愛好家は多く、幅広く人気があります。普通のガラスよりもより透明度が高く高品質で美しいクリスタルガラスを古くから製造している、バカラならではの美しさがあります。
透明度が高く重厚なバカラグラスが、レミーマルタンの美しい琥珀色をより一層引き立てます。
ブランデーはその味もさることながら、美しいボトルから注ぐ時間もまた楽しむものです。美しく輝くバカラボトルから注ぐことで、その美味しさもまた際立つでしょう。

高級なバカラクリスタルのボトルはそれだけでも価値が高いものです。買取店の在庫やその店の顧客の好みにもよりますが、2万円から4万円程の買取価格がつくでしょう。

■レミーマルタンエクセレンスの買取価格を上げるためのコツ

レミーマルタンエクセレンスの買取価格は、ちょっとした工夫で上げることができます。
やはり、買取査定を行う際に複数の買取店に持ち込むのが最も良いでしょう。買取店によって在庫数が異なりますから、在庫数が少ない店に持ち込むことで買取価格は上昇します。
決して一つの店だけで査定して売ってしまうのではなく、多くの店に査定してもらうことをおすすめします。

■まとめ

レミーマルタンエクセレンスバカラボトルとはどのような価値を持ち、どれくらいの価格で取引されているのかをご紹介してきました。
貴重なレミーマルタンエクセレンスと美しく高品質なバカラグラスという組み合わせで、買取価格はさらに上がることがわかっていただけたと思います。
もし、自宅にレミーマルタンが眠っているのであれば、ぜひ査定に出してみてください。

レミーマルタンルイ13世の旧品は高価買取価格で取引されている!

レミーマルタンと言えば、誰もが知っている高級ブランデーです。その中でも、レミーマルタンルイ13世は人気が高くなっています。レミーマルタンの中でも、希少な古酒を贅沢に使用した一級品だからです。
レミーマルタンルイ13世の四角形箱旧品は人気が高く、高価買取をしてもらえると言われています。この商品について、詳しく見ていきたいと思います。

■レミーマルタンルイ13世とは?

レミーマルタンファミリーは1620年ころにフランスのコニャック地方に移り住み、ブランデー造りを始めました。今から400年も昔から作られていたブランデーがレミーマルタンです。
時のフランス国王ルイ13世は、ブランデーをこよなく愛したと言われています。そのため、ルイ13世がいなければレミーマルタンは誕生しなかったでしょう。そのオマージュから、レミーマルタンルイ13世と名付けられました。
レミーマルタンルイ13世には、コニャック地方にある等級の高いブドウ畑であるグランド・シャンパーニュのユニ・ブラン(白ブドウ)だけが使われています。さらに、熟成期間が40年から100年にも及ぶ原酒がブレンドされているのです。
テイスティングノートはジャスミン、ユリなどのフローラル、そして、洋ナシやピーチなどのフルーツの香り、さらに空気に触れるとキャラメルやバニラ、カカオ、そしてさらにターメリックやピンクペッパーなどのスパイシーさも加わります。
極上のブランデーで至福の一時を得られるのは間違いないでしょう。

■レミーマルタンルイ13世のパッケージには様々な種類がある

レミーマルタンルイ13世には数々の美しいパッケージも用意されています。
四角形箱の旧品以外にも、四角形箱の現行品、四角形箱の観音開き、八角形の箱のベリーオールド、クリアケースのベリーオールド、四角形箱の金キャップなどです。
その時によって価格は変動しますが、この中で最も価値が高いのが四角形箱の観音開きでベリーオールドやそのほかの四角形箱が続きます。
箱付きだと10万円を超えますが、箱無しだと10万円以下に価値が下がります。
もし、箱付きのレミーマルタンがあれば、高価価格で買い取りをしてもらえるでしょう。

■レミーマルタンルイ13世の買取価格を上げるためには?

レミーマルタンルイ13世の買取価格をより高めるためにはどうすれば良いのでしょうか?
保存状態が良いというのも重要なポイントです。箱の擦り切れや色あせが無いように、保存状態には気を付けるべきです。
そして、複数の買取店に査定を依頼し、できるだけ高価な値段を付けてくれるところに持ち込むというのが最も重要なポイントです。買取価格は店によって大きく異なります。その店に在庫が多ければ価格は下がりますし、在庫が少なければ価格は上がります。
そのため、一つの買取店だけに査定を依頼するのではなく、複数の店に聞いてみるだけで買取価格が上がるでしょう。

■まとめ

レミーマルタンルイ13世の買取価格は高額で、非常に価値が高いことがわかっていただけたと思います。
もし、自宅に眠っているレミーマルタンがあれば、ぜひ買取査定に出してみてください。そして、より高額な値を付けてくれる店に持ち込むと良いでしょう。

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874について

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874の高価買取

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874の高価買取について知りたいと考えている人は多いでしょう。調べてみると、300,000円で買取を行っているお店もあります。その他にも320,000円で買取をしているところもあります。

少なくても300,000円以上で売却することが出来ると考えてよいでしょう。売却したいと考えているのであれば、金額を調べてみるとよいでしょう。いきなり売却することに抵抗があるという場合には、最近ではメールなどで問い合わせをすることが出来ますので、画像を添付してどのくらいの価格で買い取ってくれるのかをお店に問い合せてからその金額によって売却を検討するようにするというのがよいでしょう。

もしくは、お店に売るよりも高く売りたいということでしたら、自分自身でインターネットオークションに出品するという方法もありますので、そちらも検討してみるとよいでしょう。

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874の高価買取と販売価格

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874の高価買取の価格も気になるでしょうが、販売価格についても知っておくようにするとよいでしょう。

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874はとても希少価値が高いと言われています。そのためなかなか入手しづらいと言われていますが、現在でもインターネットなどで購入することが出来ます。もちろん出回っている数は少ないのですが、入手することは可能です。

レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874を購入したいという場合ですが、現在のところでは販売価格が約900,000円~1,080,000円となっています。発売された当初の価格よりも高くなっているというのが現状です。ですから、どうしても手に入れて飲んでみたいと考えているのであれば、これくらいのお金を用意しておく必要がありますよ。

その他には、インターネットオークションなどで出品されるというケースもあるでしょうが、同じようにそれくらいの金額がかかってしまうということが想定されますので、頭に入れておくようにするとよいでしょう。まずは、インターネットショッピングなどで確認してみると良いでしょう。また、インターネットに掲載されていないという場合でもお店で販売しているというケースもあるかもしれません。まずは、レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874があるのかどうかを問い合わせてみるとよいでしょう。

まとめ
レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874の高価買取の価格についてですが、お店によっても異なりますが、現在のところでは300,000円くらいで買取を行っています。逆に、レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874を購入したいという場合には900,000円以上のお金が必要になりますよ。

レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品はいくらで売れる?

レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品はいくらで売れる?

レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品を知っているでしょうか?レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品の高価買取を依頼したいと考えている人もいるでしょう。そもそもこのレミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品はどのくらいの価格で売ることが出来るのでしょうか?

インターネットを使って調べてみると、レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品を160,000円で買取を行っているところがあります。その他にも140,000円~150,000円で買取をしているところもあります。もちろんこれは完品の場合なので、必ずこの価格で売却することが出来るということではありません。

インターネットオークションでも平均で170,000円前後で落札されているということが多いです。もしも、レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品の高価買取を考えているのならオークションでの売却も検討してみるとよいでしょう。店舗で買取をしてもらうことも出来ますし、オークションでも売ることが出来ます。とても高級感があるので、人気があります。もしも購入するという場合には、偽物なども増えていると言われていますので、信頼出来るところで購入するのがおすすめですよ。

少しでも高く売るにはどうする?

レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品を少しでも高い値段で買取ってもらいたいと考えているのであれば注意しておくべきことを理解しておくようにしましょう。いくらで売れるかというのは、状態などによっても大きく異なります。例えば、外箱などがない、液漏れしてしまっているなどという場合には、大きく減額されてしまうという可能性があります。付属品などが揃っていないという場合にも、減額されてしまうことがあります。

ですから、少しでも高く売りたいと考えているのであれば、付属品などは必ずすべて揃えておくようにしましょう。

買取方法は色々ある
最近では、お酒の買取を行っているところたくさんあります。そんなお酒の買取方法は色々なものがあります。もちろんお店に直接持ち込んで査定をしてもらうというのもよいのですが、その他にも郵送買取などを行なっているところもあります。

とりあえず、どのくらいの価格になるのか知りたいということであれば、メールなどに画像を添付して査定を依頼するなどということも出来ますよ。画像がなくても問い合わせをすることは出来ますが、やはり画像があったほうがよいでしょう。スマートフォンやデジカメなどで画像を撮影して送るようにするとよいでしょう。

その他には、出張査定などを行なっているというところもあります。自宅にレミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品を所有していて、売却をしたいと考えているのであれば、自分にあった方法で売却するようにするのがよいでしょう。お店によって、また、状態によっても買取金額は変わってきますが、約15万円~17万円くらいで売ることが出来るのではないでしょうか?その金額で売りたいということであれば、買取を依頼してみるとよいでしょう。

  • レミーマルタン ルイ13世 観音開き 現行品

  • レミーマルタン ルイ13世 四角形箱 現行品

  • レミーマルタン ルイ13世 四角形箱 旧品

  • レミーマルタン ルイ13世 金キャップ 本体のみ

  • レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド 八角形箱

  • レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド クリアケース

  • レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド 本体/替栓のみ

  • レミーマルタン ルイ13世 ベリーオールド 本体のみ

  • レミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 42.6

  • レミーマルタン ルイ13世 レア・カスク 43.8

  • レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール 観音開き

  • レミーマルタン ルイ13世 ブラックパール 四角箱

  • レミーマルタン ルイ13世 タイム・コレクション ジ・オリジン 1874

  • レミーマルタン 250周年 記念ボトル

  • レミーマルタン ディアマン

  • レミーマルタン エクセレンス バカラ

  • レミーマルタン セントークリスタル バカラ

  • レミーマルタン セントーリモージュ 金

  • レミーマルタン セントー エクストラ グリーンボトル

  • レミーマルタン エクストラ リモージュ

  • レミーマルタン エクストラ グリーンボトル

  • レミーマルタン ニューエクストラ

  • レミーマルタン XO

  • レミーマルタン XO スペシャル クリアボトル

  • レミーマルタン XO スペシャル グリーンボトル

  • レミーマルタン XO セントー グリーンボトル

  • レミーマルタン XO エクセレンス

  • レミーマルタン クラブスペシャル