お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

ワイルドターキー買取

ランキング商品名買取価格(11月2日更新)
ワイルドターキー 17年48,000円
ワイルドターキー トリビュート 15年45,000円
ワイルドターキー 12年 ホワイトラベル60,000円
ワイルドターキー 12年 ビヨンドデュプリケーション45,000円
ワイルドターキー 12年 ゴールドラベル38,000円

概要

ウイスキーをあまり飲まないという方でも、ワイルドターキーという名前を聞いたことがあるという方は少なくないのではないでしょうか?

日本では非常にメジャーとなっており、知名度、人気共に高いバーボンウイスキーです。

今回は、馴染み深くて名前もよく知られているワイルドターキーの生まれた起源やこだわりなどについてまとめていきたいと思います。

ワイルドターキーの歴史

ワイルドターキー(引用:明治屋

1869年、ワイルドターキーはトーマスリピーの手で生み出されました。

アメリカはケンタッキー州、ローレンスバーグに蒸留所を構えるワイルドターキーですが、生まれた当初は創業者の名前をとってリピー蒸留所と呼ばれていました。

1905年にトーマスリピーの息子兄弟が受け継ぐまで、ワイルドターキーの蒸留所は経営者を転々とする形で経営が続けられていました。

息子兄弟が受け継ぐようになってからは、さらにワイルドターキーの経営は安定して市場でも安定した需要を集めていました。

1970年にオースティン・ニコラズ社がワイルドターキーを買収して依頼、現在に至るまで同社がこのブランドを守り続けています。

オースティン・ニコラズ社はバーボンウイスキーに対する愛が強く、より一層のバーボンウイスキーの発展を願ってワイルドターキーを買収しました。

そして、現在蒸留所を構えているケンタッキー州のローレンスバーグにワイルドターキー蒸留所という名前で蒸留所を構え、全米に名前が知られるようになったのです。

しかし、バーボンウイスキーには大きな佳境を迎えるタイミングがありました。

それは、アメリカの禁酒法です。

アメリカ生まれのバーボンウイスキーに対して、同国のお酒の禁止法令は重大な問題となったのです。

結果的に、禁酒法が発布されると同時にワイルドターキーの製造はストップせざるを得なくなりました。

その後、オースティン・ニコラズ社は一時期は食品などの製造を中心に経営をしていましたが、禁酒法解禁がきっかけで再びワイルドターキーの製造が始まったのです。

1980年、再びワイルドターキーが買収される機会が出てきました。

それが、フランスのウイスキー取り扱いメーカーのリカール社による買収です。

さらに2009年にはイタリアのカンパリグループがワイルドターキーのブランドと蒸留所を買収したことにより、現在に至ります。

ワイルドターキーは、ほかの蒸留所に比べて比較的多くの会社の手に渡りながら、現在まで人気を高めていった企業と言えるでしょう。

ワイルドターキーの製造方法

ワイルドターキー(引用:明治屋

ワイルドターキーは、原材料となる穀物やその比率について明確な情報を公開していません。

企業秘密ということでレシピは一般に情報を流していませんが、蒸留所のマスターディステーラーによると、原材料として多く使用しているのは大麦麦芽とライ麦だと言います。

ワイルドターキーでは、バーボンウイスキーにはトウモロコシは合わないと考えています。

なので、アメリカではお酒の原材料として多く使われるトウモロコシをほとんど使用していません。

このライ麦と大麦麦芽をしっかりと加水して乾燥させ、蒸留から熟成までの工程をワイルドターキー蒸留所で行なっています。

蒸留は単式蒸留器を使用したシンプルな蒸留方法となり、熟成にはホワイトオークやミズナラ樽が好んで使われている傾向があります。

また、熟成についてはワイルドターキーは8年〜15年ほどの熟成期間を経るウイスキーを多く取り扱っており、いずれの銘柄も人気が高くなっています。

大麦麦芽とライ麦では、基本的に製造工程は同じになりますが、水を多く含みやすい大麦麦芽に比べて吸水率が低いライ麦は大麦麦芽に比べて加水時間が長くなると言われています。

その分、芯までしっかりと澄んだ水を含んだ穀物が仕上がりますので、味わいはよりマイルドになりライ麦特有のクセなどは薄くなります。

ワイルドターキーのこだわり

ワイルドターキー(引用:明治屋

ワイルドターキーでは、手間のかかる蒸留を二回行います。

2回目の蒸留はクレンジングと呼ばれ、1度目の蒸留されたウイスキー原酒をよりきれいで澄んだものにするために行われます。

1度目はスチームで高熱を出し、気化させることで行います。

2度の蒸留を行うことで、お酒のアルコール度数は平均よりも少し下がります。

しかし、こうすることでワイルドターキーを作り出す大麦麦芽やライ麦の原材料の品質をしっかりと維持することができるのです。

さらに不純物がきれいに取り除かれるためクセやえぐみは全くなく、クリアで澄んだ味わいを楽しむことができるのがワイルドターキーの2度の蒸留の意味になります。

さらに、ワイルドターキーでは熟成の際に多く使用されるアメリカンホワイトオークの樽の内面を焦がすという工程があります。

このように熟成樽に焼きを入れることによって、樽の材質は化学反応を起こしてウイスキーを熟成した際に色や味わいに変化をもたらします。

ただし、ただ焦がせば良いというわけではなく、程よい黄金色と軽やかな香りをつけるためにはワイルドターキーならではの専用の方法でなくてはうまくいくことができません。

ワイルドターキーでは、この繊細な工程を踏むために熟成樽を作り上げる専門の職人も存在します。

このように、原材料やウイスキーづくりの工程に必要な材料にまで手をしっかりとかけているからこそ、ワイルドターキーは今や世界中から愛される飲みやすいウイスキーとしての地位を確立することができているのです。

ワイルドターキーの豆知識

ワイルドターキー

バーボンウイスキーのワイルドターキーは、特徴のある七面鳥のラベルが目印です。 創設者であるトーマス・マッカーシーが狩猟仲間にふるまったことからその名で呼ばれるようになったといいます。

このワイルドターキー、おいしさのキーワードは「コストを度外視したこだわりのレシピ」です。 メーカーサイトによれば一般的には1樽から20ケース作られるところ、15ケース程しか作られていないのだそうです。

コスト面ではかなり割高になっているはずですが、蒸留から樽詰めの過程で低いアルコール度数に抑えることで 味わい深い仕上がりになることを重視しているためその製法にこだわり続けているのだといいます。

ワイルドターキーにはワイルドターキースタンダード、ワイルドターキー8年、ワイルドターキー12年、 ワイルドターキー、13年 ディスティラーズ・リザーブ、ワイルドターキーレアブリード、ワイルドターキーダイヤモンドアニバーサリー、の種類があります。

おなじみのスタンダードはスイーツの風味のような甘さがあり、ワイルドターキー8年はトーマス・マッカー シーが狩猟仲間にふるまったものと同じレシピのものです。

12年物になると深く甘い果実のような香りとスパイシーさを持ち合わせた深みのある味わいが特徴的です。

ワイルドターキー レアブリードはちょっと風変わりともいえるもので、6年もの、8年もの、12年ものの原種をブレンドして水を加えずに瓶詰めしています。 そのため高いアルコール度数になっています。

ダイヤモンドアニバーサリーはさらに熟成した原種によるブレンドで長い熟成を経た深みのある仕上がりです。

ちなみに現在の責任者ジミー・ラッセル氏の勤続60年記念によるアニバーサリーというボトルです。

ワイルドターキーがバーボンウイスキーの中でもこだわりのバーボンであり続けていることが、不動の人気の秘密とも言えそうです。

プレゼントに、おもてなしに、時には自分のために、ワイルドターキーが選ばれるのはバーボンウイスキーづくりへの変わらない思いが人々にも伝わっているからなのでしょう。

世代を越えて愛され続ける人気のバーボンウイスキー、ワイルドターキーは高価買取の人気商品です。

横浜でワイルドターキーの買取を検討するなら当社にご相談ください。

遠方の方なら郵送買取でも受け付けています。

サイトよりフォームで、またはお電話やメールでお気軽にご連絡ください。

ご家庭で保管されたままになっている、眠ったままになっているお酒ありませんか? 場所をとるだけだったお酒も買取ですっきり片付いてご満足いただけると思います。

  • ワイルドターキー 12年 ゴールドラベル

  • ワイルドターキー 12年 ホワイトラベル

  • ワイルドターキー 12年 ビヨンドデュプリケーション

  • ワイルドターキー 14年 トラディション

  • ワイルドターキー 14年 マスターディスティラー

  • ワイルドターキー トリビュート 15年

  • ワイルドターキー 15年 アメリカンスピリット

  • ワイルドターキー 17年 マスターズキープ

  • ワイルドターキー 17年

  • ワイルドターキー ケンタッキーレジェンド

  • ワイルドターキー ライ ホワイトラベル