お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

ヴーヴクリコ買取

ランキング商品名買取価格(10月26日更新)
ヴーヴ・クリコ ラ・グラン・ダームAsk
ヴーヴ・クリコ ヴィンテージ ロゼ775,000円
ヴーヴ・クリコ ロゼ ブリュット2,000円
ヴーヴ・クリコ ブリュット イエローラベル1,500円
ヴーヴ・クリコ ドゥミ・セック2,000円

概要

ヴーヴクリコの創業者のこだわりは?歴史は味わいも!

今回は、ヴーヴクリコの歴史や製造・味のこだわりなどを見ていきましょう。

ヴーヴクリコの歴史

ヴーヴクリコ(引用:MHD

ヴーヴクリコは、フランスのシャンパーニュ地方で生まれました。

シャンパーニュ地方でも有数のシャンパンメーカーが集まるランスという村で、ヴーヴクリコも生まれたのです。

創業は1772年の超老舗で、240年以上もの長い歴史があるシャンパンメーカーですね。

ヴーヴクリコは創業当時から無農薬でのぶどう栽培をコンセプトとしてぶどうの生産、そしてシャンパンづくりにこだわってきました。

そして現在もそのこだわりは健在であり、製法や伝統を重んじているヴーヴクリコは創業当時以来、ずっと同じ味わいを貫き通しているのです。

ヴーヴクリコのシャンパンの特徴は、

  • 思い切りの良さ
  • 予想を上回る味わい
  • 感動を感じることができる伝説的な風味

になります。

この風味は、飲むものを魅了するシャンパンと言われており、一度飲んだら誰もが虜になるとまで言われるほどなのです。

そんなヴーヴクリコですが、ブランドを作り上げたのはなんと女性の当主であるマダム・クリコなのです。

当時、シャンパンメーカーは夫婦で作り上げるブランドも多かったですが当主として名前をあげるのは殆どが男性でした。

そんな中で、女性当主としてここまでブランドを大きくして、そして成功を収めたマダム・クリコは非常にシャンパンに対する愛と知識、そして発想に長けた女性でした。

そんなマダム・クリコの名前をとって、ヴーヴクリコというブランド名が確立したのですね。

マダム・クリコは現在でもフランスではラ・ラングダムと名付けられるほど偉大で歴史を変えた聡明な女性であるとして受け継がれています。

マダム・クリコはヴーヴクリコについて“最高級だけが品質のこだわり”と言っており、品質を守ることは最高級を作り上げようとすれば自ずとついてくる結果だと語っていました。

そのため、どの工程についても手を抜くことは絶対になく、また、いくら需要が上がり利益が期待できるとしても機械による大量生産などには絶対に手を出しませんでした。

マダム・クリコはプライドが高かったようです。

しかし、そのプライドがヴーヴクリコのブランドと品質を守るためには欠かせない要因だったのですね。

現在もほとんどが量産されることなく入手困難だと言われるヴーヴクリコ。

まさにシャンパンの中でも伝説的なブランドと言えるでしょう。

ヴーヴクリコの製造のこだわり

ヴーヴクリコ(引用:MHD

ヴーヴクリコは、前項でも紹介した通り一番のこだわりとして「最高級のみが品質だ」という言葉を掲げた上で現在に至るまでブランドを確立してきました。

そのこだわりに賛同したスタッフが集まったこともあり、現在ではランス地方に3000万本以上と言われるほどのシャンパンを保有することができていると言います。

そして、この蔵でヴーヴクリコは品質の高いシャンパンを作り上げるために発酵、そして熟成までの工程を経ているのです。

長くてしっかりとした期間を経ることで、シャンパンには深い味わいとコクが生まれるのです。

ランス地方は気候が安定していることが多く、気温もシャンパン造りには非常に適していると言います。

だからこそ、ランス地方にはシャンパンメーカーが多く出来上がっているのですが、ヴーヴクリコもランス地方のシャンパンづくりには最高の気候を活かして上質なシャンパンを作っているのです。

ヴーヴクリコの原材料にはピノ・ノワールやピノムニエ、シャルドネを使用しており、それぞれの銘柄によっては最高の黄金比が決められていると言います。

これを適切に守ってバッテイングをすることがヴーヴクリコの味わいを守るための一番のこだわりですね。

ヴーヴクリコの風味

ヴーヴクリコ(引用:MHD

ヴーヴクリコのシャンパンは、全体的に発泡が均一できめ細やかで、さらに黄金色とも言えるこの色合いが見るものを魅了します。

味わいは、

  • さっぱりとしたグレープフルーツなどの柑橘系の味わいがするもの
  • パッションフルーツやトロピカルフルーツのドライフルーツなどのような強い甘みが感じられるもの

など様々あります。

基本的には辛口の印象があるヴーヴクリコですが、口に含むとこれらのフルーティな果実の味わいを感じることができます。

全体的にさっぱりとしたフルーティさが印象的なヴーヴクリコは、フレンチやイタリアンからスパイシー料理に至るまで幅広いジャンルで楽しむことができるシャンパンです。

また、食事はもちろんのことつまみと一緒にゆっくりといただくこともオススメなヴーヴクリコ。

飲む際には、一本を少人数でいただき、チーズやブラックチョコレートなどと一緒にグラスを傾けると、非常に味わい深くさっぱりとしたヴーヴクリコの味わいを全面的に感じることができます。

また、パーティーなどでいただく際には発泡を大切にするためにも封を開けたらすぐにグラスに注いで、みんなで飲みきってしまうことをオススメします。

初めてヴーヴクリコをいただく際には、まずはスタンダードなキュヴェから飲んでみましょう。

ヴーヴクリコの本来の味わいを存分に感じることができますよ。

ヴーヴクリコの豆知識

ヴーヴクリコの銘柄や特徴の紹介!買取価格などについても詳しく!

シャンパンを飲む機会が多い方もそうではない方も、ヴーヴクリコという名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

日本ではドンペリニオンやクリュッグに並んで有名であるヴーヴクリコは今、若い女性から会社のお偉いさんまで好んで飲む、メジャーなブランドとなりました。

飲んだことがあるという方も多いですよね。

しかし、原産地や特徴を知らずに飲んでいたという方もいらっしゃるはず…

そこで、今回はヴーヴクリコの歴史や特徴、味わいから価格についてまで詳しくまとめていきたいと思います。

ヴーヴクリコを飲んでみたいと思っている方は、ぜひ銘柄選びの参考にしてみてくださいね。

ヴーヴクリコとは?

フランスのシャンパーニュ地方にあるランス村というシャンパンづくりとしてはメジャーな土地で無農薬をコンセプトに作られているのが今回紹介するヴーヴクリコです。

1772年の創業以来、240年以上もの長い期間、世間から親しまれているヴーヴクリコは創業以来、変わることのない味わいとこだわりを守り続けています。

思い切りの良い味わいと驚きや感動に溢れるスパークリングは、飲む全てのものを魅了します。

ヴーヴクリコを作り上げたのは女性当主であるマダム・クリコ。

シャンパンのブランドはやはり創業者の名前が付けられることが多いですね。

マダム・クリコはシャンパン文化が盛んなフランスでは今現在でもラ・ラングダムと呼ばれており偉大な女性であることを象徴されています。

マダム・クリコは『最高級だけが品質のこだわり』としており、手を抜いたり大量生産をするために質を落としたりするようなことは絶対に許しませんでした。

そのプライドの高さとこだわりの強さが、現在のヴーヴクリコのブランド性につながっているのですね。

銘柄によっては量産されておらず、簡単には入手できない銘柄あるというヴーヴクリコですが、飲める機会がありましたらぜひ口にしてみたいシャンパンですよね。

ヴーヴ・クリコ ドゥミ・セック

濃緑のスタンダードボトルに詰められているの黄金色に輝くヴーヴ・クリコ ドゥミ・セック。

ベルトのようなシルバーのネックにオレンジのワンポイントがあるラベルが特徴的ですね。

泡立ちは均一で細やかく、グラスにシャンパンを注ぐと細かい泡が立ち上り続けます。

味わいは柑橘系のさっぱりとしたフルーツのような味わいで、甘口でドライフルーツのようなさっぱらとした甘みが感じられます。

ヴーヴクリコは、ランス地方に3000万本以上ものシャンパンを貯蔵しているシャンパン庫を所有しています。

そこでより上質なシャンパンを作り上げるために発酵、熟成をさせているため味わい深くてコクが深くなるのが特徴です。

ランス地方は気候も安定しており、シャンパンを製造するためにはかなり適した場所です。

ヴーヴ・クリコ ドゥミ・セックには、ピノ・ノワールやシャルドネ、ピノムニエなどのぶどうが使われており、これがヴーヴクリコ独自の黄金比でバッティングされています。

食事に合わせる際には、スパイシーな料理やさっぱりとした日本食などに合わせて飲むとより美味しさが感じられますよ。

ヴーヴ・クリコ ドゥミ・セックは現在、3000円程の価格で売られており、買取価格は2000円程となっています。

現在の売価に比べて3分の2の買取査定額はかなり高額ですよね。

それほど、ヴーヴ・クリコ ドゥミ・セックは需要が高く人気があるシャンパンということでしょうね。

ヴーヴ・クリコ ブリュット イエローラベル

ヴーヴクリコというとこのボトルを思い浮かべる方も多いかもしれません。

ヴーヴクリコ特有の濃い緑のスタンダードボトルに色美しいイエローのラベルがあしらわれたこのボトルは、シンプルなデザインながらに華やかさが感じられます。

ヴーヴクリコを作り出しているヴーヴクリコ・ポンサルダン社は、240年以上もの歴史があるヴーヴクリコのシャンパンのこだわりと製法を守り続けてきました。

辛口のヴーヴ・クリコ ブリュット イエローラベルは、爽快感のあるパッションフルーツのフルーティな香りとフルーティなほのかな甘みが特徴です。

視覚、臭覚、味覚で楽しむことができるヴーヴ・クリコ ブリュット イエローラベルは、発泡が強いためグラスに注いだ際に聞こえるパチパチとした音と楽しむことができます。

まさに五感で楽しむことができるヴーヴ・クリコ ブリュット イエローラベルはかなり市場でも需要が高いですが、その分生産量も多いため価格は7千円ほどと割とリーズナブルになっています。

買取価格は市場に出回る本数が多いことから2千円ほどにとどまっておりますので、プレゼントなどでいただく機会があったら売るよりも飲んでみることをおすすめしまふ。

ヴーヴ・クリコ ヴィンテージ ロゼ

ヴーヴクリコの中では人気が高くて女性らしい印象が強いロゼタイプのシャンパンがこちらのヴーヴ・クリコ ヴィンテージ ロゼです。

名前の通り、見た目もピンクや赤を基調としたラベルデザインとなっており、可愛らしさと上品さが感じられます。

一見すると可愛くて乙女チックな印象が強いヴーヴ・クリコ ヴィンテージ ロゼですが、味わいは非常に辛口。

見た目とのギャップに初めて飲む人は驚くことも多いですね。

女性当主がヴーヴクリコの製造を手がけていたこともあることから、ヴーヴ・クリコ ヴィンテージ ロゼは非常に女性から好かれる銘柄になります。

もちろん、味わいは辛口ですがその中に感じるビスケットのようなミルキーかつ野いちごのような味わいは他のシャンパンには感じることができないような味わいです。

香りは華やかで春の花畑のような自然でほのかな蜜の香りがするような印象ですね。

人気が高いヴーヴ・クリコ ヴィンテージ ロゼですが、価格はロゼとしては抑え目な8千円ほどとなっています。

買取価格は2500円程となっています。

ロゼで見た目も可愛らしいこの銘柄は、親しい友人との飲み会の場での乾杯として使っても、かなり場が盛り上がるでしょうね。

ヴーヴ・クリコ ラ・グラン・ダーム

ヴーヴ・クリコ ラ・グラン・ダームは、ブラックボトルに鮮やかなオレンジ色のラベルが特徴的なヴーヴクリコのこだわりが溢れている銘柄です。

ヴーヴクリコの中の8つの伝統的なグランクリュだけを使用して作られているヴーヴ・クリコ ラ・グラン・ダーム。

寒い冬を越すことで甘みが凝縮され、暖かい春がくるとその甘み成分がそのままぶどうの実に集まりました。

ドライフルーツのようなさっぱりとした甘酸っぱさとジンジャーのような甘辛い味わいが特徴的なヴーヴ・クリコ ラ・グラン・ダームは、香りもシャルドネらしいフルーティな香りになっています。

ヴーヴクリコは殆どのぶどうを自社栽培しているため、まさにヴーヴクリコのために作られたようなぶどうを原材料として使っています。

繊細できめ細やかな味わいは、自社栽培のぶどうならではの風味ですね。

現在ヴーヴ・クリコ ラ・グラン・ダームは1万5千円ほどの価格で売られており、品薄状態となっています。

それ故、買取価格も5千円とかなり高額になっており、中古品としての需要も高くなっています。

ーまとめー

以上が、ヴーヴクリコの歴史や特徴、銘柄や価格についての説明になります。

シャンパーニュ地方でも名高いヴーヴクリコのシャンパンは、これほどのこだわりを持って作られているということがわかりましたね。

希少な銘柄もあるヴーヴクリコのシャンパンは機会がありましたらぜひ飲んでみてくださいね。

  • ヴーヴ・クリコ ラ・グラン・ダーム

  • ヴーヴ・クリコ ヴィンテージ ロゼ

  • ヴーヴ・クリコ ブリュット イエローラベル

  • ヴーヴ・クリコ ドゥミ・セック