お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

出羽桜買取

ランキング商品名買取価格(10月26日)
出羽桜 万禮 1800ml2,000円

概要

吟醸酒といえば出羽桜!!

出羽桜というお酒について酒造の歴史と製法、味わいや商品について解説します。

出羽桜とは、どのような特徴を持つ日本酒でしょうか。

このお酒を製造する酒造の歴史と製法、お酒の味わいや商品について詳しく解説します。

みなさんは、日本酒といっても16種類に分類されることをご存じでしょうか。

アルコール添加なしの純米酒として、

  • 純米大吟醸
  • 純米吟醸
  • 特別純米
  • 純米

の4種類。アルコール添加ありの醸造酒として、

  • 大吟醸
  • 吟醸
  • 特別本醸造
  • 本醸造

の4種類。アルコール添加が10%以上の普通酒として、

  • 普通醸造
  • 増醸

の2種類。

さらに火入れのタイミングと火入れの有無により、

  • 生貯蔵
  • 生詰め

の3種類。そして最後に貯蔵期間で

  • 新酒
  • 古酒
  • 長期貯蔵酒

の3種類に分類されます。

この種類の中で、吟醸とつく日本酒を吟醸酒と表現しますが、今回ご紹介するお酒は、この吟醸酒のファンであれば知らない人はいないという超有名酒である『出羽桜』です。

有名酒である『出羽桜』とはどのようなお酒でここまで有名となったのでしょうか。

それを知るためにまずは、出羽桜を製造する「出羽桜酒造」について紐解いていきましょう。

出羽桜酒造の歴史

出羽桜酒造(引用:出羽桜酒造株式会社

出羽桜酒造の始まりは、1855年に仲野清五郎が酒造業を始めたことです。

ここから23年後の1892年に「仲野酒造」という名前で創業します。

正式に創業してからの歴史は、120年を超える歴史を持つ山形県天童市に蔵を置く蔵元です。

創業当時は、「白梅」という日本酒を主力商品として製造し、「出羽桜」は一部の高級酒のみに使用していました。

創業時は地元向けに製造をおこなっていましたが、販路拡大をおこなうにつれ「白梅」という日本酒の銘柄が多く存在していた事から「出羽桜」の名に統一していきました。

1970年に会社名を現在の「出羽桜酒造」へ変更します。

その後山形市内に低温貯蔵蔵を完成させ、1982年には生酒や長期熟成酒(3年以上の貯蔵期間)を販売し始めます。

1991年には氷温貯蔵蔵を完成、1996年には日本酒業界初「脱酸素装置」を導入します。

その後も着々と新たな氷温貯蔵蔵や冷温貯蔵蔵を完成させるなど精力的に酒造りの環境を整えていきました。

さらに、出羽桜酒造は、昭和61年より出羽桜研修生という研修制度を始め、全国の蔵元より集まり、本酒造りの研修を行うのです。

このように出羽桜酒造は、日本酒業界へも貢献している蔵元なのです。

酒造りへの惜しみない投資と、日本酒業界への貢献をおこなってきた出羽桜酒造が作り出す『出羽桜』とはどのように製造されているでしょうか。

出羽桜酒造の製造とこだわり

出羽桜の製造工程の中で特徴的なのは、

  • 杜氏と蔵人の熟練された技と蓄積されたデータ
  • 最新技術による機械の導入の融合

です。洗米は人の目と手で気温・水温・米質の条件を確認し秒単位で吸水率を管理します。

工程が進むと、貯蔵の段階で全国初導入の「脱酸素装置」を使用します。

この「脱酸素装置」によって酒の中にある酸素を排除することで、マイナス5度の環境下での貯蔵期間に酒の酸化を防ぎ、品質の高いお酒が出来上がるのです。

さらに、出羽桜酒造は、輸送に関するこだわりも持っています。

出羽桜の生酒をはじめとした出羽桜酒造が製造している

  • 生酒
  • おり酒
  • にごり酒

これらは、品質管理を徹底しています。

温度管理をしっかりと行うことで最高の状態で消費者の元へ届けることができるのです。

そのため、輸送時の温度管理のために、出荷用の段ボールを製紙会社と共同開発した「出羽桜クール段ボール」を使い輸送時の湿度・鮮度を管理しているのです。

輸送時まで管理を徹底してはこばれる出羽桜は、いったいどのような味わいなのでしょうか。

出羽桜の味わい

出羽桜は、山形県で製造されているお酒です。

味わいは、山形名産の洋ナシのようなさわやかであまみのあるフルーティな香りに、やわらかで優しい口当たり。

旨みが口の中で膨張することで、しっかりと味わうことができ、辛口で淡麗なキレのよさが特徴のお酒です。

そんな出羽桜の味わいは、日本人の舌を喜ばせる味わいといえます。

出羽桜商品

では、出羽桜の中のいくつかの商品を紹介しましょう。

『出羽桜 大吟醸 三十年氷点下熟成酒』

出羽桜 大吟醸 三十年氷点下熟成酒(引用:山形の地酒専門店 木川屋

超希少な「出羽桜 大吟醸 三十年氷点下熟成酒」は、販売数わずか30本という販売がおこなわれたお酒です。

なんと氷点下での熟成を30年間も行ったという長期熟成酒は、現在手に入れるためには中古市場での入手しか方法がないもはや幻のお酒です。

『出羽桜 純米大吟醸 愛山』

出羽桜 純米大吟醸 愛山(引用:出羽桜酒造株式会社

幻の酒米使用の「出羽桜 純米大吟醸 愛山」は、年1タンクのみという限定生産のお酒です。

米の甘みとうま味をしっかりと感じ、余韻までも長く酔いしれることができるお酒です。

5回もの受賞歴をもつ世界に認められたお酒の一つです。

『出羽桜 雪女神 三割五分』

出羽桜 雪女神 三割五分(引用:出羽桜酒造株式会社

35%まで酒米を磨き上げた「出羽桜 雪女神 三割五分」は、大吟醸の頂点を見据えたお酒です。

出羽桜のフルーティな香りと透明感を持ち、出羽桜の中では甘く濃厚な味わいが特徴です。

まとめ

出羽桜は、長い歴史の中で常に酒造りへの惜しみない投資と研究、そして日本酒への愛着から生まれたお酒です。

完璧な管理の中で製造・熟成された出羽桜は、吟醸酒ファンをうならせる最高のお酒なのです。

  • 出羽桜 万禮 1800ml