お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
日本酒買取

十四代

概要

十四代の奇跡の軌跡。

十四代を製造する酒造所の歴史や製法、味について解説します。

十四代を生み出す酒造所はどのような歴史を持った酒造でしょうか。

ここから生まれる十四代の製法や味と合わせて詳しく解説します。

日本酒は日本を代表するお酒です。

そんな日本酒の中でも入手困難、高級酒など大人気な日本酒もいくつかあります。

そんな中で、今回ご紹介するお酒は『十四代』です。

このお酒について紐解いていきましょう。

十四代を生んだ高木酒造所の歴史

この投稿をInstagramで見る

Dining Bar 和inさん(@kakio_wain)がシェアした投稿

酒造所は、山形県村山市に蔵を置く高木酒造所です。

1615年創業の400年以上の歴史を持つ酒造所です。

地元山形では、「朝日鷹」という日本酒の銘柄が有名な酒造所でした。

十五代目が当主となる前の高木酒造は、山形県でも有数の老舗酒造所でしたが、生産は少なく、地元を中心として朝日鷹を中心に取り扱っていました。

実は、高木酒造は400年以上の歴史がありますが、詳しい歴史は知られていません。

それは、高木酒造が自社のホームページを持っていないからなのです。

そのため、会社の詳しい歴史や製法、いまや一般的となりつつあるネット予約・注文・販売といったことも行っていないのです。

そんな高木酒造は、現在15代目当主高木 顕統氏が当主兼杜氏を行っています。

十五代目当主高木 顕統氏は、東京農業大学の醸造科を卒業後、都内老舗百貨店で日本酒のバイヤーをおこなっていました。

しかし、実家に帰ったことをきっかけに蔵での日本酒作りをスタートさせるという経歴の持ち主です。

十五代目当主は、まさに天才杜氏であり、経営者としても天才的な才能の持ち主であるといえます。

なぜならば、日本酒造りにあたり、

  • 東京農業大学時代の恩師である穂坂賢教授
  • 山形県工業技術センターの小関敏彦主任専門研究員

に電話し、助言や指導をしてもらいながら試行錯誤の酒造りを行い、その翌年には今私たちが知っている十四代を完成させたからです。

さらに十五代目は、経営戦略として、

十四代の販売先を首都圏の東京に絞り、保管方法がしっかりしている店など自身の目で確かめ納得した場所にのみ卸す

という徹底した管理をおこなった販売方法を取りました。

その結果、全国的大人気・幻と呼ばれる日本酒となったのです。

では、そんな十四代の背景を見てみましょう。

十四代とは

十四代を商標登録したのは、十四代目当主であった高木 辰五郎氏です。

当時の十四代は、特別な古酒にその名をつけて使用していたそうです。

しかし、その後十五代目当主高木 顕統氏に代替わりした後に十五代目が初めて手掛けた日本酒に「十四代」とつけ発売することとなりました。

実は商標登録は、十四代などの数字は商標登録の規定で登録は不可能です。

しかし、十四代は登録することができました。

なぜこの十四代が登録されたのかは、不明です。

しかし、一説には「トシヨ」という読みと勘違いし登録されたのではないかという説がありますが確実な話ではありません。

いずれにせよ、奇跡的に登録されたことには間違いないのです。

そんな『十四代』が販売された平成6年頃は、日本列島は日本酒ブームが起こっていました。

この当時の日本酒は、辛口淡麗という味わいがブームをひっぱっていました。

しかし、高木酒造はこのブームに逆行する芳醇旨口のお酒『十四代』を発売しました。

十四代を発売した時期は、日本列島が辛口淡麗の日本酒に飽きてブームが落ち着いてきた時期でもありました。

そこにまるで違う味の十四代が登場したことで瞬く間に日本中を虜にしたのです。

そして一気に全国区の知名度となり、皆がこぞって十四代を求めました。

十四代が人気となって以降の日本酒は芳醇旨口が広く販売されるようになり、十四代が芳醇旨口日本酒の人気の火付け役であり、先頭を走る日本酒となったのです。

十四代の味わい

奇跡の登録と、天才十五代目の力によって完成された『十四代』はどのような味がするのでしょうか。

十四代の味を表す特徴は、芳醇旨口とあらわされます。

  • フルーティな味わい
  • 甘さとキレの抜群なバランス

が十四代の特徴です。

十四代の商品と味わい

十四代の特徴的な味わいは上記で記しましたが、十四代の中でもそれぞれ商品ごとに味の特徴などがあります。

ここでは、十四代の商品をいくつか紹介しましょう。

『十四代 龍月』

十四代 龍月(引用:Amazon

十四代の中でも最高峰の純米大吟醸である「十四代 龍月」です。

このお酒は、酒造適合米の最高峰である兵庫県特A地区の山田錦を使用し、さらにこの酒造適合米を40%まで精白したお酒です。

低温での熟成と、丁寧な搾りで作られたお酒を斗瓶で0度以下での熟成をおこなう手の込んだ作りで出来上がります。

花のような華やかさを持つ香りと、柔らかい口当たりが特徴で、十四代特有の甘さとフルーティ感をしっかりと残した逸品です。

『十四代 龍の落とし子』

十四代 龍の落とし子(引用:Amazon

高木酒造が生んだ酒造適合米である「龍の落とし子」を使用した『十四代 龍の落とし子』。

高木酒造が交配を重ねて研究し、18年もの時間をかけて作り上げた酒造適合米を使用したお酒です。

このお酒の特徴は、フレッシュさが特に若々しく感じることができます。

後味がすっきりとキレが良く、香りはほんのりと優しく香るフルーティさ、お米の味をしっかりと感じることができます。

『十四代 七垂二十貫』

十四代 七垂二十貫(引用:Amazon

最後に十四代でもまさに幻のお酒である「十四代 七垂二十貫」です。

このお酒はまさに幻の最高級純米大吟醸です。

7月と10月の季節限定・数量限定の商品であるため、まさに手に入れることが困難な逸品です。

味わいは、十四代の極みといえる芳醇旨口です。

20貫の米から7滴のお酒しか取れないという意味からついた「七垂二十貫」という名前は、それほど貴重なお酒であることを意味しています。

まとめ

十四代は、奇跡的に商標登録された名前で、天才十五代目当主によって新たに造りあげられた日本酒です。

発売当時には珍しい芳醇旨口という味わいと十五代目の販売戦略が一気に全国区へと押し上げられました。

今や幻といわれるほど入手困難で、買取市場では高価買取必須の高級酒となった十四代ですが、奇跡的に出会えたら一度は味わいたいお酒の一つです。

十四代の豆知識

最高級の日本酒「十四代」について徹底解説!魅力から入手方法についても!
最高級の日本酒「十四代」について徹底解説!魅力から入手方法についても!

みなさんは最高級な日本酒とよばれている「十四代」についてご存じでしょうか?人気のある日本酒なので、耳にしたことある方がほとんどだと思います。ではそんな十四代はどんな味わいなのか、まだ口にしたことない人はきっと気になるはずです。今回はそんな人気の高い十四代について魅力から入手方法についてご紹介していきます。

十四代ってどんな味わいなの?

十四代はフルーティーで甘味がある日本酒

十四代が造られた当初は、日本酒業界では少し辛口の味わいが流行っていたのですが、その流行りに全く見向きもせずに、フルーティーで甘味のある日本酒が登場したのが十四代です。お酒好きの人にとっては思いもしないその質の高い味わいから、日本酒ファンをどんどん魅了していったのです。
穏やかな香りとまろやさな甘味が見事にマッチしていて、その味わいからたちまち大ブレイクするようになります。それ以来はどのお店でも十四代を取り扱うようになったようです。そんなことから、山形県のプレミアム日本酒として人気があるお酒です。

十四代の歴史について

十四代を造っている高木酒造は老舗酒蔵

十四代を造っているのは高木酒造という酒蔵で、山形県村山市に位置する酒蔵です。1615年に創業し人里から離れた土地で冬には深い雪に覆われてしまうほど、老舗酒蔵です。元々は朝日鷹という銘柄で地元には人気があり、現在でも地元にいけば朝日鷹を置いているところがほとんどです。高木酒造は何度も金賞を受賞しており、その裏側には決して手を抜かず日本酒造りにこだわりぬいているからこそ、人気の日本酒があるのでしょう。

十四代は15代目総務が名付けた

十四代は高木酒造の15代目総務が名付けたといわれています。名前を商標登録する際に十四代だけでなく、全ての言葉を特許申請しており、当時数字は特許申請が通りません。しかしなぜか十四代のみが申請を通過することができたことから、この名前になったという話があるのです。

十四代には種類がある!代表的な品種とそれぞれの魅力についても

十四代にはいくつか種類があります。これからその種類それぞれについて解説していきたいと思います。

十四代 本丸 秘伝玉返し

こちらのお酒は、自社で製造している粕取り焼酎をを使ってアルコールをプラスしているお酒です。見た目も十四代の文字が光の反射で輝いてとても高級感のあるラベルとなっています。ただ単に飾りだけでなく、暗いところに保管しておいたときにすぐに発見できるようにと目立つ金色を使っているようです。1800ミリリットルと大容量であるため、プレゼントとしてもおすすめの日本酒です。
またこちらのお酒は、フルーティーさがほのかに感じられる味わいで、爽やかなのど越しがとても魅力的です。クセもそれほどないため、みんなで楽しめるお酒でもあります。

十四代 純米大吟醸 龍泉

こちらのお酒は、独特な形をした瓶に箱が真っ赤なところが特徴です。ラベルも独特な形で、瓶に沿ったデザインとなっています。丸みのあるあまり一般的な日本酒にはないようなラベルですが、現在ではシンプルなデザインも登場しているようです。
こちらのお酒は、見た目と違ってバニラのような甘い香りや柔らかい甘味のある味わいです。十四代シリーズの中でも最高峰とも言われるほど、日本酒ファンにとっては人気のお酒でもあります。とはいっても、品質が古いものもあるので、飲むときにはそこだけ注意してくださいね。

十四代 純米吟醸 龍の落とし子

こちらのお酒は、高木酒造のオリジナルのお酒です。高木酒造の十四代目が開発した日本酒でもあり、山酒4号と美山綿を組み合わせて造られたようです。
お米を元にして日本酒専用に造っています。そのため、お米そのものの味をしっかりと感じることができますし、ほのかにフルーティーな香りも楽しめます。どっしりというよりは、どちらかというと軽いすっきりとした飲み口となっているので、おつまみと一緒に楽しめるお酒です。

十四代 純米大吟醸 龍月

こちらのお酒は、山田綿を使って造られた日本酒です。低い温度でゆっくりと熟成しており、発酵後は丁寧にお酒を絞って斗壜にいれてさらに熟成されるのです。そのため手間隙かけて作られているお酒だからこそ、最高級の純米大吟醸と言われており十四代シリーズの中でも貴重な限定のお酒なのです。
そんな最高級だからこそ、華やかな香りが立ち上がり、口当たりも滑らかなのが特徴です。高級感あふれる味わいですが、とても飲みやすくゆっくりと楽しみたいお酒です。

十四代を定価で購入するには?

十四代は定価でもある程度の値段がするものがほとんどです。さらに人気が高いにも生産量も少ないことから市場価値が高いのです。そのため、定価で購入したい人がとても多く、定価で手にいれるには非常に難しいとも言われているのです。とはいっても、そんな高額の値段で購入できないという人は、ぜひとも定価で手にいれたいところですよね。ではそんな定価で購入する方法について2点ご紹介します。

提携している酒販店に行く

直接蔵元に訪ねた方が早いのでは?と思う方もいるとは思いますが、ほとんどはお酒を卸すお店が決まっているため、提携している酒販店に訪ねるほうが一番手っ取り早いといえるのです。とはいっても、出荷時期を確認してお店に訪れたとしても、十四代はとても人気が高いことから常連の人や得意先に売ってしまい、訪れたときには手に入らなかったということもあるようです。そのため簡単には手に入らないことを理解しておき、それまでにそのお店の店主と仲良くなっていくなどの対策をとっておくと良いかもしれませんね。

抽選会へ参加する

酒屋の店頭で抽選会を定期的に行っているところもありますし、または時期によってイベントとして抽選販売しているところもあります。そのお店によっては抽選へ参加する方法が異なってくるため、そのお店の応募方法などを事前にチェックしておくのが大切です。抽選なので当たる確率は低いかもしれませんが、当選すれば定価で購入することができるのでこれも手に入れるひとつの方法といえるでしょう。

十四代は実はたくさんの種類があった

十四代には、今回ご紹介した種類の他にも種類があり、全部で27種類とかなり多いのです。そのうえ、生産量もとても少なく貴重な日本酒であることから幻の日本酒ともいわれています。種類がたくさんあるため、種類の中でランク分けができるほどなんだとか。これだけ種類が多いとさまざまな銘柄の十四代を飲み比べしたくなりますよね。

十四代のおいしい飲み方とは?

十四代はあまりクセが強くないことから、さまざまな飲み方で楽しめるお酒でもあるんですね。お湯割りなど定番の飲み方はもちろんのこと、暖かい紅茶やお茶で割ったり、またはレモンやライムをいれて爽やかさをプラスしたりすることもできます。さらには熱燗にしたり、炭酸をいれてハイボールのようにすればシャンパンのような味わいを楽しめるんです。もちろん水割りやロックでの飲み方は、十四代ならではの香りや旨味をたっぷりと堪能することができます。クセが強くないのでカクテルなどのベースとしても美味しく飲むことができますよ。

まとめ

いかがでしたか?今回は十四代についてご紹介しました。十四代は、なかなか手に入れることができない日本酒であることから、幻の日本酒ともいわれています。日本酒ファンだけでなく、お酒好きな人にとっては是非一度は口にしたいものですよね。しかしなかなか市場価格がある程度の値段となっているので、なかなか手を出せない人もいるでしょう。そんなときは、今回ご紹介した定価で手に入れる方法を是非試してみてくださいね。おいしい日本酒で有意義なひとときを過ごしてみてください。

十四代 本丸 角新 生酒 秘伝玉返しの特徴と高価買取は?
十四代 本丸 角新 生酒 秘伝玉返しとはどのような特徴のお酒なのか、高価買取はされているのか解説します。

十四代 本丸 角新 生酒 秘伝玉返しは、期間限定酒の一つです。このお酒の特徴とはどんなものなのか、高価買取はされているのかを簡単に解説していきます。

十四代というお酒は山形県の高木酒造所が製造している日本酒最高峰のお酒です。十四代にはさまざまな種類とシリーズが存在していますが、どれもなかなか手にいれることができない貴重なお酒です。

 

このお酒の特徴は、旨口といわれるものです。甘くフルーティな味わいと香りが多くのファンを獲得する味となっています。

 

十四代のシリーズの中で、角新シリーズというものがあります。これは、新酒を意味しており、例年12月に限定販売されるものです。

 

この角新シリーズの中で本丸 角新 生酒 秘伝玉返しとはどのようなお酒でしょうか。

 

■十四代本丸 角新 生酒 秘伝玉返し

このお酒の特徴は、生酒ということでしょう。これは、文字通り生のお酒ということです。加熱処理をしていないため、若々しさを感じるお酒となっています。

 

メロンのような若さがあるフルーティな香りと吟醸酒のような芳醇さのあるお酒です。十四代の特徴である甘さもしっかりとあり飲みやすいお酒となっています。

 

このお酒は、高価買取されるのでしょうか。

 

■高価買取について

高価買取はされているお酒です。このお酒は、12月の限定販売であり、通常でも入手が困難な十四代の中でさらに限定となると非常に貴重なものとなります。

 

中古市場でも本数が少なく、かつ生酒であるため長期保存が向かないお酒となるので、出回る本数がきわめて少なくなり高価買取されるのです。

 

買取を希望されている方は、早めの買取査定をおこなうことをおすすめします。その際は、より高価買取となるお酒買取専門店のリンクサスでの査定が良いでしょう。予想以上の高価買取となるはずですよ。

十四代の人気の出発はこれ!本丸 秘伝玉返し!
十四代 本丸 秘伝玉返しとはどのようなお酒か、高価買取されるのか解説します。

 

十四代が大人気となったきっかけとこの本丸 秘伝玉返しのお酒について簡単にわかりやすく解説していきます。

十四代という日本酒は、日本酒の中でも最高級な日本酒の一つです。このお酒が、爆発的人気になったのは、日本酒の味が辛口淡麗というのが主流であった時代に革命を起こした95年といわれています。

 

この時期は、日本酒ブームは落ちつきだし市民の間で飽きが出始めたころで、十四代というお酒が安い価格で価格以上のおいしさを出していると話題になり人気に火が付いたのです。

 

その当時発売されたのが、十四代 本丸 秘伝玉返しというお酒でした。このお酒の味の特徴は、甘く旨口で香りがフルーティなお酒です。甘いのに後味はすっきりとしており、すいすいといくらでも飲めてしまうというお酒です。

 

このお酒は本醸造酒という部類になり、アルコール添加がされているお酒です。しかし、アルコールが添加されているとはおもえないほどの芳醇さを兼ね備えていたことからコスパが最強なうまい酒だと人気になったのです。

 

このお酒が十四代の人気のスタートとなったことから、高価買取は必須なお酒といえます。より高価買取を求めるのであれば、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取の専門店での買取をおすすめします。専門店にしかできない高価買取に満足できるはずですよ。

十四代 荒走り 本生 おりからみ 角新の特徴と買取とは?
十四代 荒走り 本生 おりからみ 角新の特徴と高価買取について解説します。

十四代 荒走り 本生 おりからみ 角新とは、どのような特徴のあるお酒なのでしょうか。高価買取の状況とあわせて解説します。

みなさんは、日本酒の製造方法を知っていますか?日本酒には、さまざまな製造工程があり、その工程に合わせて日本酒の種類の名前が付きます。

 

最近は、機械での搾りなどもあり製造量も大量に製造できるようになりました。しかし、日本酒ファンの中では昔ながらの製法で作られる日本酒を愛する方も多くいます。

 

では、今回紹介するお酒の荒走り 本生 おりからみ 角新とはどのような製法で作られ、特徴のあるお酒でしょうか。

 

■荒走り 本生 おりからみ 角新

まず、この角新とは新酒という意味です。さらに、おりからみとは、おりを濾過せずに残した状態で詰められたもので、白く濁ったお酒となります。

 

そして、このお酒のポイントは荒走りということです。これは、槽をもちいた搾りの製法で最初に落ちてくるお酒のことをあらわします。

 

簡単に言うと一番搾りということですね。日本酒の一番搾りは、微炭酸ですっきりとした味わいが特徴の日本酒となります。

 

十四代荒走り 本生 おりからみ 角新は十四代の特徴である甘さを持ちながら、微炭酸で若々しいメロンのようなフルーティな香りと味わいをほのかに感じることができます。

 

本生となりますので、繊細で長期保存はできず、冷蔵での保管が必要な日本酒です。では、このお酒は高価買取されるでしょうか。

 

■高価買取について

このお酒は高価買取されます。冬の限定で販売され、保存期間も短いため、市場に出回ることが少なく入手も困難なことから、高価買取されやすいのです。

買取を希望されている方は賞味期限が早いお酒となりますので、買取査定は早めに行うのがいいです。

 

お酒買取専門店のリンクサスでは、このような賞味期限の短いお酒もきちんと評価し買取を行っています。専門店だからできる買取価格がありますので、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

十四代 吟撰 吟醸のお酒の特徴と高価買取は?
十四代 吟撰 吟醸とはどのような特徴をもつお酒か、高価買取とあわせて解説します。

十四代の中の吟撰 吟醸というお酒の特徴と味わいはどのようなものか、高価買取はされているのかを簡単に解説します。

日本酒は、冬熱燗で飲むもよし、夏に冷でのむもよし、常温で飲むもよしで日本の四季や気候に合わせて飲み方もかえられるお酒ですね。日本酒は、夏に販売されるもの、冬に新酒として販売されるものなど気絶ごとに販売されるシリーズがあります。

 

さらに日本酒は温度によっても味が少しずつ変化し、開封直後と開封後少したってから飲むのとでも味の変化がある繊細なお酒ともいえます。

 

そんなの本酒の中でも人気の高い十四代ですが、ここからは吟撰 吟醸についてみていきましょう。

 

■十四代 吟撰 吟醸

このお酒は、夏むけのお酒といえます。さっぱりとした飲み心地で、十四代の甘みとフルーティ感はあるものの、軽い口当たりと味わいで十四代の中ではさっぱりとしたものです。 

このような味から夏向けの日本酒となっているのでしょう。吟醸とはアルコール添加がされている日本酒の種類を表しており、軽さとキレの良さが特徴です。

ではこのお酒の高価買取はされるでしょうか。 

■高価買取について

このお酒は、高価買取されているものです。十四代の希少性とファンの多さが中古市場での需要の多さにつながり、買取も高価買取となっているのです。

 

十四代は様々なシリーズがあるため、飲み比べをしたい愛好家も多いです。高価買取を狙っている方は、買取査定先を選択するのも重要です。お酒買取専門店のリンクサスでは、お酒買取の専門店ならではの買取価格を提示することができます。買取をお考えの方は一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

十四代 別撰 播州山田錦は特別なお酒!!高価買取!!
十四代 別撰 播州山田錦の特徴と高価買取について解説します。

十四代 別撰 播州山田錦は特別なお酒です。何が特別なのか、このお酒の特徴と高価買取から簡単に解説します。

みなさんは、十四代のシリーズで何種類くらい飲んだことがありますか?このお酒の入手は難しく個人で入手し1本を自宅で飲み比べるなどは難しいでしょう。

日本酒専門店や日本酒の種類が多い飲食店でその日にであった十四代を飲めるという程度の確率でしょう。

 

この希少性から中古市場でも高値取引が絶えないお酒です。そんなお酒のシリーズの中で、別撰 播州山田錦とはどのようなお酒でしょうか。

 

■十四代 別撰 播州山田錦

このお酒は、名前にあるように『別撰』つまり特別な製法もしくは特別なお米で作られたお酒にのみ記載が許される表記が記されています。

 

ここでは、山田錦という酒米を使用しています。このお米は、三大酒米の一つで大変貴重で素晴らしいお米です。このお米は日本酒造りの世界ではなくてはならないお米といえるでしょう。

 

この特別なお米で製造された十四代は、特徴的な旨口の甘さと強いフルーティな香りが際立つお酒です。十四代 別撰 播州山田錦は特別なお酒であるため、非常に入手に困難を極めるものの一つです。

 

では、そんなお酒の高価買取はされるのでしょうか。

 

■高価買取について

高価買取はされているお酒です。上記で記した通り入手が極めて難しく、中古市場へ出回る数も少ないのです。そのため、買取は高価買取がされており、このお酒をお持ちの方はチャンスです。査定には、お酒買取の専門店がおすすめです。お酒買取専門店のリンクサスであれば、豊富な知識と買取実績から、より高価買取が期待できます。

 

一度査定に出して査定額に驚き買取してもらっちゃいましょう。

十四代 槽垂れ おりからみってどんなお酒?
十四代 槽垂れ おりからみの特徴と高価買取について解説します。

十四代 槽垂れ おりからみとは、どのような製法でつくられたお酒でしょうか。味と買取を合わせて解説します。

みなさんはどのような時に日本酒を飲まれますか?日本酒は、晩酌や居酒屋などの新色店、祝いの席、正月などの特別な祝日など多岐にわたって飲まれているお酒です。

そんな日本酒ですが、種類も豊富で手軽に飲めるものから入手すら困難な希少な日本酒まで様々です。その中でも十四代という日本酒は、入手困難な物の一つになります。

さらに十四代にはシリーズがあります。十四代 槽垂れ おりからみとはどのようなお酒か見ていきましょう。

 

■十四代 槽垂れ おりからみ

このお酒は、おりがらみというお酒の種類になります。もろみを絞っておいておくと下におりというものが沈殿します。このおりを取り除いたものが一般的な澄んだ日本酒です。このおりを残した状態がおりからみという日本酒となります。

 

おりからみはおりが残った状態のため、少し白く濁ったお酒となります。さらに、槽垂れという製法で抽出された十四代は、直接瓶に詰められています。

 

味の特徴として、おりが残っているためお米のうまみを感じることができるお酒です。十四代特有の旨口で甘さを感じることができ、口当たりの柔らかさとフルーティな香りに酔いしれることができます。

 

■高価買取

このお酒は高価買取されるお酒です。十四代の希少性は日本酒の中でも有名です。中古市場でも多くの需要があるため、買取は高額となるのです。

 

買取査定でより高価買取を目指す方は、お酒買取専門店のリンクサスをおすすめします。買取専門店ならではの買取価格に満足するはずです。まずは一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

十四代 槽垂れ 原酒ってどんな味?高価買取されるお酒?
十四代 槽垂れ 原酒とはどんなお酒で高価買取されるお酒であるかを解説します。

十四代 槽垂れ 原酒とは、どのような特徴があるお酒でしょうか。このお酒の貴重性と高価買取について解説します。

日本酒にはさまざまな味や香りを楽しむことができる日本を代表するお酒です。日本のお米をつかって各酒造所が製造する日本酒は、個々の個性があり味の好みに合わせてファンも多く存在しています。

そんな日本酒の中でも、十四代は甘く旨口で人気を博したお酒です。女性にも飲みやすく、香りがフルーティであることから多くの支持者がいます。しかし、製造数、販売店舗数ともに限られており入手は困難を極めます。

 

そんな十四代のシリーズのうち槽垂れ 原酒とはどのようなお酒でしょうか。

 

■十四代 槽垂れ 原酒

このお酒の特徴は原酒ということです。原酒とは、通常加水してアルコール度数を15度前後に調整するものをしない状態のお酒を言います。

 

このお酒は、槽垂れという製法で作られており、槽から自然に垂れた原酒をそのまま瓶詰めする製法という特徴があります。

 

お酒の味の特徴は、十四代の中では珍しいピリリとした味わいが特徴です。しかし、十四代の特徴でもあるフルーティさもあり、原酒であるからこその若さを感じるお酒です。

 

では、このお酒は高価買取されるでしょうか。

 

■高価買取

このお酒は高価買取されます。しかし、槽垂れ原酒は、生酒となるため、長期保存には向きません。そのため、買取をお考えの方は早めにおこなうことをお勧めします。

 

お酒買取専門店のリンクサスでは、お酒買取の専門店ならではの知識と買取実績から買取価格に満足できるはずです。

 

買取をお考えの方は、高価買取を狙って早めに買取査定をおこないましょう。

十四代 純米 中取り 無濾過 角新 本生ってどんなお酒!?高価買取?
十四代 純米 中取り 無濾過 角新 本生ってどんな特徴があるお酒か高価買取と解説します。

十四代 純米 中取り 無濾過 角新 本生とはどのような製法でつくられたお酒でしょうか。希少性と高価買取について簡単に解説します。

十四代は世界中にファンを持つ日本酒の一つです。過去に、辛口が主流であった日本酒ブームの中で突如として旨口という甘さを前面に出した日本酒を発売した高木酒造の世の中の流れを読む力に脱帽してしまいます。

 

この旨口の十四代は、日本酒にはファンとして少なかった女性やお酒が強くないかたをも虜にする甘さとうまさを持っています。そんな十四代は様々なシリーズがありますが、その中で十四代 純米 中取り 無濾過 角新 本生というお酒はどのような特徴を持ったお酒か見ていきましょう。

 

■十四代 純米 中取り 無濾過 角新 本生

このお酒は、角新と書いてありこれは新酒を表します。つまり、期間限定商品ということになります。

 

そして特徴的なのが、無濾過ということです。日本酒の生産過程の中にオリを除去するために濾過をおこなう過程がありますが、これをおこなっていない状態を無濾過と呼びます。この工程をおこなわないことでフレッシュさを味わえるお酒となります。

 

この十四代 純米 中取り 無濾過 角新 本生の味は、メロンやリンゴを思わせるようなフレッシュさを感じることができます。甘みがありながらさっぱりとした後味であり最後にほのかな渋みを感じるというバランスがとれた最高なお酒といえます。

 

■高価買取

このお酒の高価買取は期待できます。なぜならば、十四代自体が入手困難であるにもっ変わらず、さらに限定商品であること、生酒であることで消費されてしまいやすいということから中古市場へ出回ることが少ないからです。

 

さらに高価買取を目指すためには、お酒買取専門店のリンクサスでの買取をお勧めします。専門店ならではの高価買取が期待できるため、買取を考えている方は一度査定に出してみるのが良いでしょう。

十四代 純米吟醸 白鶴錦ってどんなお酒?
十四代 純米吟醸 白鶴錦の特徴と高価買取について解説します。

十四代 純米吟醸 白鶴錦とはどのようなお米から作られどのような味がするのでしょうか。また、高価買取されるお酒なのでしょうか。簡単に解説していきます。

みなさんは、白鶴酒造をご存じでしょうか。この酒造会社が開発した酒米が白鶴錦なのです。

 

この白鶴錦は、山田錦という酒米の兄弟とでもいいましょうか。この白鶴錦は2007年に誕生しておりまだまだ若い品種ではあります。

 

そんな貴重な酒米を使って製造された十四代 純米吟醸 白鶴錦とはどのようなお酒なのか見てきましょう。

 

■十四代 純米吟醸 白鶴錦

このお酒の特徴は、山田錦使用のお酒のように均整のとれたお酒です。十四代といえば旨口で甘さが特徴となっていますが、この十四代白鶴錦は甘み・うま味・渋味がきれいに口の中で流れるように襲ってくるお酒です。

 

さらに生詰という製法で生産販売されているため、冷蔵庫での保存が必要で長期保存には向かないお酒となっています。

 

ではこのお酒の買取を見ていきましょう。

 

■高価買取

このお酒は高価買取されます。長期保存ができないため消費されやすく、入手も困難なため中古市場での販売数も少なく需要が多いため高価買取となるのです。

 

しかし、上記で述べたように長期保存が向かないお酒です。そのため、買取は早めにおこなう必要があります。そんな時は、お酒買取専門店のリンクサスがおすすめです。買取専門店ならではの迅速対応と適正な買取価格の提供で高価買取となり満足することでしょう。

 

十四代 純米吟醸 白鶴錦を飲まないということであれば買取をしてこずかいに変えてしまいましょう。

十四代 純米吟醸 槽垂れ 角新 本生ってどんなお酒?
十四代 純米吟醸 槽垂れ 角新 本生の特徴と高価買取について解説します。

十四代 純米吟醸 槽垂れ 角新 本生は製造過程に特徴があるお酒です。その製造の特徴と高価買取を簡単に解説します。

十四代といえば多くのファンがいる人気日本酒の一つですね。そんな十四代には多くのシリーズがあります。

 

シリーズはいくつかありますが、どれも生産数が少なく入手は困難を極めます。そんな貴重な十四代の中の純米吟醸 槽垂れ 角新 本生とはどのようなお酒でしょうか。

■十四代 純米吟醸 槽垂れ 角新 本生

このお酒をみる上で重要なのは、槽垂れという点です。この槽垂れとは、モロミを酒袋に入れ並べて自然に落ちてくるお酒を集める方法でできたお酒です。

 

ゆっくりと溜まりできあがるため生産量が少なくなるのも納得ですね。さらに、角新とは、新酒という意味になります。

 

このお酒は、生酒となりますので、冷蔵保存はもちろんのこと長期保存は向かないお酒になります。そのため、消費率が上がり中古市場でもあまり出回らない酒となります。

 

では、そんな十四代 純米吟醸 槽垂れ 角新 本生は高価買取となるのでしょうか。

 

■高価買取

このお酒は高価買取されます。上記で述べたように長期保存が向かないお酒ですので入手した方の多くは消費し、味を楽しまれます。さらに生産方法がとてもゆっくりであり生産数が少なくなることからもさらに中古市場へ出回ることが少ないお酒です。

 

このことから中古市場でも貴重なお酒となることから高価買取がされるお酒となります。しかし、長期保存がきかないお酒ですので、早めの査定・買取が必要になってきます。

 

そんなときは、お酒買取専門店のリンクサスへ査定に出しましょう。お酒買取専門店ならではの迅速対応と高価買取が期待できます。

 

飲まないかたは、一刻も早く査定に出しましょう。

十四代 純米吟醸 出羽燦々という限定酒
十四代 純米吟醸 出羽燦々とはどのようなお酒で高価買取されるのかを解説します。

十四代 純米吟醸 出羽燦々とは十四代のシリーズの1つであり限定酒です。このお酒の人気と特徴を高価買取と合わせて簡単に解説します。

十四代という日本酒の名前をあげると、『幻』や『入手困難』といったワードが浮かぶかと思います。まさに想像通り入手困難なお酒であり、幻とも言われるシリーズも存在します。

 

そんな十四代は、生産数が圧倒的に少ないことから入手困難となってしまうのですが、そんな十四代のシリーズの中で純米吟醸 出羽燦々とはどのようなお酒でしょうか。

 

■十四代 純米吟醸 出羽燦々

このお酒の特徴は、出羽燦々という酒米から作られたものです。特徴は、若々しい甘みと香りが広がるお酒ということです。

 

この若々しさは、生酒であることが関係しているといえるでしょう。生酒とは、火入れを一度もおこなわずに出荷されているものです。そのためとてもデリケートなお酒であり、長期保存は向いていません。

 

逆に生酒だから出せる味わいを堪能できるともいえます。ではこのお酒の買取状況はどうでしょうか。

 

■高価買取について

このお酒の買取は高価買取が期待できます。十四代が入手困難であることはもちろんのこと、生酒の流通が少なく販売店舗が限られているため買取は高価買取となります。

 

しかし、このお酒は長期保存が向いていないため買取を希望するなら早めにおこなうほうがいいでしょう。

 

そんなお酒の買取は、お酒買取専門店のリンクサスがおすすめです。お酒の買取を専門におこなっているため、買取額は適正かつ正確な知識で査定をおこなってくれます。買取査定を考えている方は早めの買取査定をおこない、高価買取でおこずかいをゲットしましょう。

十四代 純米吟醸 酒未来とはどんなお酒?
十四代 純米吟醸 酒未来について純米大吟醸との違いと高価買取について解説します。

十四代 純米吟醸 酒未来は、人気のお酒の一つです。そんなお酒は高価買取されるのか、このお酒の特徴はどんなものか簡単に解説します。

みなさんは、十四代というお酒をご存じでしょうか。日本酒好きならだれでも知っている日本酒最高峰のお酒の一つです。

そんな十四代には、さまざまな種類が存在しています。しかし、どれも貴重でなかなか手にいれることはできません。

 

では、その数ある十四代の種類の中で純米吟醸 酒未来とはどのようなお酒でしょうか。

 

■十四代 純米吟醸 酒未来

このお酒は、酒未来という酒米から作られたお酒です。この酒米は、十四代を製造している高木酒造所が交配を重ね開発したお米です。

 

この米から作られた十四代 酒未来は、十四代らしい甘さとうま味が広がり、フルーツのような若々しい香りがするお酒となっています。

 

このお酒は純米吟醸ですが、純米吟醸とは製造過程で精米歩合を60%以下としたものを言います。

 

■高価買取

このお酒は高価買取されるお酒となっています。十四代は非常に入手困難なお酒なため、通常で購入することができなかった方が中古市場での購入となります。

 

そのため、多くの需要があり高価買取へとつながっています。自宅に保管されている方、一度お酒買取専門店のリンクサスで買取査定してみてはいかがでしょうか。

 

専門店だからできるしっかりとした査定と高価買取が期待できますよ。

 

十四代 純米吟醸 龍の落とし子 おりからみとはどんなお酒?
十四代 純米吟醸 龍の落とし子 おりからみとはどのようなお酒で高価買取されるのかを解説します。

十四代といえば多くの方が知る日本酒です。その中で、純米吟醸 龍の落とし子 おりからみとはどのような特徴をもつお酒なのか、高価買取されるかを解説します。

皆さん日本酒は好きですか?日本酒は国を代表するお酒ともいえますよね。そんな日本酒のことを再確認してみましょう。

十四代というお酒は山形県の高木酒造が製造しているお酒です。日本全国にファンがおり、なかなか入手することができない貴重なお酒でもあります。

そんな十四代の中の純米吟醸 龍の落とし子 おりからみというお酒はどのようなお酒でしょうか。

■純米吟醸 龍の落とし子 おりからみ

このお酒は、酒造適合米である龍の落とし子という品種からつくられたお酒です。この品種は、高木酒造が開発をおこなっており、山酒4号と美山錦を掛け合わせて作られた品種です。

『おりがらみ』とは、搾ってすぐのモロミが混ざった状態で瓶詰めされたお酒のことをいいます。

そのため、色は白く濁ったお酒となっています。

■高価買取

十四代 純米吟醸 龍の落とし子 おりからみは高価買取されるお酒です。十四代は入手が難しいお酒となっているので、中古でもほしいと願うファンは大勢いるのです。

より高価買取を狙うのであれば、お酒買取専門店のリンクサスへの買取査定をおすすめします。専門店ならではの買取価格で高価買取が期待できます。買取を希望されているかたは一度お酒買取専門店のリンクサスへ買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰って高価買取される!?
十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰とはどのようなお酒で、高価買取されるかを解説します。

十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰とは、有名な十四代の中の一つです。そんなお酒は、どのような特徴を持ったお酒なのでしょうか。そして高価買取はされえいるのか解説します。

みなさんは、十四代という日本酒はご存じでしょうか。このお酒は甘く旨口が特徴的なお酒です。しかし、それだけではありません。このお酒は販売数だけでなく販売店も限られており、とても希少なお酒なのです。

 

では、十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰とはどのようなお酒か見ていきましょう。

 

■十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰

このお酒は、龍の落とし子という酒米を使用して作られたものです。この酒米の特徴は、高木酒造が18年もの歳月をかけて開発したお米なのです。

 

高木酒造のこのお酒への気持ちが伝わってくるものですね。味は、十四代特有の甘みが際立った旨口となっています。

 

ここで特徴なのは、生詰ということです。これは、通常出荷前に火入れをおこなう行程をしないで出荷されたものです。

 

そのため、通常のものより繊細で冷蔵庫での保存が必要になります。

 

■高価買取

お酒買取専門店のリンクサスでは、このお酒の高価買取がされています。十四代という貴重なお酒であることからとても需要があるのです。

 

買取専門店ならではのお酒の知識が高価買取へとつながってきますので、一度お酒買取専門店のリンクサスでの査定をお勧めします。

 

きっと期待以上の高価買取になるはずです。

十四代 純米吟醸 中取り 播州愛山ってどんなお酒?高価買取される?
十四代 純米吟醸 中取り 播州愛山の特徴と高価買取について解説します。

十四代 純米吟醸 中取り 播州愛山とはどのような特徴を持つお酒なのでしょうか、純米吟醸とはどういうことかを高価買取と合わせて解説します。

日本酒の純米大吟醸や純米吟醸といった言葉は何が違うかわかりますか?じつは精米度の違い・アルコール添加の有無で呼び方が変わるのです。

純米とつくものはすべてアルコール添加がありません。そして、大吟醸は精米が50%以下、吟醸は60%以下と区別されます。

味にも違いが出ます。大吟醸は香りが強く味わいはすっきりとしたものになります。吟醸は、フルーツのような香りが強く、口当たりはなめらかなのが特徴です。

ここからは、十四代 純米吟醸 中取り 播州愛山のお酒についてみていきましょう。

■十四代 純米吟醸 中取り 播州愛山

このお酒は、山田錦と雄町の孫にあたるとされる愛山という酒米から作られたお酒です。十四代らしい甘い口当たりで香りはバニラを感じさせるような甘く優しい香りが漂います。

 

さらに、生詰という製法での販売となっているため繊細で早い消費をすすめているお酒です。

 

■高価買取

このお酒は高価買取が期待できるものです。十四代というお酒の希少性とファンの多さから中古市場での需要がとても多いのです。しかし、このお酒は生詰のため、長期保管にはむいていません。そのため、飲まないのであれば早めの買取査定をしましょう。

 

さらに高価買取には、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取専門店での買取をお勧めします。豊富な知識と専門店だからできる高価買取に納得できるはずです。

十四代 純米吟醸 中取り 播州山田錦の魅力と買取
十四代 純米吟醸 中取り 播州山田錦はどのようなお酒で高価買取されるのかを解説します。

十四代 純米吟醸 中取り 播州山田錦はどのような特徴をもったお酒でしょうか。このお酒の買取と合わせて簡単に解説します。

日本酒の革命児ともいえる十四代は、辛口が主流であった日本酒に旨口という甘く飲みやすい日本酒の風を吹き込みました。

この飲みやすさが女性やお酒の強くない方をも虜にし、ファンを多く獲得しました。そんな愛好家が多い十四代ですが、生産量・販売店ともに少なく入手が困難なお酒としても有名です。

 

では、この大人気の十四代のシリーズの中の純米吟醸 中取り 播州山田錦とはどのようなお酒でしょうか。

 

■純米吟醸 中取り 播州山田錦

このお酒は、山田錦という三大酒米の一つから作られています。また、生詰というお酒になるため、長期保存は向かない日本酒になります。

 

味・香りは、十四代特有の旨口で甘くフルーティな味わいです。メロンのような香りがし、十四代のシリーズの中ではさっぱりとした部類に入る味と香りになります。

では、このお酒は高価買取されるのでしょうか。

■高価買取について

このお酒の高価買取は期待できるものです。十四代は希少性が高いものであり、入手も困難となることから高価買取が期待できます。

 

高価買取を求めるのであれば、お酒買取専門店のリンクサスのようにお酒買取の専門店での査定をすることがいいでしょう。専門店の豊富な知識でしっかりと納得ができる査定額となります。

 

このお酒は、生詰になりますので買取は早くおこなうようにしましょう。

十四代 純米吟醸 中取り 赤磐雄町ってどんなお酒?
十四代 純米吟醸 中取り 赤磐雄町というお酒はどのようなお酒で高価買取されるのかを解説します。

十四代 純米吟醸 中取り 赤磐雄町は生詰のお酒です。このお酒の特徴と高価買取について解説します。

みなさん、雄町という酒米を知っていますか?この米は、非常に栽培が難しいとされるお米なのです。そのため、幻ともいわれるほどでした。

そんな酒米をつかった十四代 純米吟醸 中取り 赤磐雄町はどのようなお酒でしょうか。

■十四代 純米吟醸 中取り 赤磐雄町

このお酒は、まだ販売から新しい十四代シリーズの一つです。これは生詰のお酒となります。 

生詰とは、通常貯蔵前と出荷前の2度火入れをおこなうものを、出荷前の火入れをおこなわないで出荷したものを言います。

 

そのため、非常に繊細なため、開封後は冷蔵庫での保存と早めの消費を進めています。また、この生詰は製造から半年で味が劣化していくといわれています。 

それほど繊細なお酒ということなんですね。

さらに、中取りという日本酒の中でおいしい部分を使用しているため、人気は高いものになってきます。

では、このお酒の高価買取はされるのでしょうか。

■高価買取について

このお酒の高価買取は期待できます。なぜならば、十四代のファンは新作を飲みたいと需要が多いです。さらに、この雄町という品種を使った日本酒が好きなファンの需要もあることから高価買取が期待できます。

このお酒は上記で述べたように半年以降は味に劣化がみられることから早い買取査定をおすすめします。

さらに、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取専門店であればさらなる高価買取が期待できることでしょう。

十四代 大吟醸 黒縄とは?!高価買取される??
十四代 大吟醸 黒縄の特徴と高価買取について解説します。

十四代 大吟醸 黒縄はどのような特徴をもつお酒なのでしょうか。高価買取される理由と合わせて解説します。

みなさんは、十四代とはどのようなお酒かご存じでしょうか。このお酒は、山形県村山市に本社と製造所を構える高木酒造が製造しているお酒です。

この酒造所はホームページを持っておらず、さらにインターネット販売も行っていないベールに包まれた会社なのです。 

そんなベールに包まれた酒造会社が作り出す最高な日本酒の十四代ですが、このシリーズの大吟醸 黒縄とはどのようなお酒でしょうか。

■十四代 大吟醸 黒縄

このお酒は実は山形県内で販売される十四代の別名なのです。使用されている酒米は、山田錦を35%精白したものを大吟醸酒に仕上げています。

味は甘く旨口で飲みやすい一方で深みを感じます。香りは穏やかなフルティーな香りがする魅力的なお酒です。

ではこのお酒は高価買取されるでしょうか。

■高価買取について

十四代 大吟醸 黒縄は高価買取されるお酒になります。通常県外へ出回るものは十四代という名前であり黒縄というものは出回ることがありません。そのため、貴重な品となりファンにはたまりません。

 

そんなお酒は高価買取となりますが、さらに高価買取を目指すためにはお酒買取専門店のリンクサスのようにお酒買取専門店での買取をおすすめします。豊富な買取実績と知識から高価買取がきたいできますよ。査定を考えている方は一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

十四代 大吟醸 龍の落とし子 限定酒!!希少!!
十四代 大吟醸 龍の落とし子の限定酒について高価買取とあわせて解説します。

 

【リード文】

十四代 大吟醸 龍の落とし子の限定品はとても希少な幻ともいえるお酒です。このお酒の特徴と高価買取について簡単に解説します。

 

【本文】

山形県の高木酒造所を代表するお酒である十四代は幻とも言われるほど入手困難なお酒です。しかし、多くのファンが日本全国だけでなく世界中にまで広がっているほど、おいしさでファンの心をつかんで離さないお酒でもあるのです。

 

そんな十四代は、シリーズの中で2018年に大吟醸 龍の落とし子を限定販売しました。このお酒についてみていきましょう。

 

■十四代 大吟醸 龍の落とし子

このお酒は、高木酒造が18年もの時間をかけて開発した酒造好適米である龍の落とし子から作られたものです。

 

このお米を40%まで精白してつくられたお酒は、十四代の旨口で甘みがしっかりとありながらキレが良くすっきりとした飲み心地となっているお酒です。

 

限定品とだけあって、木箱に入り金の袋の上に置かれた十四代のラベルも金の文字で十四代と記載さており、高級感が漂います。

 

そんな大吟醸 龍の落とし子は高価買取されるのでしょうか。

 

■高価買取について

高価買取は必須です。十四代は常でも入手困難である中で、限定品であるこのお酒は希少なものとなります。中古市場の需要は大きく、買取価格も高価買取となってくるのです。

 

さらなる高価買取を狙うのであれば、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取専門店での買取査定が良いでしょう。専門知識から適正な高価買取価格の提示をしてくれますよ。

十四代 大吟醸 双虹 斗瓶囲いとはどんなお酒?
十四代 大吟醸 双虹 斗瓶囲いとはどのような特徴があるお酒で高価買取されるかを解説します。

十四代 大吟醸 双虹 斗瓶囲いの製法や特徴を高価買取と合わせて簡単に解説します。

日本酒にはさまざまな用語があり少し知識がないと難しいですよね。今回紹介する十四代シリーズの大吟醸 双虹 斗瓶囲いという日本酒を見た時どういうこと?って思う記述がありませんか?

そうです。『斗瓶囲い』ってどういうことでしょうか。この意味とあわせてお酒の特徴を見ていきましょう。

■十四代 大吟醸 双虹 斗瓶囲い

このお酒の特徴といえるのが斗瓶囲いです。これは、お酒を造る過程での製法を言います。この製法は、昔ながらの製法で袋吊りといわれるものです。この吊るされた袋から一滴ずつ搾り落ちたお酒を一斗瓶に集めます。そしてこの一斗瓶を低温熟成したお酒のことを斗瓶囲いと記載されるのです。

 

この製法は、時間と手間がかかる反面華やかで香り高く繊細、味はすべてのバランスが取れた最高なお酒になるのです。

 

この製法でつくられた十四代大吟醸 双虹 斗瓶囲いは、香りが若くメロンのような香りでさわやかです。味は十四代特有の甘みがあるもののすっきりとしており、十四代の中ではさっぱりとした部類に入るものです。

 

でおは、このお酒は高価買取されるのでしょうか。

 

■高価買取について

このお酒は高価買取されます。限定販売となりますし、この製法では生産量も限られてしまいます。そのため、中古市場での販売数も少なく高額取引されるので買取額も高価買取となるのです。

 

高価買取を狙われている方であれば、買取査定店も大切です。お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取を専門におこなっている店舗での査定が高価買取を狙えます。一度お酒買取専門店のリンクサスでの買取査定をお勧めします。

十四代 大吟醸 中取り 播州山田錦の特徴と高価買取の現状
十四代 大吟醸 中取り 播州山田錦の特徴と高価買取について解説します。

十四代 大吟醸 中取り 播州山田錦のお酒の特徴と高価買取される理由を解説します。

酒米の中に三大酒米という酒造適合米があります。その中での一つが今回紹介するお酒に使用されている山田錦です。

この山田錦を使用した十四代 大吟醸 中取り 播州山田錦は、生産方法にもこだわったお酒となっています。

では、ここからはこのお酒の特徴をみていきましょう。

■十四代 大吟醸 中取り 播州山田錦の特徴

このお酒は使用しているお米にこだわっただけではなく、製法もこだわっています。そのため、生産数が少なくなってしまうのが特徴です。

 

丁寧に搾りだされたお酒は低温熟成され、さらに中取りという二番搾りにあたる部分のみの使用という日本酒で最高の部分を使用している贅沢な一品となっています。

 

味は、十四代の特徴である旨口で甘みがしっかりとしており、メリハリがきいたお酒となっています。香りは若々しい香りでメロンのような香りが感じられます。

ではこれほどのお酒は高価買取されるのでしょうか。 

■高価買取について

高価買取は必須といえます。需要の多さの一方で、生産量の少なさおや、ネット販売を一切行わず限定店舗でのみの販売であり入手困難となっているのです。 

そんなお酒は、中古市場では高額取引対象となっています。そのため、買取も高価買取となるのです。

より高値を狙うのであれば、お酒買取専門店のリンクサスをお勧めします。お酒買取専門店だからできる高価買取に満足できることでしょう。

十四代 純米大吟醸 極上諸白はまさに極上!!買取も!?
十四代 極上諸白とはどのようなお酒で高価買取されるものなのか解説します。

十四代 極上諸白の製法はどのようなものなのか、お酒の特徴はどうか、高価買取と合わせて解説します。

日本酒の中でも最高峰のお酒である十四代は、多くのファンがいます。味はまろやかな甘みとうま味を感じることができる日本酒となっており、女性の人気も高い商品です。

 

そんな十四代の中の極上諸白というお酒はどのようなお酒でしょうか。

 

■極上諸白とは

このお酒の特徴は、諸白という製法です。この製法は、麹に使用するお米と掛け米を玄米をついて白くした白米のようなお米を使用するものです。

 

この製法により、非常に飲みやすくバランスのとれた日本酒となるのです。この製法が品名となっており、極上諸白というだけあり極上な味わいを楽しむことができます。

 

では、このお酒は高価買取されるのでしょうか。

 

■高価買取について

このお酒は高価買取対象です。高木酒造が造りだす十四代はすべて希少で手に入りにくい商品ばかりです。そのため、入手できない場合中古市場で購入する方も多く存在します。

 

そのため、買取は高額となりやすいのです。お酒買取専門店のリンクサスで買取をされた十四代の極上諸白も高価買取されることがおおいです。

 

保管し飲むことがない極上諸白をお持ちであれば、一度査定にだしてみましょう。

十四代 純米大吟醸 極上諸白を作る酒造所とは?
十四代 純米大吟醸 極上諸白を製造する酒造所はどのようなところで製造しているのか、高価買取とともに解説します。

 

十四代 純米大吟醸 極上諸白は、十四代の中でも製造方法に特徴があるお酒です。そんなお酒を造っている酒造所はどのようなところでしょうか。高価買取される背景とあわせて解説していきます。

みなさんは、十四代の極上諸白を生産・販売している高木酒造がどのような酒造所であるかご存じですか?じつは、この酒造所の詳しいことは多くの方が知らないのです。おなぜならば、この会社のホームページがないのです。

 

では、わかっていることをここでまとめてみます。

 

■高木酒造株式会社

この酒造は、山形県村山市に1615年創業しました。創業から400年以上となる長い歴史のある酒造会社なのです。

 

この酒造を代表するお酒は、もちろん十四代です。それ以外にも人気が急上昇し、入手困難となりつつあるお酒の朝日鷹(あさひたか)という銘柄もこの酒造所の代表銘柄です。

 

そんな人気がある銘柄をいくつも持つ会社ですが、そもそも人気がでたのは辛口が人気絶頂であった1990年代に旨口という一石を投じ、瞬く間に人気を獲得したという歴史があります。

 

これは、当時の社長である15代目社長が辛口淡麗の日本酒に飽きが出始めてた流れを敏感に感じ取り成功へ導きました。

 

このように成功をおさめた高木酒造が生産する、十四代の極上諸白は高価買取されるお酒なのでしょうか。

 

■十四代 極上諸白1800mlの高価買取

このお酒は高価買取されます。とくに同じ極上諸白でも720mlのものより買取価格は高額となります。

 

このお酒は、お酒買取専門店のリンクサスのようにお酒の買取に特化した買取店へ持ち込むことが高価買取の秘訣となります。

 

一度査定に出してみるだけでもいいでしょう。買取価格が納得できる金額で高価買取となるかもしれませんよ。

十四代 純米大吟醸 酒未来は酒造会社の傑作!!
十四代の酒未来というお酒の特徴と、高価買取をお酒の特徴と合わせて解説します。

十四代の酒未来というお酒は、酒造会社が原材料のお米からこだわって作られたお酒です。このお酒の特徴と、高価買取を簡単に解説していきます。

 みなさんは、十四代というお酒がどこでどうやって造られているかご存じでしょうか?じつは、この製造場所は山形県の高木酒造が生産した商品です。しかし、どのような製造過程で製造されているかなど全く分からないのです。

 

この高木酒造は、400年以上続く長い歴史のある酒造会社です。しかし、ホームページもなくミステリアスなイメージを持つ酒造会社です。

 

そんな歴史ある会社が、お米の交配らこだわって造ったお酒がこの十四代酒未来です。このお酒はどのような特徴があるでしょうか。

 

■十四代酒未来の特徴

このお酒は、使用するお米の交配からこだわって作られたお酒です。そんなお米は、別の銘柄2種類がそれぞれ使用していたお米を交配させています。原材料への思い入れの強さをうかがい知ることができるお酒なのです。

 

こうしてお米からこだわりぬいて作られた酒未来は、十四代が特徴としている甘く滑らかな角がない味わいでありながら、喉に絡みつくような飲みごたえも残し、鼻からフルーティな香りを感じることができるお酒となっています。

 

■高価買取について

この十四代酒未来は高価買取されるお酒です。とくに、お酒の価値を十二分に理解した買取専門店であれば期待以上の高価買取となることでしょう。

 

筆者がおすすめするのは、お酒買取専門店のリンクサスです。お酒を専門に買取をしており、お酒の知識が豊富であることからも高価買取が期待できます。

 

ぜひ、十四代酒未来をお持ちの方で保管しているのであれば買取査定に出してみましょう。年末年始の使い過ぎをカバーできるかもしれませんよ!!

十四代 純米大吟醸 酒未来は入手しやすい?!高価買取は?
四代 純米大吟醸 酒未来について、入手しやすいものなのか、高価買取はされるのかを説明します。

十四代という日本酒の中で酒未来とはどのようなお酒でしょうか。入手方法と高価買取を簡単に解説します。

十四代を製造する高木酒造は、日本酒を造るために使用するお米の生産から携わっています。こうすることで、最高峰の日本酒が造られています。

 

そんな十四代は、非常に入手が困難な日本酒の一つです。製造本数が非常に少なく、販売しているお店も限定されているため、入手が難しくなかなか購入ができないお酒となっています。

 

では、十四代酒未来はどうでしょうか。じつは、十四代の中でも比較的入手しやすいものになります。入手しやすいといっても、もちろん通常販売している日本酒にくらべれば入手は困難です。

 

■高価買取される?!

入手しやすいとされると、高価買取は見込めないのではないかとおもわれがちですが、ちゃんと高価買取されます。

 

このお酒の前提は、十四代の中での入手しやすさであり、通常の日本酒と比べたら格段に入手困難です。また、製造数も少なく需要が多いため、中古市場での人気も高いです。

 

そうなると、買取額も高値を付けるため高価買取が期待できるというわけです。十四代を製造する酒造所がお米からこだわり生産した酒未来は、お酒買取専門店のリンクサスでの査定をするといいでしょう。

 

お酒の買取専門であればこの価値をしっかりと金額で評価してくれますよ。査定だけでも一度おこなってみてはいかがでしょうか。

十四代 龍の落とし子 雫酒はまさに龍が落としていった最高酒だ!!
十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 雫酒とはどのようなお酒なのか、その特徴と高価買取について解説します。

十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 雫酒とはまさに龍が落としていったような奇跡のお酒である理由を高価買取となる理由とあわせて解説致します。

十四代といえば、日本酒好きならだれもが知っている貴重でなかなか飲むことができないお酒の一つです。この十四代の中の純米大吟醸 龍の落とし子 雫酒というお酒の特徴はどのようなものでしょうか。

■十四代純米大吟醸 龍の落とし子 雫酒
このお酒は、製造元である高木酒造が原材料となる米の開発からおこなったものです。そのお米は、母系に使用しているお米に特徴があります。じつは『たかね錦』というお米の品種に放射線処理をおこなったところ突然変異が起き生まれた『美山錦』というお米を使用しています。

この2種類を掛け合わせてできたのが、『龍の落とし子』という酒造好適米なのです。このお米ができた背景をみると、偶然に起きた突然変異がなければこのお酒を製造することはなかったというほどの偶然の産物がこの最高酒を作り上げています。

『龍の落とし子』という品種名にも納得ができるでしょう。このお酒の味は、十四代の特徴であるフルーティな香りと旨口で甘い味を持っています。そして強すぎるほどの甘みが口の中に広がるものの、一瞬で消えるすっきりとした後味に驚くお酒となっています。

ではこのお酒の高価買取を見ていきましょう。

■高価買取について
このお酒の高価買取は期待できます。生産数も多くなく、販売されている場所が少ないことから中古市場での需要が多くあるものです。

高価買取を希望するのであれば、お酒買取専門店のリンクサスがおすすめです。お酒専門の買取店のため、お酒の知識が豊富でお酒の評価を十分してくれます。

開封予定のない龍の落とし子 雫酒があればせひ査定に出してみましょう。

十四代 純米吟醸 中取り 備前雄町は高価買取される?!
十四代 純米吟醸 中取り 備前雄町とはどんなお酒で高価買取されるのかを解説します。

十四代 純米吟醸 中取り 備前雄町というお酒の中取りとはどのような意味でしょうか。このお酒の特徴と高価買取について解説します。

十四代という日本酒は、だれもが認める有名で人気のある日本酒です。そんな十四代は、山形県の高木酒造という会社が製造しています。この会社は400年以上続く老舗酒造会社ですが、ホームページの解説もネット販売も行っていないのです。

ではこの会社でつくられている純米吟醸 中取り 備前雄町というお酒についてみていきましょう。

 

■十四代 純米吟醸 中取り 備前雄町

このお酒は、十四代の特徴である旨口です。雄町とい酒米を使用して製造されたお酒ですが、ここで特徴なのは『中取り』です。

 

この中取りとは、簡単にいうと『二番搾り』ということです。日本酒の二番搾りはまろやかで味・香りともにバランスが最もよい状態の日本酒であるとされています。

 

さらに、透明度も高いことから見た目も素晴らしく、日本酒好きの中では人気が高いものになります。

 

では、このファンが多いとされる中取りでできた十四代 純米吟醸 中取り 備前雄町は高価買取されるのでしょうか。

 

■高価買取について

このお酒の高価買取は期待できます。このお酒の人気は高く、需要が多いことが理由の一つです。さらに、十四代は販売数が限られており、販売店も限定されていることからとても入手が困難です。この入手が難しいこともまた高価買取の要因となります。

 

さらなる高価買取を目指すならば、お酒買取専門店のリンクサスで査定をおこなうことをおすすめします。お酒買取専門店だからできる買取価格がきっと満足いくものとなるでしょう。

十四代 純米大吟醸 白雲去来を高価買取!!

十四代の白雲去来の特徴と高価買取について解説します。

十四代の白雲去来は純米大吟醸の中でも繊細でおいしいお酒のお一つですそんなお酒の人気と特徴を高価買取とあわせて解説します。

十四代の白雲去来は、山形の高木酒造株式会社が製造販売をしているお酒です。製造される過程で蔵人の卓越した技術が造り上げた氷温熟成純米大吟醸酒がこのお酒です。繊細なお酒であるため、かならず冷蔵庫での保管を注意書きされているほどです。

■十四代白雲去来の特徴

このお酒の味は十四代の特徴であるうま口で、まろやかな口当たりが生きており、メロンを感じさせる香りがたちます。

この角のない口当たりとフルーティな香りは、女性やお酒が強くない方、日本酒が苦手だった方にも支持されるほどです。

ボトルは、和紙で作られたラベルに十四代白雲去来と書かれています。和紙が、味わいのあるラベル演出をしており、素敵なデザインです。

では、このお酒は高価買取されるでしょうか。

 ■高価買取について

このお酒は高価買取されやすいお酒です。十四代自体が中古市場で人気が高く、この白雲去来は味もおいしく、人気もあるため高価買取が期待できます。

需要が多いと買取価格も高くなる傾向にあります。また、高価買取を狙いたいのであれば、お酒買取専門の買取業者へ買取をしてもらうのがいいです。

買取査定には査定するお店の選択も高価買取の条件です。お酒の価値をわかっている専門店であれば高価買取が可能となります。そこでおすすめは、お酒買取専門店のリンクサスです。専門店であるから出せる高価買取額に満足すること間違いなしです。

十四代白雲去来が保管されているなら買取査定に出してみましょう。

十四代 純米大吟醸 超特撰は美酒で高価買取!!
十四代 純米大吟醸 超特撰とはどのようなお酒で高価買取されるのか解説します。

 

十四代 超特撰は、お酒の中でも人気な日本酒です。このお酒を製造する酒造所の歴史と人気を高価買取と合わせて解説します。 

高価買取されることが多い十四代は、高木酒造所という会社が製造・販売しています。この高木酒造所が造りだした十四代の歴史はどのようなものでしょうか。

■十四代の歴史

このお酒は、高木酒造所の15代目社長が製造販売したものです。このお酒が販売されたのは1990年代です。このころの日本酒は、辛口で誰もが好んで飲むお酒ではありませんでした。

しかし、この時期は日本酒ブームのまっただ中で辛口が一般的とされていました。そんな中、異端ともいえる旨口の甘さを全面に出した十四代は、瞬く間に人気の日本酒となりました。

辛口がブームの中なぜ旨口の十四代の人気がでたのかというと、この甘さやうまみ、フルーティな香りが女性やお酒の強くない方にも受けたという背景があります。

このような十四代の人気が爆発した歴史があるなか、製造と販売場所が限定されており、希少で入手困難な幻ともいわれる日本酒となったのです。

■十四代 超特撰とは

このお酒は、播州山田錦というお米を使用して作られています。黒いラベルの紙の金色の十四代がお光っているボトルとなっており、人気の高いお酒です。

高価買取されるお酒であり、買取査定すると予想以上の高価買取が期待できるお酒です。このお酒を査定に出す場合、お酒の知識が豊富でお酒の評価をちゃんとしてくれるお酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取を専門としている場所で買取をすることが高価買取となりやすいです。自宅に保管されているこのお酒があったら査定に出してみましょう。

十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 生詰はおいしく高価買取!!
十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 生詰とはどのようなお酒なのか、人気と高価買取とあわせて解説します。

十四代 龍の落とし子 生詰とはどのようなお酒なのでしょうか。生詰とはどういったお酒を意味しているのかの説明と高価買取の解説をします。

龍の落とし子は、十四代を製造している高木酒造が交配し開発した酒造好適米の名前です。このお米は偶然、突然変異し誕生したお米などが交配されており、奇跡の中で誕生したお酒ともいえます。

では、このお酒の『生詰』とはどういうことでしょうか。

■生詰とは

生詰とは、お酒を絞った直後に加熱殺菌のための火を入れ、その後は瓶詰め後なども一切火を入れないお酒のことを言います。

注意したい違いは、生貯蔵酒との違いです。この生貯蔵は、絞った際に加熱殺菌のための火を入れずに貯蔵するもので、出荷前に火入れをするというものです。

火を入れるタイミングの違いや回数の違いで呼び方が変わってきます。では、この十四代 龍の落とし子 生詰の特徴を見てみましょう。

■十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 生詰の特徴

このお酒の特徴は、十四代らしい旨口とあまみをしっかりと感じることができ、この甘みは和三盆のように嫌味が一切ない甘さです。

さらに、さっぱりとしたフルーツの香りを感じることができ、いつまでも飲んでいたくなるようなお酒です。

ではこのお酒の高価買取はされるのでしょうか

■高価買取について

高価買取は期待できるお酒です。このお酒は、人気が高いことから購入できる販売店でも抽選になることが多く、なかなか入手することができません。

そのため、買取価格も高くなる傾向にあります。査定に出す場所によっても買取額は変化しますので、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒の買取に特化した買取店での買取査定をお勧めします。

自宅保管している方は、高価買取され臨時収入が期待できる商品ですので、一度査定に出してみるのが良いでしょう。

純米大吟醸十四代龍泉の魅力と高価買取!!
十四代龍泉の製造所やお酒の特徴と、このお酒の高価買取について解説します。

十四代龍泉といえば、日本酒好きなら誰しも知っている日本酒最高峰のお酒です。このお酒の特徴と高価買取される理由を簡単に解説します。

みなさん、日本酒ブームが世界で起こっているのをご存じでしょうか。そんな中で高価買取される日本酒も多く存在します。

そのうちの1つである『十四代龍泉』をご存じでしょうか。日本酒好きであれば聞いたことがある名前でしょう。では、このお酒の特徴を見ていきましょう。

■十四代龍泉の特徴

このお酒の特徴は、製造当初の瓶です。瓶は通常とは全く違うデザインを採用しており、色は赤という衝撃的な瓶でした。中央 部分には名前の龍が二匹と泉のマークが金色で刻印されています。

これだけみると、日本酒が入っているようには見えません。しかし、この中に入っている日本酒は最高級品です。

原材料のお米と水にこだわりぬいてつくられた日本酒は、うまみがある日本酒となっています。

■高価買取

『十四代龍泉』は、高価買取される商品です。特に製造初期に販売されていた赤い瓶であれば、現在販売の主流の瓶よりもさらに高価買取となります。

また、このお酒は販売数が非常にお少なく、特定の場所からの購入しかできないため、世の中に多く出回ることがありません。そのため、高価買取となるのです。

このお酒の高価買取を目指すのであれば、お酒の知識に特化したお酒買取専門店での買取査定がおすすめです。お酒買取専門店のリンクサスであれば、お酒の高価買取が叶います。

自宅に眠っている『十四代龍泉』があるなら一度、お酒買取専門店のリンクサスへ査定に出してみてはいかがでしょうか。

十四代 純米大吟醸 秘蔵酒 とはどんなお酒?
十四代 純米大吟醸 秘蔵酒とはどのような特徴をもつお酒なのか、また高価買取されるのか解説します。

十四代ときけば高級で希少なお酒です。この十四代の中の秘蔵酒というお酒はどのようなお酒なのかを高価買取とあわせて簡単に解説します。

十四代といえば、辛口が人気だった時代の風雲児としてあらわれた商品です。このお酒は、甘くてまろやかな口当たりと、フルーティな香りが特徴です。

そんな十四代の中の秘蔵酒とはどのようなお酒でしょうか。

■十四代 秘蔵酒とはどんなお酒?

このお酒は、製造している酒造所に代々伝わっている技を使って作られたものです。この技とは、玉返しというものです。これは、玉酒というお酒を水でわったものを戻すことです。つまり、このお酒は加水されているお酒なのです。

そして、このお酒が出荷されるまでには5年以上熟成貯蔵し古酒となってから販売されているのです。低温で熟成されたこのお酒のボトルは、コルクで栓がされており、ボトルは白いボトルに直接銘柄が刻印されたものと、黒いボトルに和紙のラベルで銘柄がついているものとあります。

■高価買取について

このお酒は高価買取対象のお酒です。常に需要が絶えない十四代で秘蔵酒は古酒として熟成されなければ販売されない希少なものとなります。

また、製造・販売数も少ないことも買取額が高くなり高価買取となる要因です。このように、お酒の希少性からも買取額は上がりますが、買取査定のお店ごとにも買取額は変化します。

お酒買取専門店のリンクサスのように買取業者の中でもお酒を専門に扱っているところでの買取査定をすることが高価買取となる要因となります。お酒を査定に出す際は、高価買取が期待できるお店を選んで買取査定に出しましょう。

十四代 純米大吟醸 秘蔵酒についてこの酒造所とお酒の特徴、高価買取がされる理由を解説します。

十四代 秘蔵酒は古酒となります。このお酒を生産する酒造所とお酒の特徴を簡単に解説していきます。

みなさんは、十四代を飲んだことがありますか?このお酒は、甘さとまろやかな口当たりを特徴とする女性にも人気なあじわいのお酒です。

香りはフルーティな香りが特徴となっており、お酒が強くない方でも抵抗なく飲めるお酒です。そんな十四代の中の秘蔵酒という種類は、5年以上寝かせた古酒です。

このお酒を製造している山形の高木酒造は、ホームページなどを一切持っていない会社であるため、製造方法など一切明かされていないのです。しかし、この秘蔵酒は、高木酒造が代々受け継がれてきた手法を用いて作られたお酒です。

ここで分かる伝統の技とは、玉返しです。これは加水されたことを意味しています。加水されたのち5年以上寝かされ、販売にいたる手間と時間がかかった商品なのです。

そもそも、高木酒造は出荷する十四代の数が少なく、出荷される場所も限定されているため、非常にレアな商品となっています。

出荷され販売される場所が決まっているため、ファンたちはこぞって買いたいと訪れます。しかし、本数に限りがあるため、そこでも抽選となるのです。

このように入手することが困難であることから、中古市場での需要は高い状態が続いています。そのため、買取金額も高くなる傾向があり、これは秘蔵酒にも当てはまります。

自宅にこのお酒をみつけたら高価買取されること間違いなしでしょう。査定にはお酒買取専門店での査定をおすすめします。

お酒買取専門店のリンクサスのようにお酒の買取専門業者であれば、高価買取が期待できます。一度査定に出してみると良いでしょう。想像以上の高価買取となるはずです。

十四代 純米大吟醸 七垂二十貫 720mlは超希少!!高価買取!!

十四代 純米大吟醸 七垂二十貫 720mlは、1800mlとサイズ違いで販売されまう。この違いと高価買取について解説します。

十四代 純米大吟醸 七垂二十貫 720mlは、同時に販売されている1800mlとは何が違うのでしょうか。ボトルや味など簡単に高価買取と合わせて解説します。

十四代 純米大吟醸 七垂二十貫がとても希少で価値があるお酒であうことをご存じでしょうか。このお酒を製造しているのは山形の酒造所です。この酒造所が生産している十四代というお酒はとても手に入りにくいお酒です。

その中でも特にこの純米大吟醸 七垂二十貫は入手困難です。私たちが今欲しいと思って手に入れるためには中古市場でしか探すことができません。

なぜならば、販売時期が年二回と決まっているからです。その時期は、7月と10月です。この時期に合わせてファンが購入を待っています。そのため、この時期に入手を試みてもなかなか手に入れることはできません。

それほど希少かつ入手困難なお酒なのです。この純米大吟醸 七垂二十貫には、1800mlと720mlの2サイズが販売されます。中の日本酒はもちろん同じものです。

サイズが違うため、ボトルのサイズとデザインが多少違う程度です。では、買取での差はどうでしょうか。

■高価買取について

このお酒の高価買取はかなり期待できるものです。サイズ違いで1800mlのほうが内容量が多いこともあり買取額は高額になります。

しかし、720mlのサイズも高価買取は十分おこなわれています。希少性の高さと、中古市場での需要の多さから高額取引されるのは当然といえます。

より高価買取を目指すためには、お酒買取専門店のリンクサスのようにお酒買取の専門店での買取査定をお勧めします。

専門店であるため、高価買取する価値を良くわかっているからです。査定・買取する場所で買取額は大きく変化します。ぜひこのお酒をお持ちの方は買取査定してみましょう!!

十四代 純米大吟醸 七垂二十貫は超希少限定品!!
十四代 純米大吟醸 七垂二十貫が高価買取される理由をその特徴と味の観点から解説します。

 

十四代というお酒は高価買取がされやすいお酒です。その中でも『龍月 七垂二十貫』は希少で高価買取されます。その理由を簡単に解説していきます。

十四代というお酒は山形県の高木酒造株式会社という酒造所が製造販売しています。その中で、『七垂二十貫』は人気が高く中古市場でも多くの需要があることから高価買取がされています。

 ではこのお酒はなぜ高価買取されるのでしょうか。お酒の特徴を見ていきましょう。

 ■七垂二十貫の特徴

このお酒は、幻とまでいわれるほと超希少といえます。なぜならば、毎年販売されていますが、年2回の決まった時期に限定本数でのみ販売されるのです。そのため、非常に入手することが難しいため希少なお酒となっています。

中古市場での需要が高いことも納得でいるでしょう。さらに、このお酒の製造方法は非常に手間と時間がかかる斗瓶囲いという方法でつくられるため、多くを製造することができないのです。

味は、十四代の特徴であるうまくちという味です。さらにこの『七垂二十貫』は、フルーティな味わいを感じることができて多くの人気を獲得しています。

■高価買取

このお酒の買取は高価買取となります。しかし、より高価買取を目指すのであれば、お酒買取専門店のリンクサスへ査定にだしてみてください。

お酒の買取には専門店が買取額も高く、期待以上の金額で買取してもらえることも少なくありません。ご自宅やご実家で『七垂二十貫』を見つけたら一度査定に出してみてください。大きな臨時収入が得られるかもしれませんよ!!

十四代 純米大吟醸 特吟 のお酒の特徴と高価買取について解説します。

十四代 純米大吟醸 特吟とはどのようなお酒でしょうか。十四代の中古市場での人気と高価買取とあわせて解説します。

 

十四代は、日本酒の中でも入手が困難で希少価値の高いお酒です。そんな十四代の中で、唯一300mlという小さめなサイズのお酒がこの十四代 純米大吟醸 特吟です。

このお酒は生貯蔵酒というもので、殺菌処理のための加熱処理をおこなわずに瓶詰めされ貯蔵されます。

 出荷前に一度だけ火入れという加熱処理をおこなって出荷するというお酒です。このお酒は、酒造会社がある山形県内のみの販売となっており、購入するには山形まで行かなくては買えない一品です。

 ではこのお酒の人気を見ていきましょう。

 ■純米大吟醸 特吟の人気

上記で記したように、山形県内限定での販売です。中古市場でも出回っていますが、定価よりも高値での取引が当たり前となっています。

また、このサイズ感も1回で飲むにはちょうどいい量となっており、他の十四代にはないサイズであることから人気も高い商品といえます。

また味は、十四代には珍しい中辛口となっていますが、十四代らしい味わいも残して中辛口となっている商品です。

■高価買取について

このお酒の高価買取は期待できます。販売場所が山形県内限定である商品であること、十四代の入手が難しいものであること、中古市場での需要が高いことが高価買取の要因といえます。

自宅に保管しておくだけではもったいないお酒になりますので、買取を考えた際は、お酒買取専門店のリンクサスのよなお酒買取を専門におこなっているお酒のプロに査定してもらい、高価買取を目指しましょう!!

十四代 純米大吟醸 雪女神は山形の女神だ!!

十四代 純米大吟醸 雪女神はどのようお酒で高価買取されるのかを解説します。

 

十四代 純米大吟醸 雪女神とはどのような特徴をもつお酒なのでしょうか。この特徴と製造している酒造会社の紹介と合わせて解説します。

十四代を製造する酒造会社は、高木酒造株式会社という会社です。この会社は、山形県村山市に工場と会社があります。この会社は、お酒を造るために原材料であるお米から交配・開発をおこなっています。

 そんな会社が製造する十四代の雪女神とはどのようなお酒でしょうか。

 ■十四代 純米大吟醸 雪女神

このお酒のコンセプトは、お米・水・製造すべてが山形県産であるということです。この山形県産にこだわって開発されたお米が雪女神となずけられた酒造好適米なのです。

こうして山形県産100%のお酒として製造された十四代 雪女神は、十四代の特徴がしっかりと出たおいしいお酒となっており、まさに山形のお酒界の女神といえます。

では、このお酒は高価買取されるのでしょうか。

■高価買取について

このお酒はその他の十四代同様、高価買取されるお酒となっています。中古市場の価格をみても高額取引をされているお酒ですので、買取額も高価買取となります。

このお酒は、ファンが多いことや入手いが困難なことからも買取額が高値となったり中古市場の需要がおおくあるのです。

このようなお酒を買取査定に出す場合は、お酒の知識が豊富で専門に扱っているお酒買取専門店のリンクサスのようなお店へ査定に出すと良いでしょう。適正にお酒を評価してくれ高価買取につながりますよ。

十四代 純米大吟醸 その由来

日本酒の買取に自信があります

高価買取致します

 

 

お酒買取はおまかせください。

お酒専門店のリンクサスでは、日本酒の買取に自信を持っています。

4合瓶は飲み切りができるサイズ(一人では?)なので人気があります。

高価買取が期待できる逸品です。

蔵元の若い当主がベテラン職人に支えられて切れ味のよいお酒を造っています。

※銘柄

十四代 純米大吟醸 七重二十貫 720ml

※醸造元 

高木酒造株式会社

創業1615年(元和元年)

 

※所在地

山形県村山市大字富並1826番地

※高級酒米「愛山」を40%精米した純米大吟醸酒です。

製造される量が少ないので、貴重品です。

 

2018年11月には新物も出ました

販売されはじめてから早い時期は買取価額も高額になります

査定のみのご相談も承ります。電話やメールですぐに査定額をお伝えすることが可能です。お問合せをお待ちしています。

持込買取をご希望の場合には、お手数ですが事前の連絡をお願いしています。人気商品の相場は日々変動しています。当日の状況を把握しながらお客様のご来店をお待ちします。

お酒専門店のリンクサスでは日本酒以外に、ブランデーやワインなども買取を行っていますので、査定についてご遠慮なくご相談ください。

遠方の方は出張買取をしていますので、ご連絡をお待ちしています。

その他ご不明点については、いつでも電話やメールでお問合せをいただければ丁寧に対応させていただきます。

お客様の個人情報については厳重に管理していますのでご安心ください。

 

 

スピード査定致します

ご連絡をお待ちしています

十四代 秘蔵酒
十四代は、お酒の名産地山形で生まれたお酒です。幻のお酒とも呼ばれています。
平成6年頃。当時、日本酒の世界では辛口味わいが流行りでした。そんな中、流行りを無視するように、フルーティーな甘の大吟醸酒が登場しました。
意表を突き、しかも確かなクオリティーを携えた日本酒に、日本酒ファンは次々と虜になっていきました。
その日本酒こそが十四代です。穏やかな吟醸の香りとまろやかな甘みがたちまち大ブレイクしました。以来、全国の量販店や酒屋さんが、こぞって十四代を取り扱うようになりました。
今では、日本酒ファンのみならず、その名を轟かせる十四代は、山形のプレミア銘柄として、揺るぎない地位を獲得しています。高額買い取り間違いなしの日本酒です。
十四代 秘蔵酒の種類
特吟
十四代の中で珍しく、1万円をきっている物です。特別吟醸酒から特吟とついています。味は、生貯蔵酒で、中辛口です。スッキリしていて、水っぽさもなく、アルコールをしっかり感じる事が出来るお酒です。お手頃価格で一番人気がありますが、幻のお酒なので、サイトによっては凄く高い日本酒です。サイズは、少し小さいサイズです。なのでお酒好きの方の中には、一日で飲んでしまう方もいます。実は、特吟という名称が付いてますが、精米歩合50%なので、一般的にいうところの大吟醸のようとも言われています。
本丸秘伝玉返し
本丸は、本醸造酒ですが十四代の中でもスタンダードな物です。数が多い十四代の中でもこれが一番好きと言うファンもたくさんいます。十四代がブレイクしたきっかけのお酒でもあります。そのフルーティーな甘い風味は他の吟醸酒と比較しても遜色ありません。甘味と辛味のバランスが素晴らしく、受け入れやすい味わいは、すんなりと体にしみ込んでいきます。抜群の飲みやすさは、折り紙つきと言っていいでしょう。日本酒が苦手な人でさえ飲めてしまう恐ろしいシリーズを代表する一本です。それ故に、恐ろしいほどの高額価格で取引されることもある逸品です。何とも上品な味でまさに別格のお酒とも言われています。口当たりは優しく、水かと思うぐらい滑らかに入ってきます。甘口ですが、ほんのりで辛さもあります。
まとめ
十四代は、お酒の名産地山形で生まれたお酒です。幻のお酒とも呼ばれています。
平成6年頃。当時、日本酒の世界では辛口味わいが流行りでした。そんな中、流行りを無視するように、フルーティーな甘の大吟醸酒が登場しました。
その日本酒こそが十四代です。穏やかな吟醸の香りとまろやかな甘みがたちまち大ブレイクしました。以来、全国の量販店や酒屋さんが、こぞって十四代を取り扱うようになりました。
今では、日本酒ファンのみならず、その名を轟かせる十四代は、山形のプレミア銘柄として、揺るぎない地位を獲得しています。海外の方にも人気があります。価格はどのランクも高い買い取り額になる事間違いなしの日本酒です。
  • 十四代 純米大吟醸 龍泉 720ml

  • 十四代 純米大吟醸 龍月 七垂二十貫 1800ml

  • 十四代 純米大吟醸 白雲去来 720ml

  • 十四代 純米大吟醸 七垂二十貫 720ml

  • 十四代 純米大吟醸 七垂二十貫 1800ml

  • 十四代 純米大吟醸 酒未来 720ml

  • 十四代 純米大吟醸 酒未来 1800ml

  • 十四代 純米大吟醸 秘蔵酒 720ml

  • 十四代 純米大吟醸 秘蔵酒 1800ml

  • 十四代 純米大吟醸 極上諸白 1800ml

  • 十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 雫酒 720ml

  • 十四代 純米大吟醸 龍の落とし子 生詰 1800ml

  • 十四代 純米大吟醸 超特撰 720ml

  • 十四代 純米大吟醸 特吟 300ml

  • 十四代 純米吟醸 龍の落とし子 生詰 1800ml

  • 十四代 純米吟醸 龍の落とし子 おりからみ 1800ml

  • 十四代 純米吟醸 中取り 備前雄町 1800ml

  • 十四代 純米吟醸 中取り 赤磐雄町 1800ml

  • 十四代 純米吟醸 中取り 播州愛山 1800ml

  • 十四代 純米吟醸 中取り 播州山田錦 1800ml

  • 十四代 純米吟醸 出羽燦々1800ml

  • 十四代 純米吟醸 白鶴錦 1800ml

  • 十四代 純米吟醸 槽垂れ 角新 本生 1800ml

  • 十四代 大吟醸 龍の落とし子 限定

  • 十四代 大吟醸 双虹 斗瓶囲い 1800ml

  • 十四代 大吟醸 播州山田錦 720ml

  • 十四代 大吟醸 黒縄 720ml

  • 十四代 大吟醸 黒縄 1800ml

  • 十四代 純米 中取り 無濾過 角新 本生 1800ml

  • 十四代 純米 中取り 無濾過 生詰 1800ml

  • 十四代 本丸 秘伝玉返し 1800ml

  • 十四代 本丸 角新 生酒 秘伝玉返し 1800ml

  • 十四代 別撰 播州山田錦 720ml

  • 十四代 槽垂れ 原酒 1800ml

  • 十四代 槽垂れ おりからみ 1800ml

  • 十四代 荒走り 本生 おりからみ 角新 1800ml