お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

満寿泉買取

ランキング商品名買取価格(10月26日更新)
満寿泉「申」干支ボトル 純米大吟醸Ask
満寿泉 プラチナ 寿 1800ml3,000円
満寿泉 ゴールド 寿 1800ml2,500円
満寿泉 大吟醸 1800ml1,000円

概要

魅力が詰まった酒!満寿泉。

満寿泉とはどのようなお酒なのかを、製造する蔵元の歴史と製造、商品や味わいから詳しく解説します。

満寿泉はどのような特徴をもった日本酒でしょうか。

このお酒について製造する蔵元の歴史や製造の際のこだわり、商品についてや味わいを詳しく解説します。

桝田酒造店の歴史

桝田酒造店(引用:株式会社桝田酒造店

桝田酒造店は、富山県富山市東岩瀬町の蔵を置く蔵元です。

現在は、東岩瀬町に蔵を置いていますが、創業はなんと北海道の旭川からのスタートでした。

初代桝田兵三郎は、自身の子供の長男亀次郎とその妻らと共に北前船に乗って開拓地北海道へ向かいます。

この地で新たに酒造業を始め「都松」という銘柄でお酒を売り出したという記録が最初に登場するのが明治26年です。

これが、桝田酒造店の始まりだったのです。

ではなぜ旭川ではなく、東岩瀬に現在は蔵があるのか。

それは、明治36年に北海道で大寒波が起こった後、亀次郎の妻が「岩瀬に帰ろう。」と言い出したことがきっかけです。

この提案の二年後、明治38年岩瀬に戻ってきます。

岩瀬に戻った後は、「岩泉」という銘柄で酒造りを再開します。

岩瀬の町は、江戸時代から明治初期にかけて海運業で非常栄えた港町でした。

そのため、芸者なども多く在籍していた事から、芸者衆にも多く飲んでもらいたいと岩泉とは別銘柄の『満寿泉』を発売します。

桝田の名字からとった銘柄名は、非常にめでたい名だとして大成功をおさめ、現在に至るまで主力のブランド銘柄となっています。

その後、四代目桝田敬次郎が22歳という若さで蔵を継ぐと、吟醸酒造りに力を入れていきます。

昭和40年代半ばは、まだまだ吟醸酒を一般市場で販売することが一般的ではなかった時代に、酒造酒としての生き残りをかけて吟醸酒造りの道を選択したのです。

四代目当主の経営方針に力を貸したのが、当時若手杜氏であった三盃幸一氏でした。

昭和47年には、早くも成果が出始め、鑑評会の金賞常連の蔵元となったのです。

四代目の右腕として桝田酒造店の吟醸酒に貢献した三盃幸一氏は、彼の父も『満寿泉』の杜氏でした。

18歳で父の後をおい『満寿泉』の杜氏となった三盃幸一氏は、彼と彼の父とで、桝田酒造店初代から現在の六代目まですべての当主をよく知る、桝田酒造店にはなくてはならない名杜氏となっています。

1998年頃からは、東岩瀬町内にそば屋をオープンさせるなどの事業を始め、「岩瀬まちづくり会社」を立ち上げます。

古い家屋などの買取・改修をおこない、レストランや陶芸などの芸術家の拠点を造るなど、酒造りだけではなく岩瀬の町づくりもおこなっている蔵元です。

そんな桝田酒造のこだわりとはなんでしょうか。

桝田酒造店の製造とこだわり

桝田酒造店の酒造りは、酒の味は時代と共に変化するもので、その時代に合った酒造りをする。

伝統の手作業だけが良い酒を造るのではなく、技術の進歩を日々柔軟に取り入れさらにうまい酒造りを追求する。

という信念があります。

さらに、おいしい酒造りができるのは美味しい食べ物を食べている人にしかできない!という「美味求眞」というモットーを持っています。

富山の立地は、海・山ともに恵まれた環境で新鮮な自然の恵みが豊富にあります。

うまい食の素材に合う日本酒造りには、同じく新鮮な自然の素材が重要であると考える桝田酒造店は、立山連峰の雪解水や厳選された酒米を使用しています。

しかしそれだけではなく、酒造りの新たな試みを常に探究することを忘れないのが桝田酒造店です。


  • 純米吟醸酒をワイン樽で半年間貯蔵熟成させる
  • 酵母にワイン酵母やシャンパン酵母を使用

など、日本酒の新たな可能性を探求し、うまい酒造りへのチャレンジを忘れないという製造へのこだわりを持っています。

では、チャレンジ精神を忘れない桝田酒造店の商品をいくつか紹介しましょう。

満寿泉の商品と味わい

『満寿泉 雄町 LIMITED EDITION 生 純米吟醸』

満寿泉 雄町 LIMITED EDITION 生 純米吟醸(引用:さかや栗原

限定酒である「雄町LIMITED EDITION 生 純米吟醸」は、生酒の若々しいフレッシュな味わいとぎゅっと凝縮されたしっかりとした味わいが特徴のお酒です。

限定された販売店のみ取り扱いされている貴重なお酒となっています。

『満寿泉 ワイン樽熟成 純米大吟醸 スペシャル30BY』

満寿泉 ワイン樽熟成 純米大吟醸 スペシャル30BY(引用:IMADEYA ONLINE STORE

熟成用の酸味の強い酒を「ドメーヌ・ラモネ」のモンラッシュを入れたホワイトオーク樽で半年間熟成させたお酒です。

オーク樽で育てられた純米大吟醸酒は、樽からうつった黄金色と樽香と吟醸香が合わさった上品で華やかな香りは複雑でありながらすっと溶け込みます。

深く厚みのある味わいは、ワイン樽の熟成でさらに複雑で味わい深くなっています。

『満寿泉 R2 生15°R1-O』

満寿泉 R2 生15°R1-O(引用:IMADEYA ONLINE STORE

桝田酒造店のチャレンジ酒である「R2 生15°R1-O」は、シャンパン酵母を使用した新たなる試みの日本酒です。

シャンパンのボトルに似た瓶に、赤のぱっと目を引くラベルが印象的な日本酒は、今後日本酒業界のトレンドとなりえるか注目のチャレンジ酒です。

まとめ

満寿泉は、明治から続く長い歴史と伝統だけにこだわることなく、常にうまい酒を求めて酒造りの追究をし続ける桝田酒造店のブランド酒です。

通常の日本酒造りでできた吟醸酒などはもちろんのこと、ワイン樽熟成やワイン酵母・シャンパン酵母を使用した新たな酒造りから生まれた日本酒もまた、満寿泉の旨みがしっかりと感じる淡麗旨口の逸品ぞろいとなっています。

  • 満寿泉 大吟醸 1800ml

  • 満寿泉 ゴールド 寿 1800ml

  • 満寿泉 プラチナ 寿 1800ml

  • 満寿泉「申」干支ボトル 純米大吟醸