お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

獺祭買取

ランキング商品名買取価格(10月26日更新)
獺祭 磨き その先へ 720ml13,000円
獺祭 磨き 二割三分 遠心分離 1800ml4,000円
獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分 1800ml3,000円
獺祭 磨き 二割三分 遠心分離 720ml2,500円
獺祭 磨き 三割九分 遠心分離 1800ml2,000円

概要

獺祭の世界への躍進。

獺祭とはどのような酒造所が製造するどのような味の日本酒でしょうか。

歴史と味わいを商品の紹介と合わせて解説します。

獺祭というお酒は、どのような歴史を持つ酒造所が製造しているでしょうか。

製造方法とこだわり、味わいを商品の紹介とあわせて詳しく解説します。

数ある日本酒の銘柄の中で、日本酒をあまり飲まない方でも聞いたことがある名前はいくつかあるのではないでしょうか。

今回ご紹介したい日本酒は、日本中だけでなく世界へも名が知れ渡り始めている『獺祭』です。

獺祭と聞くと、某有名芸能人が好きだと公言したことを思う方もいるのではないでしょうか。

この有名人の方の発言で若者の間にも広く名前が広まりました。

そんな獺祭ですが、まずは獺祭を製造している旭酒造についてみていきましょう。

旭酒造とは

獺祭(引用:旭酒造株式会社

旭酒造株式会社は、1948年創業の酒造所です。

創業から71年目のこの酒造は、山口県岩国市の山奥に蔵を置く小さな酒造でした。

実は、旭酒造(株)となってからは70年あまりですが、この地で地酒を造り続けて200年以上となる老舗酒造なのです。

200年以上「旭富士」という普通酒を地元で売ってきた旭酒造でしたが、現在の社長の祖父が旭酒造の経営権を取得したことからこの小さな酒造所の転帰が訪れます。

祖父が現社長の父に経営を継いだ後に、旭酒造は200年以上造り続けてきた普通酒「旭富士」を生産しないことを決定します。

そして今や人気の獺祭を造るべく吟醸酒造りへシフトしたのです。

祖父から父へ経営権を継いだ当時は、まさに倒産寸前。

普通酒が地元で売れないという現実がありました。

ここで当時の社長は、需要と供給が間違っているのではないかと考えたそうです。

売れない理由として、酔うための酒という需要は少なく、味わう酒の需要が多いため普通酒は売れないと結論付けます。

しかし、ここで吟醸酒へシフトすることは容易ではありませんでした。

普通酒造りとは違い、高度な醸造技術が必要で簡単にできるものではなかったのです。

このシフトの決断から獺祭が出来上がり世に出るまで約6年もの歳月を旭酒造は要しました。

しかし、試行錯誤と改革により今や世界に羽ばたく山奥の大きな酒造所と変貌を遂げたのです。

旭酒造のこだわりと改革

旭酒造のこだわりと改革は、

  • 酒造適合米最高峰の山田錦のみの使用
  • 杜氏や蔵人制度の廃止と社員での酒造り
  • 日本酒の商業ベーズ利用で初の遠心分離器の導入

の3点をあげましょう。

まず、酒造適合米は山田錦のみを使用することを徹底しています。

この最高の酒造適合米を23%まで削るという精米歩合は驚かされます。

これは当初25%の精白の予定であったものを他社が製品に24%の精白があることを知ったことから、他社にない精白をおこなうために急遽23%にしたというのです。

しかし、日本のどこにも23%まで削った日本酒は存在しなかったことで消費者だけでなく酒造業界へも衝撃を与える大きなインパクトとなり、今や獺祭の代名詞となっています。

次に、杜氏や蔵人制度の廃止です。

これは、冬に農家が出稼ぎとして酒造りをおこなっていた事で、

  • 販売時期には製造者がいなくなり、製造できないという無駄な時間ができてしまう
  • 酒の品質に問題がおこっても既に生産者はおらず対応できない

という事態を打開するためだったといいます。

この制度を廃止し、旭酒造の社員全員で酒造りを行うという方法に変えたことで四季醸造が可能になり、注文も品質の対処も直接リアルタイムでおこなうことができるようになりました。

最後に、日本酒の商業ベースでの遠心分離機の初使用です。

この機械の利用は、作り手の技術とこの機械の融合により、旭酒造が目指す味わうためのうまい酒が造れるようになるという信念の元導入されました。

このように、こだわりと日本酒造りの常識の改革をおこなった旭酒造が作り出す獺祭とはどのようなお酒で味わいはどのようなものでしょうか。

獺祭の製造と味わい

旭酒造が作る獺祭は、磨き二割三分というのが特徴です。

これは、上記で記したように23%まで山田錦を削るということです。

この工程は非常に繊細で高度な技術が必要なため、丸4日間もの時間をかけて精白されます。

しかしここまで削ることで、柔らかく滑らかな口当たり、香り高くフルーティであり甘みもあるさらりとした極上の大吟醸酒となります。

そして、特徴的な工程として最後の上槽に遠心分離機を使用するということです。

無加圧状態でもろみから酒を分離するため、純米大吟醸のもつ香りやふくらみといったものが壊れることなく引き出されます。

こうして作られた獺祭は、磨き上げられた甘さが引き出され、フルーティでさらりとしたのど越しの大吟醸となります。

獺祭の商品と特徴

贅沢の極みといえる獺祭の商品をいくつか紹介しましょう。

『獺祭 磨き その先へ』

獺祭 磨き その先へ(引用:旭酒造株式会社

旭酒造最高酒とされている「磨き その先へ」は、実は精米歩合が非公開となっています。

獺祭磨き二割三分を超えるお酒として造られたこのお酒は、獺祭磨き二割三分とは別物ととらえて良いでしょう。

より甘く後味はすっきりとのど越しはより軽い味わいです。

まるで絹を紡いでいるかのような繊細さと軽さが喉を優しく通っていきます。

まさに獺祭磨き二割三分を超え究極となっているといえる逸品です。

『獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離』

獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離(引用:旭酒造株式会社

獺祭の代名詞である「純米大吟醸 磨き二割三分 遠心分離」は、遠心分離機で搾ったお酒に、通常の圧をかけて絞ったお酒を混ぜているお酒です。

通常の圧をかけた磨き二割三分のお酒を混ぜることで、パンチのあるごく味と洗練された華やかさと繊細さを併せ持った複雑な味わいとなっています。

まとめ

旭酒造は、日本酒造りの常識を改革し、他社にない究極の削りで最高級で贅沢な獺祭を作り上げました。

獺祭は今や世界に羽ばたく究極の日本酒として多くの方が知る日本酒となりました。

今後さらに世界市場への拡大が期待される日本を代表するお酒の一つです。

獺祭の豆知識

獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分 1800ml

獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分とはどのようなお酒で高価買取されているかを解説します。

獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分とはどのような特徴をもつお酒でしょうか。その特徴と高価買取されているかを合わせて簡単に解説します。

日本酒は、2018年の輸出が過去最高となったのをご存じでしょうか。ここ9年間最高輸出額を毎年更新しており、2018年はついに200億円を超える輸出量となりました。

これは、世界中で日本食に注目があつまり、ブームが起こっているのに合わせ日本酒への注目も集まっているということです。

日本酒の需要は国内にとどまらず、世界中に拡大し続けているということなのですね。今回ご紹介するお酒は国内では超人気の獺祭のシリーズです。獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分というお酒についてみていきましょう。

■獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分
このお酒は、山田錦を使用しており、このお米を玄米から77%も磨き極限の精白をおこなった最高級純米大吟醸です。

味わいは、甘くまるではちみつを思わせる甘みと口の中で広がる華やかな香りに、一口目から酔いしれることができるお酒です。このお酒は、のど越しがすっきりとしており切れがいいにもかかわらず、余韻は長く続くというお酒で、このお酒と向かい合ってゆっくりと味わいたいと感じさせられる一品となっています。

■高価買取
このお酒は、非常に精白に時間をかけ極限にしたお酒です。また、1800mlという大きさからも買取は高価買取が期待できます。
高価買取には、保存状態と買取店の選別が重要です。保存は箱と中身がすべて綺麗な状態で保存されているものをすべて査定に提出しましょう。

査定へ出すお店は、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒の買取専門店へ出すことで高価買取がより期待できます。買取専門店ならではの高価買取を期待して、保管してあるこのお酒を買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

真の獺祭の魅力はここにあり!獺祭 純米大吟醸 磨き 三割九分!

獺祭 純米大吟醸 磨き 三割九分の特徴と高価買取について解説します。

獺祭 純米大吟醸 磨き 三割九分は獺祭の真の魅力を持ったお酒です。このお酒はどのような特徴を持つお酒で真の獺祭の魅力を持っているといわせるお酒なのか、高価買取とあわせて解説します。

獺祭は今や、日本全国で人気をはくしているお酒です。そんな獺祭にもいくつかのシリーズがあります。今回ご紹介するのはその中の一つである『獺祭 純米大吟醸 磨き 三割九分』です。このお酒についてみていきましょう。

■獺祭 純米大吟醸 磨き 三割九分
このお酒は、旭酒造の社長が獺祭の真の魅力を持ったお酒であると明言しているお酒です。グラスに注いだ瞬間から香り立つ香りは、甘い果実のような香りで上品さを感じます。

味わいは、甘みが口の中に広がり、芳醇な甘みとフルーティさに酔いしれる余韻までもが長い最高なお酒です。

開封から余韻までも全てにおいて獺祭の魅力のすべてが詰まったお酒なのです。製造会社の社長が太鼓判を押すだけの魅力が詰まっているお酒に酔いしれること間違いなしです。

■高価買取
このお酒の高価買取はされます。といっても、多く出回っているお酒ではあるため、高価買取には付属の化粧箱の状態もきれいである必要があります。さらに、買取査定先もお酒買取専門店のリンクサスのような専門店でおこなうと高価買取が期待できます。

獺祭は日本中、幅広い世代に人気のあるお酒です。需要は絶え間ないため、高価買取が期待できますので一度査定に出し、高価買取価格を確認してみてはいかがでしょうか!

獺祭の入り口!獺祭 純米大吟醸50

獺祭 純米大吟醸50の特徴と高価買取について解説します。

獺祭 純米大吟醸50はどのような特徴を持つお酒でしょうか。この特徴と高価買取を簡単に解説します。

みなさんは、獺祭を飲んだことがありますか?この獺祭は、JALがファーストクラスで採用するほど魅力のあるお酒です。

更に芸能人のもファンは多く、味わいも甘いことから幅広いファンを持ったお酒です。そんな獺祭ですが、今回ご紹介するのは、まだ飲んだことがないという方には入り口としてぜひ飲んで頂きたいお酒である『獺祭 純米大吟醸50』です。

■獺祭 純米大吟醸50
このお酒は、山田錦を50%精白した純米大吟醸になります。香りは繊細で甘く、山田錦の優しい甘さと柔らかさを新鮮な味わいとして楽しむことができるお酒です。

このお酒は獺祭の中でも比較的手の出しやすい万人向けのお酒となっています。そのため、多くの需要があり、このお酒を飲んで獺祭にのめり込んでいく愛好家が後を絶ちません。

そのため、日本で最も人気があり多くの購入者がいるといえます。

そんな獺祭 純米大吟醸50は、買取はどうなっているでしょうか。

■高価買取について
このお酒は、上記で記したように万人向けで手の出しやすいお酒ということです。つまり、価格も同じで、コストパフォーマンスが良い純米大吟醸酒といわれています。

しかし、高価買取は期待できる商品です。多くのファンがいるため、需要は格段に多いことが理由の一つです。そのため、買取査定をお考えの方は保管は大切におこない、査定場所はお酒買取専門店のリンクサスのような専門店でおこなうことで高価買取が期待できます。査定店の選別から買取価格にも影響してきますので、しっかり評価してうれる専門店での買取をおこなうようにしましょう。

獺祭 発砲にごり酒スパークリング50 は女性にも飲みやすい人気酒

獺祭 発砲にごり酒スパークリング50とはどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

獺祭 発砲にごり酒スパークリング50とはどのような製法でどのような特徴をもつお酒でしょうか。高価買取状況とあわせて簡単に解説します。

日本酒ブームといわれている現在ですが、日本酒好き女子の間で特に人気なのは、甘い味わいの日本酒や、スパークリングの微炭酸となっている日本酒です。このような女性にお飲みやすくなっていたり、お酒が強くない方にも受けの良い味のある日本酒が昨今の日本酒ブームの支えになっているともいえますね。

今回ご紹介するのは、そんな日本酒ブームの支えとなっている微炭酸の日本酒の一つである『獺祭 発砲にごり酒スパークリング50』です。

■獺祭 発砲にごり酒スパークリング50
このお酒の特徴はなんといっても微炭酸です。にごり酒であるため、にごり酒ならではのお米の甘みを感じることができ、さらに瓶の中で二次発酵をおこなうことで生み出される発泡性がこのお酒の特徴となります。

味わいは甘みがありながらさわやかで切れ味の良いものとなっています。これは、微炭酸が切れ味を良くしており、飲みやすくお酒が弱い方や女性にもすいすいと飲みやすくなっています。

■高価買取
このお酒は、要冷蔵商品になるので保管は冷蔵でおこなっている必要があります。繊細なお酒ですので、保存には注意が必要です。

高価買取はこの保存状態をよく保管して、早い段階での買取が重要となります。また、付属品で未開封であることが重要です。

更に買取店は、お酒買取専門店のリンクサスのような専門店が高価買取が期待できます。飲まないで保管している商品がありましたら、専門店で買取査定に出すのが良いでしょう。

獺祭 磨き 二割三分 遠心分離ってどんなお酒?

獺祭 磨き 二割三分 遠心分離とはどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

獺祭は日本全国で人気のあるお酒です。その中の磨き 二割三分 遠心分離とはどのような特徴を持つお酒なのでしょうか。

日本酒は、今や全世代に広がりを見せているお酒です。そして、今最も名前が知れ全世代から人気がある日本酒といえば獺祭ではないでしょうか。

今回ご紹介するお酒は、獺祭シリーズの『磨き 二割三分 遠心分離』というお酒です。

■磨き 二割三分 遠心分離
このお酒は、遠心分離という技術を使用して、圧力は加えずに絞ったお酒に通常の圧力をかけて絞ったお酒をブレンドしたものです。

遠心分離の技術で絞られたお酒は、嫌なさわりや嫌な口当たりなど嫌味が全くないお酒となります。逆に圧力をかけて絞られたお酒は、ごく味という五味がバランス良く整ったパンチのあるお酒となります。

この味の違うお酒をブレンドしたこのお酒は、繊細かつ洗練された味わいに加え厚みがまし、奥深さが出るお酒となっています。

ゆっくりとじっくりとこのお酒と向き合うにふさわしいお酒です。

■高価買取
このお酒の高価買取はされます。獺祭は、日本中で人気があるお酒であり、中古市場での人気もあります。

そのため、買取は高価買取価格が提示されやすいお酒となっています。飲まないお酒として保管してあるこのお酒を発見したら一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

お酒買取専門店のリンクサスでは、専門店であるからできる高価買取に満足できる査定をおこなっています。宝の持ち腐れとなる前に高価買取で臨時収入にしてしまいましょう。

旭酒造最高酒!!獺祭 磨き その先へ

獺祭 磨き その先へとはどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

獺祭 磨き その先へのお酒の特徴と、背景を高価買取と合わせて解説します。

今回ご紹介するお酒は、『獺祭 磨き その先へ』というお酒です。このお酒は、旭酒造が製造する日本酒の中で最高のお酒です。

このお酒の特徴を見ていきましょう。

■獺祭 磨き その先へ
このお酒は、旭酒造が獺祭磨き二割三分を超えるお酒を目指して作られたものです。旭酒造の絶え間ない高みへの追究と、向上心の表れといえます。

味わいは、通常の純米大吟醸では生み出すことができない品質を目指したものです。美しい香りと味わい、この香りと味わいには複雑かつ様々な味と香りが重なり合い厚みと重厚感を感じることができます。

さらに、このお酒が喉を通った後の余韻は、長く目を閉じて余韻すらも楽しむことができるお酒なのです。まさに、最高級という言葉に相応しい味わいです。

■高価買取
このお酒の高価買取はされています。このお酒は、まさに旭酒造の最高酒です。愛好家はもちろんのこと、世界中の日本酒ファンがこぞって欲しがる一品です。

このお酒をより高価買取としたい方は、化粧箱はもちろんのこと、中の付属品はすべて購入時のまま買取査定に持っていきましょう。また、買取店も査定額を左右します。

ぜひお酒買取専門店のリンクサスで買取査定をおこなって下さい。高価買取額に納得して買取ができるはずです。

獺祭 磨き 二割三分 遠心分離 は最高のお酒!

獺祭 磨き 二割三分 遠心分離の720mlはどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

獺祭 磨き 二割三分 遠心分離の720mlとは、どのような特徴を持つものでしょうか。そして高価買取されるのかを背景と合わせて解説します。

みなさんは、獺祭を飲んだことはありますか?獺祭は、日本国内にとどまらず、世界に発信する日本酒の一つです。JALのファーストクラスのお酒として提供されていたことがきっかけで、日本中に広がり、芸能人も愛するお酒となりました。

そんな獺祭は、旭酒造株式会社という酒造所が製造している日本酒になります。今回ご紹介するお酒は、獺祭の中の磨き 二割三分 遠心分離720mlというお酒です。

■磨き 二割三分 遠心分離720ml
このお酒の特徴は、なんといっても精米歩合です。このお酒は、最高級酒造適合米である山田錦をなんと23%まで精白した超贅沢品です。この精白にはとても手間と時間がかかります。なんと168時間もの時間をかけ精白しているのです。

この手間をかけたお米で作られた日本酒は、すべてがこの磨き 二割三分 遠心分離720mlへと商品化されるわけではありません。タンクへ仕込まれた中にもこの商品の品質に満たない物も出てくるため、最高の物以外はランク落ちし、磨き 二割三分 遠心分離720mlにはなれないのです。

このように厳しい基準と贅沢な精白によってつくられたお酒は高価買取されるお酒となります。サイズは1800mlと2種類ありますが、720mlはサイズ的にも飲みやすく人気があります。

お酒買取専門店のリンクサスでは、専門店ならではの知識や中古市場の需要等の情報などを多く所持しているため、高価買取が可能となっています。この商品をお持ちの方は、一度査定に出してみると良いでしょう。高価買取される金額に納得されるはずですよ。

獺祭 磨き 三割九分 遠心分離 720ml

獺祭 磨き 三割九分 遠心分離でおこなわれる遠心分離の利点と高価買取について解説します。

獺祭 磨き 三割九分 遠心分離とはどのようなお酒で高価買取されるかを簡単に解説します。

獺祭は、旭酒造株式会社が製造しているお酒になります。この獺祭のシリーズのうち遠心分離機を使用して製造されたお酒が、今回ご紹介する磨き 三割九分 遠心分離になります。

この遠心分離機を使用して製造された日本酒はどのような利点があるでしょうか。

■獺祭 磨き 三割九分 遠心分離 遠心分離の利点
遠心分離機で製造すると、余計な圧力がお酒に加わらないため、美しいお酒を採ることができます。次に遠心分離機は一定の速さで同じ条件で一定時間おこなうことができるので、品質にばらつきがでません。

さらに、密閉された機械の中で搾られるため香りが抜けてしまうことがありません。そのため、より香りを閉じ込めた状態で製造することができます。そして酒袋を使用しないため、この香りを邪魔する独特なにおいがつくこともありません。

このように、お酒の邪魔になるものは排除し、香りなど大切なものは逃がさないで安定したお酒が製造することができます。

そのため、獺祭 磨き 三割九分 遠心分離も香りが膨張するように感じることができるほど高い香りに包まれます。

■高価買取について
このお酒の高価買取はされやすいです。獺祭の人気も高く、需要が多いことも要因の一つです。さらに、この遠心分離でお酒を製造している会社は国内で6社しかないため、なかなか遠心分離のお酒はありません。
高価買取を希望されている方は、お酒買取専門店のリンクサスのような専門店での買取をおすすめします。買取査定額は、専門店ならではの高価買取が期待できるからです。ぜひ一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

獺祭 磨き 三割九分 遠心分離は味も価格も最高なお酒

獺祭 磨き 三割九分 遠心分離とはどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

獺祭 磨き 三割九分 遠心分離とはどのような製造方法や酒造適合米を使用したお酒なのかを高価買取とあわせて解説します。

日本酒製造で、遠心分離という手法で製造する方法を知っていますか?これは、台東区の遠心分離機メーカーが世界で唯一販売している機械によって作られる日本酒になります。

比較的新しい手法となっており、機械を取り入れ製造販売をおこなっているのは、国内で6つの酒造所だけです。今回ご紹介するお酒は、そんな貴重な遠心分離の手法で作られた『獺祭 磨き 三割九分 遠心分離』です。

■獺祭 磨き 三割九分 遠心分離
このお酒は、1分間に3,000回転という高速で絞られるお酒を使用しています。この遠心分離でもろみとお酒となる液体が分離され高純度の日本酒が出来上がります。

この手法で出来上がった磨き 三割九分 遠心分離は、酒袋の独特なにおいがなく、もろみ本来の香りを存分に感じることができます。そして、山田錦の甘みとうま味が大きく膨らむ上品で最高な味わいの日本酒です。

■高価買取
このお酒の高価買取状況は、高価買取されやすいです。より高価買取を狙うのであれば、未開封であることはもちろんのこと、付属の化粧箱も保存状態良く一緒に査定に出しましょう。

そしてより高価買取をめざすためには、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒の買取専門店での買取査定をおこないましょう。そうすることで他ではできない高価買取が期待できます。

自宅に保管されている方は一度査定に出してみるのはいかがでしょうか。

  • 獺祭 磨き 二割三分 遠心分離 1800ml

  • 獺祭 磨き 二割三分 遠心分離 720ml

  • 獺祭 磨き 三割九分 遠心分離 1800ml

  • 獺祭 磨き 三割九分 遠心分離 720ml

  • 獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分 1800ml

  • 獺祭 純米大吟醸 磨き 二割三分 720ml

  • 獺祭 純米大吟醸 磨き 三割九分 1800ml

  • 獺祭 純米大吟醸 磨き 三割九分 720ml

  • 獺祭 純米大吟醸50 1800ml

  • 獺祭 純米大吟醸50 720ml

  • 獺祭 磨き その先へ 720ml

  • 獺祭 発砲にごり酒スパークリング50 720ml