お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

磯自慢買取

ランキング商品名買取価格(10月26日更新)
磯自慢 純米大吟醸中取り35 Adagio 720ml15,000円
磯自慢 大吟醸28 ノビルメンテ 720ml7,000円
磯自慢 中取り純米大吟醸4,500円
磯自慢 純米大吟醸 山田錦 東条秋津 常田 720ml4,000円
磯自慢 純米大吟醸 秋津常田 720ml4,000円

概要

磯自慢は日本の自慢!

磯自慢とはどのようなお酒なのかを、酒造の歴史・製造・味わいの観点から解説します。

磯自慢という日本酒は、どのような歴史を持つ酒造所が製造しているでしょうか。

歴史と製造方法、そして磯自慢の商品について詳しく開設します。

日本で開催されるサミットや政府専用機など日本を代表する場所でも日本酒が提供されているのをご存じでしょうか。

要人にも海外の大統領や首相に提供される日本酒は、選び抜かれた中から厳選して提供されるお酒に選ばれます。

今回ご紹介する日本酒は、

  • 2008年の洞爺湖サミットで乾杯酒として選ばれた
  • 2016年の伊勢志摩サミットでは外交官事前会議の場で提供されるお酒として再び選ばれた

という輝かしい経歴をもつ『磯自慢』というお酒です。

このお酒を知るうえで、まずは磯自慢を製造する磯自慢酒造の歴史と製法を見ていきましょう。

磯自慢酒造とは

磯自慢酒造(引用:磯自慢酒造公式サイト

磯自慢酒造(株)は、静岡県焼津市鰯ヶ島に蔵を置く酒造所です。

創業1830年(天保元年)の189年目を迎えた歴史を持つ酒造は、地元静岡だけでなく全国に愛好家を持つ大人気酒造所です。

現在、酒造の壁がすべてステンレス張りとなっており、中の空調は完全完備の安定した温度と環境を造り上げています。

これは、温暖な静岡の気候の中でもおいしい日本酒を造るためといわれています。

まさに蔵自体が巨大な冷蔵庫のような状態となっているのです。

これは、有名な日本酒は東北地方など雪深く涼しい環境で作られていることを再現するための環境造りなのですね。

日本酒造りの環境を徹底して管理している磯自慢酒造ですが、これ以外にも日本酒業界で初のテロワールというものを導入した酒造所でもあるのです。

これは、同じ醸造酒であるワインで良く使われるもので、ワインの場合ブドウを栽培する土壌の環境や性質から土地の性格を意味する言葉です。

日本酒でもこのテロワールをお米に導入することで、

  • 安定した品質の米を確保できる
  • 安定した味の日本酒を製造できる
  • 米の生産者を守ることができる

というメリットがあります。

このテロワールを初めて導入した磯自慢ですが、このほかに製造においての特徴を見ていきましょう。

磯自慢の製造

磯自慢を製造する上で大切な酒造適合米の確保は、テロワールによって兵庫県東条町秋津の3カ所を指定契約を結びそこで収穫された米のみを使用しています。

そして、日本酒造りでお米と同じくらい大切な水です。

この水は、南アルプスから湧き出た軟水を使用しています。

実は、南アルプスや富士山を背後に持つ静岡は名水で有名でもあるのです。

この名水とお米を使って日本酒が製造される過程はすべて巨大冷蔵庫のような温度を管理された蔵でおこなわれます。

徹底された管理と指定米や名水によりできる磯自慢とはどのような味わいでしょうか。

磯自慢の味わいと特徴

磯自慢の特徴的味わいは、フルーティな香りと少ない酸味、奥深い味わいです。

フルーティな香りと一言でいってもそれは、桃やメロン、バナナやパッションフルーツと自然の香りであるものの多様な感じ方ができるふくよかさのある香りです。

この代表的な特徴をもつ磯自慢の商品ごとの味わいと特徴をいくつか見てみましょう。

磯自慢の商品

『磯自慢 中取り純米大吟醸35』

磯自慢 中取り純米大吟醸35(引用:磯自慢酒造公式サイト

洞爺湖サミットの乾杯酒として一躍脚光を浴びた「中取り純米大吟醸35」は、年間販売数限定1,000本という超希少なお酒です。

1本ずつにシリアルナンバーが付いている限定酒は、中古市場でも大人気であり、高価買取されるお酒の一つです。

磯自慢酒造最高峰のお酒と言わしめるこのお酒は、吟醸香がまさに神秘的であり豊かな味わいと複雑さが絶妙なバランスとなっています。

『磯自慢 中取り純米大吟醸35アダージョ』

磯自慢 中取り純米大吟醸35アダージョ(引用:磯自慢酒造公式サイト

磯自慢唯一の熟成酒「中取り純米大吟醸35アダージョ」は、磯自慢中取り純米大吟醸35の中から少量を冷蔵貯蔵し熟成させたお酒です。

毎年蔵元が選び抜き、その年の最高品質の熟成酒にこのアダージョという称号を与えます。

しかし、毎年この品質に達するものが出るとは限らないため、アダージョの名にふさわしい品質の熟成酒がなかった年は販売すら行わないという徹底されたお酒です。

『磯自慢 純米大吟醸ブルーボトル』

磯自慢 純米大吟醸ブルーボトル(引用:磯自慢酒造公式サイト

テロワール3カ所の田んぼごとに製造された「純米大吟醸ブルーボトル」は、それぞれ「古家」「常田」「西戸」と田んぼの名前が付けら3種類製造販売されているお酒です。

田んぼごとの性質の違いをこの3種類のブルーボトルで感じることができるのではないでしょうか。

それぞれ

  • 「古家」は7月限定
  • 「常田」は9月限定
  • 「西戸」は11月限定

で数量限定販売されます。

磯自慢の特徴を持つ味わいと別に、

  • 生産量の度返しで作られた最高峰の磯自慢
  • 熟成がなされた磯自慢
  • テロワールでそれぞれの生産場所である田んぼごとの味わいの違いを楽しめる磯自慢

など個々で特徴を持つ最高の日本酒が並んでいます。

まとめ

磯自慢は、静岡の温暖な気候の中で環境を徹底管理し、名水と日本初導入したテロワールによる生産地の指定と管理で製造されています。

200年近い伝統と、機械による酒造りへの手助けにより日本を代表するお酒となりました。

なかなかお目にかかることもできない磯自慢ですが、一度は世界に表した日本の酒の味を感じてみたいものですね。

磯自慢の豆知識

磯自慢 純米大吟醸 山田錦 東条秋津 常田ってどんなお酒?

磯自慢 純米大吟醸 山田錦 東条秋津 常田とはどのようなお酒で高価買取されている状況を解説します。

磯自慢 純米大吟醸 山田錦 東条秋津 常田は、どのような特徴を持つ日本酒なのかを高価買取とあわせて解説します。

もうすぐ桜の季節がやってきます。今年のお花見はどこの桜を見ながらお酒と食事を楽しみますか? お花見といえば日本の文化ですよね。桜を眺めながら、日本酒をたしなむという粋なお花見も今年もいいのではないでしょうか?そんな粋な体験が寒くない室内でできるバーもあるのです。

そこでは、桜を眺めながら日本酒の飲み比べができるというなんともうれしいバーとなっているのです。今回、桜に合うお酒の日本酒の一つである磯自慢 純米大吟醸 山田錦 東条秋津 常田をご紹介します。

■磯自慢 純米大吟醸 山田錦 東条秋津 常田

このお酒は磯自慢酒造が製造した、山田錦を100%使用した日本酒です。山田錦は、日本酒を造るお米の中でも適合米として最高級のお米です。このお米を使用した日本酒の味は、やや辛口の締まった味をしています。

香りは若々しい青々とした竹の葉のような自然を感じる香りがたち、スパイシーさが口の中に広がります。

スパイシーな中にもフルーティさも感じることができ、この風味が口の中に余韻として長くとどまるため、余韻まで長く楽しめる日本酒となっています。余韻を長く楽しめるため、ゆっくりと桜を眺めながらお酒を味わう時間を設けるにはぴったりのお酒です。

■高価買取

このお酒を製造している磯自慢酒造は世界的にも人気のある日本酒メーカーです。

そのため、お米の生産場所までにこだわったこのお酒は、高価買取される人気商品となっています。お手元に未開封のこの商品があり飲む予定がないのであれば、酒買取専門店リンクサスで買取査定に出してみてはいかがでしょうか。 専

門店ならではの高価買取査定に納得できるはずです。高価買取で臨時収入をゲットしましょう。

G7シェルパの乾杯酒!!磯自慢 大吟醸28 ノビルメンテ!

磯自慢 大吟醸28 ノビルメンテとはどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

磯自慢 大吟醸28 ノビルメンテは世界的に有名なお酒です。このお酒の特徴と高価買取を簡単に解説します。

みなさんは、サミットとはどのようなものかわかりますか?多くの方は何となくわかるでしょう。先進7か国の首脳が一つの国に集まって集中的に会議をおこなうものです。このサミットは毎年持ち回りでおこなわれています。

そして、このサミット開催前に首脳の側近各国3名ずつが予備会議を持つことをシェルパ会議といいます。2016年におこなわれた伊勢志摩サミットの際の、G7シェルパ会議の夕食会の際乾杯酒として提供されたお酒こそ今回ご紹介する磯自慢 大吟醸28 ノビルメンテです。

■磯自慢 大吟醸28 ノビルメンテ

磯自慢酒造は、2008年洞爺湖サミットにおいて晩餐会の乾杯酒として提供された日本酒の製造元です。そして次の日本開催の2016年サミットでも、シェルパで乾杯酒としてこのお酒が提供されました。

世界に発信するお酒として注目が集まる場所であるため、日本を代表するお酒が提供される場所で2回も採用されるほど素晴らしい日本酒です。

大吟醸28 ノビルメンテは、山田錦を28%までも精白し製造された贅沢なお酒です。味わいはフルーティさと透明感が際立つ上品な味わいです。

ノビルメンテとは、音楽用語であり高貴な・上品なという意味を持ちます。まさに名前に相応しい味わいなのです。

このような最高級大吟醸酒は、高価買取されるお酒です。お酒が国際的な場で評価を得ていることからも世界で人気のお酒です。

お酒買取専門店のリンクサスで買取査定をおこなえば、より高価買取が狙えます。保管し、眠っているこのお酒を見つけたら、一度査定に出してみてください。高価買取に満足査定になるはずですよ。

すべてが特別!!磯自慢 中取り純米大吟醸!!

磯自慢 中取り純米大吟醸とはどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

磯自慢 中取り純米大吟醸とはどのような特徴を持つお酒なのでしょうか。高価買取される背景とあわせて解説します。

日本酒業界は、2018年の国内出荷量の首位が交代する事態が起こっています。2017年までの16年間は、白鶴酒造という神戸の酒造所がトップを守ってきました。

この交代を起こしトップになった酒造所は、宝酒造という京都の酒造所です。しかし、トップとなった宝酒造の出荷量は前年の5%も減少してたといいます。これは、日本酒ブームといわれていながらも、お酒離れが出荷量からも垣間見れるということです。

そんな複雑な状況の日本酒業界ですが、今回ご紹介するお酒は、磯自慢 中取り純米大吟醸です。

■磯自慢 中取り純米大吟醸

このお酒は、すべてが特別使用の贅沢な日本酒です。お米は、特A地区からとれた特上山田錦を100%使用しているお酒です。

すべてにおいてバランスが取れた味わいと香り、そして磯自慢酒造最高峰のお酒の一つです。中取りとは、いわゆる二番搾りであり、日本酒では最も質の良いお酒が取れるとされ、最高に透明度が高い美しくおいしいお酒が取れるとされています。

このような最高のお酒は、高価買取されるでしょうか。

■高価買取

もちろん高価買取されます。このお酒の人気は高く、愛好家にはたまらない一品となっているため、中古市場での人気も高いです。海外での人気、ファンも多い日本酒ですので買取は高価買取価格となります。

買取をお考えの方は、お酒買取専門店のリンクサスでの買取をしてみてはいかがでしょうか。専門店ができる高価買取に納得査定となるはずですよ。

磯自慢 愛山 大吟醸 50はまるでワインのようなスタイリッシュ高級酒!

磯自慢 愛山 大吟醸 50の特徴と高価買取について解説します。

磯自慢 愛山 大吟醸 50とはどのような特徴を持つ日本酒でしょうか。高価買取と合わせて解説します。

磯自慢酒造は、山田錦をこだわって使用し製造している酒造会社です。しかし、今回ご紹介する日本酒は、その山田錦を使わず愛山という特A地区の酒造適合米を使用しているめずらしい限定品です。  

では、このお酒の特徴を見ていきましょう。  

■磯自慢 愛山 大吟醸 50

このお酒はボトルからスタイリッシュさを感じるボトルになっています。まるでワインボトルのような形をしており、日本酒の中では珍しいものです。  

味と香りは、熟成されたバナナを感じる香りにバニラがほのかに顏を覗かせるなんとも芳醇で深い香りで甘く、香りだけで飲むものを引き込みます。  

一口ふくむと、とろっとした優しい甘さと旨みがひろがりそれが大きく包み込んでくれます。しかし後味はスパッと切れが良く、食事と一緒に飲んでも食事の味を邪魔しない素晴らしいお酒です。  

磯自慢が普段使用し製造している山田錦の味とはまた違った味わいのお酒となっています。  

■高価買取

このお酒の高価買取はされる傾向にあります。中古市場への出回る数も少ないため、買取価格も高価買取となりやすいです。  

また、磯自慢酒造の通常の山田錦使用のお酒とは違う珍しさもありますので、ファンにはたまらない商品の一つです。  

買取を希望されている方で、さらなる高価買取を希望されるのであれば、査定に出すお店も重要となります。お酒買取専門店のリンクサスのような専門店での買取を行うことでできる高額査定に満足できるはずですよ。  

一度買取査定に出してみて査定額の確認をしてみるのもいいでしょう。    

磯自慢 純米大吟醸 秋津常田は3種ブルーボトルの1つ!!特徴は?

磯自慢 純米大吟醸 秋津常田の特徴と高価買取について解説します。  

磯自慢 純米大吟醸 秋津常田は、大吟醸のブルーボトルシリーズの一つです。このお酒の特徴と買取状況と合わせて簡単に解説します。  

さまざまな酒造所がある中で、多くの酒造所がおこなっているシリーズ化。このシリーズはファンを虜にする魅力を持っています。  

特別感や限定品であることが私たち愛好家の心をくすぐり、過去の味を覚えている脳が、このシリーズの次はどんな味になるのだろうかと欲する中毒性ともいうべきものがあります。  

今回紹介する磯自慢 純米大吟醸 秋津常田は、最上級のテロワールから生まれる3種類のブルーボトルシリーズの一つです。  

■磯自慢 純米大吟醸 秋津常田

このお酒は、1年の間に3回分けてそれぞれ発売される最上級テロワール3種の1つです。秋津常田は、9月に販売される限定商品となっています。  

のほか2つは、7月と11月にそれぞれ販売されますが、いずれもほぼ同じブルーボトルに入っており、化粧箱もほぼ同じです。ほんの少し箱の色が違ったり、ラベルの色が微妙に違うという変化は並べるとわかる程度となっています。  

この3種類の違いは、磯自慢酒造が使用している特A地区の山田錦の使用は変わらないのですが、さらに場所を絞ったものになります。この紹介するお酒は、常田という地区で栽培された山田錦のみを使用したお酒となっています。  

■高価買取

このお酒は高価買取されています。一年を通してのシリーズになりますので、3つそろえて査定い出すとより高価買取になります。しかし、もちろん個々でも高価買取となるのは、手に入れられなかったファンの需要が多いからです。  

買取を希望されているかたは、ぜひお酒買取専門店のリンクサスでの査定をしてみてください。他店とは違う専門店の知識と買取実績で高価買取価格が実現しています。飲まない方は特に査定に一度だしてみてはいかがでしょうか。

磯自慢 純米大吟醸 中取り35 Adagioは世界でも有名!

磯自慢 純米大吟醸 中取り35 Adagioとはどのようなお酒か高価買取されるかを解説します。

磯自慢 純米大吟醸 中取り35 Adagioは、世界でも有名なお酒です。その背景とお酒の特徴を高価買取とあわせて解説します。  

日本酒を飲む際に、今ワイングラスで飲むという現象が起きているのをご存じでしょうか。これは、ワイン同様香りを楽しむことができる日本酒はワイングラスで飲むことでその香りを存分にあじわうことができるためといわれています。  

CMでも大吟醸をワイングラスでというような広告もあるくらいです。それほど香りにも自信と特徴が出る日本酒ですが、今回ご紹介するお酒は、世界の首脳が集まるサミットの乾杯酒として提供された日本酒をさらに熟成させたものです。  

では磯自慢 純米大吟醸 中取り35 Adagioの特徴を見ていきましょう。  

■磯自慢 純米大吟醸 中取り35 Adagio

このお酒は上記で記したようにサミットで提供され、世界中に名前が知れ人気となった日本酒の中から少量を取り出し熟成させたものです。のお酒の特徴は、芳醇なフルーティの香りと透明感、すっきりとしたのど越しにやさしい甘さと酸味をほのかに感じる繊細な味わいです。  

すっきりとした上品なお酒となるため、食事中に飲むお酒としてもぴったりで、飲んだ後の食事の味を邪魔しないお酒です。  

このような奥深い味わいを提供してくれる磯自慢酒造のこだわりである、特A地区で採れた最高の山田錦を使用してこのお酒を造っているため非常に素晴らしいお酒となっています。  

そんなお酒は高価買取されているでしょうか。  

■高価買取について

このお酒は高価買取されます。なんといってもこのお酒の元である日本酒は、サミットで世界中に知れ渡ったことで世界中にファンができました。大人気となったこのお酒のさらに熟成された日本酒であるこのお酒ならば、中古市場でももちろん人気で需要が多くあります。  

そのため買取は高価買取となるのです。現在お手持ちの方は、ぜひお酒買取専門店のリンクサスでの買取査定をおすすめします。お酒の専門店だからできる高価買取価格に納得できるはずです。  

買取査定は思い立ったときに、思い切っておこないましょう!!

磯自慢 特別本醸造山田錦 生原酒は一年に一度の特別酒!

磯自慢 特別本醸造山田錦 生原酒はどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

磯自慢 特別本醸造山田錦 生原酒はどのような特徴を持つ日本酒なのか、高価買取はされているのかを簡単に解説します。

日本酒は、気軽に飲むことができるカップ酒というのがあることはみなさんご存じですよね。コンビニで手軽に買えて楽しめる日本酒の代表がカップ酒ですが、そのカップ酒を専門で扱うバーが新宿にあるのです。200種類以上のカップ酒を取り扱うこのお店に一度行ってみたいものです。  

そんな手軽に飲める日本酒とは別に、希少でなかなか飲むことができないものまである日本酒ですが、今回ご紹介するお酒は、一年間に1度しか販売されない『磯自慢 特別本醸造山田錦 生原酒』です。  

■磯自慢 特別本醸造山田錦 生原酒

このお酒は、上記で記した通り一年に一度の販売、限定商品になります。生酒ならではの搾りたてフレッシュな香りと味、しかし角が一切ない丸みのある味わいと吟醸香を感じる年に1度の贅沢な生酒です。  

生酒は、賞味期限が早く半年を目安に味が落ちるといわれています。さらに保存は、冷蔵保存が必要という繊細なお酒です。  

■高価買取

このお酒は高価買取されています。なんといっても、年に一度だけの限定酒という希少性が買取を高価買取とさせています。  

また、磯自慢のお酒は世界的にもに人気のある日本酒のため、中古市場は世界規模で需要がある状態です。  

さらに、生酒は期限が早いため購入後開封することが多く出回ることが少ないということも高価買取の理由となっています。早めの買取が必要となるこのお酒をより高価買取とするには、お酒買取専門店のリンクサスでの買取査定をおこなうのがいいでしょう。  

専門店だからできる早い買取査定と金額に満足できるはずです。買取をお考えの方は早めに買取査定にだすようにしましょう。

磯自慢 吟醸 山田錦 生酒 原酒は定番食中酒!!

磯自慢 吟醸 山田錦 生酒 原酒の特徴と高価買取について解説します。

磯自慢 吟醸 山田錦 生酒 原酒は、どのような特徴を持ったお酒でしょうか。高価買取状況と合わせて解説します。 みなさんは、食前酒・食中酒など食事の場面や食事内容に合わせてお酒を変え楽しんでいますか?

 

日本では、あまり食事に合わせたお酒という重要性はあまり強くないかもしれませんね。元々の日本食を食べてきた私たち日本人には、日本酒がどの場面でも一番合うことは間違いありませんね。  

しかし、そんな日本酒にも味わいや香り、のど越しなど様々あり、食事に合う、デザートに合うなど食べ物との相性というのがあるのです。  

では、今回ご紹介する磯自慢 吟醸 山田錦 生酒 原酒は食事のどのような場面に合う抑えKなのでしょうか。特徴と合わせてみていきましょう。  

■磯自慢 吟醸 山田錦 生酒 原酒

このお酒は、生酒であるため若々しく上品なフルーティな香りがグラスに注ぐと香り立ちます。味わいは、繊細で優しい甘さがあり、さらっとした飲み心地でくどく後に残らない自然体な日本酒です。  

そのため、食事の邪魔を一切しないさわやかさがあり、和食から洋食まで料理を選ばず食事中に飲むことができる万能な日本酒なのです。  

ではこのお酒は高価買取されるでしょうか。  

■高価買取

高価買取されるお酒です。しかし、生酒という特徴から冷蔵での保存が必要で、賞味期限が短い繊細な日本酒です。そのため、買取を希望される場合は一刻も早い買取が高価買取につながります。  

急いで買取を希望する方は、お酒買取専門店のリンクサスで査定をおこないましょう。専門店である利点の査定の速さと高価買取が可能です。生酒は買取を早くおこない、臨時収入を得ましょう!

磯自慢 吟醸 生詰原酒とはどこのお酒?特徴は?

磯自慢 吟醸 生詰原酒の特徴と酒造会社、高価買取について解説します。

磯自慢 吟醸 生詰原酒はどのような特徴をもったお酒なのでしょうか。このお酒を製造している会社と、高価買取と合わせた簡単に解説します。    

みなさんは、日本酒の世界に触れてどのくらいでしょうか。まだまだ入りたての入り口に立ったばかりの人も多いのではないでしょうか。   筆者の日本酒との出会いは20歳の成人式の日でした。その時はまだまだ味も分からず、お子様舌だったことや、待ったくの知識のなさから、何とも思わず飲んでいました。しかし、今思えばもったいない話です。  

こんな奥深く、味も香りも豊かな日本酒の世界を20歳からスタートをきることができるチャンスだったのですから。  

そんな日本酒の世界は、まだまだ知らないことが多い初心者の方にもわかりやすく今回ご紹介するお酒をみていきましょう。  

■磯自慢 吟醸

生詰原酒 このお酒は、磯自慢酒造という静岡県にある会社が製造したお酒になります。ここの会社の特徴は、すっきりとした味わいと、フルーティで淡麗な飽きの来ないお酒です。  

この磯自慢 吟醸 生詰原酒は、冬季限定販売の品です。新酒特有の爽快で華やかな香りが広がり、生酒らしい芳醇でキレの良い味わいとなっています。 生酒であるにもかかわらず、透明感と丸みがありおいしさが際立つ日本酒です。  

そんなお酒は高価買取されるでしょうか。  

■高価買取について

このお酒は高価買取されます。冬季限定の限定商品であり市場へ出回る数も少ないため買取価格は高価買取となりやすいです。しかし、生酒であるため、賞味期限が短く繊細なお酒となります。そのため、買取をお考えであれば、早くおこなうことをおすすめします。  

そんな急な買取の際は、お酒買取専門店のリンクサスでの買取査定が良いでしょう。専門店ならではの速さと買取価格に満足いくはずです。一度早めに買取査定をおこないましょう。

磯自慢 中どり 純米大吟醸35はサミットの乾杯酒!!

磯自慢 中どり 純米大吟醸35とはどのような特徴があり高価買取されるかを解説します。

磯自慢 中どり 純米大吟醸35は、サミットで有名となったお酒です。このお酒の特徴を高価買取と合わせて簡単に解説します。  

日本酒は、日本酒ブームが来ているといわれています。日本酒のブームは過去にも何度かブームとなっています。ブームが起きるたびに、愛好家が増えることは日本酒の発展にもつながりますから喜ばしいことでしょう。  

今回はどのような大きさのムーブメントになるか楽しみですね。今回ご紹介するお酒は、日本酒初心者の方にもぜひ知ってほしい1本です。  

■磯自慢 中どり

純米大吟醸35 このお酒は、洞爺湖サミットで世界の各国首脳へふるまわれた日本酒です。乾杯の際に全首脳が飲んだお酒こそこの磯自慢 中どり 純米大吟醸35なのです。   まさに世界に誇る日本酒を代表するにふさわしい採算度外視の日本酒最高峰のお酒です。純米大吟醸の吟醸香が香り立ち、複雑で奥深い味わいは、飲んだものを引き付ける魅力を持っています。  

すべてにおいてバランスが取れた最高峰の日本酒は、世界に誇る日本を代表するお酒といっていいでしょう。  

■高価買取について

このお酒は高価買取されます。サミットで世界中に注目されたことから、入手は大変難しく人気も爆発的に上昇したことから、中古市場での需要が多くあります。  

このことからも、買取価格は高価買取となるのです。買取査定の際に、未開封であることや、付属品のすべてがそろっていると買取はより高価買取が期待できます。  

さらに高価買取に上を目指すのであれば、お酒買取専門店のリンクサスでの買取がおすすめです。お酒の買取を専門としえいますので、期待以上の高価買取査定額となるはずです。    

磯自慢 純米大吟醸 秋津西戸は超限定品!!

磯自慢 純米大吟醸 秋津西戸の特徴と高価買取について解説します。

磯自慢 純米大吟醸 秋津西戸はシリーズの1つです。このシリーズについてとお酒の特徴、高価買取について簡単に解説します。

今回ご紹介するお酒を製造している磯自慢酒造様を少しご紹介したいと思います。この酒造会社は、静岡県焼津市にある創業1830年という老舗の酒造所です。1830年といえば、日本は江戸時代後期でした。歴史的に見れば、日本史で習ったシーボルト事件から2年ほどの時代です。  

とても長い歴史を持つ老舗であることがわかりますね。日本酒のいい時も悪い時も見てきたこの磯自慢酒造は、昔ながらの製法と原材料にこだわり抜くお酒造りをして、世界中にファンが多い日本酒を製造しています。  

そんな酒造会社が製造している純米大吟醸 秋津西戸とはどのようなお酒でしょうか。  

■磯自慢

純米大吟醸 秋津西戸 このお酒は、1年を通して3回販売されるシリーズの1つです。このお酒の特徴は、山田錦栽培場所の特A地区内にあるさらに地域を絞った西戸という地区限定で栽培された山田錦を使用している日本酒です。  

つまり、きわめて限定的な場所になるため生産・販売数に限りがあり超レア商品となります。この秋津西戸の販売は、11月におこなわれ、その他2つはまた違う月に販売されています。  

まさに、トリプルA地区のお米使用という貴重なお酒です。これは、3つを1年間かけて集め飲み比べという贅沢をしたくなるお酒ですね。  

■高価買取について

このお酒は高価買取されます。シリーズ内の1つだけであっても超貴重な商品となるため、高価買取となるのです。より高価買取を狙うのであれば、3つをそろえて、付属品もすべてそろえた状態で買取査定に出すことです。  

また、買取先としてお酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取の専門店での買取がより高価買取となります。一度専門店ならではの高価買取額を確認してみてはいかがでしょうか。

  • 磯自慢 吟醸 生詰原酒 1800ml

  • 磯自慢 純米大吟醸中取り35 Adagio 720ml

  • 磯自慢 吟醸 山田錦生酒原酒 1800ml

  • 磯自慢 純米大吟醸 秋津常田 720ml

  • 磯自慢 純米大吟醸 秋津西戸 720ml

  • 磯自慢 中どり 純米大吟醸35 720ml

  • 磯自慢 特別本醸造山田錦 生原酒 1800ml

  • 磯自慢 愛山 大吟醸 50 720ml

  • 磯自慢 純米大吟醸 山田錦 東条秋津 常田 720ml

  • 磯自慢 中取り純米大吟醸

  • 磯自慢 大吟醸28 ノビルメンテ 720ml