お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
日本酒買取

菊姫

概要

妥協なき酒造りから生まれた奇跡の酒!菊姫。

菊姫とはどのようなお酒で、このお酒を製造する酒造所の歴史、味わい、製造方法・商品について詳しく解説します。

菊姫とはどのような特徴を持つ日本酒でしょうか。

このお酒の味わいと商品の製造について製造をおこなう酒造所の紹介とあわせて詳しく解説します。

日本酒は、日本人の心にしみるお酒ではないでしょうか。

しかし、いまや国籍を超え世界中の人々の舌と心を満たすものとなりつつあります。

そんな日本酒の中から今回ご紹介するお酒は、『菊姫』です。

このお酒を造る酒造所をまずは知っていきましょう。

菊姫合資会社とは

菊姫(引用:菊姫合資会社

菊姫を製造・販売する酒造は、「菊姫合資会社」です。

石川県白山市に蔵を置き、今や米焼酎まで製造しています。

創業は、はっきりとした年は分かっていませんが1570年から1600年の創業であるとされています。

短くみても400年以上の歴史を持つ老舗の酒造所なのです。

時代は安土桃山時代ごろの創業とされています。

歴史上では豊臣秀吉が取り寄せて飲んだ酒であるという記述もあります。

江戸時代に

  • 天下の酒
  • 幻の銘酒

という異名までつけられるほどの人気があったといいます。

歴史では一度衰退する時期もありましたが、近年は、品評会で優秀賞など様々な賞を受賞しています。

そんな歴史と伝統・受賞歴をもつ菊姫合資会社は、どのようなお酒へのこだわりをもっているでしょうか。

酒造のこだわり

菊姫を造るうえでのこだわりは、

  • 妥協しないこと
  • 原料米へのこだわり
  • 作り手の継承

です。

妥協しないこととは、菊姫の酒造りは子育てと同じであるとしています。

正解のない作業は、愛情を与え慈しみながら育てていくことで最高のゴールが見えるといいます。

一方で、一回の妥協がすべてを壊す可能性があるとし、一切の妥協を排除することで旨い酒が造れるとしています。

原料米のこだわりとは、酒造適合米へのこだわりです。

使用している酒造適合米は、特A地域の兵庫県三木市吉川町に「村米という契約地区を確保しています。

ここから酒造適合米最高峰の山田錦を仕入れ、菊姫の純米大吟醸・吟醸酒は100%山田錦の使用というこだわりです。

さらに通常は使用されない普通酒にも、菊姫は酒造適合米を使用しています。

製造する菊姫への妥協のないこだわりの原料米といえます。

そして作り手の継承とは、日本酒1千年の歴史の中で最も合理的な醸造法を確立していますが、この先人の基礎に新しい技術を加えてきたのが菊姫の醸造方法なのです。

この技術は杜氏が培ってきたもので、これを伝承するために分析・データ化・蓄積をおこないます。

この情報が菊姫を製造するノウハウとして後世に伝承されていき、さらに新たな技法の取り入れなど酒造りへの挑戦と追及をおこなっていくことができるのです。

この3つ以外にもこだわりは各所にみられ、細部へのこだわりと妥協のない酒造りが良くわかります。

そんな妥協なき酒造りでできた菊姫とはどのような味わいでしょうか。

菊姫の製法と味わい

菊姫は、通常の醸造タンクよりも小さいタンクで仕込まれます。

これは、人の目が届く大きさでしっかりと管理ができる大きさとされています。

さらに特徴的な製法として、通常使用される活性炭での無色化を行いません。

これは、活性炭が色を吸着する際に旨み成分までも奪ってしまうとし、この旨みを残すためにこの工程を外しているのです。

そのため、菊姫は「黄金色」と表される黄色が特徴的です。

味わいは、上品さと力強さを合わせもち繊細な旨みが特徴です。

さらに、濃厚で芳醇、酸味をしっかりと感じる力強い口当たりがまるでカルピスのようだと表現されます。

そんな味わいをもつ菊姫のラインナップをいくつか見てみましょう。

菊姫の商品

『菊姫 菊理媛』

菊理媛(引用:菊姫合資会社

菊姫の最高峰「菊理媛」は、最上級の吟醸酒を厳選し、10年以上の熟成期間を設け長い時間と手間をかけ磨き上げた最高のお酒です。

製造過程で使用している山田錦を50%以下まで精白しますが、この精米歩合は毎年その米に合わせて微妙に調節されています。

類をみない品格高いしなやかさと、時が刻まれた黒糖のような凝縮された甘い香り、厚みと奥深さを感じるコクと口当たりのなめらかさ。

長期熟成によって生み出された最高な味わいとなっています。

『菊姫 黒吟』

菊姫 黒吟(引用:菊姫合資会社

理想のお酒となった時に初めて出荷される「黒吟」は、圧力を一切加えることなく、重力と重さのみで自然に落ちる酒を集め瓶詰めし、3年以上の低温熟成をおこなうお酒です。

山田錦を40%まで精白し、瓶詰め後十分な熟成がなされたと合格がでた時に初めて出荷が許されるため、熟成期間が3年以上ではあるものの、決まりがありません。

味わいは、熟成によってバナナのような甘さを連想する香りと香ばしさを感じ、絹のようなきめ細やかな旨みが口のなかで広がります。

『菊姫 淳』

菊姫 淳(引用:菊姫合資会社

普通酒の「淳」は、普通酒でありながら酒造適合米最高峰の特A山田錦を100%使用してつくられたお酒です。

普通酒でありながら非常に贅沢なお酒という菊姫ならではのお酒です。

ナッツのような香ばしさと、酸味を感じ入る複雑な香りに、米の甘みと酸味がバランス良く口の中で訪れる味わいです。

いくつもの商品がありますが、いずれも菊姫のこだわりが詰まった製造により出来上がった最高の日本酒たちです。

まとめ

菊姫は、400年以上の歴史を持つ酒造から出来上がった最高のお酒です。

全国にファンを持つこのお酒は、

  • 妥協を許さず媚を売らない
  • 流行に流されない

そして、旨い酒造りを常に目指して研究と挑戦を行っている酒造だからこそできた最高のお酒といえます。

10年以上の熟成・期間を定めず杜氏と菊姫がGOを出すまでこだわって熟成するお酒、普通酒へも最高の酒造適合米を使用するこだわりは、どの時代も日本人の心と舌を満たす日本酒となっています。

菊姫の豆知識

菊姫 白吟 超吟は大吟醸の中の大吟醸だ!!

菊姫 白吟 超吟はどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

菊姫 白吟 超吟というお酒はどのような特徴をもったお酒でしょうか。高価買取と合わせて簡単に解説します。

今回ご紹介するお酒を製造している会社は、石川県の菊姫合資会社です。この会社のお酒造りは、妥協を排してより良い日本酒造りに賭けている。というものです。  

これほど日本酒造りへのこだわりに徹してきた会社は、新酒鑑評会で23年間連続で受賞しているという実力を持っています。   そんなおいしい日本酒を製造する会社が造る菊姫 白吟 超吟とはどのようなお酒か見ていきましょう。  

■菊姫 白吟

超吟 このお酒は、まさに大吟醸の最高峰です。元々は、鑑評会用に作られたお酒を最高な大吟醸へと洗練させたものです。  

飲んでおいしい吟醸酒というものを目指した会社が会社の誇りをかけて作ったという最高峰といっていいお酒です。このお酒は、山田錦使用の大吟醸酒の特徴である華やかで甘みを感じるものです。  

口当たりは、繊細で上品さを忘れない口当たりが特徴です。後味はすっきりとしており、何度でも飲みたい気持ちにしてくれるおいしいお酒です。  

そんなお酒は高価買取されているでしょうか。  

■高価買取について

このお酒は高価買取されるお酒です。大吟醸の最高峰といえるこの酒は、需要が高く、買取価格も高価買取となりやすいのです。  

このお酒をお手持ちで、買取を希望されている方はお酒買取専門店のリンクサスでの買取をお勧めします。お酒の買取を専門としているお店だからこそできる高価買取に満足できるはずですよ。

菊姫 黒吟 大吟醸ってどんなお酒?高価買取される?

菊姫 黒吟 大吟醸とはどのようなお酒か、高価買取されるかを解説します。

菊姫 黒吟 大吟醸は、どのような特徴をもつ日本酒なのでしょうか。そしてこのお酒の高価買取はされるかを簡単に解説します。

日本酒には、大きく分けて甘口・辛口の違いが初心者にもわかる味の違いではないでしょうか。  

好みもまずは甘いものか辛いものが好きかと聞いてからお酒の種類を選んでいくことからはいるのではないでしょうか。そこからさらに香りの好みや、酸味の強さ、後味の残り方などの好みが出てきて、奥の深い日本酒の世界にどっぷりとはまっていくのですね。  

奥の深い日本酒は、いつまでたっても私たちを楽しませてくれます。そんな日本酒の中から今回ご紹介するのは、菊姫 黒吟 大吟醸です。このお酒の特徴を見ていきましょう。  

■菊姫 黒吟

大吟醸 このお酒の製法は、圧力を一切かけないで自然に任せて落ちたお酒を瓶詰めし、ゆっくりと低温熟成されたお酒となります。このお酒の熟成期間は、最低3年以上という熟成期間となっており、この熟成はお酒ごとに違い菊姫がOKを出さないと出荷されることは絶対にありません。  

これほど完成度にこだわりをもった黒吟は、辛口ですっきりとした味わいで香りは芳醇でまるでバナナのような甘さを感じます。甘さの中に香ばしさも感じることができ、複雑な香りでありながら酸味も少なくすっきりと飲めるお酒です。  

これほど繊細な香りと味わいを出すお酒は高価買取されるのでしょうか。  

■高価買取

このお酒は高価買取されます。菊姫の作る日本酒はファンが多く、中古市場でも人気が高いです。熟成された古酒となった黒吟は、価値もあり、世界中から通所市場での買い付けがおこなわれます。  

そんな黒吟の買取を希望されているのであれば、お酒買取専門店のリンクサスでの買取がおすすめです。買取専門店の豊富な知識と買い取り実績から高価買取が望めます。   買取査定に一度だして査定額を確認してみるのもいいですね。

菊姫 菊理媛はこだわりの究極酒!

菊姫 菊理媛はどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

菊姫 菊理媛は酒造所のこだわりがつまったお酒です。そんなお酒の特徴と高価買取について解説します。

日本酒の材料はもちろんお米ですよね。しかし、このお米もなんでもいいというわけではありません。日本酒の製造に適したお米というものがあります。それが酒造好適米というものです。  

この酒造好適米が、日本酒の味を決めるのです。酒造好適米にはいくつか種類がありますが、有名なところでは、山田錦や雄町、美山錦など一度は聞いたことがあるお米ではないでしょうか。  

今回ご紹介するお酒の菊姫 菊理媛はこの山田錦を使用したお酒になります。このお酒の特徴を見ていきましょう。

■菊姫

菊理媛 このお酒は、石川県白山市に本社を置く菊姫合資会社が製造したものです。このお酒の特徴は、10年間の熟成ののちに販売されている商品であるということです。  

通常日本酒は搾りたてや生酒、生貯蔵など製造から早い段階で出荷し、フレッシュ感を売りにするものが多いです。しかし、そんな中で10年もの間熟成させる日本酒として特徴的です。  

100%山田錦を使用した菊理媛は、10年間の貯蔵の間安定した状態での保存が条件とされており、製造から貯蔵、出荷までの長い間神経をつかわれ、こだわり抜かれたお酒なのです。  

このお酒の水は、敷地内の井戸からくみ上げられた地下水を使用しており、とてもきれいなお酒造りに適したお水を使用しています。  

そんなこだわりが詰まった古酒である菊姫 菊理媛は高価買取されるのでしょうか。  

■高価買取

このお酒は高価買取されます。実は、このお酒の販売価格もなかなかのお値段がしますが、入手困難であることや、希少な10年ものの日本酒ということもあり買取は高価買取となります。  

買取希望をされる方で、より高価買取を願うのであれば、お酒買取専門店のリンクサスでの買取をおすすめします。専門店だからできる高価買取価格に納得できるはずです。一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

  • 菊姫 菊理媛 720ml

  • 菊姫 菊理媛 1800ml

  • 菊姫 黒吟 大吟醸 720ml

  • 菊姫 黒吟 大吟醸 1800ml

  • 菊姫 白吟 超吟 720ml

  • 菊姫 白吟 超吟 1800ml