お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
日本酒買取

黒龍

概要

黒龍の熟成と酒造の歴史。

黒龍のお酒を製造する酒造の歴史と黒龍の製造方法や味わい、商品などについて解説します。

黒龍とはどのような歴史をもつ酒造所が製造しているでしょうか。

その歴史と製造方法、黒龍の味わいと商品について詳しく解説します。

日本酒好きの方なら知っているであろう「黒龍」というお酒を今回はご紹介したいと思います。

このお酒を知るためには、黒龍酒造の

  • 歴史
  • 製法
  • こだわり

を知る必要があるでしょう。

黒龍酒造とは

黒龍酒造株式会社は、福井県吉野郡に本社・製造場所を置く酒造です。

創業は、文化元年1804年創業の215年の歴史を持つ老舗の酒造所になります。

初代蔵元「石田屋二左衛門」から、手造りの日本酒を追求して来た黒龍だからこそこの長い歴史を刻み、今なお生き残り続けている理由といわれています。

伝統文化の日本酒造りを守り続けている酒造所の企業の理念は

「自然と人との調和を目指し、豊かな生活文化を創造する。」

というもので、この理念のもと日本酒造りをおこなっています。

黒龍酒造は、七代目蔵元がワインと日本酒は同じ醸造酒であることから「ワインの熟成が日本酒に応用できないか」とフランスやドイツを歴訪。

そののち、酒造りを追求し続け大吟醸「龍」を誕生させました。

これは、全国的にも最先端として大吟醸酒を商品化したものとなったのです。

そんな伝統と革新を続けて長い歴史を築いてきた黒龍酒造のこだわりとはなんでしょうか。

黒龍酒造のこだわり

この投稿をInstagramで見る

akiko toda nakayamaさん(@ako_nyan_nyan)がシェアした投稿

黒龍酒造のこだわりはまず「」です。

黒龍酒造が創業した当時の松岡藩は、名水が湧き出る場所でした。

白山山系の雪解け水が時間をかけて大地で濾過され、名水として湧き出ます。

その名水は、福井県最大河川の「九頭竜川」へ流れます。

この川は、非常に澄んだ美しい水が流れています。

それを裏付けるように綺麗な川でしか生息しない鮎やマスがこの川に生息しています。

この美しく綺麗な名水は、柔らかく滑らかな口当たりの軟水。

この名水を使用することで黒龍が目指している吟醸酒の綺麗でふくらみのある味わいとなるのです。

次にこだわっているものとして「」です。

お米は、日本酒を製造する上で水に匹敵する重要な原材料であるとしています。

そのため、全国11蔵元と「フロンティア東条21」というグループを立ち上げて活動しているほどです。

このグループの目的は、

  • 兵庫県東条地区の素晴らしい米がもっと評価されて欲しい
  • このお米で最高のお酒を作る喜びを分かち合いたい

というものです。

そのため黒龍酒造では、東条産の山田錦・福井県大野産の五百万石など選び抜かれた酒造適合米を厳選して使用し、最高のお酒を日々造り続けているのです。

もう一つ黒龍酒造がこだわっているものとして、「原料処理」の工程です。

原料処理とは、洗米した米を水に浸す浸漬・米の蒸しまでのことを言います。

毎年条件が同じ気候というものはなく、必ず毎年出来上がるお米の品質は変わります。

これを毎年その米にあった漬け込み時間や蒸し時間を秒単位で調節することで最高のお酒ができると考えています。

この米の分析や時間の決定は、熟練した杜氏が行います。

長年の経験と酒造の伝統がこの決定を可能にしているのです。

黒龍酒造は、

  • 杜氏の能力を非常に大切にしている
  • 伝統を重んじその伝統を大切にしている

ということが良くわかります。

黒龍の熟成と味わい

こだわり抜かれて作られたお酒の中で、黒龍のシリーズは、零度以下での長期熟成が行われます。

これは、七代目蔵元のワイン熟成と日本酒の研究から開発されたもの。

熟成施設として、同じ福井県吉野郡内に2005年「兼定島酒造りの里」を建設しました。

この貯蔵施設では、

  • 原酒の冷蔵貯蔵庫・冷蔵調合室
  • 製品の低温貯蔵庫
  • 製品の氷温貯蔵庫

が設けられています。

すべて徹底した温度管理がされ、黒龍の中には、氷温貯蔵庫で2年から3年もの熟成期間を置く商品もあります。

この氷温貯蔵庫での長期熟成により、

  • 角が取れた丸いやわらかな味わい
  • きめ細やかな口当たり

となる上品な純米大吟醸へと変化するのです。

黒龍商品

時間と手間を惜しまず作られた黒龍の商品を2つ紹介しましょう。

『黒龍 石田屋』

黒龍 石田屋(引用:黒龍酒造株式会社

純米大吟醸酒の極みである『石田屋』は、黒龍酒造の屋号から付けられた名前です。

山田錦を35%まで磨きあげ、2年程度低温熟成されたお酒です。

毎年11月に数量限定・期間限定で販売される入手困難なお酒の一つです。

味わいは、優しくさわやかなシトラスやメロン、桃のような香りも感じる幅の広い香りを楽しむことができます。

多様な味わいはまるで日本の四季がお酒の中に入り込んでいるようです。

デリケートでありながら奥深さも感じ、酸味と甘み、強さと優しさが絶妙なバランスが取れている最高の日本酒です。

『黒龍 純吟三十八号』

黒龍 純吟三十八号(引用:黒龍酒造株式会社

このお酒は、酒造適合米の最高峰である山田錦を使用した純米吟醸酒です。

10月限定商品のため、毎年人気の逸品です。

「三十八号」という名前の由来は、1年の酒造りの中で三十八回目の醪が搾られる頃というのが秋であり、最もおいしい季節といわれています。

そんな最も美味しい頃に作られるお酒ということから、その仕込み番号がそのまま使用されたという名前です。

通常の黒龍吟醸酒は、酒造適合米として五百万石を使用するところを、この純吟三十八号は山田錦を使用しています。

非常に香り高い吟醸香は、まるで生酒のようです。

繊細で絹のようになめらかな口当たり、上品なお酒の代表のような味わい、香りをしっかりと楽しむことができる日本酒ですので、ワイングラスで飲む日本酒として最高です。

まとめ

黒龍は、黒龍酒造が丹精込めて作り上げたお酒です。

215年という長い歴史の伝統と、ワインと同じ醸造酒ということからヒントを得て日本酒の低温熟成を行うという革新により、他にない熟成と味わいを表現した高級酒となりました。

革新と伝統でできた黒龍は、中古市場でも高価買取されることが多いため、なかなか入手困難な商品となっています。

しかし、この熟成によりできた日本酒をぜひ味わってみたいものですね。

黒龍の豆知識

黒龍 FIFA公認完全限定品は2010年に2010本のレア商品!!

黒龍 FIFA公認完全限定品はどのようなお酒か高価買取と合わせて解説します。

黒龍 FIFA公認完全限定品は2010年のワールドカップ開催時に販売されたレア商品です。

このお酒の特徴と高価買取について解説します。

ワールドカップは、4年に一度のサッカーのビックイベントです。これに合わせて多くの企業が商品を販売しています。  

そんな中、日本酒の老舗である黒龍酒造もFIFA公認商品として2010年のワールドカップ時に限定品の販売をおこないました。  

今回ご紹介するお酒はこの『黒龍 FIFA公認完全限定品』です。このお酒の特徴を見ていきましょう。  

■黒龍

FIFA公認完全限定品 このお酒は2010年ワールドカップに合わせて販売されたお酒です。限定2010本という限定本数で希少性も高く完売した商品です。  

中に入っているお酒は、純米大吟醸の原酒でありおいしさは間違いありませんが、冷所保存をすることで熟成もされるお酒なのです。  

古酒となったお酒は未開封であればすでに8年の熟成がされており、さらに深みを増した素晴らしいお酒へと変化を遂げているでしょう。  

■高価買取について

上記で記した通り、このお酒は2010年の一度きりの完全限定販売商品です。そのため、希少性が極めて高く、買取は高価買取となるのです。  

さらに、熟成されることができるお酒ですので年月をかけた古酒となりさらに価値が上がっていくでしょう。 そんな貴重なお酒をお持ちの方で、買取を希望されているのであれば、お酒買取専門店のリンクサスでの買取をおすすめします。専門店ならではの高価買取価格に満足できるはずです。  

一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

黒龍 八十八号って変わったお酒の名前!!どんなお酒?

黒龍 八十八号の特徴と高価買取について解説します。

黒龍 八十八号は、なぜこのような名前がついたのでしょうか。このお酒の特徴と高価買取されるかを簡単に解説します。

お酒の名前は、かっこいいものから個性的なものまでさまざまありますね。そしてその命名方法もさまざま。先代の名前や、お米の名前、製法やおもいつきまで。そんな命名方法ですが、今回ご紹介するお酒の名前も少し変わっています。  

それが、黒龍 八十八号です。黒龍酒造が生産している日本酒でファンも多いこのお酒ですが、名前の由来とお酒の特徴を見ていきましょう。  

■黒龍 八十八号

このお酒の名前は、なんと容器の名前からとっているのだとか。日本酒の全国新酒鑑評会で、88番の容器にこのお酒を入れて提出したことからそのままこの名前になったそうです。なんだかユーモアを感じる命名ですね。  

そんな名前の由来を持つ黒龍 八十八号ですが、味はさすが黒龍という上品で淡麗辛口の日本酒です。若々しいフルーティな香りと味わいの中に芳醇な香りも感じることができ、繊細さを感じます。  

黒龍のシリーズの中では、すっきりとした口当たりの部類に入る八十八号です。  

■高価買取について

このお酒は生産量が少ないため、入手困難です。そのため、買取査定では高価買取となりやすいお酒といえます。  

買取査定へ出す際は、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒の買取専門店での買取がより買取が高値となります。専門知識で高価買取価格が提示でき、納得した買取となるはずです。

黒龍 純米大吟醸 火いら寿は生酒の最高峰!!

黒龍 純米大吟醸 火いら寿とはどのようなお酒で高価買取されるかを解説します。

黒龍 純米大吟醸 火いら寿とはどのような特徴を持つお酒なのでしょうか。高価買取状況と合わせて簡単に解説します。

日本酒ブームが世界でも広まっている昨今、日本酒造りの体験に訪れる訪日外国人までいるほど人気が上昇中です。  

そんな日本酒ですが、製造工程の違いで生酒や生詰など様々なお酒の種類が出来上がります。そして、その工程の違いで味も変わってくるのです。  

今回ご紹介する日本酒は、黒龍 純米大吟醸 火いら寿です。黒龍酒造が生産している生酒ですが、どのような特徴を持つお酒か見ていきましょう。  

■黒龍 純米大吟醸 火いら寿  

このお酒の特徴はなんといっても生酒ということです。生酒特有の搾りたてのフレッシュ感を存分に感じることができるお酒です。  

黒龍ならではの淡麗辛口ですが、きわめて上品でなめらかな口当たりが特徴。香りはグラスに注いだ瞬間から押し寄せるさまざまな香りが、私たちを火いら寿の世界へ引き込んでくれます。純米大吟醸の生酒ということで、非常に洗練された上品さを感じるお酒です。  

毎年2月に限定販売される限定酒であり賞味期限が短いことから非常に入手困難となっています。  

■高価買取

このお酒は高価買取されます。2月の限定販売という希少性と、賞味期限が短いため中古市場への流通も少ない商品でありながら、ファンは多いお酒ですので買取は高価買取となりやすいのです。  

買取をお考えの方は、生酒という特性上お酒買取専門店のリンクサスで、早めの買取査定をおこなうことをおすすめします。

黒龍 大吟醸の特徴を解説せよ!

黒龍 大吟醸とはどのような特徴をもったお酒なのか、高価買取hされているのかを解説します。

黒龍 大吟醸は黒龍酒造の会社の名前がラベルについているお酒です。会社の名前をを代表するお酒の特徴とはどのようなものか、高価買取はされているかを簡単に解説します。  

黒龍酒造といえば、昨年2018年に入札方式を導入し、日本酒界で最高販売価格となった日本酒を販売する会社として有名ですね。  

全国各地にさまざまな酒造所がありますが、もちろん多くの酒造所は様々な種類の日本酒を製造販売しています。   黒龍酒造もしかりで、今回紹介する黒龍 大吟醸もそのうちの一つです。  

■黒龍 大吟醸

このお酒は、通年販売されているお酒です。味わいは、シナモンやバナナのようなエキゾチックで南国を思わせる厚みのある香りです。しかし、のど越しはすっきりと軽く、しかしながら芯がずしっとしていると感じる繊細かつ強い、そしてさわやかな日本酒となっています。  

このお酒は、黒龍酒造の中でも人気のあるお酒の一つです。味わいもバランスがとれた淡麗よりのお酒でありながフルーティさが包み込むという多くのファンを虜にする味なのです。   そんなお酒の買取を見ていきましょう。  

■高価買取

このお酒は通年販売されていますが、中古市場での需要は高く、中古でも買って飲みたいと願うファンが多いということです。  

通年で販売されているこのお酒を高価買取を狙うのであれば、お酒買取専門店のリンクサスでの買取査定が良いでしょう。  

そしてその際は、化粧箱の付属品もきれいな状態で持ち込むこと、もちろん未開封であることを忘れずに査定買取に持ち込むことで高価買取となります。  

ご自宅のお酒の整理でお困りの際は買取をしてみてはいかがでしょうか。

黒龍 大吟醸 しずくは高価買取されるお酒?!

黒龍 大吟醸 しずくの特徴と高価買取について解説します。

黒龍 大吟醸 しずくとは、どのような特徴のあるお酒でしょうか。高価買取とあわせて簡単に解説します。

今回紹介するお酒は、『黒龍 大吟醸 しずく』です。このお酒を製造している黒龍酒造は、文化元年創業の老舗酒造会社です。文化元年というと1804年ですから、215年目という長い歴史を持つ酒造会社なのです。  

会社の所在地は、福井県の永平寺町というところで製造しています。福山県から世界へ販売されている日本酒の一つである黒龍 大吟醸 しずくとはどのようなお酒でしょうか。  

■黒龍 大吟醸 しずく

このお酒は、6月と10月の2回販売されており、今回紹介する720mlとは別に1,800mlの大きいものの2種類の販売がされています。  

名前のしずくとは、酒袋から落ちてくるお酒の1滴からしずくとなずけられたそうです。味わいは、淡麗で辛口です。すっきりとしたのど越しで、嫌味がなく辛口である中にメロンのような若いフルーティさを感じることができるお酒となっています。  

では、このお酒の買取を見ていきましょう。  

■高価買取について

このお酒の高価買取はされる傾向にあります。入手が困難な黒龍のお酒の中では年間2回のチャンスがあることから供給は他のシリーズと比べされていますが、それども中古市場での人気は高いため買取も高価買取となるのです。  

より高価買取を目指す方は、お酒買取専門店のリンクサスでの査定をおすすめします。そして、このお酒が入った化粧箱も一緒に持ち込むことで買取額は上がります。  

このように、買取する場所を選ぶことと買取時に付属品もそろっていると高価買取となるのです。買取希望の方はこれを参考に査定に行ってみましょう。

黒龍 二左衛門 純米大吟醸とはどんなお酒?

黒龍 二左衛門 純米大吟醸の特徴と買取について解説します。

黒龍 二左衛門 純米大吟醸とはどのような特徴を持つ日本酒でしょうか。高価買取されている現状と合わせて簡単に解説します。

今回ご紹介する日本酒は、黒龍酒造が製造する『黒龍 二左衛門 純米大吟醸』です。この二左衛門とは、じつは、初代蔵元の名前を取ってつけたものなのです。  

製法は、斗瓶囲いという製法で製造されているお酒で、この斗瓶囲いとは昔ながらの製法で酒袋を吊るして袋から垂れて落ちてくるお酒を一斗瓶に集めて作られるものです。時間と手間がかかる製法でおいしい日本酒が出来上がる大切な過程の一つです。  

そんな時間と手間を惜しまず製造された黒龍 二左衛門 純米大吟醸は、11月に販売される限定品となっています。  

味わいは、甘さとピリっとしたからさのバランスが取れたもので、香りも優しくメロンのような優しいフルーティさをかんじることができます。  

■高価買取について

このお酒は高価買取されるものです。限定された商品となっており、中古市場の需要も多いです。  

より高価買取を希望される方は、ぜひお酒買取専門店のリンクサスでの買取査定をおすすめします。専門店ならではの知識と高価買取で満足いく価格に納得するはずです。   買取は早めに査定に出し高価買取してもらい臨時収入を得ましょう!!

黒龍 龍 大吟醸はまるで日本酒界のワイン!?その特徴とは?

黒龍 大吟醸とはどのようなお酒か、高価買取はされるのか解説します。  

黒龍 大吟醸とはどのような特徴をもつお酒なのか、高価買取はされているのかを簡単に解説します。  

日本酒は、今や世界中で愛され飲まれるお酒となっています。日本を代表するお酒ですから、私たちも嬉しいですよね。  

世界中に広まっている日本酒ですが、今ニューヨークに日本酒を製造する場所ができ、そこでバーとして日本酒が提供されているそうです。  

ニューヨークのマンハッタンに近いブルックリンという再開発地区で『ブルックリン クラ』という製造所兼バーとしてアメリカの方がニューヨーク産日本酒として販売しているのです。ここまで日本酒が広がるなんて日本酒の魅力の凄さを感じます。  

そんなワールドワイドな日本酒ですが、今回ご紹介するのは黒龍 大吟醸です。このお酒の特徴を見ていきましょう。  

■黒龍 龍 大吟醸

このお酒は、ワインの熟成を応用して作られた日本酒です。この製法は、全国でもいち早く取り入れたもので、1975年にこの商品は販売開始されたロングセラー商品となっています。  

味わいは、熟成された濃厚なフルーティな香りがするものの、味わいは淡麗で上品さを感じるお酒です。  

この商品は、通年で販売されていますが、人気商品であることからなかなか手に入れるには時間がかかる商品です。  

■高価買取

この商品は高価買取対象のお酒です。ロングセラー商品であり多くのファンから愛されているお酒なので、買取は高価買取となりやすいです。  

より高価買取を目指すのであれば、化粧箱などの付属品はすべて一緒に査定に出すようにしましょう。そして買取は、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒の買取専門店でおこなうことがより高価買取となります。  

査定に出し、金額に満足して臨時お小遣いにしちゃいましょう。

黒龍 石田屋 純米大吟醸は皇太子が愛したお酒!?
黒龍 石田屋 純米大吟醸の特徴と高価買取について解説します。

  黒龍 石田屋 純米大吟醸とは、どのような特徴のお酒なのか、高価買取と合わせて解説します。 黒龍酒造は、福井県吉田郡にある歴史の長い酒造所です。この酒造所が生産する日本酒は伝統的で素晴らしい日本酒ばかりです。 そして、ワインと同じ製法の日本酒をワインのように価値を高めることに尽力している会社でもあります。 その影響からか、ボトルにもこだわりをみせているのです。では、そんな酒造所が製造する黒龍 石田屋 純米大吟醸とはどのようなお酒でしょうか。

 ■黒龍 石田屋 純米大吟醸

このお酒は、山田錦を使用して製造されたお酒です。お酒が入ったボトルは特徴的で、青く綺麗なボトルにコルクで栓がされています。そのボトルに和紙のラベルで石田屋と記載されている洋と和が融合したようなボトルとなっています。 香りと味わいは、メロンのようなさわやかな香りに木のぬくもりを感じる何とも言えない素晴らしい香りに、優しく丸みを帯びた口当たりと味わい、甘みに一切の嫌味がない完璧な日本酒です。 このお酒は、皇太子も愛飲しているといわれています。そんなお酒は高価買取されるのでしょうか。 ■高価買取について このお酒の高価買取はされるものです。人気の日本酒であり、中古市場への出回りも少ないことから買取は高額になりやすいです。 より高価買取を求めるのであれば、お酒買取専門店のリンクサスでの買取査定をおすすめします。専門店ならではの豊富な知識と買取から高価買取が期待できるのです。買取を考えている方は一度査定に出してみましょう。

黒龍 無二 2013はシリーズ最高額の日本酒だ!!

黒龍 無二 2013の特徴と高価買取について解説します。  

黒龍 無二 2013はシリーズの中で最も高い値段が付いた日本酒です。このお酒の特徴と高価買取状況を解説します。  

本酒ブームが来ているといわれている昨今、まだまだ駆け出しの日本酒愛好家もおおいのではないでしょうか。そこで、今回ご紹介するのは、日本酒界の最高額酒である黒龍 無二です。  

黒龍 無二という日本酒は、黒龍酒造が製造しているお酒です。中古市場では定価から数倍となって販売取引されて高額となっている日本酒は多々あります。  

しかし、定価で黒龍 無二ほど高額なお酒はありません。これは、製造している黒龍酒造が入札会というものを開催し、価格を入札方式で決定したためです。  

見方を変えれば、高額な値段が付くお酒であることが妥当であると買付業者が評価していることになります。  

ではこの高額な黒龍 無二 2013はどのようなお酒でしょうか。  

■黒龍 無二 2013

このお酒は、無二のシリーズの中で最も価格が高額となったお酒です。つまり、シリーズの中でもっとも美味しいと評価されたお酒です。  

味は、磨き抜かれ光り輝くような口当たりでありながら、優しく、バランスがとれた最高の味わいを感じることができます。ナッツ系の香ばしさと桃のような甘さを香りから感じることができ、熟成による深みを感じさせられる日本酒となっています。  

このような特徴のお酒は高価買取されるでしょうか。  

■高価買取について

黒龍 無二 2013は高価買取されます。シリーズの中で最高値でありながら予約で販売数が売り切れる人気でした。そのため、買取は高額になり中古市場での需要が高いものです。  

買取を希望される方は、お酒買取専門店のリンクサスでの買取査定をしてみてはいかがでしょうか。買取専門店だからできる高価買取に満足できるはずです。

黒龍 無二 2014はどんなお酒?

黒龍 無二 2014はどのようなお酒で高価買取されるか解説します。

黒龍 無二 2014を製造している酒造所と特徴を高価買取とあわせて簡単に解説します。

日本酒のお供としてみなさんはどのような物をおつまみにしていますか?日本酒といえば、魚や漬物など日本食のおつまみをイメージしますよね。  

しかし、日本酒がブームを迎え始めている今、そんなお供も多様化しています。たとえば、パスタと日本酒など洋食との組み合わせ、究極は、ガトーショコラなどチョコレートと日本酒の組み合わせと一見合わなそうな組み合わせに注目が集まっています。  

そんな多様化している日本酒ですが、そんな日本酒の中で黒龍 無二 2014とはどのようなお酒か見ていきましょう。  

■黒龍 無二 2014

このお酒は、無二のシリーズの中の1つです。2014年に製造された最高級の純米大吟醸をマイナス2度の状態で熟成させたものです。  

このお酒の特徴は熟成されているため、ナッツのような熟成された香ばしい香りと洋ナシのような甘い香りを感じることができ、香りだけでも奥深さを感じることができるお酒です。  

この熟成期間を経て世に出た日本酒は、高価買取されるのでしょうか。  

■高価買取について

このお酒の買取は高価買取されます。人気かつ、販売時期の予約で完売となるほど人気のあった無二は、買取も高額となります。  

中古市場ではまだ販売数が少なく、需要はみこめるため買取は高価買取となりやすい状況です。  

買取をより高額にしたいと考えている方は、お酒買取専門店のリンクサスでの買取をおすすめします。お酒の買取専門店ならではの知識で高価買取が期待できます。  

一度査定に出して、買取額の確認をしてみてはいかがでしょうか。

黒龍 無二 2015の特徴と買取

黒龍 無二 2015とはどのようなお酒で高価買取されるのか解説します。

黒龍 無二 2015はどのような酒造所は製造したお酒で特徴はどのようなものでしょうか。高価買取と合わせて解説します。  

日本酒は価格が安く、定価は買いやすいお酒であるといわれています。しかし、値段とお酒の価値が合わないのではないかとして黒龍酒造所は問題提起をしました。  

その方法は、メーカー主導でおこなう入札会の開催でした。バイヤーなどのお酒を買い付けるプロにお酒の価値をゆだねることで市場への価格の適正度を問いかけたのです。  

そんな革命を起こしている黒龍酒造は、この入札で2012年から2015年までの無二を発表しました。その中で最も価格が安かったのがこの2015です。  

そんなお酒の特徴は、2015年に製造された純米大吟醸を零度以下で3年間熟成させたことです。このシリーズの中では最も熟成度が若い日本酒になります。  

味はシリーズの中では一番酸度が強い物になり、アルコール度数も少し高くなっているのが特徴でしょう。  

この2015は、最安値ではあったものの需要は多くあります。それは、同時に発売された2012から2014までとあわせて購入し、飲み比べるという需要が多くあります。  

そのため、高価買取もされており買取を希望されている方は一度査定にだしてみると良いでしょう。特に、お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取専門店では買取価格も高額になりやすいので、査定をする際は専門店での買取査定をしましょう。

黒龍 無二 2012って知ってる?!高額日本酒!!

黒龍 無二 2012というお酒はどのようなお酒か、高価買取されるかを解説します。

黒龍 無二 2012とはどのような特徴をもつお酒なのか、買取は高価買取となっているのかを簡単に解説します。

みなさんは、日本酒の種類をどれほど知っていますか?有名な日本酒がいくつもありますよね。そんな日本酒の中で最も高い日本酒の銘柄を知っていますか?  

それは、今回ご紹介する『黒龍 無二』です。このお酒は、黒龍酒造が製造したものです。日本酒界で初めて入札という形で値付け会がおこなわれた日本酒です。  

適正価格を市場に問いかけるという試みの元おこなわれたこの会で無二というビンテージの値が付けられたのです。  

そんな黒龍 無二 2012はどのようなお酒でしょうか。  

■黒龍 無二 2012

このお酒は、黒龍酒造が最高級純米吟醸酒を年代に分けて零度以下で保存したものです。 このお酒は、木箱に入っており、すべての商品にはロットナンバーが印字されているのです。  

味と香りは、開けた瞬間に感じることができる熟成感、さわやかさがありながらも奥行を感じることができる香りを楽しむことができます。  

重厚でまったりとした口当たりで、甘さもあり感動を覚える最高の日本酒です。  

では、このお酒は高価買取されるのでしょうか。  

■高価買取について

このお酒の高価買取はされます。定価での購入が高額でありながら購入者は多く、入手が困難なお酒の一つです。  

ビンテージ酒になりますので、買取は高額になりますよ。人気酒でもありますので、買取査定を考えている方は、査定場所の選択も高価買取になる秘訣です。お酒買取専門店のリンクサスのようなお酒買取専門店ならではの知識で適正な高価買取を実現します。  

一度査定にだして驚いてみてはいかがでしょうか。

  • 黒龍 石田屋 純米大吟醸 720ml

  • 黒龍 二左衛門 純米大吟醸 720ml

  • 黒龍 大吟醸 しずく 720ml

  • 黒龍 大吟醸 しずく 1800ml

  • 黒龍 大吟醸 1800ml

  • 黒龍 八十八号 720ml

  • 黒龍 龍 大吟醸 1800ml

  • 黒龍 龍 大吟醸 720ml

  • 黒龍 純米大吟醸 火いら寿 720ml

  • 黒龍 FIFA公認完全限定品