お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

全国のお酒買取ならリンクサスの宅配買取サービスにおまかせ!

お酒買取のリンクサスでは、お店のある神奈川県以外の全国のお客様から大切なお酒を買取致しております。

買取査定は面倒?!

考える女性

お酒の買取をしてもらいたいけど、わざわざお店にお酒を持って行って査定に出さないといけない…そんな時間はもったいないし、遠くて行けないから無理と思っていませんか?

実はその時間と距離を解決して高価買取を可能にする方法があります。

それは、お酒買取専門のリンクサスがおこなう『宅配買取サービス』です。

この宅配買取は、送料無料でとってもお得!!

まずはメールやお電話・LINEで見積もりを行います。その後大切なお酒を箱などに梱包し着払いでリンクサスへ発送してください。

本査定が完了しお客様に査定額をご報告、ご納得いただければ即日入金致します。

見積もりから入金までお店へ出向く面倒を省いて、高価買取完了できるのがリンクサスの「宅配買取サービス」なのです。

では、お得で手間いらずの宅配買取で高価買取されるお酒をポイントとあわせて解説していきます。

日本酒の買取ポイントは?

日本酒

日本酒は、現在世界中で人気が高まっているお酒です。

この一因として健康志向の高まりにより、ヘルシーな日本食が注目されたことにより日本酒にも注目が集まったといわれています。

実際、日本酒の人気の高まりは海外での日本酒製造所の開設などが起こるほどです。

日本を代表するお酒として世界中で需要が高まっている日本酒ですが、その中でも特に「宅配買取」で全国から集まり高価買取されているお酒を紹介します。

まずは日本酒のトップを走る「十四代」です。「十四代」の中でも特に高価買取されるのは「龍泉」です。

最高級酒造適合米である兵庫県産山田錦を使用し、その適合米を35%まで精白して作り上げた高木酒造が誇る最高級酒「龍泉」は、リンクサスの宅配買取でも高価買取されています。

特徴的なボトルと、刻印されている双龍と泉の文字を模ったラベルは買取査定の際に

  • 破損していない事
  • 刻印が消えていない事
この2点はより高額査定のポイントとなっています。

とはいえ、日本酒の中ではとりわけ高価買取されるこのお酒は、非常に希少性の高いお酒でもありますので、ご自宅で発見しお飲みにならない場合はすぐにでも買取査定に出す事をおすすめします。

その他「十四代」には高価買取されるお酒が多くあります。

  • 龍月
  • 双虹 斗瓶囲い

なども買取価格は高価買取となりやすいです。

次に「黒龍」のお酒を紹介いたします。「黒龍 石田屋」は、世界的人気が高く非常に入手困難なお酒です。

希少性の高さと、製造のこだわりから生まれる最高の味わいと人気により買取価格は高価買取となります。

  • 和紙を使用した繊細なラベルの剥がれがないこと
  • キャップ部分に使用されている包みと紐が紛失や破損・開封がされていない事

この2点がより高価買取査定のポイントとなります。

保存状態が良い事が高価買取の条件となってきますので、保管には注意が必要となります。

最後に、某有名人も大好きであると公言している「獺祭」です。

このお酒は、世界だけでなく日本国内でも超人気の日本酒となっています。

獺祭 磨き その先へ」というお酒は、旭酒造がこだわる精米歩合最高の23%の「二割三分」の商品を超える磨きの極みとなって発売されたお酒です。

磨きが極まれば、出来上がるお酒の量も比例して少なくなります。

そのため、贅を極めた磨きで作り上げられたこのお酒の生産数は極めて少なく、争奪戦となる非常に入手困難なお酒となります。

入手困難ということは、中古市場では希少性の高い需要の大きいお酒となります。そのため、買取価格は高価買取となります。

化粧箱などの付属品も合わせて保管し、査定時に合わせて出すことで買取価格にも影響してきますので、ぜひ買取をお考えの場合は、付属品まで気を配りましょう。

ウイスキーの買取ポイントは?

ウイスキー

ウイスキーにはジャパニーズウイスキーから世界のウイスキーまで様々あり、宅配買取サービスも多くの種類を高価買取させて頂きます。

ウイスキーの中でも、今回特に高価買取としてご紹介させて頂きたいのは、

  • ジャパニーズウイスキー
  • スコッチ

です。まず、世界に誇れる日本のウイスキーの代表格「山崎」です。

サントリーの山崎蒸留所で製造されるこのお酒の買取は高価買取となりやすく、特に終売商品や限定商品など希少性の高い商品は高価買取となりやすいです。

山崎 50年」は、超貴重なお酒の一つです。

半世紀熟成されたこのお酒は、超限定酒であり、この世の中で出回る事はほとんどないお酒です。

そのため、買取価格は破格の超高額買取となるお酒です。

35年」「25年」の商品も高価買取される商品です。こちらも、数十万単位で取引される高額買取商品です。

保存状態がよく、付属品や化粧箱など完品であれば買取価格も最大額となります。

状態が悪化する前に買取査定をする事がおすすめです。

次ぎに、ジャパニーズウイスキーの中でも商品一つ一つが希少な「イチローズモルト」を紹介します。

このお酒は、生産される数量自体が数百本程度というまれにみる少なさが特徴です。

そのため、どの商品も買取は高価買取が期待できます。

ジャパニーズウイスキーの神社・仏閣を思わせる伽羅の香りを特徴としたこのお酒は、特に「カードシリーズ」の商品の人気が高く、高価買取されやすいです。

その他のも、

  • 白州
  • 本坊マルス
  • 川崎
など買取は高価買取となりやすいお酒が多いのがジャパニーズウイスキーです。

ウイスキーの最後に、スコッチの高価買取商品を紹介します。

スコッチは、イギリス・スコットランドで厳しい基準の元に製造されたウイスキーを言います。

スコッチの中には、超高額買取される商品も少なくないのが特徴です。

たとえば、「グレンフィディック50年」や「30年」といった超長期熟成の商品は、高値取引されやすく、見た目も木箱に入った重厚感あふれる非常に希少性の高い商品となっています。

スコッチの「スプリングバンク」の商品も21年熟成のような長期熟成が高価買取されやすく、スコッチは昔購入したりお土産にもらったりして実家などの倉庫に眠っている可能性があるお酒ですので、見つけたら高価買取される可能性が高い商品といえます。

ウイスキーは、樽での熟成期間が長い商品や、終売してから長い希少性が高まった商品が買取は高価買取となりやすいです。

ウイスキーはご自宅の倉庫や押入れ、お酒の棚の奥など探してみると高額買取商品が発見されるかもしれませんよ。

ワインの買取ポイントは?

ワイン

ワインの買取の際にポイントとされるのは、「液面低下」です。

つまり、内容量が減っている状態が顕著にみられる商品は、買取査定時に減額されてしまう最大のポイントとなります。

この液面低下が起こる原因として、保存環境がまずあげられます。

ワインセラーという専用保存庫の中は、低温多湿環境となっています。

一定の環境で静かに保存する事で最適な環境が保たれ液面低下が起こりにくくなり、状態を安定して保存する事ができます。

しかし高温(16℃以上)で乾燥(65%以下)の環境下で保存すると、コルク栓に隙間ができそこから蒸発や液漏れが起こりやすくなります。

小さな隙間でも長期間保存されているとゆっくりと蒸発していってしまうのです。

ワインは、長期保存が可能で古いワインほど価値があり、ボトルの中でも変化していくお酒です。

そのため、蒸発や酸化を防ぐ事が大切なお酒となってきます。

長期保管がそのワインの価値を高める可能性があるため、通常のお酒では減額対象となる状態でも経年劣化範囲とされ減額対象とならない場合もあります。

例えば、ラベルの部分的剥がれや黄ばみといったものは、半世紀ボトルでの保存がされていた場合剥がれや色の変化、ラベルの印刷部分の色落ちなど保存状態が良くても経年劣化によって起こるものもあります。

この場合は、常識的な範囲でそのお酒の保存期間が長い事を表しており、減額対象とはならない場合があります。

逆に、半世紀ほども保管されているのにラベルは新品のように白く綺麗であったら不自然ですよね。

そういった場合は逆に偽物を疑わなくてはいけなくなります。

では、保存環境が非常に重要なワインの宅配買取での高価買取商品をご紹介しましょう。

まずはなんといってもワインの王様「ロマネコンティ」です。

ロマネコンティは、DRC社が所有する最高峰の畑から収穫されたブドウを使用して製造された世界で最も高級で入手困難なお酒です。

入手する事すら難しく、中古市場でも高額取引されるワインですので、この商品のヴィンテージとなれば破格の金額で買取となります。

たとえば、30年以上前の「ヴィンテージロマネコンティ1985年物」は、品評会において満点を獲得した最高峰のワインであり、味・熟成・希少性などから超高価買取となります。

そうはいっても簡単にはお目にかかれないのがロマネコンティのヴィンテージ商品です。

ヴィンテージ商品でなくても、ロマネコンティは入手困難な人気商品である事から買取は常に高価買取となりますので、自宅での長期保存よりも今買取を検討して高価買取をしてもらう選択が良い商品でしょう。

次に紹介する商品は、ロマネコンティに肩を並べる「ルロワ」です。

ワイン製造の女王といえるマダム・ルロワが自身の納得する最高のブドウ栽培とワイン製造によって生み出した「ドメーヌ・ルロワ」と「メゾン・ルロワ」の商品は、どの商品も希少で高級な高価買取対象のワインです。

元DRC共同経営者であったマダム・ルロワ、そして天才と称される類まれなるテイスティング力を持った彼女だから生み出せるワインは、世界中に愛好家を持ち中古市場でも大きな需要があります。

ルロワの味わいを重要と考える場合、やはり保存状態が重要です。

早い段階での専門店での買取が高価買取につながります。

その他、アメリカ産「オーパス・ワン」やブルゴーニュワインの神といわれた「アンリジャイエ」の商品など多くの人気商品があるワインは、買取査定に出す価値のあるものが多いのも特徴です。

  • 高級なワインを頂いたが飲まない
  • 保存環境にも自信がない
  • 実家の整理をしていたら発見したが飲まない
などワインを買取希望される方は、早い段階でリンクサスの「宅配買取サービス」の無料見積もりをおこなう事が高価買取の第一歩となります。

ブランデーの買取ポイントは?

ブランデー

ブランデーは、蒸留酒という分類のお酒です。

簡単に言うと醸造酒に熱を加えて、アルコール成分を蒸発させ気体となったアルコールを冷却する事で液体に戻したものが「蒸留酒」となります。

つまりブランデーは、ワインを蒸留してできたアルコール度数の高い蒸留酒です。

蒸留酒の特徴として、常温環境での保存などが可能で、長期保存に向いているという特徴を持ちます。

そのため、年代ものの希少なブランデーは高価買取されやすく買取価格も落ちにくいという事もいえます。

例えば、「レミーマルタン ルイ13世」と聞くと派手なデキャンタと観音開きの化粧箱、夜の高級店というイメージがあるのではないでしょうか。

デキャンタはバカラのクリスタルボトルを使用、さらに中に詰められているブランデーは最高級の原酒が詰められるなど贅を尽くした希少かつ最高級のブランデーです。

その保存には手間がかからず、鑑賞にも最適な美しい見た目からも価格が落ちる事があまりなく、常に買取価格は高値取引をされています。

では、ブランデーは保存が簡単であるから自宅でもっと保管して買取価格に付加価値を付けようと思いますよね。それも一つの手といえます。

しかし、繊細なデキャンタや、付属品の紛失が起こると価格は一気に減額されてしまいます。

特に、レミーマルタンのデキャンタは、小さな突起がいくつもついており、この部分の破損が非常に多いのが特徴です。

また、高級なブランデーには付属品も多く、替え栓や説明書、豪華な化粧箱など様々な付属品が付いてきます。

この紛失が起こるとさらなる減額対象となってしまい非常にもったいないのです。

また、古いブランデーでは栓にコルクの使用がされています。

すると、コルクの劣化などからワインのように液面低下が起こりやすくなったり、ブランデーの質が下がったりといった事がおこりやすくなります。

古い商品であればあるほど、今の状態が最高の買取価格になる可能性が高いととらえ買取を検討すると良いといえます。

また、現在世界中で先進国の他に中国や韓国の富裕層などがブランデーを買い求めているという現状もあります。

この需要が買取価格を押し上げているともいえ、特に中国の経済状況が悪化(バブル崩壊など)した場合この買取価格は下がる可能性もあるため、買取の時期は早めがおすすめといえます。

では、現在リンクサスで高価買取されているブランデーをいくつか紹介しましょう。

上記でも紹介した「レミーマルタン」は、ルイ13世のシリーズは特に高価買取されます。

限定商品であれば超高額取引が見込める世界中の人が知る高級ブランデーの一つです。

日本で人気の高い「ヘネシー」やボトルの美しいディテールを持つ「ランディ」、生産数の少ない希少な「ポールジロー」など買取査定に期待できる商品が多いです。

最後に、オークションにおいてブランデー世界最高額をたたき出した「クロアーゼ キュヴェ・レオニー1858年」は、1500万円で落札されたお酒です。

このように、超古酒となって、かつ歴史的背景を持つお酒は超高額取引されます。

ブランデーは、非常に資産価値の高いお酒といえます。

そのため、買取時期の見極めが重要なお酒といえるでしょう。

そんな見極めは、お酒買取専門のプロに査定してもらうのが最も確実です。

シャンパンの買取ポイントは?

シャンパン

シャンパンを査定する際に重要な事は、未開封である事です。

シャンパンは炭酸が特徴ですので、開封されてしまっていると品質が損なわれて価値を失います。

ここで重要となるのは、開封という表現です。

飲んでいない、開けていないというとシャンパンのコルクを抜いたか否かと思われがちです。

しかし、コルクを止める針金が外れていたり、コルクを覆うフィルムが取れていたりすると減額や開封されたとみなされる場合があります。

そのため、コルクやその周辺は販売時と同じ状態を保つ事が重要といえます。

また、ヴィンテージシャンパンは、今のようにフィルムでおおわれていない場合もあります。そのため、保存環境が重要となります。

コルクの劣化などから蒸発してしまい、炭酸が抜けたり内容量が減ってしまう液面低下となってしまうのです。

では、そういった注意点を確認したうえでどのようなシャンパンの商品がリンクサスの「宅配買取サービス」では高価買取されるでしょうか。

見た目も華やかな「アルマンドブリニャック」は、高級シャンパンの代表とも言われる華やかさと味を兼ね備えています。

このシャンパンは、メタリックのボトルがパーティなど華やかな場面で重宝される事から、富裕層に人気の高いシャンパンとなっています。

他にも「サロン」のシャンパンは、100年の歴史の中でわずか37回の出荷という超貴重なシャンパンがあります。

納得のいく白ブドウの収穫ができない場合は、製造をおこなわないこだわりがあるサロンのシャンパンは、希少性が非常に高い事から買取査定は高額となりやすいのが特徴です。

その他のシャンパンとして、入手困難な「クリュッグ クロダンボネ」や超人気シャンパンの「ドンペリニヨン」など高価買取が期待できる商品が多くあります。

ご自宅にあるシャンパンが買取されるのか、買取価格はいくらくらいになるのかわからないから買取査定に出しにくい…。

そう思ったらまずは、リンクサスの「宅配買取サービス」の無料見積もりからはじめてみてはいかがでしょうか。

お宝が眠っているかもしれません。

その他のお酒は買取される?

その他

日本の焼酎の中には高価買取される商品が多くあります。

たとえば、3Mといわれている「魔王」「村尾」「森伊蔵」は非常に人気が高い焼酎であり、入手困難なプレミアム焼酎として中古市場でも高い需要があり高価買取が期待できる商品です。

また、中国のお酒として「マオタイ酒」が高価買取されます。

マオタイ酒は、中国の国酒として世界的に人気の高いお酒です。

陶器製の白いボトルに赤キャップと赤のリボンやキャップの未開封の証となるキャップ部分につけられたシール(古い商品になるとこのシールはありません)がある見た目からおめでたい縁起の良さを感じるお酒です。

しかし、人気が高い為に模造品や偽物が横行しているのも現状としてあるお酒ともいえます。

古い商品になるほどに価格は高価となり、それに比例するように偽物が多くなっています。

近年販売されているマオタイ酒は、シリアルナンバーやあてられたシリアルナンバーをサイトで入力する事で本物を見分ける事ができるシステムなどが存在していますが、古酒はそういった区別をつけるものがないため素人には見分けが付けられない事が多々あり、常に悪質なものはボトルが本物でも中身は全く違う内容のものという偽物まで存在するほどです。

そのため、ご自宅でマオタイ酒を見つけ買取を希望された場合は、お酒買取専門店での査定をする事が重要です。

本物か偽物かを見極める事は重要で、お客様の利益にもつながります。

また、査定されたマオタイ酒が本物であった場合、買取価格は高価買取となる非常に貴重な商品となります。

ご自宅にマオタイ酒がある方は一度早い段階で査定に出してみると良いでしょう。

また、マオタイ酒は買取価格が高騰する時期があります。それは、旧正月前です。

中国での需要が高まるため、中古市場での買取価格も高騰します。

そういった時期的な判断を含めて、そろそろ旧正月に向けてまずはリンクサスの無料見積もりから始めいてみると良いでしょう。

買取時期は?今でしょ!!

今でしょ

お酒の保管には環境が大切です。商品ごとに暗所保管や、冷蔵保管など適切な保管方法があります。

そして箱や付属品をはじめ、商品本体も傷や凹みなど破損しないで買取査定に持ち込む事で査定額が変わってきます。

また、ブランデーや長期低温熟成された日本酒などの熟成酒は、自宅保管し時間がたったからといって買取価格が高騰するとは限りません。

上記で記したように、適切な保存環境が重要となり場合によっては自宅保管していたために劣化し査定額が減額されてしまう場合もあります。

査定額を最大限引き出すためには、状態を現状よりも悪くしないで査定まで持ち込む事が重要です。

その為に、買取を考えた今が買取時期なのです。

自宅や実家に眠るお酒は、家の整理をしていると思わぬところから発見される場合があります。

年代も古く、既に終売している商品であれば、買取価格も期待できますが、状態が悪いと買取額も減額となってしまいます。

お酒を見つけ、飲む予定がないのであればすぐにでも買取査定に出し、買取額を現状の最大額で買い取ってもらう事をおすすめします。

買取をお考えならお酒買取のリンクサスへ

スマホをもってOKサインする女性

お酒の買取を思い立った時に、どんな買取店が良いかわからない事もあるでしょう。

そんな時安易にリサイクルショップなどで買取査定をすると適切な価値を査定額で出してもらえない事があります。

わざわざお店まで持ち込んだのに、査定額がとても安く残念な結果になってしまう事は避けたいですよね。

そんな時こそ、お酒買取専門店である『リンクサス』です。

適切なお酒の価値と査定額を最大限に引き出す事ができ、適正な査定をおこないます。

また、無料見積もりをメールや電話LINEでおこなえ、送料無料で商品を査定に出す事ができます。

自宅で見積もり・自宅で梱包・宅配してもらうので、全国どこにいてもリンクサスでお酒の買取査定をおこなう事ができます。

時と場所を選ばす、全国どこでもお客様の大切なお酒の適正査定をおこなえるのがリンクサスの「宅配買取サービス」なのです。

北は北海道から、南は沖縄まで全国のお酒買取をご希望のお客様は、ぜひ一度お酒買取専門のリンクサス「宅配買取サービス」の無料見積もりへご連絡ください。

お客様の大切なお酒の買取を、手軽でより便利そして高価買取させて頂きます。

関東エリア