お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

久留米市

お酒の豆知識

洋酒買取〜ジャパニーズウイスキー編〜

洋酒と言われるとバーボンやスコッチなどをイメージしますが、実はジャパニーズウイスキーも洋酒に分類されるお酒になります。

そこで、ここでは日本でも買取が強化されているジャパニーズウイスキーの銘柄などについてまとめていきたいと思います。

買取強化されているジャパニーズウイスキーの銘柄は?

現在、日本では多くのジャパニーズウイスキーが流通しています。

おそらく、お酒に詳しくない方でも聞いたことがあるブランドはたくさんあるかと思います。

ジャパニーズウイスキーには主に以下のブランドがあります。

⚫︎サントリー山崎
⚫︎サントリー響
⚫︎サントリー白州
⚫︎サントリー知多
⚫︎ニッカ竹鶴
⚫︎ニッカ余市
⚫︎ニッカ宮城峡
⚫︎ニッカ北海道
⚫︎イチローズモルト

他にも飲料メーカーのキリンやメルシャンから発売されているジャパニーズウイスキーもたくさんあります。
これらのウイスキーは基本的にほとんどの銘柄が買い取り対象品となっています。
特に生産終了している銘柄や限定販売品、ヴィンテージ品などについては数十万円〜数百万円単位で買取をされる銘柄もあり、かなり高額で買い取ってもらうことができます。

生産中のウイスキーも買取できる?

ジャパニーズウイスキーの場合、価格は少し安価にはなりますが現在生産中のウイスキーでも買取をしてもらうことができます。

例えば“山崎シングルモルトウイスキー”の場合には、現在も生産が続いており希少価値という点ではあまり高くはありませんよね?

実際に、ノンエイジの山崎シングルモルトは現在の売価も7000円程とブランドウイスキーとしては割と手に取りやすい価格になっています。

このような銘柄は年間の生産量も多いため買取価格も千円〜2千円ほどとあまり高くはならない傾向があります。

ただし、ジャパニーズウイスキーの大きな特徴は昨今のジャパニーズウイスキーブームによって需要に対する生産量が追いついていない部分です。

そのため、国内生産のジャパニーズウイスキーはノンエイジ品でも買取をしてもらえることが多く、生産中の品でも定価とまではいきませんが高値をつけられることが多いのです。