お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

桑名市

お酒の豆知識

洋酒買取〜ブランデーの定義〜

洋酒買取の主なジャンルはウイスキーとブランデーということになります。

その中でもブランデーの銘柄はXOやVSOPなど、パッと見ただけでは日本人ではランクを判断しづらいものもありますよね。

ここでは、まずブランデーのランクの見分け方とブランデーの価格の調べ方についてまとめていきたいと思います。

ブランデーのランクとは?

ブランデーにXOやVSOPなどの表記を見たことがある方も多いかと思います。

ここ表記は、コニャックやアルマニャックのみにつけられているブランデーのランクを表す表記で、しっかりとした定義が存在します。

まず、ブランデーの場合、熟成年数を表すのは“年”ではなく“コント”になります。

コント00=蒸留した年

コント0=樽熟成1年目

コント1=樽熟成2年目

このように数えていき、コント6が樽熟成7年目というように分けられています。

この中で、コント4以上のコニャックがVSOP、コント6以上がナポレオン、コント10以上がXOというように呼ばれています。

このランクが高いほど、コニャックとしての価値が高くて価格も高額になるという傾向がありますね。

ブランデーの価格の調べ方

ブランデーについては種類がたくさんありますしコニャックやアルマニャックなど、一般人にはランクづけが難しい部分があります。

ブランデーの価格についてはやはり買取専門店に直接問い合わせた方が良いでしょうね。

お酒の買取は取り扱いさえあればリサイクルショップなどでも可能です。

しかし、銘柄が複雑で種類も多いブランデーの場合、リサイクルショップで正確に銘柄を判断して価値を見出してもらえる保証はありません。

一方でお酒買取専門店ですと、ブランデー専門のバイヤーがしっかりとした経験と知識を持った上で評価をしてくれるため、安く買い叩かれてしまう心配もありません。

もしもご自宅に価値のありそうなブランデーがありましたら、ぜひお酒買取専門店に問い合わせをしてみるとこをオススメします。

『お酒買取専門店リンクサス』で高価買取しているお酒をカテゴリーごとにご紹介いたします。