お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

津市

お酒の豆知識

洋酒買取の定義

お酒の買取という点では、洋酒買取と言われると一般的には“ウイスキー”や“ブランデー”のことを指します。

では、ジンやラムのようなスピリッツは洋酒ではないの?ということになりますよね?

そこでまずは、お酒買取業界で分類される洋酒についての情報をまとめていきたいと思います。

お酒買取の中での洋酒とは?

洋酒と聞くと、なんとなく横文字の名前のお酒を連想する方も多いですよね?

例えば、例えばウイスキーのブランドとしてかなり名高いマッカラン。

スコットランドで作られているウイスキーで、日本に輸出されているボトルも英字で説明書きがされている正真正銘の洋酒ですよね。

基本的に洋酒というのは、ウイスキー(バーボンやコニャックなど全般)、ジン、リキュール、ウオッカ、ブランデー、ラムを指し、そのほかは洋酒とは呼ばれません。

以外ですが、ワインやシャンパンは洋酒には含まれないのですね。

ジンやラムが洋酒買取の対象にならない理由は?

冒頭で、ジンやラムは洋酒の買い取り対象にはならないと説明しました。

しかし、前項でジンなども洋酒の分類に入るということがわかりましたよね?

実は、ジンやラム、ウオッカに関しては洋酒ではあるのですがお酒買取業界の中では需要が少ないため、対象にはならないのです。

逆に、日本名のお酒として“山崎”や“響”などのウイスキーブランドがありますが、こちらは意外にも洋酒として扱われるのです。

あくまでも洋酒の定義の“ウイスキー”に分類されていますからね。

産地で考えると少し違和感を感じますが、お酒の分類で考えるとお酒買取の対象の洋酒はウイスキーとブランデーのみということになります。

“ウイスキーとブランデーが洋酒”と言われれば、産地を気にせずにわかりやすく分類することができますね。