お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

磐田市

お酒の豆知識

希少価値の高い「櫻井」について徹底解説!種類やそれぞれの味わいについても!

みなさんは「櫻井」という焼酎をご存じですか?櫻井はこじんまりとした酒蔵で造られているため、年間生産される量はものすごく少ないのです。だからこそ入手困難となっていて、質の高い焼酎だからこそ人気も非常に高いです。そこで今回はそんな人気のある櫻井について、種類や味わいをご紹介していきます!

櫻井の歴史について

櫻井は櫻井酒造で造られている

櫻井酒造は、鹿児島県南さつま市金峰町に位置している小さな酒蔵です。県道から横道にはいると酒蔵の左右には畑が広がっている小さな村にあります。社長は温厚で真面目な性格、そして奥さんはしっかりもので夫婦二人で焼酎造りに励んでいます。年間に造る焼酎は、約1升瓶が38,000本とかなり少ない生産量ですが、品質にとてもこだわっているので人気が高い焼酎ばかりなのです。

櫻井の代表的な種類と味わい

櫻井という焼酎はいくつか種類があります。どれも人気がありますが、それぞれの味わいも変わってくるのでそれぞれご紹介していきます。

・紅櫻井

こちらのお酒は、1,800ミリリットル2,640円、720ミリリットル1,390円のラインナップがあります。紅はるかと米麹を原料としていてアルコール度数は25度です。櫻井酒造は創業以来原料となる芋は『オウゴンセンカン』のみを使っていたのですが、こちらのお酒では紅さつまを使って仕込んでいます。本当に美味しい芋焼酎だとかなり評判もよく、櫻井酒造の質の高さや美味しさを再確認できるはずです。
米麹は福岡県産の酒米を使っており、鹿児島県産の紅はるかを原料としています。黒麹仕込みによってコクや甘さを引き出しつつも、紅芋のふくよかで香ばしい旨味、そして香りも楽しむことができる極上の芋焼酎なのです。
原料にこだわって作っているからこそ、毎年の出荷本数が限られているので、売り切れの場合があるかもしれません。その場合は、来年まで待つしか手に入れる方法がないので、こまめに入荷のチェックをしておきたいところですね。

・米古酒櫻井

こちらのお酒は、米と米麹を原料としており17年貯蔵している古酒です。720ミリリットルで3,780円とお値段は高めですが、それほど価値のあるお酒でもあります。こちらのお酒は原酒なのでアルコール度数も40度とかなり高いですが、17年という長い年月熟成されているからこそ深い味わいであっても、アルコールの高さを感じさせないまろやかさが特徴のお酒です。ゆっくりと楽しみたいお酒ですね。

・おまち櫻井

こちらのお酒は、オウゴンセンカンと米麹を原料としており、アルコール度数は25度です。1,800ミリリットル2,880円となっており、岡山県産の雄町米を使った黒麹のみで仕込まれている芋焼酎です。原料だけでなく加工から最後までの焼酎造りの行程すべてにこだわっているので、優しい旨味やフルーティーで芳醇な香りが一度飲んだら忘れられないような素晴らしい焼酎です。

・造り酒屋櫻井

こちらのお酒は、オウゴンセンカンと米麹を原料としており、アルコール度数は25度です。1,800ミリリットルで2,670円となっており、芋焼酎そのものの味わいを維持するために、できるだけ濾過を控えて造られている焼酎です。金峰町産の酒造好適米を厳選しており、白麹の米麹のみを使っている焼酎です。また牧園町の関病鉱泉水という伝説の名水を割り水に使っている焼酎です。そのため、とてもあっさりしていて飲みやすく、甘さが引き立っていいます。なめらかな口当たりと繊細な香りはこの焼酎ならではの味わいといえます。

・黒櫻井

こちらのお酒は、1,800ミリリットル2,510円、720ミリリットル1,370円のラインナップとなっています。こちらは金峰櫻井に5%ほど混ぜられている黒麹で仕込んでいる焼酎です。金峰櫻井はとても人気が高く常に品薄状態であるため、限定で商品化された焼酎なのです。櫻井酒造はとても限られた生産量であるため、このお酒の貴重さがよりわかると思います。伝統的な製造法方で譲されているため、しっかりとしたキレの良さやたっぷりなコク、なおかつ柔らかさもしっかりと感じられる焼酎です。

・金峰櫻井

こちらのお酒は、オウゴンセンカンと米麹を原料としており、1800ミリリットル2,410円と720ミリリットルと1,320円のラインナップとなっています。こちらのお酒は、地元で栽培されているオウゴンセンカンを、雑味の原因となる皮などの部分を徹底的に削られて作られています。白麹を基とした原酒に黒麹仕込みの原酒を絶妙なバランスでブレンドしています。雑味が全く感じられない質が高く、甘過ぎないほどよい甘さが口のなかに広がっていく味わいが楽しめる芋焼酎です。金峰櫻井は、櫻井の種類の中でも一番人気のある焼酎なので、焼酎ファンはもちろんのこと初めて焼酎に挑む人にも一度は飲んでほしいお酒です。

櫻井を飲むならお湯割りがおすすめ!

櫻井を飲むなら、芋の香りをたっぷりと堪能できるお湯割りがおすすめです。あまり芋の匂いが得意でない場合は、冷たくして飲む飲み方がおすすめです。お湯割りだと、芋本来の甘い香りや芳醇さを感じられます。ここで注意してほしいのが、熱湯で割らないようにすることです。熱湯で割ってしまうと、反対に芋焼酎の香りの成分が壊れてしまうため、辛味を感じたり苦味を感じる場合があるのです。適切な温度として70度から80度ほどのお湯で、40度から45度くらいの温度になるように割るのが、一番美味しく飲める方法です。焼酎本来の味わいを引き出すことができるので、ぜひ櫻井を手に入れたときはお湯割りで楽しんでくださいね。

東京で櫻井を飲めるお店は?

焼鳥 さつま屋 神保町店
こちらのお店は、神保町駅から徒歩1分ほどのところにあり、焼酎や日本酒などお酒の種類を豊富に取り揃えているお店です。中でも焼酎に力をいれており、人気の銘柄から全国各地のおすすめの焼酎などもあり、様々な焼酎をのみ比べすることができます。櫻井と様々なお酒を飲み比べてみてはいかがでしょうか。

なか匠 神田店

こちらのお店は、神田駅から徒歩1分ほどののところにあり、広々とした個室がとても評判のよいお店です。掘りごたつの個室でゆったりとお酒と料理を楽しめて、飲み放題などのプランも充実しています。九州の名産をふんだんに使った料理と櫻井を一緒に味わうことができますよ。

野らぼー 神田北口店

こちらのお店は神田駅から徒歩1分ほどのところにあり、料理にぴったりな焼酎や日本酒などのお酒を豊富に取り揃えています。いいちこや鬼火、金陵などお酒の厳選にこだわっているため、様々なお酒を料理と共に楽しむことができるお店です。もちろん櫻井も取り扱っているので、ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

海鮮・日本酒 たかの家 水道橋店

こちらのお店は水道橋駅から徒歩3分ほどのところにあり、約50種類もの地酒を楽しむことができるお店です。希少地酒や人気の銘柄の焼酎をたくさん取り揃えており、品揃えも豊富です。またリーズナブルな価格で提供しているので、櫻井と他のお酒もたくさん飲み比べできるのも魅力的です。

まとめ

いかがでしょうか。今回は人気の焼酎「櫻井」についてご紹介しました。櫻井の酒元である櫻井酒蔵は、とてもこじんまりとした酒蔵なので焼酎造りも年間限られた量しか製造できません。だからこそ、櫻井は人気が高くなかなか手に入らない焼酎でもあるのです。今回ので、櫻井がどんなに魅力的なお酒なのかがわかったことと思います。ぜひ櫻井を手に入れたときは、ゆっくりじっくりと楽しんでみてくださいね。

『お酒買取専門店リンクサス』で高価買取しているお酒をカテゴリーごとにご紹介いたします。