お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。
     

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

サントリー山崎35年の人気は買取価格に影響!

2018/11/14

サントリーから発売された山崎35年のとはどのようなお酒でどのくらいの人気があるのか、買取価格について解説します。

日本のウイスキーが世界的に人気を集める昨今、山崎35年の人気とお酒の特徴、買取価格についてわかりやすく説明します。

■山崎35年とはどんなお酒?

「山崎35年」は、サントリーより2006年5月23日に注文開始されたわずか200本限定、価格50万円のウイスキーです。注文受付開始1日で200本が完売するという人気のお酒です。

そもそも山崎は日本国内の人気が高いのはもちろん、世界的に高評価を得ているウイスキーです。山崎の蒸留所は大阪府三島郡島本町山崎にあり、名水とさまざまな設備のそろった蒸留所で製造されます。

山崎35年の製造には、多くの設備から作られた貴重なモルト酒をバッティングしシェリー樽で熟成させていきます。ここで熟成される環境は大切といわれ、最適な環境下で35年間樽の中で熟成され続けた貴重なウイスキーは、日本を代表するウイスキーの最高傑作となります。

こうして、限定200本しか発売されていない貴重なウイスキーとなりました。

■人気のひみつは?

山崎のウイスキーは世界が注目するウイスキーの一つです。山崎35年のモルト酒はバッティングされたとき1966年物の古いモルト酒やもっとも若いモルト酒で1970年という長期熟成されていたモルト酒を惜しげもなく贅沢に使用しました。

このことからも、ウイスキーファンにはたまらないものとなったのです。この過程を聞いただけでも1口飲みたくなるほどです。これを小型シェリー樽で35年も熟成させたのです。最高のウイスキーに人気が出ないわけがありません。

さらに、山崎のウイスキーは投資資産としての価値をみいだして購入する中国の方々がいます。

■高価買取される?

オークションでは600万円を軽く超えて高値取引をされます。インターネットショップでは1,000万円を超える値段での販売がされています。これらは世界市場に需要があることから高値取引されており、特に中国系の方々からの人気は爆発的なものがあります。

購入時の価格が50万円だったことからオークションでは12倍以上の値がつき、中古販売では当初の20倍以上の値段での販売がされています。このことからも高価買取されることは間違いありません。

世界で200本しかない貴重なウイスキーなのですから価値が跳ね上がるのは当然といえます。山崎にはその他にも山崎50年というさらに長期熟成されたウイスキーが存在しますが、こちらは3回に分けて計200本の販売をおこなっています。

一方35年は今までに1回しか発売されていないことから、熟成期間は50年よりもすくないものの希少価値が高くなっています。

■まとめ

サントリーの山崎35年は、製造過程での貴重なモルト酒を贅沢に使ったこと、熟成期間が35年と長期熟成であったこと、販売が1回のみということから希少価値があります。さらに世界市場からの需要も多いことから高価買取されます。

«