お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

ボトルコレクションシリーズ!白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶の特徴と売価は?

2018/12/01

サントリーの名門ウイスキー、白州シリーズからなんと有田焼ボトルコレクションが発売されました。

白州というとグリーンのボトルに、ウイスキーとしては珍しい透明な色が印象的なウイスキーですが、陶器コレクションは白州の中ではかなり珍しいですね。

そんな白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶は、やはり高い人気を誇り価格もかなり高騰しています。

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶の人気の秘密は何なのでしょうか?

現在の買取査定額と共に考察していきます。

.白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶とは?

ミルクホワイトの時に鮮やかなブルーの色で描かれた紋様。

これが、白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶のボトルの大きな特徴ですね。

普段の白州はグリーンの透明ボトルに中身が見える形での販売となっていますので、陶器ボトルは一見すると白州の印象がないシリーズになります。

蛸唐草の柄をしている白州ボトルコレクションは、持つとひんやりとした冷たさを感じられる陶器ボトルで、常温に保存していても飲む際には冷たさを感じることができます。

 

また、味わいは白州ならではの飲みやすくてさっぱりとした飲み口。

ウイスキーらしいピリッとしたピートの香りと共に、華やかさも感じられる香りがします。

クリアボトルの印象が強い白州に、この陶器ボトルがコラボした理由は、ジャパニーズウイスキーの定番、白州12年の製造を記念してのもの。

白州12年は味わいが高い上に価格も手頃であることが、人気を集める秘密となっています。

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶は、ボトルだけでもコレクターは欲しいと感じるものでしょうね。

.白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶の現在の価格と買取査定額は?

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶は、白州をはじめとするジャパニーズウイスキーファンからの高い人気を集めてます。

すでに取引は終わってるものですが、ヤフオクでは白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶がなんと8万円で取引されていました。

元値が2万1千円であることからも、価格の上がり具合が感じられます。

また、白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶の空瓶、つまり陶器ボトルのみの販売ですら2万円前後の値段がついています。

これはむしろ、発売当初の低下が現在は空ボトルの値段になっているということですね。

やはり、白州ウイスキーはもちろんのこと陶器ボトルの価値がかなり高いことを感じさせます。

また、ネットの大手買取専門店でも買取強化中のようですね。

買取査定額の平均は5万円とのことですが、今後、白州の陶器ボトルシリーズの希少価値と需要が高まることが予想されます。

タイミング次第では、より一層の高値が期待できるかもしれませんね。

 

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶を高く売るためのコツとしては、ひとまず現状を維持しつつ、しっかりと梱包した上で暗室に保管することです。

というのも、陶器ボトルは特に下手に手を入れては価格が下がってしまう可能性が高いのです。

例えば、付属の箱が壊れたから接着剤でくっつけたり、ボトルにヒビがあるから修復したりということを、一般人がしてしまうと失敗の元になります。

現状での傷などは、ひとまず置いておき、売却するまではしっかりと現状を維持することが大切ですね。

もちろん、現状が完璧な状態ならなおさらしっかりと梱包した上で暗室に保管することをオススメします。

あとは、売り急ぐことなくしっかりとタイミングと売る場所を見極め、しっかりと査定と比較をした上で売ることが高額買取の最大のコツです。

«