お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。
     

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

レミーマルタン セントー エクストラ グリーンボトルってどんなお酒?高価買取されるの?

2018/11/17

レミーマルタンのセントーエクストラ グリーンボトルとはどんなお酒でしょうか?

 

レミーマルタンの歴史と共に解説します。

レミーマルタンのセントークストラグリーンボトルとは人気のお酒の一つですが、どんなお酒で高価買取されるのでしょうか。レミーマルタンの歴史とその製法に隠されたおいしさの秘密をひもといてみましょう。

■レミーマルタンの歴史と製法

レミーマルタンといえば、世界中で愛されている有名なお酒です。そんなレミーマルタンの始まりは1724年にコニャック地方で酒造メーカーレミーマルタン社として創設されます。300年もの間、変わらない品質でブランデーを提供し続けている会社なのです。

レミーマルタンのブランドの地位を確固たるものにしたのは、4代目のエミール・レミー・マルタンです。4代目は、経営方針や品質管理の体制を整えて、樽売りだけでなく当時珍しくなかなか浸透しなかったコニャックの箱売りなども手掛けました。

特に4代目は、ボトルを芸術的で高級なものにし、化粧箱を派手で目に留まるようなものにし、ウイスキー以外の付属品に価値を付けたことが功績といえます。これにより、世界でレミーマルタンは、デキャンタの美しさと化粧箱までも価値を出した最高峰のブランデーであると定着します。

そしてレミーマルタンのブランデーは、コニャック地方の最高な土壌の2カ所から作られた白ブドウのみを原材料として使用するというこだわりの白ブドウなのです。

そんな最高土壌で作られた白ブドウを、独自の製法である澱(おり)を残して蒸留を2度おこなうというものです。これにより、アミノ酸が豊富に含まれ、他社との差別化を図ることができるほどの独特な味わいになるのです。

この製法は伝統であり、この伝統的な蒸留法はレミーマルタンのこだわりの1つなのです。

2024年には創設300年となります。特別な記念の時など、限定でこだわりのブランデーを出してきたレミーマルタン社は、この300年の記念に最高級のお酒を発表するかもしれませんね。

では、このこだわりが詰まったレミーマルタンのお酒の中のセントーエクストラ グリーンボトルとはどのようなブランデーなのでしょうか?

■セントーエクストラ グリーンボトルとはどんなお酒?

セントーエクストラは、コニャックの中でもダントツの知名度を誇る、レミーマルタン社から発売されていた高級ブランデーです。そのボトリングされているボトルが深緑色なので、グリーンボトルとなっています。

平均熟成年数10年から37年の300種におよぶ原酒をブレンドし、まろやかで豊かなコクある味わいを実現したブランデーがボトリングされています。

 

■高価買取される?条件は?

世界的に人気で、需要が多いお酒です。高価買取されるお酒です。高価買取されるためには、付属品の箱の存在は重要です。

どのブランデーでもそうですが、とくにレミーマルタンは化粧箱とボトルにも価値があるとされていますから、箱がないと減額されてしまいます。その他、ボトルは、貝殻をイメージしたデザインで、欠けやすい部分などはありませんが、取扱いや保存は丁寧にしておくといいでしょう。

■まとめ
300年の歴史を持つレミーマルタンの中でも有名なセントーエクストラ グリーンボトルは、認知度の高さや愛好家の多さが特徴です。自宅に保管されていて売却をお考えであれば、一度査定に出してみるのがいいでしょう。

«