お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。

お酒買取専門店リンクサス、ブランデー、ウイスキー、ワインなど買取します。

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

万年品薄!宮城峡 12年 シングルモルトを高く売りたいならこれ!

2018/12/04

宮城県の澄んだ空気と美しい自然に囲まれて作られている宮城峡シリーズの中でも、ジャパニーズウイスキーファンからの需要が高くて常に品薄状態にあるのが、こちらの宮城峡 12年 シングルモルトです。

特に地元からの根強い人気を誇る宮城峡は、ファンがヴィンテージ品の発売を今か今かと待ち望んでいるような状況。

そんな宮城峡の12年熟成物となると、現在でもかなりの需要があるでしょう。

ここでは、宮城峡 12年 シングルモルトの人気の高さと高く売るコツについて探っていきます。

.宮城峡 12年 シングルモルトの人気の理由は?

宮城峡 12年 シングルモルトに限らず、宮城峡シリーズは新商品が発売されるたびに高い注目を集め、既存のシリーズも常に品薄状態にあります。

その大きな理由は、宮城峡が地元から非常に愛されるウイスキーであるということです。

その名の通り、宮城県の仙台市に蒸留所を構える宮城峡は、地元である仙台市を中心として宮城県全体や東北各地からの高い人気を誇っています。

地元の記念日やお祝い事では多くの人が集ってお酒を飲む機会が多い東北地方では、宮城峡シリーズのウイスキーもよく飲みの席に用いられることも多いです。

さらに、特にこのような集まりごとの際にはノーマルなウイスキーよりもヴィンテージ品が好まれる傾向があり、宮城峡 12年 シングルモルトはどのような場にも非常に重宝される銘柄となっています。

誰でも飲みやすいクセがない宮城峡独特の優しい味わいに見た目から感じられる高級感、そしてヴィンテージ品であるということが消費者からの高い信頼を集めています。

宮城峡シングルモルトには、12年の他にも10年、14年の熟成期間を経た銘柄が存在しますが、いずれも常に品薄状態。

現在、店頭ではなかなか手に入れることはできない銘柄ですね。

宮城県内では、お祭りなどの祭事に宮城峡がウイスキーメーカーとして出店することもあり、その際に運が良ければ試飲したり買ったりすることもできるといいます。

仙台市にお近くの方は、直接足を運ぶことで宮城峡 12年 シングルモルトを味わうことができるかもしれませんね。

 

.宮城峡 12年 シングルモルトを高く売るコツとは?

繰り返しになりますが、宮城峡 12年 シングルモルトは常に品薄状態になっている宮城峡の中でも銘柄です。

もしも、封を切っていない宮城峡 12年 シングルモルトが自宅にあり、扱いに困っているという場合には、思い切って売ってみてはいかがですか?

もらったけれどウイスキーは飲まない

所有者がすでにいない。

このような方は、特に持っていても飲むことはなさそうですので、ぜひ本当に欲しいと思っている方の手に渡らせることを考えてみても良いかと思います。

さて、大切なのは売る際の注意点です。

宮城峡 12年 シングルモルトには、専用の化粧箱やネック、包み布などが存在します。

宮城峡 12年 シングルモルトを飲んでみたいという方が購入する可能性もありますが、中には宮城峡シングルモルトのヴィンテージシリーズをコレクションすることを目的として購入する方もいます。

そのような方にとって、大切なのはボトルや中身だけではなく付属品も含まれますからね。

化粧箱などの有無や状態によって、価格は数千円から数万円まで変わってくる可能性があります。

売ることを決断した際には、まず商品状態をチェックした上で、付属品の有無や日焼け、傷がないかどうかを確認しましょう。

ここで気をつけたいことは、たとえ傷が付いていたからといって下手に補修を試みたり、箱はいらないと勝手に判断して捨てたりしてはいけないということです。

どんなに大切にしていても、特に箱や包装紙の劣化は避けられないものがありますので、店側もある程度は想定内として見てくれます。

まずは、現状を維持しつつこれ以上の劣化を避けるために今よりも包装を厳重にした上で、売るその日まで暗室に保管しておくと良いでしょう。

そうすることで、商品状態や品質を保つことができ、より高値で売買することができるようになります。

«