お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。

お酒買取専門店リンクサス、ブランデー、ウイスキー、ワインなど買取します。

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

万年品薄!東急ホテル 30周年記念ボトルのお酒買取ならここ!

2019/1/05

大手ホテルチェーン店の東急ホテルの創業30周年を記念して作られたこちらの東急ホテル 30周年記念ボトル。

 

市場への出回り本数も少ないと言われるこの銘柄は、もしお酒買取に出したらどれほどの価値になるのでしょうか?

今回は東急ホテル 30周年記念ボトルの特徴とともに買取査定額や売る時の注意点などについても探っていきます。

.東急ホテル 30周年記念ボトルの中身は?味わいや香りは?

製造本数もかなり少量で、ほぼ関係者のみに配られたこちらの東急ホテル 30周年記念ボトル。

その名の通り、東急ホテルの創業30周年を記念してサントリーが制作した特別なボトルです。

肩の張った尻すぼみ型の東急ホテル 30周年記念ボトルは、非常に美しく趣あるフォルムになっています。

クリスタルボトルを使用していることもあり、ボトルから覗く濃い琥珀色のウイスキーがシンプルなクリスタルボトルを綺麗に色付けます。

クリスタルボトルに金のインクで描かれるのはススキや鶴など日本の秋の情景。

このシンプルなボトルを華やかに、しかし派手さはなく描くこのセンスと技術はサントリーならではのものですね。

中身はサントリーの中でも最高峰と呼ばれる山崎ブランドから、酒齢30年以上の原酒を厳選してプランとしたものが込められています。

山崎ウイスキーは、最近のジャパニーズウイスキーブーンにより銘柄問わずほとんどの品が品薄状態となっています。

そんな中で酒齢30年以上の原酒だけを選び抜くことがどれほどの希少価値が高くて貴重なものかということは言わずもがなですね。

完熟モルトならではの甘くてフルーティな味わいに、ミズナラ樽のウッディな香りは飲むものも見るものも魅了します。

世界でも有数の逸品である東急ホテル 30周年記念ボトルは、もし見る機会がありましたらぜひじっくりと観察したい品ですね。

2.東急ホテル 30周年記念ボトルのお酒買取の注意点は?査定額は?

東急ホテル 30周年記念ボトルの現在の売価はなんと30万円超え。

お酒買取の査定額も20万円〜を提示する店舗がかなり多いです。

これほど希少な原酒を使用しており、販売もごく限られた人にしかされていなかった東急ホテル 30周年記念ボトルは、発表当初から『いくら払っても買いたい』という声が上がるほどの品でした。

もちろん、金額は関係なく配布される人物は決まっていたようで、現在でも何が何でも欲しいという方はたくさんいるのです。

もし、運良く東急ホテル 30周年記念ボトルを所有しているけれどあまり興味はないという方がいましたらぜひ、お酒買取に査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

特に、「遺品整理て出てきた」とか「頂き物だが扱いに困っている」という方は、劣化が進む前にお酒買取の専門店に売ってしまった方が賢明です。

ここで注意したいのはお酒買取の際に簡単に売る店を決めてはいけないということです。

東急ホテル 30周年記念ボトルのように希少な品は、買取専門店もできるだけ安く買い取って高く売りたいと考えています。

つまり、なんの知識もなくお酒買取に持ち込んでしまうと、最安値で買い叩かれてしまう可能性があります。

そこで、東急ホテル 30周年記念ボトルを売ることを考えた際にはまず、その時の東急ホテル 30周年記念ボトルの売価や買取基本額をネットで探ってみましょう。

そしてある程度の知識をつけた上で専門店に持ち込むと、基本額よりも安値を提示された際に質問を投げかけることができます。

そうでなければ、『家にあった扱いに困る品が10万円で売れてラッキー』というような考えで即売りしてしまい、大きな損をしてしまいかねません。

ウイスキーに限らずですが、物を売る際にはその品物のオーナーとしてある程度の知識をつけておく必要がありますね。

«