お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

宮崎焼酎「月の中」を徹底解説!魅力や酒蔵、楽しめるお店についても!

2019/5/12

皆さん、月の中というお酒をご存じですか?

月の中は宮崎焼酎で「つきんなか」と呼ばれている焼酎です。

焼酎ファンならプレミア焼酎といわれている月の中を飲んでみたいという方も多いはずです!

そこで今回は、そんな中々手に入れられない芋焼酎の月の中の魅力から酒蔵についてご紹介していきたいと思います。

最後には、月の中が楽しめるお店も厳選してご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

月の中とはどんなお酒?魅力や酒蔵についても!

月の中(引用:Amazon

月の中は宮崎県にある岩倉酒造で造られている

岩倉酒造とは、宮崎県にあり現在4代目の家族で切り盛りしている小さな酒蔵です。

創業160年以上もの歴史があり、創業当初は社氏も雇っていたのですが、酒蔵を受け継いでからは一時期夫婦二人で焼酎を作っていた時期もあるのだとか。

現在は娘も息子も焼酎作りに加わったことで家族4人で主に焼酎を作っているようです。

素材にこだわって作られている

岩倉酒造では、8月のお盆があけた頃から忙しくなるようです。

そこから10月までは仕込みが続くシーズンなのですが、麹を作る作業と焼酎の仕込みを同時に行っているようです。

岩倉酒造では、地元産のさつま芋を焼酎に使っていますが、鮮度が良いその日のうちに処理をするようです。

さつま芋を掘りあげた日に岩倉酒造へと届けられ、そこでさつま芋をきれいに洗って選別して使っているようです。

次の日には麹と合わせ仕込み作業をしますが、ここでの仕込みに使う水にもこだわっており、昔から使われている井戸水を使用しています。

岩倉酒造では焼酎造りは手作業で行われている

岩倉酒造では、焼酎造りが手作業で行われています。

1回の仕込みだけで約1トン半のさつま芋を使いますが、さつま芋を洗う作業だけでも家族4人で一時間半ほどかかるのだとか。

そしてその後にはさつま芋を選別して皮を向く作業もあります。

選別の作業の中で特に力をいれているのが、ひとつひとつしっかりと目で見て変色している部分を切り分けたりしているところ。

現在では娘が瓶詰めや出荷作業をしており、忙しい時期になると全員で作業に取りかかるようです。

ラベルシール張りももちろん手作業ですが、1日の作業が終わる頃になると、にぎやかな笑い声が作業場に響いているようです。

ちなみに、焼酎を作るときのさつま芋は、中身がずっしりとした大きい芋を使っているようです。

とはいっても天候によってはさつま芋の中身の充実度が変わってしまうため、そこが焼酎作りにおいて一番の難しいところだそうです。

岩倉酒造では心を込めた焼酎を届けたいという思いがある

岩倉酒造では、焼酎を販売する際に問屋さんをいれずに、販売店へと直接卸がほとんどなのです。

酒蔵はそれほど大きさがあるわけでないため、焼酎を作るには限りがあります。

大量生産するよりも、より良い質の焼酎を作るということを大切にしているからこそ、「心が通じる販売をしたい」という方針があるのです。

一時期経営が苦しかった時期もあるようで、現在の販売店は20年以上も付き合いがあるところも多いようです。

業者が仕事中に遊びに来ることもあるほど、付き合いが長いみたいですね。

月の中はとにかくまろやかな味わい

月の中は地名「月中」から由来している芋焼酎です。

そんな月の中はまろやかで優しい、柔らかくて細やかな味わいが特徴です。

芋焼酎というと、尖ったような味わいがほとんどです。

しかし、香りが蒸かした芋、そして甘味がほんのり残るので、お寿司にもぴったりな焼酎でもあります。

まるで田舎のお母さんを思い出させるようなほっとした気分になれる味わいが、全国で人気がある焼酎であることも納得させるような焼酎です。

これは全ての工程が手作りで作られているからこそ味わえるのでしょう。

月の中のおすすめの飲み方は?

ロックでゆっくりと楽しむ

月の中のおすすめの飲み方としてロックがおすすめです。

月の中はアルコール度25%とそこまで高くはないですが、やはり焼酎を飲むときの定番の飲み方ではないでしょうか。

月の中は元々まろやかな味わいだからこそ、ロックでゆっくりとまろやかな味わいと芋の香りを楽しむのもおすすめです。

氷を入れてからグラスをしっかり冷やしてから焼酎を注ぐのがおいしいロックを飲むポイントです。

さらにまろやかにさせる水割りもおすすめ

月の中は非常にまろやかで優しい味わいが特徴ですが、自分が飲みやすい好みに調節できる水割りもおすすめです。

前割りという、あらかじめ水で焼酎を割って寝かせておく飲み方も、さらにまろやかな味わいが楽しめるのでおすすめです。

夏には炭酸割りで飲むのもおすすめ

月の中を炭酸水で割って飲むのもおすすめです。

夏の季節には特におすすめで、すっきりと飲みやすく、さらに柑橘類をプラスすることで爽やかな口当たりを楽しめます。

冬の季節にはお湯割りで楽しもう

お湯割りというと、冬の季節の一般的な飲み方ですよね。

お湯割りで月の中を楽しむときにはまずお湯を先に入れ、それから焼酎を注ぎましょう。

そうすることで、焼酎の香りが湯気の中に溶け込んでくれるため、芋の香りも楽しめるんですね。

宮崎県では、

  • 焼酎が6に対してお湯が4の割合
  • 焼酎が7に対してお湯が3の割合

このようにお湯割りを楽しむのが一般的なようです。

ストレートでそのままの味わいを堪能する

月の中をストレートで味わうのもおすすめです。

前述の通り、月の中はアルコール度数は25度。

なので、何かで割って飲むだけでなく、そのままストレートで飲んで楽しむのも焼酎本来の味わいや香りをゆっくりじっくり味わえます。

そもそも宮崎県の本来焼酎には度数が20度前後のものが多いので、ストレートで飲むことができる焼酎がほとんどなのです。

東京で月の中を楽しめるお店は?

九州 熱中屋 八重洲 LIVE

こちらのお店では3種類のスープを選べるもつ鍋が楽しめます。

  • しっかりとコクがあるにもまろやかな口当たりの濃厚スープ
  • 野菜の甘味と深いコクがある塩スープ
  • もつ鍋の王道ともいえる大豆のコクと旨味のある醤油スープ

そんなもつ鍋と一緒に楽しむ月の中は、まろやかな味わいがもつ鍋と相性抜群です。

さかなさま 大手町店

こちらのお店では、新鮮な魚がふんだんに使われた自慢のメニューが楽しめます。

漁港直送の新鮮な刺身盛り合わせや、天然地魚の焼き魚や煮魚など、そのときの時期にあった旬な食材を楽しめます。

そんな新鮮なお魚とともに月の中をストレートで楽しみたいところですよね。

完全個室 和食居酒屋 箱根 日本橋

こちらのお店では、当日卸した国産和牛を使った牛すじ煮込み豆腐が楽しめます。

日本橋箱根に訪れた人が一度は絶対に食べたいというほど人気のある自家製の牛すじ煮。

都内にある肉卸市場でその日仕入れた国産和牛を使っています。

一頭からほんのわずかしか取れない部位なども使われているので、非常に貴重なお肉を堪能できるお店でもあります。

そんなお肉とともに、楽しんでほしいのが月の中です。

まろやかな味わいだからこそ、お肉の旨味を邪魔することもなくお肉もお酒も楽しめますよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回はプレミアムの焼酎といわれている月の中についてご紹介しました。

月の中は宮崎県の焼酎であり、大量生産よりも質を大事にしている酒蔵だからこそ、中々手に入れることができず、プレミアムとなっています。

また全ての作業が手造りで行われているからこそ、まろやかな味わいが魅力的な焼酎でもあります。

丁寧な造りから、どことなく懐かしい思いをさせるような焼酎です。

今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

«