お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。

お酒買取専門店リンクサス、ブランデー、ウイスキー、ワインなど買取します。

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

山崎25年とは、どのようなウイスキーなのか?どこで飲めるのか?

2019/3/16

現在、ジャパニーズウイスキーは品薄状態です。
山崎や、響、白州など、品薄や休売などで価格の高騰も続いているようです。
今回は、「山崎25年」にスポットを当てて見たいと思います。

山崎25年とは
まず、ウイスキー山崎が生まれたきっかけは、日本で初めての蒸留所だった山崎蒸留所の施工60周年を記念して作られたのが「山崎」でした。
その記念で発売が始まった「山崎」がサントリー創業100周年を祝う形で発売されたのが「山崎25年」です。
創業100周年で発売されたプレミア感もありますが、年間に1200本ほどしか生産されない為、とても貴重なウイスキーになります。
全体的に品薄とされている「山崎」「山崎12年」「山崎18年」「山崎25年」。
その中でも特別な1本であり、ウイスキーファンにはたまらない1本であります。
創業100年を祝い作られたウイスキーだけに、ボトルも特別で、透明のボトルとなっています。
透明のボトルの中のウイスキーは、他のウイスキーよりも色は濃く、ほぼ黒に近い色をしています。
光に空かすと熟成されたことが良くわかりますが、透明のボトルの理由は、熟成された色を楽しんで欲しいというサントリーの気持ちが詰まっているのではと思わせます。
そのように貴重な「山崎25年」のお値段が気になる所です。

山崎25年の値段は
山崎25年の価格は、希望小売価格で125,000円となっています。
ウイスキーに詳しくない方は「高い!」と思う方も多いと思いますが、ウイスキー好きの私には「安い!」という思いです。
実際にネットなどの取引価格を見てみると、70万円前後の価格は多々あり、高いものでは100万円を超える価格もあります。
70万円でも高嶺の花!さらに100万円なんて一生飲むことはない、そのように思う方も多いと思いますが、なんと、「山崎25年」を飲める可能性もあります。

山崎25年を簡単に飲む方法
100万円のウイスキーなんて飲めるわけないと思いますが、それが飲めるのです。
飲める場所が、「サントリー山崎蒸留所」になります。
蒸留所内にある「YAMAZAKI DISTILLERY SINCE 1923」です。
おしゃれな内装に、キレイに並ぶサントリーの商品、そのなかに山崎25年も並んでいます。
こちらでは、山崎25年が15㏄2,900円で飲むことができます。
高く感じるかもしれませんが、お店に行くとワンショット10,000円~15,000円しますので、2,900円は、妥当なお値段と言えます。

まとめ
いかがでしたか?
今回は、「山崎25年」をご紹介していきました。
希少価値の高い、山崎25年ですが、価格的にも、市場に出回っている数でも、なかなか私たちが簡単に飲めるウイスキーではないことがわかりました。
しかし、ウイスキー好きには一度は飲んでみたい山崎25年です。
もし、京都府に行くことがあれば、山崎蒸留所に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

«