お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

山崎25年とは、どのようなウイスキーなのか?どこで飲めるのか?

2019/3/16

現在、ジャパニーズウイスキーは品薄状態です。

山崎や、響、白州など、品薄や休売などで価格の高騰も続いているようです。

今回は、「山崎25年」にスポットを当てて見たいと思います。

山崎25年とは

まず、ウイスキー山崎が生まれたきっかけは、日本で初めての蒸留所だった山崎蒸留所の施工60周年を記念して作られた「山崎」でした。

その記念で発売が始まった「山崎」がサントリー創業100周年を祝う形で発売されたのが「山崎25年」です。

創業100周年で発売されたプレミア感もありますが、年間に1,200本ほどしか生産されない為、とても貴重なウイスキーになります。

全体的に品薄とされているのが以下の銘柄になります。

  • 山崎12年
  • 山崎18年
  • 山崎25年

その中でも特別な1本であり、ウイスキーファンにはたまらない1本であります。

創業100年を祝い作られたウイスキーだけに、ボトルも特別で、透明のボトルとなっています。

透明のボトルの中のウイスキーは、他のウイスキーよりも色は濃く、ほぼ黒に近い色をしています。

光に空かすと熟成されたことが良くわかりますが、透明のボトルの理由は、熟成された色を楽しんで欲しいというサントリーの気持ちが詰まっているのではと思わせます。

そのように貴重な「山崎25年」のお値段が気になる所です。

山崎25年の値段は

山崎25年の価格は、希望小売価格で125,000円となっています。

ウイスキーに詳しくない方は「高い!」と思う方も多いと思いますが、ウイスキー好きの私には「安い!」という思いです。

実際にネットなどの取引価格を見てみると、70万円前後の価格は多々あり、高いものでは100万円を超える価格もあります。

70万円でも高嶺の花!さらに100万円なんて一生飲むことはない、そのように思う方も多いと思いますが、なんと、「山崎25年」を飲める可能性もあります。

山崎25年を簡単に飲む方法

100万円のウイスキーなんて飲めるわけないと思いますが、それが飲めるのです。

飲める場所が、「サントリー山崎蒸留所」になります。

蒸留所内にある「YAMAZAKI DISTILLERY SINCE 1923」です。

おしゃれな内装に、キレイに並ぶサントリーの商品、そのなかに山崎25年も並んでいます。

こちらでは、山崎25年が15㏄2,900円で飲むことができます。

高く感じるかもしれませんが、お店に行くとワンショット10,000円~15,000円しますので、2,900円は、妥当なお値段と言えます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「山崎25年」をご紹介していきました。

希少価値の高い、山崎25年ですが、価格的にも、市場に出回っている数でも、なかなか私たちが簡単に飲めるウイスキーではないことがわかりました。

しかし、ウイスキー好きには一度は飲んでみたい山崎25年です。

もし、京都府に行くことがあれば、山崎蒸留所に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

山崎25年の豆知識

サントリー創業記念酒の買取価格と売価は?山崎 25年 シングルモルト

これまでの長い歴史があるサントリーの中でも、創業100周年を記念して作られたのが人気高い“山崎25年”シリーズ。

 その中でも、混じり気のない香りと味に多くのファンが魅了されたのが、こちらの“山崎 25年 シングルモルト”です。

 一体どのような味わいなのでしょうか? 

おおよその買取査定額や売り方のコツなども一緒に検証していきましょう。

 .山崎 25年 シングルモルトの特徴は?

 大手飲料メーカーのサントリーが、自社の創業100年を記念して発売した渾身の作品が、山崎25年のシリーズです。

 つまりサントリーは、この記念の日のために約25年も前から“山崎 25年”を作り始めていたということになります。

25年といわれると四半世紀。

 人間で例えるなら生まれたばかりの赤ちゃんがとうに成人する年月です。

 山崎 25年 シングルモルトは、それほどの長い期間を経て熟成されるため、シングルモルトながら味に深みがあり、まろやかな味わいを感じることができるウイスキーなのです。

 香りも高い山崎 25年 シングルモルトは、山崎シリーズのファンの中でも人気が高く、手に入りにくい品だといわれています。

.山崎 25年 シングルモルトの製造方法

 山崎 25年 シングルモルトの人気が高いのには、深いわけがあります。

 山崎25年は、ウイスキーを熟成するためには不可欠なウイスキー樽として、シェリー樽とミズナラ樽を採用しています。

 ミズナラの樽はかなり希少価値も高く山崎のウイスキーでも使われることは稀なのですが、サントリー創業記念として作られた山崎25年では、この2つの樽で作られた原酒をどちらも使っているのです。

 そのため、甘くもありさっぱりもする香りと味わいが楽しめる山崎 25年 シングルモルトは、2種類のウイスキーをいっぺんに味わっているような気持ちになります。

 長く飲み続けても飽きない味わいですね。

.買取査定額と売り方のコツ

山崎 25年 シングルモルトは、発売当時の売価は12万円でした。

 700mlのウイスキーボトルの値段としてはかなりの高額ですが、やはり100周年記念ウイスキーということもあり、発売してから予約は殺到し、即完売になったといいます。

 ちなみに現在、オークションや通販などでの平均売価は35万円にのぼるものもあります。

買取価格としても、封を切ったりよほど汚れていたりしない限りは、元値よりも高くなることは間違いなさそうですね。

高額買取してもらえるコツはやはり第1に保存状態です。

箱や包装などの付属品は出来る限りとっておきましょう。

また、箱が割れていたりしたからといってむやみに補強することはオススメできません。

ウイスキーボトルの箱の多くは木製ですので、多少のヒビが入ることは買い取る側も想定内です。

そのヒビに、ボンドや接着剤などをつけてしまうと逆に価格を下げてしまいかねません。

まずは、現状を維持することを目的に保存しましょう。

また、買取に関しては種類販売店やメーカー、オークションなどいろいろと出品方法はありますが、出来る限り多くの場所で査定をしてもらうと良いでしょう。

最初に訪れたお店に種類専門のバイヤーがおらず、安値で買い取られてしまうケースは少なくありません。

まずはネットで買取相場を調べた上で、破格の値段を提示された場合には理由を聞き、別の場所でも査定をお願いしてみましょう。

もしかすると、1つ目の査定額の何倍もの値段を提示してもらえるかもしれませんよ。

ウイスキーの高額査定のチェックポイントは?山崎 25年 リミテッドエディション

自宅にある木箱に入ったいかにも高そうなウイスキー。

 

自分は飲まないから売りたいのだが売り方がわからない、どこに売ったらいいのか分からないという人も多いですよね。

 “プレミア”といわれるウイスキーほど、購入者はコレクションとして丁重に扱い、封を切っていないことも多いです。

 そんなお酒こそ、売った時の売価には期待が高まりますよね。

 もしも、プレミアウイスキーを売買する際には、高額査定してもらうための注意点もしっかりとチェックしておきましょう。

 

 .山崎 25年 リミテッドエディションの販売の秘密とは?

 

 四半世紀、蒸溜所内のシェリー樽で大切に熟成されてきたのがこの“山崎 25年 リミテッドエディション”。

 木箱に入っているだけではなく、のし紙に帯紐までついているこのウイスキーは、縁起物としても多くの購入者からの需要を集めました。

 そんな山崎 25年 リミテッドエディションですが、山崎シリーズのファンでも発売を知らなかったという人もいるのだとか。

というのも、山崎 25年 リミテッドエディションは発売予告などは全くされておらず、ほぼ告知なしで発売された品なのです。

理由はコレクションや転売目的での大量購入をする買主が多発することを防ぐため。

多くの人に楽しんでもらいたいという気間近あったからなのでしょう。

 転売ヤーの手に渡ってしまうと、どうしても本来の山崎ファンの人の手には入りづらくなってしまいますからね。

2015年8月に発売された山崎 25年 リミテッドエディションは、当時の売価は40万円でした。

かなりの高値ですが、それでも買い求める人は多くすぐに完売になってしまいました。

とはいえ、大量購入による即日完売を防ぐ措置をとったサントリーは、やはり山崎ファンを非常に大切にしていますよね。

 

.山崎 25年 リミテッドエディションの現在の売価は?

 

 サントリーの手厚いサービスにより、多くの山崎ファンの手に渡った山崎 25年 リミテッドエディションは、実はオークションなどでの流通も少ないのです。

 本当に欲しい人の手に渡ったことの表れともいえますね。

 数少ないオークション出品商品の中では値段は60万円前後と、やはりかなりの高値が付いています。

 保存状態や箱などの付属品の有無によっても値段が変わるようですが、中には65万円を超える落札価格になっているものもあります。

 値段とすると1.5倍ほどでしょうか?

 元値が高い割に現在の取引価格が伸びていない印象がありますね。

 山崎 25年 リミテッドエディションに関しては、発売からまだ年月が経っていないことが、理由と考えられます。

 流通は少ない銘柄ですので、長くしっかりと保存をしておけば、将来的にはかなりの高値になることが期待できそうですよ。

 

 .高額査定をしてもらうコツは?

 

 山崎 25年 リミテッドエディションを手離そうとしている方!

 ちょっと待ってください!

 先ほども説明した通り、今はまだこちらの銘柄の売価はあまり伸びていません。

 急で売らなくてはならない理由がある場合は別として、『近々に売らなくてもいいよ』という方はもう少し自宅で眠らせていても良いかもしれません。

 ただし、その際に気をつけて欲しいことがあります。

 ご存知の通り、山崎 25年 リミテッドエディションは他の銘柄に比べてお酒以外にも保存すべきものが多いです。

それものし紙や帯紐などのように気を抜くとすぐに劣化してしまいそうなものばかり

 もし、売ることを前提に自宅で保存をするのでしたら帯紐がヘタれたり、のし紙が日焼けしてしまったりしないような気遣いをする必要があります。

現在、木箱に保管している方は当然ながら木箱の中に酒瓶が入っていますよね?

保存する際にはさらに、その木箱よりも大きな箱やケースに入れておくと良いです。

完璧な保存を求める方は、木箱やのし紙が擦れてしまわないように簡易的で良いですので包装をしておくと、より状態は良く保てます。

お酒は保存状態が良いほど高額査定をしてもらえます。

 査定に出す前に、今のうちにできる対処はしっかりとしておくことが、いざ売りに出す際に期待以上の売値をつけてもらえることにつながります。

今更聞けない!!シングルモルトとピュアモルトの違いは?山崎 25年 ピュアモル

お酒が好きな人もそうではない人も、お酒特有の用語を明確に知っている人は少ないのではないでしょうか?

「よくわからないけど、美味しいからのんでる」なんて人も多いはず。

そこで今回は今更、人には聞けないウイスキー特有の用語“シングルモルト”と“ピュアモルト”の違いを学んでいきます。

その上で、山崎 25年 ピュアモルトの人気が高い理由も検証していきましょう。

.シングルモルトとは?

ウイスキーを飲む際、銘柄をしっかりと確認している人はどれほどいるのでしょうか?

ウイスキーの名前には後ろの方に“シングルモルト”というような名前が付けられている場合があります。

気づいていない人の方が多いかもしれませんね。

気づいていたとしても、気にせずに飲んでいる人がほとんどでしょう。

では早速、シングルモルトについて説明をしていきます。

ウイスキーは、とうもろこしやライ麦などの穀物を原材料として生成されていますが、その中でも大麦麦芽を100パーセント使って作られているウイスキーがシングルモルトと呼ばれます。

また、1つの蒸溜所で作られていることも条件の1つです。

つまり、シングル=1つの蒸溜所。

モルト=大麦麦芽

と、いうことになります。

シングルモルトのウイスキーは、1つの蒸溜所で作られたウイスキーが樽に詰められ、熟成される製法を取っています。

ちなみに、いろいろな蒸溜所で作られた原酒をブレンドされたものはブレンデッドウイスキーとよばれ、味に深みや深い味わいを感じられるといいます。

シングルモルトの場合は飲みやすく、癖がない飲みごたえであることからも、根強いファンからウイスキー初心者まで多くの人が楽しめるのです。

.ピュアモルトとは?

シングルモルト同様に、ピュアモルトもウイスキーの名前の一部として使われている場合があります。

【山崎 25年 ピュアモルト】などはピュアモルトのウイスキーとしてはかなり名高い有名なお酒ですよね。

ピュアモルトとは、違う場所で作られたシングルモルトを混ぜることで生成されたウイスキーです。

「ブレンドっていうことはブレンデッドウイスキー?

と、感じる人も多いですよね。

大きなくくりで考えるとそれで間違いありません。

ですが、ブレンデッドウイスキーとの違いは“あくまでもシングルモルト同士のブレンド”という点です。

同じ蒸溜所の原酒同士のブレンドですし、原料が大麦麦芽のみという部分は変わりありませんので、味に差異が出にくいことが特徴です。

ピュアモルトは一般的にはモルトウイスキーと呼ばれることが多いですが、“ピュア”という言葉を使うことで混じり気のなさを表現することができるため、市場ではピュアモルトと呼ばれる傾向があります。

3.山崎 25年 ピュアモルトの希少価値は?

山崎シリーズの中でも群を抜いて人気が高いのが、この『山崎25年』の商品だといいます。

もちろん、希少価値や価格で考えると50年や35年の方が高いのは明らかですが、サントリー創業100年を記念したウイスキーで、一年に1200本のみの生産となり、数は少ないですが毎年手に入れるチャンスはあることから、買い求めるファンは多いですね。

1999年に作られたこの山崎25年シリーズは、四半世紀かけてじっくりと熟成されてきました。

そして、選び抜かれた樽の中からさらに抜粋された、まさに最高峰のウイスキーたち。

メーカー希望小売価格は12万5千円ですが、実際の売価は30万円となっています。

シングルモルトとピュアモルトは、各々のファンがいますので、売買をする際の値段にはさほど差異はなさそうです。

ただし、自宅に眠っていた山崎 25年 ピュアモルトを高値で取引してもらいたいとなると、種類取扱店よりもオークションなどで個別に価格調整をした方が良さそうですね。

山崎 25年 ピュアモルトは、少ないながらも毎年コンスタントに生産されているウイスキーです。

お店によっては希少価値が高いと判断してもらえない可能性もあります。

やはり、個人的に山崎 25年 ピュアモルトを探している人に買ってもらった方が、値段は高くなりそうですね。

山崎25年 ピュアモルトを売ったらいくらになるのか?

山崎25年 ピュアモルトとは?

山崎25年 ピュアモルトは限定生産されているウイスキーですので、市場に出回っている数がとても少なく現在でも非常に入手困難であるということが言われています。また、インターネットなどでも販売されていますが、いずれの場合でもかなりの高額で販売されています。ウイスキーが好きな人にとってはたまらない商品です。国内だけでなく海外での評価も高いウイスキーとして知られています。

山崎25年 ピュアモルトはいくらで売れる?

山崎25年 ピュアモルトを、高価買い取りを希望しているという人もいるでしょう。これをもしも売るとしたらいったいどのくらいの価格で売ることが出来るのでしょうか?高価買い取りで有名な大黒屋の場合には、山崎25年ピュアモルトを現在のところですが、630,000円で買い取ってくれます。もちろんこれは保存状態などによっても異なりますので、あくまでも参考価格になります。

山崎25年 ピュアモルトの高価買い取り 価格という風にインターネット検索で調べてみると簡単に調べることが出来ますよ。もしも、山崎25年 ピュアモルトを持っていて売却しようか検討しているということであれば、状態にもよりますが、かなりの金額で売却するということも可能ですよ。もしも、家で飲まないということであれば売却してしまうのがよいでしょう。間違いなく欲しいという人がいますので、検討する価値はありますよ。

お店で買い取ってもらうという他にはインターネットオークションなどに出品すると言う方法もあります。この場合には通常よりも多くの人の目に触れることが出来ますので、思わぬ高値で売却できるかもしれませんよ。場合によってはお店で買い取りをしてもらうよりも高く売れるかもしれません。

山崎 25年 ピュアモルトは高価買い取りを期待できるだけでなく、とても希少なものであるということを理解しておくようにしましょう。

山崎25年 ピュアモルトを手に入れるには?

ウイスキーが好きな人であれば飲んでみたいと考えるでしょう。そんな山崎25年 ピュアモルトを手に入れるにはどうすればよいのでしょうか?何度もいっているように、とても希少価値の高い物であり、そもそも限定生産なので、市場に出回っている量はかなり少ないです。見つけたらラッキーくらいなものです。

ただ、その希少価値が高いということから定価で販売されていることはありません。少なくても数十万円以上の現金を準備しておかないと購入すると言うのはまず不可能であるという事が言えます。数は少ないですが、インターネット通販やオークションサイトで販売されているということもあります。この山崎25年 ピュアモルトを購入して味わってみたいという人はまずは、インターネットから検索してみてはいかがでしょうか?資金に余裕があるのであれば購入するのもよいでしょう。持っていれば人に自慢することも出来ます。

まとめ
山崎25年 ピュアモルトは限定販売されているものなので、非常に希少価値の高い物です。お店で買い取りを依頼する場合には数十万円の値がつくということもあります。持っていると自慢することが出来るウイスキーですよ。

山崎25年なら高価買取!山崎のウィスキーが圧倒的支持を受けるのはなぜ?

ウィスキーと言えば山崎と言われるほど、世界的にも人気が高いのが山崎ウィスキーです。

最近では外国人観光客がお土産に購入するケースが非常に多く、品薄(というか買えない!)という異常事態になっているのが山崎ウィスキーです。大変なプレミアウィスキーになっています。

あなたの家には、昔買ったけれどリビングの棚に飾りっぱなしで開けていないウィスキーが眠ってはいないでしょうか?

それが山崎のウィスキーで、しかも、25年のモノだったら、間違いなく高価買取をしてもらえるのです。
ここでは、なぜ山崎25年のウィスキーが人気なのかを見ていきたいと思います。

■世界的な品評会で数々の賞を受賞している山崎ウィスキー

山崎のウィスキーは名だたる品評会で数多くの受賞歴を持っています。

例えば、イギリスで開催されるIWSC、ISC、そして、米国最大の世界的な酒類のコンペティションであるSWSCなど、様々な権威のある品評会で数々の賞を受賞しています。

ウィスキーと言えばスコットランドと言われますが、そんな世界のウィスキーに負けないくらい、山崎のウィスキーは世界中の人々に愛されているということがわかります。

■山崎ウィスキーの人気の秘密とは?

山崎ウィスキーは世界の品評会でも認められていますが、それ以外にも人気が高い理由はあるのでしょうか?

人気が高く高価買取の対象となる山崎ウィスキーの人気の秘密について見てみましょう。

・製造数が少なく品薄である

山崎ウィスキーは製造するウィスキーの数が少ないため、品薄であることも買取価格を高騰させる理由の一つです。

例えば、サントリーの創業100周年を機に販売が開始された山崎25年は、年間1,200本に生産数が限定されています。ですから、特に山崎25年は貴重なため、買取価格が高いと言われています。販売価格は16,000円ですが、その何倍もの価格で取引されているのです。

・熟成に時間がかかり貴重である

ウィスキーはワインよりも長い熟成期間が必要なお酒です。その中でも、山崎のウィスキーは熟成期間が長い商品が多くすぐに完成するわけではありません。この熟成期間の長さのため、山崎のウィスキーの希少価値はますます高まっているのです。

ウィスキーの味は熟成が命です。ウィスキーに適した環境でしっかりと熟成させた山崎のウィスキーは、その分製造工程が増え手間もかかっています。

だからこそ、味が良く人気が高いということです。しかも、山崎のウィスキーは非常に貴重なため、買取価格が跳ね上がってしまうと言えるのです。

■山崎ウィスキーの買取価格相場とは?

では、山崎ウィスキーの買取価格はいくらくらいなのでしょうか?

山崎シングルは5,000円程度と安値で取引されますが、熟成期間が長くなればなるほど価格は上がっていきます。山崎12年は1万7千円前後、18年は5万8円前後、25年になると価格は一気に跳ね上がり50万円を下らないとも言われているのです。

このように、山崎のウィスキーは熟成期間が長くなるにつれ高値が付くので、まさにお宝と言えるでしょう。

■まとめ

山崎のウィスキーは非常に貴重なため高値で取引されており、中でも25年はかなり高額です。
家に眠っている山崎のウィスキーがあるならば、一度査定してもらってはいかがでしょうか?

海外限定品!!山崎 25年 リミテッドエディション

■貴重なお酒!山崎 25年 リミテッドエディション
このお酒は、25年以上の熟成期間をシェリー樽でおこなった原酒をブレンドした限定商品になります。

購入は海外でのみ販売されているため、海外もしくは中古で購入するしか方法がない貴重なものです。さらに、年間の生産販売数は数千本という超希少価値のあるものとなっています。

■化粧箱も高級
このお酒の化粧箱は一切の釘がつかわれていません。職人の伝統技術を使った桐の木箱を化粧箱としており、箱とボトルには水引が施されているという日本の美しさを全面に出したデザインとなっています。

大変入手が困難で需要があるお酒になりますので、買取をお考えの方は、酒買取専門店リンクサスが責任を持って高価買取いたします!ぜひお持ちください!

«