お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

希少価値は?白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバット の特徴と価格は?

2018/12/09

白州蒸留所のブレンダーや製造者が丹精込めて作り上げて完成したのが、こちらの白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバット

見た目から高級感あふれるこのボトルは、果たしていくらの値で売買されているのでしょうか?

上手に売るコツについても探っていきます。

1.白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバット の特徴は?

山梨県の自然豊かな地で作られた白州シリーズの中でも、白州蒸留所のブレンダーたちがこだわり抜いて作ってきたのが、白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバットです。

名前の通り、シェリーの樽を使って作られるこちらのウイスキーは、香りもあんずやラズベリーのような甘酸っぱくて飲みたくなるような香りをしています。

また、口当たりも優しくてまろやかであることから、多くのジャパニーズウイスキーファンを魅了してきました。

ウイスキーの色合いは澄んだ琥珀色ですが、ボトルがほぼ黒いため、中身の色はグラスに注がなくては分かりませんね。

黒いラベルに色の褪せた白いラベルは、白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバットの大きな特徴でもあります。

長い期間熟成したことを、このラベルの色が表していますね。

ラベルには「the・owner’s Cask」と英語で書かれていますが、白州蒸留所と漢字で書かれていますのでジャパニーズウイスキーであるとがわかりやすいですね。

2.白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバット を高く売るなら?

up

白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバットは、ウイスキーファンやバイヤーの中でも割とコアな品で知らない人も少なくありません。

実際、現在はその希少性と秘蔵の品であることからも、42万円程の値段で売買されるほど価値の高い品となっています。

そのため、もし売ることを考えている人がいましたら、ぜひ大手の買取専門店に持ち込むことをおすすめします。

例えば、大黒屋やミスターフロンティアなどはウイスキー専門のバイヤーを多く抱えている大手企業と言えます。

白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバット のように、白州との記載はありながらもネットですらほとんど情報がない銘柄は、ウイスキーに相当詳しい人が見なくては本当の価値を見抜いてもらえません。

もしかすると、ノーマルの白州、もしくは偽物と判断されて数千円で買い取られてしまう可能性も高いです。

白州蒸留所 オーナーズカスク シェリーバットに限らず、あまり見かけないけれどブランド名はわかるウイスキーをお持ちの方は、ぜひ一度、大手の買取専門店を訪れることをおすすめします。

また、数店舗で査定をしてもらうことで、より一層高値で買取をしてもらえる可能性が高まります。

これほどの価値がある品ですので、売る際にはぜひ慎重に売る場所やタイミングをはかることが大切です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

白州蒸留所 オーナーズカスクの豆知識

限定品!白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年のお酒買取価格は?

すでに生産も販売は終了しており、まぼろしのウイスキーとして語られることとなった白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年。

市場に出回る本数もごくわずかだったこの銘柄は、果たしてどれほどの価値があるのでしょうか?

今回は、白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年のお酒買取価格についてはもちろんのこと、世間から人気を集める理由と特徴について探ってきいます。

1.白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年とは?人気の理由は?

限定195本という超希少な人気シリーズ・白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年。

熟成期間が17年とかなり長くて大切に貯蔵されてきた白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年は、2005年に満を辞して発売にこぎつけました。

オーナーズカスクならではの樽売りをされた白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年は、ほかのオーナーズカスクシリーズと同様にウイスキーボトルに移されての販売となりました。

澄んだ綺麗な琥珀色。

フルーティで香り高いウイスキー原酒に味わい深いショートケーキのような甘さが特徴の白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年は、老若男女問わず人気がある一品です。

飲みやすさと華やかさが同時に感じられる白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年は、個人で購入しても店舗においても見栄えのするまさに飲む場所を問わないウイスキーですね。

だからこそ、高い人気を誇っており現在は品薄状態となっているのでしょう。

オーナーズカスク自体がなかなか市場には出回ることがないことから、白州蒸留所 オーナーズカスク バーレルのシリーズは基本的に人気が高いです。

また、ボトル一本の価格は当初は安値だったこともあり、市民も手に取りやすいヴィンテージウイスキーとして知られていましたね。

.白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年のお酒買取価格は?

そんな人気高い白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年のお酒買取価格は現在5万円ほど。

 

ただし、こちらはあくまでもお酒買取の参考価格で、実際には商品状態が良かったりタイミングが良かったりすると5万円よりも高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。

もし、白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年を売ることを考えている方がいましたら、ぜひ所持している白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年を大切に包装した上で陽の当たらないところに置いておくと良いです。

現在白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年は、飲むことよりもコレクションすることを目的としているコレクターが多いです。

そのため、同じウイスキーでも商品状態が良く新品同様である白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年のほうがはるかに高値で買い取ってもらえます。

もし、白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1988年を所有しており売ることを考えている方がいましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お酒買取ならここ!白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年の特徴は?買取価格は?

すでに市場では完売状態となっており、なかなか簡単に入手する事ができないと言われる白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年。

希少なホワイトオークバレルを使用して作られたこちらのオーナーズカスクのお酒買取は、果たしてどれほどの価格になるのでしょうか?

今回は、オーナーズカスクである白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年の特徴とともにお酒買取価格についても考察していきます。

.白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年の特徴は?

すでに在庫はほぼ完売しており、入手方法はオークションでたまたまオーナーが出品したタイミングを図らなくては手に入れることはできないと言われている白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年。

1997年に熟成されたオーナーズカスクは、10年の熟成を経て2008年に完成しました。

発売当時の価格は1万2千円ほど。

 

カスクでの購入ともなれば銘柄によっては数十万円〜数百万円もするオーナーズカスクですが、基本的にオーナーズカスクを樽のまま買う人はいません。

多くの場合は樽で購入したのち、ボトルに移し替えて専用のラベルを貼ってもらうことができます。

だからこそ、10年もの熟成期間を経たウイスキーが1万ちょっとの価格で入手することができたのですね。

その品質の高いと価格の安さから、白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年に対する注目度は上昇。

なかなかヴィンテージウイスキーは買うことができなかった一般人も、白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年なら買ってみようかと思えるほどの価格でした。

そのため、販売開始から1年も経たない間に白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年は販売状態。

現在ではほぼ手に入れることはできない品となりました。

.白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年の買取査定額は?高く売るコツは?

人気が高くて味わいも最高と言われる白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年は、現在のお酒買取査定額はなんと6万円。

1万円ちょっとでの売価だったウイスキーが6万円もの価値がつくとは、かなり異例のことです。

白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年よりも年代が古い白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年がお酒買取価格5万円である中、新し目である白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年の価格の方が高くなっているのには、需要の高さと現在の市場に出回る本数が関係しています。

白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年は、最初に購入したオーナーが飲んだり人にあげたりした本数が多いため、市場に出回る本数が極端に少ないのです。

だからこそ、白州蒸留所 オーナーズカスク バーレルシリーズの中では一番年代が若い1997年が高額になっているのでしょう。

もし白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年をより高くお酒買取してもらいたい場合には、化粧箱や冊子などの付属品をしっかりとつけて査定をしてもらうと良いです。

その付属品をはじめとするウイスキーの状態が良ければ良いほど、ウイスキーの価格は高くなります。

もし白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年の売却を考えており、今ウイスキーを所有しているという方は、ぜひしっかりと包装をした上で暗室に保管して日焼けしたり破れたりすることを避けるようにしましょう。

そうすることで、希少な白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1997年をより高値で売ることができますよ。

現在は休売中?白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年の買取査定額は?カスクの価格は?

2005年に始まったサントリーに数あるウイスキーの樽売りサービス。

残念ながら、全体的なジャパニーズウイスキーブームに拍車がかかったこともあり、2010年にはすでにオーナーズカスクのサービスが休売しています。

そのため、酒齢としては若い白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年もかなり希少な品。

果たして、お酒買取価格はどれほどになるのでしょうか?

ここでは、白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年の買取査定額とともに、ウイスキーの特徴などについても探っていきます。

.白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年とは?オススメの飲み方は?

すでに樽買いであるオーナーズカスクは休売してしまっているオーナーズカスクシリーズは、現在かなり希少な銘柄となっています。

とはいえ、現在お酒買取などをされているオーナーズカスクシリーズは決して樽買いではありません。

オーナーズカスクを最初に購入した人は、基本的にはウイスキーボトルにカスクから原酒を移してもらって購入をします。

そのため、現在市場に出回る白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年もボトルの状態なのですね。

そんな白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年は、樽での価格は50万円と割と安価です。

熟成期間がそこまで長くないことなどが価格が安価になっている理由と考えられますがその味わいは非常に深く、コクがあると言われています。

ヴィンテージウイスキーならではのウッディーな香りにさわやかな柑橘系のフルーツの甘酸っぱさ。

ロックで飲むと、香りはさらに引き立つと言います。

また、味わいとしてフルーティな感覚が強い白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年は、なかなかない飲み方かもしれませんが、炭酸で割ってハイボールにするのも良いですね。

炭酸で割ったほうが飲みやすさは増しますので、ウイスキー初心者やお酒に弱い方はこちらがオススメです。

 

.白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年のお酒買取価格は?

白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年は現在、5万円でお酒買取がされています。

こちらはほんの一例ですので、店舗の需要やタイミングによって価格が前後することは容易に考えられます。

ヴィンテージ品でもある白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年は、買取価格も当初の価格よりもかなり高騰していますね。

白州蒸留所 オーナーズカスク バーレル1994年を売ることを考えている方は、ネットでお酒買取の基本価格を調べた上で、買取査定店に持ち込むと良いです。

そうすることで、想像のおおよその価格が決められますし、その価格よりも下回る価格が提示された場合には質問したり交渉したりすることもできます。

品物の売買の際に交渉する勇気はないという方も多いですが、ウイスキーの売買では値段交渉はかなりメジャーな方法です。

思い切って話をしてみると、予定よりも高値で売ることができるかもしれませんよ。

入手困難!?白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年とは?どこで買える?

現在、ほとんど市場には出回っておらず価格も高騰していることで知られる白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年。

1つの樽を入手する購入方法で溢れオーナーズカスクの中でも、希少性が高くなっている理由とは何なのでしょうか?

 

今回は、白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年の特徴とともに人気が高まる理由についても考察していきます。

.白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年とは?人気の理由は?

その名の通り、1986年に製造熟成された、オーナーズカスクとして樽売りされていることで知られるのが白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年です。

現在、白州蒸溜所のウイスキーの中でもかなりの人気を博しており、オーナーズカスクながらに一般の購入者からも需要が高まっているこの銘柄は、今ではなかなか手に入れることができないと言われています。

その人気の大きな理由は、基本的にバニラのような甘さにウッディな香りが特徴となっているその味わいです。

ウッディな香りが強いのはホッグスヘッドならではですね。

この味わいは、白州の中でも珍しい奥深さがあります。

白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年に人気が出る理由がよくわかりますね。

また色合いも赤みがかった琥珀色で、まるで美しく金色を輝く宝石のような色です。

カスクとしての価格は260万円もの値段となっており、かなり高額にも見えますが、内容量はおおよそ127本分もあるということです。

ボトルにすると一本あたり2万円程の価格ですので、白州蒸溜所としてはヴィンテージ品としても一般的な売価と言えますね。

.白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年の買取価格は?高額査定のコツとは?

白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年は現在、ほとんどのお酒買取専門店で14万円程で買取されています。

基本的な売価が2万円弱であることを踏まえると、お酒買取の価格としての14万円はかなりの価格ですよね。

そんな希少で価値もある白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年を上手に売るためには、ぜひ、多くの買取専門店を訪れて買取査定額を出してもらうと良いです。

お酒買取店も普通は、安値で買い取って高値で売りたいと考えるものです。

そのため、最初は白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年についている価値の最安値を提示される可能性も高いのです。

ですので、より多くの買取専門店で査定をしてもらい、その価格を参考に他のお酒買取店で査定をしてもらいましょう。

すると、訪れる店ごとに価格が高くなっていき、より納得のいく価格での買取をしてもらえるようになります。

くれぐれも、最初にお酒買取査定をしたその店でその場で売ることを決めてしまうことだけは避けるようにしましょうね。

白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1986年を売る際にはぜひ参考にしてみてください。

希少品!白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年のお酒買取価格は?

オークションや通販サイトを調べてもなかなか在庫が確認できないことで知られる白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッドシリーズ。

その中でも、今回は1990年貯蔵の白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年についての紹介をしてきいます。

オーナーズカスクとしての味わいはもちろんのこと、希少な白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッドシリーズの価格についても考察していきます。

.白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年とは?現在の価格は?

サントリーを代表する白州蒸溜所の専門ブレンダーが、樽売りに適した選りすぐりのカスクを厳選して販売しているオーナーズカスクシリーズ。

その中の1つがこちらの白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年です。

その名の通り、1990年に貯蔵されたことから、そこまで熟成期間は長くありませんが、ホッグスヘッドのヴィンテージ品ということで、かなり価格は高騰しています。

現在の白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年の売価はおおよそ10万円ということで、白州蒸溜所のウイスキーの中でもかなりの高級品となっています。

フルーティな香りはあんずやレモンのようなさっぱりとした酸味と甘いを感じさせます。

ホッグスヘッドならではのスモーキーさとスパイシーさは、白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッドのシリーズ全てに感じられる味わいですが、嫌なクセはなく、キレの良さを印象付ける味わいとなっています。

また、スモーキーさやスパイシーさだけではなく、基本的には甘みを感じられる白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年は口当たりからビターチョコレートのような甘さが口に広がります。

大人向けな味わいではありますが、雑味などはほとんどありませんのでウイスキー初心者でも軽く飲む分には美味しくいただける代物です。

1990年貯蔵のウイスキーということで、その年に生まれた若者が現在28歳となり、オーナーズカスクを購入したいという要望も増えています。

また、このように年代が入っているウイスキーは、個人だけではなく結婚式のような催し物の際にも用いられることが多く、この年代のウイスキー原酒はここ数年、需要がかなり高まっていますね。

.白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年のお酒買取価格は?上手に売るコツは?

ここ数年、白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年のお酒買取価格はかなり上昇しています。

ちなみに現在のお酒買取価格は7万2千円と、数年前に比べて万単位での価格高騰を示しています。

そんな白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年を高く買取してもらうためには、大手のお酒買取専門店を訪ねてみると良いです。

前項でも紹介しましたが、白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年のように年代が示されているウイスキーは、結婚式やパーティー、プレゼントなどに用いられる傾向があります。

そのような個人的な要望による需要を多く取り込んでいるのも大手のお酒買取専門店のメリットです。

例えば、ウイスキー専門店で『1990年製造のウイスキーはないか?』と尋ねられたとすると、専門店は買取店に直接連絡をし、その品を強化買取品として設定してもらいます。

すると、多少買取価格は高くなったとしても需要が確実にある品であるため、オーナーの要望にもある程度沿った形で買取をしてくれるようになります。

 

お酒買取の際に大切になる点は、持ち込む店がそのウイスキーを必要しているかどうかです。

その点については、ネットなどを調べると“強化買取中”というような記載を見つけることができます。

白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1990年の銘柄を指定して検索すると、すぐに調べることができますのでもしもお酒買取を考えている方がいましたらぜひ参考にしてみてください。

希少ボトル!白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年のお酒買取価格は?

なかなか市場には出回らず、入手は困難と言われる白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年。

オーナーズカスクとして樽売りされていたにもかかわらず、ほとんど市場で見かけることはなく出会える機会も少ないこの銘柄は、果たしてどれほどの価値があるのでしょうか?

ここでは、白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年のお酒買取価格とともにウイスキーの特徴やオーナーズカスクについてなど考察していきます。

.白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年とは?オーナーズカスクって何?

現在、ほぼ市場には出回っておらず見ることすらも困難と言われる白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年。

そもそもオーナーズカスクとは、消費者が蒸留所にある樽売りのウイスキー樽をそのままひと樽購入するというシステムです。

樽売りされるウイスキーは、基本的にはその蒸留所の専属のブレンダーたちが厳選して選び抜いた品になります。

つまり、自分自身が1つの樽のオーナーになるということをオーナーズカスクと言うのです。

標準的な700mlのウイスキーでも、数万〜数十万円以上もする品も多い中で、樽買いをする人なんて本当にいるの?

って思う人も多いですよね。

サントリーの中では主に山崎と白州がこのオーナーズカスクを販売しているのですが、実は樽買いを目的として蒸留所の見学を希望したり、購入を希望して待っているお客さんは多くいるのです。

というのも、オーナーズカスクは基本的には専用のボトルに詰めなおして数本のボトルにしてもらうことができます。

樽でそのまま買うこともできなくはないですが、普通はボトルに移してからいただきますね。

そのため、同じウイスキーファンとシェアする形で1つのピュアモルトを購入したり、お店で使うようにまとめて買ったりする人が多いのです。

ボトルはオーナーズカスクごとに専用のものが作られ、真ん中にはオーナーの名前や指定の名前を入れてもらうことができるため、世界にひとつだけのウイスキーを作り上げることができるのです。

白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年もその1つで、1995年熟成のヴィンテージウイスキーですが熟成期間はさほど長くはありません。

ただし、 白州ならではの芳醇なあんずの味わいにフルーティな香り、そして何より市場に出回る本数が極端に少ないことからかなり価格が高騰しています。

あなたの周りにもオーナーズカスクを所有している方がいるかもしれませんね。

.白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年のお酒買取価格は?

白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年は、前項でも紹介した通りかなり希少価値が高くてなかなか手に入らない代物です。

それ故に、お酒買取の査定額もかなり高騰しており、最近ではおおよそ4万5千円もの価格で買取査定が行われています。

この金額はほんの一例であり、保存状態がかなり良かったりオーナー本人からの直売りだったりすると価格はそれ以上に跳ね上がる可能性もあります。

オーナー直売りということは、他の人の手に渡っていないということになりますので、商品の劣化や中古感も薄れますからね。

もしも白州蒸留所 オーナーズカスク ホッグスヘッド1995年を保有している方がいましたら、まずは品物の状態を確認した上で不備がないことを確かめてからお酒買取に持ち込むと良いです。

 

お酒買取の際に最も重要視されるのはやはり保存状態の良さです。

購入当時と同じくらい美しくて完璧な品であれば当然、高値で取引されますし、逆にラベルが剥がれていたり銘柄が分からないほど破れていたりすると買取自体が不可能な場合もあります。

これらの確認をした上で、できるだけ多くの買取査定店で査定をしてもらうと、よりね季節で高値での買取をしてもらえるようになりますよ。

«