お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

希少性大!響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶のボトルデザインは?買取査定額は?

2019/1/06

サントリーの響21年から発表されたスペシャルボトルコレクションシリーズは数多く存在しますが、その中でも現在流通量が少なくて希少価値が高いと言われるのがこちらの響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶です。

多くのファンが惚れるというそのデザインや味わいに注目が高まりますね。

今回は、響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶の特徴とともに、お酒買取の際のコツについても考察していきます。

.響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶のデザインは?味わいや香りの特徴は?

美しい茶筅型に華やかな自然の色使い。

これが、響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶の大きな特徴の1つです。

緩やかに造られた曲線はまるで響21年のまろやかで優しい味わいを示しているかのよう。

さらに、美しい紅色で描かれた牡丹の花はこのデザインボトルの大きなポイントとなっています。

葉が竹色で描かれているのはなんとも有田焼らしい部分ですね。

少しくすんだ、しかしはっきりとした色合いを使う有田焼は過剰な派手さはないけれど見応えのある絵柄をしています。

有田焼の名門が心を込めて作った柿右衛門様式の典型である響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶は、おもて面には大きく二羽の鳥も描かれています。

牡丹の花の美しさに魅了されて近づいてきたかのようなこの二羽の鳥たちは、絵の中からもその躍動感と趣深さを感じます。

響21年については、基本的には他のスペシャルボトルコレクションシリーズと同じ原酒が使われています。

ですが、ボトルによって味わいや香りが異なって感じるのはこのスペシャルボトルコレクションならではですね。

 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶の場合、花の文様が美しく明るい色合いで描かれていることもあり、華やかでフルーティな香りがより一層強く感じられます

また、味わいについては響21年の特徴でもあるハチミツのようなねっとりとした甘さもさることながら、干しぶどうのようなキレの良い甘みとワインのような味わいも感じられます。

これも、響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶のボトルがスッキリとしたデザインで、背景の白地をうまく生かした絵柄であるからでしょうね。

デザインによって味わいが異なって感じる響21年は、非常に興味深い逸品です。

.響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶のお酒買取価格は?売る際のコツとは?

 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶を高値でお酒買取をする際に、一番気をつけたいことは付属品の存在です。

これは、どの銘柄についても言えることですが、ボトルのみではなく化粧箱や木箱、冊子などがついているかどうかで価格が数万円単位で変わることはざらにあるのです。

特に、響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶のように元々古風な雰囲気を出すために色あせた感じの化粧箱を使用していたり、歴史を感じさせるために和紙を使用した冊子を用いたりしている作品は、非常に劣化しやすく紛失する可能性も高い品です。

さらに、化粧箱にはつのかけボタンが用いられており、このボタンが取れてしまっているかどうかでも査定額は大きくなります。

お酒買取の際に最も重要視されるのは、“購入当時にいかに近い状態であるか”ということです。

 

これほどの品をぞんざいに扱う人も少ないとは思いますが、部屋に飾っているだけでも箱や冊子は日焼けしたり破れたりしてしまいます。

もしも響 21年 有田焼 色絵花鳥文茶筅形瓶をすでにお酒買取に出すことを決めている場合には、ぜひ売る日までボトルは化粧箱にしまい、さらに包装をした上で暗室に保管することをおすすめします。

そして、お酒買取に持ち込む際にはたとえ破れていたとしても付属品と思われるものは全て持ち込んだ方が良いですね。

お酒買取の際に持ち込んだ付属品が必要か必要ないかは、売る側ではなく買う側が判断するものです。

安易な考えで冊子をぽいっと捨ててしまうと、数万円分の損をしてしまう可能性もありますよ。

«