お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

新品高額!白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年のお酒買取価格は?

2019/1/07

ジャパニーズウイスキーの代表的なブランドの1つといえば白州ですよね。

山崎や響など多くのブランドのウイスキーを抱えるサントリーですが、白州ブランドもかなり需要が高くて常にファンから注目を集めている銘柄です。

そんな白州のなかでも、今回はヴィンテージモルトシリーズの1つである白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年について紹介していきます。

1.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年の特徴は?

澄んだ琥珀色のウイスキーは、付属のマットブラックな化粧箱に入れられています。

化粧箱には、このシリーズならではの“ヴィンテージモルト”の表記がされており、高級感と希少性が感じられます。

水分を含むと香りが立ちやすいと言われるウイスキーは、ロックで飲むのが一番おすすめとされています。

特にクラッシュアイスを用いて作られるロックウイスキーは、冷えやすい上に氷も溶けやすく、香りが立ちやすいです。

また、氷が溶けることで味わいもまたマイルドに変わっていきます。

ですので、たったの一杯でも非常に多くのウイスキーの味わいを楽しむことができます。

  • ロックはちょっときつい…
  • もうすこし飲みやすくしてほしい…

そんな理由でウイスキーを敬遠してしまっている方も多いかもしれません。

そのような方には、思い切って炭酸で割ったハイボールなどもおすすめですよ。

ハイボールにすると、炭酸の喉越しでウイスキーのキツさや強さが緩和される傾向があります。

また、ハイボールはロックで氷が溶けるのを待つのとは異なり、最初から水分を含ませて飲む飲み方ですのでかなりアルコールも優しくなります。

このような飲み方にしてみれば、ウイスキーもかなり飲みやすい飲み物になりますね。

2.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年のお酒買取価格は?

ウイスキー

ほとんど市場には出回っておらず現在の売価もはっきりとはしない白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年。

過去には50万円近くの価格で売られていましたが、それについても現在はすでに完売状態となっています。

故に、お酒買取の専門店では白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年をかなり買取強化していますね。

多くの大手買取専門店が買取を強化しているなかで、現在白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年は、およそ25万円の価格が買取基準額とされています。

商品状態が良かったり新品同様だったりした場合にも、もっと値段は上がるでしょうね。

参考までにですが、過去には新品同様の白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年がオークションで35万円もの価格で売買されたことがあります。

つまり、この時の白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年のオーナーはお酒買取の専門店に持ち込むよりも10万円も高い値段でウイスキーを売ったということになります。

それほど、新品同様とキズものでは価格が変わってくるのがウイスキーの売買です。

もしも白州蒸留所 ヴィンテージモルト1990年を売ることを考えている方は、売る日までしっかりと化粧箱に保管した上でその化粧箱も梱包しておくのがおすすめです。

せっかくの高価なウイスキーですので、売るとなればより高値で、大切にしてくれる人の手に渡らせたいところですよね。

白州蒸留所 ヴィンテージモルトの豆知識

お酒買取ならここ!白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年を高値で売るためには?

ジャパニーズウイスキーの名門ブランドでもある白州から、ヴィンテージモルトシリーズが発売されました。

 

その中でも、年代が古い部類に入るのがこちらの白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年です。

すでに製造は中止となっており、絶版状態である白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年は現在、いったいどれほどの価値が付いているのでしょうか?

ここでは、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年のお酒買取の基準額を探るとともに出来るだけ高値で売るためにはどうしたら良いかを紹介していきます。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年の特徴は?

褐色に近い透き通った琥珀色は、まさに白州蒸溜所で長期にわたり大切に蒸留されてきたことを表す大きな特徴です。

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年は、見た目の通り非常に濃厚で深い味わいとなっています。

ハチミツのようなねっとりとした甘さながら、香りはパッションフルーツのようなさっぱりとした香りであるため、しつこさがなく飲みやすさが感じられますね。

また、シェリー樽での熟成を経ていることから、どこかワインのようなぶどうの甘さが感じられます。

シェリー樽を使って熟成されるヴィンテージウイスキーは、渋さや苦味が生じやすい傾向がありますが、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年に関してはほとんどそのような味わいは感じられません。

ピートの効いた苦味は後味に感じられますが、そちらもしつこさはなくウイスキーの味わいの一つとして捉えることができるものです。

クリスタルボトルに入れられた白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年は、ボトルからも褐色の琥珀色が美しく感じられ、飾ってもよし飲んでもよしのまさに万能品です。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年のお酒買取価格は?どこで売ればいい?

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年は現在、他の白州蒸溜所ヴィンテージモルトシリーズと同様に25万円〜27万円程の価格で買取されています。

熟成期間や製造年数はそれぞれ異なりますが、どれも人気が高くて需要も高いことから価格はある程度一律になっている店舗が多いようです。

ただし、前項でも紹介した通り白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年はヴィンテージモルトシリーズの中でも製造が古い部類に入ります。

ですので、商品価値そのものは高い品だと考えられます。

もしもより高値で白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年を売ることを考えるのでしたら、ぜひ顧客が多く個別の売買にも対応している大手のお酒買取専門店に持ち込んでみると良いです。

また、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年以外にも他の年代のヴィンテージモルトの価格も同時に聞いてみると、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年を高値で買い取ってくれる店かどうかということがわかりますね。

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1981年は現在かなり品薄状態にもかかわらず、需要は高いままの商品ですのでお酒買取専門店でも多少の高値をつけてでも買い取りたいと思われる品です。

ですので、できるだけ多くの大手買取専門店に持ち込み、価格の比較をしてみるとより高値で条件が良い店を見つけることができます。

今では出張買取やネットでの買取査定もしてもらえますので、もしも足を運ぶことが難しい場合にはこれらのサービスを利用するのも良いですね。

超高級!白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年の価格と売価は?

サントリーの代表的な銘柄の1つでもある白州から、超プレミアム品が発売されました。

それがこちらの白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年です。

 

今回は、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年の買取査定額や商品価値、現在の売価などについて考察していきます。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年とは?

その名の通り、サントリーの白州蒸溜所で大切に作られて蒸留されてきたウイスキーがこちらの白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年です。

1982年に製造されたヴィンテージモルトは約22年もの長い時間をかけて熟成され、2004年に販売がスタートしました。

白州蒸溜所というブランドの価値、そして長期熟成のヴィンテージ品であることからも、お酒の価値やお酒買取価格は毎年のように高騰しています。

需要も高くなっているのは、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年の深い味わいと華やかで濃厚な香り、そしてコレクションにしても見劣りしないシンプルながらに美しいデザインと色合いが理由でしょう。

現在、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年はなんと50万円もの価格で売買されています。

こちらは通販サイトの価格ですが、すでに残りはわずかとなっていますし店頭で白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年を見つけることは困難と考えられます。

ですので、現在の白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年の売価の相場が50万円と言っても良いでしょう。

これほどの価値があり、それでも需要が下がらない白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年は、一度口にしてみたいところですね。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年のお酒買取価格は?

売価の相場が50万円もの白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年は、現在買取査定額も20万円とかなり高額になっています。

お酒買取の価格はネットやお酒買取専門店でも確認できますが、その多くは基本的な基準額です。

つまり、商品状態や持ち込みの時期によってはお酒買取の基準額よりもより高値で買取される可能性もあるのです。

例えば、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年の場合は付属品としてかなり立派で頑丈な化粧箱があります。

中には白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年を寝かせるためにぴったりに作られた仕切り板もあり、他のものでは代用できません。

このような付属品が欠けずに、しかも完璧な状態で保存されているのでしたら、買取査定額はもっと高額になるでしょう。

参考までに、過去にはオークションで白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年が30万円近くの価格で売買されたことがあります。

新品同様の品ということもあって、落札者は即決で30万円の値段をつけたようですね。

その他、海外の転売ヤーや白州蒸留所 ヴィンテージモルト1982年をどうしても欲しいというオーナーに巡り会えたタイミングですと価格は高騰しやすいです。

お酒買取の際には、その場で価格に納得して即決してしまうことなく、ぜひ一度、買取査定を多くの店でしてもらった上で比較し、タイミングをはかると良いですよ。

お酒買取のコツは?白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年の売価と査定額は?

山梨県の自然豊かで水が澄んだ綺麗な土地で作られたウイスキーブランド。

 

それが、白州のシリーズです。

その中でも、ヴィンテージ品として名高く多くの白州ファンが入手をしたいと語るのが、こちらの白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年ですね。

白州蒸溜所ヴィンテージモルトシリーズには様々な年代のウイスキーが揃えられていますが、それぞれに個性があり一つとして同じ味わいや香りのものはありません。

その中でも、今回は白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年のお酒買取価格や高く売るコツなどについて探っていきます。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年の特徴は?

美しい琥珀色に澄んだ透明感。

これが、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年の見た目の大きな特徴です。

まさに、白州蒸溜所の美しい自然の中で作られたことを象徴するようなこの透明感のある見た目は、それだけでもウイスキーの高級感と旨味を感じさせてくれます。

非常に爽やかで飲んだ瞬間にドライベリーやレモンのようなさっぱりとした華やかなフルーツの香りが感じられます。

飲んだ瞬間に口に感じられるのはまろやかでトゲのない飲みやすさと、コクと深みがかんじられる味わいです。

このクセがないにもかからずコクや深みを演出できるのは、白州ブランドが基本的にウイスキーを製造する上で掲げている“誰にでも楽しめる飲みやすさ”が基盤にあるためです。

 

そのため、長期熟成をして味わいを深くしても、クセや苦味などはほとんど感じられず、華やかでフルーティな味わいだけが強く感じられるようになっているのですね。

そんな白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年は現在市場では55万円もの値段がつけられており、それでもすでに完売状態が続いています。

ちなみに入荷についてはどこの店舗でも通販サイトでも未定とのこと。

なかなか手に入りにくいウイスキーであることが伺えますね。

このようなヴィンテージ品は、年々品薄になっていく一方で需要は高まっていく傾向があります。

そのため、現在白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年を保有している方がいましたら、お酒買取に出してみることをおすすめします。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年のお酒買取価格は?

さて、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年を保有している方は、査定をしてみることが一番ですが、できることならより高値で大切なウイスキーを売りたいところですよね。

特に、遺品整理で発見された品だったり、いただいたけれど自分は飲めない品だったりする場合、自分が飲むという目的はありませんので売るなら高値で売って自分が好きなものを買いたいところです。

そこで、ここでは白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年の高額買取のコツについて紹介します。

ウイスキーを売るに当たってなによりも大切なことは、そのウイスキーの基本のお酒買取価格を把握しておくことです。

というのも、お酒買取の専門店もできれば安値で買い取り、高値で売りたいというところが本音です。

ですので、最初に何も調べずにお酒買取専門店に持ち込んでしまうと、最安値で買い叩かれてしまう可能性が高いです。

それを防ぐためには、ネットなどで白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年の現在の売価と買取基準額を把握しておくことが大切です。

 

現在、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年は他のヴィンテージモルトシリーズと同様に25万円程で買取査定をされている傾向がありますが、ウイスキーは見た目の通り水物ですので価格もその都度変わります。

まずはどこのお酒買取専門店で査定をしてもらうかをある程度決めておき、店舗は少なくとも2店舗以上を考えると良いですね。

そして、査定店同士で価格を比較査定してもらうことで、より高値で白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年を買い取ってもらうことができます。

もし、自分が調べた買取査定額よりも安値をつけられ、特に目立った傷や問題がない場合には、店舗の人に安値になる理由を聞いてみると良いですね。

あらかじめ価格を調べていることがわかれば、店側も価格を考え直してくれる可能性もあります。

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1985年は現在かなり希少になっていますので、多少強気で売買をしても自分の希望は通りやすい品だと考えられますよ。

買取査定額は?白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年の特徴は?

ジャパニーズウイスキーが世界で認められ始めた昨今、銘柄を問わず日本のウイスキーは品薄状態が続いておりかなり価格も高くなっています。

 

さらに、ヴィンテージ品ともあれば価格はさらに高騰。

なかなか簡単には手に入れることができない品となりました。

そんなジャパニーズウイスキーの中でも、今回は白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年について紹介していきます。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年とは?

白州蒸留所は、山梨県の自然豊かな土地で操業が開始してから、すでに100年以上もの期間が過ぎています。

そんな白州蒸留所で作られる代表的な高級ウイスキーがヴィンテージモルトシリーズ。

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年もその中の1つで、1987年に製造が開始された銘柄です。

ヴィンテージモルトシリーズの中では珍しいマットブラック調のボトルに、ウイスキーもかなり濃い琥珀色をしています。

これだけでもかなりの高級感が感じられますね。

付属の化粧箱もマットブラックの色合いに、中身は白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年がぴったりと寝かせられるような仕切り板がついています。

他の化粧箱では代用できないような作りになっていますね。

濃厚で豊かな香りにハチミツのようなねっとりとした甘さ。

深いコクと旨味は、ウイスキーを一口含んだ瞬間に口いっぱいに広がります。

簡単には手に入らないウイスキーではありますが、もしも機会がありましたらぜひ飲んでみたいですね。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年の買取査定額は?

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年は、現在通販サイトで45万円前後で売買されています。

少ないながらも、在庫は存在するようですね。

それもあってか、お酒買取価格は18万円と他のヴィンテージモルトシリーズに比べると割と安価になっています。

ですがそれでも18万円というお酒買取価格は決して安くはありませんよね。

もしも、運良く白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年を手にすることはできたが自分は飲めないという方は、ぜひお酒買取の査定をしてみることをおすすめします。

その際に注意していただきたいことは、お酒買取の際には出来るだけ多くの買取査定店で査定をしてもらうべきであるということです。

というのも、買取査定店の中でも白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年の需要がある店とそれほどない店があります。

たまたま持ち込んだ店があまり白州蒸留所 ヴィンテージモルト1987年の買取を強化していない店だと、他の店舗よりも安値で買い叩かれてしまう可能性もありますよね。

そのようなもったいないことになることを防ぐためにも、出来るだけ多くの買取専門店に持ち込みをしてみることをオススメします。

もし、近くにお酒買取の専門店が多くない場合には、ネットでの査定などもすることができます。

このようなサービスを利用すると、より一層大切なウイスキーを高値で売ることができるようになりますね。

超珍品!白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年のお酒買取価格は?

数多くのウイスキー銘柄がある中で、現在店頭で購入することはほぼ不可能。

ネットなどですら、タイミングがよくなければ買うことはできないと言われるのがこちらの白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年です。

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年に限らず、白州蒸留所のヴィンテージモルトシリーズはかなり人気が高くて、販売当時からすでに品薄状態となっていました。

そんな白州蒸留所の人気のヴィンテージモルトウイスキーは、果たしてどれほどの価格で売買されているのでしょうか?

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年の現在の売価は?特徴は?

ジャパニーズウイスキーブームもあり、かなりの人気が高まっている白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年。

現在、こちらの白州の銘柄は40万円で売買されています。

 

とはいえ、ほぼ在庫はない状態である白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年は、店頭に並ぶことはおそらくないですし、ネット通販でも早い者勝ち状態です。

予約なども受け付けられていないことから、本当にタイミングが合わなくては買うことは難しい銘柄と考えられますね。

なぜそこまで白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年の人気が高いのかというと、白州蒸留所が大切に育て上げてきた希少なモルト原酒であること。

そして、現在はジャパニーズウイスキーブームによってかなりヴィンテージウイスキーが少なくなっている白州から発売された品ということが人気の理由と言えるでしょう。

さっぱりとした柑橘系のフルーツの香りが封を切った瞬間に感じられます。

これほどのウイスキーですので、購入してもなかなか封を切ることはできない方も多いかと思いますが、もし機会があれば一口でも味わってみたい逸品です。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年のお酒買取価格は?

ジャパニーズウイスキーが全体的にかなり値上がりしている現在、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年のお酒買取価格も徐々に高騰しています。

現在、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年は20万円もの価格でお酒買取をされています。

過去には15万円程で買取をしていた店もありますので、かなり価格が上がっていることがわかりますね。

もしも、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年を所有してはいるものの、飲むこともできないし保管も大変という方はぜひ、お酒買取をオススメしたいのですが…

大切なのは売るタイミングになるでしょう。

価格が高騰中である白州蒸留所 ヴィンテージモルト1988年は今すぐ売るよりも、もしかするともう少し時間を置いてからの方が良いかもしれませんね。

例えば、東京オリンピックが始まる2020年前後には、ジャパニーズウイスキーのファンである海外の観光客もたくさん来日します。

となると需要も高くなり、必然的に価格も高くなることが予想されますね。

需要が高まればお酒買取の価格も高くなることが予想されますので、その時期まで待ってから売るのも1つの手段かもしれませんよ。

お酒買取のコツは?白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年の売価と買取査定額とは?

ここ数年でかなりのブームを巻き起こしたジャパニーズウイスキー。

そんなジャパニーズウイスキーの代名詞とも言えるほど日本国内外から注目を集めているのが白州ブランドのウイスキーたちです。

その中でも今回は、白州ヴィンテージシリーズの1つである白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年の買取査定額やお酒買取のコツについて紹介していきます。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年とは?

山梨県のきれいな空気と澄んだ水源に恵まれた土地で製造された白州ウイスキー。

ヴィンテージモルトシリーズは数多く存在し、白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年はこのシリーズの中では新しい年代の部類に入ります。

2004年に販売が開始された白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年は、約10年もの期間、長期熟成をされて育て上げられた一品です。

ヴィンテージモルトシリーズの中で10年熟成は短い方ではありますが、白州10年といえばかなり人気が高くて常に品薄な品ですよね。

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年は、白州蒸留所のヴィンテージモルトウイスキーの中で相性の良い原酒をバッティングして作り上げられたウイスキーです。

そのため、色合いは薄い琥珀色をしており非常に澄んだ透明感を感じさせますが、味わいはとても濃厚です。

クリーミーなチョコレートのような甘さの中に、イチゴやマンゴーなどのさっぱりとしたフルーツの香りが感じられます。

後味にはキリッとした苦味とコクが感じられ、一口飲むだけでも豊かな風味を感じることができます。

人気が高くて需要も上がっている理由が分かりますね。

.白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年の買取査定額は?

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年のようなウイスキーのお酒買取をする際に気をつけなくてはならないことは、やはり保存状態です。

特に、ボトルのラベルに傷がついたり破れたりしていると、正確な銘柄が分からないと判断されて安価でお酒買取をされてしまう可能性が高いです。

白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年をより高値で買取してもらうためには、ウイスキーを購入した時点でしっかりと梱包、もしくはクリアケースに入れた上で日焼けしないような場所に飾ることをおすすめします。

また、遺品の整理などで白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年を発見した場合には出来るだけ付属の化粧箱から出したりしないで、そのまま暗室に保管するように心がけましょう。

発見した時点で傷がついていたとしても、それ以上劣化をさせないような工夫をすることでお酒買取の価格に変化が出ます。

ちなみに、現在の白州蒸留所 ヴィンテージモルト1993年のお酒買取基準額は20万円程だと言われています。

かなり高価な品ですよね。

そんな希少なウイスキーの価値を下げないためにも、ウイスキーのオーナーである方は出来るだけ正確なウイスキー保存の知識を身につけて、売る日まで大切にしておく必要がありますね。

«