お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

白州12年ピュアモルトはいくらで売れるのか気になる!

2018/11/09

今回は、白州12年ピュアモルトはいくらで売れるのか気になる!という方に向けて、価格や高価買取される商品について紹介します。

白州12年ピュアモルトの買取価格

白州12年ピュアモルト
(引用:Amazon

白州12年ピュアモルトの高価買取について知りたいという人もいるでしょう。

現在白州12年ピュアモルトを所有している人はなおさら買取価格が気になる事でしょう。

ウイスキーの高価買取で知られている、大黒屋で検索してみると現在の時点での買取価格は、25,000円となっています。

また白州12年ピュアモルトの高価買取と白州12年シングルモルトの高価買取の価格も気になるという人も多いでしょう。

ちなみに、同じ大黒屋で調べてみると、白州12年シングルモルトの買取価格は10,000円となっています。

この金額を聞くとどうでしょうか?おそらくほとんど人はそのくらいの価格なのかと落胆してしまう人もいるかもしれませんね。

この白州12年ピュアモルトに関してはウイスキーの中ではそれほど高価な価格で取引をされているというわけではありません。覚えておきましょう。

白州の中で高価買取されるものは?

インターネットショッピング

白州にも白州12年ピュアモルトの他に、色々なものがあります。

その中でも他に高価買取をされているものとは、いったいどのようなものがあるのでしょうか?調べてみましたので参考にしてください。

例えば、

  • 白州25年リミテッドエディション:350,000円
  • 白州25年:340,000円
  • 白州シェリーカスク2012/2013/2014:各150,000円

で買取が行われています。白州に興味があるという人は覚えておくようにするとよいでしょう。

同じ白州の中でもこのように買取価格には色々と差がありますので、知っておくとよいでしょう。

インターネットショッピングなどでも白州12年ピュアモルトは販売されています。

ただ数はそれほど多くはありません。ですので、欲しいと考えているのであれば、

  • インターネットショッピングを利用して購入する
  • インターネットオークションなどを利用する

という方法があるかと思いますので、よく検討してみるとよいでしょう。

また、最近ではメルカリなどで販売されるというケースも増えているようです。

メルカリで販売されているということもあるかもしれません。

購入したいと考えているのであれば、インターネットオークションだけでなく、メルカリもしっかりとチェックしてみると見つかるかもしれませんよ。

他のウイスキーなどと比べるとそれほど何十万円もお金がかかるということではないので、購入してみると言うのもよいのではないでしょうか?

ただし、高価買取を期待して購入するというのは、やめた方がよいでしょう。

それほど高額で買取るということはないでしょう。その点には十分注意をしておきましょう。

まとめ

白州12年ピュアモルトの買取価格についてですが、買取価格は現在のところでは大黒屋の場合には25,000円となっています。

ですから、はっきりいって高価な値段というわけではありません。

状態などによっても異なりますが、インターネットオークションに出品したほうが高値で売れる可能性があります。

白州は種類によっても買取価格が異なるということも知っておくようにしましょう。

白州12年の豆知識

終売品!白州 12年 シングルモルトの価値は?

“森薫る”をコンセプトに、山梨の自然を存分に生かして表現をしたウイスキー。

それが、白州 12年 シングルモルトです。

その人気の高さゆえに終売品となってしまった白州 12年 シングルモルトですが、果たして現在の価値はどれほどになったのでしょうか?

販売当時の元値とともに考察していきます。

.白州 12年 シングルモルトが休売?

2018年6月。

白州 12年 シングルモルトの休売がサントリーから発表されました。

大きな理由としては、ジャパニーズウイスキーが世界に認められ始めたことや、日本国内での需要が高まったことなどが挙げられます。

言わずもがなですが、白州 12年 シングルモルトのように長い熟成期間を経て作られるヴィンテージウイスキーは、今すぐ生産をすることができる代物ではありません。

当たり前ですが、白州 12年 シングルモルトの場合は少なくとも12年以上の時間をかけてゆっくりとウイスキーが熟成されるのを待たなくてはなりません。

現在、白州 12年 シングルモルトは新たに白州蒸溜所にて仕込まれているでしょうけれど、販売開始がまだ発表されないところを見ると、時期としてはまだまだ先になりそうですね。

程よい高級感と爽やかで飲みやすい味わいの白州 12年 シングルモルトが、早く市場に戻ってきてくれることに期待が高まりますね。

.白州 12年 シングルモルトの現在の価値は?

白州 12年 シングルモルトは、15年前の生産開始当時は6.780円で販売されていました。

ちなみに、生産中止直前の希望小売価格は8.500円と、この15年の間に値上げされていることがわかります。

この希望小売価格の高騰には、ジャパニーズウイスキーブームと白州 12年 シングルモルトの原酒の在庫が減ったことの両方が考えられます。

希望小売価格は8.500円としていますが、実際に市場に出回ることは非常に少なく、1万円越えで購入するといった例は少なくありませんでした。

生産中止となったいま、白州 12年 シングルモルトは箱付き新品の状態で、楽天市場では3万円ほどの値がついています。

終売品にしては価格が落ち着いている印象がありますね。

その影には、代替え品となる他の銘柄のウイスキーの存在があります。

もちろん、白州としては代替え品として生産をしたわけではありませんが、予期せず白州 12年 シングルモルトの生産がストップしたことで、白州10年や白州のノンエイジウイスキーが注目を集めることとなったのです。

 

また、白州 12年 シングルモルトは特に数量限定販売というわけでもなかったため、市場に出回っていた本数は多いというわけです。

これらの理由から、白州 12年 シングルモルトは終売品としては急激か価格高騰はしていないのですね。

もし、飲まない白州 12年 シングルモルトが自宅にあり売りたいという方は、オークションにかけてみると良いかもしれません。

箱付き新品の状態なら特に、ウイスキーをコレクションしているファンからの需要が考えられます。

コレクターにとってウイスキーは、飲むことよりもより完璧な状態で集めることが大切ですので、付属品が揃っていて保存状態が良いほど価格は上がるでしょう。

オークションに出品する際には、あらかじめネットでその時の平均売価を調べた上で、その価格を参考に出品すると良いです。

買取強化中!白州 12年 ピュアモルトを売るなら?

白州 12年 ピュアモルトを飲んだことがあるという方はいらっしゃいますか?

サントリーの名門・白州の中でも12年という熟成期間を経ている白州 12年 ピュアモルトは、ヴィンテージ品と呼ばれるウイスキーです。

ですが、割と市場にも出回りやすくバーやレストランなどでも出会える機会が多いことで有名ですよね。

そんなヴィンテージ品の白州 12年 ピュアモルトがなぜ飲める場が多いのか、そして現在の買取査定額はいくらかなのか。

ここではこの点について詳しく考察していきます。

.白州 12年 ピュアモルトはなぜ飲める機会が多いの?

白州 12年 ピュアモルトは、1994年に発売開始されたウイスキーです。

現在は終売品となっており生産はされていないこのウイスキーですが、現在も飲むことができるウイスキーである理由はラベルの変化にあります。

というのも、白州 12年 ピュアモルトは1994年の発売当初からしばらく使われていた表記で、最近では白州 12年 ピュアモルトは、シングルモルトとしてラベルを変えて販売されています。

ちなみに、白州 12年 シングルモルトは現在も少量ながら生産されており、デパートの地下や種類取扱店などで購入することができます。

つまり、白州 12年のピュアモルト=シングルモルトということなのです。

ラベルが変わった理由については、詳しいことは発表されていないようですね。

 

ただし、終売品となったピュアモルト表記のラベルである白州 12年 ピュアモルトの価値が高騰していることは確かですね。

飲む分には白州 12年 シングルモルトでも変わりありません。

そもそもシングルモルトとは、1つの蒸留所(ここでは白州蒸溜所)にて作られたウイスキー原酒だけを使ったウイスキーのことを指します。

一方、ピュアモルトとは単一の樽で作られた原酒をそのままラベリングしたウイスキーのことです。

つまり、ピュアモルトをシングルモルトと評価する分には何も問題はないということですね。

市場に出回る“ピュアモルト”表記のウイスキーが減ったことから、白州が分かりやすいように“シングルモルト”と称すようになったのでしょう。

.白州 12年 ピュアモルトの価格は?

先ほど説明したとおり、白州 12年 ピュアモルトは現在の白州 12年 シングルモルトです。

そこでここでは、旧ラベルである白州 12年 ピュアモルトの現在の価格について調べていきます。

現在、大手オークションサイトのオークファンでは白州 12年 ピュアモルトが新品同様の状態で3万5千円で取り扱われています。

ちなみに、同サイトで白州 12年 シングルモルトは1万5千円ほど。

ラベルが違うだけでかなり価値が変わりますね。

おそらく、白州 12年 ピュアモルトを3万5千円で購入する人はコレクション目的でしょう。

 

また、買取専門店でもコレクター向けに白州 12年 ピュアモルトの買取を強化しています。

現在の白州 12年 ピュアモルトの買取基本価格は2万円。

状態やタイミングによってはそれよりも高値がつくことも考えられます。

白州 12年 ピュアモルトはすでに販売されていない商品ですからね。

また、元値から考えてもすでに封を切って飲んでしまっている方も多いため、現行品というのはかなり貴重になります。

もしも自宅にシングルモルトとではなくピュアモルト表記の白州 12年があるという方は、ぜひ一度、ばいきゃくを考えてみてはいかがでしょうか?

ボトルコレクションシリーズ!白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶の特徴と売価は?

サントリーの名門ウイスキー、白州シリーズからなんと有田焼ボトルコレクションが発売されました。

白州というとグリーンのボトルに、ウイスキーとしては珍しい透明な色が印象的なウイスキーですが、陶器コレクションは白州の中ではかなり珍しいですね。

そんな白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶は、やはり高い人気を誇り価格もかなり高騰しています。

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶の人気の秘密は何なのでしょうか?

現在の買取査定額と共に考察していきます。

.白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶とは?

ミルクホワイトの時に鮮やかなブルーの色で描かれた紋様。

これが、白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶のボトルの大きな特徴ですね。

普段の白州はグリーンの透明ボトルに中身が見える形での販売となっていますので、陶器ボトルは一見すると白州の印象がないシリーズになります。

蛸唐草の柄をしている白州ボトルコレクションは、持つとひんやりとした冷たさを感じられる陶器ボトルで、常温に保存していても飲む際には冷たさを感じることができます。

 

また、味わいは白州ならではの飲みやすくてさっぱりとした飲み口。

ウイスキーらしいピリッとしたピートの香りと共に、華やかさも感じられる香りがします。

クリアボトルの印象が強い白州に、この陶器ボトルがコラボした理由は、ジャパニーズウイスキーの定番、白州12年の製造を記念してのもの。

白州12年は味わいが高い上に価格も手頃であることが、人気を集める秘密となっています。

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶は、ボトルだけでもコレクターは欲しいと感じるものでしょうね。

.白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶の現在の価格と買取査定額は?

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶は、白州をはじめとするジャパニーズウイスキーファンからの高い人気を集めてます。

すでに取引は終わってるものですが、ヤフオクでは白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶がなんと8万円で取引されていました。

元値が2万1千円であることからも、価格の上がり具合が感じられます。

また、白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶の空瓶、つまり陶器ボトルのみの販売ですら2万円前後の値段がついています。

これはむしろ、発売当初の低下が現在は空ボトルの値段になっているということですね。

やはり、白州ウイスキーはもちろんのこと陶器ボトルの価値がかなり高いことを感じさせます。

また、ネットの大手買取専門店でも買取強化中のようですね。

買取査定額の平均は5万円とのことですが、今後、白州の陶器ボトルシリーズの希少価値と需要が高まることが予想されます。

タイミング次第では、より一層の高値が期待できるかもしれませんね。

 

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草寅文筒型瓶を高く売るためのコツとしては、ひとまず現状を維持しつつ、しっかりと梱包した上で暗室に保管することです。

というのも、陶器ボトルは特に下手に手を入れては価格が下がってしまう可能性が高いのです。

例えば、付属の箱が壊れたから接着剤でくっつけたり、ボトルにヒビがあるから修復したりということを、一般人がしてしまうと失敗の元になります。

現状での傷などは、ひとまず置いておき、売却するまではしっかりと現状を維持することが大切ですね。

もちろん、現状が完璧な状態ならなおさらしっかりと梱包した上で暗室に保管することをオススメします。

あとは、売り急ぐことなくしっかりとタイミングと売る場所を見極め、しっかりと査定と比較をした上で売ることが高額買取の最大のコツです。

白州ファン大注目!白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶

ウイスキーファンからも高い人気を誇る白州シリーズの中でも、ボトルコレクションのひとつとしてあげられるのが、こちらの白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶。

白州というイメージがあまりない、印象に強いボトルをしていますね。

白州には珍しいボトルコレクションであることからも、売却の際にはかなりの高値が期待できそうです。

果たして、現在の買取査定額はいくらほどなのでしょうか?

.白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶の特徴と人気の理由は?

白州としてはかなり珍しいボトルコレクションの1つである白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶は、真っ白の陶器に青色の鮮やかな色合いで唐草の文様が描かれています。

一輪挿しの花瓶のような形をした白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶は、真ん中の部分には躍動感のあるウサギの絵も描かれており、どことなく愛らしさも感じさせますね。

中身は白州12年ということで、非常に飲みやすくてウイスキー初心者にも非常にオススメの銘柄です。

 

味わいはすっきりとしたフルーティな味と、チョコレートのような優しい甘さを感じられます。

白州12年は、ロックやソーダ割りで飲むのも美味しく、飲み方によってもさらに味の幅が広がりますね。

人気の理由はなんといってもこのコレクションボトル。

飾ってもよし、飲んでもよしの白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶は、ウイスキーファンなら絶対に手に入れたい逸品でしょう。

.白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶の買取査定額は?

白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶は、専用の木箱に結び紐がつけられた、まさに骨董品と同じような扱いをされているウイスキーです。

もしも売買する際には、この木箱や結び紐などがあるかないかでもかなり価格が変わります。

コレクションとして購入しており、封を切っておらず箱からも出していないという方は、当然、かなりの高値が期待できます。

参考までに、すでに落札されたヤフオクでの白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶の新品の商品は8万円以上で取引されています。

ちなみに、この商品の入札は40回。

 

もしかすると、もう少し高値であっても買いたいという方はいたかもしれません。

ただし、こちらはあくまでも落札者と出品者が直接取引をするオークションでの話です。

もし買取専門店に持ち込むとなると、価格は多少下がってしまう可能性が高いですね。

ただし、オークションでは商品についてのトラブルが多いのも事実。

後からクレームや返金などのトラブルが起きることを避けたいのなら、ウイスキー専門の買取店に持ち込むことをおすすめします。

店舗にもよりますが、白州 12年 有田焼 染付蛸唐草兎文瓶の現在の買取査定額の平均は78万円程。

さらに、オークションやフリマアプリでは空瓶の取引もされており、なんと瓶だけでも2〜3万円の値がついています。

 

白州12年は飲んでしまい、木箱と空瓶を飾っていたという方も、もしもいらないというのでしたら思い切ってオークションなどに出品してみると思わぬ高値がつくかもしれませんよ。

«