お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

美しさナンバーワン!響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』の特徴と人気の理由は?

2018/12/23

サントリーの響特有のスペシャルボトルコレクションの中でも、高い人気を常に誇っているのがこちらの響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』です。

他にも同じ24面カットのクリスタルボトルが多く存在する中で、響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』が高い人気を誇る理由とは何なのでしょうか?

今回は、響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』の見た目の特徴とともに、人気の理由や現在の価格についても探っていきます。

.響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』のデザインは?特徴と人気の理由は?  

響のスペシャルボトルシリーズの中でも、群を抜いてデザインが人気と言われるのが、こちらの意匠ボトル 『花鳥風月』です。

今回紹介するのは響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』ですが、他にも響21年や響30年の『花鳥風月』もあり、17年同様に高い人気を誇っています。

 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』がより一層の高い人気を集めているのは、他のシリーズに比べて響の原酒の熟成期間が短いため、生産量が割と多くて価格も手頃であるからでしょう。

とはいえ、あくまでも響17年の特別な原酒ですので、安値とはいえない価格です。

簡単には飲むことができない響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』は、もしもボトルで買うことが不可能であれば、サントリーのイベントや山崎、知多の蒸留所を訪れると試飲として一口単位で楽しむことができる可能性があります。

 

 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』がスペシャルボトルシリーズの中でも注目を集める大きな理由は、やはりデザインの可愛らしさと風情を感じられるからでしょう。

このボトルのコンセプトでもある『花鳥風月』は、まるで響の原酒である山崎や知多が作られている自然豊かな美しい土地を描いているような情景が浮かびます。

琥珀色のクリスタルボトルには、ホワイトや透明なインクで自然に浮かぶ雲や山々、飛び交う鳥たちや美しく生えている花が描かれていますね。

そんな響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』は、見るだけでも心を豊かにすると言われます。

響17年を飲むことを目的とする人はもちろんですが、コレクションとして飾ったり保管したりしたいと考える人からの需要も非常に高いのです。

 

.響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』の現在の価格は?買取査定店での基本価格は?

 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』には、現在かなりの高値が付いています。

例えば、大手買取専門店のミスターフロンティアでは、響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』の買取基本価格を23万5千円に設定しています。

響17年のブランド性はもちろんのことですが、このスペシャルボトルコレクションとしての価値も価格に反映されていますね。

同じデザインのボトルでもある響21年や響30年の存在もありますので、購入しやすいのはこちらの17年の銘柄でしょう。

だからこそ、特にコレクション目的で購入する方からは響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』が人気が高いのです。

見た目は同じで価格がこのシリーズの中では安価ですからね。

 

とはいえ、23万円以上もの価値があると言われる響 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』は、簡単に手放してはいけません。

しっかりと、できるだけ多くの買取専門店で査定をしてもらった上で、査定額を比較して交渉をするようにしましょう。

また、需要の高さや市場への出回り量など売るタイミングによっても価格は数万円単位で変わります。

 17年 意匠ボトル 『花鳥風月』を売ることを考えている方は、ぜひネットで市場に出回る本数が少なくなったタイミングをチェックした上で査定に持ち込みましょうね。

 

 

«