お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。

お酒買取専門店リンクサス、ブランデー、ウイスキー、ワインなど買取します。

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

萬膳の魅力や酒造について徹底解説!味わいや風味についても!

2019/3/10

萬膳は入手困難なお酒として幻のお酒とも言われていますが、皆さんは飲んだことありますか?そんな萬膳は、香ばしい香りや絶妙なバランスの味わいが楽しめるお酒としても、とても人気があるんです。そこで今回は、そんな萬膳の魅力や酒造、味わいや風味についても徹底解説していきたいと思います。

 

萬膳とはどんなお酒?素材や造り方についても!

萬膳は万膳酒造で作られている芋焼酎!

萬膳万膳酒造で作られている芋焼酎であり、その酒蔵は霧島山中の自然豊かなところにひっそりとたたずんでいるこじんまりしています。呼び方は同じなのですが、銘柄と社名では漢字が違いますので注意が必要です。大正11年に創業していますが、3代目がなくなったあと一時期焼酎造りを休業しています。そんな酒蔵が復活したのは、平成11年に4代目であり、酒蔵を復活させるために指導したのが3代目の弟だったようです。昔ながらの仕込み方法で造る芋焼酎だからこそ、香りと味のバランス、舌触りや余韻が一気に人気となり指導者である3代目の弟がなくなってからも人気が続いているお酒でもあります。

鹿児島県ならではの素材が使われている

萬膳にはどんな食事でも最高の友となるような焼酎造りを目指す、という思いが込められています。焼酎をご飯のおかずのお供として親しまれるには、その焼酎の素材にこだわらなければなりません。そんな中でも酒蔵は、特に自然豊かな土地に位置しており、中でも酒さ蔵の近くを流れている川には、ヤマメが生息しているほど水質が良かったようです。そういったことからも、仕込みの水には「霧島レッカ水」とよばれる涌き出ている軟水を使っており、この軟水にはシラス層や火山灰土壌によって長い期間をかけてろ過され続けているからこそ、鉄分が含まれずまろやかな味を造り出すことができるようです。
また鹿児島県産の「コガネセンガン」という芋、秋田県産の「ひとめぼれ」という麹米を原料として使っています。麹米は現在は秋田県産ではありますが、一昔前までは霧島産にこだわっていたようです。とはいっても、特定の生産者が育てている素材のみにこだわっており、ボトルの裏ラベルには生産者の名前も明記されているようです。そういったことからも、素材にこだわり抜かれていることがわかりますね。

萬膳は昔ながらの仕込みにこだわっている

萬膳の最大の魅力といえばその絶妙な味わいです。そんな味わいを造り出すために、維持されているのが昔ながらの仕込みなのです。麹蓋を使った手造りの麹から始まります。そして伝統の仕込み方法であるかめつぼを使って、一次もろみから二次もろみと手間隙かけて仕込んでいるのです。また萬膳の独特な香りを引き立てているのが、木樽蒸留とよばれるものです。木樽製の蒸留器は、ステンレス製の蒸留器と違って耐久性やメンテナンスなども劣り、一度にできる量も少ないのですが、そんな木樽で造るからこそナッツのような香ばしさが焼酎へと移って柔らかい味わいに仕上がるのですね。

萬膳は絶妙なバランスを持つ逸品

こういった仕込みで作られているからこそ、独特な芋の香りはそれほど強くはありませんが、ほどよい芋の旨味が感じられます。また口に含めば黒麹だからこその深いコクや甘味、それにプラス木樽蒸溜の特有である木の香りもほのかに楽しめるのです。かなり人気があるお酒なので生産が追いつかず、手にいれるのは非常に難しいですが、もし手にいれたときには食事と一緒にロックやお湯割りでゆっくりと味わいたいものですよね。
黒麹で造られていますが、酒造では黄麹で仕込んでいる「萬膳庵」や「真鶴」という白麹で仕込んでいるお酒も萬膳と同様にこだわり抜かれた素材や昔ながらの仕込みで作られています。万膳酒造でしか味わえないお酒なので、ぜひ手にいれたいお酒ですね。

萬膳はどんな味わいや香りを楽しめるのか?

 

重厚なさつまいもの香りが楽しめる

萬膳には、720ミリリットルの瓶と1800ミリリットルの瓶が販売されています。720ミリリットルの瓶は、王冠タイプの栓となっており、栓を開けると重厚なさつまいもの香りが広がります。華やかな香りのものとは違って、まるで霧島の奥地を想像させるような落ち着いた香りとなっています。そのため贅沢な気分にしてくれるお酒でもあり、黒霧島も同様の黒麹仕込みの芋焼酎ではありますが、そこまで香りが広がるタイプではないため全く印象が違ってくると思います。

ふくよかな味わいを楽しめる

萬膳は25度ということもあってアルコール感も強いですが、穏やかな香りとマッチするようなさつまいもがうまくいかされているふくよかな味わいを楽しめます。黒霧島は軽く飲みやすいですが、黒霧島とは少し違った印象だと思ってくださいね。

萬膳は少し辛めでさつまいもらしさがある

黒霧島は甘めの芋焼酎ですが、それに比べると萬膳は少し辛めです。特別辛いというわけではありませんが、甘めの芋焼酎を想像していると辛いと感じてしまうかもしれません。また萬膳は、25度というアルコール度あるだけあってさつまいもの特徴がいかされたような味わいとなっています。さつまいもらしさがしっかりと、残っているので芋焼酎だと感じることができますよ。そんな萬膳は、はじめからおわりまでさつまいもらしさたっぷりであるため、黒霧島はスッキリして飲みやすいですが、萬膳はさつまいもが重厚な中級者向けの芋焼酎といえますね。

萬膳は東京のお店でも楽しめる!

まるしげ 夢葉家で味わえる

こちらのお店は、赤坂の人気のお店としても有名で、とにかくお酒の種類が豊富なんですね。またこちらのお店ならではのお酒も取り扱っていて、赤坂駅から近いこともあってみんなでお酒を楽しむにはぴったりのお店です。季節に応じた料理もあるので常に多くの人で賑わっているお店ですが、万膳と美味しい料理を楽しむにはおすすめです。

居酒屋ふらっとで味わえる

こちらのお店は、鹿児島空輸の厳選された素材で創作料理が作られているお店ですが、毎朝市場で仕入れている新鮮な魚料理が楽しめます。また気軽にふらっと立ち寄れるお店というのをコンセプトとしており、最高の味を最高のコストで楽しめます。また刺身だけでなく焼き物や鍋料理も充実していて、お酒の種類も豊富なので、萬膳だけでなく様々なお酒と料理を楽しめます。

貴山で味わえる

こちらのお店は、広尾駅から歩いて5分のところにあるお店で、季節の料理がとても美味しいと評判なお店です。また日本酒の品揃えもそこそこあり、コース料理も充実しています。また立ち寄りたくなるようなアットホームな雰囲気が魅力的なお店で、萬膳と料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

炭焼×焼酎 宝 新橋烏森口店

こちらのお店は、新橋駅から歩いて4分ほどのところにあるお店で、隠れ家的な雰囲気から常に多くのお客さんで賑わっている人気のお店です。数量限定で日向地鶏がとても人気のメニューとなっていて、ガスではなく本物の炭を使っているからこそ、余分な脂が落ちて香ばしい味わいを楽しめます。萬膳と人気メニューをぜひとも楽しんでほしいお店です。

まとめ

いかがでしたか?今回は萬膳についてご紹介しました。萬膳はやや辛口のお酒ではありますが、こだわり抜かれた素材と昔ながらの仕込みで作られているからこそ、香ばしい香りとともにお酒を楽しめます。大量生産していないため、入手しずらいお酒ではありますが、もし手にいれたときにはゆっくりじっくりお酒を楽しんでほしいですね。

«