お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

超品薄!響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶の人気の理由は?デザインや味の特徴は?

2018/12/15

響のスペシャルボトルコレクションの中でも、数々の賞に輝いているウイスキーの1つが響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶です。

この珍しい形状や万人ウケするデザインは、果たしてどれほどの人気があるのでしょうか?

ここでは、響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶が高い人気を誇る理由とともにデザインや味の特徴についても探っていきます。

1.響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶の特徴は?人気の理由は?

背丈の低い寸胴ボトルにシンプルな円柱型。

ボトル自体は非常にシンプルながらにスペシャルボトルコレクションとしてはなかなか見かけない形状をしています。

鮮やかな青色で描かれた柴垣の横には、こちらも鮮やかで美しい薄紅色の椿が華やかに咲き誇っています。

この情景がまさに日本の春を示すかのようで、春の風が吹くのが自然に感じられるようなこのデザインボトルは飾ってもよし、飲みながら楽しんでもよし。

秋の情景を描く響のスペシャルボトルコレクションが多い中で、響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶のような春〜夏にかけての絵柄は非常に珍しいですね。

そのことも響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶が人気高く需要も高い理由の1つですね。

極めてフルーティな香りを持つ響21年は、かの有名な種類コンテストであるインターナショナル・スピリッツ・チャレンジでも3年連続金賞を受賞するほど。

長期熟成ながらに甘みも強い響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶は、ぜひ一度で良いので味わってみたい逸品ですね。

 

2.響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶のお酒買取は?当時の売価は?

現在、超人気なために購入は困難と言われている響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶は、発売当初は3万円程の価格で売られていました。

この頃なら購入することもできたという方も多いのではないでしょうか?

ちなみに現在の売価はおおよそ23万円ということで、手が出せないという方も多いはず…

そんな希少な響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶をもしも所有しているという方がいましたら、ぜひお酒買取の査定をしてもらうことをおすすめします。

 

特に、「遺品から出てきた」とか「いただいたけど飲まない」なんて方は、慣れないウイスキーの扱いをして傷ませてしまう前にお酒買取に出してしまった方が良いでしょうね。

もし売却を考えている方がいましたら参考にしていただきたいのですが、現在の響 21年 有田焼 色絵椿柴垣文筒形瓶のお酒買取額は15万円以上になっています。

響のスペシャルボトルコレクションとはいえ、15万円以上のお酒買取価格とはなかなかの高額です。

長期にわたりぞんざいに扱って日焼けしてしまったりヒビが入ってしまったりすると、価格は下がっていく一方ですので、本当に自分には必要ないと判断した場合には、ぜひお酒買取店にて査定だけでもしてもらいましょう。

ウイスキーに興味がない人が持つよりも、ウイスキー好きでボトルもコレクションしたいという方の手に渡れば、ウイスキーも嬉しいでしょう。

«