お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

超希少!響 17年 意匠ボトル 『白鷺』の特徴は?

2018/12/15

数万、数十万のウイスキー樽を保有するサントリーが、その中から厳選した原酒を使用して作ったのがこちらの響 17年 意匠ボトル 『白鷺』 です。

ウイスキー原酒も去ることながら、注目が高いのはそのウイスキーのボトルですよね。

響ならではのスペシャルボトルコレクションであるこのシリーズは、響ファンだけではなく多くのウイスキーファンも魅了します。

今回は、そんな人気ボトルである響 17年 意匠ボトル 『白鷺』 のデザインや価格についても考察していきます。

.響 17年 意匠ボトル 『白鷺』 の特徴は?デザインは?

響ならではの24面カットのクリスタルボトルに、濃い琥珀色のウイスキーが詰められているのが、大きな特徴です。

さらに、クリスタルボトルの表面にはスイセンの花とともに描かれた大きな白鷺が目立ちますね。

白鳥にも似た容姿である白鷺は、見たことがある人も多いかとも思いますが、非常にスタイリッシュで美しいいでたちをしています。

そんな白鷺の威厳の高さと美しさを臨場感あふれる形で描かれているこのスペシャルボトルは、日本の秋〜冬にかけての自然の情景を表現しています。

 

一般的に、1匹でいることが多い白鷺のことを描くのは非常に難しかったと考えられますが、大きな寸胴ボトルにバランスよく大きくもなく小さくもなく描かれる白鷺は、響の優しい味わいの主張の仕方に似ていますね。

響17年も、ハチミツのような甘さが特徴ですが、決して自己主張は強すぎることのない優しい味わいをしています。

フルーティで強い香りが特徴の響17年は、クリスタルボトルのコルクを抜いた瞬間に部屋いっぱいに広がります。

ウイスキー原酒の琥珀色が背景にあることを基本としてデザインされた意匠ボトル 『白鷺』 は、ウイスキーを飲んでしまうとまた違った情景が浮かび上がります。

秋空の色のような琥珀色がなくなりクリスタルボトルになると、冬の寒空のようにも見えますね。

1つのボトルで多くの季節感を感じられるのも、響 17年 意匠ボトル 『白鷺』 の大きな特徴です。

 

.響 17年 意匠ボトル 『白鷺』 の価格は?付属品の特徴も詳しく!

 17年 意匠ボトル 『白鷺』 ほどのウイスキーには、当然ですが兼用の化粧箱が存在します。

ブラックの縁が厚いデザインながら、前後はクリアケースになっている響 17年 意匠ボトル 『白鷺』 の化粧箱は、非常にボトルが見やすくて見栄えがする品です。

限定7000本の発売ということもあり、かなり需要が高くて高級感もある響 17年 意匠ボトル 『白鷺』 は、大手オークションサイトのヤフオクでは45万円もの価格で売買された過去もあります。

ちなみに現在取引されている品はありませんね。

かなりの品薄状態にあるのが伺えます。

買取専門店でも、専用の化粧箱や説明書きがしっかりと付いている状態なら30万円〜の買取を提示している店が多いです。

かなり高額売買されている響 17年 意匠ボトル 『白鷺』 ですので、もしも売ることを考えた際には、安易に決断することなく、家族やプロの意見を聞きながら決断をすると良いでしょう。

LINE査定はこちらから

«