お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。
     

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00

高価買取!山崎ミズナラ ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念ウィスキー

2018/11/07

サントリーは世界的ロックバンドであるザ・ローリング・ストーンズの結成50年を記念して、「ストーンズバー<ザ・ローリング・ストーンズ50周年記念ウィスキー>」を2012年10月30日に発売しました。数量限定150本で販売されたこのストーンズファンなら買わずにはいられないウィスキーは、どれくらいの高値で買い取りされるのでしょうか?

■ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念ウィスキーとは?

ストーンズの結成50周年を記念したウィスキーとはどのようなものなのでしょうか?
まず、注目すべきは使用された原酒が作られた年代とストーンズの活躍の関連性です。ここでは、このウィスキーとストーンズとの関係を知るために、ストーンズの活躍をほんの少しだけご紹介しましょう。

ストーンズのデビューは1962年です。ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、ブライアン・ジョーンズ、イアン・スチュワート、そして、後にビル・ワイマン、チャーリー・ワッツが加入し人気バンドとなりました。
多くの名曲を世に送り出しましたが、1968年に発売されたアルバム「ベガーズ・バンケット」はいまだに不朽の名作と言われています。
1970年にレコード会社「デッカ・レコード」との契約が終了しますが、その年に自らのレーベル「ローリング・ストーンズ・レコード」を立ち上げます。そして、1971年に新レーベルから発売したアルバム「スティッキー・フィンガーズ」がイギリスとアメリカのチャートで一位を獲得、さらに、1972年には「メイン・ストリートのならず者」を発売し同じくイギリスとアメリカで一位を獲得します。
その後、1979年にストーンズはスランプに陥りますが、1981年にはミックが80年代の代表曲と言う名曲「スタート・ミー・アップ」をリリースしスランプを脱却します。
そして、1990年には東京ドーム初来日公演を行うのです。

ここまで出てきたストーンズにとって重要な出来事が起きた年である、1962年、1971年、1972年、1981年、1990年の原酒をブレンドしてできたのが、ストーンズ結成50周年記念ウィスキーです。
ストーンズのアイコンである「Lips&Tongue」をデザインした、ベロ型クリスタル型オリジナルボトルを使用しています。見た目にもストーンズを意識しているのは言うまでもありません。

■ストーンズ結成50周年記念ウィスキーを見たミック・ジャガーの感想は?

このストーンズの全てを詰め込んだ記念ウィスキーを受け取った際に、「素晴らしい!」という言葉を放ったと言われています。
ミックもうならせた、ストーンズのウィスキーをぜひ飲んでみたいものですね。

■ストーンズ結成50周年記念ウィスキーの気になる買取価格は?

さて、気になるストーンズ結成50周年記念ウィスキーの買取価格ですが、みなさんはいくらくらいだと思いますか?
その買取価格は、何と250万円にも上ると言われているのです!
このウィスキーの買取価格がこんなにも高額になるのは、やはり、世の中に150本しかないということに加え、世界的な人気ロックバンドの名を冠したウィスキーであること、ストーンズにとって節目となった年の原酒を使用したという点でも希少価値が高いこと、そして、何より味もウィスキーファンをうならせるものであることが理由です。
万が一、自宅の倉庫の奥深くにストーンズ結成50周年記念ウィスキーが眠っているのであれば、一度査定に出してみてください!
保存状態が良ければ、さらに高額で買い取ってくれる可能性もあるでしょう。

■まとめ
ボトルの見た目もブレンドされた原酒も、全てストーンズにこだわって作られたストーンズのウィスキーは、非常に高額で取引されています。世界のオークションなどにも出品される激レア商品です。
自宅に眠らせているだけではもったいないですね。

«