お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~20:00

弊社買取価格 2,000円~
通常販売価格 8,000円前後
他社買取価格 1,200円程度
再販価格 7,000円~後 ※ヤフオク・メルカリなど

 

飲食店を経営されていた方からの買取相談がありました。お店で使っていたブランデーやウイスキーが中心で、その中に人気の高いコニャックがありましたので高値だ買い取らせていただきました。
内容はカミュ・ナポレオン、カミュ・エクストラロングネック、カミュ・スペシャルリザーブ。またヘネシーもあり、VSOP、XO2種類、シルバートップ、ナポレオン、そしてブランド―ル。現行品だけでなく、既に終売したものや珍しいタイプもありました。
その中から、カミュ・ナポレオンについて解説させていただきます。
今回のようにお店用に仕入れたものの、なかなか提供できない商品を買取させていたく場合があります。珍しいものが含まれていることがあるので楽しみなお取引です。

“カミュ・ナポレオン” 高価買取の理由

引用元:instagram

カミュはヘネシーなどと並びもっとも有名なコニャックブランドだと言えます。日本での知名度も高く、品質も高いことから贈答品としても喜ばれるほどです。
お中元やお歳暮などのギフトカタログには必ずといっていいほど紹介されています。
人気の高いコニャックですが、ナポレオン自体は流通量も多いため通常価格以上では買い取ることは出来ません。しかし探しているバイヤーは必ずいるので状態を確認しながら高価買取を心掛けています。
今回は通常ボトルでしたが、記念ボトルやオプションがついたものはコレクターアイテムになっているので高価買取が可能になります。
できるだけキレイな状態でお持ちこみください。

コニャックの老舗“カミュ”とは?

引用元:公式instagram

詳細は後述しますが、“ナポレオン”というのはコニャックの等級=クラスを表すもので、ほかにVSO、VSOP、またXOなどがあり、聞いたことがあると思います。
つまり“カミュ・ナポレオン”とはカミュ社が製造販売する“ナポレオン”という等級のコニャックを指しています。
カミュ社について知っておきましょう。
カミュ社の創業は1863年、フランスのコニャック地域に拠点を置くコニャックの老舗ブランドです。
ちなみにコニャックとはブランデーと同義ですが、コニャック地方で作られたものをそのように呼び、アルマニャック地方で作られるものを“アルマニャック”と呼びます。
日本的に解釈すれば地域限定ブランドと言えるかも知れません。
創業者であるジャン・バティスト・カミュがコニャックの品質向上と安定を目指し生産者グループを組織しことが始まりでした。以来カミュ家が5世代にわたってその業を受け継ぐ、家族経営、世襲企業です。
早くから海外進出に積極的で1910年にはロシア皇帝御用達となり、1960年には免税店市場に参入しています。
現在は5代目になりますが、フランス以外にもグループ企業を展開し8カ国で500人以上の従業員を率いています。そのためカミュ商品は世界各国、ほぼ全ての国際空港、そして多くの機内販売でも購入することが可能です。

 “カミュ・ナポレオン”とは?

引用元:公式instagram

カミュに限らずコニャックには等級が決まっています。それがナポレオンであり、VSOP等で表現されています。その等級について知っておきましょう。コニャックは熟成年を基準に等級が分類されています。基準となるのは、コニャックのブレンドに使った原酒の熟成年になります。
全国コニャック事務局 (BNIC) が公式に定める品質等級は以下の通り。

  • V.S.(Very Special):ブレンドに使用された最も若い原酒(オー・ド・ヴィー)の熟成年が2年以上のもの。✯✯✯(three stars、スリー・スターズ)と表現されることも。
  • V.S.O.P.(Very Superior Old Pale):オー・ド・ヴィーの熟成年が4年以上のもの。Reserve(リザーヴ)とも言われます。
  • XO(Extra Old )またはNapoléon(ナポレオン):オー・ド・ヴィーの熟成年が10年以上のもの。
  • XO以上の熟成年のコニャックもあるようですが、それはそれぞれのコニャックブランド独自の名称がつけられているようです。

つまりナポレオンとは等級でいえばXOと同義であり、熟成年が10年以上の原酒を用いた貴重なコニャックなのです。

お酒買取専門店 リンクサスの強み

今回のように飲食店からのお問合せ、他バイヤーからのお問合せなどの場合はある程度の物量があり、中には思わぬ掘り出し物が見つかることがあります。
現地にお邪魔して、品物の状態を丁寧に確認し出来るだけ高値、ご納得の価格を提示させていただきます。
また雛物の内訳、ブランデーが多いとかワインがとか、をお知らせいただければ詳しい査定スタッフを同行出来ます。彼等ならではの査定基準が加わることでさらに価格が変動することもあります。
スタッフの熱意と客観的な査定、それもお酒買取専門店 リンクサスの強みだと自負しています。

まとめ カミュ・ナポレオンは喜ばれます。

市場規模が全世界であり流通量も多いため、買取価格は高くありませんが積極的に買い取りたいコニャックです。それだけ人気が絶えないコニャックです。しかもナポレオンという等級を理解されている方であればきっと喜ばれます。
今回はノーマルボトルでしたが、記念ボトルはコレクターがいるほどの人気商品です。カミュ、ナポレオンと書かれているけど珍しいボトルに入っている、という商品を見つけたら、ぜひご一報願います。