お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。

お酒買取専門店リンクサス、ブランデー、ウイスキー、ワインなど買取します。

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
https://linxas.shop

リンクサスではウイスキーやブランデー、
ワイン等を高価買取しております。
ご自宅で眠っているお酒等ございませんか?
LINE査定等、ケータイを使って簡単に査定も可能です。

ブランデー買取買取記事

ブランデー買取の対象商品

祖父がお酒好きな人だった。 昔、旅行先で買ったお高いブランデーを買った記憶がある。 そんな方は、自宅の中に高額で買取されるブランデーが存在するかもしれません。 例えば、高値で取引されやすいブランドとしては以下のようなものが挙げられます。 ・レミーマルタン ・カミュ ・マーテル ・ヘネシー ・クルボアジェ ・ハイン これらのようなブランド性の高いブランデーは銘柄によっては信じられないほど高値で取引される可能性もあるのです。 ルイ13世というお酒を聞いたことがある方は多いですよね。 このお酒はレミーマルタンのブランドの中にある銘柄の1つなのですが、ルイ13世はかなり高級なブランデーでしかもバカラのガラスボトルに詰められていることからも価値が非常に高いと言われています。 基本的には、限定販売だったり希少価値が高くて現存する本数が少なかったりするボトルが高値で取引されるのですが、人気が高い銘柄はより競争が激しくて買取価格も高騰します。 自宅で発見されたブランデーに、たとえ埃がかぶっていたとしても、高級ブランデーなら品質に変わりはありません。 ぜひ、お酒買取専門店リンクサスの買取査定を利用してみてください。 きっと、想像以上の価格で買取をしてもらうことができますよ。

ブランデー買い取りの際のチェックポイント

ブランデーを買い取る際には、いくつかのチェックポイントが存在します。 お店によってもポイントは異なりますので、ここでは一般的なチェックポイントをまとめていきたいと思います。 ⚫︎キャップの開封の有無 ⚫︎ブランドと銘柄 ⚫︎商品状態 ⚫︎液面の高さ しっかりと密封した状態でボトリングされていても、やはり年数が経つとどうしても液面の高さは下がってきます。 これによって大きく価格が下がるということはありませんが、チェックポイントの1つとしては見られることが多いですね。 ブランデー買い取りで一番注目されるポイントとすれば、やはり商品状態ですね。 もしもルイ13世のような超高級なブランデーが新品未開封状態で保存されていたとすると買取価格は弾みます。 また、多少保存状態が悪かったとしても価値があるボトルであれば高額で買取することは可能です。 もし、よく聞くブランドの高級ブランデーを自宅から見つけた場合には、現状のままで買い取り依頼をしてみると良いでしょう。 汚れなどは必要があれば、プロのバイヤーが手入れやクリーニングをしてくれますので、下手に触らない方が良いでしょう。

ブランデー買取買取

ブランデー買取の豆知識

お酒を飲む機会が多い方なら、ポールジローの名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? ポールジローは、フランスのコニャック地方を中心に世界的に有名なコニャックブランドの1つです。 しかし、日本ではブランド名こそ知っているものの、詳しい銘柄や味わいまでは知らないという方も少なくないはず… そこで今回は、ポールジローの特徴や銘柄についてを詳しく紹介し、価格についての情報までまとめていきたいと…

モネという名前を聞いたことがある方は日本ではまだ少ないかもしれません。 モネ・ジョセフィーヌと言われるとピンとくる方はいらっしゃるかもしれませんね。 モネとは、フランス原産の地元ではかなり有名なコニャックのブランドの1つです。 しかしながら、モネのコニャックはフランス国内での消費量はわずか6%。 生産されたコニャックのほとんどはノルウェーやフィンランド、アメリカやイギリスなどに輸出をされているとい…

ランディというコニャックの名前を聞いたことがある方はいるでしょうか? おそらく、かなり少ないかと思います。 実はランディとは、コニャックとしては最も最古の歴史を持つブランドと言われています。 ただ、本場フランスをはじめとするヨーロッパ地方ではかなり知名度が高い銘柄なのですが… 日本や韓国などの東南アジアにはまだあまり馴染みがないブランドなのです。 しかし口当たりや飲み口は日本人の味覚にも合う優しく…

フランス原産のブランデーの中でも、世界的に認められるほどの出来栄えとなっているブランドブランデーのことをコニャックと言います。 そんなコチャックには、世界的にも多くの方に認められている5種類のコニャックがあります。 ヘネシーやレミーマルタンなどの有名なコニャックが名前を並べる中にはもちろんカミュも含まれています。 お酒好きの方なら知っていて損はないというような有名ブランドの一つであるカミュとは、ど…

コニャック地方で作られるブランデーとして名前が知られているゴーティエ。 大手コニャックメーカーのラーセンの傘下に入っていることもあり、表面的に名前が上がることは少なく日本ではあまり知名度が高くない銘柄かもしれませんね。 しかし、実際には本場のフランスではかなり有名で熱狂的なファンもいると言われているほどの逸品ばかりが揃えられている信頼できるブランドなのです。 そこで今回は、ゴーティエの魅力に迫りな…

日本ではあまり流通のないコニャックですが、本場のふらんすをはしめとするヨーロッパ、アメリカなどを中心に人気と知名度が高まっている銘柄がハーディーです。 コニャックを好きで飲んでいる方の中でも、ハーディーを知っている方は少なく、知っていたとしても口にしたことがある方は非常に少ないかと思います。 それほど希少で日本での流通も少ないハーディー。 今回は、そんなハーディーの特に人気のボトルや銘柄などについ…

古酒買取

2019/5/07

一般的に古酒と言われるという日本酒や泡盛に対して使われる用語ですが、お酒買取業界では古酒はその名の通り古いお酒のことを指します。 ですので、日本酒などの他にもウイスキーやワインなどについても銘柄によっては古酒という表現が使われることも少なくありません。 ただし、ただの古いお酒ではなくしっかりとした保存状態で綺麗に保たれていたお酒に対して、古酒という名前の一定のブランドを表す表現が使われるのです。 …

古酒買取

2019/5/07

ウイスキーやブランデー、ワインやシャンパン… 自宅にあるけれど誰も飲まない。 そもそも誰が買ったのかすらわからないお酒がある。 自宅にこのようなお酒があるという方も少なくないのではないでしょうか? 買った本人がすでにいらっしゃらなかったり、何かのお礼で高いお酒だとしていただいたけれど、自分はお酒に詳しくないために分からないということも多いでしょう。 お酒には興味がなく飲むこともないという方は、ぜひ…

日本でも愛されることが多くなってきたコニャック。 その中でもナポレオンに愛されたコニャックとして有名なクロアーゼをご存知の方はどれほどいらっしゃるでしょうか? クロアーゼはまだ日本ではあまり馴染みがないコニャックかもしれませんね。 そこで、今回はそんなナポレオン御用達のクロアーゼの銘柄や歴史を学び、クロアーゼの魅力について探っていきたいと思います。 洋酒、古酒の買取についても紹介していきますので、…

フランスのジャルナックで生まれたクルボアジェは、現在世界的にもかなり有名で味わいもブランド性も認められているコニャックブランドの一つです。 クルボアジェはフランスの最高峰の証である【Prestige de la France】を受賞しており、ブランデーやシャンパンの聖地であるフランスから公的に認められています。 コニャックとしてこの賞を受賞されたのはクルボアジェが初めてで、現在も唯一の受賞ブランド…

日本ではあまり名前が知られていないブランデーのシャボー。 コニャックという名前は聞いたことがある方も多いかもしれませんが、シャボーの場合はアルマニャックに分類されます。 今回は、このシャボーの特徴や銘柄などはもちろんのこと、コニャックとアルマニャックの違いについて、さらに洋酒買取の方法などについてもまとめていきたいと思います。 シャボーとは? シャボーは、ブランデー製造としては大手のカミュ社の傘下…

日本ではまだあまり流通量が多くはないシャトーポーレ。 名前も聞いたことがないという方も少なくないのではないでしょうか? しかし、フランスでは有名なコニャックのブランドの一つで、他のコニャック社とは違った製造方法にも注目が集まっています。 そこで今回は、そんなシャトーポーレの特徴や詳しい銘柄、価格面についても詳しくまとめていきたいと思います。 シャトーポーレとは? シャトーポーレが城館であるシャトー…

プリンスユベールという名前を聞いたことがある方は正直、少ないのではないでしょうか? その通り、日本ではあまり名前が知られていないコニャックブランドの一つです。 なんとなく名前のイメージとして気品が高いブランドである印象はありますが… そこで、今回はプリンスユベールの詳しい歴史と代表的な銘柄を紹介した上で、洋酒買取としての相場についてもまとめていきたいと思います。 プリンスユベールとは? プリンス・…

お酒をよく飲む方、それほどでもない方、共にヘネシーという名前くらいは聞いたことがあるかと思います。 ヘネシーはコニャック、ブランデーのブランドの中ではかなりハイブランドで世界的にも有名なブランデーです。 ヘネシーの知名度が高いのは、価格が高くて高級感があるからだけではなく、長い歴史とこだわりの強さも人気の理由となっています。 今回は、そんなヘネシーの詳しい銘柄や歴史、価格についても軽く触れていきた…

コニャックやワインの本場であるフランスの中でも、最古のコニャックハウスと呼ばれているマーテル。 現在はフランスに本社がある酒造メーカーのペルノ・リカールの子会社であるマーテル・マム・ペリエ・ジュエが経営をしているブランドになります。 マーテルという名前は、聞いたことがない方も少なくないかもしれませんね。 そこで、今回はフランス最古のコニャックであるマーテルの特徴や銘柄、価格についての情報をまとめて…

高級ブランデーとしてはおそらく誰もが知っていると思われるレミーマルタン。 レミーマルタンと言われてもピンとこない人でも、ルイ13世やXOと言われると聞き覚えがあるという方も多いですよね? レミーマルタンはフランス原産のコニャックを生産販売している企業になります。 今回はそんな多くの人に名前が知られているレミーマルタンの特徴や詳しい銘柄、買取価格や現在の売価などについても探っていきたいと思います。 …

  ルイエギレというコニャックを聞いたことがある方はいらっしゃるでしょうか? おそらく、このブランドを聞いたことがある日本人は少ないかと思います。 しかし、実はルイエギレとはフランスとは切っても切り離せない歴史があるコニャックのブランドなのです。 そこで、今回はルイエギレの歴史や特徴を探るとともに、価格についての情報もまとめていきたいと思います。 ルイエギレとは? ルイエ・ギレとは、コニ…

今はなき羽生蒸留所で製造され、東亜酒造から発売されていたゴールデンホース 秩父 シングルモルト 12年。 当時の売価は5千円ほどだったにもかかわらず現在の売価はかなり高額になっています。 そこで今回は、ゴールデンホース 秩父 シングルモルト 12年がこれほど高額で買取させるようになった理由やウイスキー買取査定価格についてまとめていきます。 1.ゴールデンホース 秩父 シングルモルト 12年の人気の…

まだまだ雪深くて夏場でも涼しい気候であることが多い長野県の奥地に蒸留所を構えるマルス信州蒸留所。 その自然に恵まれた気候はウイスキー造りにはもってこいということで、中央アルプス駒ヶ岳の山から流れる水を使って作られたのがこちらの駒ヶ岳 1986年 30年 アメリカンホワイトオーク 。 今回は駒ヶ岳 1986年 30年 アメリカンホワイトオーク の買取基本価格や売る時のコツについて紹介をしていきたいと…

グリーンのスタンダードボトルに濃紺のラベルが印象的なテタンジェ。 もしかすると、シャンパンを飲む機会が少ない人はブランド名も知らないという方が多いかもしれませんね。 しかし、シャンパンの本場であるフランスでは、ドンペリニオンやクリュッグと並んで有名な銘柄として知られています。 1000を超える種類が存在するシャンパンの中でも、知名度が高くて流通量も多いテタンジェとは、いったいどのようなシャンパンな…