高値で取引されやすいシャンパンの銘柄は?

シャンパン

フランスのシャンパーニュ地方で作られているシャンパンは、基本的には長期熟成などはなく原材料であるぶどうの品質や出来で価格が変わるお酒になります。

そんなシャンパンの中でも、高値で取引されやすいブランドは以下のようなものになります。

  • ドンペリニオン
  • アルマンドブリニャック
  • クリュッグ
  • サロン
  • ペリエジュエ
  • ローランペリエ

他にも日本でも有名で名高いシャンパンはたくさんあることと思います。

シャンパンは、銘柄によって色なども違うものが多いです。

一般的には、

  • ブラック
  • プラチナ
  • ゴールド

などの銘柄が非常に高級感があると言われています。

また、シャンパンにはボトルのサイズも様々あり、かなりバリエーションが豊かなお酒になります。

ブランドだけでは買取価格が一概に説明できませんので、詳しいことは買取専門店のバイヤーに相談をしてみることが一番ですね。

シャンパンは日持ちするお酒ではありません。

もしも飲まないシャンパンを頂いたりした場合には、ぜひリンクサスにお持ちください。

専門バイヤーがしっかりと品質や状態を見て高値で買取をいたしますよ!

シャンパン買取ならリンクサス!

  • プレゼントで頂いたはいいが、飲むことがない…
  • 自宅に保存されているが誰も飲まない…

そんなシャンパンがありましたら、ぜひお酒買取専門店のリンクサスにお持ち込みください。

  • ドンペリニオン
  • ローランペリエ
  • サロン
  • アンリジロー
  • ボランジェ…

名だたるブランドのシャンパンをリンクサスなら、高値で買取をいたします。

シャンパンは足が速いお酒として知られていますので、もしも飲まないと決めた場合にはできるだけ早く売りに出すのも、高額買取のコツですよ。

たくさんあるシャンパンブランドも、リンクサスの専門バイヤーならしっかりと銘柄や品質を見定めた上での相場を出してくれますので安心です!

 

シャンパンについて

 

日本でも最も馴染み深いスパークリングワインの1つであるシャンパンは、世界的には“シャンパーニュ”と呼ばれています。

 

日本では高級クラブやホテル、結婚式などの乾杯などで好んで飲まれる傾向があり、ここ最近では世界的に見ても日本のシャンパン消費量が格段に増えていると言われるほど人気を博しているお酒です。

 

スティルワインなどと比べても炭酸を帯びていることから飲みやすさがあり、また原材料がブドウであるためフルーティで女性やお酒に慣れていない方でも美味しくいただくことができるということで幅広い層の方から好まれています。

 

フランスのシャンパーニュ地方で作られた厳選されたスパークリングワインのみがシャンパンと呼ばれる逸品として認められるのですが、そのブランドや銘柄は数え切れないほどあります。

 

ドンペリニオン…

 

クリュッグ…

 

アルマンドブリニャック…

 

聞き覚えがあるブランドも多くあると思いますが、中には数十万円もの価格で取引されることも少なくない銘柄も存在します。

 

このようなシャンパンは販売価格ももちろん高額ですが、その分買取価格についても商品状態によってはかなり高値になりやすいと言われています。

 

ここでは、主にフランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインであるシャンパンの中で高値で取引されやすい種類の紹介や特徴、上手な保存方法などについてまで考察をしていきたいと思います。

 

<h3>シャンパンの種類の紹介</h3>

 

まず、シャンパンについてですがシャンパンというのは前項でも軽く触れた通りシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワイン飲みがシャンパン(シャンパーニュ)と呼ばれることができます。

 

スパークリングワインとは二酸化炭素を帯びて発泡性が生まれたワインのことを指し、シャンパン以外にもフランスのクレマンやイタリアのスプマンテ、ドイツのゼクトなどはかなり有名なスパークリングワインとされています。

 

シャンパンはシャンパーニュ地方で取れたぶどうを使って作られているスパークリングワイン、その他のクレマンやゼクトについてもその土地のぶどうを原材料として使っているスパークリングワインということになります。

 

日本ではシャンパンの愛称で親しまれているこのお酒ですが、本場のフランスを始めヨーロッパ地方やアメリカなど幅広い地域ではシャンパーニュと呼ばれることが一般的です。

 

また、シャンパンを始めとする多くのスパークリングワインはぶどうが原材料であることが多いですが、中にはシードルのようにりんごを原材料としているスパークリングワインもあり、一言にスパークリングワインと言ってもさまざまな種類があります。

 

日本人はスパークリングワイン=シャンパンと思っている傾向がありますが、発泡性を帯びている果実酒の多くはスパークリングワインに分類されます。

 

日本で馴染み深いシャンパンのブランドといえばクリュッグやドンペリニオン、サロンやペリエジュエなどがあります。

 

これらのブランドが特に高値で買取されるのには、ブランド独自のこだわりや製法があります。

 

  • ドンペリニオン

 

1930年頃にフランスのシャンパーニュ地方で生まれたドンペリニオンは、シャンパーニュの生みの親とも言われるピエール・ペリニヨンによって作り上げられました。

 

現在は、同じくフランスの有名シャンパーニュブランドであるモエエシャンドンを手がけるモエエシャンドン社が権利を保有しているドンペリニオンは、自社栽培のぶどうを多く使っており原材料の生産の時点からシャンパーニュに合った味わいのぶどうを作り上げているのです。

 

また、ドンペリニオンは数あるシャンパーニュの中でも特にプレニチュードについてのこだわりを強く持っています。

 

シャンパンにおいて、よくランクとして用いられるプレニチュードというのは、一般的にはP2やP3などというような表記で用いられます。

 

このプレニチュードはおおよそ8年単位で区切られており、一般的なヴィンテージシャンパーニュは8年熟成、16年熟成したシャンパーニュのことをP2と呼びます。

 

さらに25年以上の熟成期間を経ているシャンパンがP3と呼ばれ、ドンペリニオンの中でも最高級品として知られています。

 

さらにドンペリブラックと呼ばれる黒いラベルのシャンパンは、ドンペリニオンブランドの中ではエノテーク、つまり13年以上の熟成をしている銘柄となっています。

 

このように、ドンペリニオンはシャンパンの格をプレニチュードによってしっかりと分けているため、場面や相手によって扱いやすくいただきやすいブランドともされています。

 

  • クリュッグ

 

1843年に、フランスのヨーゼフ・クリュッグの手によって作り上げられたクリュッグブランド。

 

現在に至るまでシャンパンの生産が盛んなシャンパーニュ地方ですが、特にこのクリュッグはシャンパンブランドとしても古株に当たります。

 

その味わいは王室も認めるほどで、フランスだけではなくイギリス皇室からも指名を受けるほど認められており、この頃から世界的にも名が知れるシャンパンブランドとして成長をしていきました。

 

1999年には、モエヘネシー・ルイヴィトン社の傘下に入ったことから、ブランド力は高まりより一層の人気を博しています。

 

しかしながら、昔ながらのこだわりの製法を覆すことはなく機会を用いた大量生産もすることがないため、生産量が格段に増えることはなく気品と品質を守り続けています。

 

クリュッグ最大のこだわりは、ほかのシャンパンブランドよりも時間をかけて行う一次発酵の際に使われるフレンチオーク樽のバリックです。

 

10年〜15年前後の熟成期間を経ているワインを基盤としてシャンパンづくりを行なっているため、元々の味わいがすでにしっかりとしており、風味にもこの時点で確立されたものがあります。

 

クリュッグのスタンダードモデルであるキュヴェは製造に20年近くもの時間を要するということで、クリュッグのシャンパンは全体的に全ての銘柄について時間と手間がかかっていると言えるでしょう。

 

  • サロン

 

ウジェーヌ・エメ・サロンの手によってサロンブランドが生まれたのは1920年のこと。

 

もうすぐサロンは創業100年を迎えます。

 

それほど歴史がありながら、現在でも“今”の需要に応えるための商品開発を怠ることなく、歴史と伝統に縛られすぎないのもサロンが世界から好まれる理由の1つです。

 

サロンのシャンパンの原材料となっているぶどうが作られているのはメニルと呼ばれるシャンパーニュ地方でも名高いぶどうの栽培地になります。

 

サロンのシャンパンはシャルドネ種のぶどうのみを使って作られているため、味わいには雑味がなく爽やか、しかしながらコクと深みを感じることができる非常に味わい深い品になります。

 

1988年には、同じくフランスのシャンパンブランドとして名高いローランペリエの傘下に入り、この頃からフランスだけではなく世界的にも輸出されることが多いシャンパンブランドとして成長を遂げていったのです。

 

創業当時から現在に至るため、ぶどうの当たり年にのみ、シャンパンの製造を行なっているサロンはボトルの量産ができないだけではなく、いくら需要があったとしてもぶどうの出来が悪い年には一本の生産も行わないという強いこだわりを持っています。

 

これがサロン最大の特徴であり品質が今現在に至るまで守られ続けているゆえんでもあります。

 

  • ペリエジュエ

 

1811年にフランスのエペルネ市で生まれたペリエジュエ。

 

夫婦でブランドを立ち上げた2人の名前をとって、ペリエジュエというブランド名がつけられました。

 

すでに創業から200年以上もの歴史を持つペリエジュエは、まさにシャンパン会のパイオニアと呼ばれる存在です。

 

ペリエジュエの生産者である夫婦は心からシャンパーニュを愛しており、どんなブランドよりも自分たちが納得できる最高級のシャンパンを作り上げようとして、生産に至りました。

 

そのため、利益よりも味わいや品質を第一に考えている精神がその当時からあり、仕上がりも決してその期待を裏切らない出来になったのです。

 

ペリエジュエといえば、グリーンのボトルに可愛らしい白い花の絵があしらわれているのが印象的ですよね。

 

あの花はホワイトアネモネという品種の花で、このボトルが完成したのは創業から約100年経った1902年のことでした。

 

ペリエジュエの2代目投手であるシャルル・ペリエによって作り上げられたこのボトルが 不動の人気を誇るようになったのはいうまでもありません。

 

現在は7代目のセラーマスターがペリエジュエのブランドを守っており、200年以上もの歴史を守り続けながらも常に新しい味わい、革命を求めながら進化し続けています。

 

このように、同じシャンパーニュ地方でシャンパンを作っているブランドでも歴史も文化も全く異なっており、それぞれに魅力とメリットがあります。

 

強いこだわりを持ち歴史を大切に、しかし現代の需要を取り入れることも忘れないブランドたちがシャンパン業界では世界的に需要を高めている傾向がありますね。

 

<h3>シャンパンの強化買取銘柄</h3>

 

お酒買取専門店リンクサスでは、前項で紹介したような有名ブランドのシャンパンから、まだ日本ではあまり名前が知られていないシャンパン、さらにはシャンパーニュ地方以外で作られたスパークリングワインについても買取を行なっています。

 

特にリンクサスが現在、強化買取しているシャンパンの銘柄は以下のようなものが挙げられます。

 

  • ドンペリニヨンエノテーク

 

  • アルマン・ド・ブリニャックブラン・ド・ノワールブラック

 

  • ドンペリニヨンP3

 

  • クリュッグクロダンボネ1995

 

  • サロンブラン・ド・ブラン1985年

 

他にもたくさんのお酒を強化買取していますが、特に上記のような銘柄は現在需要が高まっており買取価格も平均よりも高く設定させていただいております。

 

というのも、上記のような銘柄はシャンパーニュ地方でもぶどうの特に当たり年と言われる最高の年に作られた銘柄だったり、プレニチュードの高い銘柄だったりします。

 

やはりいくら値段が高いといっても、同じく銘柄のシャンパンを飲むならより美味しい出来の年のものを飲んでみたいという方も少なくないのです。

 

シャンパーニュ地方で作られるワインについては、有名ブランドが多くぶどうの当たり年にのみ生産を行うというスタイルが多いです。

 

その中でも、特にぶどうの出来が良い年というのは世界的にも発表されて公言されることが多いため、その年のシャンパンの需要は必然的に高くなっていきます。

 

このような年のシャンパンはやはり手に入れたらすぐに封を切ってしまうことが多く、手に入れることができた方は楽しむことができる反面、手に入れることができなかった方からすると二度とお目にかかることもできない可能性がある希少な銘柄なのです。

 

そんな価値のあるシャンパンの銘柄ですので

リンクサスでは他のお酒買取専門店よりも出来るだけ高値に買取価格を設定しており、大切なシャンパンを買取させていただいております。

 

<h3>リンクサスがシャンパンを高値で買い取れるのはなぜ?</h3>

 

リンクサスでは高級シャンパンから現在市場にも出回りが多い一般的なシャンパンまで幅広く取り扱いをしております。

 

そして、リンクサスのモットーでもある【他店よりも高値で買取】という点を強く理念として掲げています。

 

では、なぜ弊社が他のお酒買取専門店よりも高値でシャンパンを買取できるのかというと、1番に挙げられるのは買い手をたくさん持っているという点です。

 

というのも、シャンパンは今や日本はもちろんのことヨーロッパ、アメリカ、中東などかなり幅広い国々から愛されており需要が高くなっているお酒です。

 

そして、日本ではドンペリニオンやサロンなどのブランドが有名であるように、その国その国によって有名で高級とされるブランドは異なります。

 

例えば、シャンパンの本場であるフランスをはじめとするヨーロッパ地方ではやはり歴史が深いペリエジュエやアンリジロー、ボランジェなどが好まれる傾向があります。

 

一方、アメリカなどでは味わいにバラエティ性があり近代的な味わいであるアルマンドブリニャックやモエエシャンドンなどが好まれる傾向があると言われています。

 

しかし、そのような流行りも毎年のように変わっておりその年その年によって好まれるブランドや銘柄は変わってきます。

 

このような情報をリンクサスではしっかりとプロのバイヤーたちが察知しており、どこの国でどのシャンパンが好まれるか、もしくは将来的にどの銘柄が流行るかなどにについてもしっかりと把握をしておきます。

 

昨年、同じ銘柄が高値で売れたからといって今年も同じ国で同じ銘柄を売るということは必ずしもあるわけではありません。

 

幅広い販売ルートをもち、そのルートをうまく使い分けることでリンクサスはより高値で大切なシャンパンを売ることができるのです。

 

その分が、結果的には買取価格を少しでも高めることにつながっております。

 

また、仲介業者などを極力使わずに弊社から新しいオーナーまでに経由する労力を出来るだけ減らすことでコストの削減にも取り組んでおります。

 

仲介業者は必要最低限に、できることは自社で対応をすることで手間はかかりますが費用を削減することができているのです。

 

このように、リンクサスでは出来るだけ高値でお客様から大切なシャンパンを買取させていただくために多くの工夫をしております。

 

一度に多くのシャンパンを買取させていただくこともその工夫の1つであり、コストの削減につながっております。

 

もしも売りたいシャンパンがたくさんあるというお客様は、ぜひまとめて買取依頼を行なっていただくことをおすすめいたします。

 

<h3>シャンパンを高値で売るためには?</h3>

 

他のお酒に比べてシャンパンというのは、少し特性が異なったお酒であります。

 

というのも、通常ですとお店で使われるお酒は多くの場合がグラスなどに注がれて提供されます。

 

ウイスキーやブランデーなどは特に、バーカウンターで注いでもらってグラスで頂くことがほとんどでしょう。

 

一方、シャンパンやワインなどのお酒はボトルでお客様の目の前に置かれることがほとんどです。

 

特にシャンパンについてはグラスのみでの提供というのはほぼありませんので、見た目がかなり大切になる商品です。

 

ウイスキーや焼酎などですと未開封であれば、多少の傷や汚れはあまり気にされないことが多いですが、シャンパンについては見た目にもかなり目を光らせます。

 

新品同様品であればかなり高額に、見た目に難があれがその分がマイナスになりやすいお酒です。

 

バーやホテルなどに下ろすような銘柄の場合には、特に傷や汚れ、日焼けあとなどが残っていないことが高値で買取されやすくなるための条件となります。

 

また、自分自身で飲む様、もしくはプレゼント用としてシャンパンを手に入れたいと考えるオーナー様もいらっしゃいます。

 

このようなお客様からの需要についても、やはり見た目は大切になりますが、さらに商品状態も大切になってきます。

 

シャンパンは日本酒やスティルワインほどではありませんが、ウイスキーやブランデーなどに比べるとアルコール度数が少なくて足が比較的早めなお酒になります。

 

そのため、特定のシャンパンを飲むことを目的として購入する方のためにも、飲まないと決めたら早めに買取依頼をしてしまうことがオススメです。

 

シャンパンは基本的には長く持っていれば価値が上がるようなお酒ではありません。

 

むしろ生産された年がいつなのか、プレニチュードはどれほどなのかがシャンパンの格を見極めるためには大切な部分になります。

 

ですので、お酒の期限が来てしまう前にも出来るだけ早めに査定だけでも行い、価値を知っておくことが良いでしょう。

 

<h3>シャンパンの上手な保管方法</h3>

 

さて、売ることを決めたシャンパン、もしくは飲まないがとりあえずしっかりと保管をしておきたいシャンパンがある場合には、繊細なシャンパンの品質を保つために大切なことがあります。

 

一番は、やはりどのお酒についても言えることではありますが陽に当たらない場所に置くことです。

 

直射日光などが当たるとお酒は封を切っていなくても劣化してしまいますし、温度が高くなりすぎるとカビが生えたりすることも少なくありません。

 

また、ワインやシャンパンの様にコルクが使われるお酒について、陽に当たりすぎるとコルク自体も傷んでしまいお酒にも良くないと言われています。

 

お酒は全般的に陽に当たらない場所に置いておくことが大切です。

 

また、シャンパンを飲んだことがある方でしたら経験があるかと思いますが、シャンパンの多くは冷やしてから飲むことがほとんどです。

 

そのため、保管についても冷蔵庫に入れてしまう方がいらっしゃいますが、これはあまり良くありません。

 

極度の高温でなければシャンパンもアルコールを帯びていますので、悪くなることありませんので、倉庫などの様な陽に当たらない涼しい場所に保管をしておくことが一番です。

 

また、発泡性のあるお酒ですので振ったり落としたりしてしまうと品質が損なわれる危険性があります。

 

できるだけ衝撃が無いような場所を選び、もしも地震が起こったときのことなどを考えてもあまり高い場所は選ばない方が良いでしょう。

 

もし、ワインなどの専用のセラーがある場合には温度が低すぎない場所であれば一緒に保管をしておいても大丈夫です。

 

ただし、繰り返しになりますがシャンパンは何十年何百年と品質を保つことができるお酒ではありません。

 

ですので、もしも自分は飲む気もないしそれほど興味はないから保管もしなくて良いという場合には、出来るだけ早めにリンクサスにお持ちください。

 

もし保管をしたいが専門的な知識がなく困っているという方にも、リンクサスでしたら丁寧で簡単な保管方法をお教えいたします。

 

査定は無料ですので、査定がてらに保管方法をお訪ねいただいても喜んでお応えさせていただきます。