ワインの空瓶

未開封の状態で買取を依頼するケースは多いですが、飲んでしまったお酒の空瓶は捨ててしまう方も多いですよね。

しかし、実際には高値で買取をされる空瓶もあり、お酒は入っていなくても瓶自体に価値があるというものも少なくありません。

お酒買取専門店リンクサスでは、このような空瓶も積極的に買取をしています。

  • 高級ボトルを捨てることができずに保管している
  • 空瓶の処分方法に困っている
このような方がいらっしゃいましたら、是非リンクサスにお任せください。

専門のバイヤーがしっかりと状態や価値を査定した上で買取致します。

空瓶はなぜ高値で買取されるの?

お酒というのは言わずもがなですが、基本的には飲むことを楽しむための商品ですよね。

「そんなお酒の空瓶が売れるのはなぜ?」と、思う方も多いかもしれません。

実は、お酒のコレクターの中には高いお酒を飲まずに鑑賞したりコレクションして楽しんだりする方もいるのです。

しかし、希少なボトルになればなるほど、いくらお金を用意しても手に入れることができないレアボトルも出てきます。

そんな時、もしも空瓶だったとしても飲むわけではないため、コレクションのために手に入れたいという需要が生まれるのですね。

もちろん、飲むことを目的としている方は空瓶は手に入れないかと思いますが、高級なお酒になるほど入手の目的は飲酒ではなくコレクションになります。

ただし空瓶にもランクがあり、瓶の状態によっては価格が変わってくる可能性もあります。

いくら高いボトルだったとしても、割れてしまっていたり栓がなかったりすると価値は低くなりますよね。

逆に、

  • 封を切っただけで非常に綺麗な状態である
  • 専用の化粧箱や木箱、栓や冊子などがシリアルナンバーの揃った状態で用意されている

こういう状態だと高値で取引されやすくなります。

また、空瓶の場合には売るからといって綺麗に洗ってしまってはいけません。

売るとなると、綺麗な状態が良いと思う方も多いですが、実はお酒のボトルについては洗わずにお酒の香りなどがしっかりと残っていた方が高値で取引されます。

水ですすいだり綺麗に拭いたりしてしまいたくなる気持ちもわかります。

ですが、せっかくの香りを損ねたり洗うことでボトルのラベルが剥がれたりしてしまうことも少なくありません。

空瓶の買取については、現状のままでしっかりと持ち込みをすることを一番におすすめします。

バカラガラスボトル

レミーマルタン
(引用:Amazon

フランスのバカラ社製のクリスタルボトルは、皆さんもご存知の通りかなり希少価値が高く、高級なお酒に使われる傾向があります。

有名なブランドの中でも、高級な長期熟成だったり上質なお酒に使われることが多く、主にブランデーのボトルとして使用されやすいです。

バカラガラスボトルに詰められているお酒としては以下のようなものが挙げられます。

  • カミュ・ミシェルロイヤル
  • カミュ・ジュビリー
  • カミュ・トラディション
  • レミーマルタン・ルイ13世

もちろん希少価値が高くて入手は困難ですが、現在でも高級クラブやホストクラブではよく用いられるブランドのお酒ですね。

また、この高級感のある見た目やデザインから、鑑賞用としても重宝されることが多く、酒好きの間ではプレゼント用としても使われることが多いです。

例えば、友人からの誕生日祝いでいただいたルイ13世を飲み終わったが、ボトルを捨てるのはもったいないと思っているような方は、空瓶の買取をおすすめします。

バカラガラスボトルの場合、商品にシリアルナンバーが付いています。

本体の空瓶はもちろんのこと替え栓、冊子、化粧箱などにしっかりとシリアルナンバーが付いています。

そのナンバーがあっている付属品も持ち込むと、空瓶とはいえかなり高額で買取されやすくなります。

多少落としたり倒したりした程度では傷はつきにくい事でも知られる質の高いボトルですが、長期で自宅で保存をしていればやはり細かな傷や埃はたまってしまいます。

また、いくらバカラガラスボトルだとはいえ空瓶となるとなんとなく扱いが雑になってしまうことも否めませんよね。

当たり前ですが、売る際には出来るだけ綺麗な状態で買取依頼をした方が査定相場も高くなります。

扱いに困る空瓶があった場合には出来るだけ早めに査定をお願いすることをおすすめします。

また、バカラガラスボトルの中でも「ラーセンのシップ型のボトル」のようにカラーバリエーションがあるようなボトルですと、色によっても価値が変わりますので空瓶の買取価格も変わってきます。

一言にバカラガラスボトルといっても、それぞれに買取の特徴があり付属品の種類や査定される点も異なります。

詳しいことはリンクサスの専門のバイヤーに質問をしながら話を聞くと良いですよ。

カミュの陶器ブックボトル

カミュナポレオンブックボトル
(引用:Amazon

リンクサスでは、バカラガラスボトルの他にもカミュのブランデーボトルの買取を強化しています。

その中でも高額で買取をされやすい空瓶が「ブックボトル」です。

その名の通り、本の形をしたブランデーボトルで、表紙だけではなく厚みや紙の部分までリアルに表現されているボトルですね。

一目見たらわかりますが、カミュのブックボトルは見た目も非常に可愛くて置いているだけでもインテリアとしてかなり上品で美しさが見られる品です。

需要が高いのも納得です。

陶器ボトルということで、ガラスボトルと同様に落としたり倒したりしてしまうと割れてしまう危険性があります。

また、形も普通のストレートボトルに比べてバランスが取りづらい形となっています。

ですので、空瓶のままで保存をしている方はしっかりと固定をするようにすることをおすすめします。

カミュのブックシリーズは、しおりのように本の間から出ている部分がボトルの注ぎ口になっています。

まさに剣のような形になっていることから真四角の本の形にアクセントが付いています。

この部分も雑に扱うと折れてしまったり根元から外れてしまったりする可能性があります。

もし空瓶の買取でこのブックシリーズを売ることを検討されている方は、保存がかなり手のかかる品ですので、早めの買取を強くおすすめします。

カミュのブックシリーズには、専用の化粧箱や冊子なども付いています。

これらの付属品については少しでも完璧な状態で保存されており、種類も揃っているほど高値で買い取られやすいですね。

さらに、シリーズ品となると一本より二本でセットで買取依頼をした方が高値で売れやすいです。

もしも、セットで何本か所有している方がいましたら、思い切って全てのボトルを売ってしまうのも良いかもしれませんね。

特に全シリーズが揃っていたり、同じボトルが何本も持っていたりするとより高値になりやすいです。

もし、部屋の整理や祖父の家の掃除などでボトルの空瓶を見つけましたら、他にも同じようなシリーズのボトルがないかを確認した上でまとめて売るようにしましょう。

イチローズモルトのトランプカードボトル

イチローズモルト
(引用:サンスポ.com

高値で売れる空瓶は、ブランデーのものだけではありません。

ウイスキーでも、人気が高くて高値で買い取りされるボトルはたくさんあります。

ウイスキーの空瓶として需要が高いボトルの代表として挙げられるのが、「イチローズモルトのトランプカードシリーズ」です。

中でもモノクロームのボトルは、未開封でも空瓶でも人気が高く、リンクサスでは強化買取をしています。

トランプカードシリーズには、本物のトランプと同様にハートやダイヤ、スペードやキングのカードが13種類ずつ用意されています。

世界中に全てのシリーズを揃えようと必死に集めているコレクターがたくさんいるのです。

しかし、トランプカードシリーズは銘柄によって生産量がまちまち。

また、開けて飲んでしまっている方も多いためなかなか新品同様で揃えることは難しいのです。

そんな方は、やはり空瓶でも良いから手に入れたいと、中身はなくてもかなりの高値で購入を希望するのです。

また、ジョーカーなどのレアな品もあり、すでに未開封で現存するボトルはほとんどないのではないかと噂されているボトルもたくさんあります。

もし、自分自身はお酒に興味がなくても酒好きの祖父がいたなどの理由でトランプカードシリーズの空瓶がたくさんあるという方がいましたら、ぜひセットでの買取依頼をおすすめします。

トランプカードシリーズも、カミュのブランデーブックシリーズと同様に、一本よりも数本で売った方が高値で買取されやすい傾向があります。

マッカラン空瓶

マッカラン
ザ・マッカラン ダブルカスク12年(引用:サントリー

日本でも人気が高いスコッチウイスキーとしても名高いマッカランも、空瓶としての価値があるお酒になります。

マッカランの場合、ブランドの中でも銘柄やシリーズによって空瓶の買取価格が大きく異なる傾向があります。

例えば、マッカランの中でも希少なシェリー樽を使用して作られている「シェリーオーク」や「ファインオーク」の30年熟成銘柄などは空瓶でもかなり高値で買取されやすいです。

ウイスキーの場合、基本的に未開封ボトルの価値が高いものが、空瓶としての価値も高い傾向があります。

そのため、熟成期間が長かったりヴィンテージものだったりすると買取価格が高くなります。

また、市販として取り扱われるような一般的な銘柄の場合には空瓶買取の価格も安価での買取になる可能性もあります。

お酒のボトルは、ボトル自体に価値がなくてもリサイクルなどの再生が可能ですので、数円~数十円で買取されることができます。

ただし、割れてしまっていたりヒビが入ってしまっていたりすると、単価の低い空瓶は買取対象外になりますので注意しましょう。

ジャパニーズウイスキー空瓶

響35年
響35年〈有田焼〉(引用:サントリー

ウイスキーの中でも、日本で人気が高くて馴染み深いウイスキーといえば「ジャパニーズウイスキー」ですよね。

  • 山崎
  • 白州
  • 余市
  • 竹鶴…

これらの有名ブランドのジャパニーズウイスキーの、長期熟成などの銘柄については空瓶だったとしてもかなりの高値で買取されやすくなります。

例えば山崎50年響30年、また、響の場合には長期熟成ボトルの中に陶器ボトルがあり、こちらも陶器ボトルとしての価値が高い品になります。

有名な陶芸家とのコラボレーションもあり、こちらも陶器のボトルそれぞれに価値が異なる空瓶になります。

有名ブランドの空瓶の場合、コレクションとしての価値ももちろんありますが、陶器ボトルなどは特にインテリアなどの価値もある人気が高い空瓶になります。

さらに、ジャパニーズウイスキーの場合には専用の化粧箱や木箱などの付属品が存在します。

これらの付属品は、未開封品でもついていると価値が上がりますが、たとえ空瓶であったとしても付属品の有無は買取価格に影響をします。

山崎50年や響の匠ボトルなどになってくると、付属品の揃い具合によって買取価格が数万円単位で変わってくる可能性もあります。

存在する場合にはしっかりと付属品を揃えておく必要があります。

基本的な付属品といえば、

  • 木箱
  • 化粧箱
  • 冊子
  • 包み紙

などが挙げられます。

ただ、希少な限定品の場合にはメモ帳特別な説明書きがついているものもあり、これらはかなり価値が高いものになります。

付属品はどれだけ劣化していたとしても、持ち込むことで価値が下がることはありません。

専用の付属品が見つかった場合には、まずまとめて持ち込んでみると良いですね。

リンクサスなら、付属品1つ1つをしっかりと査定して価値を見出してくれますので、持っていくとかなり価格にも期待ができるようになりますよ。

ワイン・シャンパン空瓶

ロマネコンティ
(引用:Amazon

リンクサスの空瓶買取対象品の中には、ワインシャンパンなど普段であれば簡単に捨ててしまいそうなボトルも存在します。

ワインやシャンパンについては、日持ちしないものが多く足が速いお酒としても知られています。

開けたらすぐに飲まなくてはならないこともあり、あまり空瓶に価値があるように見えないかもしれません。

しかし、

  • ワイン⇒ロマネコンティ
  • シャンパン⇒ドンペリニオン、クリュッグ、アルマンドブリニャック

などは空瓶でも人気が高いボトルになります。

ワインやシャンパンの場合も、基本的に高値で買取されやすい空瓶の見分け方は「未開封ボトルの価値が高いかどうか」という部分になります。

ただし、例えばシャンパンのアルマンドなどについては、カラーバリエーションが多く色によって価値が変わってくる品になります。

ブラックゴールドなどのボトルはもちろん高値になります。

ですが、コレクターにとっては単色よりも全てのカラーが揃っている空瓶の方が需要がある場合もあります。

そのため、全色揃っていたり見栄えの良いセレクトでの空瓶の場合には、一本一本の買取価格よりも高値になる傾向もあります。

スーツケースに全色揃って詰められているアルマンドもあり、このような場合にはスーツケースごと売っていただくと買取価格はより高値になります。

このように、ワインやシャンパンは付属品や高値で売れる条件がほかのお酒に比べてもバリエーションが多いです。

  • わからないことがある
  • 知識のある人に聞きたいことがある
  • 売りたい空瓶がある

という場合には、まずはリンクサスに電話相談や出張買取依頼をして話をしてみると良いでしょう。

疑問に思っていることや高値で売るためのコツなどをしっかりと丁寧に教えますよ。

まとめ

以上が、空瓶としての価値が高いお酒の種類ごとの紹介でした。

お酒としての価値が高いイメージが高いブランデーやウイスキーはもちろんのこと、ワインやシャンパンなどの空瓶もリンクサスなら高値で買取することができます。

さらに、日本酒や焼酎の中にも空瓶でも買取されやすい価値のあるボトルがあります。

もしもお酒についてあまり詳しくなく、たくさんの空瓶の扱いに困っている方がいましたらまずはリンクサスに相談をしてみましょう。

もしもたくさんある場合には、出張買取などのサービスもございます。

まずは価値のあるお酒かどうかの見極めをしてもらい、その後に買取査定を依頼してみると良いかもしれませんね。

リンクサスなら、貴重な未開封ボトルも空瓶も大切に買取し、欲しがっている方の手にしっかりとした状態で渡すことができます。

お酒のボトルとしての価値をしっかりと見出し、空瓶として新たに輝ける場所を見つけてあげたいと思ってくださる方は、ぜひお酒買取専門店リンクサスの専門バイヤーに依頼をしてみてください!