お酒買取ならお酒買取専門リンクサスが高価買取いたします。

お酒買取専門店リンクサス、ブランデー、ウイスキー、ワインなど買取します。

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!営業時間 11:00~19:00
https://linxas.shop

リンクサスではウイスキーやブランデー、
ワイン等を高価買取しております。
ご自宅で眠っているお酒等ございませんか?
LINE査定等、ケータイを使って簡単に査定も可能です。

ワイン買取買取記事

ワイン買取の対象商品

お酒買取専門店リンクサスでは、自宅に眠っている大切なワインを高額で買い取りしています。 ワインの本場はフランスと言われており、フランスのワインは高値で買取される傾向があります。 まずは、高値で取引されやすいワインのブランドを上げていきたいと思います。 ・ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ ・ルロワ ・アンリジャイエ これらはかなり希少価値が高くて人気も上昇している銘柄です。 ロマネコンティの場合、製造年度にもよりますが想像を絶する価格で買取されることも多いです。 ワインには当たり年と呼ばれる、原材料のぶどうの出来が良いと言われる年があり、その年に作られたワインはより高値で買取される傾向があります。 また、他にもワインにはボルドーワインやカリフォルニアワイン、イタリアワインやスペインワインなどがあり、いずれも買い取りの対象商品となっています。

ワイン買取のチェックポイント

ワインの買い取りの際に一番にチェックされる部分はやはりブランドと銘柄ですね。 また、他にも以下のようなチェックポイントがあります。 ⚫︎開封の有無 ⚫︎ラベルやボトルの状態 ⚫︎化粧箱等の付属品の有無 ワインの買い取りの際には、これらのチェックポイントを見ることで買取価格を判断します。 ロマネコンティなどの人気が高い銘柄については、付属品が欠けていたりしても高値の買取価格が期待できますので、付属品が見当たらない場合でもまずはぜひ買取査定をしてみてください。

ワイン買取買取

ワイン買取の豆知識

アンリジャイエとはどのような人物なのか、この偉業と功績について解説します。 アンリジャイエとは、21世紀を代表する醸造家です。 この人物像にせまり、功績などを詳しく解説していきます。 ワインを選ぶ時、年代や名前、生産地を気にして購入していますか? 食事のお供にたしなむ程度のワインであれば、味の好みで店員にすすめられたものを購入する方が多いのではないでしょうか。 しかし、ワイン愛好家ではそうはいきま…

DRCとは?DRCの歴史と特徴、そしてDRCのブドウについてくわしく解説します。 DRCとはなんでしょうか。DRCについてわかりやすく解説するとともに、DRCの生産に必要なブドウと商品の特徴をわかりやすく解説します。 ワインの世界は歴史的の深く長いものです。そして様々な会社と製法、商品が販売されている中で、最も有名といってもいいDRCという会社についてみていきましょう。 ■DRCとは DRCとは、…

オーパス・ワンについて歴史や背景などを開設します。 オーパス・ワンとは、どのような歴史を持つ会社でしょうか。その歴史背景や商品についてわかりやすく解説します。 みなさんの好きなワインはどこの産地ですか?産地ごとに味や香りが違い、好みのワインに出会えたりしますよね。そんな産地で古くからあるヨーロッパのワインは有名ですが、あまり歴史が古くないアメリカ産のワインで有名といえばカリフォルニアワインですね。…

ルロワの歴史と商品などを詳しく解説します。 ルロワの歴史とはどのような歴史を歩んできたのでしょうか。世界が認めるルロワの商品と、現在のトップであるマダムルロワについて詳しくわかりやすく解説します。 ワインのおいしさは何で決まるでしょうか?その年の気候天候、土地の豊かさい、ブドウの見極めやテイスティング力のある醸造家の力などさまざまな条件下で初めて最高級の味わいが出るワインが誕生するのです。 そんな…

シャトーペトリュスとはどのようなお酒なのかを詳しく解説します。 シャトーペトリュスというお酒は、歴史や製法、味わい等はどのようなものかわかりやすく解説していきます。 シャトーペトリュスというワインを知っていますか?ワイン好きはもちろんのこと、ワインに詳しくない方も聞いたことがある名前ではないでしょうか。 このシャトーペトリュスは、ロマネコンティと肩を並べて立つ最高級ワインです。このワインの歴史から…

ドメーヌとはどういう意味なのか、ドメーヌについて詳しく解説します。 ドメーヌとはどういう意味で、シャトーと何がと何が違うのでしょうか。この意味の違いとブルゴーニュ地方のドメーヌの畑とワインを詳しく解説します。 ワインを好きになったみなさん。ワインの世界の入り口へようこそ。ここでは、基本的なワイン用語を簡単にわかりやすく解説していきます。 突然ですがみなさんは、どのようなワインが好きですか?酸味や渋…

ヴュー・シャトー・セルタンの当主はアレクサンドルですが、隣の買い足したシャトー・ル・パンの当主はティアンボン家のいとこのジャックです。 新たに買い足した2haの土地は同じヴュー・シャトー・セルタンのワインとしてではなく、土壌の個性を見極め違うシャトーを作り出しました。 コンサルタントのミッシェル・ロランの助言も受けて、手間暇を惜しまず、当時の新しい製法で魅力的なワインを醸造しました。 メルローの深…

シャトー・オー・ブリオンは、ボルドーのワインで1855年に第1級の格付けをとりました。 第1級ワイン以外に赤のセカンドワインや辛口の白ワインも生産しています。 畑の所有については、長い歴史の中でなんども所有者が変わり、決して順風満帆な状況ではありませんでした。最終的にジャン=ベルナール・デルマスが改革に取り組みました。 ブドウの品質維持の方法として、接ぎ木をしています。収穫は手摘みで赤と白では収穫…

シャトー・マルゴーは、ボルドーの北方でメドック地区マルゴー村にあるシャトーのことを指すと共に生産されるワインの名称でもあります。 地理的にはガロンヌ川河口部のエスチュアリー*の左岸に位置します。 AOC認定の赤ワインの畑が9割がた、白ワイン用の畑は1割ほどです。主にソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。 *エスチュアリー⇒河川の下流部にある海の入り江で、潮汐の影響を受け海水と淡水が出会い混合す…

ポムロール地区はドルドニュー川右岸、サンテミリオンの北西に位置しています。 AOCの境界に近づくにつれて、土壌は粘土質に変化して丘の頂上のわずかな部分に位置します。この地区は、メルローとカベルネ・フランを栽培していることが多いです。 ブドウの性質から、メルローは保水性が高い土壌を好み、カベルネ・フランは水はけのよい土壌を好みます。ブドウ畑を造る上でも都合がよいのです。 現在のドメーヌの経営権はジャ…

ラトゥールは、ボルドーの北西でメドックのポーイヤックの南東に位置する第1級畑です。 グラン・クリュは、ポーイヤックが1990年より所有しています。 14世紀後半に造られた「サン・ランベールの塔」はワイン農園のシンボルでしたが、100年戦争の時にフランス軍が破壊しました。現在の塔は1960年に再建されています。 1963年にセギュール家の所有から離れたことをきっかけに、生産方法を刷新しました。 シャ…

ヴュー・シャトー・セルタンの当主はアレクサンドルですが、隣の買い足したシャトー・ル・パンの当主はティアンボン家のいとこのジャックです。 新たに買い足した2haの土地は同じヴュー・シャトー・セルタンのワインとしてではなく、土壌の個性を見極め違うシャトーを作り出しました。 コンサルタントのミッシェル・ロランの助言も受けて、手間暇を惜しまず、当時の新しい製法で魅力的なワインを醸造しました。 メルローの深…

シャトー・ムートン・ロートシルト われ1級になりぬ かつて2級なりき されどムートンは変わっておらず 上記の言葉は、シャトー・ムートン・ロートシルトのラベルに必ずしるされています。 ムートンカデもムートン・ロートシルト家の醸造品です。手頃な価格で提供しているセカンドワインです。 ワインの格付けがされる前にムートンがブドウ畑を買い上げました。当初は1級になると予想していたようです。名称も自分の名前を…

シュヴァリエ・モンラッシェ・レ・ドゥモワゼルはルイ・ジャド社のワインです。2代目のルイ・ジャン・プティスト・ジャドは1913年に畑を買い戻し、「レ・ドゥモワゼル」と名付けました。特級のシャヴァリエ・モンラッシェです。 コート・ド・ボーヌ地区の南半分の場所で、ピュリニ・モンラッシェ村の特級畑から造られる白ワインです。 最高峰モンラッシェのクリマの斜面で上方地続きの畑を所持しています。 南のシャサーニ…

モレ・サン・ドゥニを代表するドメーヌです。 1968年に4.5haのドメーヌ・グライエを買取り、自らの名前ジャック・セイスをもじってドメーヌ・デュジャックと名付けました。現在は二人の息子に任せています。ワイン造りの基礎を作り上げたので、世代交代の時期になりました。 シャンベルタンとロマネ・サン・ヴィヴァンが増え、グランクリュを7つもっています。シャンベルタンはクロ・サン・ドニと比較される赤ワインで…

DRCとは?DRCの歴史と特徴、そしてDRCのブドウについてくわしく解説します。 DRCとはなんでしょうか。DRCについてわかりやすく解説するとともに、DRCの生産に必要なブドウと商品の特徴をわかりやすく解説します。 ワインの世界は歴史的の深く長いものです。そして様々な会社と製法、商品が販売されている中で、最も有名といってもいいDRCという会社についてみていきましょう。 ■DRCとは DRCとは、…

アンリジャイエとはどのような人物なのか、この偉業と功績について解説します。 アンリジャイエとは、21世紀を代表する醸造家です。この人物像にせまり、功績などを詳しく解説していきます。 ワインを選ぶ時、年代や名前、生産地を気にして購入していますか?食事のお供にたしなむ程度のワインであれば、味の好みで店員にすすめられたものを購入する方が多いのではないでしょうか。 しかし、ワイン愛好家ではそうはいきません…

オ家は代々土地を持ちながらも直接ブドウ造りに携わることはありませんでした。 所有していたブドウ畑(リシュブール、クロ・ヴージョ、コルトンなど)数人の醸造家(アンリ・ジャイエを含む)に依頼していました。   1989年に契約が切れたことをきっかけに自分で管理をはじめるようになりました。 当初はアンリ・ジャイエの指導を受けながら自分のドメーヌを切り盛りしていました。   自分で手をかけたタイミングがよ…

クロ・ド・ヴィージョのワインは中世の修道院がブドウ畑を管理するようになった時代を感じることができるワインです。 シトー派の修道僧自らが畑作業をしてワイン造りをするようになりました。   畑の周りには現在も壁がありAOCクロ・ド・ヴィージョの境界線を表しています。     この石垣の中に囲まれた50.6haの中に土地所有者が80人以上います。各生産者の造るブドウの品質を一定させることができないのは、…

ロマネ・コンティエと石垣で隔てられた上に小さなグランクリュがあります。ラ・ロマネ(グラン・クリュ)です。 ラ・ロマネもドメーヌ・デュ・コント・リジェ・ベレールのモノポール(単独所有)です。フランスの中で最小のAOCです。     名称に「コント」(伯爵)がつくように、先祖はナポレオン帝政期に将軍として活躍した先祖を持つ貴族です。畑は年々拡大されつつも、管理はネゴシアンにブドウの生産から醸造までを任…