お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00
お酒買取専門店リンクサス

DRC(ロマネ・コンティ)買取

ランキング商品名買取価格(10月26日更新)
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ1991年~Ask
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ1998年~400,000円~
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ1999年~250,000円~
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール1997年~140,000円~
ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネ・サン・ヴィヴァン1999年~100,000円~

概要

700年の歴史を持つDRCの魅力とは?

世界最高峰のワイン、世界中の多くの方が知っているワインの一つが「ロマネ・コンティ」ではないでしょうか。

お酒に詳しくない方もこの名前は聞いたことがあるはずです。

そんな有名なワイン「ロマネ・コンティ」を製造している醸造所こそが『DRC』なのです。

DRCは、700年以上の歴史を持つワイン醸造所です。

DRCが製造するワインについて知る前に、長く深い歴史を見ていきましょう。

DRCが所有する畑の歴史

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Romanée-Conti Fansさん(@domainedelaromaneeconti)がシェアした投稿

DRCの歴史は800年近くにもなります。

このころの日本というと、鎌倉時代でありちょうど御成敗式目が制定された年から、DRCのワインの歴史がスタートしたのです。

DRCの中でも最も有名で最高級のワインであるロマネ・コンティの歴史を外すことはできません。

1232年 サン・ヴィヴァン修道院が1.8ヘクタールのブドウ畑を入手します。

この畑こそがのちのロマネ・コンティの畑です。

この畑を入手した年、日本はちょうど第87代四条天皇が即位した年でした。

修道院がこの畑を入手し、ブドウの栽培と隣接する修道院でのワインの製造がDRC『ロマネ・コンティ』のはじまりです。

この畑を「クローネーンブール家」が購入し名前を「ロマネ」と命名します。

同時期に、クローネーンブール家は隣接する『ラ・ターシュ』の畑も入手しています。

1760年 クローネーンブール家から「コンティ公」へ所有権が移ります。

コンティ公は自分の名前を畑の名前に入れ、『ロマネ・コンティ』と改名しました。

その後、フランス革命により畑は「ニコラ・デュフェール・ド・ラ・ヌール」の手にわたります。

1869年 ついに「ジャック=マリーデュヴォー=ブロシュ」が畑を取得し、今日世界中で知られるワインの醸造所を作ることになります。

このように、ロマネ・コンティの畑だけ見ても6回もの所有者が変わっているのです。

ロマネ・コンティだけではなく、DRCの中でもロマネ・コンティと肩を並べて人気のある『ラ・ターシュ』も、『ロマネ・サン・ヴィヴァン』も3回もの所有者変更が起こって、今のDRCの所有となりました。

DRCの創設

1869年の畑の取得を皮切りに、既に所有していた

  • リシュブール
  • エシェゾー
  • グランエシェゾー
  • ラ・ターシュ

を取得します。

1942年には正式な会社組織として『DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)』が誕生します。

DRCの所有権を半分取得した

  • アンリ・ルロワ
  • エドモンド・ゴーダン・ド・ヴィレーヌ

が共同経営者となりました。

その後、娘や息子へ経営権を相続していきますが、現在は、

  • オベール・ド・ヴィレーヌ
  • アンリ・フレデリック・ロック

が共同経営者として経営をおこなっています。

DRCのブドウ栽培

ぶどう

DRCが製造するワインを見ていくうえで欠かせないのは、畑とブドウの栽培方法でしょう。

ワインの味を決めるこの二点をまず詳しく知りましょう。

ワイン畑は、ヴォーヌ・ロマネ村周辺にあります。

海抜240mに位置し、東または、南東側に向いた斜面は水はけが良く、石灰岩の土壌のため鉄分を多く含んでいます。

有機栽培で肥料にはワインの木の根を粉砕したものや、ブドウの皮と発酵残渣からつくられた堆肥のみを使用しています。

更に、ロマネ・コンティとグラン・エシェゾーの計5ヘクタールは、『馬』が畑を耕しています。

機械でおこなうことで、土が硬くなってしまうことを防ぐというこだわりが見られます。

ラ・ターシュとグランエシェゾーは、『バイオダイナミック農法』という太陰暦などを駆使した究極の自然農法を採用し栽培をおこなっています。

このように、土を作る作業、耕す作業一つ一つにこだわって栽培をおこなっていますが、収穫量は極端に少ないのが特徴です。

これは、あえて基準に満たない房を夏の収穫前に摘房されるためです。

収穫量の少なさは、1本のワインを作るのに3本のブドウの木が必要であるほどの少ない収穫量なのです。

収穫量を極端に減らしてまでこだわって作られたブドウは、ピノノワールという品種であり、皮が厚く黒紫の渋みの少ないブドウの実となります。

DRCワイン製造方法

このようにこだわり抜かれて栽培・収穫されたブドウは、昔ながらの製法によりワインへと生まれ変わります。

粉砕することなく軽くカットされたブドウは、木桶で32度程度の温度で18~24か月の時間をかけて発酵されます。

発酵が終わったら、『トロンセの森』から切り出された100%新しいオークを使って作られた樽に入れられます。

熟成期間中に一度だけおこなわれる滓引きは、機械を使用せず、重力の力を利用して樽から樽へと移されて行われます。

ワインの精製には生卵を使用し、16~20か月樽中に置きその後瓶詰めされます。

この瓶詰めの際も重力の力だけを利用して詰められるというこだわりがあります。

DRCワインの品種と味わい

ロマネコンティ(引用:Amazon

DRCのワインは、

  • ロマネ・コンティ
  • ラ・ターシュ
  • リシュブール
  • ロマネ・サン・ヴィヴァン
  • グランエシェゾー
  • エシェゾー
  • モンラッシュ

の7種類があります。

中でもロマネ・コンティは、並外れた芳香、パワーと浸透性があり、霊妙な何かすらあると表現される完璧なワインです。

ラ・ターシュは、凶作の年であった1950年や1951年にも唯一瓶詰めされたワインとして有名で、安定した旨いワインといわれます。

モンラッシュは、DRCの唯一の白ワインです。

シャルドネのブドウをわずか0.67ヘクタールで栽培し、年間250ケースという少ない生産数となっています。

DRCが誇る『ロマネ・コンティ』は、ワインの王であり、当たり年の1971年のビンテージワインとなると、300万円を超える高級ワインとなっています。

DRCのワインの豆知識

DRCのワインを入れる木製のケースには、8ケタの番号(0000-00-00)が付いています。

最初の4ケタはワインの種類です。

1010はロマネ・コンティ、1020はラ・ターシュなどとなっています。

ちなみに、1099は、詰め合わせという意味です。

次の2ケタは、ワインのビンテージを表します。

最後の2ケタは、瓶のサイズを表します。

そして、

  • 01⇒0.75ℓ
  • 03⇒1.5ℓ
  • 04⇒3.0ℓ

となっています。

このように、ナンバーにおいても様々な意味を持つため、DRCのワインを知るうえで知っていると少し楽しく番号も見ることができますね。

まとめ

DRCは、DRCが会社として正式に創業する前から長い歴史がありました。

さらに、会社が所有するワイン畑にはもっと古い歴史と所有者の度重なる変更がありながら、ブドウ栽培が続いていました。

そんな歴史あるDRCは、最高の畑から採れたブドウを伝統的製法により製造し、最高級ワインのロマネ・コンティをはじめとしたワインを作り上げる最高の会社の一つです。

DRCの作るワインを歴史を知ったうえで、その歴史や製法を感じながら味わってみたいものですね。

DRC(ロマネ・コンティ)の豆知識

DRCの世界へようこそ

DRCとは?DRCの歴史と特徴、そしてDRCのブドウについてくわしく解説します。

DRCとはなんでしょうか。DRCについてわかりやすく解説するとともに、DRCの生産に必要なブドウと商品の特徴をわかりやすく解説します。

ワインの世界は歴史的の深く長いものです。そして様々な会社と製法、商品が販売されている中で、最も有名といってもいいDRCという会社についてみていきましょう。

■DRCとは
DRCとは、略称です。正式名称は、『Domaine de la Romanee-Conti』といいます。カタカナで分かりやすく読むと、『ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ』と読みます。

このDRCは、会社名となります。この会社が設立したのは、1942年です。この会社が生産販売するワインは世界的に最も有名なワインではないでしょうか。

正式名称にもあるように、ロマネコンティを生産販売している会社です。このロマネコンティは、誰しも一度は耳にしたことがあるワインではないでしょうか。しかし、このワインを飲んだことがある人は多くないはずです。

ここDRCが販売しているワインはこのロマネコンティだけではありません。世界的に評価を受けた多くの有名なワインの生産販売もしています。

そんな有名なワインを多く生産するこの会社が正式に設立する前の歴史についてみてみましょう。

■歴史
この会社は、前述で述べたように会社組織として設立したのは1942年です。創立77年という歴史の長さですが、この創立の前ロマネコンティというワインが生産されるようになったのは何と二千年も昔までさかのぼることになります。

二千年前というと、歴史的にはローマ時代です。この時代のワインのブドウを生産する畑のロマネコンティと、サンヴィヴァンのほとんどがサンヴィヴァン修道院の所有地でした。

また、現在DRCが所有しているリシューブルやラターシュという畑の一部はシトー修道院の所有地でした。この時代のブドウ畑は、多くが修道院のものだったのです。

その後18世紀になると、ワインは薬として治療に使われるようになります。当時、ルイ14世が、持病の治療に毎日数mlのワインを処方されていた話は有名で、この処方され飲んでいたワインがのちのロマネコンティなのです。

ここでちょっと小話。実は、このワインの処方以外にも晩年坐骨神経痛を治療するために、しびれる足をロマネコンティで洗うという治療もしていました。しかし、この坐骨神経痛は誤りで、本当は壊疽(えそ)だったといわれています。この診察が原因でルイ14世はなくなっています。

しかし、坐骨神経痛の治療にロマネコンティで洗うなんて今となっては贅沢な話ですよね。

ルイ14世死去後、畑が競売に出され所有権をめぐって、ルイ15世の公式寵姫であり大きな政治力を持っていたポンパドール夫人と軍事顧問をしていたコンティ公が争奪戦を繰り広げました。

結果は、コンティ公の勝利で、正式にコンティ公の所有地となりました。このことが、ポンパドール夫人を激怒させ、この激怒具合はベルサイユ宮殿からすべてのブリュゴーニュ産ワインを排除するほどだったといいます。

こんな行為ができたのは、政治力の大きかった寵姫という立場ならではの行為でしょう。フランスは、寵姫という立場を公式に認め権力などの保持を認めていたため、このような大きな政治力をポンパドール夫人がもった形となったのです。

コンティ公の所有地となってからは、コンティ公の宮殿の中でしかここで採れたワインは味わうことができなかったそうです。このコンティ公の独占もフランス革命によって終わりを迎えます。

この革命の際にこの畑も没収され細分化されるはずでした。しかし、ローマから続く伝統のブドウ畑は人々から大切にされていたこともあり、革命後もこのロマネコンティとして残っていきました。

そして1794年に正式にロマネコンティと命名され、1869年に現在の当主であるオベール・ド・ヴィレーヌの祖先がまずドメーヌを買い、もともと所有していたリシュブール、エシェゾー、グランエシェゾー、その後さらにラターシュ、ロマネサンヴィヴァン、モンラッシュと次々と畑を買い取っていきました。

そしてやっと1942年に会社としてDRCが誕生するのです。ここまでの歴史は、世界史に出てくる登場人物の人生に関わってきたワインといえることがわかりますね。

■ワインの特徴
では、この会社が生産・販売しているワインの特徴を見ていきましょう。

世界が認め、高額なワインとして有名なロマネ・コンティはフランスワインで最も高額取引されるワインです。

ヴォーヌ=ロマネ村にあるわずか1.8ヘクタールあまりの畑で、グラン・クリュという特級格付けされたピノ・ノワールという種類のブドウから生産されます。このブドウは、有機栽培されたもので、このブドウ畑から生産されるワインは年間平均5,000本前後となっています。

豊作の年で6,000本、不作の年で4,000本と本当に少ない生産量に世界中の愛好家、富裕層が飛びつくワインです。1本最低100万円というワインの値段とは思えない競争率となっています。

なぜ、ロマネ・コンティという名前なのかというと、ロマネとは、ローマの時代から続くワインであることから、ローマ人という意味を持ち、コンティは過去に所有していたコンティ公の名前をとって『ロマネ・コンティ』となったのです。

この会社には、このほかにも凶作でもうまいワインとしてロマネ・コンティをしのぐ年もあるといわれる有名なラ・ターシュ、独占所有ではない畑の中の特級畑としての最高峰リシュブール、ロマネ・サン・ヴィヴァン、グラン・エシェゾー、唯一の白ワインであるモンラッシェといくつかの種類が存在します。

■ブドウ栽培
上記の様々なワインの種類がある中で、ほとんどの畑はワインの木の根やブドウの皮、発酵残渣から作られた堆肥で栽培する有機栽培ですが、その中で特徴的な栽培方法をしている畑を紹介します。

ラ・ターシュとグラン・エシェゾーの畑は、『バイオダイナミック農法』という自然農法が採用され実行されています。この農法は、人智学者のルドルフ・シュタイナーが提唱した自然農法です。

この農法の理想として、『農場が生態系として閉鎖系であることを目指す』ことが提唱され、外部から入れる肥料等を良しとしないとしています。太陰暦や占星術から作られた農業暦に合わせて種まきや収穫をおこない、時に牛の角や水晶の粉を利用するなどホメオパシー療法のような側面をもっています。

この農法は、現代の経済効率を重視した農法から逆行しており、完全に経済効率を無視した農法であるため、生産数は極めて少ないものとなってしまいます。

このように有機栽培を基本としながらも、他の農法を模索しながら実行し、良質なワインの生産をおこなっているのがDRCなのです。

■まとめ
DRCは、世界中のワイン愛好家を魅了するワインの生産をおこなっている会社です。その中で最も愛されている高級ワインがロマネ・コンティであり、このワインの歴史は二千年という途方もない長い歴史の中で生き続け愛され続けるワインです。

ロマネ・コンティの価格は最低100万円、最高200万円もする高級ワインですので、なかなか飲む機会には恵まれません。そのため、飲むよりも語られるワインといわれるほどです。

このワインの品質を保ち生産を続けるDRC、そして生産するワインに魅了されたら最後、抜け出せないほどの深い魅力と旨さがみなさんを待っています。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】ヴォーヌ・ロマネ

お酒買取はおまかせください。

お酒専門店のリンクサスは、ワインの買取に力を入れています。

 

出張買取も行っていますので、まずは査定からいかがでしょうか。

電話やメールをいただければ、日時の相談をしてから伺います。

 

毎日市場価格が変化していきますので、現状の価格を確認する手段にしてもよいかと存じます。

 

※銘柄

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】ヴォーヌ・ロマネ

 

一口にヴォーヌ・ロマネといっても区画ごとに細かな特徴があります。

 

AOC名となっているヴォーヌ・ロマネ(Vosne-Romanee)村は、コート・ドールの王冠と呼ばれています

 

ヴォーヌ・ロマネの名は同じでも畑や村が異なる種類が沢山あります。

 

ワイン好きの方はラベルからその点まで見抜いて好みのワインを探しているようです。

 

ワイン以外のお酒も買取していますので、ご相談のみでもお気軽に連絡をしてください。

 

お酒専門店のリンクサスの利用をお待ちしています。

 

持込買取も歓迎しています。担当者不在を避けるため、事前連絡をしていただければ幸いです。

お客様の個人情報は厳重に管理していますので、ご安心ください。

いつでもご相談ください

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】エシェゾー

お酒買取はおまかせください。

お酒専門店のリンクサスでは、ワインの売却相談を承っています。高価買取いたします。

ワインは繊細な飲み物で、製造しているときからそうですが、温度管理が味を左右します。

 

ご自宅にあるワインで飲まないまま、飾りになっているものはありませんか。

わざわざ持込をされなくても、こちらから出張で伺います。査定のみでも出張料は無料です。

 

※銘柄

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】エシェゾー

 

ワインは製造方法から分類すると、5種類に分けられています。

一般的なワインは「スティル・ワイン」と呼ばれ、非発泡性ワインが該当します。

 

エシェゾーを造るブドウ畑はわずか2.49haです。樹齢20~60年のブドウの樹が植わっています。極上のピノ・ノワールを丁寧に手摘みし、新樽45%のオーク樽によって熟成しています。

 

エシェゾーの畑はグラン・エシェゾーを取り囲むようにして存在しています。

 

何事もそうですが、ワインも奥深いです。

 

そのような話をしながらワインの査定を行うのが楽しみです。

 

電話やメールでも査定額をお伝えすることができます。隙間時間を有効に使って金額の査定のみでもお問合せ下さい。

 

お酒専門店のリンクサスでは出張買取を行っています。1本からでも伺いますので、ご利用ください。

 

お客様の個人情報は厳重に管理していますのでご安心ください。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】グラン・エシェゾー

お酒買取はおまかせください。

 

お酒専門店のリンクサスは、どんな種類のお酒でも取り扱っています。

中でもワインの知識は豊富です。市場価格の最新情報を見ながら査定を行っています。

 

電話やメールで簡単に査定額をご案内することができます。短時間で済みますので一度問合せをしてみてください。

出張買取も行っています。遠方の方でも安心して連絡してください。

 

※銘柄

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】グラン・エシェゾー

  

EU(欧州連合)では、ワイン法を制定して加盟各国はそれに基づいて国内法を設けています。

 

フランスでもワインの法律が厳しく制定されています。

 

畑は単一のリュー・ディ*であるため、土壌が均一で水はけのよい粘土層が載っています。酸化鉄を多く含んでいるのが特徴です。

 

生産者は12名います。代表的な生産者がドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社になります。

 

生産者によっても味が異なる点がワインの魅力です。

 

*リュー・ディ⇒地形学あるいは歴史的な由来のする土地の小さな区画のこと

 

お酒専門店のリンクサスは、持込買取も歓迎します。持込時には、専任担当者の不在を避けるため事前連絡をいただければ嬉しいです。

 

ワイン以外でも査定、買取を行っています。気軽に連絡をして下さい。

お客様の個人情報は厳重に管理していますので、ご安心ください。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】コルトン

お酒買取はおまかせください。

 

お酒専門店のリンクサスは、ワインの買取を得意分野としています。

部屋の中に何となく飾ってあるワインはございませんか。

 

ワインは繊細なお酒なので、温度管理が大切です。

余分に購入して残ってしまったワインは売却することも考えてみてください。

 

出張買取も行っていますので、問い合わせだけでも連絡をお待ちしています。

 

※銘柄

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】コルトン 

DRCでは2009年ヴィンテージから「コルトン」をそのラインナップとして加えました。

 

なかなか市場に出ていなく、飲みたくても手に入れられない状況が続きました。

 

その理由は、生産されたワインのほとんどが5年以内は転売しないということで、得意先個人に売られそうです。

理由は投機を防ぐためとの事でした。ワインの法律が厳しいフランスならではのことかもしれません。

 

このような高級ワインだけでなく、庶民的な価格で販売されているワインも買取しています。ご安心ください。

 

お酒専門店のリンクサスでは持込買取も歓迎します。

 

知識ある専任担当者がご来店日の市場状況を確認しながらお待ちしています。事前にご連絡をいただければ幸いです。高価買取致します。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)モンラッシェ

お酒買取はおまかせください。

 

お酒専門店のリンクサスは、ワインの買取を強化中です。

ワインの買取価格も日々変動しています。一度査定依頼をしてみませんか。

 

直接持込をしなくても、電話やメールで短時間のうちにおよその査定額をご案内することができます。

 

お酒も保存の仕方がむずかしいものや開栓したのちは出来るだけ早めにのみ終えた方がよいものなど、性質が様々です。

 

※銘柄

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)モンラッシェ

 

辛口白ワインの銘柄の一つです。世界で最も偉大な白ワインとして知られています。

 

畑名のAOCワインで、特級(グラン・クリュ)の指定を受けています

 

南のシャサーニュ側のワインは、ル・モンラッシェ(Le Montrachet, 「ル」は、フランス語の男性名詞単数形につく定冠詞)、ピュリニー側は、冠詞なしのモンラッシェと呼ばれています。

 

お酒専門店のリンクサスでは、持込買取も歓迎しています。恐縮ではありますが、事前の連絡を希望しています。

 

専任担当者が当日の市場状況を確認しつつお客様のご来店をお待ちしたいと存じます。

 

お客様の個人情報は厳重に管理していますのでご安心ください。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】ラ・ターシュ

お酒買取はおまかせください。

好みに合わないワインが残っていませんか。温度管理をしておいた方がよいのでお酒の買取依頼を考えてみませんか。

 

お酒専門店のリンクサスでは、ワイン買取をはじめブランデー、ウィスキーなど各種をとり扱っています。

 

電話やメールで連絡をいただければこちらから出張買取もしています。査定のみも歓迎です。金額だけでも確認してみませんか。

 

※銘柄

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティDRC】ラ・ターシュ

 

ラターシュの畑はDRCが所有するモノポール(単一所有の畑)です。

 

ブドウ畑の区画で争議に発展した過去の歴史もあります。

 

丘陵の上部に位置する畑では濃厚なブドウが収穫されます。

下部では繊細な風味をもったブドウが収穫される傾向があります。

 

特色の異なるブドウをブレンドすることで特徴のあるワインが生み出されます。

 

お酒専門店のリンクスでは、ワインの査定に自信があります。

 

査定額はすぐに出すことができますので、ご利用ください。費用はかかりません。

 

お酒に関する相談も承ります。専門的知識のあるお酒買取専門店のリンクサスにご連絡ください。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】リシュブール

お酒買取はおまかせください。

 

ワインの製造工程と熟成の時間には測り知れないものがあります。職人さん方の魂がこもったワインを飲まずにそのままにしていることはないですか。

 

お酒専門店のリンクサスではワイン買取を強化しています。お手元に飲まないワインがある方は売却を検討されてみてください。

 

金額の査定のみでも承ります。費用はかかりません。

 

お近くでもワインは瓶で重たいのでこちらから出張で伺います。

 

電話やメールにて連絡をお待ちしています。

 

※銘柄

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】リシュブール

  

一口にリシュブールと言っても醸造した個人によって値段が異なってきます。

 

年代によって瓶やラベルが異なっているのもワインの面白味です。

 

ピノ・ロワール100%の赤ワインです。同じ赤ワインの他の銘柄と比べても味わいが違うことでしょう。

 

電話やメールで査定額だけでも確認されてみましょう。今の価値を知ることができます。

 

ブランデーやシャンパンなど他のお酒も取り扱っていますので、不明な点があれば何でも相談してください。

 

お客様の個人情報は厳重に管理していますので、ご安心ください。

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】ロマネ・サン・ヴィヴァン

お酒買取はおまかせください。

 

お酒買取専門店のリンクサスはワイン査定を得意としています。買取強化中です。

 

お手元に飲まないワインはございませんか。高級酒から大衆酒までどのような種類でも高価買取いたします。

 

電話やメールでの査定であれば、時間もかからずに金額をご案内することができます。

一度お試ししてみてください。出張買取も行っていますので、連絡をお待ちしています。

 

※銘柄

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ【DRC】ロマネ・サン・ヴィヴァン

 

赤ワインの「アントシアニン」が体によいとよく言われます。

 

摘み取ったぶどうは果皮から果肉や果汁、種子まで一緒に仕込み、一定の温度で10~20日間発酵させます。

 

この発酵とともにアルコールが生成して果皮から赤色色素のアントシアニンが抽出されます。

種子からは渋みの要素としてプロアントジアニンが抽出されます。

 

 

お酒専門店のリンクサスではお客様の疑問にも豊富な知識のある専門担当者が対応いたします。

 

査定には自信があります。高価買取を期待してください。査定額の確認のみでも構いません。連絡をお待ちしています。

 

お客様の個人情報は厳重に管理していますので、ご安心ください。

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ1999年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2000年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2001年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2002年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2003年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2004年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2005年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2006年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2007年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2008年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2009年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2010年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネコンティ2011年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ1999年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2000年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2001年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2002年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2003年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2004年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2005年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2006年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2007年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2008年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) モンラッシェ2009年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ1999年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2000年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2001年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2002年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2003年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2004年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2005年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2006年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2007年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2008年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2009年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2010年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2011年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2012年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ラ・ターシュ2013年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール1997年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール1998年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール1999年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2000年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2001年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2002年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2003年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2004年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2005年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2006年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2007年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2008年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2009年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) リシュブール2010年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネ・サン・ヴィヴァン1999年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネ・サン・ヴィヴァン2000年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネ・サン・ヴィヴァン2001年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネ・サン・ヴィヴァン2002年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネ・サン・ヴィヴァン2003年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネ・サン・ヴィヴァン2004年

  • ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC) ロマネ・サン・ヴィヴァン2005年