お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

神奈川/川崎エリア“お酒買取店15店舗” 銘柄別買取価格を徹底比較!ジャパニーズウイスキー特集

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~20:00

神奈川/川崎エリア“お酒買取店15店舗” 銘柄別買取価格を徹底比較!ジャパニーズウイスキー特集

2021/8/31

エリアごとに評判の高い店舗を紹介するこの企画、今回は神奈川県の川崎エリアです。今回は“ジャパニーズウイスキー”に関する価格やお店の情報を集めました。川崎に拠点を置く業者から、神奈川県下また全国規模で展開する業者の買取実績を調べてみました。どのように相談すればいいのか、どのような業者がいいのか、銘柄ごと相場がいくらなのかを知るきっかけになれば嬉しいです。

https://www.townnews.co.jp/0206/2016/07/22/341440.html

現在はSNS(LINEなど)やメールを使って気軽に相談が中心になっています。業者を選定するならエリアに限定せず全国規模で探してみるのもいいでしょう。しかし近くのお店に相談するのも忘れずに。その中からもっとも手ごたえのある業者に買い取ってもらえばいいのです。

第2弾ではスコッチウイスキー、第3弾はコニャックについて順次紹介していきます。

なお掲出する情報また価格は保証・確定するものではありません。商品の状態、銘柄等をもとにそれぞれ査定が異なりますのでご了承願います。

ジャパニーズウイスキーの買取価格が高騰しています。

なぜこれほど高い価格で取引されているのでしょう。それは需要と供給のアンバランスにあります。評価が高く需要が伸びているのに、原酒不足から製品が供給できない。そのため価格が高騰しているのです。

ジャパニーズウイスキーは世界的に高い評価を得ている。

https://www.facebook.com/TheYamazaki

サントリーやニッカのウイスキーが世界的な品評会で高い評価を受けています。詳しくは後述していますが、2000年頃からISCやSWSCで大きな賞を得たことで世界的な関心を集めるようになりました。

ご存知のようにウイスキー作りには長い時間がかかります。熟成期間の長いものほど深い味わいになって行きます。本場スコットランドの有名なスコッチハウスは、1800年代前半の創業というのも珍しくありません。一方、サントリーウイスキー(寿屋)が山崎蒸溜所でウイスキー作りを始めたのが1928年。ニッカウイスキーは前身である “大日本果汁”が1934年に北海道余市に工場を構えています。歴史的には100年以上の差があり、なかなか世界的な評価を得ることは出来ませんでした。しかし約80年が経過した2000年頃から、サントリー山崎やニッカ余市など、丁寧なモノ作りがやっと評価されるようになったのです。

その評判は世界的な規模で一気に広がります。そしてその勢いを受け、二大ブランド以外のジャパニーズウイスキーにも注目が集まりました。同じように多くの評価を獲得するようになります。

主な銘柄の受賞歴を整理してみました。

サントリー山崎関連

受賞年 品評会名 銘柄 受賞
2003年 ISC 山崎12年 金賞
2005年 SWSC 山崎18年 ダブルゴールド(最優秀金賞)
2006年 IWSC 山崎18年 トロフィー(最高賞)
2007年 ISC 山崎18年 金賞
2008年 SWSC 山崎18年 ダブルゴールド(最優秀金賞)
2009年 SWSC 山崎18年 山崎12年   ダブルゴールド(最優秀金賞)  
2010年 SWSC 山崎18年 山崎1984   ダブルゴールド(最優秀金賞)
  ISC 山崎12年 山崎18年 山崎1984   金賞
2011年 WWA 山崎1984 ワールドベストシングルモルトウイスキー
  SWSC 山崎18年 ダブルゴールド(最優秀金賞)
2012年 ISC 山崎18年 トロフィー(最高賞)
WWA 山崎25年 ワールドベストシングルモルトウイスキー
2013年 ISC 山崎18年 山崎パンチョン2012 金賞
  SWSC 山崎12年 山崎18年   ダブルゴールド(最優秀金賞)
2014年 ISC                        山崎18年 山崎ミズナラ2013 山崎バーボンバレル2013 金賞
  SWSC    山崎12年 金賞  
2015年   ISC 山崎ミズナラ2014 金賞
  SWSC 山崎18年 ダブルゴールド(最優秀金賞)
  SWSC 山崎18年 ベストアザーウイスキー賞
  SWSC 山崎25年 ダブルゴールド(最優秀金賞)

他にもシングルモルト白州、ブレンデッドウイスキー響もISCやSWSCなどにおいて様々な賞を受けています。

ニッカ余市関連

受賞年 品評会名 銘柄 受賞
2012年 ISC シングルモルト余市20年 金賞
2014年 ISC シングルモルト余市12年ウッディ&バニリック(余市蒸溜所限定販売品) 金賞  
2009年2010年 2007年2008年 2011年2012年 2013年 ISC シングルモルト余市15年 金賞受賞 銀賞
2007年2012年 2013年 ISC シングルモルト余市12年 銀賞受賞
2006年2007年 2012年201年 ISC シングルモルト余市10年 銀賞
2011年 ISC シングルモルト余市1990年 金賞
2008年 WWA シングルモルト余市 1987 ワールド・ベスト・シングルモルトウイスキー
2007年 WWA シングルモルト余市 1986 ワールド・ベスト・シングルモルトウイスキー
2001年 Whisky Magazine 「BEST OF THE BEST 2001」 シングルカスク余市 10年   最高得点賞獲得

他にもシングルモルト宮城峡、ピュアモルトウイスキー竹鶴も同様の賞を受けています。

軽井沢関連

受賞年 品評会名 銘柄 受賞
2001年   IWSC   軽井沢12年 ワールドワイドウイスキー部門で金賞  
  IWSC   軽井沢15年・17年・ 21年 ワールドワイドウイスキー部門で銀賞
2002年   IWSC 軽井沢マスターズ・ブレンド10年 ワールドワイドウイスキー部門で金賞
  IWSC 軽井沢12年、17年 ワールドワイドウイスキー部門で銀賞
2004年 ISC 軽井沢シングルモルト17年 金賞
  ISC 軽井沢シングルモルト15年 金賞

他にも秩父に拠点をおくベンチャーウイスキー社のイチローズモルトが、英国の専門誌主催の「ワールド・ウイスキー・アワード(WWA)2018」においてブレンデッドウイスキーリミテッドリリース部門の世界最高賞を受賞しています。その前年にはシングルカスクシングルモルト部門で受賞しているので、2年連続となります。

※WWA ワールド・ウイスキー・アワード
※ISC インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ
※IWSC インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション
※SWSC サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション

想定外(想定以上)の原酒不足

このような評価が高まる以前、日本のウイスキー売上げは思わしくありませんでした。特に1980年から90年代後半にかけては“ウイスキーが売れない”不遇の時代と言われたほどでした。 その打開策としてサントリーが提唱したのが“ハイボール”の普及でした。スタイリッシュなコマーシャルの影響もありブームは一気に加速、売り上げもV字回復に転じるようになりました。

しかし皮肉にもこのハイボール人気が想定外の原酒不足を生みだすことになっていきます。原酒不足は高い評価を得た銘柄でさえ製造休止また終売という事態を招きます。高い評価を獲得したことで需要が高まってきたのですが、原酒が充分に確保出来ないという事態に陥ります。

ウイスキー作りには時間がかかります。製造規制・数量規制・販売規制に踏み切るしかありませんでした。世界的な評価が高まり需要が高まるものの十分な供給が出来ない。需要と供給のアンバランスは買い手市場となり、高値に向います。“山崎”や“余市”といった銘柄だけでなく、ジャパニーズウイスキー全体に世界の注目が集まるようになっていきました。

不遇の時代を乗り越えることが出来ずに製造休止した“軽井沢”、そもそも生産量の少ない“イチローズモルト”のような銘柄。いずれも古い製品ほど人気が高く、高値で取引されるようになっています。

高値で取引されている代表銘柄5選

ジャパニーズウイスキーはアジア圏で絶大な人気を誇っています。中国や韓国・シンガポールだけでなく新興国でも富裕層を中心に人気が広がっています。また最近ではヨーロッパでの人気も上昇中です。特に人気があり、高値で取引されている代表銘柄をピックアップしてみました。

サントリー山崎50年

2005年5月に一本100万円、50本限定発売しますが翌日には完売したという異常な人気です。再発を希望する声に応え、2007年9月に50本を限定発売します。しかし、こちらは当日のうちに完売。さらに2011年12月に150本限定発売するも、やはり翌日には完売という状態です。現在の流通価格は“ask”状態です。よって買取価格も“要相談”という表示が目立ちます。

先般1964年産の原酒“山崎55年”が限定販売(インターネットによる抽選)され話題になりました。オリンピックイヤーということもあり、今後高値が予想されます。価格は300万円(税別)です。

サントリー響30年

サントリーが創業90周年を記念して1989年販売したブレンデッドウイスキーです。味わいだけでなく香りに重点を置いた、これまでにないブレンドウイスキーとして評価され、海外の品評会でも多くの賞をいただいています。なかでも「響30年」は中国や香港などアジア圏で人気が高く、高値で取引されています。希望小売価格は約12万円ですが、買取価格は“要相談”。30万円前後が相場のようです。

ニッカウイスキー 余市20年

NHK“まっさん”でも描かれた北海道余市蒸溜場は、創業者である竹鶴の思いが込められた工場です。竹鶴が修行したスコットランドの伝統的製法を採用することで、もっともスコッチに近いウイスキーが出来ると言われています。発売当初は2万円を切る価格設定でした。しかし原酒不足の影響から既に終売しています。年々評価が高まっていて、20万円以上というのが相場です。また限定品も発売されていて、こちらは100万円の価格がつく場合があります。

軽井沢

「軽井沢」ブランドは、軽井沢蒸溜所で製造されていた“幻”のウイスキーです。経営が安定せず、三楽オーシャンやキリンなどが事業継承するものの2000年にウイスキーの製造を終了し、2012年には工場も閉鎖しました。醸造中の原酒が樽詰めのまま転売され、その後ボトリングされるとジャパニーズウイスキー人気もあり価格が急騰しています。

ワールド・ウイスキー・アワードでも高く評価され、香港オークションなどでは高値で取引されるようになっています。こちらも具体的な価格表記はあまり見かけません。“ask”状態が多いようです。なおこの蒸溜所で最後のモルト・マスターを勤めた人物が、その後ベンチャーウイスキー(後述)のチーフ・ディスティラーを務めています。

イチローズモルト

ベンチャーウイスキー社は2004年9月に起業し2007年から蒸溜所を稼働させた、新しいウイスキーブランドです。しかし2012年以降、海外の品評会で上位にランクインすると、異常なほどの高値で取引されるようになりました。原材料を吟味しています。さらに蒸溜器(ポッドスチル)をスコットランドから取り寄せるなど、設備も充実させるようにしています。それが現在の評価につながっているのかも知れません。マーケティングにも長けていて、少量を限定発売するなど細かい販売戦略も功を奏しています。

買取り情報の多いジャパニーズウイスキー

各店舗でそれぞれ買取実績(価格)を紹介していますが、比較しやすいように銘柄を選定することにました。それぞれの特徴を整理してみました。

サントリーシングルモルトウイスキー 山崎

サントリー山崎蒸溜所で作られる日本を代表する、シングルモルトウイスキーです。 1984年に販売を開始。現在のラインナップは25年、18年、12年、そしてノンエイジタイプの4種類です。他にも蒸溜所限定、数量限定など様々なシリーズがリリースされています。すでに終売になったタイトルもあり、いずれも高値で取引されています。

サントリーシングルモルトウイスキー 白州

サントリー白州蒸溜所で作られるシングルモルトウイスキーです。 1994年に白州12年を販売開始。この商品は上記の通り高い評価をうけますが、原酒不足により2018年出荷休止(実質の終売)となっています。 現在のラインナップは25年、18年、そしてノンエイジタイプの3種類です。山崎同様蒸溜所限定、数量限定など様々なシリーズがあります。山崎とは違う個性が評価され、高値で取引されています。

サントリーブレンデッドウイスキー 響

前述のとおり、1989年サントリー創業90周年を記念し最高峰の国産ブレンデッドウイスキーとして「響17年」を発売開始しました。長熟成モルト原酒30種以上、長熟成グレーン原酒数種をブレンドしています。 年次表記のある「響12年」「同17年」「同21年」「同30年」と年次のない「響ジャパニーズハーモニー」「響ブレンダーズチョイス」がありましたが、現在は「同21年」「同30年」と「響ジャパニーズハーモニー」というラインナップだけになっています。

ニッカシングルモルトウイスキー 余市

ニッカウヰスキー余市蒸溜所の「石炭直火蒸溜」で作られる、香り豊かなシングルモルトです。1989年に販売開始されました2015年までは酒齢20年・15年・12年・10年が、また単一の樽から取り出したシングルカスクウイスキー「シングルカスク 余市」が存在していましたが、いずれも終売しています。現在はノンエイジタイプだけです。

ニッカシングルモルトウイスキー 宮城峡

1989年(平成元年)仙台工場(宮城峡蒸溜所)の操業20周年を記念して誕生したニッカ第二のシングルモルトウイスキーです。 2003年には酒齢10年、12年、15年の3種で発売スタートし、北海道余市蒸溜所野シングルモルト余市と並ぶ、高級ブランドウイスキーとして位置づけられています。余市同様シングルカスクなども存在しましたがいずれも終売。現在はノンエイジタイプのみです。

ニッカピュアモルトウイスキー 竹鶴

ピュアモルトは複数のモルト原酒を混和(ヴァッティング)させる方法で、モルト原酒とグレーン原酒を調合するブレンデッドウイスキーとは違うものです。 “モルトの深いコクと味わい”、そして、“やわらかな飲みやすさ”。相反するふたつの魅力を実現させるために、余市モルトの“力強さ”と美しい森と清流に囲まれた宮城峡モルトの“やわらかで華やかな”をヴァッティングすることに至りました。

2000年「竹鶴12年ピュアモルト」が誕生、2001年には「竹鶴17年ピュアモルト」その後「竹鶴21年ピュアモルト」「竹鶴25年ピュアモルト」が発表され、ノンエイジタイプの「竹鶴ピュアモルト」を加えたラインナップになりました。「竹鶴21年ピュアモルト」「竹鶴25年ピュアモルト」は伊勢志摩サミットで提供されした。しかし年次表記のある商品の製造休止が報道され、2020年からノンエイジタイプだけという状態です。

軽井沢/イチローズモルト

こちらのブランドの特徴については前の記述を参考にしてください。生産量・流通量が少ないこともあり、銘柄ごとに特徴や経歴を絞り込むことが困難でした。

買取店別買取価格

川崎エリアまた近郊で人気の高いお酒買取店を紹介します。多くが買取エリアを全国規模としているため、必ずしも川崎また近郊に店舗を構えていません。 川崎に店舗がない買取店。川崎に本店を置く買取店。川崎に支店を置く買取店。それぞれをピックアップしてしています。

お酒買取リンクサス 

https://linxas.shop

お酒買取専門店リンクサスは横浜に本店を置く、 本店が横浜にあるため、川崎はじめとする神奈川県内からの問い合わせにも対応しています。 ウイスキーやブランデー、ワインの他、中国・アジア圏のお酒など守備範囲の広い買取に対応しています。

コストカットに努め、また独自の販売網を持っていることなどから高価買取には絶対の自信をもています。他店の価格に納得がいかない場合は相談してください。スタッフが親身に対応してくれます。買取方法は宅配買取、出張買取、店頭買取の3通りですが、LINE査定を利用するとスピーディな取引が可能です。

買取実績(一部)は以下の通りです。

山崎50年 要相談
山崎35年  要相談
山崎25年 650,000円
山崎18年シングルモルト 70,000円
山崎12年シングルモルト 15,000円
白州25年シングルモルト 280,000円
白州18年シングルモルト    42,000円
サントリーウイスキー白州 250,000円
白州12年シングルモルト 20,000円
響30年 320,000円
響21年 50,000円
響17年 30,000円
響12年 18,000円
余市20年 120,000円
余市 1984 20年貯蔵 シングルモルト 880,000円
余市15年 50,000円
余市12年 30,000円
余市 1987 20年貯蔵 シングルモルト 280,000円
宮城峡15年 35,000円
宮城峡12年 20,000円
宮城峡10年 15,000円
竹鶴35年 400,000円
竹鶴25年 120,000円
竹鶴21年 30,000円
軽井沢21年シングルモルト 200,000円
軽井沢ASAMA 100,000円
イチローズモルト エース・オブ・スペーズ 要相談
イチローズモルトシングルカスク2000 70,000円
イチローズモルト クイーン・オブ・ダイアモンズ 800.000円

ファイブニーズ 

ファイブニーズは東京錦糸町に本店があるお酒買取専門店です。北海道から東北、関東エリアから九州まで店舗展開をし、川崎に店舗はありませんが横浜鶴見店があります。

〒221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-22-4第7浅川ビル 2F-A
電話番号:045-317-4522
最寄駅:JR横浜駅 北西口 徒歩2分
みなとみらい 横浜駅 北西口 徒歩2分
京急本線 横浜駅 北西口 徒歩2分
東急東横線 横浜駅 北西口 徒歩2分

法人や酒類販売店など業者向け買取店として営業してきましたが、個人からの依頼にも応えるようになりました。高値買取の理由は、全国規模でホテル、レストランなどの飲食店からコレクターまでパイプ売り先を確保しているからです。またスタッフが元バーテンダーや調理師、現役ソムリエ資格所持者など、お酒の専門家が多く在籍しるのも特徴です。店舗買取の際は上記フリーダイヤルで事前連絡してください。出張が多い店舗のため必ず電話してから訪ねてください。

銘柄 最高買取価格 平均買取価格
サントリーシングルモルトウイスキー 山崎 13,000,000円 11,500円
サントリーシングルモルトウイスキー 白州 450,000円 5,600円
サントリーブレンデッドウイスキー 響 910,000円 30,000円
ニッカウイスキーシングルモルト 余市 800,000円 3,000円
ニッカウヰスキーシングルモルト 宮城峡 291,000円 2,200円
ニッカピュアモルトウイスキー 竹鶴 350,000円 12,000円
軽井沢 500,000円 70,000円
イチローズモルト 1,110,000円

なんぼや

タレントの“関根勤さん”がイメージキャラクターを務めるブランド品買取店としても有名な“なんぼや”はお酒買取にも対応しています。全国に70店舗を構え、きめ細かなサービスで顧客を獲得しています。店舗買取の他、ネット経由、電話での相談にも対応しています。神奈川エリアには5店舗あるので、気軽に相談できるのが人気の理由でしょう。2点以上の買取希望の場合、金額がアップするサービスがあるので利用するといいでしょう。

川崎店及び横浜店含め5店舗を展開しています。

川崎店
〒210-0007 神奈川県川崎市川崎区駅前本町3-6 ホリウチ第一ビル 2F
横浜店
〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸(みなみさいわい)2-18-3

響30年 150,000円
山崎12年ピュアモルト 8.000円

大黒屋

同じ古物商であり、一部取扱い品も被るので“質”大黒屋と混同されますが。こちらで紹介する“大黒屋”は打ち出の小づちがトレードマークになっているほうの“大黒屋”です。ブランド品や金券など多種多様な買取業を営み、店舗数は“220店舗”、取扱い点数は年間150万アイテムと言うスケール感が魅力です。

専門の査定スタッフが適正かつ丁寧な対応をし、独自の販売網をもっているので高額査定が可能だという記述があります。お酒の買取情報も豊富で、レアなものやコレクターズアイテム的なものから日常使い出来るお酒までの情報が充実しています。神奈川県では“大黒屋ブランド館 川崎店”含む4店舗でお酒買取を実施中です。

大黒屋ブランド館 川崎店
神奈川県川崎市川崎区砂子2-3-12 第40東京ビル1F
電話番号:044-223-1561  

山崎25年 630,000円
山崎18年ピュアモルト 82,500円
山崎18年シングルモルト 62,000円
山崎12年ピュアモルト 30,000円
山崎12年シングルモルト 11,000円
白州25年シングルモルト 270,000円
白州18年シングルモルト    40,000円
白州12年ピュアモルト 20,000円
白州12年シングルモルト 18,000円
響30年 300,000円
響21年 45,000円
響17年 30,000円
響12年旧ラベル 18,000円
響12年 16,000円
余市20年 120,000円
余市15年 50,000円
余市12年 30,000円
余市10年シングルカスク 4~60,000円 ※年代によって変動
宮城峡15年 33,000円
宮城峡12年 18,000円
宮城峡10年 15,000円
宮城峡25年シングルカスク500ml 125,000円 20年も同価格
竹鶴35年 320,000円
竹鶴25年 100,000円
竹鶴21年 25,000円
軽井沢21年シングルモルト 200,000円
軽井沢12年シングルモルト 25,000円
軽井沢ASAMA 90,000円
イチローズモルトダブルシングルモルト 60,000円
イチローズモルトシングルカスク2000 70,000円
イチローズモルトジャパンブレンデッド 12.000円

リカージョイ

LIQUORJOY(リカージョイ)は横浜に本社を置く、お酒の買取専門店です。専門店だけあって、種類、銘柄を問わずさまざまなお酒を買取しています。サイトの使い勝手専が良く、査定も簡単です。専用のフォームから商品の情報や写真を送るだけです。往復の送料や手数料、キャンセル料なども無料。

中国にも拠点があり、海外オークションなど販路が充実しているので高価買取が期待できます。銘柄別の買取価格は掲出されていませんが、最高買買取額と平均買取額を参考にしてください。※最高額は限定品だと推測されます。

銘柄 最高買取価格 平均買取価格
サントリー山崎 5,500,000円 65,000円
サントリー白州 255,000円 26,000円
サントリー響 2,600,000円 53,000円
ニッカ余市 370,000円 52,500円
ニッカ宮城峡  350,000円  290,000円
ニッカ竹鶴 100,000円 18,000円
軽井沢 2,800,000円 320,000円
イチローズモルト 650,000円 200,000円

ライフバケーション

お酒の買取専門店で、本社は神奈川県横浜です。店頭買取は横浜、世田谷、千代田区、静岡県、栃木県にある各店舗で行い、店舗のないエリアには郵送買取、出張買取で対応しています。サイトによるとブランデー・ウイスキーなどは長期保存が可能なので、状態が良ければ100年経過していても買取してくれるそうです。店舗スタッフが相談にのってくれるので、メールまたはSNSを利用して問い合わせしてください。

山崎25年 250,000円~600,000円
山崎シングルモルト1984 500,000円~1,000,000円
山崎 ヴィンテージモルト 80,000円~300,000円
山崎 シェリーバット 15,000円~25,000円
白州 横浜開港記念  30,000~50,000円
響30年 150,000円~340,000円
竹鶴25年  40,000円~80,000円
竹鶴35年  200,000円~300,000円
軽井沢 12年  15,000円~50,000円
軽井沢シングルカスク10年   50,000円~80,000円
イチローズモルト ザ ゲーム 羽生 ジョーカー  10,000円~15,000円
イチローズモルト ファイブオブダイヤモンド  15,000円~20,000円

ブランド風月

神奈川県を中心に、東京やさいたまで駅から徒歩3分圏内にお店を持つ「ブランド風月」は、ブランド品、時計、宝石、金・プラチナなどが有名ですが、お酒の買取強化をしています。ブランデー・ウィスキー・シャンパン・ワインを中心に銘柄問わず高価買取してくれます。1点からでも買取可能で、化粧箱などの付属品があれば買取価格はアップします。さらにまとめ売りキャンペーンを活用すればさらにアップする可能性があります。

売り手目線を大切にする信頼できる業者だと評判です。神奈川県内では平塚と相模原市に店舗があります。

平塚店
電話番号 / 046-320-8513
神奈川県平塚市明石町1-33 柏木ビル2F
JR平塚駅北口より徒歩2分!市民窓口センター2階

橋本駅前店
電話番号 /042-770-0705
神奈川県相模原市緑区橋本3-29-6 橋本センタービル3F
JR橋本駅徒歩 5 分圏内

商品名 買取価格
山崎シェリーカスク2011 80,000円 ※A品
響21年 スペシャルボトルコレクション 2014 有田焼 25,000円 ※B品
ニッカ ポットスティル 余市 キングスランド 15,000円 ※A品

ジョイラボ 

ジョイラボは北海道・東京・関西・九州に店舗を構えるお酒買取専門店として有名です。携帯買取や日用品買取に対応する関連会社(店舗)も展開していているので、広いネットワークが高価買取につながっているようです。特に中国との太いパイプを持ってして、中国を経由したアジア市場にも商品を流通させています。買い取る種類、銘柄に制限はありませんが、ワインに関する情報が多く見受けられます。もちろんジャパニーズウイスキーも取り扱っています。

山崎ノンエイジ 6,000円
山崎12年 13,000円
山崎1 8年 59,000円
白州 ノンエイジ 5,000円
白州 12年 18,000円
白州 18年 40,000円
白州 25年 箱付 281,000円
響ブレンダーズチョイス 7,000円
響ジャパニーズハーモニー 6,000円
響17年 30,000円
響21年 44,000円
宮城峡 ノンエイジ 2,500円
余市 ノンエイジ 3,000円
竹鶴 ノンエイジ 2,000円
竹鶴 17年 13,000円

レッドバッカス

お酒買取レッドバッカスは岡山が本店ですが、 神奈川/川崎 でも高い人気を誇っています。千葉と京都に配送センターを置き全国規模の買取に対応していることが理由です。明治創業という酒類販売業がバックボーンで、その専門性を生かしてお酒の買取・リセール業にも進出しました。店舗数が少ないのでネット査定・買取が充実しています。

相談から見積もり、買取・送金までのスピードが迅速であると一気に評判になりました。そもそも酒類販売業なので、広いネットワークがあります。また店舗展開にかかる費用を抑えたことが高価買取の理由にもなっています。

山崎50年2005年リリース 初回版1,300万~
山崎50年2007年リリース 1,100万円~
山崎50年2011年リリース 800万円~
山崎35年  300万円~
竹鶴17年  12,000円
竹鶴21年  18,000円

 その他白州、余市、軽井沢、イチローズモルトも高価買取中です。

キングラムリカー(ブランドリサイクルショップ キングラム) 

北海道から九州まで全国で80数店舗を展開する“ブランドリサイクルショップ キングラム”がお酒買取に進出しています。最近“キングラムリカー”というサイトをオープンして、お酒買取を積極的に進めています。

イメージキャラクターはタレントの“石田純一さん”。ブランド品の買取を中心に金プラチナ、骨董品まで幅広く対応してくれます。神奈川では武蔵新城店に店舗がありますが店舗買取は対応していません。大阪店のみです。以外はネット利用が便利です。

武蔵新城店
〒211-0045神奈川県川崎市中原区上新城2-3-12
TEL/0120-728-050(044-872-8580)

山崎18年 57,000円
山崎25年 完品 550,000円
白州 5,000 円
白州12年 14,000 円
白州18年 38,000 円
白州25年 完品 300,000 円
キングスランド 1,500 円
スーパーニッカ 現行 800 円
スーパーニッカ 旧ボトル 1,000 円
竹鶴 2,000 円
竹鶴12年 8,000 円
竹鶴17年 10,000 円
竹鶴21年 20,000 円
余市 2,500 円
余市10年 20,000 円
余市12年 25,000 円
余市15年 50,000 円
宮城峡 2,500 円
宮城峡10年 15,000 円
宮城峡12年 23,000 円
宮城峡15年 35,000 円
ニッカ フォーチュン 3,000 円
ブレンドオブニッカ 2,000 円

お酒買取専門店 ENSRU【エンスル】

神奈川県高津区に拠点を置き、神奈川県内はもちろん東京や静岡方面まで出張買取を行っています。川崎からの問い合わせも多いそうです。店舗の規模は大きくありませんが、小回りの利く地元密着型の買取店です。親切なスタッフの評判も高く、懇意になるほど高値査定が期待できます。2点以上の買取ならば“増額”、約束していただきました。ジャパニーズウイスキーの買取情報は少なくて、スコッチやコニャックが得意のようです。

〒213-0026 神奈川県川崎市高津区久末1188-11
電話番号:0120-413-506

ニッカ 樽出しウイスキー原酒 ~8,000円

お酒高価買取専門店 リカスタ

リカスタでは、お酒買取専門店です。大阪が本店ですが、神奈川からの取り合わせが増えています。お客様からお売りいただいたお酒は、飲食店やコレクターなどに直接販売しています。詳しくはお伝え出来ませんが独自ルートがあり、販売やインターネットオークションへの出展を通じて直接お届けしています。つまり流通コストを低く抑えることが可能なのです。以前”ヘネシーXO金キャップ”を買い取った際、他店より15,000円高く査定させていただき、大変喜ばれました。

サントリー 響 30年 箱付き  310,000円
サントリー 響 21年 箱付き  44,000円
サントリー 響 ブレンダーズチョイス 6,500円
サントリー 山崎 25年 箱付き 610,000円
サントリー 山崎 18年 箱付き 60,000円
サントリー 山崎 12年 13,000円

ジュエルカフェ

ジュエルカフェは日本全国に直営店200店舗以上を展開する最大級の買取専門店です。店舗が大手ショッピングセンター内や好立地にあるため、多くのお客様から利用されています。ワイン、ブランデー、シャンパン、ウイスキー、中国酒など詳しい専門スタッフが全店に配置されているので迅速な査定が可能です。

またジュエルカフェは海外4カ国に展開しているグローバル企業で、ワールドワイドな流通網を持っています。そのため、その時もっとも高い金額で流通する市場を見定めることが可能なのです。関東エリアに50店舗以上展開し、中でも神奈川は東京よりも多く25店舗で全県をカバーしていて川崎店も好調営業中です。

クロスガーデン川崎店
〒212-0054  神奈川県川崎市幸区小倉5-19-23 クロスガーデン川崎1F
電話番号:044-580-6602

ピュアモルトウイスキー 竹鶴35年 230,000円

お酒買取専門店 バッカス

http://osake.cyubo-king.com/

運営会社の”株式会社SENNA”は横浜に拠点を置き、様々なカテゴリィの買取事業を展開しています。対象は全国ですが、横浜を中心に川崎、横須賀・相模原など神奈川県全域、さらに東京を主戦場としてます。お酒買取では専門の鑑定士が対応します。厳しい研修課程に合格した鑑定士が査定価格の理由も伝えるようにしているので、ご納得いただける取引が可能です。ご不明な点があれば何なりと問い合わせてください。

ナンバーワン買取センター
〒223-0056 神奈川県横浜市港北区新吉田町171-1
フリーダイヤル 0120-500-292

トレジャーファクトリー

https://www.treasure-f.com/sp/liquor_sell/?utm_source=toppage&utm_medium=banner&utm_campaign=liquor_sell_shopeachbnr

トレジャーファクトリーは全国に100店舗以上展開する総合リサイクルショップです。お酒だけでなく家具・家電・ブランド品・洋服・スポーツ・アウトドア・楽器・小物・雑貨など様々なジャンルを扱い、それぞれに特価した店舗も運営しています。神奈川県内には18店舗があり、川崎店の情報は以下の通り。

トレジャーファクトリー川崎野川店
〒213-0029 神奈川県川崎市高津区東野川2-2-16
電話番号:044-740-0088
※駐車場有(20台)

高価買取してもらうには

買取業者は買取った商品を転売することで事業が成り立っています。なので高く売れそうな商品ほど、高く買い取ってもらえるということになります。既に終売している、そもそも流通量が少ないものは希少性から高値がつきやすいのですが、一般の商品でも以下のような点に気をつけると高価査定が期待できます。

【必須】汚れは落とす。

ホコリがついていませんか?きれいな商品ほど高値がつきあます。またラベルが剥がれていると減額対象になります。キレイに整えておきましょう。またボトルに傷がないか確認しておきましょう。気になる傷があれば自己申告しましょう。

箱や付属品をチェック。

上の買取価格を見ると分かりますが、 箱があると査定額は確実にアップします。買ったままの状態(入手したままの状態)が理想的です。

未開封が前提です。

未開封であっても、コルクが劣化していて液面が低下している場合があります。古いお酒になるほど保存状態により劣化が見受けられます。状態を確認しておきましょう。

また”知ったかぶり”は禁物です。ネットで知識を深めるのはいいのですが、プロを相手に披露すると心証を損ねます。素人では判断できない事も多いので店舗スタッフとよく相談してください。

まとめ 高価買取が期待できる3店舗

お酒買取専門店 リンクサス

横浜に本店を置くお酒買取専門店です。福岡に店舗はありませんが、ネットを通じて全国のお客さまとの取引に応じています。価格はもちろんんですが、丁寧な接客が好評で利用された方からの紹介が多いそうです。他店で査定した価格をお知らせすると、それ以上の価格を得ることが出来るはずです。気軽に相談してみてください。

キングラムリカー(ブランドリサイクルショップ キングラム)

全国展開する”リサイクルショップキングラム”はこれまでもお酒の買取をしていましたが、2020年2月より”キングラムリカー”を新設しました。

開設記念としての特典や高値買取も期待できそうです。サイトを見ると多くの買取価格を掲出するなど、積極的な姿勢が見られます。さっそく相談してみましょう。

お酒買取専門店 ENSRU【エンスル】

なんと言っても神奈川県高津区に拠点を置く、地元密着型の買取店です。ネットや電話での相談では伝えられない細かい要望などを直接交渉することが出来ます。ぜひ店舗での買取をお勧めします。

買取強化商品

買取強化商品
山崎
買取強化商品
買取強化商品
白州
買取強化商品
竹鶴
買取強化商品
余市
買取強化商品
軽井沢
買取強化商品
イチローズモルト
買取強化商品
マッカラン
買取強化商品
ボウモア
買取強化商品
十四代
買取強化商品
森伊蔵
買取強化商品
レミーマルタン
買取強化商品
ヘネシー
買取強化商品
カミュー
買取強化商品
ロマネコンティ
買取強化商品
ドンペリ
買取強化商品
アルマンド
買取強化商品
アードベッグ
買取強化商品
スプリングバンク
買取強化商品
マーテル
買取強化商品
サロン
買取強化商品
ルイロデレール
買取強化商品
クリュッグ
«