お酒を高く売るなら高価買取のリンクサス。

お酒買取専門店・高価買い取りならリンクサス

お酒買取専門店・高価買い取り
ならリンクサス

お酒買取、高額査定・安心・スピードならお任せ!

営業時間 11:00~19:00

2019/9/03

茅台の豆知識

2019年の春節は2月5日!マオタイ酒の需要アップ!?

大切な日や記念日に飲まれるマオタイ酒がどんなお酒なのか、新春で飲まれることが増えるマオタイ酒の高価買取について解説します。

マオタイ酒の需要が増える春節に向けての高価買取と、マオタイ酒の歴史についてふれていきます。

貴州茅台酒とは、どのようなお酒でどういったときに飲まれるお酒でしょうか。需要と、高価買取についてマオタイ酒は、高級白酒の一つとして中国国内はもとより世界的にも人気のお酒です。そんなマオタイ酒は、製造方法が一般的な白酒と比べて特殊なため、販売数が少なく貴重なため、世界中で高価買取がおこなわれ、中古市場で大変人気でもあります。

 ■マオタイ酒の歴史

マオタイ酒は製造がはじまってから400年以上が経つ、非常に歴史の長いお酒です。

いずれにせよ長い歴史のあるマオタイ酒は、万博博覧会において金賞を受賞し、国を代表するお酒となりました。さらにこの受賞により、世界中にもその名が知れ渡ります。これにより、中国国内ではもともと人気であったものが世界中へと広がります。

 ■高価買取

上記で記した通り、マオタイ酒は時別な日に飲まれるお酒です。これから迎える春節では、マオタイ酒が飲まれる絶好の日となります。

そんな春節は、マオタイ酒の需要も高まります。同時に中古市場での需要も増えると予想されます。ということは、高価買取が期待できるのです。

 ■まとめ

マオタイ酒の需要が高まる春節に向けて、お持ちのマオタイ酒を高価買取しておらうのもいいでしょう。

若者に人気急上昇のマオタイ酒が英国へ進出へ

中国国内で若者の間で人気が高まっているマオタイ酒が、英国に進出した背景と、高価買取について解説します。

中国の若者の間で人気が上がっているマオタイ酒の海外進出と高価買取について解説します。

今、中国の若者たちの間でマオタイ酒が人気なのをご存じでしょうか。これは、マオタイ酒をカクテルとして飲むという現代に合った飲み方で人気となりました。

マオタイ酒は、今まで特別な日に飲まれる特別なお酒として、年配を中心に飲まれてきたお酒でした。

それが、飲み方を変え敷居を低くしたことで若者へ浸透し、人気が再燃したのです。このように、今マオタイ酒の勢いは盛り返しているところです。

■勢いそのままに英国進出へ

マオタイ酒集団は、ロンドンで英国ワイン蒸留酒貿易協会と提携を結びました。これは、欧州への幅広い展開をおこなうための足がかりとして英国への進出をおこなうというものでした。

これは、それぞれの思惑がある中でおこなわれた提携ですが、マオタイ酒は英国向けのマオタイ酒を開発するなど力を入れています。

この計画が成功すると、現在でも人気の高いマオタイ酒が、さらに人気が高まることでしょう。

■高価買取

英国への進出、成功ののちに欧州への幅広い展開は、中古市場の需要も上がり、買取は高価買取が期待できるでしょう。

人気が上がることは需要があがることになり、買取価格も高価買取となってくるからです。

■まとめ

マオタイ酒の欧州進出は、高価買取への期待が高まるものです。世界中でさらなる人気となる足がかりとなるでしょう。そして、保有するマオ

大衆消費にシフトチェンジのマオタイ酒値上げされた1年

2018年から前年度より価格が値上げされたマオタイ酒と高価買取について解説します。

 

大衆消費へシフトチェンジしたマオタイ酒が、値上げした1年となった2018年は、需要を含めどのようになったでしょうか。高価買取と合わせて解説します。

 マオタイ酒は、特別な日の特別な席でふるまわれるお酒でした。これはいまでもかわりません。しかし、習近平氏が国家主席となり反腐敗運動を強化したことで、接待の席が激減し、マオタイ酒が消費される頻度が激減しました。

これにより、マオタイ酒は販売価格を下げざるをえませんでした。しかし、この価格を下げたことで大衆消費が高まり、図らずとも消費量が増え大衆消費のお酒へシフトチェンジしました。

■大衆消費の値段の引き上げ

この一度価格を下げたことで獲得した消費者は、価格を数%上げても購入すると見込んだマオタイ酒集団が、2018年は価格を平均で18%引き上げて販売をおこないました。

この結果はまだでていません。しかし、若者や一般市民へも浸透したことにより消費者数が激増したことは間違いありません。

■高価買取

中古市場でのマオタイ酒の需要は、安定して高い状態を保ってます。これは、特に古酒となったマオタイ酒を欲しいという需要が多いからです。

この需要の多くは、中国国内からの買戻しといわれています。自宅などに古いマオタイ酒があったら、それは高価買取のチャンスです。

■まとめ

マオタイ酒の値上げによる1年間の売上の結果はまだ出ていませんが、需要が多く購入者が多いのは事実です。高価買取に関しては、古酒が特に人気があり高価買取される傾向にあることから、自宅保管されている方は一度査定に出してみるのが良いでしょう。

マオタイ酒は日本に行って購入?!

中国国内で人気の高い中国を代表するお酒のマオタイ酒が、日本で中国の観光客が購入している理由と高価買取について解説します。

日本で販売されているマオタイ酒を中国からの観光客が購入している現状を知っていますか?この状況と日本での高価買取についてわかりやすく解説します。

 

マオタイ酒は、中国を代表するお酒の国酒となっています。このお酒は、世界中で販売されていますが、中古市場でも人気が高く、その多くが中国国内からの買戻しであるといわれています。

それほど中国国内で人気であるマオタイ酒が、日本で販売されているマオタイ酒を観光で日本に来ている中国の方が購入していくという現象が起きています。

これはなぜでしょうか。じつは、日本の免税店で販売されているマオタイ酒は中国国内価格の半額程度であるというのです。

この安さを中国国内でみると偽物を疑うことになりますが、日本で販売されているものであれば本物であろうという安心感があるというのです。

それほど中国国内では偽物が蔓延しているのです。

■高価買取

これほど中国国内からの需要があるといことは、中古市場でも同様です。つまり、買取は高価買取されやすい傾向にあり、一度査定に持っていく価値があるでしょう。特に、年代の古いものであれば高価買取は確実にされます。

■まとめ

日本で販売されているマオタイ酒は中国からの観光客から需要が多くあり、中古市場も同様です。高価買取が期待されるマオタイ酒は一度査定に出してみましょう。

マオタイ酒の需要が高まる前に確認を!!

マオタイ酒が多く飲まれる旧正月である春節に合わせて、需要が高まり高価買取が期待できる状況を解説します。

 

日本人にはあまりなじみの薄い旧正月は中国国内では特別な日とされています。なぜマオタイ酒が旧正月にあわせて需要が高まるのか解説します。

旧正月とは、日本人の私たちにはあまりなじみがないものです。しかし、中国では特別な日とされています。

そもそも旧正月とは、正月のように毎年新暦11日が元旦というように固定していません。旧暦を新暦に合わせてみると毎年日にちが違うのでう。

では、今年は何月何日が旧正月でしょうか。今年は、25日が旧正月となります。ちなみに昨年2018年の旧正月は216日でした。昨年と比較しても毎年旧正月に日にちが違うのがわかります

では、なぜこの旧正月にマオタイ酒の需要が高まり高価買取が期待できるのでしょうか。まぜならば、マオタイ酒は中国の国を代表するお酒とされているからです。

中国を代表するお酒は特別なお酒とされており、特別な日に飲まれるとされているのです。中国人にとって、旧正月はもっとも大切な祝日なのです。理由ははっきりしていませんが、アジアでは旧暦が一般的であった歴史があり、今でもこの旧暦の正月を大切にしているのが中国なのです。

このように、もっとも大切な祝日を特別なお酒で祝うというのが一般的である中国では、マオタイ酒の需要が高まるのは必然でしょう。

そしてマオタイ酒は生産量が多くありません。そのため、需要と供給が一致しません。そうなると、中古市場からの購入や、より高価な古酒となったマオタイ酒を中古市場から購入する動きが出てきます。

この需要にあわせて買取の高価買取が期待できるというわけです。

■まとめ

マオタイ酒は、旧正月にあわせて需要が高まる高価買取が期待できます。中古市場では、特に古酒となった希少なマオタイ酒の需要が高く、大切な旧正月を特別なお酒で祝おうということが見て取れます。

高価買取を狙うなら、旧正月に合わせて今の時期に買取をしてもらうことは高価買取がもっとも期待できる時期といえるでしょう。

古酒に注目!!マオタイ酒

マオタイ酒の中でも特に高価買取が期待できる古酒のマオタイ酒について解説します。

マオタイ酒は、高価買取されやすいお酒の一つです。このマオタイ酒の中でも特に高価買取が期待できる古酒について解説します。

 

ブランデーや、ワインなどの蒸留酒は、古酒となれば価値が上がるのはみなさんもご存じのはずです。マオタイ酒も蒸留酒の一つであり、古酒となれば他のお酒同様価値はあがり、高価買取される傾向にあります。

このお酒の歴史は古く、300年以上とも400年以上とも言われる歴史を持ちます。そんなマオタイ酒の中でも特に高価買取が期待できる古酒を紹介します。

1つ目は、サンフラワーという種類です。この種類は数十年以上前に販売されて、終売からも何十年と経過している古酒です。ラベルにひまわりのマークがあるのが特徴です。終売から長期間保管されていることになり、古酒としての価値は高いです。

 

2つ目は、天女です。ラベルに天女のマークがついています。最近販売されているマオタイ酒にもこの天女が付いていますが、とくに高価買取されるのは古い方です。このお酒も希少性が高いため、高価買取されます。

他にも高価買取される古酒は多くあるのがマオタイ酒です。このお酒はラベルで年代を判別し、古酒を見分けることができます。

しかし、このように古酒であれば高価買取など高価取引されるため、多くの偽物が出回っているのも事実です。

ラベルで年代を判別することから、ラベルの張り替えなどの偽造がおこなわれたり、中身自体にマオタイ酒が入っていないなど悪質な偽物があるため、自己判断できないのがマオタイ酒なのです。そのため、本物であるかどうかも含め査定に出す必要はあるでしょう。

■まとめ

このお酒はラベルごとに年代があり、古酒であれば高価買取が期待できます。しかし、同時に偽物も出回っているのも事実です。自宅にこの古酒が保管されているのを見つけたら、一度査定に出してみましょう。予想以上の高価買取となるかもしれませんよ。

大切な国酒を守れ!マオタイ酒にITのちからを。

マオタイ酒は国酒とされています。このお酒を盗難や、焼失から守るためにTIのちからを利用して守っている現状とそれほどまでに価値のあるマオタイ酒の高価買取について解説します。

マオタイ酒は、希少かつ多くの需要が中国国内であります。このマオタイ酒の人気から盗まれてしまう恐れや、焼失というリスクから守る手段としてIT化が進んでいます。この状況と人気による高価買取について解説します。

マオタイ酒は、世界的に有名な中国の国酒です。特に中国国内での人気は高く、高価取引されています。

 

取引値が高いことから、偽物が多く出回っていますが、その他にも熟成するために保管している保管倉庫から盗み、高値で売買してしまうということもおこっていました。

そのため、マオタイ酒を製造するグループは監視ロボットとドローンによる盗難対策をおこないました。これにより、コストを抑え確実に倉庫の監視がおこなえるため、マオタイ酒の盗品が出回ることがなくなるというものです。

このように、確実に盗品や偽物を減らすことで、マオタイ酒の価値が確立され、おいしい本物のマオタイ酒を世界に販売できるのです。

このように、製造から販売までIT技術を取り入れたマオタイ酒は、価値の確立ができるとともに買取において安心して買取査定にだすことができます。

現在購入したマオタイ酒が、のちに古酒となり高価買取が期待できるようになるでしょう。また、過去の販売された現在古酒となっている希少なマオタイ酒は、偽物が多い為買取の専門家に査定してもらうのがいいでしょう。

■まとめ

マオタイ酒は、現在IT化により一括管理され盗品や偽物対策がおこなわれていいます。これにより、現在販売されているマオタイ酒を安心して購入することができ、のちの買取の際には高価買取が期待できます。

また、現在もっとも高価買取される古酒のマオタイ酒は、偽物対策などされていないため、専門家による査定が必要です。しかし、本物であれば需要は多く高価買取は必須となります。

マオタイ酒の人気に陰り?!高価買取は?

マオタイ酒を製造する会社のグループ株は、20181年間で下落となりました。この背景と、所有するマオタイ酒の高価買取について解説します。

マオタイ酒は中国国内で人気のお酒です。しかし、2018年の株価は年間を通して前年よりも下落しました。この背景はどのようNものがあるでしょうか。そして、中古市場の買取には影響があるか見ていきましょう。

 

マオタイ酒は、中国のお酒で根強い人気があります。しかし、習近平国家主席となってからは需要が落ち込んでいました。

このことから、マオタイ酒を製造するグループは、価格を下げざるをえませんでした。しかし、この価格を下げたことで若者を中心に人気が再上昇し、需要がふえ結果利益があがりました。

そこから2018年は、値上げをおこない販売を開始しましたが、この値上げ率でも購入者は落ちないと見込んでのことでした。事実2018年前半は業績が好調であったこともあり株価も上昇しました。

しかし、1年間の結果からいくと株価は下落し2018年が終了しました。この背景は、投資家たちの白酒全体に対する需要が減少するのではないかという懸念からのものでした。

この株価の下落は、所有するマオタイ酒の高価買取に影響するでしょうか。現在所有しているマオタイ酒を買取査定に出す場合、その種類の需要が大きく左右します。特に、古酒となるマオタイ酒であれば、需要は常にあり、中古市場で高値取引されています。

そのため、高価買取に株価の影響はないです。高価買取に影響する状況は、同じ品が多く出回り、買いやすい状況になると買取額が下がる傾向にあります。

■まとめ

マオタイ酒の株価は、今後の需要減少が予想されることから下落しています。しかし、この状況は高価買取には影響しないため、安心して買取査定に出せます。自宅に眠っているマオタイ酒を高価買取してもらい、年末年始の散財を取り返すのもいいでし

マオタイ酒 サンフラワーは何で高価買取される?

マオタイ酒のサンフラワーという種類のお酒がどのようなお酒で、なぜ高価買取をされるのか解説します。

マオタイ酒にはいくつもの種類があります。その中で、サンフラワーという種類は特に高価買取されるお酒です。ではなぜ高価買取されるのでしょうか。このお酒の特徴と合わせて解説します。

みなさん、マオタイ酒を飲んだことがありますか?残念ながら筆者は口にしたことがありません。ワインやブランデー、ウォッカといった海外のお酒はよく口にしますが、中国を代表するマオタイ酒は一度も味わったことがありません。

しかし、聞いたことはあるが飲んだことはない、もしくは、見たこともないという方は多いのではないでしょうか。

それもそのはずです。このお酒は非常に貴重かつ生産量も少ない希少酒なのです。さらに世界中でこのお酒の需要が高いため、出回る量がきわめて少ないのです。

では、この貴重なお酒についてみていきましょう。

■マオタイ酒 サンフラワーとは

マオタイ酒 サンフラワーとは、中国の白酒の一つです。しかし、この白酒の製法で使用する原材料の倍以上を使用して贅沢に製造されていたのがマオタイ酒のサンフラワーです。

このお酒の歴史は400年以上あるとされています。しかし、正確な時期の特定はできていません。というのも、清の時代中ごろといわれている始まりですが、これは文献の記述からのもので、製造の痕跡は、清よりも前からあったものが発掘されているのです。

サンフラワーの製造もまたどの時期に製造されたのか明記はありません。しかし、このお酒は約100年前の万博において金賞を受賞したお酒です。その後、マオタイ酒は、国を代表する晩餐の席などでのお酒として世界の首脳に出されました。

この出されたお酒は、すべてサンフラワーです。そのため、サンフラワーの価値は非常に高く高価買取されるなど取引が世界でおこなわれています。

なぜサンフラワーと称されるのかは、ボトルのマークに向日葵の花のマークがついていることから呼ばれています。マオタイ酒の製造年等は、はっきりとわからないため、このマークなどを頼りに製造年を予想する形となります。

サンフラワーは、すでに終売しています。いつ終売したのかはっきりとわかりません。しかし、数十年は終売からたっていることは間違いないとされています。

そのため、希少性は非常に高く、超古酒となっているお酒を手に入れたいという需要が多いです。

■どんな味がする?

高級白酒のマオタイ酒サンフラワーは、アルコール度数が55%で非常に度数が高く、特別芳醇な香りがするのが特徴です。この香りの力強さは、口からなくなったあとも香りが続くというほどの強さです。

このお酒は、中国国内でも特別な日にだされるお酒として重宝されています。しかし、流通が非常に少なく、生産国である中国国内でもなかなか手に入れることができません。

サンフラワーにいたっては、マオタイ酒の中でも特に貴重であり、ほとんど出回らないレア商品です。

■高価買取

サンフラワーは、高価買取商品です。上記で記したように、何十年も前に終売しており、中国国内でも手に入れることが困難な商品です。

そのため中古市場では高価買取されたサンフラワーを高値で出されても、書いてがたくさんいます。そのため、買取は常に高価買取されているのです。

中国国内では、特別な日に飲まれるお酒です。建国記念日などの行事に合わせて買取査定に出してみるのもいかもしれません。

■まとめ

サンフラワーは、100年前の万博で金賞を取ったマオタイ酒です。すでに数十年前には終売している希少なお酒で、需要は常に高く、中古市場での価格は破格の取引をされます。そのため、買取も高価買取となります。

自宅に保管しているのをみつけたら、一度査定に出してみましょう。

マオタイ酒の人気が再燃中!!高価買取のチャンス!?

マオタイ酒が中国国内での人気が再燃している理由と低迷していた理由を解説します。

マオタイ酒の人気は、常に高かったわけではありません。需要の多くは中国国内から海外の中古市場に向いていたことや、国内消費で上がり下がりが起きています。では、今なぜ人気が再燃したのでしょうか。再燃の理由を低迷期と高価買取の解説を合わせて致します。

 

マオタイ酒は、中国の白酒の一種です。このお酒は中国を代表するお酒で、特別な日や、特別な会などの場で飲まれることが多いです。

世界的に見ても人気が高く、中古市場での需要がとてもあるお酒です。特に、中国国内での入手が困難なことから、中古市場から国内への買戻しの動きがあるため需要が高まっている一因となっています。

しかし、最近まで人気が低迷していた事をご存じでしょうか。

■低迷時期

じつは、2012年に周近平氏が国家主席となったことでマオタイ酒が中国国内で人気が低迷するきっかけとなりました。

これは、彼が反腐敗運動なるものを発表したことで、官官接待と呼ばれる接待が激減したことが要因の一つといわれています。

このお酒は、上記で記したように特別な会の場所で出されるお酒です。そのため、接待の場で高級なマオタイ酒を出すことは最高の接待行為の一つでした。

しかし、この取り締まりが厳しくなったことで需要が減ってしまいこれが全体の低迷へとつながりました。

過去に、中国の国家主席が外国の首脳を接待する際に使用され、国内の人気を確立したこともありこのお酒の人気は、政治と切り離せない関係ともいえます。

■人気の再燃

今、このお酒の人気が再燃しています。周近平国家主席が退陣した訳でも、反腐敗運動が終わったわけでもない中でなぜ人気が再燃したのでしょうか。

高い年齢層に人気があったマオタイ酒ですが、若者層への人気はそれほど高くありませんでした。しかし、近年この若者層への人気の高まりから人気が再燃しているのです。

これは、低迷となった時期に価格を約半額までに値を下げて販売したことで若者層や、一般市民にもての届くお酒となったためです。

飲酒層が幅広くなったことで、このお酒の飲酒方法も幅が広がり、カクテル等の飲み物となって若者に提供されるようになりました。低迷期が、逆に客層を広げるかたちとなったのです。

■売り時?

今、マオタイ酒は高価買取のチャンスでしょうか。マオタイ酒の買取は、変わらず高価買取されています。この人気の再燃にあわせて買取価格が高値になるというよりは、マオタイ酒自体の買取価格が常に高価買取となっているのです。

中古市場での需要は常にある状態です。今の人気や不人気に左右されにくいとおもっておくといいでしょう。

では、さらに高価買取される時期はあるのでしょうか。一概にはいえませんが、古酒として状態良く保管しておくことができたなら、中国の建国100年など区切りが良い年の建国記念日に特別なお酒としてふるまわれる可能性があります。

そのため、この建国記念日前に買取査定に出すのもいいかもしれません。しかし、これは、あくまで状態が良い保管状況であった場合など条件がついてくるでしょう。

■まとめ

マオタイ酒の人気は今若者層や一般市民を中心に再燃しています。しかし、買取価格の変動は大きくなく、常に高価買取されるお酒であることを覚えておきましょう。

マオタイ酒の買取は高価買取!

マオタイ酒がなぜ高価買取されるのか、買取時に注意する点を解説します。

マオタイ酒の買取が、高価買取される理由を歴史と製法を紐解きながら解説します。また、買取査定お持ち込む際に注意する点を合わせて説明します。

 

マオタイ酒は、日本国内の流通はあまりありません。主に、日本国内でマオタイ酒を持っている方は、お土産として中国国内で購入したり、お土産としてもらったりといったことでの所持が多いです。

あまり国内での販売はされておらず、マオタイ酒を購入したい方の多くは中古市場の利用をされています。

日本国内での認知度は高くありませんが、知る人ぞ知る高級白酒であり、世界的に人気が高く、高値取引がされるお酒なのです。

では、このお酒の歴史を見ていきましょう。

■マオタイ酒の歴史

このお酒の歴史は古く、400年以上とも500年以上とも言われる長い歴史があります。このお酒の製造が始まったことを記す記述が存在する古文書は清の中期ごろからその記述が見つかっています。

しかし、それよりも前の時代と思われる製造所の痕跡が発見されています。そのため、清の中期よりも前からマオタイ酒は製造されていたともいわれているのです。

■マオタイ酒とはどのようなお酒か

このお酒は蒸留酒に分類されるものです。蒸留酒とは、私たちのなじみがあるものとして、焼酎や泡盛、ウイスキーなどが同じ分類です。

原材料は、穀物や高梁を使用して製造されます。これの原材料はすべて貴州省特産物を使用しています。ここで特徴的なのは、通常白酒で使用する原材料の2倍以上を使用して製造するということ、さらに3回の蒸留をおこなうというこだわりの製法でマオタイ酒は作られています。

このようにこだわりぬいて作られたお酒は、強いアルコール度数と強い香りが特徴のお酒です。この香りは芳醇な香りで、飲み終わった後もなお香りが口の中で感じ続けるほどの強さだといいます。

アルコール度数は55%ほどと高いため、飲んだ瞬間アルコールの強さがガツンときますが、その後はさっぱりとして適量の飲酒は体に良いとまで言われているお酒です。

さらにこのお酒は、国を代表するお酒です。毛沢東時代には、アメリカの大統領との晩餐の席でふるまわれ、日本の首脳では、田中角栄が首相時代に周恩来よりふるまわれたお酒です。

そのため、特別な席で飲まれるお酒として中国国内では広まっています。

■買取について

このお酒は、高価買取必須のお酒です。希少性がとても高く、そもそもの販売数が少ないこともあり、中古市場へ出回る数が少ないです。

さらに終売商品ともなれば、さらに貴重なものとなり高価買取されます。このように高価買取されたり、高値取引を中古市場でおこなわれることが背景にあるため、偽物や中身をすり替えたものが出回っているのも事実です。

そのため、買取の際は、ラベルがはがされていたり、キャップの未開封を示すシールなどの2カ所のはがれ、ラベルやリボン、マークの不一致などがあるとすべて買取不可となる場合があります。

偽物や中身のすり替えが横行しているため、買取査定も厳しく査定されます。さらに、国内向けに作られたマオタイ酒と、お土産用などの国外向けに作られたものでは価値も変わってきます。

■まとめ

マオタイ酒は、高価買取されるお酒です。長い歴史とこだわりの製法により、希少性を持ったお酒だからです。しかし、人気なお酒なため偽物が出回っているということもあり査定は厳しく見る必要があります。

自宅にマオタイ酒が保管されているなら、一度査定に出してみるのもいいでしょう。高価買取となって予想以上の価格となるかもしれませんよ。

マオタイ酒の矮嘴(ウェイズェイ)って知ってる?超レア商品!!

マオタイ酒の中の矮嘴(ウェイズェイ)という種類のお酒はどのようなお酒なのか、買取はどうなのか解説します。

マオタイ酒には年代ごとのさまざまな種類が存在します。そのなかで、矮嘴(ウェイズェイ)という種類のお酒の特徴などを高価買取とあわせて解説します。

みなさんは、マオタイ酒というお酒がどのようなお酒かご存じでしょうか。このお酒は、中国を代表するお酒です。そのため、一般市民も旧正月や建国記念日などの特別な日にこのお酒を飲むとされています。

このお酒は、国を代表するお酒であるため、過去には国政の大切な外交の晩餐会の場で世界の首相へ提供されたこともありました。日本では、田中角栄氏首相時代に訪中し振舞われたお酒です。

このような大切な場面で提供されるお酒の中の矮嘴(ウェイズェイ)とはどのようなお酒でしょうか。

■矮嘴(ウェイズェイ)とは

マオタイ酒の中の矮嘴(ウェイズェイ)というお酒は、1960年代から1980年代に製造されたお酒です。この期間に限定販売されたもので、終売から30年ほど経過している貴重なお酒です。

このお酒は、非常に価値の高いお酒です。高価買取はもちろんのことですが、中古市場からの販売となると一億円以上の値となる破格な価値のお酒なのです。

じつは、最近この矮嘴(ウェイズェイ)が国の外交において使用されました。

 

■矮嘴(ウェイズェイ)は誰に提供された?

このお酒は今年北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に晩餐会において提供されました。上記で記したように、このお酒は一本二千万円以上する高級なお酒です。

これを訪中した金正恩氏一行にふるまわれたのですが、特別な日に飲まれるマオタイ酒の中でもさらに高級な矮嘴を提供するという、それほど重要な外交であったと捉えることができます。

しかし、中国は習近平氏が国家主席となってからこのような高価な接待はおこなわないという厳しい体勢がとられていた中でのこのような高額な晩餐をおこなったことに中国国内は反発が相次いだようです。

 

■矮嘴(ウェイズェイ)の高価買取は?

このお酒は終売から30年ほどたっており、かなりの古酒となります。さらに販売された期間の中で限定販売商品であったことからほとんど出回ることがありません。

万が一自宅に眠っていることがあれば、高価買取は間違いありません。マオタイ酒の中でも特別高価買取されるお酒です。

はっきりいって本当にレア商品です。日本国内でお目にかかれることがあるのかというほど超貴重なものです。そのため、中古市場に出回ることが本当にありません。このお酒のためにいくらはらっても良いという方が世界中にたくさんいるのです。

■まとめ

マオタイ酒の矮嘴(ウェイズェイ)は、高価買取間違いないお酒です。金正恩朝鮮労働党委員長にも提供された国を代表する高級酒として認められてるお酒であり、このお酒を求めている需要は世界中に存在します。

このお酒を見つけたなら、買取査定に出してみてください。高価買取間違いなしで、想像を超えた金額となるはずです。

マオタイ酒はどんなお酒?高価買取される?

マオタイ酒とはどのようなお酒か、高価買取されるお酒なのかを解説します。

マオタイ酒というお酒はどのような特徴や歴史を持ったお酒なのか、買取状況とともに解説します。

みなさんは、お酒には詳しいですか?世界中には、各国で国を代表するお酒があります。日本であれば日本酒、ロシアであればウォッカと有であれば聞いたことがありますし、飲んだことがある方も多いのではないでしょうか。

では、マオタイ酒とはどこのお酒でしょうか。

■マオタイ酒の原産国

マオタイ酒は、中国の国を代表するお酒です。茅台酒と書いて、マオタイ酒と読みます。このお酒は、清の時代から製造が始まったといわれている非常に歴史のあるお酒です。

お酒にあまりなじみがない方は、このお酒を初めて聞いた方もいるのではないでしょうか。しかしこのお酒は中古市場でも人気が高いもので、高価買取・販売で取引されるほどなのです。

■マオタイ酒ってどんなお酒?

マオタイ酒は、貴州省仁懐県茅台鎮というところで生産されていることから産地の名前が品名となったお酒です。この、貴州省仁懐県茅台鎮という場所は、非常に自然が豊かで綺麗な水がある場所です。この場所で生産された高粱と小麦を使い、綺麗な水を使用して作られたのが、マオタイ酒です。

このマオタイ酒の製造は、一般的に蒸留酒の分類です。熟成期間は、3年以上からのものが販売される対象となっています。

この熟成が長いものは、古酒となり価値があるものですので買取もおのずと高価買取となってきます。

■マオタイ酒の歴史

清の時代から400年以上の歴史を持つ蒸留酒ですが、このお酒がサンフランシスコ万博で金賞を受賞したことで国を代表するお酒となっていきます。

受賞後より、国政の外交の中でも使用されるようになります。日本では、田中角栄氏が首相時代に中国を訪問した際のもてなしに出されました。

■マオタイ酒の買取

マオタイ酒は高価買取が期待できるお酒です。しかし、この買取には多くの注意点があり買取不可の場合もありますので気を付ける必要があります。

なぜならば、マオタイ酒の高価買取・販売がされるようになったことで、模造品や偽物が多く出回るようになってしまったからです。

ボトルは本物であっても中身が全く違うものが入っていたり、すべてが模造品であったりと巧妙なものが多く出回っていますので、買取も慎重にならなくてはいけません。

買取査定の際、キャップが完全に開封されている場合は買取ができないことが多く、ボトルやラベル、リボンなどの違いが見られたり、ない場合は偽物の可能性があるため買取ができないことが多いです。

偽物の商品を販売・購入しないために、現在では様々な対策がおこなわれています。しかし、高価買取される古いマオタイ酒の場合は過去のものですので、ラベルや購入時の付属品を大切にとっておくことで高価買取されますので、保管は慎重におこなうようにしましょう。

■まとめ

マオタイ酒は、高価買取が期待できる中国を代表するお酒です。このお酒が高価買取されることから、偽物も多く出回っているので付属品を取ってしまったり開封しない様に注意して保管しましょう。

マオタイ酒 サンフラワーラベルで高価買取を狙え!

マオタイ酒の中のサンフラワーラベルという種類のお酒についてどのようなお酒で高価買取されるのかをマオタイ酒の歴史とともに解説します。

マオタイ酒というお酒はあまりなじみのないお酒ですが、世界的には人気のお酒の一つです。そんなお酒の特徴と買取状況をこのお酒の歴史と合わせて簡単に解説します。

マオタイ酒と聞いてどのようなお酒なのかがすぐにわかる方は、お酒が好きな通な方ではないでしょうか。一般的には、あまりなじみがないのが現状です。

しかし、世界的に見てみると、大変評価が高く人気の高いお酒の一つです。3大蒸留酒の一つとまでいわれています。

 

そんな世界的人気のあるマオタイ酒ですが、歴史はとても長く清の時代から製造されていたという文献が残っているほどです。長い歴史中で、衰退と復活を繰り返しながら守られてきたお酒は、サンフランシスコ万博時に金賞を獲得し名実ともに国を代表するお酒となりました。

これ以降、国政の中で世界の首脳へふるまわれるお酒となります。

■マオタイ酒 サンフラワーラベルはどんなお酒?

マオタイ酒 サンフラワーラベルは、上記で記したサンフランシスコ万国博覧会で金賞を受賞したお酒です。

このお酒は度数が55度と高いお酒です。一口口へ運び飲むとアルコールの高さから一気に熱を感じ体が熱くなります。しかし、飲み終えた後には芳醇で独特なマオタイ酒の香りが残り、しかしクセはなくスッキリとした味わいです。

白い陶器のボトルにお酒が入っており、鮮やかな赤いキャップとラベル、さらにリボンがボトルの首に付き、ボトルにはひまわりの絵が描かれているデザインです。このお酒はなかなかお目にかかることもできない貴重な一品です。そのため、酒の中の真珠と呼ばれる逸品です。

 

■高価買取について

このお酒は、高価買取が期待できます。マオタイ酒の中でも買取価格・販売価格が高い商品です。

このお酒を高価買取してもらうためには、いくつかの条件があります。まず、未開封であることです。開封していなくても、キャップ部分のシールが2カ所とれていたり、キャップの大きな破損がある場合は開封商品ととらえて買取額が減額したり、最悪買取不可となります。

次に、ラベルがはがされていたり、ボトルとラベル、リボンの有無などでも買取価格は減額対象になりますし、最悪買取不可ともなりますので注意しましょう。

なぜ、ここまで買取条件があるのかというと、マオタイ酒の偽物が多くでまわっているからです。国を代表するお酒となり、世界中の人気が高まったことや、中国国内では逆に入手が困難になるほどの貴重なもので高価買取がおこなわれることから偽物を販売する行為が横行したのです。

このような背景があるため、買取の際には細心の注意が必要なのです。そのため、本物であっても、付属品の消失や損傷などを避け保管する必要があります。

■まとめ

マオタイ酒のサンフラワーラベルは、高価買取される貴重なお酒です。歴史あるお酒であることから、人気が高い為偽物が出回っています。買取の際は、付属品を含めボトルの保管には十分注意することで、高価買取へとなります。

古いお酒となりますので、自宅の保管庫に眠っているかもしれません。

貴州茅台酒が希少な訳

マオタイ酒は、希少で高価買取されることが多いお酒です。その理由を解説します。

マオタイ酒は、中国国内では特に人気の高いお酒です。しかし、このお酒は希少とされ高価買取されることが多いです。この理由を簡単に解説します。

 

マオタイ酒が希少な理由は、生産量が少ないことが多きな理由です。さらに、この生産過程で使用される原材料の量も通常の白酒の倍以上を使用し、何度も蒸留を繰り返すなど手間と時間がかかっています。

マオタイ酒は、白酒というお酒の種類に分類されます。このお酒の原材料は、コーリャンというものを主原料としています。このコーリャンを通常の白酒の生産に使用する量の倍以上を使用しているのがマオタイ酒です。

そして、マオタイ酒は通常1回の蒸留を3回もおこない蒸留を繰り返します。このように、生産過程で、多くの材料と時間をかけています。

更に、生産されたマオタイ酒は3年以上寝かし、熟成されてからでなければ販売することができません。

このように、販売にいたるまでに長い時間と手間がかかるのがマオタイ酒なのです。そのため、生産量・販売量が少なく、希少価値が高いのです。

希少価値が高く、需要が多いマオタイ酒は高価買取となります。高価買取となる条件は様々ありますが、特に古酒となる何十年も前のマオタイ酒となれば、高価買取は必須です。

■まとめ

マオタイ酒の希少性は、生産量や生産過程の手間と時間などから希少性が高くなります。希少性が高いマオタイ酒は、高価買取となりやすく、特に高価買取が期待できるものは古酒である何十年も前のマオタイ酒です。

高価買取が期待できるマオタイ酒が自宅に保管されているなら一度査定に出してみましょう。

偽物対策とIT化したオタイ酒を安心して高価買取!

マオタイ酒の偽物が横行している状況と、この対策について解説します。

マオタイ酒は多くの偽物が出回っている状況です。まぜこれほどまでの偽物が出回るようになってしまったのか、この対策方法と買取時の高価買取になるための注意点を合わせて解説します。

マオタイ酒は、近年偽物が横行しています。全体の7割から8割が偽物ではないかとまでいわれているほどです。

なぜそれほどまで偽物が大量にでまわっているのでしょうか。

■マオタイ酒の人気

マオタイ酒の人気が世界中で高い為、この人気に乗りお土産で買っていく旅行者へ偽物を売ってもうけようという者や、国内での需要も高いことから国内で安く大量に偽物を売りさばいて儲けようという者がいるので本物のマオタイ酒よりも偽物が多くなっている状況です。

更に、中国国内では偽物大国であるから仕方ないと市民は当たり前のような感覚でいるではありませんか。これでは、マオタイ酒の人気や、信頼の地位が危うい状況です。

この状況を打開するために、マオタイ酒を製造する会社は、偽物対策をおこない始めました。

■偽物対策

現在、マオタイ酒の偽物対策はキャップ上部に印刷されている数字をネットのサイトから打ち込んで本物であるかを確認する方法を取っています。

それまでは、シールを貼り一度剥がすと開封したことがわかりようにしたりしていましたが、効果が見られませんでした。そのため、専用サイトを開設するという方法で対策をとっています。

ここまでの対策を講じなければ、マオタイ酒を偽物から守ることができない状況なのです。

IT化でマオタイ酒を守る

偽物の製造以外にも、盗難の不安もあるのです。このお酒は、最低3年は熟成させなければ販売できないため、酒蔵に熟成中の大量のお酒が眠っているのです。これを盗まれてしまう危険性があるということです。

さらに、パッケージやラベルを盗まれる恐れもあるのです。本物のパッケージやラベルなどを盗んでしまわれては、上記で解説した偽物対策の意味がなくなってしまいます。

このようなことから、酒蔵は、IT開発との業務提携をし、酒蔵の警備をドローンとロボットを使っておこなうようになりました。このTIが守るのは出火と盗難です。火事があった場合お酒の消失が大きく製造所のダメージが大きくなります。

マッチ一本の火であっても、ロボットがすぐに探知し火元を特定してアラートを発するという高性能です。また、煙の感知機能もあるので、煙が出た時点でアラートを発するようになっています。

また、盗難に関して空気や人、物の動き、霧といった物の2つを感知するようになっています。空気の動きを感知することで、ドアや窓が開けられたことなどを認識し、侵入者を探知することができるのです。また、酒蔵内で動くものも検知するため、お酒を盗もうと動かすだけでアラートがなります。

このように、偽物対策だけではなく、盗難にも最新の技術を使用して管理されています。

 

■高価買取

このように管理されたマオタイ酒であれば本物は間違いないこともあり、買取時には高価買取となります。現在販売がおこなわれているマオタイ酒であっても高価買取される理由として、日本国内での流通がきわめて少ないことがあります。

さらなる高価買取を求める場合は、長期に保管する必要があります。長期保管して、古酒となって中国の創建100周年などの特別な記念の年に買取査定にだしてみるという手もあります。

■まとめ

マオタイ酒は、現在偽物対策やITによるお酒の管理を万全にして様々な対策を講じています。本物を手に入れ、買取の際は高価買取が期待できるお酒となっています。

貴州茅台酒

マオタイしゅと呼びます。中国の高級なおの一つです。貴州省で造られてる蒸留酒です。

お酒の分類では白酒ですが、原材料から手をかける年月など、一般的な白酒の倍以上の時間がかけられているのが特徴です。

一般的な白酒の2倍を超える穀物、そして蒸留を3度行うのだが、それを6度も繰り返して作られます。中国酒の中でも実に特別な酒です。

主な原料は、中華人民共和国貴州省特産の高粱です。 米や小麦で作られる事もあります。普通の白酒にはない独特の芳醇な香りがあります。

1953年の第一回酒類品評会の時から八大名酒の一つにされています。一時期このお酒は中国では、政府の宴会や贈答品の定番になっていたようです。

歴史で見ると、日中国交正常化の時に周恩来と田中角栄が茅台酒で乾杯のが、このお酒のようです。

香りと味は、カラメルのような香りがして、味は中国酒らしい味わいがします。最後、口に残る風味は、焦がした醤油のような香ばしい後味がします。

貴州茅台酒には、偽物もあります。中国では、国酒と呼ばれています。このお酒の偽物は、全体の85%だそうです。出回っている物、ほとんどという事になります。

容器の質感まで古く見せかけて作られているスーパーコピー品もたくさんあり、素人には判断が付きにくく、このお酒独特の良質な芳香を作り出す為に洗剤や科学薬品が混ぜられている物もあり、中国国内では死亡事故が多発しているようです。

この様な偽物が、日本国内でも多数出回っている様ですので注意が必要です。持っている場合は、鑑定が必要です。

注意する点は、年代ごとの商品の特徴を把握する事、破損がないかを詳細にチェックする事。封印口に欠損や傷がないか確認する事が大事です。

付属品
貴州茅台酒は、高級なお酒なので付属品にも価値があります。貴州茅台酒には、陶器で作られた物があります。

陶器の場合は、美術品や骨董品としての価値がプラスされます。箱が付いている物の方が高く買い取りされます。

ラベル自体に価値がある場合もありますが、ラベルを見て買い取り金額を決める所がほとんどです。ラベルには、お酒の色々な情報が書かれています。

ラベルを見て偽物かどうか判断する場合もあります。

名前の由来
名前は産地の茅台から由来します。飲みすぎでも、二日酔いせず、むしろ適度の飲用は健康に良いとされています。周恩来は風邪を引いても薬は飲まず、
茅台酒を飲んで治したと言われています。

まとめ
貴州茅台酒は、中国で国酒と呼ばれていますが、中国国内でも数が少ないお酒です。理由は、作るのに一般的なお酒の倍の時間と材料が必要だからです。そのため偽物もたくさん出回っています。素人には、見分けが付きません。

貴州茅台酒 15年は特別感満載!高価買取の貴重品

貴州茅台酒 15年がどのようなお酒で、高価買取となるのかを解説しまおす。

貴州茅台酒 15年というお酒の希少性と、味わい、買取価格をお酒の製法や歴史から簡単に解説します。

マオタイ酒は、清の時代より製造され中国全土で人気のお酒でした。今では、製造元の国である中国国内ですらも入手が困難なお酒にまで人気を高め、世界中でこのお酒を求める需要が多くなるまでに地位を確立しました。

そんなお酒ですが、製造方法は原料の使用からこだわりを見せています。このマオタイ酒は、分類としては白酒の一種です。使用される原材料の通常の2倍以上の量を使用してマオタイ酒は製造します。

さらに蒸留を3回おこなう手のかけようなのです。この手間暇をかけたお酒を甕で3年以上熟成したのちに世界中に販売されていきます。

では、マオタイ酒の15年とはどのようなお酒でしょうか。

■貴州茅台酒 15

このお酒は、通常の熟成期間を遥かに超える15年以上という時間を経て世の中に販売されることとなったお酒なのです。

このお酒のボトルは、オレンジで中央部分には大きく15年とプリントされています。通常は白と赤のボトルのデザインとなっていることからも、通常とはまるで違うデザインを取り入れていることがわかります。

このボトルを含め、大変希少価値の高い1本となっているのがマオタイ酒15年です。おいしさと香りを持っているのはもちろんのこと、箱や付属品も特別使用となっているため、すべてがそろっていると高価買取となり価格がつけられます。

超レアなお酒となりますので、開封してしまうのは非常にもったいない品です。

 

■高価買取について

上記にも記したように、高価買取されるレア商品です。この商品には通常にはない付属品も存在します。

化粧箱、替え栓、冊子などの付属品が付いており、このすべてがそろっており、未開封であると高価買取間違いなしの一品です。

さらに、このお酒の需要は中古市場でかなりたかいものとなっています。そのため、高価買取されやすいという傾向があります。

しかし、これが開封されていた、付属品の欠品が見られる場合大幅な減額対象となりますので保管には細心の注意を払い、箱を含めすべての保管を大切におこないましょう。

■まとめ

マオタイ酒15年は、通常の熟成期間の5倍以上の年月をかけじっくりと熟成された大変希少性の高いお酒です。

そのため、化粧箱をはじめ付属品のすべてに価値があり、すべてのデザインが通常のものとは全く違うデザインを採用している商品です。このことからも、製造元が特別なお酒であることを表しているのがわかります。

高価買取には細心の注意を払い、紛失する付属品がないようにすることで高価買取が期待できる商品となっています。このような希少性の高い商品はあまりないですが、万が一ご自宅に眠っているのを発見した際は、開封することなく査定に出してみてください。予想以上の高価買取となる場合がありますよ。

豪華な貴州茅台酒 天女!飲まないなら売りましょう!

マオタイ酒の中の天女という種類について、お酒の特徴と高価買取について解説します。

マオタイ酒の中にはいくつかの種類があります。この中で今回は、天女という種類について特徴と買取状況をこのお酒の歴史とあわせて説明します。

マオタイ酒は、私たちの生活の中で良く目にすることも購入することもありません。しかし、このお酒の希少性や世界的な人気の背景から見れば、私たちが普段から見ることができないのも納得といえます。

マオタイ酒は、蒸留酒です。その中の白酒というカテゴリーの中に分類されるお酒です。しかし、この白酒とは一線をはくすほどの製造工程を持ったお酒です。

 

製造工程は、原料である穀物類を通常の2倍以上使用おし、蒸留を3回もおこなうほどの手の込んだお酒です。そのため、一般的な白酒のように大量に生産することができないことから、市場に出回る数も大量にはだせないのです。

このお酒の原産国である中国国内でも特別なお酒とされており、国内での入手も難しい状況になっています。そのため、高価買取された海外の中古市場から買うという現象まで起きています。

これほどの人気のあるマオタイ酒の中の天女とはどのようなお酒でしょうか。

■マオタイ酒天女

マオタイ酒の天女は、天女のマークが箱についていることからこのように呼ばれています。非常にきれいで、気品のある雰囲気をかもしだしたデザインとなっています。この天女マークは、比較的新しい発売時期の商品にもつけられていますが、古い商品にもこのマークがデザインされたものが存在し、この古い商品の方が希少価値が高く高価買取されます。

味は、このマオタイ酒特有のアルコール度数55度という高さからくる衝撃の後にすっきりとした後味と香りが飲み終わった後まで残る余韻のよさが特徴です。

 

■注意点

マオタイ酒には、多くの偽物が出回っています。そのため、ラベルとボトルの不一致や、リボンの消失、キャップの破損による開封といった症状は高価買取を目指すうえで致命的となります。

天女は、ボトルだけではなく化粧箱の天女にも価値がありますので、付属品をなくすことなく一緒に保管しておくようにしましょう。

■まとめ

マオタイ酒の天女は、現行品と昔の終売品といくつか存在します。その中でも終売した古い天女の方が、高価買取される特徴があります。

これは、希少性と終売ということから高価買取される傾向にあります。さらに天女は、原産国である中国からの買い手がおおいといわれています。原産国の国内での入手が困難なこと、偽物が横行していることから海外の中古市場での人気が高いです。

このように、高価買取が期待できる天女ですが、買取の際は偽物を買い取らないためにも厳しい検査があります。キャップの開封は致命的となりますのでけっして開けることはないようにしましょう。飲まないけれど、自宅に同じものが保管されているかたは一度査定に出してみると良いでしょう。

貴州茅台酒の五星が目印!30年以上の代物の可能性!!

マオタイ酒の五星というお酒の特徴と歴史、高価買取の可能性を紹介します。

マオタイ酒は、さまざまな種類があり、偽物なども混在しているため、このお酒の特徴と歴史、高価買取のための条件を簡単に解説します。

マオタイ酒と聞いて、三大蒸留酒の一つであるとわかる方はどれほどいるでしょうか。お酒通であれば、このことは常識のうちかもしれませんね。しかし、一般人がマオタイ酒と聞いてすぐに思い浮かぶことは珍しいでしょう。

それほどこのお酒というお酒は希少で市場や日本国内での流通が少ないものなのです。このお酒の始まりは、清の時代から始まっていると文献に記されています。

しかし、この文献よりも前にすでに製造が始まっていた形跡もあります。清の時代の全盛期には多くの製造所が存在していましたが、その後紛争などで一時衰退します。しかし、このお酒が絶えることはなく細々と伝え続けたことで、国を代表するお酒にまでなりました。

このお酒が国を代表するお酒となったきっかけは、すでに中国国内で人気となっていたものを、万博に出しそこでの受賞が確立されるきっかけとなりました。これ以降、国をあげて特別な時に出されるお酒とされてきました。

そのため国政においても、アメリカの大統領が訪中の際に、晩餐に提供されたお酒としても有名となりました。このように、紆余曲折あった歴史をつなぎ、現在では世界的に人気なお酒となったのです。

では、そんなマオタイ酒の中の五星とはどのような物でしょうか。

■マオタイ酒五星

現在販売されている商品を含め最近の新しい商品には五星のマークがついていません。五星のマークが特徴としてつけられているのが五星です。味は、マオタイ酒特有の芳醇で後を引く香りが特徴のすっきりとしたお酒となっています。

このお酒の場合、ボトルのデザインが白と赤で、あまり変わらないという印象です。パッと見ただけでは区別がつきにくいですが、このマークの部分で年代などを判別することができます。

五星は、製造から40年近くが経過したのものとなるレアなお酒の一つです。

■高価買取となる商品か

五星は、高価買取がされるお酒の一つです。上記でも記したように製造から40年近くが経過した商品であることから希少性が高い物です。

さらに、現在世界的に中古市場での需要が多く、特に中国国内での入手すらも困難である状況もあり、需要に追い付いていないのが現状といえます。そのため、高価買取されやすいです。

せっかく商品が手元にあり高価買取対象のお酒であるにも関わらず、保管方法を誤ることで、減額や買取不可となってしまいますので注意しましょう。

保管のポイントは、箱の保存・付属品の購入時の状態を保つこと、開封しないことです。ラベルなどは剥がしてしまうと、偽物とされてしまう可能性があるためです。

そして、開封してしまうと中身のすり替えが疑われることからこちらも偽物と判断される可能性があります。

■まとめ

マオタイ酒の五星は、製造から40年近く経過した貴重なお酒です。買取の際に高価買取をしてもらうためにも、保管には十分注意して高価買取を目指しましょう。

«